5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

水素結合の曖昧な点

1 :あるケミストさん:2008/12/12(金) 16:04:27
水素結合は水素が電気陰性度の高い原子と結合した際の分子の極性によるものです。
HとF/O/Nが結合したとき、
 H−F : 電気陰性度の差は1.78
 H−O : 電気陰性度の差は1.24
 H−N : 電気陰性度の差は0.88
となります。

一般に、だいたい電気陰性度の差が1.7以下で分子、1.7以上でイオン結合物質になりますから、以上の3つはだいたい分子で、水素結合が言えます。

なら、HとF/O/Nではなくても、周期表上で差が1.7に近い原子同士を取り出して結合させれば、同じことが起こるんじゃないんでしょうか。

なぜ、水素結合だけを特別に取り上げて説明されるのでしょうか。
(生物化学的に水素結合が重要であることは分かっているので、その方向で取り上げられるのは分かるのですが、普通に無機化学的な方向で取り上げるのならば、水素に限らず他の物質にだって同じことが言えるのに、なぜ水素だけを重要視しているのか、と言うことです)

2 :あるケミストさん:2008/12/12(金) 16:41:24
とりあえず、水素以外で、水素結合様の結合をする物質があるか考えたか?

3 :あるケミストさん:2008/12/12(金) 16:55:24
>>2
そういった例は実在するんですかね。

するなら、なおさら疑問なんです

4 :あるケミストさん:2008/12/12(金) 18:00:29
結合のメカニズム的な分類で言うと>>1の言う通りだと思うが、
水素結合が特別視されるのは機能的な理由からなんじゃないか?
「○○が△△な条件現象で××な挙動を示すのは水素結合が原因だ」
なんて記述を見たことがあると思うんだけど、
これは水素結合の場合に特有な現象だと理解できると思うんだが。

5 :あるケミストさん:2008/12/12(金) 18:04:44
うわっ カッコ内の『現象』は消して読んでくれw
日本語でおkってレベルになってるw

6 :2:2008/12/13(土) 15:36:36
>>3
いや、俺が言いたかったのは、水素−他元素間以外にも実在する可能性はあるが、
その現象が発見されていないならそれに対する説明なんて誰も出来ないだろ。

>なら、HとF/O/Nではなくても、周期表上で差が1.7に近い原子同士を
>取り出して結合させれば、同じことが起こるんじゃないんでしょうか。
やってみて、同じ現象が起こるならそうだろうが、起こらないなら誰も説明できない。

私見でしかないが、化学は現象ありきな訳でそれから論を展開し、予想は出来るが
(上記で取り上げた引用みたいなかんじで)、それと同様の結果が起こるかは別問題。


7 :あるケミストさん:2008/12/13(土) 20:11:26
水素結合って二つの原子が一つの水素を共有するのが特長なんでないの?

8 :あるケミストさん:2008/12/13(土) 21:56:18
>>7
   ..
H−O: ・・・ H−O
  |      |
   H      H
−が共有結合で、・・・が水素結合
酸素は電気陰性度が大きいので、分子内で電子を引っ張っている。
つまり、H-Oではより酸素に近い側に電子が偏っており、Oは静電的に
若干負電荷を帯び、逆にHは若干正電荷を帯びる。
これは、あくまで静電気力であり、σ結合を作るわけではないから、
二つの原子がひとつの水素を共有しているわけではないぞ。

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)