5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

超高性能コンピュータのサイズはどうなる!?

1 :オーバーテクナナシー:2005/08/17(水) 04:54:02 ID:s6clPi/A
もうとんでもない未来の先を想定して下さい。

物質の最小サイズを踏まえ、
どこまでコンピュータは小さくできるのかを議論するスレ。

2 :オーバーテクナナシー:2005/08/17(水) 05:02:15 ID:ZV36/fka
2ミリ

3 :オーバーテクナナシー:2005/08/17(水) 05:03:48 ID:XzmZy82l
大きさはこのまんまで性能だけ上がっていくのでは。
今までもそうであったし、これからも。小さいものは、
メモリー、外部記憶が厳しいから。

4 :aniotasan ◆RtFjHNfLK6 :2005/08/17(水) 05:57:45 ID:WlhJS8GV
むしろ大きい方が性能良さそうでつよね。

5 :オーバーテクナナシー:2005/08/17(水) 06:11:07 ID:5E9RqijM
つか、画面やキーボードはそれなりに大きくないと使いにくい。

ただ、極小のPCもあっていい。今のPDは性能悪いからな。

6 :オーバーテクナナシー:2005/08/17(水) 09:40:13 ID:040XfTuW
人工脳研究の最前線でトップを切っているのは日本です。
日本が、世界で最初に本格的人工脳を作りあげるための「Jブレイン計画
」を立ち上げれば、日本は21世紀前半のナンバーワン国家になるでしょう。

量子テクノロジーの利用によって、極限まで電子の流れを少なくして電子1個
で情報1ビットを運ばせるといった技術も生まれつつあります。そういう技術
を利用すると近い将来、回路を3次元にしてそれをどんどん積み重ねていって
、考えられないような高密度のニューロコンピュータを作ることができるよう
になります。人間の脳は、1・4キロぐらいですが、10キロどころか、100キロ
とか、トン単位の巨大人工脳を作ることも可能になります。そうすると、
人間の脳よりニューロンの数がはるかに多い人工脳を作ることができるのです」

 人間の脳は大脳皮質だけだと140億、小脳など全部合わせてもニューロン数
1000億(10の11乗)程度といわれるが、数十年以内に10の30乗あるい
は10の40乗といった途方もないニューロンを持つ人工脳を作ることが可能
だという。10の40乗になると、世界中の人間の脳をすべて合わせたニュ
ーロン数より多いのはもちろん、人類発生以来これまでに生きた人類のすべ
ての脳を合わせ、これから何十億年かにわたって地球が死滅するまでこの地
上に生まれるであろうすべての人間の脳を合わせたよりニューロン数が多い
という計算になる。

7 :オーバーテクナナシー:2005/08/17(水) 09:49:35 ID:748ACeJY
0・2nm

8 :Kひげ:2005/08/17(水) 09:57:20 ID:Y27UNCuM
すみません、この人口脳と言うのは、第五世代コンピューター(自分で勝手に考える)ですか、
それとも、スーパーコンピュータ(地球環境シミレーションなど)計算が速いだけ、ですか。
または、もっと違う形ですか、それともソフトや使い道は考えずただデカイだけのものですか。

9 :オーバーテクナナシー:2005/08/17(水) 10:00:58 ID:ptqSs3mr
使用目的によるのでは。
今でも家庭用のは小型化してるけど企業や研究機関のスパコンは巨大化してるだろ。

10 :オーバーテクナナシー:2005/08/17(水) 10:23:51 ID:9SWsKUCn
5センチ。

11 :Kひげ:2005/08/17(水) 10:33:03 ID:Y27UNCuM

人間の記憶力よりはるかに大きく
ダイナミックに思考できる機械が出来たなら
人間より賢い機械が出来るんじゃーと思っただけ
おまけに24時間思考し続ける。

12 :オーバーテクナナシー:2005/08/20(土) 01:57:24 ID:zV5FCHaz
人の興味がある間、小さくなる。

13 :オーバーテクナナシー:2005/08/21(日) 15:33:20 ID:rHDahIGL
12センチ。

14 :オーバーテクナナシー:2005/08/29(月) 23:43:48 ID:i0gJAltN
7mm。

15 :オーバーテクナナシー:2005/12/30(金) 23:13:59 ID:KJwPmMdW
アハハ('∀`*)

16 :オーバーテクナナシー:2005/12/30(金) 23:17:21 ID:FjFjUBRC
超ひもの空間構造を利用した次元コンプータとか?

17 :オーバーテクナナシー:2005/12/31(土) 00:01:17 ID:5geEw8ES
熱容量とかもあるしな。

18 :オーバーテクナナシー:2005/12/31(土) 01:31:21 ID:kbPW6ZlR
マップスっていう漫画に伝承族という天体規模の脳だけの種族の話が
あったが、やつらの目的は全宇宙の記憶を保存することだった。
そんなもの作ってどうすんねん。

19 :オーバーテクナナシー:2005/12/31(土) 13:05:12 ID:mXWP6J5h
マモーとか作りたかったんだろ

20 :オーバーテクナナシー:2006/01/01(日) 22:25:30 ID:ah3sfNB+
>>19

マモーは、宇宙へ出て行って何をするつもりだったんだろうか?
あんなちっぽけなロケットで、神の領域に達した文明と接触ねえ・・・
マモーの脳は、とっくの昔に腐っていたとしか思えん。

21 :オーバーテクナナシー:2006/01/01(日) 23:12:26 ID:FY8zmQJJ
サイズは無為意味だ。

22 :オーバーテクナナシー:2006/01/01(日) 23:14:09 ID:+wVD6vid
>>21に同化されますた。

23 :オーバーテクナナシー:2006/01/04(水) 02:28:52 ID:jLMgFxT2
現在の家庭用PCのサイズは、冷却能力に左右されているところが
大きいでしょうね。
もっと部品を詰めれば小さくできるけどそうなると熱がケースにたまり
暴走してしまいます。CPU部品の大きさなんてPC本体の大きさからしてみれば
微々たるもんだし・・・
人間様の使い勝手から家庭用のPCの大きさは変わらないでしょうね。
スパコンであれば、大きさ変わらず性能UPと言うところでしょうか?

>>6
電子1個で情報を運ぶとトンネル効果により情報の正常伝達ができません。
トンネル効果により、電子が銅線以外の所を通って移動してしまうため
コンピューターがまともに動かなくなってしまいます。
回路を3次元にしないのは・・・できないのではなくて
コストが合わないからだけです。コストが1円上がるだけでも大騒ぎに
なるような業界ですからねー。

24 :オーバーテクナナシー:2006/01/05(木) 02:13:17 ID:tB580bMi
>>23
3次元化はコストの問題じゃなくて、現状では「できない」の。
製造ラインを作る技術が、根本的にない。原理的に出来る/出来ないてな話をしているのなら、文脈読めないバカであるというだけだから、いずれにしても間違い。

今は研究段階からやっとこさっとこベンチャーまで持っていこうか?と言ってる段階。
日本の研究者がオイルマネーの元にやってるよ。

25 :オーバーテクナナシー:2006/01/05(木) 10:16:51 ID:v482IFvq
ふと思いついたが、DRAMってコンデンサでしょ。マイナス電位も使っ
てデータを記録すれば容量アップしない?
フラッシュメモリでも良さそうだけど。

26 :オーバーテクナナシー:2006/01/05(木) 21:49:25 ID:UKL4vPZy
>>25
付属回路が複雑化してしんどいんじゃない?
DRAMのコンデンサって極性ないのかな?

27 :オーバーテクナナシー:2006/01/06(金) 10:21:27 ID:njowRVoh
読み出し回路が複雑化すると本末転倒ですよね。正電位のみで電
圧をアナログに、振ってみたりって、むりですね。

28 :オーバーテクナナシー:2006/01/08(日) 14:29:32 ID:vPJH29A5
>>27
3値とか4値のDRAMはどこかで開発の記事をだいぶ前に読んだ。
でも実用化されてないね。

29 :オーバーテクナナシー:2006/01/09(月) 15:57:20 ID:WMA30Jtj
腕時計くらいのPCなら作れ祖

30 :オーバーテクナナシー:2006/01/10(火) 10:30:04 ID:E5qs4J0b
昔のPC−98程度なら、すでに腕時計に・・・・

31 :オーバーテクナナシー:2006/01/11(水) 14:17:17 ID:CD2+Xci1
>>29
http://www.ringolab.com/note/daiya/archives/000940.html
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/toys/3114.html

元祖はこのあたりか?かなり古い。
http://homepage.mac.com/utdesign/watch/watches/RC-20.html

32 :オーバーテクナナシー:2007/04/29(日) 15:01:45 ID:Al2ima/p
(´Д`*)?


33 :オーバーテクナナシー:2007/04/30(月) 00:20:43 ID:TTcojpJd
CPUの回路の3次元化って、ターミネーター2で
コンピュータが人間を越えるための基盤技術だったよね。たしか。

CPUの3次元化っていうのは、そーゆー可能性を実際に持ってるだけに怖さを感じるな。

34 :オーバーテクナナシー:2007/04/30(月) 13:34:19 ID:sWnry9Q5
>>28
多値にするとエラーが増える、それを補正するのに回路面積が増える
二値にすればエラーが減るからこそサイズをぎりぎりまで小さくできる。
既に現在のDRAMでもエラーを補正する域に達しているし。
HDDとかはエラーの塊で常時補正しているぐらいだ。
今後はさらにエラー率との戦いになり、数%の故障状態で出荷され
数割の代行回路で故障を隠すなどの方法でごまかしたりする。
二値にするのはデジタルの利便性が最も有効に働くことであり、
多値にするのはデジタルの利便性を捨てることになる


35 :オーバーテクナナシー:2007/05/03(木) 22:33:59 ID:EXQDa1fp
CPUの回路の4次元化つて、ターミネーター0で
コムピウタが人間を越ゑるための基盤技術だつたよね。たしか。

CPUの4次元化つてゐうのは、そーゆー可能性お実際に持つてるだけに怖さを感ぢるな。

36 :オーバーテクナナシー:2007/05/05(土) 19:09:00 ID:aduOvIQZ
>>24
そうだね。まだ実用レベルでは能動素子を多層に重ねるってのはない。
実は20年以上前から言われているアイディアなんだが、未だに実現できて
いない。
インテルが超多コアプロセッサの実験開発でプロセッサコアとローカル
メモリを垂直配置しようと頑張ってるみたいだけど、まだプレスリリース
できるようなものは出来てないみたいね、試作品ですら。
>>26
極性はないはずです。SiO2を絶縁物としてドープされた半導体を極板と
したコンデンサですから。俺が半導体屋さんからDRAM技術の話を最後に
聞いたのはずいぶん前の話ですが、小さいセル面積で容量を稼ぐために、
垂直方向にビア(多層配線面をつなぐ縦方向の導体穴)のようにU字型の
コンデンサを形成していて、容量はfF(フェムトファラド)単位だと
言っていました。最新の製品では容量が桁違いですから、中がどうなって
いるかは全然わかりません。
>>23
もうちょっと厳密に言うと、外見上のPCのサイズではなくて、搭載されて
いるチップパッケージの方がヤバいです。ノートマシンだといろいろ制約が
ある(主として消費電力)ので難しいですが、デスクトップなら用途が費用を
正当化すればペルチエだろうが液冷だろうがいくらでも手はあります。

費用も手段も問わずのスーパーコンの世界なら、ETA-10という前代未聞の
オバカな製品もありました。

37 :オーバーテクナナシー:2007/05/13(日) 01:18:07 ID:bbZ0xTA5
ヒューマンインターフェースの世界がどう変わるのか、の方が興味有るわ。
コンピュータのサイズ自体はネットワーク化の世界ではあまり意味持たない。
ネット介したSEXが実現可能ではないかと思う。

38 :オーバーテクナナシー:2007/05/15(火) 21:59:49 ID:qFOOib1P
携帯電話くらいかな

39 :36:2007/05/17(木) 18:32:06 ID:Qqwqk4sR
>>37
>コンピュータのサイズ自体はネットワーク化の世界ではあまり意味持たない
もちろん、間違ってます。ええ、間違ってますとも。全然違う。

核であるプロセッサと主記憶のブロックは技術が許すならもっともっと
小さくなってもらわなくちゃ困る。すでに導体中の電気信号伝達速度が
問題になるところまで行ってんです。

だからシュリンクして速くなるとか言ってるわけ。今度はあまりに小さく
なりすぎてMOS FETチャネルが薄くなり、トンネル効果で漏れ電流が増えて
発熱スゴいからHigh-K絶縁体でチャネル厚増やして漏れ減らすってやってる
じゃないですか。半導体工学とか、量子論とか、少しは学びなさいよ。

>ネット介したSEX
こんなの、フィードバック付きVRの論文読んだ後の情報系院生の深夜
ワイ談のネタでしかない。結論は「多分将来は可能」。ただ、ネタ的には
カビ生えて死滅するくらい昔の話。

そうだなぁ、ヒューマンインタフェースは俺は専門外だけど、トム・クルーズ
主演のマイノリティ・リポートって映画があっただろう。あれ見てて、
「あれ?」と思った。「オマエ、何でVRゴーグルかけてるのに平面ディスプレイ
が必要なんだ?」あれは映画であって魅せなくてはならないのでいいんですが。

ネットがどうこう言うなら、スタンドアロンの世界から飛躍したネットワークの
世界にはコミュニケーションツールとしてのコンピュータってのがあるんですが
(現時点でこれ全開)、あなたが言いたい次の世界はグリッドコンピューティング
の世界でしょう。これは結構難しい。俺の院生時代の専門は疎結合超並列の
プログラミングモデルですから、おおいに語り合いましょう。最近のacademic
topicsも聞きたいし。

40 :36:2007/05/18(金) 20:14:36 ID:FRttsUdR
おっと、嘘々。

薄くなって漏れ電流の元になってるのは、チャネルそのものじゃなくて、
その上に乗ってる電界を与えるためのゲート絶縁体ね。

昔頭掻きむしった量子力学がこんなところで日常製品(PC)に絡んでくるとはね。
人類、進歩したじゃないか。

俺は半導体の外の人だけど、中の人はもっと大変なんだろうね。
外の人の感覚で言うと、今求められているのは「低電力で、求められる
限りの高性能を」だと思う。可搬エネルギー源(電池ですな)ってのは、
そう簡単には「エネルギー密度倍増」とかいかなそうだから。

41 :オーバーテクナナシー:2007/05/18(金) 22:20:46 ID:i36EzRb4
>>39
>>コンピュータのサイズ自体はネットワーク化の世界ではあまり意味持たない
>もちろん、間違ってます。ええ、間違ってますとも。全然違う。

 おいおい。
 ネットワークを単なるコミュニケーションとしか考えられないようでは、
ネットワークの可能性を全く生かせないぞ。世にはセルコンピューティング
ってものがある。

 一個一個の計算の応答を究極的に早くするのが目的なら、そりゃ
微細化する以外に方法はない。
 けど、実際には、ある程度の計算量を、できるだけ短い時間で、
ということが目的だから、計算を細分化し並列実行するという手法が
かなり有効な場合が多い。
 最近のPCはすでにCPUがマルチコアになっているし、ネットでPC
をつなぎ大量の計算を行うセルコンピューティングはビジネスにもなっている。
 SETIの解析なんか古株だな。ビジネスじゃないけど。

42 :オーバーテクナナシー:2007/05/18(金) 22:32:35 ID:i36EzRb4
>>40
>昔頭掻きむしった量子力学がこんなところで日常製品(PC)に絡んでくるとはね。
 それを言うなら、半導体そのものが量子力学で説明されるものなんだが。

>外の人の感覚で言うと、今求められているのは「低電力で、求められる
>限りの高性能を」だと思う。可搬エネルギー源(電池ですな)ってのは、
>そう簡単には「エネルギー密度倍増」とかいかなそうだから。

 電池の「外の人」からすれば、「とっととエネルギー密度増やしていけ」
と考えるぞ。「低電力で、求められる限りの高性能を」という方がむしの
いい話じゃないかw

 まぁ現在の先端技術をつかえば、商品として出回っているものをはるかに上回る
ものを作るのは不可能というわけじゃない。ただ、商品にするには半導体そのものの
製造技術だけじゃなく、それを作る機械の製造技術も必要だし、またその電子部品の
性能を充分引き出すには、その部品の接続方法や周辺部品も充分ないといかん。
 商品としての性能は、関連するものすべての内、最も性能が低いものがネックに
なるからな。

43 :36:2007/05/18(金) 23:33:20 ID:FRttsUdR
>>23
>関連するものすべての内、最も性能が低いものがネック
そう。軸が違うが、クリティカスパスって奴

>>41
おいおい、セルコンピューティングなんて、グリッドコンピューティングの
言い換えでしかないということすら知らない?何一つ違いはない。
未来における有効性に関する考察では。ネガティブな要素は少ないと思う。

44 :41=42:2007/05/20(日) 20:36:13 ID:4lZiXhhn
>>43
>セルコンピューティングなんて、グリッドコンピューティングの言い換え
 それがどうかしたのか? まさにただのいいかえでしかないが。

>ネガティブな要素は少ないと思う
 だれがネガティブなことを言った? 微細化の方向に行くよりいい方向があると
言っているだけ。

45 :37:2007/05/21(月) 07:53:07 ID:sNdm2C1m
メモリを含めての微細化なら、それなりに用途は有ると思う。
SFチックだが人体に埋め込むのも有り。実際、盲目者の義眼などに応用の可能性ありと思う。
グリッドコンピュータは正直私には判らない。
特に、双方向情報伝達プロセスがどういうものなのか全くもって判らない。
どっかに大将セルが居て、ドッコンドッコンって太鼓叩いて全てのセルに同期を合わせる物なのか
各セルが独自にプログラム通りに動いて他のセルと連携しあうのか、よく分からん。
各セルが独自にプログラム通りに動いて他のセルと連携しあうとしたらば、それはSF通り越して
軍事武器として発展している可能性おおいに有り。
地雷然り、魚雷・爆雷然り、ミサイル然り、
しかし、そういう話はまだ聞いてない。

46 :36:2007/05/22(火) 01:51:19 ID:JvVZJAvU
>>45
そうですねぇ、技術が「本当」に進めば、メモリなんかほとんど
いらなくなるんじゃないですか?前処理する必要性が減るわけですから。
人工内耳の研究はかなり前から行われていますし、人工眼の研究も
行われているみたいですよ。後者は遥かに情報量が多いので難しいですけど。
人体に埋め込むだけなら、RFIDチップなんて簡単に埋め込めます。神経系と
相互作用できませんが。
おっしゃる通り、軍事の世界では我々の想像を超える所まで行っていても
不思議ではありません。

グリッドとセルコンピューティングってのは俺の頭の中では全く同義で、
単に前者が先に論文に出てきたってことに過ぎません。
ただ、実装上の仮定には2つの分岐があって、一つは「全ノードは働く
べくして働く」世界であり、もう一方は「ノードの可用性は気まぐれで
管理体制は影響範囲外」です。

維持経済モデルも、セキュリティ問題も、ここのところで大きく分かれます。
最大の差違は技術ではなく、それが置かれる社会的状況にあると思うのです。

47 :オーバーテクナナシー:2009/01/12(月) 12:36:58 ID:IRs5jg6I


48 :オーバーテクナナシー:2009/02/11(水) 17:52:11 ID:z866465u
二の腕に貼るニコパッチ風コンピュータ

49 :オーバーテクナナシー:2009/02/11(水) 22:49:57 ID:o2MJ33S8
超高性能って具体的にはどの性能が高性能なのよ。
「ハードの小型化で高性能」とか「ハードの大きさを問わなければいくらでも大型化は可能」とか
なんとでも言える。
とマジレス

50 :オーバーテクナナシー:2009/02/12(木) 06:45:38 ID:6T7RFAs7
寺沢武一先生のゴクウ?の左目って有り?

51 :オーバーテクナナシー:2009/02/21(土) 09:59:48 ID:Gjdeds5U
チューリングモデルのコンピュータは、演算がどれだけ早くできたとしても
性能の頭打ちはサイズで決まってしまう。
これはソフトウエアで情報処理をする仕組みで動くコンピュータだからだ
どんな計算でも仕組みをソフトウエアとして提供する故にソフトウエアで
全てを表す。これは論理的な概念の機能を全てソフトウエアに盛り込み
無限の汎用性という特徴を持つが、それは逆に手順という仕組みにより
手順を省けない類にはまったくもって非力な情報処理といえる。
コンピュータが頭打ちになるのは演算能力でではなく、データの入出力
というデータを伝送する能力の上限が物理的な距離に依存するからである。
距離を0にできない。作業の工程を0回にできない。
例えば円周率の桁を全て計算するには、繰り返し桁ごとに演算をしなければ
ならない、それを省略はできない。故に沢山の命令語の組み合わせで
沢山の作業工程と手順が発生する。それを省くことができない。
これが無限の汎用性を引き換えに得た現状のコンピュータの特徴である。
完璧に近い論理性もこの特徴によって得たわけだ。


52 :オーバーテクナナシー:2009/02/21(土) 10:02:42 ID:Gjdeds5U
>>49
ハードの小型化は限界がある、すでにそれに近づいている。
ハードの大きさにも限界がある。それは情報データを相互に接続する距離が
大きさによって桁違いに肥大するからである。0距離で接続すれば高速化
できるわけだが、大型化は0距離とは逆の方向にある。
小型化は原子のサイズより小さくできない。それだけの話。

53 :オーバーテクナナシー:2009/02/21(土) 10:07:39 ID:Gjdeds5U
グリッドとかセルコンピューティングでもノイマン型の手法で
ソフトウエアを実現すれば、結局は手順は省けない。
単に並列化するだけの話であり、連鎖的に動くものの同期はそれぞれの
情報伝達速度に依存し、相互接続は距離に依存し、巨大化させるそれらは
性能を出し切れない。

ソフトウエアではない非ノイマン、非チューリングモデルというジャンルで
情報処理モデルを実現するならば、可能性はある。
SFなどで非ノイマン型のモデルを作品で扱い概要を説明しているのもある。

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)