5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆マスドライバー (宇宙船射出装置)☆ 

1 :アムロ:2008/02/29(金) 06:54:29 ID:+TqxXySl
軌道エレベーターより遥かに実現可能性の高そうなマスドライバーを語ろう!

マスドライバー(Mass driver)とは、惑星の衛星軌道上や衛星の周回軌道上に物資輸送を
大量輸送に向くよう効率良く行うための装置/設備/施設で、地上から第一宇宙速度にまで加速した
コンテナなどを垂直、またはそれに近い角度で「放り上げる」物である。この装置は実用化に向けて
様々な研究もなされており、宇宙を舞台としたSF作品にしばしば登場する(大規模なカタパルトとも
言える)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC

2 :オーバーテクナナシー:2008/02/29(金) 15:16:45 ID:cGmPEJTh
軌道エレベーターは数百兆円規模で金掛かりそうだけど
マスドライバーは精々数兆円で出来そうだ。
月に鉱物採掘基地でも作るなら軌道エレベーターがないときついけど、
太陽光エネルギー衛星を作るぐらいならマスドライバーで十分だろう。
100回ぐらい宇宙船上げれば元取れそう。

3 :オーバーテクナナシー:2008/03/01(土) 08:17:49 ID:difa+17G
100発なら、一発百億円前後の日本のロケットよりも割高になるぞ。

ところで射出のための動力には何を使うんだい?
レールガン? リニアモーター?

4 :オーバーテクナナシー:2008/03/01(土) 13:22:19 ID:JHwC0XxO
ああスペースシャトルと比較してた。
スペースシャトル一回打ち上げで500億円、最大積載29トン。
H2一回打ち上げ100億円、最大積載4トンぐらいか。

H2なら500回ぐらいかな?
マスドライバー建設費用3兆円、打ち上げ費用60%削減として。

5 :オーバーテクナナシー:2008/03/01(土) 14:12:47 ID:JHwC0XxO
原発並の発電能力を持つ数万トンの太陽光発電衛星を作って採算取るには
打ち上げ費用を現在の10分の1以下に抑える必要があるらしい。
現在のロケット技術の延長線上ではおそらく無理だろう。
実現可能性があるのはマスドライバーだけだと思うんだが。

逆にこれで採算取れる物が作れたら打ち上げ需要はいくらでもある。
一機数万トンの発電衛星が世界中の上空に溢れる事になるんだから。

6 :オーバーテクナナシー:2008/03/03(月) 22:23:00 ID:/utA99vP
有人機として10Gで加速して300kmはいるやろー。
ほぼ同距離の東京名古屋のリニア新幹線の建設費が5兆円。
北海道に作れば3兆円で出来るのかえ?

7 :オーバーテクナナシー:2008/03/03(月) 23:10:17 ID:cdZEWaow
人間はスペースステーションに駐留できる。
人はロケットで送り、物資はマスドライバーで送ればいい。
人は一度送り出せばしばらく滞在できるのだから、あとは送られてくる物資を組み立てるだけでいい。
つまり人は乗れなくてもそれなりの需要はある。

8 :オーバーテクナナシー:2008/03/04(火) 05:35:36 ID:+C6soTv1
サークル状にして目標速度に到達したら打ち上げ路線に切り替えればいいんだよ。
そうすれば200kmも300kmも必要ない。直径20kmの円形軌道で一周約60km、
5周で314kmになる。周回数を増やせば、民間人や民生用の精密機械も
安全に輸送可能なレベルまでGを落とす事も出来る。

9 :オーバーテクナナシー:2008/03/04(火) 07:07:07 ID:NuZoopgm
地球でのマスドライバーの運用を考えているのか?

そんなもん、極超音速に加速されたものが射出され
空気の壁にぶつかった瞬間バラバラに分解してしまうわ
流体の中を加速するのと、止まっている流体に高速でぶつかるのとでは
同じ速度でも衝撃は桁がちがうぞ

10 :オーバーテクナナシー:2008/03/04(火) 12:38:41 ID:1FzKYjER
それは発射前になったら圧力上げていけばいいんだが、
問題は摩擦熱にどこまで耐えられるかだなぁ。
まあ秒速10kmぐらいにすでに加速してれば、
高温に晒されるのも短時間で何とかなるか。
未来技術を駆使すれば。何10年後の未来技術か知らんが。

11 :オーバーテクナナシー:2008/03/04(火) 19:13:28 ID:wNUi35Bc
>>10
おいおい、空力加熱を摩擦熱だと思っているのかい?w

12 :オーバーテクナナシー:2008/03/04(火) 19:48:14 ID:/x4nyGef
>>10
おまえはまず現代の科学を学ぶことから始めた方がいいぞ

13 :オーバーテクナナシー:2008/03/04(火) 20:26:50 ID:cB37U8Re
>>8
射出速度10km/sだと
1000Gくらいの遠心力がかかるけど

14 :オーバーテクナナシー:2008/03/04(火) 20:40:35 ID:21qFSMxC
>>8
にゃーるほど、ザワールド。
全長50kmの英仏海峡トンネルが1兆6千億円。
円周60km全線地下トンネル、残り5kmの射出路線は1000m級の山肌利用で
構造物のみなら2兆円かからんな。残り1兆円で減圧パイプ、リニア軌道、冷却装置・・・
やっぱり足らんw
未来技術込みで4〜5兆円に出来ればいいなーぐらいじゃなかろうか?

15 :オーバーテクナナシー:2008/03/04(火) 20:53:43 ID:cXOpVJ7l
サークル状にしたら、加速重力のほかに遠心重力もかかるし、
運動エネルギー的にはムダがおおくなる
(一方向に加速したのをすべてキャンセルして反対向きに加速してることになる)
そう簡単には行かんよw

16 :オーバーテクナナシー:2008/03/04(火) 21:05:10 ID:21qFSMxC
おっと遠心力があったか1000Gは痛いな、骨が砕けるw
となると採算的に地下トンネルは無理。
やぱーり北海道の国有地あたりに直線300kmのパイプ軌道路線を作るしかないの。

17 :オーバーテクナナシー:2008/03/04(火) 21:21:06 ID:WGwQslDx
>>14
建設費の話はやめないか。全く意味なし。
基本的な構造を語るならわかるが、それさえわからないものの全体の建造費なんて
わかるわけがない。
技術板なんだから技術を語ろうよ、経済じゃなくて。

18 :オーバーテクナナシー:2008/03/04(火) 23:42:36 ID:xUo/VfX/
経済抜きで技術的な話し始めたら地球上でのマスドライバなんて
欠点多すぎて話し終わっちゃうぞ。w
マスドライバ作るなら月や木星の衛星やせいぜい火星位だろう。
だがしかし月面ならL1点を重心にした軌道エレベータがCFRPで
作れてしまう罠。

19 :オーバーテクナナシー:2008/03/05(水) 08:56:00 ID:JpPoRlUx
マスドライバーだけのパワーで宇宙まで持っていこうとするから、地球みたい
な大気の濃厚な天体に建設するのが困難になるんじゃないのか? 小型ロケッ
トを加速して発射すると言うスタイルにするだけでも、かなり変わってくると
思うぞ。
まあ、それならはじめからロケット使えよという話になるが、地球からはそれ
でいいんじゃないか? 別にエネルギー源や燃料に困るわけでもなし。
燃料調達手段が無く、太陽光や核融合発電による電力しか見込めない月や火星
でこそ、マスドライバーは真価を発揮すると思う。

>>10
超音速機やスペースシャトルなどが高温になるのは、断熱圧縮によるものだそ
うだ。まあそのへん良く知らんし、俺もついこの間までは摩擦熱だと思ってた。
優越感に浸ってるヤツがいるみたいだが、あんまり気にすんな。

20 :オーバーテクナナシー:2008/03/05(水) 19:13:20 ID:NPKdFta8
>>19
優越感って・・・w

つい最近まで知らなかった奴がうれしはずかし教えるのは優越感ではないのか?w
高校生で摩擦熱だと思いこんでいたならちょっと恥ずかしい部類だと思うが。
はっきり言って>>10ほど科学音痴なら自分の知識を気にするべきだ。
とはいえ前半は同意だな。地球ではあまり意味がない。
地上から中間加速にマスドライバー使うくらいなら輸送機でロケット運んで
高々度から打ち上げた方がまし。

21 :オーバーテクナナシー:2008/03/05(水) 19:16:47 ID:NPKdFta8
どのようにおかしいかと言えば
>>10
>まあ秒速10kmぐらいにすでに加速してれば、
その速度に達するまで空力加熱を受け続けるわけだが。
しかも、本来人工衛星が大気に突っ込んでくる速さは秒速8キロ程度。
しかも、1000分の1気圧程度の希薄な大気。
1気圧で秒速10キロも出したらえらいことになるぞ。

22 :オーバーテクナナシー:2008/03/05(水) 22:59:18 ID:ZIRCa16O
>>16
どっち道、財政的に一国じゃ無理だろ。
北海道に作るぐらいなら国際協力でボルネオ島にでも作った方がいい。


23 :オーバーテクナナシー:2008/03/06(木) 00:55:36 ID:BmWV4x6g
空力加熱=断熱圧縮じゃねーぞ。
空力加熱には断熱圧縮も摩擦熱も含まれる。
空力加熱って文字を読めばそれぐらい分かるだろ。
ただ断熱圧縮の方が主要な要因であるというだけ。
チョッと人の知らないこと知っているからって得意げに
嘲笑してしまう御仁がこの間違いは恥ずかしいw

24 :オーバーテクナナシー:2008/03/06(木) 01:13:40 ID:nOpU7B30
指差して笑うのと、それは違うみたいだよと教えるのと、同じ優越感で
もかなり違うとおもうが……。

俺らだってはじめから全部知ってたわけじゃないし、知らないやつがい
たら教えたり外部リンク示すなりしてやらないと、すぐにスレが荒れて
廃れるぜ。

>>22
早くも建設予定地の選定かね?w よおし俺はアフリカを指名するぞ
東アフリカは巨大な地溝帯とか存在して何気にやばい地域だが、そ
れ以外は安定したプレートを持っている。
ただ難点をあげるならば、そこには肥沃な熱帯雨林が広がっている。
それを幅数キロメートル全長数百キロにわたって伐採するとなると、
環境保護団体や製薬会社が大挙して押し寄せそうだ。


25 :オーバーテクナナシー:2008/03/06(木) 04:49:41 ID:7jgTNAlg
>>23
ちょっと落ち着け。誰も
>空力加熱=断熱圧縮
なんていってないw

恥の上塗りしてるのはおまえ


26 :オーバーテクナナシー:2008/03/06(木) 05:00:59 ID:7jgTNAlg
>>24
普通に考えて赤道近くに作った方が有利でしょ。理想を言えば赤道直下。
全体が幅数キロなんてことにはならないけど例え100mでも完全に
環境分断する事になるからかなり影響がでかいと思う。

27 :オーバーテクナナシー:2008/03/06(木) 06:10:17 ID:cWUbWak0
馬鹿ほど人を小馬鹿にしたがるというのは本当みたいだな。


28 :オーバーテクナナシー:2008/03/06(木) 07:06:11 ID:3QidM3xw
>>23
ヒント>勝手に極論化して、結論の正当性に疑問を呈する。

29 :オーバーテクナナシー:2008/03/06(木) 07:10:14 ID:3QidM3xw
>>27
ヒント>自分の見解を述べずに人格批判をする

30 :オーバーテクナナシー:2008/03/06(木) 07:11:27 ID:3QidM3xw
結論
単発ID乙w

31 :オーバーテクナナシー:2008/03/06(木) 07:49:04 ID:2RC+mSsm
>>27
ほんと、断熱圧縮も知らないのに偉そうに説教ぶるなんて、馬鹿もいいとこだよね。
マジゆとりはいやになるよ。
>>24もかなりのゆとりだな。自分で調べずに他人任せ。知りたいことは自分で調べるのが筋だろ。

32 :オーバーテクナナシー:2008/03/06(木) 08:52:17 ID:mt+otmEB
>>18
>経済抜きで技術的な話し始めたら
はあ?逆だろ。いくらかかるか試算するのに技術的な話しないで
どうやって試算を出すんだ????
ここでは(経済的には無理でも)こんな技術があればマスドライバーが可能では、
ってことを話すんじゃないのか?
銭勘定がしたいなら経済板にでも行けばいい。金に縛られたらそれこそ
新しい技術などなにもできない。

33 :オーバーテクナナシー:2008/03/06(木) 13:47:53 ID:vemyxT/F
まあね、採算が取れるとわかればどんどん金がつぎ込まれコストが安くなる。
月着陸だって、もし月の石がダイヤモンドザクザクだったら、
いまごろ民間人が簡単にいけるようになってるかもしれん

34 :オーバーテクナナシー:2008/03/08(土) 05:10:07 ID:8WFJksrt
ダイヤモンドの値段が下がってあぼんだとおも……いやなんでもない。

>>31
広報や積極的な支援の重要性がわからんのかお前は。それに何でもかんでもゆ
とりと言えばいいと思ってないか?
日本の宇宙開発が税金の無駄づかいだのアメリカに任せとけだのと言われてた
一番の原因が、研究にかまかけて広報や人材の呼び込みを怠ったせいだといわ
れてるんだぞ。それがなんだ、NHKのハイビジョンカメラをかぐやに乗っけて
いっただけで、翌日の新聞一面はどれも「月の地平線から地球の出」
きちんと世間に宣伝すればこの分野はもっと伸びると確信したね俺は。
そして興味を持って食いついてきた人間を、いかに離さず巻き込んでいくかが
最も重要なところ。そのためにはこちらができるバックアップは惜しまずする
べき。公演先の学生の些細な疑問でも、小学生が汚い字で書いた手紙でも。
相手がゆとり世代だとかそんなのはどうでもいい。とにかく必要なのは一人で
も多くの賛同者だ。
マスドライバーの研究にしても、今は絵空事だが将来興味を持つやつが増えれ
ば実現する可能性が全く無いとは言い切れない。「それぐらい自分で調べろ」
と相手を突っぱねるのは、世間の興味を失わせ、その分野の先を閉ざす行為だ。

……何で俺顔真っ赤なんだろ。ゆとり世代でもないんだが。

35 :オーバーテクナナシー:2008/03/08(土) 05:28:48 ID:eDmZGdmT
>>34
↑……何で俺顔真っ赤なんだろ。

36 :オーバーテクナナシー:2008/03/08(土) 22:27:23 ID:j6gmL1Bp
このスレ、もう力つきたのかw

37 :オーバーテクナナシー:2008/03/09(日) 00:19:02 ID:znYfizXC
軌道エレベータに比べたらかなり地味だしねぇ。

ところで月にマスドライバーを作るなら、どこがいいと思う? 運動エネル
ギーが有利な赤道付近か、太陽光を集めやすく、初期の開発拠点となるであ
ろう極付近か。

>>35
日本語でおk



38 :オーバーテクナナシー:2008/03/17(月) 14:44:18 ID:lIrgJlrE
今でも地上からは多段ロケットだし
地球上からだとマスドライバーのみで宇宙に物資を送り込むのは現実的とは言えないと思うよ
月は最初に極付近で次に赤道付近に敷設ってなるんじゃない?

今のスペースシャトルを原型として
Mach5.5くらいまで地上で加速→離陸後スクラムジェットエンジンで大気圏内をMach15まで加速
最後にスクラムジェットエンジン部切り離して本体ロケットエンジンで加速し軌道まで、ってのはどうだろ

>>33
少なくとも月の表面にはチタンがあるみたいだし
レアメタルの掘削はもしかしたら地球より楽かもしれない


39 :オーバーテクナナシー:2008/03/18(火) 04:59:50 ID:2rEjX+fJ
ああそうか、そこまで加速すれば、いきなりスクラムジェットエンジンが使え
るわけか。しかし地上付近でマッハ5も出せば、かつてないほどの騒音問題が噴
出しそうだ。船のいない東向きに開けた海上で加速しないといけないから、建
設候補地は限られてくるな。


40 :オーバーテクナナシー:2008/03/18(火) 06:39:36 ID:vDlLmeAW
地上付近で巨大質量が超音速だしたら
衝撃波で周りのものがぶっ壊れるって。

まだ間に合うかもしれんから「富士演習」に申し込んで観てこい。
砲弾が発射されるときの衝撃波を体験できるから。

41 :オーバーテクナナシー:2008/03/18(火) 18:40:06 ID:2rEjX+fJ
質量はあまり関係ない気もするが、周辺の木造建築物が吹き飛ばされて、鉄筋
コンクリートはのこっても窓ガラス全滅とかありそうだ。

コンコルドが二万メートルの高度を飛ぶのは、その衝撃波と騒音を回避するた
めだときいたことがあるけれど、地上でマッハ5出した場合、一体どれだけの
安全距離をとらないといけなくなるんだろうか。

42 :オーバーテクナナシー:2008/03/18(火) 19:50:14 ID:t0plz/1E
>>41
コンクリートもやばいぞ。
シャトルの打ち上げ台に使われているコンクリートの破片が3キロ先まで
飛んでいくそうだ。でかいものでは30センチくらいの固まり。
発射のときのノズルからの噴射による衝撃波で簡単に発射台の
コンクリが砕けてしまう。
たぶんマッハ5で耐えられる構造物なんてまずないのでは?
マッハ5で飛ぶ飛行機があるじゃないかなんてバカな反論はなしね。

43 :オーバーテクナナシー:2008/03/18(火) 20:29:47 ID:+/YwIEtD
>>42
アメリカの超音速実験機のロケットスレッドは地上で最高速度Mach9出してる
レールが使うたびに吹っ飛んでるわけではないから少なくとも金属やコンクリ構造物は耐えられるんじゃないかな?

それに打ち上げでコンクリがやばいのはロケットの噴炎がモロに当たるからだと思う
あれ自体で言えばMach5では全然利かないはずだし、かなりの高温になるからコンクリが緩くなる
リニア方式なら物理接触による破壊はあまり心配しなくていいと思うし
騒音問題も現在シャトルを打ち上げてるアメリカなら普通になんとかなると思う

日本でやるとしたら太平洋側に人工島作って更に本州側に防音板として壁作るしかないと思うがw

44 :オーバーテクナナシー:2008/03/18(火) 20:32:49 ID:+/YwIEtD
あと>>38なら使いまわせる部分が多く作れそうってのもある
地上施設、シャトル本体、もしかしたら切り離すスクラムジェットも再利用可能だし
余力があるならスクラム付けたまま宇宙まで行って返ってくる時にスクラム使えるし

確か、アメの次期シャトルの計画でもスクラムジェット搭載の往還機計画はあったはず
実行するかどうかは別として

45 :オーバーテクナナシー:2008/03/18(火) 21:29:47 ID:RXnHU4fn
>>43
ぐぐってみたら
>しかしながら、レール建設または「修理」をするのに時間がかかるというデメリットもある。
壊れてるんじゃないの??

46 :オーバーテクナナシー:2008/03/18(火) 21:33:27 ID:RXnHU4fn
もう一個突っ込み
>騒音問題も現在シャトルを打ち上げてるアメリカなら普通になんとかなると思う
上空に向かっていくのと地上を走るとのでは騒音レベルが全く違うよ。
衝撃波がどのように拡散するかのシミュレーションを見れば理解できるとおもう。

47 :オーバーテクナナシー:2008/03/19(水) 05:38:04 ID:mOFeM9r9
洋上であればある程度の騒音は許容されるだろう。内之浦や種子島のように、
東に海が開けた場所を選定すればいいと思う。

ただし長大なレールを建設しないといけないから、日本のような島国だとむず
かしそうだ。アフリカの東海岸……ソマリアかケニアあたりがいいと思うけど
マスドライバーの建設とその後の宇宙港的な運用で、その国は多分潤う。
昼夜の温度差と砂嵐を克服できるなら、岩石砂漠に作るのが手っ取り早いかも
しれない。サハラ砂漠とかオーストラリアとかね。
ただその場合海運が使えないから不便だけど。
というか長大なレール建設するより、M5まで加速できる高高度超音速母機を
運用したほうが安上がりな気がしてきたぞ……?

48 :オーバーテクナナシー:2008/03/19(水) 16:24:20 ID:jf9PxunO
>>45
あれはレール誤差を0.001mmだかに定期的に調整してるそうだから
そっちの手間が死ぬほど掛かってると思う
使ってるレールは電車の普通のレールだけど車体に付いてるのが車輪でなくて
口の字状にレールを覆うような形の物で車体を浮かないように固定して、レールの上を滑走してる

レールそのものが毎回損壊してるのではなくて、
レールの誤差を修正したり急制動かけた時にレールが壊れたりしてるんじゃないかな
実際の実弾積んだミサイルを発射する試験機(先端にミサイル付けて対象物に激突させる)とかとしても使われてるから
そういう時も壊れるんだろうね、学術的な実験機ではなく軍事目的だしあれは
動画見ると音速出ててもレール等の地上施設が壊れてるようには見えないよ

49 :オーバーテクナナシー:2008/03/21(金) 03:12:26 ID:w9dO7nyh
高高度超音速母機で空中発射するのと、地上から通常のロケットで打ち上げる
のでは、どっちのほうが安いんだ?

50 :オーバーテクナナシー:2008/03/22(土) 13:21:59 ID:VU9kLzEL
現状ではロケットだろうね。廃棄された一千基からの大陸弾道ミサイルを流用
してるロシア製に太刀打ちできるものは無いと思う。
量産効果が違いすぎるよ。

超音速母機からの空中発射は、まだ実用化されたとは言いがたいし、コストも
かさむ。ただし量産されればロケットよりも値段は安くなるだろうね。
飛行機からぶら下げるわけだから、小型衛星向け。あと射点を選ばないので騒
音問題などからもある程度開放される。
そもそも水素より原油のほうが、遥かに扱いやすいし安い。エンジン構造も簡単。

俺としては、大型衛星はロケット、小型衛星は空中発射という風に住み分けが
起こるような気がする

ついでに下がってきたのであげとく。


51 :オーバーテクナナシー:2008/03/23(日) 20:35:04 ID:1DdPD2y5
今求められてるのは大質量の輸送方法だから
高高度超音速母機からの発射がそれに向かないなら開発費の無駄だからやらないと思うな
現状のロケットでいいや、って話になるだろう

ただ、シャトル並の子機をぶら下げて超超音速出せるような機体だと
サイズ的にもエンジン出力的にもまだ無理だと思う
スペースシャトルの計画にも高高度母機から射出する案があったけど結局廃案になったし
技術的にはまだちょっと厳しい部分が大きいんだと思うよ、金次第だけど

シャトルクラスのペイロードがあって一回辺りの費用がロケットくらいの打ち上げ方法があれば
宇宙開発ももっと盛んになると思うんだけどね

52 :オーバーテクナナシー:2008/03/27(木) 05:17:18 ID:nDrzBHxu
地球のマスドライバーは>>19で言われているように困難なものだから一旦保留
ということにして、月面マスドライバーを考えないかい?

1・動力源は原子力電池・太陽電池・核分裂炉?(将来的には核融合炉も)
2・月の脱出速度2.378 km/sが必要。加速手段は?
3・自転が遅いため、超高温・低温の状態にでも稼動できるようにする。
4・基本的に構造材はレゴリスから作るものとする。必要な強度は?
5・射出した物体の軌道変更手段は?

考えないといけないのはこれぐらいかな。他にもある?


53 :オーバーテクナナシー:2008/03/27(木) 11:01:50 ID:mWCeVXzf
そんなにモノをホイホイ効率良く打ち上げる目的は何なんだ。
そもそもいったい何のための宇宙開発なんだ。
本気で人間が宇宙に進出出来ると考えているのか。
月に行っただとか、宇宙ステーション作りましたとか
そんな程度ならエベレスト登山と同レベルの自慢話にしかならん

54 :オーバーテクナナシー:2008/03/27(木) 19:07:01 ID:j3P0hrJC
>>52
少なくとも5は関係ないだろ。このスレでは「宇宙船」を射出するんだから
普通に考えてエンジンくらい積んでいる。

55 :オーバーテクナナシー:2008/03/31(月) 10:56:33 ID:FgLwdjl6
>>53
月にあるかもしれない新たな鉱物資源を地球に安価で打ち上げる為だろ
地球よりコスト低いとはいえ打ち上げに毎回ロケットなんて打ってたら
その資源が高額すぎて一般で使えないだろう?

56 :オーバーテクナナシー:2008/03/31(月) 13:12:22 ID:ZXZ2LPfq
このスレで話がおかしくなっているのは、本来月とかで使う目的の
マスドライバーを地球で運用しようとしているから。

57 :オーバーテクナナシー:2008/03/31(月) 15:33:35 ID:NW7gax1R
地球で最も実現する可能性が高いのが軌道エレベータ
だけど軌道エレベータ建設に必要なだけの大量の物資を送る手段が今のところ無い

それ以前に軌道エレベータを支えるために強度の高いロープが必要だが、
今のところ支えられるだけの強度を持った繊維が存在しない
同じ太さで考えると人間の作ったどの繊維より蜘蛛の糸が強いらしい

地球上のマスドライバーは地球が重力井戸の底であるがために加速に必要なエネルギーが膨大になるし
加速するための距離も問題がある
アメリカでは遠心型のマスドライバーで精密機械と人間以外の物資を宇宙に放り投げる計画のために
本格的に予算案が提出されたが翌年から項目が削除された所を見ると中止になったみたい

エネルギー効率を改善して用途を限定すれば地上マスドライバーもあながち不可能でもない?

58 :オーバーテクナナシー:2008/04/02(水) 02:37:53 ID:3gpO9Q5a
月で地球に打ち上げる必要性が有る物。
高真空を利用した素材ぐらいしか浮かばないなぁ。
鉄でも真空で生産すれば今よりも高性能な鉄が造れるらしいし。
宇宙は逆に対流が発生しなかったり、宇宙線が有ったりで面倒くさい。

59 :オーバーテクナナシー:2008/04/02(水) 05:30:25 ID:HRknJ9zc
>>58
あの〜、月に宇宙線がないとでも言いたいのでしょうか?

月には月資源というものがありまして・・・ つまり、ググれカス。

60 :オーバーテクナナシー:2008/04/02(水) 07:18:25 ID:3gpO9Q5a
つ月の地下

61 :オーバーテクナナシー:2008/04/02(水) 07:19:56 ID:3gpO9Q5a
ヘリウム3はどれだけ存在するのやら

62 :オーバーテクナナシー:2008/04/02(水) 11:22:38 ID:DEL1noB8
ヘリウム3だけじゃなくてレアメタルもあるみたいだけどな
地表にチタンがあるらしいし

63 :オーバーテクナナシー:2008/04/02(水) 14:36:37 ID:GC/VDhQn
地球のレアメタルはもうすぐ尽きるらしいからなぁ
レアメタルが無くなったらパソコンも携帯電話も作れなくなっちゃうし
電子機器が作れなくなっちゃうから宇宙にも行きたくても行けなくなっちゃう

64 :オーバーテクナナシー:2008/04/02(水) 15:45:29 ID:3gpO9Q5a
激しく加工しにくいだけでチタンはレアメタルじゃ無いような。
問題はタングステンとかマンガンとかだけど、まだ埋蔵量が分かってない。
かぐやで予測はつくかな?

65 :反・権謀術数:2008/04/08(火) 15:32:54 ID:ADEaWOIs
確か、20年くらい前に、イラクが研究開発していたスーパーガンってのがあったっけ。
イスラエルまでを射程に収める大砲。その研究はもともと、マスドライバーのためのものだったと聞いた事あるような・・・

66 :反・権謀術数:2008/04/08(火) 15:42:58 ID:ADEaWOIs
だいぶ前に考えた事ある。
浮き袋にワイヤーをつけ、しぼんだ状態で沈ませて海底にてロックする。
→浮き袋に空気を送り込む。まだ浮かせないようにロックはかけた状態。
→ロックを外し、浮き袋を浮上させる。この時、袋につながったワイヤーは
引っ張られ、滑車を通してカタパルトの射出台を引っ張る。
→射出台に載ってる物体が飛ぶ。

 滑車の変速比を変えてやれば、浮きの浮力で充分な加速を得られるのでは考えた訳ね。

67 :オーバーテクナナシー:2008/04/08(火) 20:00:05 ID:RytFdcR9
>>66
素直に蒸気圧を使ったシリンダータイプのカタパルトでいいじゃん。

68 :反・権謀術数:2008/04/08(火) 22:18:46 ID:ADEaWOIs
>>67
いや比較的長い時間作用する動力が向いてるかなと思って。

69 :オーバーテクナナシー:2008/04/10(木) 00:23:49 ID:+OXsw8lT
>>66
それじゃスチームカタパルトには及ばないと思うよ
浮力は排除する体積のぶんの力しか受けない
例えば航空機を飛ばすにはその質量の数倍の水に相当する巨大な浮きを
使わなければならない。

70 :オーバーテクナナシー:2008/04/10(木) 03:25:41 ID:Rd32H2Rq
浮き袋にかかる水の抵抗が大きすぎてスピードがでないな。
せっかくの浮力が「水を押しのける」というどうでもいいことに
大半を使ってしまう。

71 :反・権謀術数:2008/04/10(木) 12:29:21 ID:AsDhJFaj
>>70
そうかー。

72 :オーバーテクナナシー:2008/04/10(木) 19:50:09 ID:D38XiwEV
だいたい浮袋に空気を送り込むのにどんだけのエネルギーが要るねん

73 :反・権謀術数:2008/04/11(金) 12:52:57 ID:o5pnKfmq
>>72
水圧<空気圧の条件つきで、市販のコンプレッサーでもいけると思うが。
水1m3で1tだから、500m3の浮き・・・。1m2×10mの浮き50本・・・。やっぱ非効率か。
まあ考えてみりゃ、同じワイヤーと変速用滑車で射出台引っ張るにしても、
エンジン式ウインチ使った方がいいか。それにしたって、滑車やワイヤにかかる負荷は相当なもの。
 射出台に翼をつけて滑空させ、パチンコのように射出するにしても、毎回ワイヤや滑車を交換しなければ
ならないか。自問自答。
 スチームカタパルトの場合はどうなんだろ?発射体を銃弾に例えた場合、スチームをバレル内壁に
発射体が通るタイミングで噴射し、発射体を浮かせるような形で射出するんだろうか?
 


74 :オーバーテクナナシー:2008/04/11(金) 19:46:52 ID:wcDmQ4LY
>>73
米軍空母のカタパルトと同じじゃね?

75 :反・権謀術数:2008/04/12(土) 21:56:39 ID:yrwvu4Y5
66のアイデアでもう少し思いつきがあるので語らせて。
浮き袋が浮くときの状況は、シャンプー容器を湯船に沈めた時と同じ感じと思う。
加速はゆっくりになるしその分加速距離が長くなるが、射出体へのG負荷は少ない。
 で、66のアイデアを修正。直径3m・長さ10mの浮きが収まるたて穴を8設け、
そこに浮きを入れる。穴は水槽にし、穴底部にある滑車を通しワイヤーが
浮き下部に結び付けられている。
浮きは発泡スチロールでもプラスチック製のものでも可。それを浮き下部ワイヤー
をウインチで巻きあげ浮きの下部が穴底部についたところでロックで固定。
 この時、浮き上部は水面より上に出ている。
 後は66と同じ。ロックを外され浮きが上昇し引っ張られたワイヤーが変速ホイールを
回転させ、ホイールによって変速され高速化した巻き取りスピードで今度は射出台のワイヤーを
巻き取る。
 ま、言いたかっただけなんで。

76 :オーバーテクナナシー:2008/04/13(日) 14:38:44 ID:puEnL0B5
エネルギー変換効率的には電磁カタパルトの方がいくらかマシな気がする

77 :オーバーテクナナシー:2008/04/13(日) 17:50:15 ID:llTS1JmE
雰囲気としては潜水艦の急速浮上みたいなものか。
アイディアは面白いけど装置が大掛かりになりすぎる。それに浮きを沈めるの
に電動機でウィンチ巻き取るなら、その電力をレールガンやリニアモーターに
でもつぎ込んでやればいいし。



78 :オーバーテクナナシー:2008/04/14(月) 01:55:25 ID:DxSDSWwH
>>75
説明ヘタすぎw
つくづく技術系に向いてない人だなあw

79 :オーバーテクナナシー:2008/04/14(月) 11:55:32 ID:gUBCKsoI
いや、技術者は説明下手はかなり多い
>>75とはタイプが違うがw

まぁ、技術系じゃない人間に分かりやすく説明するってのも結構難易度はあるが

80 :反・権謀術数:2008/04/14(月) 23:09:13 ID:Fsjf9ZLt
そうか?言ってる方はわりと楽しんでるんだが。これでも昔は技術で食ってたんよ。
さておき、マスドライバーで一番難しいのは、瞬間的に数十〜数百tの物体を超高速まで加速する事
だろうね。ウインチの巻上げは、ギア比変えて小さいエンジンでもできるが。
 スチームカタパルトはwikiで見たが、既存技術として実績あるが、そのまま大型化して目的の馬力を出せるが問題か。
 電磁カタパルトの場合、全くの新技術のうえ、導線がそれだけの高負荷に耐えられるかどうか。建造コストはかなりのものだろう。
 ここまで書いて気がついたが、位置エネルギーを利用するなら、重りの落下を利用する、中世の兵器のカタパルトの延長で考える方がいいのかな?
 直線的に射出させるように変えればいいだけだろうし。

81 :オーバーテクナナシー:2008/04/16(水) 23:28:29 ID:Rxhmtq1p
落下エネルギーを使ってたんじゃ、速度が全然足りまへんがな


82 :オーバーテクナナシー:2008/04/17(木) 06:48:24 ID:ZtTfS29f
地球を重りに使えばいいんだよ。

83 :反・権謀術数:2008/04/17(木) 12:42:36 ID:aqa8aQgW
>>81
まあwikiでカタパルトの一種、「トレビュシェット」の項目を見てけれ。
「140キログラムの石を最大300メートルも飛ばすことができた。」らしい。
ま、衛星軌道へっていうスペックには全然及ばんがね。

84 :オーバーテクナナシー:2008/04/17(木) 13:23:12 ID:E/hwD+s7
ギア比で速度を変えるなら、重さが必要になる
当然射出する物体の数倍の重量の錘がないと射出できない。

85 :オーバーテクナナシー:2008/04/17(木) 18:04:28 ID:/hY9EDFP
仮に錘の位置エネルギーを全て投射体の運動エネルギーに変換できたとしても
錘の落下距離が100mあるとして
第一宇宙速度7.9km/sを出すには投射体の30000倍以上の質量の錘が必要


86 :反・権謀術数:2008/04/17(木) 19:49:52 ID:aqa8aQgW
>>85
具体的な数字はとても参考になりますね。
実際には空気の摩擦抵抗なんかもかかってくるだろうし。
やはり簡単にはいかん話だな。
スチームでやるにしろ、そらもう核レベルの高圧力ですか?
なんかもっと現実味があって効率のいい方法ってないもんですかね?

87 :オーバーテクナナシー:2008/04/17(木) 22:36:24 ID:dxByoG0f
発射だけでも補助すれば搭載燃料は大分減らせるんじゃ…

88 :オーバーテクナナシー:2008/04/18(金) 01:36:13 ID:6BbVNx0d
>>87
その「発射」ってのは打ち上げシーケンスのどのへんまでを指してるんだよ

89 :反・権謀術数:2008/04/19(土) 20:45:26 ID:QBN0eqpW
ふと思ったが、アメリカはアリゾナの砂漠でさんざん地下核実験やってんのよね。
どうせあの蛮国は核実験やめねーだろうから、いっそのこと爆発させるついでに
その力でペイロードを宇宙へ射出してくれんだろうか。大気中に汚染物質噴き出させない格好で。

90 :オーバーテクナナシー:2008/04/19(土) 21:42:06 ID:MdyD7QPH
どうやってペイロードの破壊を防ぐの?
核爆発でも破壊されないカーゴ外壁材が開発されたら、マスドライバーより
使い道が多そうなんだけど?

91 :反・権謀術数:2008/04/19(土) 21:43:30 ID:QBN0eqpW
85の意見を受け、自分もEXCELで計算してて思ったが、
遠心加速式とパチンコ式の混成型ではどうだろ?
充分な質量の錘かフライホイールを用意し、遠心加速によってその速度を上げる。
充分な速度に達したところでアンカーフックだかネットで受け止め、
その力でワイヤーを引っ張る。ワイヤーは滑車に接続しており、そこで変速され増速し、
射出台を引っ張って加速させる。
 遠心加速のGを射出体が受けなくてすむ分、無理がかからないかと。

92 :反・権謀術数:2008/04/19(土) 21:58:36 ID:QBN0eqpW
>>90
強烈なGに耐える事が要求されるものだから多分大丈夫。
どのみち放射性物質を大気中に出さないようにするには、なんかフタ
とかが必要になるが。射出体の強度よりそっちのが問題っぽい。

93 :オーバーテクナナシー:2008/04/19(土) 22:22:19 ID:MdyD7QPH
マスドライバーのGは、強烈でも順次加速されていく訳だから、核爆発の瞬間的な
力と比べるのは、明らかにおかしいよ。
それに、そのような瞬間的な力で破壊されない外壁材よりも、内部のペイロードが
どうやったら、その瞬間に破壊されずにいられるかの方が困難だと思うけど?

94 :オーバーテクナナシー:2008/04/21(月) 11:20:38 ID:kcxOYk42
それは核パルス推進と言う方法だね。
ぎりぎりまで小型にした核弾頭を連続爆発させることでショックをやわらげる
研究はされていたが、どうやっても核汚染をふせげないので
今は地上からの打ち上げは放棄されてる

95 :オーバーテクナナシー:2008/04/21(月) 17:29:53 ID:Soe8gia0
核パルス推進はわかってるけど、地下核実験のついでに利用できるような
システムじゃないことだけは確かだね。

96 :オーバーテクナナシー:2008/04/21(月) 17:40:42 ID:kcxOYk42
地中にあなを掘れる深さはたかが知れてるからね。
脱出速度まで加速できるほどの穴なんてまず無理だろう。

97 :反・権謀術数:2008/04/21(月) 21:12:17 ID:g4OZDzEa
どうせキリのないやりとりをするなら、91の案についてしてくれる事を
希望。
錘かフライホイールと書いたが、フライホイールの方が有効そう。
どうだろ?フライホイールの速度と慣性を利用すれば、可能性ないかな?

98 :オーバーテクナナシー:2008/04/21(月) 21:17:32 ID:kcxOYk42
マジレスするなら滑車やワイヤー使ってる時点でダメだろ。摩擦があるから。
減速だか加速するにしても最終的にはどこかの段階で音速超えないと無理なわけで
超音速滑車w

99 :オーバーテクナナシー:2008/04/21(月) 21:24:50 ID:Soe8gia0
既に加速済みの状態で「引っ張り始める」んだから、射出体は「いきなり加速される」
どんな材質でカーゴボックスを作っても、中身はグチャグチャ。

100 :反・権謀術数:2008/04/21(月) 22:57:34 ID:g4OZDzEa
>>99
ふむ。
そこは段階的に加速してやればいいだろう。
一つのフライホイールでなく、複数のフライホイールで。
加速に使ったホイールはクラッチ操作でメインワイヤから切り離し、
次のホイールと接続。
>>98
摩擦ね。ま、負荷に耐えられる素材があるかが重要だわな。音速はまあ、
関係ないだろ。同じところをグルグル回っているホイールや滑車で衝撃波が
生じるかは知らんが。

101 :オーバーテクナナシー:2008/04/21(月) 23:27:06 ID:kcxOYk42
いや、ベアリングとか使えないだろうし、電磁的に浮かせるような滑車を
作るしかないんじゃ…
それにクラッチか…当然接続されてるときには
クラッチ面に同じ摩擦が発生する。
もはや人類の既存技術超えてる気がするんだw

102 :オーバーテクナナシー:2008/04/22(火) 11:11:14 ID:936Tj0G5
とりあえず、ホイールや滑車はともかくとしてだな、そんなシステムに使用できるほどの
強度を持った「軸」を作れるなら、その素材で軌道エレベーターが作れるんじゃないかと
思うのは、オレだけ?

103 :反・権謀術数:2008/04/22(火) 19:18:48 ID:5H79Qzt5
実際に使われているもので一番近そうなのは、鉱山の露天掘り現場なんかで
使われている大型ダンプの車軸か。wikiで「ダンプトラック」で調べりゃ載ってる。
 あと、ベアリング部にリニアのような装置は向かない。ああいう熱を持ちやすい箇所は、
コイルは熱を帯び抵抗値が増すし、永久磁石は高温下では磁力を失うから。何より、
強く引っ張られる箇所なので、浮かせても周囲からの力で押し付けられてしまうだろう。
 クラッチというのは誤りだな。機械的に着脱できるジョイントというべきだったな。
 軸は径と質量に制限がなく、軽量化の必要は求められない。素材が軌道エレベーター作成に向かなくても関係は無い。
 ジョイントも同じ。大きさに制約は特に無い。瞬時にかかる負荷の大きさに素材が耐えられるように、
大型化すればいい。
 他にない?

104 :オーバーテクナナシー:2008/04/22(火) 21:39:40 ID:88Ud8XZV
大型化すればワイヤー自体の質量が大きくなるだろうがw
いたちごっこなんだよ。
それをつりあげるワイヤーの総重量が射出体よりも重くなりかねん
クラッチと呼ぼうがジョイントと呼ぼうが同じ。
摩擦力だけで何千トンの力を伝えていらないときには離れる
そんな都合のいい材質があるのか?w
総じて、リニアカタパルトより難易度は高いし洗練されてない技術だな。

105 :オーバーテクナナシー:2008/04/23(水) 00:41:03 ID:SoEibmek
この人>反・権謀術数のレスは、スチームパンクのにおいがする…
「絵」にはできるんだが、絶対確実完璧に実現不可能っていうにおいが…

106 :反・権謀術数:2008/04/23(水) 21:17:52 ID:hDy/6zOL
まあそう結論を急がんとw。別に急くもんでもあるまい。
ワイヤーの強度を上げるとワイヤーが重くなり引っ張る能力が低下する・・・
だとしたら、サルベージ船はどうやって沈没船を引き上げているんだい?
ま、ワイヤーの重量はなるほど気になる所だから、滑車を射出台より下に配置して、
ワイヤーの自重も位置エネルギーとして引っ張る力になるようにするかね。
 着脱は、ワイヤーをガイドレールに沿わせ、定位置でワイヤーフックが射出台から外れるように
レールを曲げればいい。そうすれば、ワイヤーは射出台から外れ次の加速に移る事ができる。
 揚げ足取りっぽいが、着脱は機構の問題で、素材強度の問題じゃない。
 あと、リニアカタパルトはリニアモーターの発展形として、推力はどうする?
 電車のようにモーターで前進させるのでは難しいだろう。

 なかなかいい指摘だったけどね。はい次〜。

107 :オーバーテクナナシー:2008/04/23(水) 21:24:09 ID:B8WHFTUf
あんたはギアで加速して使うといってるじゃないか
ギアで減速すれば大きな力が出せるようになるのはわかるな?
ギアで加速すれば逆に力は小さくなるんだよ。相対的にワイヤーが重くなる。
この程度もわからんのか?魔法だとでも思ってるのか?w
おまけに沈没船には浮力が働いてるな。
持ち上げる距離も違うな。

108 :反・権謀術数:2008/04/23(水) 21:24:34 ID:hDy/6zOL
>>105
新しい発想の多くは、実際には使えない場合が多いからね。
しかし、新しい発想をただ笑うだけでは、進歩につながるまい?
 俺は個々が体裁の為に識者を気取る事より、議題について話を進める
事の方が大事と思うしね。ま、堅苦しく考えてたらスレは成り立たんわな。

109 :反・権謀術数:2008/04/23(水) 21:42:55 ID:hDy/6zOL
>>107
お前、もうそれ以上はやめとき。俺は人を笑うために書きこんでる訳じゃねーよ。
ギアと滑車は似てると思うか知らんが、結構違う。高加重・高速な用途には
歯車は向かない。歯が取れる。
 変速比によって高速化すればパワーは確かに下がるが、その分フライホイール
から発生する運動エネルギーを多めに見積もっておけばいいだけだ。
 沈没船の例が悪かったか。明石海峡大橋の巨大橋脚は、サルベージ船がワイヤー
で吊るして現場まで運んでいる。長さに関しては、上記のようにその自重を牽引力
として利用するし、ガイドレールが重さをある程度は支えられる。本当に問題に
なるのは、ワイヤーが支えられる荷重だ。射出体+射出台+ワイヤー+空気抵抗その他摩擦
がかかるのは間違いない。主要メーカーの製品の強度一覧を見た訳ではないが、現代のワイヤー
で充分耐えられると思うが。太くなり過ぎるようなら、ワイヤーの本数を増やして負荷を分散すればいい。
以上。

110 :オーバーテクナナシー:2008/04/23(水) 21:50:52 ID:B8WHFTUf
>>109
お前がやめておくべきだな。w

滑車でもギアでも事情は一緒。
スピードを上げれば重量は大きくなる
エネルギー保存則も知らないのか?w
どこからそのエネルギーが沸いてくるか聞きたいものだ。

サルベージと違うのは、サルベージは最終速度はまったく問題じゃなく
移動距離だけが問題だが、何かを射出する場合は最終速度が問題。
大気圏脱出するなら脱出速度になっていないといけないし、そうでなければ
直接軌道上まで吊り下げるしかない。w
そういう基本がぜんぜんわかってないんだよ。あんたは。

111 :オーバーテクナナシー:2008/04/23(水) 22:00:21 ID:SoEibmek
>新しい発想
問題は、そこだあね。
全然新しくも何ともない、既存のメカニズムが
在り得ない強度を持っていると仮定して、在り
得ない速度で動作すると強弁しているだけ。
そして在り得る不都合には一切目を向けない。
だから、スレタイからどんどん剥離して行く。

言ってる本人だけが面白いという、面白さの中で
最低最悪のものだあな。

112 :オーバーテクナナシー:2008/04/24(木) 07:51:49 ID:PoG7VBka
>>109
だんだんレスが荒削りになってきたなw
速度とエネルギーの関係わかってないだろ。
10km/hで動くワイヤーと7.9km/sのワイヤーでは動かす力がどれくらい
違うか計算してみればわかるだろ。
ちなみに、高速化したワイヤーがドラムに巻き付けられるかも考えてみな。

113 :反・権謀術数:2008/04/24(木) 10:23:51 ID:LiEzUqYz
・・・程度が知れてきたので、今度は一週間後くらいに書き込むわ。
ちがう側面からの新しい指摘を希望。

114 :オーバーテクナナシー:2008/04/24(木) 11:06:44 ID:lHUkYHqY
>>113
結局負け惜しみでおしまいか。

底が知れてるな。

115 :オーバーテクナナシー:2008/04/24(木) 11:38:59 ID:u1ExMfXB
>>113
すれ違いだから書き込まなくていい。
完全に論破されてるのに、それもわかってないしな
ゾンビ空気コテw

116 :オーバーテクナナシー:2008/04/24(木) 12:20:49 ID:MTGudVEd
反・権謀術数こいつは無理なことがわかっていて
思考実験しているのかと思ったが、
結局自分のチープなアイデアを他人にほめて欲しかっただけみたいだね。

117 :オーバーテクナナシー:2008/04/25(金) 05:38:05 ID:r9DujyfH
この板のあちこちのスレで同じ事やってるね>反・権謀術数
なんだか意味不明な俺様理論を展開しては、フルボッコされて、
捨て台詞を残して暫く消えては、また表れる。

結構長い事同じコテでウロチョロしている割に、いつまで経っても
トリつける気がないみたいだし、いったい何がしたいんだろう?

118 :オーバーテクナナシー:2008/04/26(土) 08:03:27 ID:x2pg5Rvl
>>106
であるようにリニアの仕組みも知らんらしいしな。

119 :オーバーテクナナシー:2008/04/26(土) 10:01:12 ID:kLySXt9a
>ワイヤーの重量はなるほど気になる所だから、滑車を射出台より下に配置して、
>ワイヤーの自重も位置エネルギーとして引っ張る力になるようにするかね。

これもアタマ痛くなってくる発言だなw

120 :反・権謀術数:2008/05/01(木) 21:36:36 ID:yoPLy2uF
飽きた

121 :オーバーテクナナシー:2008/05/01(木) 23:05:24 ID:+3sSG09H
風呂場のオモチャの話はもういいから
マスドライバーの話をしようぜ

122 :オーバーテクナナシー:2008/05/21(水) 08:05:09 ID:/KXj106L
>>120
また遊びにきてね。

ところで>>3の答えって出てないよね。
俺としてはリニアモーター式に賛成したいが、レールガン派はいるかい?

ついでにage

123 :オーバーテクナナシー:2008/05/21(水) 17:37:58 ID:me8HHqwY
リニアモ式に賛成だけど
レールガンの方がかっこよさそうだな

124 :オーバーテクナナシー:2008/05/22(木) 08:52:22 ID:51eEIv45
レールガンはかっこいい。
だが宇宙船とレールが溶接されてしまいそう。

ところで加速リングの半径を計算してみようと思うんだが、お前らが乗
るとして何Gまでなら耐えれる? 月面生活のあとに3Gはやっぱきつ
いだろ。

125 :オーバーテクナナシー:2008/05/22(木) 08:58:22 ID:K3HKE7Zi
乗らないからおk、俺は軌道エレベーターの鈍行で行きます。
貨物扱いは拒否るないよ。

126 :オーバーテクナナシー:2008/05/22(木) 20:49:30 ID:51eEIv45
月に軌道エレベータは無理だろ。月の首振り運動のせいで、L3に重心を持つ
エレベータを作っても地上設備が安定しない。作るとしてもスカイフックだが、
地球の潮汐力がでかすぎて安定しないとだろうし高Gかかるのは同じだ。

マスドライバーのほうがいいだろ。



127 :オーバーテクナナシー:2008/05/23(金) 04:59:30 ID:ID9gruha
月の脱出速度は秒速2.4kmつまりマッハ7強、せこい使い捨てSRBで十分です。

128 :オーバーテクナナシー:2008/05/23(金) 11:07:07 ID:e+SYcSoh
第一月は年々地球から離れてってるだろ

129 :ロケットガール:2008/05/23(金) 16:50:46 ID:QqbhAgw2
>>127
ロケットで飛ぶにしても重力損失無しで軌道速度を稼ぐための滑走路くらいあってもいいような気がス

130 :オーバーテクナナシー:2008/05/26(月) 18:02:35 ID:ANWiGABW
>>127
いやまあそうなんだけど、そのSRBはどこで生産するんだ。
還元レゴリス-液体酸素系のブースターでも開発するかい?

む、よくよく考えてみればそれもいいな。マスドライバーだと射出方向を考え
て建造しないといけないし、一度完成すると向きを変えるわけにも行かない。

その点SRBはエネルギー効率悪すぎだけど、どこにでも持っていけるし好き
な方向に発射できる。

>>129
初期加速はマスドライバーで二段目からSRBとか。
そうするとマスドライバー自体の到達速度はそんなに高くなくてもOKだから、
技術的なハードルはだいぶ下がるんじゃないだろか。

131 :オーバーテクナナシー:2008/05/28(水) 15:06:49 ID:iIAER5Ly
超素人だからJR東海のリニアの建設構想を知ったとき大阪発だったら途中分岐して赤石山脈の尾根に沿って打ち上げられないかなと想像した。もちろんロケットで飛ぶ。

環境問題無視で。

132 :オーバーテクナナシー:2008/05/29(木) 10:10:55 ID:obZYXLkU
ロケットで飛ぶならリニアいらなくね? まあ、マスドライバーは東向きにつ
くらないといけないから、大阪方向から〜ってのは納得だけど、リニアの最高
時速500キロメートルなら、別に大阪まで行かなくても、もっと愛知とか長野か
らでよくないだろうか。んでもっと言うと、さらに南のほうに作ったほうがい
いと思う。(でも交通の便を考えたらそのあたりがいいのだろうか)

実際ロケット打ち上げ施設は鹿児島や種子島とおおむね南方(沖縄は米軍との
絡みがあったからね)

ぶっちゃけ地球からはマスドライバーじゃなくてロケットか空中発射になると
思うけどね。

133 :オーバーテクナナシー:2008/05/29(木) 10:17:43 ID:0P893J3I
空中発射とは、また、ずいぶんと曖昧な表現だな。
未来技術とは言え、技術と名の付いた板に来るのは百万年早いとみた。

134 :オーバーテクナナシー:2008/05/29(木) 13:14:46 ID:Etr/lVwn
この板に来るのが100年は早い自分が来ましたよ。

以前ロケットのエネルギーの大部分が初期の加速に使われると聞きましたが、
たとえばH2AやスペースシャトルをX km/hの垂直なマスドライバーで加速しながら打ち上げた場合
Xの値と搭載する燃料や自重の減少量の関係って計算で求められるものでしょうか?
こういったことを何か計算して発表してる研究/SF作家(洋の東西を問わず)を探してるのですがなかなか

ロケットの打ち上げ時の最初の一番重い状態で加速をつけたら、
加速に必要な設備費と
構造的な実現性と
加速されるロケット自体のコストダウンと
の間にスイートスポットみたいなのがないかなーと。

135 :132:2008/05/30(金) 08:14:42 ID:0ShGS3su
母機・子機で構成される空中発射型の打ち上げシステムのことを言いたかった。
輸送機の翼下にロケットぶら下げるのも、某スペースシップワンもその形態だろう?
発射地点に束縛されない。一度成層圏にあがってしまえば天候を気にしなくていい、
現状では小型衛星向けの技術として研究中でしかないが、軌道エレベータやマス
ドライバーよりははるかに現実的だ。

136 :オーバーテクナナシー:2008/05/30(金) 08:24:07 ID:0ShGS3su
>>134
スレの最初のほうでも言われてるけど、垂直発射式はそれまで水平に加速してきたものを
ひん曲げるわけだから、カーブで外周方向にものすごい加速度がかかる。
そのまえに地球でマスドライバーは月のそれよりも非現実的だからこのスレでは
議論しない方向じゃなかったか?

まあそれはいいとして、初期加速をランチャーに頼ったばあいの必要燃料の量は
計算すればでてくるはず。力学の基本的なところを勉強すればいいよ。そんなに手間
かからん。

137 :オーバーテクナナシー:2008/05/31(土) 06:06:46 ID:RjKy+wgh
作用反作用の法則と言うヤツか。

138 :オーバーテクナナシー:2008/06/01(日) 01:41:28 ID:VyYAjHQ5
>>134
なければ自分でやろうぜ。
燃料の量が同じなら、噴射速度の速いほうが有利だ。
空気抵抗とかその辺の誤差を無視して理想状態にしたとして、たとえば
1トンの燃料を超高速で噴射するのと、
1トンの燃料を低速で噴射するのには、かなりの性能差がある。
>>137の言うように作用反作用の法則だな。
だからそういうのを計算しようと思ったら使用する燃料・エンジンの性能
・ロケットの質量などを厳密に設定してやる必要がある。

燃料・エンジン・ロケットの三項目において、それぞれの値段・質量・性能の
三要素を調べればいい。後はそれらで仮想的にロケットを組んで……。
さあ微積分のお時間だ。

139 :オーバーテクナナシー:2008/06/01(日) 07:59:47 ID:S8xMMYkZ
微積分はおろか、足算引算ができる奴は地球でマスドライバーを建造しようとは思わねえだろ?
どう考えてもペイしない。

140 :オーバーテクナナシー:2008/06/02(月) 17:21:53 ID:nP43jmDz
最高効率のマスドライバーってやはりカーブの無い真っ直ぐな形になるのかな?

141 :オーバーテクナナシー:2008/06/04(水) 23:30:46 ID:DH91ctXj
天体の赤道に、その自転方向に向かって一直線に作られたマスドライバーが
一番、高効率だ。
月の場合でも同じ。赤道に、西から東へ向かって発射する形のマスドライバー
だな。月の自転スピードを味方にできるから、そのほうがお得。
地球で多くのロケットが東へ向けて発射されるのも同じ理由から。

142 :オーバーテクナナシー:2008/06/05(木) 12:19:36 ID:TCQ3qfj9
月の自転速度ってかなり遅くないか?

143 :オーバーテクナナシー:2008/06/14(土) 02:32:17 ID:hi6P7u6B
約一ヶ月で一回転だな。ないよりマシって程度か?

144 :オーバーテクナナシー:2008/06/21(土) 19:28:20 ID:0rCr9gGy
特に自転と逆に打ち上げる理由も無いしぃ〜という程度かな。
月の有望な鉱山が極地方にあるなら、そこにマスドライバー作って打ち出す方が、わざわざ赤道まで運んで
から打ち出すよりコスト安だと思う。

脱出速度 自転速度(赤道) 脱出速度に対する自転速度(赤道)の割合
地球  40320km/h (11.2km/秒)   1674 km/h             4.2%
月    8640km/h ( 2.4km/秒)   16.7km/h             0.2%

145 :オーバーテクナナシー:2008/06/22(日) 05:34:20 ID:X24lqtY6
地球は4.2%もあったのか、かなりでかいな。

146 :反・権謀術数:2008/08/31(日) 23:58:31 ID:pboTvo2P
久しぶりに来て嘲ってやろうと思ったら、実のある意見が交わされてて
驚いた。これでは嘲えんな。

また半年後覗きに来るか。

147 :オーバーテクナナシー:2008/09/04(木) 03:15:46 ID:bbrvdb4D
環境をスルーできるならマスドライバーよりも核パルスエンジンだよなぁ・・・

コスモクリーナーまだー?

148 :オーバーテクナナシー:2008/09/28(日) 15:34:30 ID:jcLTzaga
赤道上の海にパイプみたいなの沈めて、その中を真空に近い状態にして
リニアで加速すれば速度の面は解決する?

そこを出たときに空気の壁をどうするかは思いつかないけど。


149 :オーバーテクナナシー:2008/09/28(日) 19:49:41 ID:vUH1OqiA
マスドライバーでガスの塊を超超高速で発射したら、最大どのくらいの距離まで届くでしょうか?
他のスレでも書いたんだけど、荷電粒子砲でシャトルを上げられないかと思いまして。
まず、数十機、数百機?からなる荷電粒子砲からシャトルに向けてガス塊が発射されます。これとは
別にレーザービームで電力が同様にシャトルに送られます。その電力から機体下部に電磁的なバリア
をつくり、送られてきたガスの粒子を圧縮し下に向けて噴射し推進する。
機体は花びらの様な外観で、外側の花びらの部分で粒子を受け、機体下中央部にガスを集めて噴射します。
上昇速度は時速200`から300`ほどとゆっくり上がっていきます。粒子の届かない距離になったら搭載し
てある水を推進剤にします。

こういうこと考えたんだけど、大気中でガスがどこまでいくか疑問なので、それが知りたいです。

150 :オーバーテクナナシー:2008/09/28(日) 23:40:20 ID:KWNkqTBs
全部マスドライバーの力で上げようとするから無理が出るんで、
初速だけマスドライバーで得て後はロケットの力で加速するようにすればいいんだよ。
それだけで一段ロケット分ぐらい燃費が変わるで。

151 :オーバーテクナナシー:2008/09/28(日) 23:48:41 ID:FtxQ4kpa
帝国ギガノスを思い出したw

152 :オーバーテクナナシー:2008/09/30(火) 01:46:03 ID:xT/26eec
>>149
わざわざ事前にガスまかなくても、空気使えばいいんじゃない?


153 :149:2008/09/30(火) 05:04:48 ID:pl2PvyAt
それはスクラムジェットエンジンとかいうやつですかね?俺が考えたのは、噴水の勢いに押し上げられるコーンみたいな
感じのものです。(ちなみに荷電粒子砲は地上設置ですので燃料は無限供給です)吸気口から必死で空気をかき集めなくても
地上から怒涛のごとくやってくる荷電ガスに押し上げられて成層圏のはるか上空に到達するみたいなイメージです。

154 :オーバーテクナナシー:2008/09/30(火) 05:24:15 ID:xT/26eec
まあスクラムジェットエンジンもそうだけど、レーザー推進ってのもある。
地上局からレーザーを照射し、飛翔体の下部についた集光鏡によって焦点を結ぶ。
すると焦点部分にある空気分子がプラズマ化→膨張→噴射。空気の補給は先端から。
どっかの大学で研究されてたはずだよ。

荷電粒子の奔流で押し上げるのも面白いけど、エネルギーロスが大きすぎるような気がするんだよね。
というか雷を地上からロケットに向かって発射するようなもんだよね。アレだって電子の移動だから立派に荷電粒子砲(?)だし。

155 :オーバーテクナナシー:2008/10/02(木) 05:26:58 ID:72OE9gbU
気体には透過するけど、特定の固体の物質にはぶつかると物理的に作用・反作用が
はたらく粒子ってつくれないもんすかね?物質にたいして透過と作用はどういう特質
で決まるのかなあ?学なくてごめん。200`透過して固体の物を押し動かせるビーム
があれば上に書いたようなシステムできそうなんだけど

156 :オーバーテクナナシー:2008/10/04(土) 18:40:27 ID:dbJdOLwc
透過というのは、文字通り何もないところを素通りすることだろう。
だがいくら原子の中がスッカラカンとはいえ、どうしてもクーロン力が働く。
プラスの電荷を持った原子核の付近を、たとえばアルファ線(ヘリウム原子核)
がすり抜けようとすれば、反発して軌道がそれてしまう。
どうしても

157 :オーバーテクナナシー:2008/10/05(日) 19:40:25 ID:7cLvOOrr
レスありがと
強力なレーザービームかなんかでプラズマのトンネルを作って、そのなかを
イオンの粒子を飛ばすってのはだめ?

158 :オーバーテクナナシー:2008/10/06(月) 00:08:38 ID:21qr2TRw
ヒマラヤを使ってマスドライバーを、真空チューブの中で加速する、
チュウブの端まで来たら、チューブの端のドアーを空けるヒマラヤの7000m
で、真空チューブの端を開ける、マッハ20で宇宙にぶっ飛んでいく(ヒマラヤの先端から)
次の発射に向かってマタチューブを真空にする。

159 :オーバーテクナナシー:2008/10/06(月) 05:56:11 ID:CjTj0hTW
>>157
いいね、効果有りそうな希ガス。イオンの粒子じゃなくて機体を直接飛ばせば。
マスドライバ以外に普通のロケットにも。

160 :オーバーテクナナシー:2008/10/06(月) 09:43:21 ID:9ed4EqBw
>>156
それは荷電粒子だからだろう。中性子ならずっと相互作用は少ないが、
原子核から取り出したそれの寿命はだいたい分で計るくらいのオーダー
しかないな。ニュートリノみたいにあまりにも透過力が大きくて
直接観測がほとんどできず、その物性に関して研究が現在進行形な
ものもあるよね。
>>157
イオン粒子を飛ばす時に、それがプラズマのトンネルの中だと
どう有利なのか、ちょっと理解できなかった。

161 :オーバーテクナナシー:2008/10/09(木) 05:13:59 ID:JX8aUBSR
>>160
うん、ニュートリノいいよね。こいつをおもいのまま制御できて、こいつと
物理的に反発する特殊な物質がつくれればとか考えたりもするけど・・無理だよね

162 :オーバーテクナナシー:2008/10/10(金) 18:41:29 ID:93NwM6AJ
>>160
中性子ビームなんて空気中にぶっ放したら、空気分子が放射能をもちそうな気
がするんだが。
その前に砲身と発振器はバリバリの放射線源になるよ。

それにニュートリノを操作するなんて物理法則に挑戦するようなエネルギーが
あるのなら、普通にロケット作ったほうがいい気がする。
「電磁気力」にも「核力」にもかからない、「重力」と「弱い相互作用」でし
か影響しない粒子をどうやって操作するというのか。

163 :オーバーテクナナシー:2008/10/11(土) 04:57:52 ID:ybRIM+gD
>>162
うん。でもそれできたら日本 神じゃね?世界に圧倒的な差をつけられる。
たとえば地上6メートルを浮上して走るくるまとか。
地球の裏側に地球内部をつっきって通信できたりとか。
ちじょう数千メートルの超高層ビル建設でクレーンを使わずに資材の上げ下げ
できたり。
電磁石と違って電磁波でないから、日常生活に支障ないし
ま、無理か。 幽霊みたいな粒子らしいし。これが可能になるより先に人類は
宇宙に進出していそう。

164 :オーバーテクナナシー:2008/10/14(火) 21:37:21 ID:neTl9/k0
>>158
チューブを熱圏くらいまでのばすならともかく
7000mじゃあ飛び出した瞬間宇宙船が木っ端微塵になるだけ。

165 :オーバーテクナナシー:2008/10/14(火) 21:57:59 ID:w9uBlYHt
宇宙船の構造にもよる。
要は慣性質量が十分にあって、引張力に粘り強さを示す素材をつかえばいい。

まあでも、燃料の質量減らすのにマスドライバー使ってるんだから、安定化の
ために慣性質量を増大させちゃ意味ないがな。

166 :オーバーテクナナシー:2008/10/15(水) 07:05:19 ID:XmP1BwnC
いっそのこと溶けて蒸発することを前提に機体全体をカバーで覆ったらどうよ?
形状はすっげえ細長い流線型で、大気圏突破するころにはカバーは無くなっていて。
そのかわり重量はかなり重くなると思うけど、その分マスドライバーで加速しまくる。

167 :オーバーテクナナシー:2008/10/15(水) 15:38:22 ID:Sa5j1CLg
いやだから、そんなにマスドライバーにつぎ込めるエネルギーがあるのなら、
普通に液体酸素と液体水素作って燃やせばいいじゃん、って。

というか地球でのマスドライバーは非現実的だから月での運用をという話に
なってたんじゃないのか?

168 :オーバーテクナナシー:2008/10/15(水) 18:44:54 ID:l73COVU3
月なら運用可能ですね、おしまい。と、なるが

169 :オーバーテクナナシー:2008/10/16(木) 04:44:38 ID:SAyuIlep
月にマスドライバーと鉱物自動掘削マシンを送り込むことに成功した国は資源大国
確定だな。資源のない日本こそ力を注ぐべき。早くやれJAXA!

170 :オーバーテクナナシー:2008/10/16(木) 15:18:15 ID:vRn6FK9q
>>168
どこに設置するとか、どんな運用形式になるとか、何に使うとか
何にも決まってないよ>月マスドライバー
コイルかレールガンかすらも決定してない。130あたりで議論が頓挫してる。

171 :オーバーテクナナシー:2008/10/25(土) 02:44:56 ID:M40+ItFk
いいれす

172 :オーバーテクナナシー:2009/01/08(木) 14:05:00 ID:8eQVW+nu
JAXAモニターの募集
http://www.jaxa.jp/about/monitor/index_j.html

みんなでモニターになって情けない日本の宇宙開発に喝を入れないか?今こそ宇宙ファンが立ち上がるときだ。

173 :オーバーテクナナシー:2009/01/08(木) 17:54:36 ID:shZOJlig
はっはっは、ロケットにホースを繋いで外から燃料供給して
パイプの中走らせればいいじゃないか。

174 :オーバーテクナナシー:2009/01/08(木) 19:55:29 ID:IIqvfxGj
>>173
マスドライバーの意味わかってる?

175 :オーバーテクナナシー:2009/01/10(土) 00:47:53 ID:8iwcGnog
マスドライバーは質量投射器だよな。一般的には投射物を外力によって加速さ
せる装置だが、それは方法であって定義ではないしな。

173のは多段加速の砲弾型マスドライバーの変化形だと思えばいいんじゃない?

176 :オーバーテクナナシー:2009/01/24(土) 01:11:02 ID:cdAGknq7
>>150
うむ、第一段ロケット分をまるまる節約できたとするとかなりのコストが浮く。

実際にはマスドライバーのランニングコストはただじゃないけど、軌道エレベータだってランニングコストはただにはならんことを考えるとマスドライバーの砲が実現性が高いのかも

177 :オーバーテクナナシー:2009/01/26(月) 03:10:49 ID:qN9ZM0nP
マスドライバーの建造費用(土地資材維持管理税金その他もろもろ)で何基の
第一段ロケットが造れるか。
そして大規模な修繕を一回するごとに何回の打ち上げが出来るのか・・・


178 :オーバーテクナナシー:2009/01/27(火) 10:33:17 ID:4CP7cuEA
マイクロ波とかレーザーで空気をバチバチとプラズマ化するロケットなら
マスドライバー内でも使えるぞ。
外部にコイルとか並べずに済むから、安上がりだ。

179 :オーバーテクナナシー:2009/02/09(月) 18:01:20 ID:Sto7mesk
>>177
建造費用は、軌道エレベータのほうが1000万倍かかるぞ・・・

大規模な修繕・主利にしたって地上にたっているほうがやりやすいだろううう

180 :オーバーテクナナシー:2009/02/09(月) 19:26:52 ID:IP0gWiod
貨物機にマスドライバーを積んで、上空でロケットを発射する。

181 :反・権謀術数:2009/02/09(月) 19:56:12 ID:c07ZSvc0
相変わらず前向きですな。
実際にマスドライバー建設するとなると、やはりヒマラヤとかの高地が適してるんだろうな。
コストに関しては、例えば工場内で作った数種類のブロックを現地で何万個と組み合わせて作る、
といったやり方にすればある程度抑えられる。


182 :オーバーテクナナシー:2009/02/10(火) 00:04:06 ID:6FatMEpV
>>176
1段目まるごとマスドライバーってものすごい性能が必要だけど。

183 :オーバーテクナナシー:2009/02/12(木) 22:16:19 ID:c+UIVVn7
火薬しきカタパルトはどうなの

大砲で打ち出すスーパーがん方式

184 :オーバーテクナナシー:2009/02/14(土) 13:48:08 ID:1GP83taM
>>177軌道エレベーターの建設費用は大体1兆2000億円らしいね


185 :オーバーテクナナシー:2009/02/14(土) 17:17:17 ID:Y/ZNXdMM
その程度なら、ピカチュウ軌道エレベータが作れるな。

186 :オーバーテクナナシー:2009/03/15(日) 23:20:58 ID:KqISvG0H
飛行船型真空チューブリニアモーター軌道を地上から高度30キロまで浮かべ
リニアカタパルトを使って宇宙に射出する。
微弱な浮力しかなくても高速で軌道上を移動している限り
石のように硬い軌道と同じになる。

187 :オーバーテクナナシー:2009/03/16(月) 09:51:55 ID:G69UY3on
もうね、ORSにマスドライバー乗っければいいじゃないか。

188 :オーバーテクナナシー:2009/03/25(水) 18:37:35 ID:Bj9F1eN1
しつもーん!

月から何をマスドライバーで飛ばすかは宇宙船の片道割引切符的何かだとして、
マスドライバーを使うことで月が受けた反作用はどれくらい荷物を飛ばしたりしたら深刻な影響が出ますか?

あと、スレチかもだけど、軌道エレベーターの場合、宇宙にどれくらい発電所を作ったら元が取れますか?

189 :オーバーテクナナシー:2009/03/25(水) 22:35:05 ID:6KwEt9wd
夜空を見上げて、「何か最近月の形がおかしくね?」って分かるぐらい
に月を採掘しまくって、マスドライバーで打ち上げ続けたら、影響がで
てくると思うよ。何万年かかるかは分からないけど。

190 :オーバーテクナナシー:2009/03/26(木) 07:16:21 ID:Y6UeXSj6
そういえば、タイムマシン言う映画では月が落っこちてきたよ〜〜。

191 :オーバーテクナナシー:2009/03/27(金) 09:53:55 ID:8XfnWX4d
月は地球からどんどん離れているので。何かしら外力が加わらない限り地球に落ちてくることは無いよ。
そのまえに地球に近づきすぎたら潮汐力でバラバラに砕けてしまうだろうね。

192 :オーバーテクナナシー:2009/03/27(金) 17:02:56 ID:luW2pYlX
>>180の正解は、砕けた月の破片が落ちてきた

193 :オーバーテクナナシー:2009/03/29(日) 13:09:58 ID:GrqixdnK
>>191
潮汐力で砕けるほどに月が接近すれば、地球だってただじゃ済まない。潮の満ち引きは今の何十倍もの規模になって、海岸線が数キロ前後するなんてこともザラだろう。
下手をすれば数十キロにわたって一日二回水没するところもあるかもしれない。世界の主要な都市部はおおむね沿岸部だから、まず助からないね。
火山活動は活性化するだろうし、地震が頻発してそのたびに大津波がおしよせる。
あとそこまでいくと大気の満ち引きもあるだろね。一日4回、突風のような風が東西交互に吹く。

194 :オーバーテクナナシー:2009/03/29(日) 17:14:01 ID:lkRwwKVh
そうなると、文明の維持はほとんど不可能だし。人類の大半は死滅する。
文明崩壊のスペクタクル映画シーンが頭によぎって、楽しいぞ。

195 :オーバーテクナナシー:2009/05/14(木) 15:05:11 ID:w3oTjqgr
平均標高4,500メートルのチベット高原に設置したら空気も薄くて良いのでは?
まぁチベット高原は中国の核廃棄場になってるけどさ。

196 :オーバーテクナナシー:2009/05/14(木) 16:46:36 ID:MJTvyF4b
アポロやスペースシャトルの1段目は約50kmまで上昇するので
その質量のほとんどは1段目だと思われますね。

軌道エレベータで4000キロメートルとかの構造物より
50キロメートルぐらいの構造物を立ててそこまでゆっくり
持ち上げたほうがはるかにいいとおもわれ。

構造物が50kmも建てられんとかアフォ臭いことを入っているやつが
いるが50kmぐらいまでの低い高度ならば下の層は中空にして
ヘリウムや水素で埋めることで、その質量密度は非常に軽くできる。
水素が危険だという人がいるが、水素は酸素と混合しない限り
爆発炎上することはありえない。

197 :オーバーテクナナシー:2009/05/15(金) 20:19:26 ID:affeoiz+
穴が空いて大気といい感じに混合されたらおもしろいことになるなw

198 :オーバーテクナナシー:2009/05/20(水) 02:06:54 ID:NuxxguYs
>>196
風によって受ける応力をどうやって逃がすんだ?

199 :オーバーテクナナシー:2009/06/04(木) 18:05:43 ID:pn7FzErb
地球でマスドライバーの話だけど。なんかピンとこないな。
衝撃波のエネルギーはどのくらいなの?
弾丸は音速超えても。ぽろっと止まらないわけだけど。
マスドライバーで1kgレベルのものを衛星軌道に乗せるのは不可能なの?
米軍が予算出してたローンチ・リングって進展ないみたいだけど、
理論的に不可能って事がわかったのかな?

200 :オーバーテクナナシー:2009/06/18(木) 01:04:00 ID:QEso545q
50キロの建造物を立てようとして45度の成層火山のような形状で組んだとすれば、
裾野は直径100キロメートルになるな。
その周囲の気象はがらりと変わってしまうだろうね。ジェット気流さえさえぎっ
てしまうから。建造物後方には済州島のカルマン渦のようなものができそうだな。

201 :オーバーテクナナシー:2009/07/06(月) 17:19:12 ID:8/whTa+4
高さ50kmのメガストラクチャなんか建造しなくても、その高度まで到達できる飛行船を造ればイイ。

直径3km質量4000トンの球形の飛行船(形状は気球だが)は高度50kmで3000トンのペイロードを
運搬できる。この高度ではプロペラは機能しないので、圧縮空気を噴射して推進力を得る。
気嚢表面の太陽電池のみで、浮力の維持と自律飛行が可能。

202 :201:2009/07/11(土) 07:24:31 ID:RRDo1jKF
ペイロード3000トンを 1000kg/mの加速軌道にすればいいと気がついた。
直径3000mのバルーンに3000mの加速軌道。

赤道上東西方向に1050個連ねれば、水平方向に1G加速で軌道速度まで加速できる。
4G加速なら260個。

この高度での気圧は0.79hPa。地上の1/1200以下。
軌道上に永続してとどまることはできないが、逆にスペースデブリも存在していないという
利点がある。射出後はすぐに高度を上げればよい。

203 :オーバーテクナナシー:2009/08/08(土) 02:45:58 ID:9QV8aqWa
ここでマスキャッチャーはスレチ?

204 :オーバーテクナナシー:2009/08/08(土) 07:38:27 ID:hpAd95w5
マスキャッチャーのスレはないようだからいいんじゃね?

で、どんなマスキャッチャーについてだ?

205 :反・権謀術数:2009/08/09(日) 17:19:12 ID:w/Ltofzh
赤道上に軌道エレベータを作れば、
地球自転の遠心力で楽に引き上げられそう。

206 :オーバーテクナナシー:2009/08/14(金) 01:15:02 ID:yDi8Bq6o
>>201
それでは加速するまでの燃料が必要、
マスドライバーは加速することが重要なのよ。

そして燃料は極わずかであること。
秒速0kmの初速では衛星軌道の速度まで加速する燃料が大量に必要になる。

207 :オーバーテクナナシー:2009/08/17(月) 07:53:04 ID:j9L1gWqj
>>206
>>202はガン無視か

208 :オーバーテクナナシー:2009/10/17(土) 18:57:59 ID:ejelF2qU
H-IIAの固体ロケットブースター・固体補助ロケット燃焼終了・分離がだいたい
マッハ5くらいだから、それくらい加速が付けられるなら固体ブースターが
いらなくなるんじゃないの?

209 :オーバーテクナナシー:2009/10/17(土) 19:01:28 ID:ejelF2qU
あげ

210 :オーバーテクナナシー:2009/12/12(土) 19:43:53 ID:B87NnMHV
>>3
100速ミッション

211 :オーバーテクナナシー:2009/12/12(土) 20:33:07 ID:479tdnwr
ライバール

212 :オーバーテクナナシー:2009/12/12(土) 20:35:58 ID:JIqlT57y
マスドライバーを応用して月面に低空を飛ぶ
交通システムを作れば
ヘリウム3を飛び散らさないですむ。

213 :オーバーテクナナシー:2009/12/14(月) 04:49:15 ID:PcnqR/yR
>>202
脳内妄想の計算じゃ、全然デタラメ。

214 :オーバーテクナナシー:2009/12/21(月) 17:59:35 ID:t1Q58xs+
>>213
計算は間違ってないようだが、どこがおかしいと思うか指摘してみたら?


215 :オーバーテクナナシー:2009/12/21(月) 18:18:25 ID:CJn6CKY9
>>214
軌道エレベータースレで恥を晒しちゃった人だから
かまわなくておk


216 :オーバーテクナナシー:2009/12/21(月) 21:44:17 ID:LFEuN5ae
ああ、213は違う。恥さらしたのは俺だから確実。

217 :オーバーテクナナシー:2009/12/21(月) 22:03:26 ID:t1Q58xs+
>>212
飛ばす(放り投げる)と受け取る方が怖い。
荷物ならともかく、高Gで打ち出されて、飛んでる間自由落下、高Gで減速される。
乗り心地悪そう。

普通にリニアモーターカーでよくね?空気抵抗ないし、軌道は風雨にさらされないしいうことなし。
浮上力も1/6ですむしさ。


218 :オーバーテクナナシー:2009/12/23(水) 13:06:20 ID:1jSMbWa6
>217
物流の代わりには良さそう
レール敷く手間暇金が要らんし、
減速に使う推進剤酸化剤は月面上で調達できるし

人が乗るなら地上の交通手段に似たモノになるだろうねえ
宇宙線の影響とか考えて、地下モノレールとかになるんじゃねーの?
金かかりすぎるか…

219 :オーバーテクナナシー:2009/12/23(水) 13:19:22 ID:CFdxJOMb
重力と空気抵抗と向心力を総合的に考えて
2+3+1*3ー4=14
この数字だったらいけそうだと思う

220 :オーバーテクナナシー:2009/12/26(土) 16:59:57 ID:U/Iqx955
こらw

221 :オーバーテクナナシー:2010/01/28(木) 09:25:14 ID:+loudoCA

2010年初カキコ


222 :スレ違いにより移動:2010/02/23(火) 03:30:53 ID:dqvMDIRm


189 :オーバーテクナナシー:2010/02/22(月) 14:40:52 ID:Rmj8X7G9
全長3万kmにも及ぶいつ倒壊するかわからない代物を建造するより

同じ素材を使ってサハラ砂漠に高さ40km位の山(頂上付近はほぼ真空状態)を作ればよいと思うのは俺だけ?(いや既出)

そして山の稜線に沿って真空チューブに覆われたリニアカタパルトで加速すればいいと思うのは俺だけ?(だから既出)

山の傾斜が5°位ならば全工程100秒の10G加速で軌道速度に達すると思うのは俺だけ?(既出だって!)

材料?大気中にいやというほどCO2があるだろ?

エネルギー?山に太陽電池でも貼っとけよ、ほとんど雲の上だからメンテナンスフリーDAZE☆

コスト?軌道エレベータを建設するくらいなら(ry

技術レベル?これくらいならわざわざCNTなど使う必要すらないな、ただの岩でつくっても10km位ならいけるだろ?


223 :オーバーテクナナシー:2010/02/23(火) 08:49:15 ID:Sg9TVIgD
超NG、中身の詰まった山なんか作れない。

224 :オーバーテクナナシー:2010/02/23(火) 09:00:17 ID:qww+Hw25
地殻が重さに耐えられないかもな
ほんでペシャってな

225 :オーバーテクナナシー:2010/02/23(火) 20:39:28 ID:Sg9TVIgD
書いてある山のサイズはざっと計算して、基部の直径が1000km、高さが40km強になる。
玄武岩などの普通の岩石の密度を適用すると、3京(3x10^16)トン。
今の義務教育じゃアイソスタシーとか理科で習わないのかな。
南極大陸ですら、2000m超の氷の重みで基板となる岩盤は過半が海面下まで沈んでるのに。

沈み込まないとして、3京トンの岩石なりコンクリなり、どっから持って来るのかな。
書いてあるように大気中から?まさかね。

1トン1円で持って来る(笑)として、山作るだけで3兆円の一万倍かかるけど、誰か金出せると思ってんの?

あと、成層圏に突きでてないヒマラヤ山脈ですらジェット気流を南北二つの流れに分断しちゃうのに、
こんな大きな山が周辺にどんな影響をもたらすやら。


226 :オーバーテクナナシー:2010/02/24(水) 00:57:33 ID:yWpQ5b74
擁護する気は全くないが、アイソスタシーはどう考えても高校地学の範囲だろ・・・
知ったか杉

227 :オーバーテクナナシー:2010/02/24(水) 06:28:25 ID:8mHUbnT6
たぶん軌道エレベータスレに元発言書いた人は
「マスドライバー」という単語が思い浮かばずに
ここに辿り着けていないと思うw

228 :オーバーテクナナシー:2010/02/24(水) 22:44:41 ID:4uE5soRK
自分の母校の高校、理科は地学なかったから、中学で習ったとしか思えないんだけど。

229 :オーバーテクナナシー:2010/02/24(水) 23:49:14 ID:GmnAF3Hk
マッハ20ぐらいにならないと弾道飛行はできない
マッハ20ではとてつもない摩擦温度にナル
摩擦温度は減速の力になり、すぐに亜音速に減速される
宇宙にはいけない。

230 :オーバーテクナナシー:2010/02/25(木) 00:01:10 ID:0evRC9E0
隕石も亜音速に減速されて落ちる(燃え尽きなければ)
空中で光った後、亜音速に減速されて落ちる、
減速されなければ、屋根に穴を開けて落ちるようなこ芸当はできない
衝撃波で家が吹っ飛ぶ。

231 :オーバーテクナナシー:2010/02/25(木) 00:23:56 ID:JQqiTqnA
つまらない茶々だが。
減速されない場合って、衝撃波も何故か出てないはず。
サクッと地殻まで貫いて温泉でも湧いたりして。


英国の原子炉めがけて静止衛星軌道経由でバンカーバスターぶちかまそうというネタ
の出てくる破局噴火小説あったなー

232 :オーバーテクナナシー:2010/03/03(水) 07:27:06 ID:Dp8ArQ6z
イスラエル諜報機関に暗殺されたブル博士が提唱してた
スーパーガンがスカッドミサイルをICBM化する代物だったから
ロケットが一段で済むだけでも相当のコストダウンになるな。

大砲屋としての実績は腐るほどあった様だし博士の妄想だとも思えん

233 :オーバーテクナナシー:2010/03/10(水) 19:31:25 ID:DKkXeecp
>222
東京バベルタワーの頂上にマスドライバーを設置するんだ
そっちの方がまだ現実味が…無いなw

234 :オーバーテクナナシー:2010/04/10(土) 22:00:55 ID:ontYJMUO
>>http://science6.2ch.net/test/read.cgi/future/1258959216/493
大気中で移動速度を増せば空気抵抗が増える→それに逆らうために初速度を上げる、のイタチごっこ
地表から衛星軌道上の第一速度に到達させるにはどれくらいの初速度になるんだろうね

235 :向こうに誤爆しちゃった:2010/04/11(日) 05:34:39 ID:etY7bg/C
バカ晒し上げ

http://science6.2ch.net/test/read.cgi/future/1258959216/506
>地球の円に沿わせるため別の加速が必要になる
>地球の円に沿わせるため別の加速が必要になる
>地球の円に沿わせるため別の加速が必要になる

236 :向こうに誤爆しちゃった:2010/04/11(日) 06:13:58 ID:etY7bg/C
いや待てよ、もしかして低軌道だけじゃなくもっと高い軌道まで打ち上げる場合も考えての書き込みか?
だとしたら確かにそういう加速か直線かが必要になるな

誤爆はするわ恥ずかしいな俺

237 :小島1号:2010/05/15(土) 14:29:39 ID:tPg1u11g
月で運用するマスドライバーの話は、このスレと月面開拓スレのどちらが
ふさわしいですかね?

238 :オーバーテクナナシー:2010/05/15(土) 18:00:21 ID:oMuv71XL
ここでいいんじゃないですか

239 :オーバーテクナナシー:2010/05/16(日) 19:07:27 ID://retWXa
>>237
切り口によるんでない?
スペースコロニーを建設するための量的な所要なんかの話だと、
そのどちらでもなく、スペコロスレが適切だと思うし。


240 :小島1号:2010/05/17(月) 00:13:11 ID:zjvr2gUA
スレチがはっきりしてきたら移動ということで見切り発車する。

地球ではマスドライバーの試作品は既にいくつか作られ、実験済。
月でマスドライバーを作るには、その前に月面に製造施設を作らなければ
ならず、月の資源を掘らねばならない。月には大気もほとんどなく、重力も
弱く、地球では動作する装置も月では動かないかも知れない。動いても期待する
性能を発揮できるとは限らない。したがって、月にマスドライバーを設置する
なら地球で作って持ってゆくことをまず最初に考えると思う。
ただ、地球でなにもかも作ることにするとその後の発展性が束縛されるのは
当然で、それでは月面でマスドライバーを作るには何を解決しなきゃいけない
のかという話になる。

マスドライバーを構成部品にわけて、部品ごとに地球で作った場合と月で
作った場合のコストを比較すれば答えらしきものが出てくるかな?

241 :オーバーテクナナシー:2010/05/17(月) 02:18:35 ID:FBxYmqjE
スレチじゃないかもしれないがお前の自己完結日記はblogでやれ

242 :オーバーテクナナシー:2010/05/17(月) 08:17:20 ID:CCGXk5t/
お前が自分のチラ裏を自治してろ

243 :オーバーテクナナシー:2010/05/24(月) 22:36:04 ID:1rEAnbMk
>>240
諸元は?
1000万トンを5年で打ち出せるくらいの能力は必要と思うが。

244 :小島1号:2010/05/25(火) 01:13:50 ID:ZNOf86ii
>>243
とりあえずそれ(5年1000万トン)にしとこう。


245 :オーバーテクナナシー:2010/06/03(木) 17:06:55 ID:cxaMg3+9
月面のマスドライバーのGってどのくらいが適正かな?
A.C.クラークの短編では水槽に浸かって20Gで人間も打ち出してるけど。
1Gじゃ長くなり過ぎるんで、せめて4Gは我慢して欲しい。

鉱石用は遠慮する必要がないから、もっと上げられる。
M16が弾丸を発射する平均Gが10万G前後。まったく根拠はないが、1Gとの
相乗平均で300Gくらいでどうだろうか。

The High Frontier(3rd Edition)では36Gのマスドライバーを試作した話が載っていた。
あと8倍くらいはなんとかなりそうな気がする。これも根拠はない。

月の脱出速度2378m/sまで加速する場合のマスドライバーの加速路の長さ
1G 288319m
4G 72080m
10G 28832m
20G 14416m
300G 961m
10万G 2.88m
実際のマスドライバーはバケットを減速して何度も使うので、この倍以下の
差し渡しになる。
 


246 :オーバーテクナナシー:2010/06/03(木) 20:51:49 ID:g7tWwlnV
モノホンのドライバーショットを連想してしまった・・・
貨物が荷崩れして重心崩れたら「ファー!!!」とか緊急信号が。

247 :小島1号:2010/06/20(日) 22:08:29 ID:MpJUJzck
>>245
マスドライバー試作の話がどこなのかちょっとわからないんだけど、
36Gで実験に成功しているなら取り敢えずその数字を使うのがベター
だと思う。それで問題があれば必要な能力を割り出そう。

248 :オーバーテクナナシー:2010/07/10(土) 00:51:59 ID:Hxq80VBe
この前、気球で観測機器を宇宙近くまで上げてマイクロ波を観測する
人工衛星もどきについてのドキュメントを見た。
考えてみりゃ、気球で宇宙の一歩手前まで行けるんだよな。

気球を帯電化させて電離層に弾かせるなり、
光子やら電磁波やらを駆使して、
なんとか宇宙まで気球を押し上げる手はないものか。


例えば、宇宙一歩手前に到達した気球に地上から電磁波を
照射して押し上げるとかさ。

249 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 05:35:29 ID:zG0qfsed
月にマスドライバー作ったとして何を何処へ飛ばすの…?

先に到達した国が勝手に開発しまくっていいのかな
月は誰の所有物になるのかな

250 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 06:09:27 ID:r9KoPbpS
>>248
コロニースレのレスをいじっただけだな。
マルチすんなって注意したけど、理解できてないのか?

251 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 10:24:52 ID:r9KoPbpS
>>247
"Mass Driver 1"でググると、英語版ウィキペや関連動画が見つかる。
30Gと書いてあるけどね。


252 :小島1号:2010/07/10(土) 10:46:26 ID:jzfPILHx
>>249
月の土砂そのものや場合によっては加工物を月周回軌道や地球-月系の
L点に飛ばす。
月協定では月の領有などを禁止しているが、日本も米国もロシアも中国も
批准していない。月資源の利用に関する国際法整備は今後の課題。

>>251
「最新宇宙飛行論」によると 33 G。ちなみにマスドライバーIIが 510 G
でマスドライバーIIIが 1100 Gとあった。IIIだと 2.4 km/s に加速
するには 267 m程度で済むなあ。

253 :↑ :2010/07/10(土) 17:44:19 ID:cB3u0r+T
マスドライバーを高度3万mまであげて(巨大な気球に乗っけて)
高度3万mから発射すれば、成層圏に当たるので空気はほぼない
<< 空気加熱による、減速は免れる >>
マッハ20まで加速できれば、地球の引力を振り切ったことにナル。

254 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 17:49:56 ID:zG0qfsed
>253
想定されるペイロードと必要なエネルギー量からマスドライバーの規模も
おおよそで算出できると思うのだけどそこらへん考えてみたことある?
ってマジレスするのも無駄なのかな

255 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 18:09:46 ID:Hqsh2syw
>>253-254
そこまで考えたアイディアは既出。
ただし高度は30kmじゃなく50kmだが。

256 :↑ :2010/07/10(土) 18:26:27 ID:cB3u0r+T
少量、多回数で、機関銃のように送れば良い、
なにも1tのものを宇宙に送るのではない
1kgの物を1000回送って、
宇宙で組み立てれば良い。

257 :↑ :2010/07/10(土) 18:30:06 ID:cB3u0r+T
1000個のものが宇宙に行って、コンピュータホーミング
で拾って回る、(チャ〜んと拾わないとデブリにナル)

258 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 20:13:49 ID:Hqsh2syw
>>252
> 「最新宇宙飛行論」によると 33 G。ちなみにマスドライバーIIが 510 G
> でマスドライバーIIIが 1100 Gとあった。IIIだと 2.4 km/s に加速
> するには 267 m程度で済むなあ。

同じ場所に、該リニアモーターは「吸引と反発」のうち「吸引」のみを使ったものと
記述してあるね。完全なリニアモーターを使えばもっと効率が上げられるわけだ。


259 :↑ :2010/07/11(日) 18:25:54 ID:iUUvC6jz
こんなにGをかけて、何を送るんだい、鉄砲の弾ぐらいしか送れない
精密機械の部品は?、  ところで電気製品の輸送時の最大Gは40G
だった、電気製品が宇宙に無事に送れるくらいのGにはできないものか。


260 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 18:28:19 ID:LLHzo5bC
流れ追えよ。
月からの鉱石打ち出し用に決まってんだろが、ボケ

261 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 18:58:55 ID:4EwYNccP
>>259
おじいちゃん、さっきご飯食べたでしょ?


262 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:54:27 ID:3TbQS14a
大きいもの打ち上げるなら、
月でアルミを精錬して、化学ロケットを使えばいいのよ

263 :↑ ボケ:2010/07/12(月) 00:35:26 ID:WlLzl606
月から、の脱出速度は、2.4K/sなの??、
月面着陸船(アポロ)はそんなに加速したとは思えないんだけど
簡単に軌道に乗ったが。

264 :オーバーテクナナシー:2010/07/12(月) 02:09:30 ID:cxf1NZkS
>>263
地球から発射するロケットも、地上から見てる限りでは8km/sも速度出てないように見えるんだけどね。

265 :オーバーテクナナシー:2010/07/12(月) 09:02:47 ID:ckUC3Kr5
地上からの打ち上げでは空気抵抗があるところで速度出すのは割に合わないので初めはひたすら高度を稼ぐ
脱出速度のために本気で加速するのは大気圏を抜けてから

266 :オーバーテクナナシー:2010/07/12(月) 09:10:43 ID:ckUC3Kr5
アポロ着陸船は1Gの重力下でも飛行できるくらいだから月面から周回軌道に乗るくらいは容易だろうと思われ
なお、着陸船の仕事は軌道に乗るまでで、脱出速度出すのは機械船の仕事(余計なものを加速する燃料はないので)

267 :オーバーテクナナシー:2010/07/12(月) 09:18:16 ID:eSgEg4wf
また、そういう嘘を平気でつく。
着陸船の最大推力は15.57KN。上昇モジュール4547kgを0.3G強で加速する能力しかない。


268 :オーバーテクナナシー:2010/07/12(月) 17:34:50 ID:wVJT1gP/
あれ、アポロ着陸船って地上試験で飛んで……というかホバリングしてな
かったっけ?
エンジン周りだけのモデルだったのかしら。

269 :嘘つき:2010/07/12(月) 19:30:26 ID:ckUC3Kr5
>>268
そういうことだったか

270 ::2010/07/12(月) 20:20:17 ID:WlLzl606
大気圏って800Kmもあるの〜〜、このかん垂直に上がり続けるの
東京大阪間が556kだから、もっとある。

271 :オーバーテクナナシー:2010/07/12(月) 21:35:28 ID:G+nYCAnS
とりあえず月なら1.7km/s出せば落ちてこないから、あとは電気推進だろな。
1.4Gで2分100km走らせば達成できる。3G許されるなら1分で50km。
便数によっては確かに液水液酸系ロケット(水だけじゃヒドラジンもままならん)
のほうが安く付くかも。

272 :オーバーテクナナシー:2010/07/12(月) 21:39:20 ID:G+nYCAnS
窒素って月にあったっけ?

273 :オーバーテクナナシー:2010/07/12(月) 22:07:08 ID:UUCpnUge
CHNは極めて少ない。
まあ、表面の石やレゴリスしか調べてないけどな。

274 :オーバーテクナナシー:2010/07/12(月) 22:09:57 ID:ckUC3Kr5
ヘリウムで代用して全員アヒル声に

275 :オーバーテクナナシー:2010/07/12(月) 22:20:28 ID:wVJT1gP/
リニア使ったほうがいいんじゃないかな。あるいはレゴリス燃料のハイブリッド
ロケットか。
液酸液水は魅力的だけどもったいなさ過ぎる。
そもそも月ではマスドライバーに仰角つける必要がないんだから、水平にリニ
ア軌道を敷設するだけで事足りそう。

276 :オーバーテクナナシー:2010/07/12(月) 22:26:35 ID:UUCpnUge
>>274
六フッ化硫黄で代用して全員ダース・ベイダー声に。

しかし、ヘリウムだって少なかろう。
月面でヘリウム3得られるっていっても、核融合に使うから大量の土壌を処理して少しでも
ペイするって話で、ヘリウム3より多いヘリウム4だって、居住区に充填する量得るってのは
どうかな。地球から運んだほうが安価かもしれないぞ。

>>275
おまえは今さら何を言ってるんだ?


277 :オーバーテクナナシー:2010/07/12(月) 22:30:34 ID:A92HJARk
赤道の近くが好いし、空気は薄いほうがいい
加速距離も多くほしいということで、
場所はキリマンジャロかな。
熱については、水で冷却してそのまま水蒸気として推進に使うとか
あるいはアブレーターを分厚く塗って、気化ガスを推進に使うとか

278 :オーバーテクナナシー:2010/07/12(月) 23:17:18 ID:wVJT1gP/
>>276
271が液酸液水ロケットなんて言い出すからそんな勿体のないことせずに
還元レゴリス使いなよ、と。
そして月マスドライバーは運用も建設も地球よりはるかに簡単(必要速
度が小さくて空気抵抗がない意味で)なんだから、レゴリスロケットで
足りない量なら、新規敷設してでもなるべくリニア駆動のマスドライバ
ー使いなよ、と。

書き方が悪くて伝わらなかったなら謝る。

279 :オーバーテクナナシー:2010/07/12(月) 23:47:49 ID:G+nYCAnS
還元レゴリスって要するに月の石の還元だよな?
まさか岩石燃やして飛ばそうと?技術的にレベル高すぎるんじゃないか?
それに比べりゃ安全(安定)な液水液酸ですらやっとこさっとこ実用化したのに。
五十年やそこら程度でなんとかなるモンかな?
とりあえず月には水がありそうだから、その頃には枯れてるだろう液水液酸を
推すな、やっぱり。(マスドライバー建設がペイするならもちろんソッチ)

280 :オーバーテクナナシー:2010/07/13(火) 00:00:05 ID:pteAUSFH
安定って言ったのは、水素と酸素なら適量に混ぜてやらんとうまく火もつかない
のに比べて、アルミ-金属酸化物だと爆弾に使うくらい反応性が高いから。
ダメだろ、じゃなくて威力がありすぎて安全性を確保するための技術的ハードルが
高すぎるだろうという意味なんでよろしく。

281 :オーバーテクナナシー:2010/07/13(火) 05:03:06 ID:rPHEgmX8
>>279
そのまさかよ。アルミナを超高温にしたら酸素とアルミニウムに分離す
るだろ? 何千度で分離するのか計算しようとして、アルミナのエンタ
ルピーの値が見つからないので挫折したが……。まあ太陽炉で作れる温
度だといいな。
何もテルミットで鉄を精錬しようってんじゃなくて、還元レゴリスと酸
素によるハイブリッドロケットをつくれないかってこと。
水を酸化剤として使ったアリスは既に成功しているし、直接に液体酸素
を使った推進系だって、そう遠くないうちにきっと開発されると思う。

それでも確かに、技術レベルはかなり高いと思われ。だが資源は水を使
う方法と違ってほぼ無尽蔵だろう。もっとも、水だってがんばれば無尽
蔵に採集できるが、かかる時間がハンパない。

貴重な月の水資源をロケットなぞに使ってしまうのが、惜しくて仕方が
ない、というのが個人的な意見なんだ。

>>280
逆だよ、テルミットは反応が遅いんだ。焼夷弾とかでじっくり燃やす分
にはいいけど、ロケットに使うには、普通の粒径じゃ反応がトロすぎる。

282 :オーバーテクナナシー:2010/07/13(火) 09:09:32 ID:IMLn7mvq
太陽光レーザーを使えばいい。
それに、建材としてアルミは作るに決まってるんだ。ちょっとくらい燃やしてもいいじゃないか

283 :オーバーテクナナシー:2010/07/13(火) 18:48:44 ID:1gbd76vT
そうだそうだ
減るもんじゃあるまいし

284 :オーバーテクナナシー:2010/07/13(火) 20:35:24 ID:pteAUSFH
結局は慎重論と積極論の争いで結論なんか出るわけないよな。
性能とか資源的には絶対的にテルミットが有利なことは同意。
劇的な技術革新で安全性が一気に上がることもよくあるし。
(例、ダイナマイトの発明)

285 :オーバーテクナナシー:2010/07/13(火) 20:48:25 ID:4zLBebW9
いつまでスレチな話続けてるんだよ。

286 :オーバーテクナナシー:2010/07/13(火) 21:07:25 ID:IMLn7mvq
スレ違いじゃないぞ
爆発物が手に入れば電気式でなくてもマスドライバーは作れるんだ。
それに軌道上でコロニーなり作る時には、当然推進剤も供給しなくちゃいけない。
ロケット燃料をマスドライバーで打ち上げるわけだ。

287 :オーバーテクナナシー:2010/07/13(火) 21:44:52 ID:pteAUSFH
電磁式のマスドライバーが最終的には最強のコストパフォーマンスなのは
ほぼ鉄板で、しかし工事費維持費考えると逆転することもあるかという考察。
ならば、ロケットはどの程度のパフォーマンスがあれば釣り合うかという観点
での会話はスレチではないと考える。のだが、まあスマン。

ところで、非電気式といえば、なんだったかアニメで遠心式マスドライバー
を見た気がする。艦載機をアームでぐるんぐるん振り回して投げる戦艦。
なんだったっけ・・・ガンダムだとカタパルト使ってたよな。

288 :オーバーテクナナシー:2010/07/14(水) 00:18:58 ID:FU5Ucsin
もう一個、月資源で作れるロケット有った。
月の石から鉄なりアルミなりを精錬すれば、当然大量の酸素が出る。
これは、ゴミだ。(人間はそんなに要らない)
液体酸素にレーザーを当てて加熱して噴射させれば、テルミットより比推力高いロケットになるはず。

ちなみに外部力式のレーザーロケットは、広義のマスドライバーだな。

289 :オーバーテクナナシー:2010/07/14(水) 01:24:49 ID:/ERpuMUB
電磁式の難点は、短距離投射を行うための高Gが出しづらいことかな。
高G出そうとすると大電流が必要になり、発熱などのエネルギーロスが
増える。
効率よく投射しようとすると、長大な軌道でじっくり加速してやるしか
ないが、そうなると必然的に建造費がかかる。
低Gで投射しなければならない有人マスドライバーにはうってつけ。ロ
ケット式よりGの調整がやりやすいのもメリット。また加速を始めてか
らの非常停止が可能で、精密誘導が可能ならばマスキャッチャーにも使
える。

一方、ロケット式マスドライバーは電源がないときにでも使える。出来
ればガイドには電磁石を使いたいが、必須ではない。また上記の通り短
距離投射を余裕でこなす。なので軌道が短くてかまわない。
デメリットは打ち上げのたびに、エンジン使い捨てで資源バカ食い。動
き始めたら逆噴射ロケットでもない限り止まれません。
また軌道が高温の噴射炎であぶられるし、エンジンの振動でガクガクブル
ブル。ハイブリッドなのである程度の推力調節はできるが、電磁式には
劣る。
数割のロスを我慢すれば軌道のないところでも通常のロケットとして運
用可能。

>>287
投擲型は、その物体を手放した瞬間に回転軸まわりの質量バランスが崩
れて軸に負担がかかる。数百グラム〜数キログラムの探査プローブなら
まだしも、艦載機みたいにあまり大きな質量には向かない……

290 :オーバーテクナナシー:2010/07/14(水) 01:32:06 ID:/ERpuMUB
>>288
比推力はかなり高そうだね。肝心の推力はどれぐらいになるかな?

291 :オーバーテクナナシー:2010/07/14(水) 21:11:25 ID:LXMM84tP
オゾン化した酸素が機体とかを腐食しないか心配。
耐酸素のコーティング考えないとならんなぁ。

292 :オーバーテクナナシー:2010/07/14(水) 21:32:59 ID:X1ccJfNJ
んな、いちいちメンテが要るようなギミックで年間200万トンも運べるかよ。
ロケットも論外だ。

293 :オーバーテクナナシー:2010/07/14(水) 21:54:48 ID:LXMM84tP
話の流れから、貨物じゃなく客船の話だと思っているのだが。

294 :オーバーテクナナシー:2010/07/14(水) 22:01:33 ID:LXMM84tP
10G20G加速という話が加速距離の縮減から出てきていた。
それで貨物はOKだろうけど、じゃあ人間とか精密機械ドースル?
100kmクラスの長大なマスドライバーつくるか、ロケットになるよね。
いちいちロケット飛ばすのとどっちが安かろう?
で比較すべき対抗馬となるロケットの見繕い。←今ココ

295 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 00:00:58 ID:/ERpuMUB
スレで出されたアイディアとしてはこんな感じかな。
○垂直(斜め)打ち上げロケット
      →マスドライバーのように打ち上げ方向に縛られないため機動的な
      運用が可能。ただしマスドライバーと比較して数%〜数十%のエネ
      ルギーロスがある。例・アポロ
○ロケット式マスドライバー
・ロケットマスドライバー
      →停電時でも運用可能。また高加速を比較的簡単に実現できる。電
      磁式と比べて振動が多い。噴射炎を受けるため軌道が傷みやすい。
      通常のロケットとの違いは低速時に保持するレールの有無。
・レーザー推進マスドライバー
      一応燃料は何でもOK。できれば相変化エネルギーの少ない物質が
      いい。燃焼させるわけではないが、軌道がプラズマをかぶることに
      なる。プラズマによる腐食が問題か?
・ガス圧式マスドライバー
      →軌道をチューブにしなければならないため建造費がかかる。非燃
      焼ガスの場合は理論上音速まで、燃焼ガスだとそれ以上の速度まで
      達成できる。例・スーパーガン、サーマルガン


296 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 00:01:50 ID:/ERpuMUB
○電磁マスドライバー
・リニアモーター
      →加速度調整、緊急時の非常停止など柔軟な速度調整が可能。高G
      を実現するためには莫大な電力とそれに耐える電磁石が必要。エネ
      ルギー効率が他の手段に比べれば非常に良い。
      例・鉄道、空母カタパルト
・ソレノイドガン
      レールガンよりも効率は良いが、構造上、超伝導コイルを埋設した
      チューブ式になるため建造費は一番高い。コイルのインピーダンス
      に抵抗されるため、レールガンとは違った意味で高性能な電源が必
      要になる。
・レールガン
      →理論上、速度上限なし。ただし技術的課題により現状では秒速
      6〜8km。かなりの高Gを実現できるためリニアモータやソレ
      ノイドガンと比較して軌道が短くて済む。しかしそれらとは比較
      にならないほどの消費電力を必要とする。また磁力線が露出する
      ため周辺は立ち入り禁止。またレールは耐熱性、耐摩耗性、耐食
      性・電導性が高くなければいけない。チューブ式にすればガス圧
      を利用することも可能。

297 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 00:11:21 ID:/rTVlG0K
>>295
> スレで出されたアイディアとしてはこんな感じかな。
> ○垂直(斜め)打ち上げロケット
>       →マスドライバーのように打ち上げ方向に縛られないため機動的な
>       運用が可能。ただしマスドライバーと比較して数%〜数十%のエネ
>       ルギーロスがある。例・アポロ

エネルギーロスの桁が違う

> ○ロケット式マスドライバー
> ・ロケットマスドライバー
>       →停電時でも運用可能。また高加速を比較的簡単に実現できる。電
>       磁式と比べて振動が多い。噴射炎を受けるため軌道が傷みやすい。
>       通常のロケットとの違いは低速時に保持するレールの有無。

スーパーガンのことか?
停電で使えるわけねえだろ。制御にコンピュータは必須だ。

> ・レーザー推進マスドライバー
>       一応燃料は何でもOK。できれば相変化エネルギーの少ない物質が
>       いい。燃焼させるわけではないが、軌道がプラズマをかぶることに
>       なる。プラズマによる腐食が問題か?

どこでこんなの出た?脳内?

> ・ガス圧式マスドライバー
>       →軌道をチューブにしなければならないため建造費がかかる。非燃
>       焼ガスの場合は理論上音速まで、燃焼ガスだとそれ以上の速度まで
>       達成できる。例・スーパーガン、サーマルガン

んーライトガスガンのことかね? これもどこで出たやら


298 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 08:15:58 ID:VOP2l2Tl
>>297
>エネルギーロスの桁が違う
軌道速度に達するまでは鉛直方向の高度を維持するのにエネルギーを食われる。
数%〜十数%かなと思ったが、念のために〜数十%って書いた。あんまり意味は
ない

>停電で使えるわけねえだろ。制御にコンピュータは必須だ
ロケット側の制御装置は生きていると言う俺の脳内設定。停電は施設側。
ちなみに>>129

>どこでこんなの出た?脳内?
それは>>288

>んーライトガスガンのことかね?
それは>>65

299 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 08:17:51 ID:VOP2l2Tl
↑すまん、>>129を提示したのは停電ではなくてエネルギーロスのほうね。

300 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 10:24:45 ID:jtg4Y+I2
フライ・ホイール・ロケットはどう?
http://anoda.web.fc2.com/oldpage/space/mlab16/mlab16.xml

301 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 11:28:42 ID:BBiOC/4+
停電というか、打上げに必要な大電力が確保出来ない時、だな。

302 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 11:34:06 ID:VOP2l2Tl
何かと思えば野田司令のメモ書きか

フライホイールへのエネルギー蓄積・取り出しの方法が具体的に示されて
いないので何ともいえないけれど、それは通常のロケットと同じ扱いで
いいんじゃないかな。
流体であればプロペラントを選ばないというのはメリットだけど……
どうやってフライホイールの回転を作動流体の運動に変換するつもりだ
ろうか? タービン?

303 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 11:35:59 ID:EemHh5G+
それを言うんなら推進剤の方が遥かに非効率なんだから、
「打上げに必要な推進剤が確保出来ない時」も言わないと公平とは言えないぞ。


304 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 11:43:08 ID:BBiOC/4+
>>303
いや、推進剤特にテルミットなら備蓄できるから。
太陽エネルギーの缶詰みたいなもんだ

305 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 11:52:09 ID:EemHh5G+
テルミットで飛ぶのか?

306 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 13:21:59 ID:GTTrMV73
いや、ツッコミどころは「テルミットなら備蓄できるから」だな。
剣呑すぎる。

307 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 17:44:00 ID:VOP2l2Tl
アルミニウム粉末が備蓄してあったって、それを酸化させるものがなけれ
ば何も起こらない。これの一体どこが剣呑なんだ。

酸化剤と混合した状態で備蓄するわけがないよ。

308 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 17:50:10 ID:0mxq3C6O
じゃあ「アルミなら備蓄できるから」だな
正しく表記しないとな
誤解を招くというより、明らかに誤記だしな

309 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 19:45:45 ID:jtg4Y+I2
>>302
小川一水「天涯の砦」によれば
「CNWは導体なので、アラゴーの円板の原理を応用して電力を取り出せる」
あとは電力で推進剤を加熱するとのこと(加熱の方法は設定していない)

310 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 20:03:15 ID:8zPVpHWD
円盤にすると蓄積できるエネルギーは円環の半分になるな。

311 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 21:03:21 ID:BBiOC/4+
まあ液体酸素も備蓄は出来るんだが、液酸+アルミ粉のハイブリッドだけでなく
簡易な固体ロケットも欲しいとこだ

312 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 21:16:24 ID:htJ+OwcR
運搬手段なんて所詮は量こなせないと、補助手段にしかならん

313 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 21:21:11 ID:BBiOC/4+
電磁式マスドライバーは、投射手段よりも電力の確保の方が大ごとなんだよ。

314 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 21:27:40 ID:vs+uyhPd
レールガン方式で大電力型の電気推進という案も出してみよう。夢だが。

315 :オーバーテクナナシー:2010/07/15(木) 22:08:29 ID:htJ+OwcR
>>313
大ごとっていっても、技術的ネックがあるわけでもなく、取り扱うエネルギー量が
スケールアップするから大ごとなんだけどな。

316 :オーバーテクナナシー:2010/07/16(金) 01:46:26 ID:5uCJGznv
可燃性のない推進剤を加熱してロケット並みの推力を得るのは果たして可
能だろうか……
MPDアークジェットとして高比推力・低推力のものなら研究されてい
るが、高推力となるとなぁ。どうやって膨大な量のプロペラントを加熱
してやろうか。

>>312
>>243の年間200万トンなんてとんでもない設定は、この際達成できなく
てもいいのでは。一日につき5500トン打ち上げるなんて1基のマスドラ
イバーでやることじゃない。

317 :オーバーテクナナシー:2010/07/16(金) 01:47:26 ID:5uCJGznv
というか5500トンを月の脱出速度にまで加速するには……
運動エネルギーは(mv^2)/2だから、えーと、それと同じだけの発電量が
あればいいわけで……
運動エネルギーは
(5500×1000×(2.38×1000)^2)/2=1.56×10^13(J)
電力の単位にして
=1.56×10^13(W・s) =1.56×10^10(kW・s) =156億キロワット・秒
これを一日86400秒で割って、あれ? たった18.1万キロワット??
俺の感覚とだいぶズレたなぁ。
でも某サンヨーのソーラーアークが最大出力で630キロワットだから、
それと比べたら18万キロワットはなかなか大きい数字ではある。

例として挙げるならば柏崎原発の出力が821万、黒部ダムの発電所の出
力が33.5万キロワット。
それなりの設備を用意してやれば、送電や加速のロスをさっぴいたとし
ても十分におつりが来る……?

いやまあとにかく、5500トンの物資をコンテナに積み込んでマスドライ
バーに乗っけるだけでも相当な労力が必要だぞ……多分。
1回で5トンずつ投射したとして、1100回、78秒に1回の割合になる。
でも、10トンずつなら550回か……

コンテナ一個あたり何トンがいいだろう。

318 :オーバーテクナナシー:2010/07/16(金) 01:56:48 ID:jLw/7C2s
ふと思ったが、電磁加速だロケットだと言うんではなく、
位置エネルギーをてこの原理(滑車・歯車も含む)で加速して使えんかな。
古くは投石機なんてのもあるし。

319 :オーバーテクナナシー:2010/07/16(金) 02:22:29 ID:5uCJGznv
その議論は一応でてきたんだが、力学的な作用で投射するのは技術的に問題点が
そもそも位置エネルギーって何? どこからその位置エネルギーを持ってくるん
だ? ってことになる。
滑車や歯車をひとつかませるごとに、伝達されるエネルギーは90~95%に減るしね。

一度計算してみては?
先端の速度が軌道速度になるぐらいのサイズの投石器がどんなものになるか。

320 :オーバーテクナナシー:2010/07/16(金) 07:17:47 ID:LcjkLbli
>>316
> >>243の年間200万トンなんてとんでもない設定は、この際達成できなく
> てもいいのでは。一日につき5500トン打ち上げるなんて1基のマスドラ
> イバーでやることじゃない。

10基でも20基でも必要なだけ使えばいいんじゃないか?
それに、これが達成できなければスペースコロニーの最初のハードルの
スタンフォード・トーラス1基さえ、所要の期間で建設できない。
能力が1/20程度なら、資源の運搬だけで1世紀かかる。

人だけならロケットや月の軌道エレベータで運べても、膨大な資源は
リニアモーターのマスドライバしか選択肢はないのよ。


321 :オーバーテクナナシー:2010/07/16(金) 14:55:26 ID:5uCJGznv
なるほど、200万トンというのはそういう理由なのか。
半径800mの外周を覆う地殻の部分かもだけど、1000万トンは多すぎない?

レゴリス5mで地球大気と同等の遮蔽効果らしいから、これを外周5000
メートル、幅200メートルにわたって設置したとして500万立方メートル。
レゴリスの密度が1.5グラム/立方センチぐらいだから換算するとだいた
い1.5トン/立方メートル、500万立方メートルでは750万トン……

遮蔽用のレゴリスだけで750万……建材を含めたら、少なくても1000万
トン必要になるな……疑ってすまん。

322 :オーバーテクナナシー:2010/07/16(金) 15:06:54 ID:uWdCnytt
>>321
スレチなんで、委細は専用スレで見て欲しいが、
スタンフォードトーラスは、最初のバーナルスフィアから大幅に設計変更されて
質量の九割以上が放射線対策なんだよ。


323 :オーバーテクナナシー:2010/07/16(金) 15:08:12 ID:5uCJGznv
しかしそれなら現状のトーラス形状というのは、重量的にムダが多いなぁ
総地表面積×5m分のレゴリスが必要なら、半径を変えたところでどうに
もならないし……

もっとアクロバティックなミラー配置で、内部を二段、三段構えにした
とすれば、遮蔽用レゴリスの必要量は減るだろうかねぇ……。光の密度
を10倍ぐらいに集光して、第一層の細いスリットから下の第二層に導く
というような。

いかんいかん、ここはマスドライバのスレだ。

324 ::2010/07/16(金) 21:55:13 ID:FNj+YIW+
地球にスイングバイさせて(成層圏すれすれを狙う)
スイングバイで高度を下げた時を狙って、マスドライブでマスを送る
打たってくっ付けば、スイングバイで上がっていく。
<< 無理かな〜〜 >>

325 ::2010/07/16(金) 22:00:30 ID:FNj+YIW+
マスドライブは成層圏まで上げればいい(ただし正確に、高射砲の要領で)
スイグバイで降りてきた宇宙船は、このマスを引っつかんで、上がっていく。

326 :オーバーテクナナシー:2010/07/16(金) 22:44:46 ID:1KNnsHw2
バカは尽きんな。
自分の駄文もどこがまずいかわかっとらんだろう。

327 :オーバーテクナナシー:2010/07/16(金) 23:37:45 ID:4cFi4M2G
月にマスドライバー作ったら地球を攻撃する兵器として応用される懸念が...
アメリカのCSMよりももっと凶悪な打撃力になりそうだよね
中国とかが独自にマスドライバー作ったら日本としては怖いだろうか
平和利用に限定できるかな?

328 :オーバーテクナナシー:2010/07/16(金) 23:48:38 ID:W+Npra2R
すなおに月からORSの資材を調達して、地球から昇れば

329 :オーバーテクナナシー:2010/07/16(金) 23:50:39 ID:1KNnsHw2
月は無慈悲な夜の女王かドラグナーか

330 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 01:15:31 ID:bWJ7nx+6
>>313
電源確保は確かに問題だわな。

発電手段としては
○月面上設備
・原子炉(地球からウランを運ぶ)
・核融合炉(月のヘリウム3を採掘)
・ソーラー発電(月面に敷設)

○軌道上設備
・SPS衛星(L1もしくはL2に展開)
・太陽熱発電(パラボラによって集光。熱電対による発電)
・太陽熱機関(熱電対の変わりに熱機関を用いる)

他にあるかな? 効率非効率にかかわらず、何かあったら追加してくれ。



331 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 02:20:59 ID:VkYSRomG
おそらくは太陽発電一択。

月の脱出速度 2378 [m/s]、貨物重量 10 [t] = 10000 [kg]、20 分間隔で投射するとして必要なエネルギーは
10000 * 2378^2 / 2 * 60/20 [J] = 28274420000 * 3 [J] = 28274420000 * 0.277 * 10^-7 * 3 [kWh] = 23562 [kWh]

太陽発電の発電量は、太陽定数 1366 [w/m^2] から 1366 [w/m^2] = 1366 * 60 * 60 / 1000 [kWh/m^2] = 4917.6 [kWh/m^2]
電力変換効率 25 [%]、送電等損失が 60 [%] として、0.25 * (1-0.60) * 4917.6 [kWh] = 491.76 [kWh/m^2]

これを基準として考えると 10 * 3 * 24 [t/day] = 720[t/day] = 262800 [t/year] の輸送能力。
目標を1000万[t/year]とすると 10000000 / 262800 = 38基必要。
これを賄うには 23562 / 491.76 * 38 = 1821 [m^2] = 43 * 43 [m^2]

たったの50m四方の発電設備でいいと見た。


332 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 03:42:12 ID:VkYSRomG
あ 28274420000 * 0.277 * 10^-7 * 3 [kWh] = 2356 . 2 [kWh] だった。
だから、2356.2 / 491.76 * 38 = 182.32 [m^2] = 13.5 * 13.5 [m^2]
え・・・たった 14 m 四方?

333 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 03:47:07 ID:VkYSRomG
なんかW数換算あたりで間違ってる気がする。検算よろしく。

334 :↑ :2010/07/17(土) 07:46:04 ID:f3yveNK0
>>326
すいません、どこが悪いの、おせ〜て、
加速する分のエネルギーで持ち上げる
んだけど。

335 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 08:09:47 ID:G/iJbb6W
>>331
> おそらくは太陽発電一択。
>
> 月の脱出速度 2378 [m/s]、貨物重量 10 [t] = 10000 [kg]、20 分間隔で投射する

異議も唱えずに勝手に射出量を変えるなよ。


336 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 08:35:06 ID:G5jvETSS
>>334
一行でも正しいところがあるのか。
日本語がおかしいので、何をどうしたいのか精いっぱいテレパスしても
ツッコミどころ満載。


337 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 09:10:25 ID:VkYSRomG
>>335
>異議も唱えずに勝手に射出量を変えるなよ。

>目標を1000万[t/year]とすると 10000000 / 262800 = 38基必要
で、最終的な射出量には換算しなおすから問題ないと考えてる。

ちなみに、1 [J] = 1 [Ws] = 1 / (60 * 60 * 1000) [kWh] だったんで
28274420000 * 3 [J] = 28274420000 * 3 / (60 * 60 *1000) [kWh] = 23562 [kWh]
と、最初のほうが正しかった。
だから年間1000万tクラスのマスドライバーは43m四方の太陽発電装置を要する。

変換効率25%は現在の実用化されているものを想定しているけど、送電等損失60%は
楽観的すぎるかも。これは熱とかになって加速に使われない電力。
でも、損失90%としても85.4m四方あればいい。

338 :小島1号:2010/07/17(土) 09:11:37 ID:WPiv1IBs
一応貼っとく。非SPSのスレッドはもう落ちてるけど参考まで。

太陽発電衛星(SPS)を語るスレッド
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/future/1117444830/

太陽光発電って
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/future/1150877899/

>>321
放射線遮蔽は質量遮蔽を元に計算しているので、厚さから質量を算出する
必要はない。

>>331
10t/20minだと年間26万トンあまりなので全然足りない。それと、大質量を
飛ばすのは大変なのでもっと小さな単位で分割すべき。オニール案では5kgの
バケットを秒間2個射出するマスドライバーを2基使って、6年間で360万トン
を打ち上げる計画だった。これでも足りないから見直さなければならない
けど。

339 :小島1号:2010/07/17(土) 09:13:16 ID:WPiv1IBs
すまん。
>>目標を1000万[t/year]とすると 10000000 / 262800 = 38基必要。
見落としていた。

340 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 09:57:43 ID:Qw/F1wAQ
1年に1000万tて1秒間に約3tのペースで掘るなり加工なりで用意せにゃいかんのか
何を打ち上げるかは知らんけど月の重力下での3tて体積としてはどんなもんかの


341 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 10:17:09 ID:VkYSRomG
>>340
まあ、見ちゃいないだろし、もう来ないだろうが。
>>321 の試算では2立方メートル。ちなみに1tの物質は無重力下でも1t。

342 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 11:27:25 ID:Qw/F1wAQ
んじゃさっさと月行って領有を宣言しないといかんね
半分くらい貰っちゃえ

343 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 11:39:19 ID:eJO8TByk
>>337
> 送電等損失60%は

なんでこんなに低いの。発電衛星から無線送電でもするの。
どこに置くの。L1やL2は月からものっそ遠いぞ?

344 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 12:37:30 ID:CwwpNVII
>>337
計算間違ってるぞ

345 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 14:17:58 ID:VkYSRomG
>>343
供給に対しての加速に使う割合としては、むしろかなり楽観的と思っているよ。
超電導用の冷却設備の動力やらなにやら引っ括めてということを考える必要があるし。
低いと思うなら充分だという意見だよね。

>>344
ありがとう。どこが間違ってるのか指摘よろしく。

346 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 15:22:21 ID:VkYSRomG
式を整理して検算してみた。

まず基準として1[t]のものを2378[m/s]まで加速するための電力 e を求める。
e[J] = m[kg]*v[m/s]^2/2 だから e = 1000 * 2378^2 /2 = 2827442000 [J]
これをキロワット時に直す。
1 * (60*60*1000) [J] =1 [kWh]だから、
e = 2827442000 / (60*60*1000) [kWh] = 785.40 [kWh]

次に、1 平方メートルの太陽光発電設備で供給できる電力 p を見積もる。
太陽定数は地球-月系では1366[ws/m^2]だから、キロワット時に直す。
1366 * (60*60) / 1000 = 4917.6 [kWh/m^2]
それを変換効率25%で得た電力の40%が加速に寄与すると仮定する。
p = 4917.6 * 0.25 * 0.40 = 491.76 [kWh/m^2]
つまり 1 平方メートルあたり 491.76 [kWh] となる。

ここで、年間1000万トンの目標輸送量を時間あたりに換算すると
10000000 / (365*24) = 1141.55 [t]
となる。

加速する電力は e を乗ずればよくて、1141.55 * 785.40 = 896573.37 [kWh] となる。
発電施設に換算するには p で除いて、896573.37 / 491.76 = 1823.19 [m^2] となる。
最後に平方根をとって 1823.19 = 42.70^2 [m^2] と求まる。

うーん、正しいと思い始めているが、どこらへんが間違ってる?

347 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 16:13:53 ID:bv35aQXh
>>346
数値の妥当性は置いといて、計算をトレース

> まず基準として1[t]のものを2378[m/s]まで加速するための電力 e を求める。

電力量な。

> e[J] = m[kg]*v[m/s]^2/2 だから e = 1000 * 2378^2 /2 = 2827442000 [J]
> これをキロワット時に直す。
> 1 * (60*60*1000) [J] =1 [kWh]だから、
> e = 2827442000 / (60*60*1000) [kWh] = 785.40 [kWh]
>
> 次に、1 平方メートルの太陽光発電設備で供給できる電力 p を見積もる。
> 太陽定数は地球-月系では1366[ws/m^2]だから、キロワット時に直す。

太陽定数の単位はw/m^2

> 1366 * (60*60) / 1000 = 4917.6 [kWh/m^2]
> それを変換効率25%で得た電力の40%が加速に寄与すると仮定する。
> p = 4917.6 * 0.25 * 0.40 = 491.76 [kWh/m^2]
> つまり 1 平方メートルあたり 491.76 [kWh] となる。

1平米あたり年間の発電量は
1366*0.25*(1-0.6)*86400*365.2422/3600/1000=1197.41[kWh/m^2]

年間1トンを投射するのに必要な面積は0.6559m^2。
1000万トンなら、6.559km^2
一辺2,561mの正方形。


348 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 16:22:50 ID:bv35aQXh
まあ、地球-月系のL1は5万kmと地球から静止軌道より遠い。
月面の赤道上に等間隔に発電所設けて、導波管で繋いで送電したほうがマトモ。
それに年間1000万トンじゃなく200万トンだし。

太陽電池もなあ。オニールが想定してたのは太陽光を集光した太陽炉で
ナトリウム-ヘリウムのクローズドサイクルによるタービン発電なので効率40%は
行くだろうし。

349 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 21:07:13 ID:VkYSRomG
なるほどkWh使うから混乱するのか。
基準として1[t]のものを2378[m/s]まで加速するためのエネルギーは 2827442000 [J]
太陽定数は w = J/s で換算して 1366 [J・s^-1・m^-2]。
平方メートルあたりの年間の加速用エネルギーは
1366 [J・s^-1・m^-2] * (0.25*(1-0.6)) * (60*60*24*365.2422) [s] = 4310676102.528 [J]
これから年間のトン数は 1.525[t] になるから必要量は 6559161.33 平方メートル。
確かに2561m四方必要だ。
こうなるとちょっと考えちゃうなやっぱ。

350 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 21:20:36 ID:VkYSRomG
おっと
1366 [J/s] * (0.25*(1-0.6)) * (60*60*24*365.2422) [s] = 4310676102.528 [J]

351 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 21:41:07 ID:VkYSRomG
検算できたと思うので、計算ライブラリに入れてみた。

月面マスドライバーで必要とする太陽光発電の面積
http://keisan.casio.jp/has10/SpecExec.cgi?id=user/2006/1279341013

352 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 23:06:11 ID:ET0BoaF4
年間1000万トンはオーバースペックだと言うに…


353 :オーバーテクナナシー:2010/07/17(土) 23:59:21 ID:VkYSRomG
あ、五年かw 素で見間違えていた。
ならば1311832.27[m^2]で1146m四方まで減る。
太陽電池のいいところは新規開発不要だよな。現在の技術で作ったとしての計算だし。

太陽電池を例えば量子ドット太陽電池とかとして効率を50%まで上げて、損失も50%
まで削減すると 524732.9 [m^2] 725m四方で済んじゃう。

354 :オーバーテクナナシー:2010/07/18(日) 01:31:47 ID:leSWJEag
合ってようが間違ってようが具体的な計算が出てくるのはやはり良いものだな。
計算者と検算者に乙。

ところでそれだけの太陽電池を敷設するのに何年かかるだろう。
どっちの手段を採用するかにもよるけれど……

SPSなら送電ロスと食による遮蔽がある。
348の言うような月赤道上に敷設する場合、必要な面積は3倍(だっけ?)に
なる。

355 :小島1号:2010/07/18(日) 07:46:20 ID:ET/jTjh1
>>351
乙です。

356 :オーバーテクナナシー:2010/07/18(日) 09:00:32 ID:gPHyBVXZ
>>354
2008年のシャープの生産量473MWの4割弱。
楽勝ぽくね?


357 :オーバーテクナナシー:2010/07/18(日) 09:29:42 ID:esSg11uU
>>326
一番まずいのはスカイフックという名称を知らないこと

358 :オーバーテクナナシー:2010/07/18(日) 12:25:36 ID:leSWJEag
>>356
んや、太陽電池パネルを月で生産するのか、地球で生産するのかってこ
と。まあ、マスドライバー以外にも電力は必要だから、月に太陽電池工
場はどの道作ることになるんだろうけど。
あとSPSなら薄膜太陽電池のほうがいいだろうし、月面ならガラス基板に
普通のシリコンで十分。

SPSを採用したとすると、これを月面から打ち上げる設備もいる。
SPSスレの12によると、1ギガワットクラスで一万トンらしい。(ガラス
基盤か薄膜かは判断が付かない)これを、マスドライバーが稼動してい
ないか、稼動していても十分な電力を供給できない状態で打ち上げない
といけない。
初期の電源はなにを使うんだろ。

359 :オーバーテクナナシー:2010/07/18(日) 12:31:52 ID:MdmMqLuk
なんで太陽電池に固執すんの?
効率悪いのに。

360 :オーバーテクナナシー:2010/07/18(日) 14:27:48 ID:leSWJEag
>>359
固執などしていない、俺はちゃんと330>>で熱機関も考慮したし、それ以
外のものも受け入れる用意がある。

なのに今SPS前提で話をしているのは、
・密閉型ブレイトンサイクルやスターリングエンジンは太陽電池よりも高
効率になる可能性もあるが、宇宙で使われた実績がない。
・SPSなら専用スレがあるから、ある程度の情報や情報源はそこを見れ
ば分かる。
という2点によるものだ。
俺はわかりやすいから太陽電池で話を進めているけれど、君が熱機関や
それ以外を使いたいと言うなら、そういう方向で話を進めてもらっても
別にかまわないよ? 

というか言いたいことがあるなら、もっと具体的に頼む。
太陽電池は、
・何と比べて、
・どういう意味について、
・どのぐらい
効率が悪いんだ? 
俺は熱機関と比べての話と解釈したが、その辺ちゃんと書いてもらわん
とな。

361 :オーバーテクナナシー:2010/07/18(日) 15:11:30 ID:gPHyBVXZ
>>360
> なのに今SPS前提で話をしているのは、
> ・密閉型ブレイトンサイクルやスターリングエンジンは太陽電池よりも高
> 効率になる可能性もあるが、宇宙で使われた実績がない。

実績有無でいうなら、SPSS自体がそうなのだが。
外燃機関が宇宙で動作しない技術的懸念があるという話は寡聞にして知らない。

地上と違って、宇宙空間では放熱翼の面積を素材の許す限り広く取れるから、
温度差を地上より大きくできる。高温側500K、低温側200Kでも60%の効率となる。

あと、太陽電池は宇宙線や太陽からの放射線で、全面が劣化するけど、
薄膜の反射鏡を使った太陽炉は、主要部だけ集中防御すればよく、反射鏡の
更新も太陽電池に比べれば安価だ。


362 :小島1号:2010/07/18(日) 15:22:15 ID:ET/jTjh1
発電方式については、
・十分な電力を得られる方式
を挙げて、後に
・安価に得られる方式
を考えるのが筋だと思う(前者については語られていると思うが)。
効率云々は「安価に得られる方式」の中で語られるべき条件の一つであって、
上に挙げた条件より上位にはならない。「効率が高く、〜〜の理由で安価に
つく」となるなら検討の余地がある。そういう意味で>>359は言葉が足りない
と思う。

363 :小島1号:2010/07/18(日) 15:23:05 ID:ET/jTjh1
すまん、361を読まずにレスした。

364 :小島1号:2010/07/18(日) 15:29:13 ID:ET/jTjh1
>>361
>>地上と違って、宇宙空間では放熱翼の面積を素材の許す限り広く取れるから、
>>温度差を地上より大きくできる。高温側500K、低温側200Kでも60%の効率とな
>>る。
地上だと、冷却水への熱伝導が使えます。宇宙においては冷却をどうする
のかが大きな問題になるので、もう少し詳細な検討が必要だと思います。

365 :オーバーテクナナシー:2010/07/18(日) 15:44:06 ID:gPHyBVXZ
>>364
> 地上だと、冷却水への熱伝導が使えます。宇宙においては冷却をどうする
> のかが大きな問題になるので、もう少し詳細な検討が必要だと思います。

宇宙空間での冷却は輻射一択だけど?


366 :オーバーテクナナシー:2010/07/18(日) 15:47:44 ID:MdmMqLuk
>>362
ごめんね。前の方に書いてあるから端折った。
おおむね、>>348>>361に書いてあるようなことだ。


367 :小島1号:2010/07/18(日) 15:52:32 ID:ET/jTjh1
>>365
>>364の書き方が悪かったので訂正します。
太陽電池パネルを使った場合、冷却にかかるコストが非常に低いと
思われるので、そのコストの差分を問題にしています。

368 :小島1号:2010/07/18(日) 16:01:27 ID:ET/jTjh1
>>366
いや、こちらこそレスをきちんと吟味していなかったようですいません。

369 :オーバーテクナナシー:2010/07/18(日) 16:16:08 ID:gPHyBVXZ
>>367
ぶっちゃけ、熱機関での冷却にかかるコストがどのくらいか知りません。
だけど、海水なんかを冷却に使えない地熱発電では、冷却棟を持ってますが
ここがコストの過大な部分を占めてるという話は聞きません。


370 :小島1号:2010/07/18(日) 16:20:06 ID:ET/jTjh1
>>369
では、そこは今後の課題ですね。
私も太陽電池パネルの熱問題について、どこかで読んだような気はする
んですが、見付かりませんでした。

371 :小島1号:2010/07/18(日) 16:29:38 ID:ET/jTjh1
さんざんこのスレでレスしといて何だけど、専門スレに移動した方が
よくない?

372 :オーバーテクナナシー:2010/07/18(日) 18:17:28 ID:oNvollay
宇宙での冷却方法なんつーコアなネタを話すべきスレがあればねー・・・
SPSいく?

373 :オーバーテクナナシー:2010/07/19(月) 10:10:13 ID:rhwLKucO
SPSの内容は該当スレで詰めるとして、とりあえずマスドライバーの軌道形状
を決めない? 
考えているのは、全部直線のタイプと、クレーターなどを利用した円形軌道のタ
イプ。どっちがいいかな?

374 :オーバーテクナナシー:2010/07/19(月) 10:39:30 ID:u3mXfzxE
直線。
需要が増えても、平行に増設できる。
そうすれば発射ポイントの積載施設なども共用化できる。

円形は場所食い過ぎる。たとえ月面でももったいない。


375 :オーバーテクナナシー:2010/07/19(月) 13:23:59 ID:4Yj1ntXJ
円形は加速距離を取れない場合の代替手段でしかないと考えてる。
ベクトル曲げるために大きくロスするし、加速だけじゃなく遠心加速度で
潰れるし、事故った時にどこに飛んでくかわからないし。

直線の場合、赤道直径 3475.8 [km] から円周は 3475.8*1000*PI [m]
最終速度 2378 [m/s] の角速度ωは
2*PI*2378/(3475.8*1000*PI) = 2378/(3475.8/2*1000) = 0.0013 [rad/s]
遠心加速度は r*ω^2 で (r = 赤道直径/2 = 3475.8/2*1000 [m])
(3475.8/2*1000)*((2378/(3475.8/2*1000))^2 = 2378^2/(3475.8/2*1000)
= 3.254 [m/s^2]
重力加速度 1.622 [m/s^2] 引くと、 1.632 [m/s^2] の上向きの力が。
この分のダウンフォースは、適当なところから天井作って天井側と反発
させて賄う、とすればいいだろうと思う。

遠心加速度
http://keisan.casio.jp/has10/SpecExec.cgi?id=user/2006/1279507658
また検算よろしゅう。

なんかライブラリ作るの楽しくなってきた。

376 :オーバーテクナナシー:2010/07/19(月) 15:13:28 ID:gX+S6apY
正しく脱出速度を出せば、その地点で強制円軌道を保つための力は重力加速度と等しくなる。
したがって、どれかの数値を見直すべき。

377 :オーバーテクナナシー:2010/07/19(月) 15:29:49 ID:4Yj1ntXJ
それは軌道速度と脱出速度を混同している。
軌道速度は第一宇宙速度。
脱出速度は第二宇宙速度。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B1%E5%87%BA%E9%80%9F%E5%BA%A6

衛星にしたいんじゃなくて、L3-5とか静止衛星軌道に送りたいわけだから、
脱出速度としている。

378 :オーバーテクナナシー:2010/07/19(月) 15:33:40 ID:gX+S6apY
>>377
あのねえ、脱出速度で円軌道を回る場合のダウンフォース(あなたの言葉を借りれば)の
話をしてるんだが。

379 :オーバーテクナナシー:2010/07/19(月) 15:39:46 ID:4Yj1ntXJ
そうか、軌道速度は脱出速度/√2で 1681.5 [m/s] となり、このあたりで
遠心加速度は1.627[m/s^2]となって、重力加速度とだいたい釣り合って
いるから、計算は合ってる感じだ。よかった。

380 :オーバーテクナナシー:2010/07/19(月) 15:40:45 ID:4Yj1ntXJ
>>378
え、そうなの?

381 :オーバーテクナナシー:2010/07/19(月) 15:48:51 ID:4Yj1ntXJ
よく考えりゃ、重力加速度も脱出速度も月の直径も、精度とかとりあえず無視
した値だから、多少の食い違いは仕方ないじゃないか。
どのみち重力加速度なんて場所によってまちまちだし。

382 :オーバーテクナナシー:2010/07/19(月) 16:09:07 ID:4Yj1ntXJ
とりあえず月の重力加速度を 1.622 [m/s^2] とするなら、脱出速度を
2374.4 [m/s] とする。ということで一件落着。

383 :オーバーテクナナシー:2010/07/19(月) 16:40:28 ID:4Yj1ntXJ
ああ、それで数字を見直すべきという話なのか。376さん、失礼しました。

話を戻すけど例えば半径10kmのクレーターを周回させると脱出速度で遠心加速度は
563.7775 [m/s^2] と約58Gになる。
よって、定量的にも円形軌道は無茶がすぎると考える。

384 :オーバーテクナナシー:2010/07/19(月) 17:09:36 ID:rhwLKucO
では円軌道と直線軌道の混合案だとどうなる?
円軌道で初期加速、脱出速度までの最終加速はそこから引き伸ばした直線軌道で
行うと言うように。

いや、円軌道だと最終加速軌道の引き出し場所によって、射出方向を色々変更
できるだろう? でも、やっぱり遠心加速度に食われてしまうのは痛いかな。

これもダメなら直線軌道一択だね。

385 :オーバーテクナナシー:2010/07/19(月) 17:41:06 ID:a/T30x73
その昔、円周離着陸方式飛行場というアイディアがあってだな(ry
で、現在滑走路といえば(ry


386 :オーバーテクナナシー:2010/07/20(火) 02:40:30 ID:ZPW4N4Wi
やっぱり円軌道は無理なのかしら。まあ、そんなにこだわりがあるわけでもない
し、とりあえず直線軌道で話を進めるかな。

そしたら次に考えたいのは、浮上・推進方式だね。スレの流れ的にリニアモー
ターで異論はないと思うけど、どうだろう。

JRマグレブなら究極的には、コイルを仕込んだ二枚の壁があれば床はいらな
い。……でもまあ、低速時や緊急停止、また事故のときなどのために、床かそ
れに類するものはほしいかな。
でもコイツの欠点は車両側に超伝導コイルを使うので液体ヘリウムと液体窒素
が必須。液体窒素だけで超伝導になる高温超伝導が実用化されれば別だが。


387 :オーバーテクナナシー:2010/07/20(火) 06:44:43 ID:tYrADGht
>>386
JRマグレブの超伝導は液体ヘリウムを現状では使っているが、使わない方式を
開発中だ。超伝導温度を上げるのではなく、断熱を強化する方向で。

一旦超伝導になればジュール熱は発生しないから、熱の侵入さえカットすれば
冷却器の能力は低くてもその温度は維持できるということだ。

月面のマスドライバーなら真空中だから、断熱は地球上より容易だろ。


388 :オーバーテクナナシー:2010/07/20(火) 09:30:19 ID:ZPW4N4Wi
車両、コンテナを一体型にするか、それとも分離できるようにするかも問題だね。

軌道速度から加速された車両がそのまま投射される場合、軌道が加速に必要な
最低限の長さで済むし、システム構成が簡単になる。ただし車両が使い捨てに
なるので資源的によろしくない。

加速された車両からキックステージに点火して、コンテナだけを投射する方法
だと、車両の超伝導コイルや冷媒のヘリウムは再利用できる。ただしキックス
テージ用の小型ロケットを別に搭載しないといけないし、車両を減速させるの
に軌道を延長してやる必要がある。

>>387
断熱を強化して得られるのは、ヘリウム不使用ではなく使用量削減になるんじゃ
ないかい? あの温度を実現するのにヘリウムはある程度必須じゃないかな。
すまん、詳しく知らないのでその辺教えて欲しい。

389 :オーバーテクナナシー:2010/07/22(木) 07:40:08 ID:eRjoK8jd
>>388
超伝導状態の維持にヘリウムが必要と思う理由がわからん。

390 :オーバーテクナナシー:2010/07/22(木) 07:55:11 ID:r7oRpHwk
うん。俺も詳しく分からんから想像で言った。超伝導の維持というより、超伝導
状態に移行させるために冷媒としてヘリウムが必要なのかなと考えた。

冷蔵庫で外気30度からマイナス5度にするには冷媒のフロンが必要だし、マイナス
5度を維持するのにもフロンを循環させないといけない。そんな感じ。

そういう機械的冷却法はとってないのかな?

391 :オーバーテクナナシー:2010/07/22(木) 08:48:44 ID:rJaL1mY4
冷蔵庫の-5℃ってなんだ?冷凍室は-20℃だし、冷蔵室は5℃くらいだろ?
チルド室か?

それはそうと、冷蔵庫が多大な電力を消費するのは開け閉めするからだぞ?
家庭向けでも真空断熱冷蔵庫なんか、ほとんどの時間コンプレッサー止まってるぞ?

392 :オーバーテクナナシー:2010/07/22(木) 17:53:13 ID:r7oRpHwk
いや電力の話じゃなくてね、フロン、もといその性能を出すのにふさわしい冷媒
がなければ、冷蔵庫作れないでしょ? ってこと。
マグレブの超伝導磁石を超伝導状態にするために何ケルビンまで下げないといけ
ないのかは分からないけど、それはヘリウム以外の冷媒でもできることなの?

完全な断熱が不可能である以上、定期的に冷媒のヘリウムを循環させてやらな
いといけない。そうであるなら、一日中運行するマグレブの超伝導維持に、ヘ
リウムは必須でしょ?

短時間の超伝導維持でいいなら、一度冷やせばもうヘリウムはいらないかもし
れないけど。

393 :オーバーテクナナシー:2010/07/22(木) 18:00:25 ID:v8KgEJSK
>>392
冷媒を使わないんなら、ペルティエ効果等の熱電素子だろ。
冷却に冷媒は必須ではない。

394 :オーバーテクナナシー:2010/07/22(木) 20:29:27 ID:vGcG4KC6
冷媒なしだとコースの長さだけペルチェ並べるの?

395 :オーバーテクナナシー:2010/07/22(木) 21:24:12 ID:sYqk0bkv
山梨の実験線は軌道が超電導かね?常伝導だろ。
超伝導はバケット(駆動体)の方だけでいいんだよ。

396 :オーバーテクナナシー:2010/07/22(木) 23:17:06 ID:vGcG4KC6
ああそうか

397 :オーバーテクナナシー:2010/07/23(金) 04:05:57 ID:NR9haSjj
>>393
ああ、熱電素子でも超伝導を実現する温度にまで下げれるのか……知らなかった。
ペルチェ素子は爆熱と言うイメージがつきまとってた。

398 :オーバーテクナナシー:2010/07/23(金) 07:07:23 ID:rJ7ISXeh
最近は熱電素子で動作するコンプレッサレスの冷蔵庫もあるのになあ。

399 :オーバーテクナナシー:2010/07/23(金) 07:32:21 ID:wygYR4P2
いや、「冷蔵庫もあるのになあ」では超伝導が実現できるってことの説得力はないと思うぞ

400 :オーバーテクナナシー:2010/07/23(金) 10:29:34 ID:NR9haSjj
ところでこのヘリウムと言うのは月で集められるものなのかな。ヘリウム3があ
るっぽいというのは良く聞くけど、ついでにヘリウム4も集められないかな。

401 :オーバーテクナナシー:2010/07/23(金) 10:37:07 ID:RTvgBnYU
>>400
>>276

402 :オーバーテクナナシー:2010/07/23(金) 10:45:43 ID:YvAmPE2d
>>397
ペルティエ素子はどんな温度でもほぼ安定して動作するから、
多段に使えば、極低温も可能。ネックが「断熱」なんだよ。

133 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)