5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

〔国営〕偽善領得至【あはき市場支配対策協議会】

1 :単一あはき師:2008/09/19(金) 14:10:23 ID:cYn1giXZ

『国家後方支援あはき領域の侵食作戦』により、健康保険法44の2の患者がその他の者の手当て
を受けた場合の療養の給付から療養費への切り換えを意味する『代えて』を、それとは場合の
異なる『困難』にすり替えて、療養費に一旦は療養の給付に取って代わる機能を持たせた健保法
に存在しない同意書の意味として適合させ、柔整師が療養費を請求する場合は、1956年に療養費
の支給要件としている同意書の添付を省略して“同意書が在るのと一緒”及び“保険者は一々施術
録の調査は不要”という行政指導によって超円滑な支給制度の創設の後に発生した『柔整ブラック
ホール』は全てのものを吸引し続けて巨大化していって巨大柔整資本≠生み出し、『柔整師経
営下の』系列針灸接(整)骨院及びマッサージ接(整)骨院等等に於けるあはき業が、大中規模のあは
き業など次々と店舗を展開、あはき系療養費運用型訪問マッサージや癒し系にまで事業を拡張して、
今や既にその規模と数量に於いて堂々とあはき業の主役の座を占め#ス面、あはき法の行政上
公正な運用である筈の柔整縁故のない経営での単一のあはき業はそのシェアを独占され、新規に当該
単一あはきで業を成すこと一般に困難です。この極限の状態に陥った当該あはき単一業をあはき師
自らどの様に復元させるかを真剣に協議する場です。その為には、先ず、これまでの現況由来事情
とあはき法の存在意味をよく認識した上で、有効で誤りのない対策を提出して協議の結果行動に移
しましょう。今後は国民の為の行政の通達、不作為を随時チェックする独立した機関の創設が望ま
れます。
[ソース:1999年初登場東京新聞連載記事より]
会計検査院担当調査官「ブラックホールとなってしまっている」。対象外あはき領域への適応日常
化。利用者も認識加担のケースも。肩凝りなど『保険適用』うたい客引き合戦。柔整師側はあはき
領域に拡張適用できないのが問題だと仮想あはき業正当化発言など等。

[源泉あはき領域の侵食で旨味(うまみ)収益を上げるには次の3要素が必要。]

@あはき法の法の極限である司法判断(法1条の免許)をそのまま行政(判断)運用とすること。
免許が在れば確かにあはき法には触れないから警察が立ち入れない。しかし、あはき法には他
法の業務(柔整)も取り入れて良いとは書かれていません。つまり、この行政施策ではあましが
いれば保険看板あげて指圧マッサージが堂々とやれるということにつながる訳です。

Aあはき師の療養費の運用が当初のうちは極めて困難であって、反面、柔整師の療養費の支給は
うまいこと保険セキュリティが解除されて円滑であること。これには、国が医療サービスを早く
患者の為にとか言って、保険金をその都度保険の対象か否かの調査確認なしで支給してもいい
のですか?という疑問が残る。

B司法には、行政システムは行政で一括管理、口を出させないようにすること。例えば、健保
(受領委任)指定『(円滑な)各種保険取扱い』の所が、健保上は勿論のこと、社会通念上でも
法定外業務を取り入れて良い筈はありません。

《政治政策関連諸悪事態の初期抑制目標提起》

@不順法である同意書関連通達は当然廃止すべき。
A柔整の経営的あはき併合を指導し、融合を諾認これが厚労のファィナルアンサー。
B接(整)骨院、針灸接(整)骨院のあはきモドキによるあはき市場独占状態の規制。
C厚労が公正な法の運用を没却してあはきモドキの利益になる施策を行なう。
Dあはきモドキ院は無法民間療法を取り込みあはき市場介入。あの手この手で。


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/19(金) 14:19:03 ID:cYn1giXZ
☆これまでの政権下では何でもやったもの勝ちの丸儲けということを表している。
   ワル餓鬼が得をする政治政策。代わりに真面目な者が地獄に落とされる。
     これを変えるのが先だ、あはきは社会経済構築がなされていない。

【会計検査院の調査の結果】  ⇒ 接(整)骨院、針灸接(整)骨院の履歴
北海道ほか35都府県に所在する施術所のうち支給額の多い94施術所について調査したところ、
療養費が、柔道整復師の施術の対象とならない傷病について請求されていたり、患者の療養
上必要な範囲及び限度を超えて行われた施術について請求されていたりなどしていると認め
られる事態が多数見受けられた。このような事態が生じているのは、保険者等による審査が
十分行われていないことなどによると認められた。
施術所における患者数についてみると、柔道整復師自身が1日に扱える患者数は、患者1人
当たり10分程度の手技療法を行うとすると1日で40人程度となるのに対し、柔道整復師
1人の1日当たり取扱い患者数が50人以上(最高は183人)となっている施術所が全体
の54.2%あった。

<是正改善を要する事態>
 上記のとおり、柔道整復師の施術に係る療養費の請求が不適正であったり、請求内容に疑義
があったりしているのにこれに対し十分に審査、確認しないまま療養費が支給されている事態
は適切ではなく、是正改善を図る必要があると認められる。

<是正改善の処置要求>
 厚生省において、柔道整復師、保険者等に療養費制度及び受領委任制度の趣旨を周知徹底さ
せること、算定基準等について所要の改正を行うこと、審査体制の整備を図ることなどの要が
あると認められた。 上記のように認められたので、会計検査院法第34条の規定により、
平成5年12月3日に厚生大臣に対して是正改善の処置を要求した。
厚生省において、初回の平成5年から毎年指摘して6年間処置がなされない為、会計検査院は
国会において直接指摘を行なった。前代未聞のことだったと東京新聞に報じられた。


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/19(金) 17:03:20 ID:KuQZnlxS
柔道整復師こと違法脱法詐欺犯罪師は何でも吸い込むぞ。国家免許を隠れ蓑にしたなんでもやったもん勝ちカルト集団。主犯は今何かと問題の厚労省。何もしようとしない厚労省こそ断罪すべきだ。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/19(金) 17:07:05 ID:xs/PntSr
口封じのためお金もらっちゃってるもん

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/19(金) 18:02:36 ID:KuQZnlxS
そのうちにマジで宗教法人にでもなったら大変だぞ。しかし次から次ぎへといろんな不祥事があるからなかなか違法脱法詐欺師の順番にならないね。はした金だろうに献金といっても。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/20(土) 06:48:56 ID:uCH5vHWJ
千恵遅れで、柔学校やらライセンス受からんクズは、こんな所で女々しいカキコに明け暮れるww
柔は儲かるぞー
くやしかろうな、くずどもw

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/20(土) 07:58:31 ID:eslVtmnh
違法脱法詐欺犯罪師になるために学校や免許があるんですね。くやしいけどなれない。保険者や役所の関係者が2chに最近たくさん入り込んでいるようなのでご注意!

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/20(土) 10:21:09 ID:eGCX4jlj
良スレだねー


ガンバレ

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/20(土) 11:03:34 ID:uCH5vHWJ
>>7
くやしいけどなれないって……
このご時世に、どれだけの池沼なんだよ。
カキコしてるんだから
字は知ってるんだよなw
今は名前書けば
全員合格だろ?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/20(土) 11:55:12 ID:/ydxFbnU

>6 行政指導が関与しているからと言っても、正常な国家なら法は免れない。こんなん儲け返還
 させて指定外難病の助成やら研究助成費、お金が無くて医療を受けられない人々に回すのが公共
 の福祉というものだ。

《柔道整復療養費の請求について》
(ア)受領委任状の作成実態についてみると、患者自身が施術日数、施術内容、療養費額等につい
て確認し署名、押印を行っているとしているのは全体の7.4%にすぎず、大部分の施術所
では患者自身による確認がないまま作成されていたり、施術所が署名及び押印を行って
いたりしていた。←白紙委任やら財形公文書偽造のこと。

(イ)はり師、きゅう師のいる施術所における請求についてみると、はり、きゅうの施術に係る療養費
の請求は医師の同意がある場合に限られているのに、医師の同意なしに行ったはり、きゅうの施術
について、その料金を患者から徴収しないで、【これらを柔道整復の施術料金として請求している
と思料される施術所が全体の27.6%あった。】

(ウ)申請書についてみると、負傷原因が、具体的に記載されていなかったり、全く記載されていなかった
りしているため、療養費の支給の適否を確認することができない施術所が全体の95.7%あった。
 そして、調査対象の全ての施術所は上記の事態のいずれかに該当していた。 したがって、療養費の請求
が適切に行われたとは認められなかった。

2 厚労省当局が講じた是正改善の処置
 厚生省では、本院指摘の趣旨に沿い、上記の(ア)、(イ)、(ウ)については、10年7月までに、
算定基準等を改正するなどしてそれぞれ所要の処置を講じてきた。そして、上記の(エ)については、
11年10月に、指導及び監査の実施方法、実施後の措置等に関する基準を定めるなど指導、監査の体制の整備
を図り、柔道整復師の施術に係る療養費の適正な支給を期するための処置を講じた。
⇒それにしては…  見せかけだけだったんじゃないの

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/20(土) 18:35:45 ID:ex+/t0Ug
在日朝鮮人の自慢ってのはよく理解できん
なんでも日本人の女をレイプして殺して祖国に帰ると同胞の間ではヒーローなんだとかw
自分の子供や孫をコネで教師にしました自慢wとか盗聴してます自慢とかw
日本人なら恥ずかしくて首釣って自殺しかねないことを逆に自慢するもんなwww

熊本隆談www

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/20(土) 18:44:45 ID:zjOaT88F
糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ
糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ糞ジジ
死死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
その老いたすがた気持ち悪すぎ
その老いたすがた気持ち悪すぎ
その老いたすがた気持ち悪すぎ
その老いたすがた気持ち悪すぎ
そのみにくい姿で世の中に出てくんなよ
死ぬとき このレスの事思い出してくれよ
しわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわ
ニヤニヤ(・∀・) ニヤニヤ(・∀・) ニヤニヤ(・∀・) ニヤニヤ(・∀・)
ちょっとは落ち込めよ そのみにくい姿で世の中に出てくんなよ
何回も言わすな死ねよ ボケ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/20(土) 22:29:50 ID:uCH5vHWJ
>>12
こういう馬鹿が人一倍
長生きするw
そして言ったことを全部忘れるwww

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/21(日) 11:06:36 ID:kjNiRItS

針灸と接骨は別々の法律です。「針灸接骨院」これは別な法律の医科と歯科を同一視したの
と同じ政策です。2免もいますが、内科歯科クリニックこういうのないでしょ。
柔整に寄った厚労省が、公正な法の運用を没却(ぼっきゃく)して不正を支援している証拠
です。この指導は二法が境界不明に成り易く大変不正に役に立っているといえる。

〜〜〜〜〜〜〜イリュウジョン………揉勢資 御用達医師の同意書〜〜〜〜〜〜
揉勢資は同意書があるのとイッツショ!…見えない同意書があるので、すぐ支払いおk。
揉勢資がなんでも請求できる秘密知ってますか?

《あはきの同意書の価値に比例して、揉勢資の保険も価値が上がる。》ということなの。
つまり、揉勢資は自分で同意書を発行できるも同じ。

あはきの療養費の運用請求については、現在、レセプト(療養費の請求書)と医師の同意書を
一緒に同封して保険者に送れば(このことを同意書添付請求という)、保険金(一部負担金以外
の7割)の支払い要件を満たすものとして、つまり、保険金を支払ってもよいという指示を
厚労省保険局が保険者(国保連や市の国民健康保険課など)に行ないましたので、支給されます。
このことはあはきの誰でもご存知のことですね。
  それで、療養費というのは、あはきの療養費も、揉勢資の療養費も同じ価値、意味なんです。
ですから、どちらも(療養費の請求書)と医師の同意書を同封して保険者に送った場合は支払
うよと言う事なんです。揉勢資の場合でもその意味では同意書が必要なんですが、本来の揉勢
資の施術対象が骨折や捻挫、打撲などの外傷ではっきりしている怪我だけですので、明確に区
別できること、疲労回復など慰安を対象にしないことから、その意味の医師の同意書を厚労省
保険局 が省略してよいという指示を保険者に対して行なったのです。それで、保険者も「揉勢
資は同意書は要らないんだ」ということになったわけなんです。
 でも、揉勢資の療養費の請求でも、レセプト(療養費請求書)と医師の同意書と一緒に請求
しなくてもよいという意味で、慰安のことで省略されただけです。それだから、一応在るという
こと、形式上は見えないけどそこには確かに在るんだよ、在るというあはきの療養費の場合の
請求の仕方と同じなんですよという意味なんです。ですから、その揉勢資の請求の中身が、仮
社会通念上有り得ない請求であっても、見えない同意書が在るので、あはきと同じ意味の医師の
同意書と同じ意味で、すなわち保険金の支払いの要件を満たすものとして、揉勢資から請求さ
れれば支払われる要件を満たしているものとして保険金が支払われる訳です。まぁ、揉勢資は
自分で同意書を発行できるようなもんです。
《ソース》[ 同意書省略のソース、省略に意味があり、同意書があるのと一緒 ]

揉勢資の施術について 昭和31.7.11 医発627号厚労省通達・医務局長・保険局長連名通知

【2】社会保険関係療養費の請求の場合には、実際に医師から施術につき同意を得たむねが
施術録に記載してあることが認められれば、 [必ずしも医師の同意書の添付を要しないもの
であること。] ⇒ 添付を要しない=レセプトと一緒に同意書を送らなくてもよい=省略=
×不要。近年の通達では不要に変化しているが、実際は不要ではない。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/22(月) 14:06:21 ID:2zsbZ2p0

【2】社会保険関係療養費の請求の場合には、実際に医師から施術につき同意を得たむねが
施術録に記載してあることが認められれば、…とあるでしょう、それで保険者が施術録を提出
させて付け合せしていたところを、昭和31年8月1日の保険発140という行政指導において、
支給事務上一々保険者が施術録を調査した後でなければ支給を行なってはならないと言う意味
ではない。疑わしきものだけでよい。これを当局の基本指針台帳にのせよ。つまり、通常は施
術録など提出させなくてよいとして、セキュリティを解除したのです。
もっとも、もう今は施術録とかの問題じゃないですが、ごまかそうと思えばいくらでもできま
すからね。
しかし、うまいこと省略しましたよね。ただ施術対象が怪我だけだからって、ここでは、まっ
たく揉勢資の裁量次第で、どういう愁訴のお客さんが来るかは一切問題にされていないんです
よね。これまでズーットこれで来てるんです舐め切っていると思いませんか?

〔 健康保険法と同意書のカラクリ 〕

揉勢資曰く、日の丸国家が認めている。揉勢資の裁量次第その人次第という「制度?」。
健康保険制度とはいいますが、療養の給付制度とも言わないし、療養費制度って?おニュー制度?

〜〜〜〜療養費の出所と法に無い同意書のカラクリ〜〜〜〜〜〜〜〜
これまでのあらすじを読むと、どうやらあはきにとって、同意書がくせものですね。同意書
はこの様に、療養の給付 (保険取扱いの病院やクリニックの支払い)でダメなとき(西洋医療
を中心とする保健医療でダメなとき)の療養費への切り代えの証明書として、昔突如として
あはきの前に出現しました(爆弾通牒と呼ばれた)。
   揉勢は東洋医学じゃないですけどね。だからあはき法から離れた訳。
 しかし、健康保険法44の2を読むと、(*その他の者)あはきや柔整の場合は A療養の給
付(保険取扱いの病院やクリニックの支払い方法)に代えてB療養費を支給するとあります。
つまり、Aに代えてBを支給する。=Aに代えてBを与える。=Aの代わりにBを与える。
です。 ところがこれまでの医師の同意書を要する意味は、Aがダメだった時、Bへの切り換え
の証明として運用されてます。よって、同意書の場合の療養費への切り換えの意味が健康保険法
と違うのです。
Aの療養の給付は患者に先払いの意味。Bの療養費は患者に後払いの意味。ただの払い方の違いで、
支給の要件になるってどういうことでしょうね。
 更に付け加えると、柔整も療養費なのに、公認白紙委任によって、先払いと同じ扱いになって
いるのです。「指定」はあるし、扱いは療養の給付なみ。いや、誰も、あはきもそうしてくれと
言っているんじゃないです。羨ましいなどとこれっぽちも思っちゃいない。ただ国がデタラメだ
といっているだけ。相手が相手ですからね保険セキュリティはちゃんとして貰わないとね。
  例えば、火災保険は原因と写真など。交通事故も原因と写真。病気は保険事故に相当する保険
の病気であることの証明である診断書と病気の原因(不明もある)で保険者は支給の確認をするしか
ないのではないかと思いますが。
参考:健康保険法44の2…療養費の支給  左側…【または】…右側の方。
被保険者が保険医療機関など以外の病院、診療所、薬局、*その他の者につき診療、薬剤の支給
もしくは手当てを受けたる場合において保険者がやむをえざるものと認めたる時は、〔療養の給
付などに代えて療養費を支給する〕 ことを得る。
        要点:保険医療機関など「以外」の病院、その他の者。


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 04:07:47 ID:x4TIntOw

本当はね、療養費に『類似保険指定』なんて有ってはいけないですよ。
○真野政府参考人 健康保険法によります給付は、保険医療機関または保険薬局によります
医療の現物サービスの提供、現物給付を原則といたしておりまして、【それが《困難》である
場合などに限りまして、療養の給付に代えまして療養費払いという現金給付が認められており
ます。】←切り換えのソース。
説明:現物サービスとは、療養の給付のこと、病院などの支払い方のことで患者に前払いで保
険金の替わりに医療サービスで支払うと言う意味。

〔 詳しく種明かし 〕
説明1・ これは揉勢資だけでできるワザではない。旧厚生省通達が深く関与しているからね。
 重要ポイントは、…【または】…の右側の現行の「Aが困難なときBを与える。」と言う意味です。
例えば、健保法条文の「代わり」の「鉛筆の代わりに消しゴムを与える。」というのを「鉛筆
が《*困難なとき、》消しゴムを与える。」と置き換えたらどうでしょうか?意味分かりませんよね。
もし、無理にこの《*困難な時》」で考えると、鉛筆を一旦は否定しなくてはいけませんので、鉛筆
を一旦「ボキッ!と折る」しかないんですハイ。そして、その時点で「消しゴム」が単独の取扱いとし
て鉛筆に取って代わり独自(制度)形態の消しゴムが登場することになります。これだと、書き損じの
度に鉛筆を折るということに…。

説明2・ 左側…【または】…右側でみると、右側は患者が保険を取扱わない病院や診療所の治療、や
その他の者(=あはき・揉勢資)の手当てを受けた場合ですので、左側は当然保険取扱いの病院や診療所
における事情ですよ。たんに、患者が保険証を持って行くのを忘れた場合のことです。保険証の確認が
とれないから療養の給付(患者に先払いの保険金替わりの医療サービスの提供)は困難なので保険証が
確認できたら療養費という名目で(後払いの現金で患者に支払いますよ)と言う事だから左側には、そ
の他の者とは書かれていません。説明を加えると、左側の保険証を忘れた場合では「代えて」では変で
すよね。まとめると、療養費(患者が指定保険医療機関ではない医療機関で診療や手当てを受けた場合の
支払い方)というのが、単に、療養の給付(保険取扱いの病院の支払い方)の補足的条文なのに、これを、
国家で歪曲して、補足ではなく、単独の独自の形態として扱われたのです。これまでの状態は揉勢資は、
医師の同意書を省略して、[貰わなくても在るのと一緒という格別な取扱いにしたのです]。現在、あは
きは同意書で保険金くれるのですから、揉勢は同意書無くても支払いおkなんと濃厚な旨味のある取扱い
ですね。


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 17:30:49 ID:SohHiLkK
抗議するならこのぐらいやらなきゃダメだ
http://labaq.com/archives/51100411.html

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 21:16:51 ID:UgpW9Afp
>>1
もう少し分かりやすい、噛み砕いた説明がほしいのですが。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 22:47:10 ID:j0gUbs/U
政治的にも正当性ださせたいなら「揉勢資」なんて当て字はやめて正しく表記すべきだな

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/24(水) 02:59:18 ID:JWGCKh+L
17> 現況由来事情とあはき法の存在意味の認識の共有で現況と免許の付け合せのみで真摯
に取り組もうとする思いを打ち砕く書き込みに対し、あはきが本当の評価をもって協議する。
18>文字数の関係もあり詳細に書けなかったが、十分要旨は掴んで戴けると思う。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/24(水) 17:46:16 ID:JWGCKh+L
>> 19 揉勢資は柔整行為がいつの間にやら仮想あはき行為になるようだからね。新鮮外傷のみを
    取扱っている柔整師以外の柔整師というニューアンスである。どーやら外傷≠ナは
    あはきとの境界が不明のようだからね。

○真野政府参考人の切り換えのソースは近年の国会での国の答弁です。
  健保法の条文の【または】の左側に在る《*困難》と答えているでしょう。

参考: 健康保険法44の2の条文の全文そのまま。 …【または】…の左右に注意

 保険者は療養の給付もしくは特定療養費の支給(本条に於いて療養の給付などと称す)をなす
こと《*困難なり》と認めたるとき、←左側【または】右側→被保険者が保険医療機関など
以外の病院、診療所、薬局、*その他の者につき診療、薬剤の支給もしくは手当てを受けたる
場合において保険者がやむをえざるものと認めたる時は、〔療養の給付(鉛筆)などに「代えて」
療養費(消しゴム)を支給する〕 ことを得る。

   どうです《*困難》は左側にあるでしょう。  ☆法律に*その他の者(免許のある者
は他にいませんから)とあることから療養費の支給対象になっています。それからそもそも、
療養の給付と療養費は鉛筆と消しゴムのような関係なんです。療養の給付の補完的支給方法
ですよ。当局は勿論知ってますけど。しかし、一般のあはきは健保法や療養費のことをほとん
ど知らなかったから、受け入れてしまったのです。

  ずーと、よく読んでもらえば、同意書の由縁が解かるでしょう。つまり、患者の対象は
形式上違う余地を残して、同意書はあはきの療養費の運用をできなくして、反面、揉勢資の
療養費はスルスル使えるようにしたものということが。揉勢資の同意書は対象が慰安を扱わ
ないから省略されただけで形式上存在するので同意書が在るのと同じ効果があるということ
が書かれています。つまり、同意書の通達は健康保険法を歪曲したものです。
  健保法44の2の*その他の者に関わる部分である、【または】の右側部分ですが、この
前に、左側があります。左側【または】右側ですが、左側の場合と右側の場合は事情が違う、
右側は患者がどこどこを利用した場合であって、左側とは事情が違います。注意しなくては
いけないのは、左側には《困難》の文字があるので、当局がこれを事情の違う右側の意味と
すり替えたと想定できます。これは大変重要ですよ!
  

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/25(木) 18:43:27 ID:FXx66Ot9
国の「画一的」と「例外的」の使い分けが一般人では理解できない。薬害指定や癌などの生命
に関わるものは「画一的」に対し、ご存知の柔整のように生命とは途方も無く縁遠いものには
「例外的」な行政策を断行し続ける。結果的に公共の福祉とはかけ離れ一般の国民は迷惑する。
どうしてこういう風に逆さま行政策になるのだろう。詳細な解明が待たれる。

 領域を拡張しての保険看板によるバーチャルリアリティあはきモドキ業の渦中では、一般の
あはき業は保険の緩和で対応しなくてはあはき客が来ないからなし崩しのあり地獄にはまって
しまう様な思いがあるかも知れない。だがもしこれまでに全くその様な保険の存在がなっかっ
たとしたら、不景気程度で本当に利用者の足に大幅な影響を及ぼすだろうか?
 「顧客は比較して選択する」保険扱いの医療機関というそのものの価値と信頼に加えて安価
な取引という国民の認識の下にそれを選択する。顧客の心理には「保険が使えるなら、使えな
いところには行かない」という選択の原理が当然のように根付く。あはきはもうここまでシェ
ア放置して来たのだからそう慌ててもしょうがない。


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/29(月) 11:54:10 ID:I+PfZp7k

あはき法の存在意味:通常あはきの主食は何か?柔整とは大きく違うのは間違いない。
あはき法は一般の医療機関以外で独立して(医師が居なくても)あはき業を行なうことを法律
で認めたものです。免許は主にその為のものです。あはき師は慢性愁訴の施術が業ですので、
医師の様な診断を要さなくて施術が認められてます。
〔説明のソース〕
医師法1条 医師は、医療及び保健指導を掌ることによって公衆衛生の向上及び増進に寄与し、
もって国民の健康な生活を確保するものとする。
《免許》 2条 医師になろうとする者は、医師国家試験に合格し、厚労大臣の免許を受けな
ければならない。
〔非医師の医業禁止〕 17条 医師でなければ、【医業】をしてはならない。
〔診療録の記載及び保存〕 24条 医師は、診療をしたときは、遅滞無く診療に関する事項を
診療録に記載しなければならない。←施術録?

《免許》あはき法 1条 医師以外の者で、【按摩、マッサージ若しくは指圧、鍼または灸を業】
としようとする者は、それぞれ、按摩マッサージ指圧師免許、針師または灸師免許を受け
なければならない。 厚労省監修遂条解説では:本条は、按摩、マッサージ若しくは指圧、鍼ま
たは灸業について、免許の種類を特定し、免許を有しない者(医師を除く)には、これらの業を
行なう事を禁止することを規定するものである。医師は医業を行うことを許可されている者で
あり、【これらの業】を禁止する理由はない。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/29(月) 12:14:05 ID:I+PfZp7k

*医師の場合の《免許》の項目では【業】とは書かれてませんね。しかし、同じあはきの
《免許》では、【按摩、マッサージ若しくは指圧、鍼または灸を業】とする者は免許を…と書か
れてますので【あはき業を営む為の免許】というのが分かります。それだけにあはき業は業と
して、政策的にもちゃんと保全される必要があるということになります。
更に、あはき法の業は【これらの業】として、医師の【医業】とは区別しています。
また、医師法1条のような大そうな文言はあはき法にはありませんし。

13条の5 1条の規定に違反して、按摩、マッサージ若しくは指圧、鍼又は灸を業としたもの。
厚労省監修遂条解説:これは医師を除き、按摩、マッサージ若しくは指圧、鍼又は灸師以外の
者が按摩、マッサージ若しくは指圧、鍼又は灸を【業】として行なった場合の罰則である。
一定の行為の反復的継続的遂行が【業】としてされたかどうかについては、『社会通念上』そ
れが事業の遂行とみられるかどうかによって決定する他はない。なので、柔整マッサージは
当然(違法な)業ですね。

法律で医師はあはき業を行なえますけど、これを直にクリニックなどの医療機関で行えると解
しないで下さい。つまり、あはき業としては行えるというのが正しい。もしそうでないとする
ならば、極端に言えば、仮に多くの医師達があはき行為や業を医療機関及び関係する所で行な
ったとしたら、結果的にあはき法の目的である業として成立存在する意味が消滅してしまいます。
あはき法の《免許》とは【あはき業を行なう為】の《免許》です。従って、あはき業は医療機
関などの(西洋医学を中心とする)医業の外郭に在って、独立してあはき業を行なうことを法律
で認めたものと言えます。慢性愁訴(症状)の手当てを行う業ですね。
 あはき業は医療法に書かれていないから医療機関ではないので、通常の施術は保険外です。


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/30(火) 17:57:26 ID:Uxr4eJcX

 あはき法には他法の業務も取り入れて良いとは書かれていないことから、単一あはき業の
存在が在って、初めてあはき免許の存在する法的意味があります。つまり、接(整)骨院、針灸
接(整)骨院における系列あはき業とは言うと、柔整従属化あはき業です。

医療法の医療機関が健康保険法での『保険指定』を受けたら『指定保険医療機関』となります。
ですから健康保険法で保険の『指定』を受けるには、先に医療機関であることが条件です。
健康保険法で『健康保険取扱い』の『指定』を受けられるのは医療機関です。

 このところあはきは行政指導こと通達(通知とも言う)は何やら怪しげなものという事が解
かってきました。柔整は医療機関ではありません。健康保険法の療養費に『指定』というのを
表すものは存在しません。法を乗り越えた行政指導のみで柔整に「療養費受領委任の指定」と
いうのを創設して、結果、療養費の『保険指定』が新設≠ウれた訳です。つまり、法律を
超えた特例≠ノて与えられた特権≠ナす。しかし、通達は法律に適合していなくてはいけません。
 付け加えると、以前から針灸接(整)骨院などと併せて保険看板を揚げたあはき併合院の中で
柔整経営あはき業が行われ続けて、平成5年に国に会計検査院の接骨院問題の指摘が行われた後に、
平成9年に厚労省行政指導こと医療監視等講習会質疑応答bR0の(1)と(2)において、
これまでの法で認められていない柔整経営あはき併合院のあはき業をさかのぼって国が追認しました。


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/02(木) 20:11:41 ID:IuHZcHpG

柔整指圧マッサージが怪我請求できるということどうしてまだ可能なのか? それは同時に
あはきのテリトリーの侵食を意味するけど、これまで国会では質問主意書での請求や副大臣辞
任要求などそれとは異なる課題で騒がれたが、『あはきテリトリーの侵食』については、これ
までまったく課題にもあがってきませんでした。
  この背景には、「あはきそのもの」と「その社会的存在」及び「テリトリーの侵食」、「一般
相場取引サービス料金の基盤の崩壊」からの単一あはき師の生存及び単一あはき業への壊滅的
影響を軽視した概念を共通して、党を問わず議員が持っていたからに他なりません。答えは
この概念の結果「さほど重要ではないもの」として取り扱われているからです。
  つまり、これは特に単一あはき師は自ら、それらを共通の重要な概念として持っていなくては、
人は決して動いてくれません。自分だけのシェアの確保追求概念≠ヘシェアを放棄するのと同じ
意味です。そしてシェアがなければ業は存在しません。

さて、そこで、
  協議会発起人は協議を始めたく項目の目標について、対策案を単あはきの皆さんや賛同者
に出してもらいたいと思いますのでよろしくです。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/02(木) 21:15:33 ID:SkOeoIxk
テルミーは?

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/02(木) 22:25:39 ID:kIrGbXNs
照美?焼き肉屋ですがな。東洋医学とは違う(笑)

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/03(金) 20:52:49 ID:huN6KbNQ
26>>の
こ〜んなに材料提供してんのに
何にも案ないの? 手立て全くなし?お待ちしてまーすです。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/06(月) 18:52:32 ID:SsxTAmqH
*獣の経営者にとっては、さしずめこれ以上競争の元になる其々の師が出て貰いたくないでしょ
うね。旨味が減りますからね。

*国は4千5百億に達する公金と一部負担金と+α実費のほとんどをいわゆる外傷と認め、国民へ
の貢献としています。国が否定する言動はありません。

*国が支援する獣路線で行く者以外は、黙っていると「大丈夫なんだ」と見なされ、課題にも
挙がらず誰も助けてくれません。それだから、「領域の侵食」くらいは言ってからぼやき
ましょう。獣のこけおとしや現況=免許の価値に惑わされず、不動の根拠による正論で邪論
を制すればいいのです。物事は普遍的なもの、動かそうとすれば動きます。


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/07(火) 17:25:51 ID:E1yqAa2k
テレビで宣伝しろや!

接骨院では肩こりや腰痛に保険を使ってマッサージできません
マッサージをするには、あん摩マッサージ指圧師の国家資格が必要です!
って

今までも寄付してきたが、もっと役員が全力で集めて回れ!それと各自出身校へ働きかけろ!

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/07(火) 19:27:56 ID:zocwlbuZ
そうすると多くの無資格マッサージで働いてた労働者や、柔道整復師が路頭に迷い失業者が増えるから政府も見てみぬふりしてんだろ

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/07(火) 23:06:55 ID:LPHGjaBe
無資格マッサージで働いてた労働者や、柔道整復師が路頭に迷うか
盲人が路頭に迷うか

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/07(火) 23:08:50 ID:LPHGjaBe
国益を考えたら無資格マッサージで働いてた労働者や、柔道整復師が路頭に迷うほうが有益なんだな。

どうせ失業保険がないからすぐに別の仕事を探すだろうし。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/07(火) 23:16:25 ID:D0CnfHRR
そんなこといったら食品偽装で廃業した違法業者の社員はどうなる?違法脱法詐欺犯罪者だよ。路頭に迷うのがいやならまじめに働け!(笑)そのうちあっ!ぼーん(笑)

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/08(水) 07:24:09 ID:4kLEobLp
そうだそうだ。違法脱法詐欺犯罪者の心配なんかいらねぇ!今はたまたま順番が回ってきていないだけで(あまりに年金の問題がひどくて)決して不正を容認しているわけじゃない。いまや柔道整復はマッサージそのもの。外傷しかあつかわない?外傷は扱わないんだろ。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/08(水) 07:51:55 ID:4kLEobLp
@柔道整復師資格・学校の廃止。Aあはき師の保険同意書を撤廃。B現在の柔道整復師は、Aマッサージ師BPTC整体師D力士Eその他。整体師らの罪は問わない。これで司法おさまるかなと思いきや医者は反対だろな。国民は大歓迎かな?

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/08(水) 21:20:12 ID:qMRPLdjO
獣性学校自由化の判決がこの堕落を作りあげた

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/09(木) 21:52:58 ID:SyCbRrhy
>>31.32 お客さんはリーズナブルでチョイという感じに利用できるでしょ。CM有効とは…。
       そういう理由かな、政治的理由だと思うよ。

@柔整師の請求は同意書がなくても在るのと一緒で保険者各位は取扱う様にと指導する。参考>>6
  あはきの同意書省略ができない理由 疲労回復との区別の為
http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1201/h0118-3_4/h0118-158.html

B国の指導(柔整の為に):あはき併合業&白紙委任OK,どんどんやって儲けてください。
参考:
あはき併合…平成9年度医療監視等講習会質疑応答bR0の1と2と平成11年同bQ5
一人2免者は一つの部屋でOK。複数の其々の1免は一つの部屋でOK。2免者が複数で同時に
行う時のみ個別部屋で。と言う要旨だが調べもしないのにまやかしです。要するに併合OK
という事です。

白紙委任…患者が来所した月の初めに署名を行い、当該申請書を作成する場合もあること、『捻挫等
 の部位の数』を偽った事例は厚生労働省としても承知している。⇒置換とは言ってないからね。

 @ABから国、厚労省は接(整)骨院に単一あはき業と比べて商売上遥かに有利な立場をご提供
したと言えるでしょう。なにせ堂々と“保険看板あげて”あはき業ができるのですからねぇ。
普通そりゃ来ますよ! 普通の人々が違いを£mらないと思っているのですか?


40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/10(金) 22:10:22 ID:g0xQ74Ul
39>>は一部訂正します。
@柔整師の請求は同意書がなくても在るのと一緒で保険者各位は取扱う様にと指導する。
  ソース:医発627号厚労省通達
社会保険関係療養費の請求の場合には、実際に医師から施術につき同意を得たむねが施術録に
記載してあることが認められれば、[必ずしも医師の同意書の添付を要しないものであるこ
と。] ⇒ 添付を要しない=レセプトと一緒に同意書を送らなくてもよい=省略=×不要。近年の通
達では不要に変化しているが、実際は不要ではない。

Aあはきの同意書省略ができない理由 疲労回復との区別の為
  http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1201/h0118-3_4/h0118-158.html

B国の指導(柔整の為に):あはき併合業&白紙委任OK,どんどんやって儲けてください。
   参考:>>39に同じ

 売品には名称と値段があります。名称の意味するものが同じなら、後は値段だけ。消費者は安
い方が良いに決まってます。自分に影響が無ければ解かっていても買います。勿論、メラミンなど
有害でない限りですよ。売り場の見かけも選択の大きな要因。資産が増え易い方が有利です。
小物でも大きな店で買うでしょ。大きな店は安いと知らずに認識してるのでしょうねぇ。

  何か対策案ないですか? 直ぐできそうないのは後回しで簡単なのからでも行きますかね。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/12(日) 23:32:42 ID:U9Mknt3z
行政指導こと通達(通知とも言う)は法律のように絶対ではありません。上の行政機関の保
険局の官僚が下級行政機関にこうと従わせる意思を文にして送り付けたものです。一応法律
に適合した解釈で書かれていなくてはなりません。独り立ちしては駄目なのです。
 あはきの多くが奇怪と思う接(整)骨院の営業・客数と大繁栄は国の欺瞞的通達と全てを外傷
認定とすることでバックアップしています。国に言わせれば正当≠ネのです。しかし、
この邪悪な形態を数十年修復する国家機能もなく、この国は確かにもう終わっています。
しかし、この国にいる限りにおいて、根底に強大な政治権力が関与していても私達単一あはき
はこれを避けることはできないでしょう。善良な国民にとってヒドイことですが。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/13(月) 22:04:18 ID:tG2UodeY
スレのタイトルの意味がわからん。
レスは1が書き込みしまくってるような感じがするな。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/19(日) 22:16:24 ID:BfZzOC40

【あはき法は在れど無いものとした不法地帯国家では、あはき師の被害の存在さえ無い】

全て野放し。まともな野党議員も国に対して、ただ療養費の手続きの格差などを言うのが精一杯
になっている。ただもう少しできる事もあるのじゃないかと思うけど、私達あはき師は少々ここ
んとこに大きな思い違いをしているのだ。私も含めて、「保険適用やあはき法無視の広告等がそ
こいらに在るから、議員や役人は何とかすべきだろーと思っていた。」しかし、これはあくまで
も不法国家ではない場合のことであって、『現況を普通の事とする国家』では、役人が国に逆ら
える訳もなく、又、野党議員があはき師からのこれらの訴えも無い中でこれらを取り上げると
業者の肩持った≠ニ与党からの批判を浴びせられることになる。だから、先ず私達あはき師の
方から“被害届け”なるものを出さなければ、被害の存在さえ無い事になっている訳だから、
多くのまとまった声が届いてから、ようやく課題とされる手続きに入ることになる。こうなって、
初めて肩持った≠アとにならなくなる。ただのストレス解消なら色々あるが、部分的なあはき師
1人の訴えなど例え行政的手続きを踏んだとしても無法地帯では簡単に消滅する。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/20(月) 07:50:22 ID:YMsJMn6l
結局、七者懇が会の利益でなく数にならないと!

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/20(月) 08:03:43 ID:YMsJMn6l
別の話し、保険医療機関内鍼灸治療の収入はどうなんでしょうね?
不正請求になっていないですか?


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/20(月) 08:56:47 ID:ddVIlGVW
>>45
消炎鎮痛で請求されてるはず。


47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/20(月) 18:18:34 ID:YMsJMn6l
それが不正請求だよね。


48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/20(月) 20:56:02 ID:urAwgOxe
正当な単一あはきに成りすまして、あーいえばこういう。君達のバックには国が付いて
いる。客寄せ合戦で来た客はちゃんと分けている上に全て正当なる業務であると厚労省
の局長が見てもないのに言ってくれているじゃないか。わざわざここに書くなよ。
しかし、すごい国だよ。みんな、「あはき法の業自体が食えない業と思うな。客は馴れ
合いルームがあるし、金払う気がないだけだ。」

  国の業界窓口の公益法人が「領域の侵食」など課題に出せる訳ない。揉み手しなが
ら同意書の緩和のお願いしかできない、これは結局「特例保険も更に緩和する事に繋が
る」ことになる。それに、あはき社団は柔整政治屋連にお・ん・ぶしているんだってね。
知ってたww  この案件には、論外でしょ。論外!

 医師等はほとんどが医療の仕事をしていて、あはき業の顔になってはいない。客引き
きらびやかなネオン看板やのぼり旗に何が広告されているかは言うまでもない国家黙認
保険あはき屋の“国の言う正当な業”を違法とするためには社会に統一行動を示すし・
か・な・い。これを示せば一部の悪乗り金儲け主義の医師らも解かってくれる。逆にし
なければ永遠にシェアにたかられる。私達あはき師の場合は別に、‘賃金上げろ,という
難題でもない、ただ本来の法律の権利をそのまま要求する無理のない話しにすぎない。


49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/21(火) 06:00:28 ID:v/2SnZuC
整骨院内での慰安マッサージなどが黙認されているのなら。あ・は・きの医師同意書なんかいらんじゃない?要するに保険が自由につかえればいいんだろ?

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/27(月) 02:35:26 ID:HfdrOsc6
皆が感じている違和感、それは法律で広告に出せるのは「骨つぎやら捻挫のみ」なのに、行政
が整体や併合で、それ以外の広告を公認し、骨接ぎという「限られた条件」で特別な行政指導
の恵みを受けている柔整師なのだが、恵みの由来は「法律の条文にはなく、行政指導のみであ
ること」に特徴があります。つまり、法律と違(たが)えばこれを無かったものとすることが
できます。  客がいない理由は判明しているのに、何時までもぼ・や・きを書き込んでいる
       のは獣のお遊びですか?


51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/01(土) 04:26:45 ID:sE9JA04f
 昨日NHK で喫煙者は煙たがられていると言う番組をやっていましたが、無煙者が喫煙の迷惑
について、金(税金も)払って吸っているからどうしようもない等として、ただやるせなく耐えてい
たとすれば、行政もせいぜいバケツを置く程度で終わっていますね。今でも堂々と喫煙者はど
こでもタバコを吸うことを当然とした風潮の中で、今の肩身の狭い思いとは無縁だったと思い
ます。無煙者という立場の者から“間接煙は迷惑だ”等と多くの声が上がって、時を経て已む
無く行政も動かざるを得なくなって、喫茶店でも禁煙ルームが出来たり、地方条例を基にその
場で過料二千円等へと変化してきた訳です。何を言わんとするかもう分かりますね。私達単一
あはきの周辺の問題はこんなレベルの問題ではないですね。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/01(土) 07:38:21 ID:BaZcc7la
患者の立場から言わせてもらえばね。なぜあ・は・きの保険は扱いが面倒な上に歩行障害があるような場合にしか話にも出さないんだろうか?整骨院をいくらたたいてもここらが解決しないとね。国会議員や医者の利益などが複雑に絡んでいるからかな?

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/18(火) 20:09:35 ID:ruYgh3tO
針灸師の施術にかかる療養費の取扱いについて  昭和・34・年3月24日
第51回全国保険課(部)長事務打合せ会 (読み易くしました) 出座は多分保険局長です。
針灸師の適正化の問題につきましては、これ等の施術師の団体からは、針灸のかかる療養費が
これまでに増して保険の扱いが厳しくなった。即ち最近特に取扱い方針が変わったかのごとく
感じを受けると言う苦情がある訳でありまして、又、国会議員の相当数の方々からも同様な意
見の陳情が有りましたので、当局と致しましては、この意味に関しまする保険当局の取り扱い
はこれまでと何ら変わるところもないし、変えるつもりもないとこの様な説明をしているとこ
ろです。もし仮に取扱いを変えるとすれば、当然、専門の学会を聞いて、取り扱いの基準を定
めた上で、旧厚生省の方針を明確化して行う必要があるという説明をして来ていますが、これ
に対しまして国会議員の方々は当局の説明および方針は了承はするが、昭和25年1月(2通存在す
る保発4号通達のこと)の通達は『鍼灸に関わる療養費の支給を禁止する通達ではない』にも
関わらず、現地では全く鍼灸療養費を認めない様な方針を取っているからこの通達の主旨の徹
底を期してもらいたい。と言う様な要望があった訳です。…保発4号通達と言うのは、保険者
と鍼灸按摩団体との契約を禁止し、非順法の医師の同意書を付けて請求することを利用者への
現金支給の絶対条件としたものです。
なを、この通達はお手元に配布してございます。「参考資料その2」の最後のページに書いて
ますが、ご覧をいただきたいと思います。更に鍼灸の施術に対する療養費の取扱いについて、
現実に府県の間に相当の差があります。この点も行政取扱いとしては必ずしも好ましいもので
はないと考えて今回ここに1つの項目として取り上げた次第です。
この昭和25年1月19日付けの通達の主旨を改めて説明する事でもないが、この通達の主旨は、
あたかも病院の様な保険医療機関の指定を受けている医療機関で、患者に直に医療サービスそ
のものを給付する意味合いの現物給付=療養の給付と同じ様な保険事務取扱いをすることを廃
止させ、利用者が指定されていない医療機関や保険指定のない指定按摩鍼灸、柔整などの施術
所で治療など受けた時に現金で支払われる本来の姿かたちである療養費の支給に変える様にし、
鍼灸按摩の場合は厳密に療養費の請求の折は、必ず非順法の医師の同意書を必ず付ける様に指導
して(偏った)療養費支給の改定を計った通達であることは申すまでもないことであります。
この主旨を呈して療養費の支給の適正をお願いしたいと思う次第でございます。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/18(火) 20:58:46 ID:CCIWtp19
整骨院の不正保険請求は上の利権関係が複雑でそう簡単に叩き潰せないらしい。骨も接げないとこには行かないことだ。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/19(水) 01:40:36 ID:B137Uz0E
54>
日本は法治国家ならぬ歪曲法治国家&放置国家であることに異論はない。
異常な現況が恒常状態なので、国の正常化機能はとっくに存在しない。
“叩き潰せないらしい”??>>  意味不明。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/19(水) 11:31:21 ID:B137Uz0E
あ・は・き専用 

 ところでこのところマスゴミでは衆院選がもうすぐだとか騒いでいますが、選対工作
中でどうも先になりそうですね。柔整に関して民主党の議員から質問主意書が出されて
いるけど、提出した辻議員が仮にこれからも一人で頑張ろうとしたとしても、もし民主
屋執行部が、この課題を出す事をタブーとしたならば、もう口には出せなくなります。
こういうことで、みなさんご存知のあはきの現況について、色々な国民の口の代弁者の
政治屋が“どのように捉えているかが先ず重要な問題だと思うのです。”これによって、
あはきの選択の一考となると思う。民主屋なんかは自民屋の誰が総理になっても一緒と
言っていますが、では民主屋に替わればどう違うのか?特に私達単一あはき師にとって
重要な事は、現在何となくあはきが期待感を寄せているこの民主屋の代表が、あはき周
囲の現況をどう捉え認識しているのか?『もし今の国と同じようにあはき併合業は順法
であり繁栄も公正な商取引による結果である∞他法の領域の重複など有り得ない≠ニ
捉えているのであれば、私達単一あはきから言えば何ら変わりませんよね。
んで、自民‐公明‐民主‐日本新四屋大連立政権取得後では手遅れで、選挙前のこの頃
が一番耳を貸してくれそうで、捉え方を確認するのも、私達単一あはき師国民の業として
の現況の捉え方および認識を伝えて、あはきモドキ擁護・放置路線をやりにくくする投石
として一石三鳥です。せっかく民主屋HPで代表が何でも僕にぶつけてください≠ニ言っ
ていることだし、政権交代は可能性もあるのでその前に尋ねるのが効果的であること。
ぜひ時期国の代表予定者かも?にメールなどで聞いてみたらいいかと思う。大勢のあはき
予定者国民やあはき師国民が共通に直面する課題に深い関心があるということを先ず示す
のにも絶好の機会だろう。ちょっと時間見つけて頂いて、簡単にできることなので各位よ
ろしくです。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/28(金) 04:19:23 ID:PGii3C8J
何だかんだと理屈を付け金儲け目的業界を支援する行政、不利益国民にも理屈付け放置する政治屋
この二つで支配が進む。被害の代表となる国民は単一あはき師達。いくら公認でもできない人々。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/28(金) 04:52:40 ID:gsUD+vkX
患者側にも何かペナルティがないといけない。捻挫や打撲の時こそ接骨院の仕事だから整形には行かずに接骨院を利用しましょうって宣伝する。当然「えっ?接骨院は肩こりマッサージに行く所じゃないでしょうか?」「レントゲンもないのにもし骨折していたらどうするんですか?」

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/29(土) 01:52:25 ID:UaiPoDvH
保険の柔整療養費の対象となるものを形上厚労省で決めているがいるが、その対象となるもの
を事実上自由に決めて保険適用できる権利、つまり保険適用裁量権を柔整師に与えているのも
厚労省なのだよ。だから柔整師が決めた事はすなわち厚労省の決めた事になるわけね。だから、
悪どいやつがいても司法(裁判で勝てないから)が介入できない。三権分立ってあるでしょう。

でもね、保険でいらっしゃい商法事態よりそれからもたらされた結果の方が最も単一あはきに
とってちゅうちょできない事で、普通の料金とは比較にならない7〜9割引き料金にしてしま
った訳だから、根こそぎあはき客を持って行かれた事になって、生活を困窮にしている最大要
因なのね。解かっていると思うけど。




60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/01(月) 22:06:14 ID:CiHR9dsB
医者は捕まってるのになぁ。こいつらの政治力ってそんなに?ただのもみもみ野郎どもが。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/07(日) 03:34:18 ID:mPLtjCFk
関西だけでのお茶の間報道止まりなのはなぜでしょう?
旧厚生省、厚労省ともに、あはきに禁じた上で、柔整には針灸整骨院等公認加えて療養費適用
裁量権を与え続けて来ました。結果どうなっていますか?兼業はそれぞれの業の本来の姿でし
ょうか?またどうして国会でも兼業についてはまったく質問がでないのでしょう? ちなみに
柔整のそれは『ケガの臨場外傷手当ての理屈故』の特例療養費取扱いです。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/19(金) 03:56:39 ID:+3qcX42I
1999(平成11)年6月29日付け朝刊一面記事の東京新聞社の記者の問いかけに対しての旧厚生省
保険局医療課長のコメントと(社)日本柔道整復師会のコメントが有りましたので、皆さんご
参考にして下さい。 以下記事の通り。

尾崎新平旧厚生省保険局医療課長の話:柔道整復師の保険請求は都道府県知事と柔整師団体等
との協定に基づいて行われ、厚生省では不正の実態を把握していない。基本的には医療費と同
じ様な請求手続きがなされており、医師に比べて不正が多いということはないはずだ。しかし、
審査体制の不備などの問題点は会計検査院に指摘された通りなので、本年中には改善策を打ち
出す方向で業界団体などと協議している。

  《保険対象外請求ない》
日本柔道整復師会の話:少なくとも会に所属している柔整師は、保険対象外の傷病について療
養費の請求をすることはないはずだ。人間は寝ている間も筋や腱(けん)が動いており、患者
は肩こりだと思っても、知らない間に捻挫していることもある。患者や保険者(健保組合など)
の勘違いで療養費を不支給や減額にされ、迷惑しているのは柔整師の方だ。
 厚生省には理解して頂いていると思うが、保険者にも説明していきたい。


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/07(火) 02:09:27 ID:dvIOhzJR
アハキの宗教医学よりかは、マシだと思われます。しかも針は一代、灸は末代と言われる如く、まともな針師は2〜3%と思われるのです。私自身、数十人のアハキを見てきたが、凄いと思える人は3人くらいかな

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/07(火) 08:03:13 ID:wy9jx7Th
スレ主はえらい。
読みきれないけど。

従性鍼灸師が大勢いるけど、従性生き残りの為にしか金を使ってないのが悪い。
従性士会は、自民党にとって第5位の献金団体w

従性鍼灸師はよ、どうせ従性は生きのこれねえんだから、
従性捨てて鍼灸に軸足移して献金すればいいんだよ。

ボロボロのホネツギ利権残せるだけの金使ってんだから、
それを使えば鍼灸同意書撤廃なんて楽勝だろうに。
そうすりゃ、鍼灸の受領委任で今までどおり食って行けるわけだあな。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/07(火) 08:17:11 ID:wy9jx7Th
偉いおっさん達は何やってんのかね。
もう不正請求をごり押しして食ってくのは、みんなうんざりなんだよ。
やらねえと食ってけねえからこっちはやってんだけど、
そのたんび、ほうぼうからくだらねえこと言われて、いちいちおっさん達に教わった言い訳すんのもうんざりだ。

俺らが貢いだ金をよ、もっと的確に役に立つように使えよ。
はり急も受領委任にしちまえばよ、ほとんどの客は腰痛肩こりなんだからよ、適法な暮らしが出来るじゃねえか。
ほねつぎの療養費に文句付ける役人も、これで文句なくなるだろ。


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/07(火) 08:33:37 ID:wy9jx7Th
俺らどうせ従性進級師なんだからよ、6年も学校通ってよ。開業してからはコツコツ会に貢いでよ。
こまけえこと言ってねえで、はり急も受領委任にしちまえよ。
あはきの業界だって、別に文句はねえだろ。
あいつらは、どうせ実費がどうの理論がどうのと、開業したってたかが知れた食い詰め者。
ほっときゃいいんだよ。

貼り急免許を真に利用できるのは、結局、俺達柔整陳旧師のみ。
接骨院の利益を守るためには、針急も受領委任にするしかねえ。
こうすれば、急性外傷はホネツギ免許で、慢性疼痛は進級免許で、ふつうに請求できるわけだ。
どうよ、俺、正しいだろ。

もはや、先達の捏造した「亜急性理論」を、金使って守り通す意味なんてねえ。
こんな事に金使うなら、針急受領委任化にかねつかって、接骨院経営を適法化しろよ。
今時、はり師雇ってねえ接骨院なんてねえんだし、院長が従性師しか持ってなくたって、何も問題ねえしかわらねえ。

どうよ、やっぱり正しいだろ、俺。


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/07(火) 09:17:02 ID:wy9jx7Th
今はまだ、従性師会の存在感があるだろ。押しも利いてる。
今のうちに、運動方針を、「何でも捻挫で受領委任」つう既得権を守る事から、
「接骨院では何でも受領委任」出来るようにシフトするべし。

つまりは、進級の受領委任を獲っちまえばいいわけだ。
こうすれば、急性・慢性の病態に対して、大手を振って療養費請求できるだろ。
これで八方治まる。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/07(火) 11:24:50 ID:UPFEX66P
確かにそうすれば、いわば身内の鍼灸師にまで足を引っ張られることもないわな。
同程度の難易度で片方だけ保険が使えるというところに不満が渦巻いているのは確かだし、鍼灸の保険適用によって雇っている鍼灸師の内部告発も防げるんじゃないか?

にしても>>1の日本語の下手くそさはキチガイじみてるな。主旨が全く分からん。奴が立てた別スレはキチガイ過ぎて削除されてたしな。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/08(水) 03:36:53 ID:GediLt7P
>>64-66
そのとおりだとおもふ

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 12:27:10 ID:592ONcwt
この板の書き込みだけど、どれもこれも長ったらし過ぎてさっぱり分からない。
もう少し短く書いて欲しいよ。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 13:52:15 ID:fjh2wT34
>>70
医療費には、
@点数換算されている「療養」として給付されるもの → 普通の医療費
A点数換算されていない療養に対して、還付してもらえるもの → 療養費
がある。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 13:55:07 ID:fjh2wT34
@は年間 40,000,000,000,000円 (40兆円)
Aは年間  300,000,000.000円(0.3兆円)

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 13:58:36 ID:fjh2wT34
Aは、原則として、一度支払った療養(あんま等)の料金を、
 国に申請すると払ってもらえる、というもの。(償還払いという)

@の医療費は、その場で何割引きかにしてもらえるが、
Aの療養費は、患者があとで自己申請して初めて割引分が返ってくる。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 14:01:34 ID:fjh2wT34
患者さんは、自分で償還払いの手続きをするのはめんどいので、
鍼灸院や接骨院では、この償還払いの手続きを、患者さんに代わって行える。

これを、「受領委任」という。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 14:08:14 ID:fjh2wT34
上のほうで、銃声進級氏が間違ってたけど、
受領委任てのは、進級院だろうが、骨接ぎだろうが、保険診療においてはとっくに確立してる。

ただ、この受領委任を成り立たせるために、

骨接ぎでは医者の同意書は不要
進級院では医者の同意書が必要

という違いがある。

つまり、骨接ぎは病名を自分でつけることが(捏造することが)見逃されており、
進級院は、病名をお医者さんに付けてもらわねはならない、ということ。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 14:11:28 ID:fjh2wT34
つまり、骨接ぎは勝手に診断行為をして、療養費をお手盛りに食い荒らしている。
医療費よりもチェックが甘いのを利用して、やりたい放題。

この状況を守るため、政治家に多額の献金を行っている。
柔道繋がりで、歴史的に警察関係にパイプが太い業界で、骨接ぎ関連の〜協会とかは、警察官僚の天下り先として機能。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 14:13:54 ID:fjh2wT34
療養費をお手盛りする既得権(診断権がないのに病名を付ける権利)こそ、

柔道整復士(ホネツギ)免許の特権。

つまり、脱法のライセンス。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 14:39:44 ID:fjh2wT34
■■■■註!■■■■
>>77は、知らない人が見たら誤解するかもしれんから、追記すると、

鍼灸師、柔道整復士は、適応のある病気に対して、診断を行えることになっている。
鍼を刺すべきか否か、整復すべきか否か、判断しなければならんのだから、これは当然。厚労省も保険者も認めている。

でも、
鍼灸師は色んな疾患を扱えるが、柔道整復士は、怪我しか扱えない。

つまり、接骨院で扱えるのは本来怪我だけ。それなのに、肩こり腰痛を扱っている。
つまり、接骨院では、肩こり・腰痛などを「怪我」と強弁して療養費を受領委任しているわけ。

これじゃ、医者から同意書なんてもらえるわけないから、同意書不要の状況を守るため、
一致団結して献金したり〜したりして、現状維持に全力投入しているわけ。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 14:47:28 ID:fjh2wT34
>>70
結局長文になってきたので、これで失礼する。
この板は、2chに不慣れな術者のおじさんたちの集い場だから、許してくれい。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/11(土) 02:45:20 ID:kY0xk3Lw
>>71-79 乙

確かに、役所にしたって、0.4兆円の療養費をせこく削減するよりも、40兆円の医療費を2〜3%でも削減したいというのが本音だからな。
40兆の2〜3%って、8000億円〜1兆2000億円だからねえw 
療養費全額のかるく2〜3倍。

つまりは、額的にどうでもいいような金額で、いじると以上に面倒くさい業界だから、
手柄にもならないし、誰も触れたがらない。
それが、療養費の世界w
万一、自浄作用を見せられたら、行政や役所から、ひどく感動されること請け合いなんだけどね。

自浄作用ってのは、誰かが言っていた、鍼灸の同意書撤廃して、鍼灸とホネツギが慢性疾患と急性外傷を分担して療養費申請することなんだけどな。
まあ、いろいろ文句を言うやつだの、あしを引っ張るやつだの多いからな、この業界。
あんまり本気になっても、ムカつくだけかもよw

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/11(土) 13:05:02 ID:k0XAHoyw
>>70の続き
 分かる人が分かればそれでいいのだ。と言われれば何も言い返せないが。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/13(月) 14:36:56 ID:4lcw8aaz
つまり、鍼灸接骨師が、金の無い鍼灸業界に代わって
柔整師会の政治力を使って鍼灸の同意書撤廃し、
急性外傷は柔資格、慢性疾患は鍼資格で療養費申請すれば、
「何でも捻挫」で突き上げ喰らっている接骨院経営を、適法化できるわけだ。

なんでやらないんだろ。俺は柔しか持ってない勤め人だけど、いいと思うよね。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/11(土) 21:47:46 ID:9v98xIbX

あははは。
     明日、都議会議員選挙だって〜知ってた。?

 暑い上にきもい寄生虫が偉そうにしてムシャクシャしているみなさん!
明日は4年に10日仕事の決戦日、気合の入り方がいつもと違うから、チョッとお電話すると秒速≠ナ出て
お話聞いてくれるから。

  で、地方議会だけで、どうでもできる、“お店の形”を“本来の姿”に戻してもらうようにしてもらいましょう。
 
  《訴える例》
 これまで新聞やムーブや大阪府告示(こくじ)で問題になっている一つの原因は、『兼業』が行われているので、
出入り客が混在する環境になるからと訴え、また、リーズナブルを期待する客が、期待できる安価な表示の兼業の店
だけに集中することになるので、共に公共の福祉に反している行政である。都民は迷惑しているので、即刻対策をしてほしい。
   とね! まぁ、都民でなくても、いいんじゃないー。

 参考: 民主、社民(議席がなく必死)などのお好み野党のHPで。


84 :弱者救済の会:2009/07/12(日) 06:20:45 ID:obe9tsKi
バカいっとるんじゃないで。柔を目のかたきにしやがって。勝つのは自民党と決まっているんだよ。柔はこれからも安泰なんだよ

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/12(日) 10:27:27 ID:5Q9v05Id
なるほどなぁ。それで民主党になったら

お、誰かきたみたいだ。

86 :弱者救済の会:2009/07/12(日) 14:44:54 ID:obe9tsKi
もう勝ったも同然なんだよ。戦時中を思い出してみなよ。ボロ負けなのに「勝った勝った」って。だから柔を目のかたきにすんなよ。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/13(月) 02:02:44 ID:TXYIjbZP
ほれ見ろ自民大惨敗で弱者救済の会も解散だな。バカいってんじゃねえよ。なんとか骨折・脱臼の応急手当だけでも(笑)

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/26(水) 00:17:59 ID:qa2rqyfb
いわうる水増しタイプの逮捕者は上げらても、本当はあはき業の分野を偽って
請求したというタイプは上げられていないでしょう?
どうしてか分かりますか?
少しは出て来てもいいんじゃないか? そう思いませんか?

事実上、国が併業に保険判断をまかせて、
あはき市場を食わせて来たのじゃないでしょうか? 

保険が支給されなければ、犯罪は起きなかった。
  ただ保険セキュリティ(防御)がありさえすれば…

あ・は・き という免許者にとっては、
犯罪という個人レベルの話とは、次元の違う話じゃないのですか?
個人レベルの解決でほくそ笑む組織は、一つだけではありませんよ。
実存的、第二あはき施術所での、あはき市場の独占支配ではないですか?

独占とは、
「何らかの手段で、ある分野の業を競争不可能な状態に陥れ、
 相手の業に制限を加えた状態」です。手段は超特価の料金でしょうね。
支配とは独占した活動の中で、「相手業者を思うままに従わせた状態」。
ただ、厚労の指導で行われているから「官製独占」になるだろう。


89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/26(水) 21:52:14 ID:EVMjhspM
akaの不正請求に加担する関東信越厚生局千葉事務所
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/antispam/1250075512/

【偽医療】AKA 関節運動学的アプローチ【インチキ医療】
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/body/1211885077/

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/29(土) 23:51:28 ID:LO5bEtoT
《単なる あ・は・き の同志の方々は「カラクリ」を知ること》

          リーズナブル商売ができる理由:
 クリニック等は「医療をやります」という「医療機関」認定を受けてから、
 「保険の」指定を受ける。医師は業としてできる範囲が広い、だから何を
  やるかを定める。そうしないと、保険のプール金が幾らあっても足りない。
 
   ところが、
 接骨院はいきなり「保険取扱い」ができる。会計検査院指摘前後は、「指定」も不要。
「保険取扱い」ができる厚労の根拠は、{柔道整復師という資格はケガを扱うだけ}。
  だからその他の、あはきテリトリーなど扱わない資格、だから『ケガ以外など扱う
こと等あり得ないと認める』となるんですよ。
          これ大きなミソなんです。
 柔道整復師の扱ったものは全てケガ、だから請求も全部ケガ。
 *接骨院の請求=支給のケガ以外のフィルター防御不要、となる行政指導。 
      ケガの水増しは出ますよハイ。大して問題ないから。
だから、【なにがなんでも、領域の重複は表に出せない】 ワケ。

91 :弱者救済の会:2009/08/30(日) 05:34:33 ID:GYXWm4mg
お前らの方こそ単なる?捻挫も神経痛などで請求していないか?医者はヤブなんだぞ。

92 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 10:15:42 ID:y+kFxX2/
柔整の取り扱える、療養費の請求方法は時代に遅れてる。
捻挫・打撲・挫傷で接骨・整骨院に通院する患者さんは、ほとんどいませんw
整形外科行くでしょ?沢山病院あるからねw昔みたいに医師の人数が少なければ柔整の存在意味
もあったのだろうけど
「生き残りのため」と称して、急性疾患使用の療養費請求を無理やり慢性疾患に使用している事が、そもそも「不正」w
療養費の請求=鍼灸・マッサージ・柔整は装具等と一緒の扱い これもかなりの疑問w
健康保険請求は医師・歯科医師の独占市場にしておいている事も問題がある、医師・歯科医師による多額の不正請求、薬局との裏カルテルwがなくならないのも事実w
時代にあったものに変革してゆくのが大事w
盲人だからって、鍼灸・按摩にしかなれない時代じゃないぜ
盲人団体の長老さん頭柔らかくしなさ〜い

93 :弱者救済の会:2009/08/30(日) 13:02:26 ID:GYXWm4mg
まずはヤブの保険請求をやめさせろ。話はそれからだ。バカいってんじゃねえよ。医者はヤブのくせに柔ばかり目のかたきにしやがって。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/01(火) 02:21:05 ID:R33fkkzS
>>92
     ゲガを慢性で請求していると認めたのは判った!


 難解な文章は、獣性国語で書かれているので翻訳しました。
これまでにバンバン稼いできたことのバッシングについては、
「獣の請求範囲が現実に合っていない」ことに責が問われるべきである。
医師の健保の請求範囲が広杉、獣にもっとよこせ!ナロー
不正金額なんか柔より多いじゃねえかよ!バロー
できなきゃショウガねえ、今度は、あはき療養費を使いやすく獣のものにして稼ぐか。
盲人あはきどもが、我らに組みすれば生かしてやる。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/03(木) 12:27:38 ID:CL//xR5Q
急性ではなく、慢性を多数施術しているというなら、慢性も柔整で十分だろうし、慢性を保険適用にすればよいだけ。水増しや架空請求の犯罪は論外

96 :弱者救済の会:2009/09/03(木) 12:37:46 ID:I4hg9XSZ
そうだぞ。柔がいれば整形もあはきも整体もいらねぇんだよ。例え保険が廃止されてもみんな柔のやさしさを求めて整骨院へいくんだよ。バカいってんじゃねえよ。医者はヤブのくせに柔ばかり目のかたきにしやがって。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/03(木) 21:46:30 ID:quIHFIUk
>>95 水増しや架空請求の犯罪は論外  >>

いやいや、決して論外じゃないですよ。それもひっくるめて
柔整体師に一任されているんだもんね!
もっと、自信持ってほしいね! 国が確信を持って任せているのだから…
  ………………………………………………………………………………
 
 健康保険は利用者の財布からわずかしか出ないから、客が集まる。
      労災保険や交通などは実費並で利用者はタダ。
    特に疲労回復にも保険が効く(振り込まれる)となると、
         こりゃめちゃおいしい!!

  〔接骨院が自前で施術療養費を直接国に請求できる訳〕

厚労省は肩こりや腰痛を「慢性類型」としてます。
保険行政事務手続きの流れの中で、肩こりや単なる腰痛などの『疲労回復』を
施術療養費の支払い可不可の(元になる同意書添付省略の)判別基準として
もちいています。そして、

   『疲労回復』と『慢性類型』 / 『疲労回復』と『ケガ』
とを比較して、左側はその境が明確ではない。/右側はその境が明確である。として、
『ケガ』の方は、医師の同意書を省略できるものである。=接骨院は添付しなくても支払う。
という行政事務手続き上で、官僚が裁量権を発揮した流れです。

 結局、柔整体師が『疲労回復』と『 ? 』を自己判断で自前請求できるシナリオ。
国が、初めから肩こりや腰痛、神経痛なども柔整に判断をまかせた「保険取扱い」方式。
  柔整体の為の、こういう請求支払い公的手口がまともな健保と言えますか?

用語解説:
医師の同意書…2種類あります。一つは柔整法の中の条文の骨折と脱臼の医師の同意。
     もう一つは法律ではない官僚裁量での、施術療養費支払い可不可のための
     医師の同意書です。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/08(火) 01:13:31 ID:NoLep9eV
 針灸接骨院や針灸院・接骨院などの二法の兼業について、「兼業してもいいよ」と
都道府県にお手紙出していますが、それは必ずそうしなくてはいけないということ
ではなく、あくまでも「兼業してもいいよ」というレベルの通知です。
 ですので、地方行政独自で「しても・しなくても」の判断ができてしまいます。
たとえば、わんさか正当性のある苦情や意見が来た場合には、取り入れなくてはいけ
なくなります。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/08(火) 15:10:35 ID:MBiOtk/h
アハキが医療行為の一つと厚生労働省が言うのであれば、
医療・介護の制度に組み込むようにならないのでしょうか?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/09(水) 02:34:41 ID:LLTMZtVN
医療、介護に入れたいのですか?
予言師に聞いてください。
あはきってバレなければ保険で稼げる旨味がある医師や柔整がやるもんじゃないし、
やるようになれば、あはき法も業も要らないのですよ。つまり違法を通常とするか、
しないかの国家選択の命運がかかっていると思いますが。
何の為に在るかといえば、貴重な保険金を重点医療に向け、普段の腰痛や
肩こりなど疲労回復との境界がはっきりしないものは保険外に向ける。


101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/09(水) 23:35:03 ID:LLTMZtVN

あはき法はあはき業のあり方を規程した法律です。あはき師が、「固有のあはき業
として独立してできる動かない法的権利を持っているということです。」

保険についての予言が他の板でも出てますが、一度も当たったことがないので、そんな
予言があるのかぁと思って下さい。そもそも、これは政治家も役人も知る国民さえも
あたかもあはき法など存在しないかの様に根底から舐められてきた結果です。

     保険は業を反映したものであって、鏡に映った業みたいなもの。
 受領委任指定「保険の姿」にあはき業が在れば、あはき法違反であって、保険と
 業を切り離すことができるものではないということです。

 つまり、看板、公告は保険の姿であり、業の姿でもあります。一人一人が地道に
 やれることからやることが一番早いと思います。

102 :弱者救済の会:2009/09/10(木) 06:45:24 ID:Ru/tjN+R
俺たちは急性外傷だけを取り扱っているからな。何が原因かわからないようなのを扱っているヤブやあはきは全て自費にすべきだとは思わないか?

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/10(木) 08:00:52 ID:eirajBP0
一つ不思議
診断権利は医師・歯科医にしか認められていない行為。
パラメディでは全て「評価」と区別しています、
が、保険病名でも○○捻挫ど断定出来るのでしょうか?

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/10(木) 17:47:29 ID:idpVVqRM
医師の診断が権利?勘違いでしょ?保険診療医療機関では規則、診断の担当者適格性
の問題でしょ。獣性のそれは行政事務取扱い支給プロセス上で創られた「あたかも
猟用の給付」の流れでの保険診療期間並請求行政プロセスじゃないの。ややこしいが。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/10(木) 20:21:49 ID:eirajBP0
難しい問題ではありますが、
診断書を書けるのは、医師・歯科医師のみですよね。保険診療関係なく。

106 :弱者救済の会:2009/09/10(木) 21:41:26 ID:Ru/tjN+R
だからね。弱者救済の目的であれば何だってOKなんだよ。まだわからないのか?お前も早く免許とれや

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/14(月) 10:43:59 ID:5blsuL+M
↑ 診断権とも言えるが、官僚が与えたもうた診断権化として。診断は請求権の前付加で、
権利と義務は相対的、義務だと言う者は権利があると言っているも同じこと。運転できる
権利は安全運転義務違反で奪られるだろ。
   話は変わるが、
 獣の勝ち誇ったこの頃の余裕の背景は何なんだろう? 何かあるのかも知れないな?
やはり他人任せは他に左右されてしまうことになりかねない。役所などへの実行為の
働き掛けは世に実態として確認されるものだ。現物に勝るものはない。行動しなけれ
ば悪論制圧から脱せない。役所のトボケが利かないように実物を確認させ、動きを見
るのを目的にする。一般の住家を写真に撮るのは良くないが、公告を出している所は
公開しているのだから、まったく問題はない。店の者に出くわしても気にする必要も
ない万一何か吠えても、知人の店の参考とか趣味、答える必要もないが。気軽には気
軽で手短なことから先ずやっていこう協力ヨロ。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 20:14:48 ID:HOHjO9P1
非公益、違法な、看板等広告を発見した場合、
     (1)  『看板、広告(HPも)の姿は業の姿』
「針灸接骨院という名称は実は非公式公認である。」
現に実際は針灸整骨院なのに、整骨院院長とか整骨院として報道しているでしょう。

     (2)  『業の姿はそのまま保険取扱いの姿』
     (3)『看板、広告(HPも)の姿は、そのまま保険取扱いの姿』

  写真、印刷など実証拠で、「保険取扱い」が一般化している針灸整骨院など
 に対して、実費取引主体の単なるあはき業の立場から、不適当な広告を表示する
 ことは、下記(あ)(い)(う)により違法かつ不当なあはき顧客欺瞞的誘引である
 として、広告違反、不公正を放置し、不公正格差行政であるから、直ちに改める
 よう回答を求めて*申し出書に割印付きで(片割れ保存)で郵送またはFAXする。
*割印…原本とコピーを重ねて三文判押して一枚送ると送り主に控えがあると判る。
*単なるあはき…按摩マッサージ指圧師及び鍼灸師に関する法律の免許者のみの総称。
*申し出…針灸整骨院等の受領委任指定併業院の看板公告についての苦情申し出書。
*送り主の住所と名前はあるのがいい。フォト先の地図か場所と屋号も。

            《 上記理由 》
(あ)「針灸接骨院」というのは、接骨院だと、県民に、あはき分野も保険証を
    提出できるという錯誤を与える業の形態である。
(い)接骨院は明瞭なケガを対象とする業であることが「健保取扱い」の根拠である、
   また接骨院が疲労回復や痩身イメージを表示すること、認められていない。
(う)接骨院において、神経痛や生理痛、腰痛など「痛イメージ」を表示する
   ことも認められていない。これらの慢性愁訴はあはき業の施術対象であり、   
   「健康保険取扱い」が一般化している接骨院で表示することは、これらが
   接骨院との兼業ならば保険で受けられるかのような錯誤を、被保険者たる
   県民に与え、公益性および固有な施術業のあり方を著しく欠くものである。

都道府県のHPをくぐると、福祉保健部(局)があり、医療政策課などがある。
または会計監査部の中にそれらしき担当が見つかる。いずれも各県などの組織
をクリックすると簡単にやっていることが書かれているようだ。
「肩こり+保健取扱い」などの広告は認められていない。写真などを証拠として、県(上)から保健所(下)に
行政指導するよう郵送またはFAX。 書面の上に局・課・係の宛名を入れる。
 なお、これは都道府県宛専用のあはき師の苦情という内容にしました。
            くぐってみた例:
東京都福祉保健局
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/joho/soshiki/shidou/shidou3/index.html
広島県会計管理部
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/job/1000000000004/index.html


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/20(土) 22:02:13 ID:vUr42NY1


70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)