5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【若返りの】アシュワガンダ茶 1杯目【秘薬】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 21:02:08 ID:bCIt1mBP
インドの伝統医学、アーユルヴェーダで、「強力な若返り」という意味の
「rasayana」の役目を果たすと云われるアシュワガンダについて語りませんか?

 アシュワガンダは、サンスクリット語で馬と云う意味をを持ち
これを飲めば馬の力を得ると云われています。
近年は日本でも有名になってきましたが、まだまだよく判りません。
本当はどんな物か?
みんなの智恵を持ち寄りましょう。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 21:43:18 ID:8T4rz54y
売れない宣伝ほど空しいものはないですね

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 19:31:56 ID:5V59SvBV
何度も書くが、宣伝が悪いわけではない、
下手な宣伝が悪いだけであるw

宣伝は、生活に潤いをもたらす。
広告宣伝が規制されるような社会は、ファシズムやスターリニズムが支配する社会であり
不幸な時代と云えよう。
数年前に上京した折り、雑誌編集の下請けをする友人の案内で、
シオサイトの地下にある、電通の広告博物館?へ行ったが
広告は時代を写す鏡であり、その時代の大衆文化の結晶であるのではないかと思った。

今の時代を反映して、ネット広告の出稿料が新聞広告を抜いたようだが?
我が自然生村のhpは叩かれるまでもなく、酷いなw
一日の労働を終へ、一杯きこしめしてパソコンの前に座り、2ちゃんの迎撃をしながら二杯三杯w
ハードディスクで、アドビやマクロメディアのソフトが錆び付いておりまするw
昔から、百姓の休みは盆と正月と決まりきり
待て、正月!って事で宜しくw

そこで、よそ様の宣伝でおます
ネットで国産アシュワガンダを宣伝してるのはたぶん、うちとAAJさんですね?
AAJさんは、ここに書き込んでくれませんので、フェア精神に則りw 
ライバルの宣伝だよん。みちくれ。
http://a-a-j-shop.com/?pid=13975389

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 22:09:50 ID:2CVlyiqV
ほんとに大丈夫か?

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 07:59:48 ID:DZq4Wje0
>>58
下手な宣伝が悪いならお前は悪じゃねえか

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 10:09:04 ID:AHXiASzs
うまいw

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 21:08:54 ID:w6zWQ2VT
AAJさんのビターナ(アシュワガンダ)は300gで2625円(税込み)。
結構、良い値段である。

アシュワガンダはお茶にすると、生葉の1/10ぐらいになるのだ。
それに当然、お茶の加工費もかかる。
5gで送料を含めて300円が如何に安いか、これで判るだろうw

原価計算の能力どころか、昼間から2ちゃんを荒らし、エロサイトに入りびたりで
まともな労働経験も怪しい、ニートの荒らしが
これを高いと叩くのは、如何に自らがアホだと云う証明でもあるw
ま、アホに関わるのは時間の無駄なので、放置しておくw

アシュワガンダの生葉は安くしたからと云って、そうそう売れる物でもないだろう?
最大のネックは苦い事である。
苦味は人間の健康には必用と判っていても、それを好んで食する人は少ない。

AAJさんもその辺は判ってみえるので、理解して貰える人をターゲットにし
敢えて安売りはしないのだろう?

沖縄のニガウリが本土の人に広まるのには時間を要した。
アシュワガンダの苦さを理解して貰うにも、まだまだ時を必用とするだろう。
ゴーヤーチャンプールに匹敵する、アシュワガンダならでは料理方法を見いだす事が第一だな。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 21:25:47 ID:pBNRewzj
>>62
がんばれ
草葉の陰から応援してる

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 20:10:18 ID:KBsszfuC
今日も、一日の労働を終へ、焼酎を片手の書込なので、エエカゲンなのはお許し願いたい。
「草葉の陰から応援」か、御先祖様の霊がネットで応援してくれるとはうれしいね、
あの世とこの世は常にパラレルなんだね。
死んだオヤジも新物好きだったから、パソコンを覚えたのかなw

 日本人は、死ぬと天の星になるのではなく、身近に漂って、
草場の陰から子孫を見守るという考えである。
仏教に霊の考へはなく、死ねば西方浄土で仏になるはずだ。
ここに粘着するインポ君は地獄へ落ちるけどねw

これは、仏教普及における在地宗教の取り込みではないだろうか?
南方宗教の祖霊信仰が元にあるのだと思うがどうよ?
縄文遺跡では、集落の中に墓地がある。
これは、死者を恐れるのではなく、敬っていると思われ?
死者に、集落を守って貰いたいという願いがあるからこそ、集落の中に埋葬するのだろう?

日本人における「草場の陰」思想は、遙か昔に黒潮に乗ってこの日本に辿り着いた
南方系の人々の名残だと思うと楽しい。

スレとは関係無い話になったが
東洋医学と宗教は、元を辿れば切っても切れない関係だから許してくでw

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 11:16:20 ID:E4cXbtcq
それで思い出した
最近実家で借りている共同墓所の建て替えで困っているらしい
どんどんと借りてた人が抜けていくそうだ
それで自宅のそばに墓を立てるのだと
やはり死んでもうちのそばがいいという心がそうさせるのか
管理の手間とコストを考えれば断然共同墓所の方が有利なのだが
アシュワガンダと全然関係ないな

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 23:55:39 ID:qp52pz8r
墓を近くに移すのは、自分の死後も、子孫に自分を思い出して欲しいとの願いでしょうね?

日本に仏教が入ってきて、死んだら魂は体から離れるとの考えが広まり
死体は丁寧に扱われず、平安時代には京の都でも鴨川にうち捨てられていたとか?
今の墓制につながるのは、室町期からであり、江戸中期に確立したようです?

歴史的に人の死がスレと関係するのは怨霊思想でしょうね?
恨みを持ったまま人が死ぬと、この世に禍をもたらすと云う考えです。
禍の中には災害や戦乱と共に、疫病があります。
平将門 菅原道真 崇徳天皇 を日本三大怨霊と云いますが
その死後、世に怒った災いは、彼らの祟りのせいであり
この怒りを鎮めるために、神として祭っているのは今に知るところです。

人が、病気を含む災難よけの行為としては入れ墨がありますね。
アルプスの氷河から発見された5,300年前のアイスマンの体には入れ墨のような文様が見つかっているようで、
洋の東西を問わないようです。

縄文時代の埴輪に入れ墨がありますが、かの魏志倭人伝にも
「倭の男子は大人、子供の別なく、みな顔面と身体にいれずみをしている。
 略
彼らがいれずみをしているのは、魚や水鳥にたいするまじないであるが、
今では飾りともなっていて、諸国それぞれにいれずみのしかたも異なり、あるいは左に、
あるいは右に、あるいは大きく、あるいは小さくしたりし、
また尊卑の身分によっていれずみに違いがある。」
とあり、弥生以降も風習として残っていたようです。

古代中国では入れ墨は5刑の一つであり、儒教思想の影響を受けた大和政権以降は入れ墨はすたれ、
一般的にはアイヌと沖縄の人々にしか残りませんでした。
しかし、密教の僧侶には体に経文や仏像の入れ墨を彫る風習が残り、
例えば、書写山を開いた法華持経聖の性空(10世紀中期〜11世紀初め)は、
胸に阿弥陀仏像の入れ墨をしていたそうです。

背中の大きな入れ墨の事をクリカラモンモンとも云いますが
これは、倶利伽羅竜王の入れ墨が多く使われていたのが語源であり、
日本での入れ墨文化が仏教と深く関わっていた事をも物語る物でしょう?
ちなみに倶利伽羅とは、サンスクリット語のkulikaの音写であり、
クリカはインドでは仏法を守護する八大龍王の内の一の名だそうな。

荒っぽい結論だが、疫病も天災も人にとっては同じ災いであり
医療は呪術から始まったと云うことでしょう?

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/11(日) 21:09:13 ID:bU0irOyz
日本では、かなり後世まで、医療と呪術は混然としていたが
医療、医学の面からみるとどうなのだろうか?

素人の及ぶところでないが、
日本現存最古の医学書は、平安時代の宮中医官である鍼博士丹波康頼撰による
医心方(いしんぼう)なる書らしい。
撰者丹波安頼により984年(永観2年)朝廷に献上され、
宮中に納められていたが、1554年に正親町天皇により典薬頭半井(なからい)家に下賜されたとの事。
今は国に買い上げられ、国宝になっている。

その他、医書について
茨城大学人文学部  真柳 誠 氏による
「日本の医薬・博物著述年表」
http://mayanagi.hum.ibaraki.ac.jp/paper01/ChronoTabJpMed.html
が興味を惹かれる。

医学書の数と医者の数、そして医療の技術レベルもある程度比例するのではないかと思うが?
戦国時代に増えて、江戸中期からは伸びが大きい感じだ。

真柳氏は他の書で、日本の医学書は中国から輸入され
それを模刻して出版されたり、その解説書が出版されていた。
これも江戸期には中国医療が国内で消化され
江戸末から明治にかけては日本で出版された中国医書が、
逆に中国へ輸出されまでになったと書いている。

日本の鍼灸技術は江戸中期には完成されたのだろうか?

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 05:27:22 ID:Zr/XLAU2
ヲレの針の先生は治癒には神仏の力も重要だと言っていた
治せない患者が連発してくるのは何かおかしいことが起こってるからだと思えって
どうやら患者治療者としてのめぐり合わせや治療時の相性にそういった力が関わってくるようだ

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 22:13:42 ID:og3kikh2
困った時には神仏の加護を願い
結果を求めて験は担ぐが、一応は唯物論者なのだw

病気を治すには、患者や家族に、強い精神力が必用だが
治療する側が、神仏に頼ってはダメだろうw
もちろん、人事を尽くした上で、奇蹟を祈るのなら判る。

しかし、東洋医学だからと云って
おどろおどろしく、神や仏を表に出すのは
科学の否定であり、医「学」としての自死だな。

確かに、科学は万能ではない。
何故なら、科学と言えども、常に時代の制約を受けるからである。
例えば有名な例として、ガリレオの地動説とケプラーの天動説の争いがあった。
今なら星や太陽が地球を中心に回っていると云う人はいないだろう。
しかし、当時の計算能力からすると、天動説の方が整合性があったのである。

めぐり合わせや相性になんらかの相関関係や規則性があるかどうかの見極めが大切だろうな。
しかし、そこにあるのは超然たる事実だけで、科学的には説明できないとするとだ

それこそが「東洋の神秘」で、研究の対象であり、金儲けの道具ですねw

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 21:34:51 ID:8RNf1Xia
 遅まきながらアシュワガンダ茶の販売を始めました。

 25g入りで1袋1500円です。
 
 お茶と比べると高いと思われる方もみえるかも知れませんが、
生葉のビターナは、300gで2625円で販売されています。
 乾燥させてお茶にすると生葉の1割〜2割が良いところですから
これに加工費を加えると、かなりお得な価格ではないかと思っております。

 もちろん、価格は利用効果で高いか安いかが決まる事でしょう。
詳しくはhttp://www.zinen.jpをどうぞ。
 建設的なご批判をお待ちしております。


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 22:01:32 ID:qcsnzFtt
 昨日は、アシュワガンダの若芽の摘取りを行い
今日はそれで製茶をした。
 一応、年内にもう一度行う予定だが、そろそろ寒くなるので
多くの収穫は期待できないだろう。
 その次ぎに収穫できるのは来年の7月くらいかな?
それまで、在庫してある物をじっくりと販売をしていく予定だ。
 作付け面積も3倍に増やそうと計画しているが、販売方法も考えなければいけない。




72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 21:45:07 ID:7I64IC0e
2週間ほどまえに、知り合いのお茶屋さんが、
県の地域活性化支援に応募しないかと資料を持ってきてくれた。
休耕地を従前に無い物で活用しているのだから、狙えるぞとの事だ。

 その支援制度に合格すれば、展示会の出典などの販売促進や大学に成分分析を依頼するに当たり
費用の2/3が補助金で出るとの話だった。

 魅力有る話だが、色々と考えた末に今年は見送る事にした。
急な話なので準備不足である事と、一度利用すると2度とはできなのが理由だ。
来年はキチッと対応して、多額の支援を狙おうw

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 01:05:40 ID:rRbHy0es
先日、収穫したアシュワガンダがお茶になったが
できあがるといつもの事ながら、その減少振りに驚かされるw
投入した労力や費用を考えると泣きたくなるなw
何せ相手がインドだから、費用の面では勝負にならないだろう。

これは薬草栽培全部に云える事だ。
今では漢方薬の原料は殆ど中国からの輸入品になっており
国産の産地は殆どが壊滅状態だ。
薬草だけに云える事ではないが、農産品は生産するだけでなく
調整や乾燥などの後加工で労力を多用する。
労力の安いところに勝てるわけがない。

農家としては、同じ畑で生産するなら、収益力の良い作物を作る。
安い労力で作られる輸入品と勝負する漢方材料より、
ライバルはほぼ国内の野菜を栽培した方がはるかに利益率は良い。
かくして、国産漢方材料は駆逐されたわけだ。

ツムラはラオスに薬草栽培の直営農場をもっているようだが、
給油活動の代わりのアフガン復興支援に薬草栽培ってのもアリだな、
なんせ、盛んにケシの栽培をしていたのだからw

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 00:30:41 ID:qdAAQ+x/
 知人の家を訪ねると、エビネ蘭の鉢が一杯あったので
エビネ栽培の趣味でも始めたのか?と聞くと
「これで養毛剤を作っている」との答へw

 35度の焼酎に、エビネの根を2割入れてアルコール漬けにしているとの事だ。
今まで、高い育毛剤を使ってきたが、効果が無いので
エビネが良いと聞き、安いエビネをまとめて購入し、
栽培をしていると説明してくれた。

 さっそく帰って、ネットで検索してみると、
エビネエキス入りとやらの養毛剤が一杯あるではないか!
それも結構な値段をしているぞw

 エビネエキスが何たるかは知らないが、焼酎に漬けておけば、
エビネ成分のアルコール抽出はできるわけだ!
 我が頭髪の天辺は薄く、幸いエビネは何鉢もあるではないか!
今まで、養毛剤を購入した事は無いが、これは試す価値はあるなw

 ちなみに、エビネは蘭科なので、種で増やすのは非常に難しい。
エビネの名の通り、海老の尻尾に似たバルブ=根塊を
1年に一節ずつ増やすので、一般的にはこれを切って増やす。

 日陰で育つので、当然の事ながら光合成も少なく、生産性も良くない。
エビネエキスがどれだけ入っているのかが問題だが、その養毛剤が高いのは理解できるw
 問題は、ホントに効くのだろうか?
効くとすると、スレタイ通り「若返りの秘薬」ではあるがw

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 19:47:15 ID:m5CD7yCm
携帯電話が鳴ったので応対すると
ニチニチソウを探していたら、お宅へ辿り着いた。
ニチニチソウは無いかとの事であった。
何度も書くが、うちのお客さんはメールではなく、電話が多い。
放射線と抗癌剤で対応しているが、ニチニチソウが良いとの事なので、是非欲しいとの事である。
しかし、ニチニチソウを譲ってもらうと薬事法に違反するのではないかと心配して見える。
ニチニチソウは薬に認定されているので、素人が売買すると薬事法違反になるが、無料だと問題無いと説明する。
澤井さん、伝来のニチニチソウである。
本当に必用としている人には無料で仕上げますと回答。
効けばようのだが

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 19:31:12 ID:GPGo5dyu
酒を飲みながら書いているので、誤字が多いなw

今日は、前に県の補助制度を教えてくれた業者さんが
昨日、一昨日と大阪で特許関係の展示会に出たと言うので結果を聞きに行く。
取り引きの話はそれ程なかったが、様々な研究者の意見を聞けて良かったと話してくれた。
田舎に住んでいると、専門家の意見を聞く機会が少ない。
どうしても独善的になってしまうので、商品開発の環境として良くないのだ。
社長は、県の工業試験所に医薬の部門があるので、そこへ相談に行くように勧めてくれた。
もちろん、その存在は知っていたのだが、ちょいと遠いので躊躇していたのだ。
有料だが造粒機など、製薬器機も借りられるので、タブレットにしてみてはとの助言を貰う。
上手くいけば知り合いの製薬会社を紹介するから、委託加工をすれば良いとの事である。

午後から、東京の健康食品会社の人が訪ねてきてくれた。
畑を見たいとの希望だったが、それなりに栽培を工夫した結果なので、断った。
種を欲しいと言うのだが、こう言うのが一番嫌いだw
ウチが売らなくても何処かで購入するだろうから、販売はするが、
よそで栽培させるのは目に見えているw
おしゃべりなので、聞かれて、色々と栽培方法も教えてしまった。
やはりここでも成分表を欲しがっていたが、来年辺りには何とかしなければいけないな。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 19:37:08 ID:TFzYhanT
今日はひたすら、かって畑だった土地の草苅と伐採。
アシュワガンダを栽培している畑の隣地を借りたのだが、
十年は耕作放棄をされているので矢竹が入り込み、藪かと思うほどの荒れようだ。
アシュワガンダはナス科なので連作を嫌う。
畑も倍は必用なわけなので、荒れてはいるが隣地で都合が良いために借りた。
借り倒した竹や草が乾燥したら火をつけて焼く。焼き畑農業だw
そして荒起をして根を掘り出し
堆肥や元肥を入れて耕地だ
果たして来年の春までに間に合うか?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 15:57:46 ID:HUQ1BAcx
fA

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 19:38:00 ID:apSaTQx9
一昨日、お会いした東京の健康食品の販売会社さんは主に、痴呆症に効くサプリメントを扱ってみえた。
アシュワガンダに対する知識はなく、痴呆によさそうだというだけでみえたので
こちらから栽培情報やサンプルを提供したものの、あまり得た物はなかったが、ヒントは貰った。
痴呆症でもアシュワガンダは期待されているのだ!
やはり人には会うべき。
さっそくググッてみた。コピペでスマソ
-----------------------------------------------------------------------------------
【ウィザノライドAによる神経突起再生とシナプスの再構築】
(Br J Pharmacol. 2005 Apr;144(7):961-71.)
アシュワガンダルートから得られるウィザノライドAに重度のダメージを受けた
神経細胞における神経突起の再生とシナプスの再構築作用の有無を調べた。
また、脳でのニューロン萎縮とシナプス欠如のある記憶欠如マウスでのウィザ
ノライドAの有効性についても調べた。
軸索、樹状突起萎縮と前シナプス、後シナプスが欠損した培養ラット皮質ニ
ューロンにウィザノライドAを用いたところ、軸索、樹状突起の再生、及びシナ
プスの再構築が見られた。
また、マウスにおいても、大脳皮質、海馬のニューロンの軸索突起、樹状突
起及び、シナプスの回復が見られた。
これにより、ウィザノライドAは、神経変性疾患の治療成分を考える上で、有力
な候補であるといえる。

また、パーキンソン病モデルを用いた動物試験では、アシュワガンダの抗酸化作
用とパーキンソン病で起こる神経障害に対して保護的な働きがあることが確認さ
れています。(Hum Exp Toxicol.2005 Mar;24(3):137-47.)
------------------------------------------------------------------------------------
有力な候補だそうな。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 17:56:13 ID:g7YlUAcU
 アシュワガンダには神経細胞における神経突起の再生とシナプスの再構築作用があるのはどうもたしかなようだね?
日本では富山医科薬科大学の東田千尋氏がよくヒットする。
だいたい、アシュワガンダの宣伝で使われているのが以下の文だ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
アシュワガンダ・2000年、富山医科薬科大学薬効解析センターの東田千尋らは、「アシュワガンダ」
エキスが痴呆症などで見られる神経回路障害を回復させる可能性を示唆する研究結果を報告している。
 すなわち、「アシュワガンダ」エキスがヒトの神経芽細胞腫細胞(Neuroblastoma cells)培養系にお
いて、神経突起(Neurites)細胞の発生を有意に増加させる効果を示したとのことである。
 ・記憶力や思考能力、身体的持久力や免疫能を高める効果があるとされている。
更にストレスや不眠症にも有効で、スタミナとバイタリティーを増強する効能があると言われている。
最近の研究では、うつ状態の患者の精神的な機能を促進し、老化やストレスを抑え、ガンを予防する
作用が明らかにされている。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
これから東田氏は共同研究で、アッシュワガンダの成分を利用して脊髄損傷治療剤の特許を申請しているね。
門外漢なので詳しくはhttp://www.j-tokkyo.com/2009/A61K/JP2009-102226.shtmlを読んでくれ。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/28(水) 18:26:09 ID:n0KIRgsR
上記のように富山医科薬科大学の東田千尋らはアシュワガンダが痴呆症などで見られる
神経回路障害を回復させる作用があるとの考えだ。
 
 アシュワガンダがヒトの神経芽細胞腫細胞(Neuroblastoma cells)培養系において、
神経突起(Neurites)細胞の発生を増加させる効果があると言っている。
脳細胞の回復ではなく、そこからの指令を伝達する神経細胞の発生増加というわけだな?

じゃ、サプリの宣伝では抗鬱効果があると盛んに書いてあるがどうよ?
うーん、これは判らんな。

アシュワガンダには、記憶力や思考能力、身体的持久力や免疫能を高める効果があるとされている。
更にストレスや不眠症にも有効で、スタミナとバイタリティーを増強する効能があると言われている。
また、最近の研究では、うつ状態の患者の精神的な機能を促進し、老化やストレスを抑え、ガンを予
防する作用さえあるとさえ宣伝されているが、科学的裏付けがどうも無いようだ?
逆に研究のネタにはなるがw

インドのBanaras Hindu大学の研究者らは、1995年、イボテン酸(Ibotenic acid)で脳に障害を起こさせ
たラットのアルツハイマー病モデルにおいて、「アシュワガンダ」エキスが学習能力や記憶能力に改善
効果をもたらしたと何処かに書いてあった。

日本とインドの研究では、アルツハイマーには効くとのようだが、鬱についての研究はどうも薄いな?
抗鬱は脳への直接的な働きというより、生理的な活性化が効果をもたらすのでは無いだろうか?

日々、自然を相手とする、百姓の直感だおw

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/17(火) 20:32:52 ID:kb5O/Ko0
県の工業試験所から電話があった。
そこには製粉機や打錠機があり、有料だが使用できる。
それらの施設を借りて、栽培したアシュワガンダでタブレットの試作をしようと相談していたのだ。
残念ながら、検討したが難しいだろうとの事だった。
どうもプレス後の離型が難しいようだ?
この辺は製薬会社のノウハウに頼るしかないな。
タブレットを作ってくれる会社はあるのだが、ロットの問題で手がでないw
取りあえずアッシュワガンダ茶を売るわw

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/29(日) 13:26:11 ID:Wvh3FV47
>>82
アーユルベーダのハーブでニームっていうのにいろんな効能あるらしいんだけど、
詳しいこと知ってる?

防虫効果もあるらしくて、無農薬栽培で害虫忌避に使われたりもしてるらしい。


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/06(日) 21:27:51 ID:ASg/18Bu
ニームってインド人が歯磨きみたいに噛み噛みする枝じゃなかったっけ?

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/07(月) 20:44:38 ID:7tlamOhR
1ですがサボっているわけではなく、アク禁に巻き込まれておりましたw
詳しい事は知りませんが、ニームは>>84さんが書かれてみえるようにインドでは歯磨きに使われているようですね。
薬としても使われているようで、基本的には色々と「殺す力」があるようですねw
我が貧乏百姓の知識としては、農業面でニームは近年防虫効果で使用されています。
「近代農業」にも色々と利用法が書かれていましたよ。
作物の周りにニームを植えて、虫を寄せなくするようです。
また、ニームには土壌改良の効果もあり、病原菌を抑制したり有機物を分解する『放線菌』があるそうです。
茸の雑菌みたいな物で、すばやく繁殖しては他の菌を寄席つけないのではないかと思います?
菌ではありませんが線虫も防ぐ効果があるそうですね。
2年前にいくつも種を播きましたが、どう言う訳か発芽しませんでしたw

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/05(金) 01:39:59 ID:lsyKyM5o
>>1
親切心から言うけれど、これから備蓄が必要になる状況になるよ。インド洋、台湾周辺があわただしくなってくるから。
アシュワガンダの栽培もいいけれど、日本の農家がもっとも必要とされる時期にさしかかるので、米、野菜、その他
ふつうの商品作物も作ってくだされ。2010年の上海万博以降に中国経済がはじけたら始まりです。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/21(水) 20:51:54 ID:k/mKN6+8
1ですが、マジにさぼってます。
アシュワガンダ茶を飲み続けてた結果、自覚できる現象として
一般的言われている勃起力のほかに
酒をやめるようになったということですね。
恥ずかしながら、夕方になると酒を飲みたくなり
毎日毎日飲み続けていたのですが
アシュワガンダ茶を飲み続けた結果
3日に1日は酒を飲まずに眠れるようになりました。

アシュワガンダのほかにも色々と薬草を栽培しているのだが
その中で、アシュワガンダと同じくアダプトゲンで知られているマラルルートというのを育てている。
これをロシアでは筋肉増強や滋養強壮の他にアルコール中毒にも使われているらしい?

アシュワガンダの抑欝効果は知られているが
アドプトゲン効果の一つに
酒を飲まないという、意思の強化作用もあるのだろうか?

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/03(月) 00:54:21 ID:Kc//gIsT
1ですが、酒を飲んで書き込みをしています。
連休となると、気が緩むのか毎日、酒を飲みながら夜遅くまでパコパコでして、極めて不健康でおます。
日が暮れると酒を飲みたくなる。アル中の一歩手前ですねw

アシュワガンダは抗欝などのリラックス効果があるので、アル中予防の効果があるのでしょうが?
強制的に「夜は寝る」としたいので、催眠効果のある薬草、ハーブも栽培しています。
一番の効果が狙えるのはワイルドレタスでしょうか?
昨年までは、僅かな苗の注文に答えるべく、細々とポット栽培をしていいましたが
今年は畑に植えようと苗を育成中。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/06(木) 22:17:41 ID:qKt6e+vX
スレの始めでアンドリュー・ワイルが日本に来たと書いたが
我が三重県も彼を招聘していたのだな。
本草学の先駆者、で八代将軍吉宗のお抱え医師でもあった野呂元丈の生誕地
「元丈の里」の薬草薬樹公園なんかにも来ている。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/14(金) 19:15:40 ID:5EmYk64l
三重県がアンドリュー・ワイスを招いたのは、県の運動として統合医療=
西洋医療と漢方、鍼灸、伝統療法を統合した医療体系を
「医食同源みえ」と名づけて、三重の生物資源利活用プロジェクトの一環としてでした。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 13:56:44 ID:s7S6WT87
アシュワガンダの種まきについてご存知の方おられますか?
種まきの時期、覆度、水遣りの頻度などについて教えてください。
園芸版に行ったのですが、アシュワガンダスレがありませんでした。
よろしくお願いします。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 01:39:46 ID:KLezyuV4
岩太きめぇ・・・w

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 14:07:59 ID:FIsp0jSQ
イワタさんはおいといて、まじめに教えてくれる人はいませんか?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/25(火) 02:05:39 ID:zHBMlmy+
イワタですw
私を置いて、この問に2ちゃんでまじめに答えられる人がいるかとw

某農協で2年ほど土壌分析の仕事をしておりましたが
分析室の隣に図書室があり、野菜や果樹、花卉の栽培、病気、農薬、茸、養鶏、牧畜など
農業に関する資料がズラリと並んでいましたが、どこを探してもアシュワガンダの栽培に関する資料はありませんでした。
恐らく、農水省で野菜に分類されないものは公式な栽培資料が無いのではないかと思います?

 そこで、イワタはw 茄子や鬼灯の資料を参考に栽培しております。
どこかでナス科植物の栽培方法を検索してみてください。
おおざっぱですが、その土地の茄子の栽培方法と同じで問題はないでしょう?

 アシュワガンダは発芽にも生育にも高温を要します。
私はビニールハウスに電気温床で発芽させましたが、今年は温度が低いために
温室から出した苗は殆ど生長していません。
露地撒きですと、今頃から撒くのがちょうど良いのではないでしょうか?

後は「茄子」で栽培方法検索し、それが正しいかどうかを、
自分で試されるのが一番だと思います。
植物の成長はその土地の地質や気候、そして緯度(日照時間)で大きく変わりますよ。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/25(火) 08:48:21 ID:DXj2wJuP
>>94
ありがとうございます。
アシュワガンダの種は小さいですが、覆土はどれくらいでどうしたらいいでしょうか?

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/25(火) 21:20:24 ID:zHBMlmy+
>>95
残念ながら、確かな答えをできません。
栽培して5〜6年になりますが、自分がやっている方法が正しいのかどうかわからないからですw
嫌光性でないのは確かですから、適当に土を被せれば問題なく発芽してきますw
それより温度と湿気が大切です。

ともかくやってみることが重要で、失敗してもそれが知識となり財産となります。
安易に他人に聞かず、まず、自分で調べて自分の責任で実行しましょう。
知識や情報はギブアンドテイクが基本だと思います。
日本では栽培方法が確立されていないアシュワガンダの栽培では、
失敗の経験も立派な情報ですから、ない物ねだりをするより、まず実践をお勧めします。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/26(水) 10:56:22 ID:MI/osFdy
>>96
ありがとうございます。
とりあえず試行錯誤がいいみたいですので、いろんな人に種あげてみようと思います。
おすすめのサイトがありましたら教えてください。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/03(土) 15:32:56 ID:bEoVRlV8
薬草はな〜
気候、栽培環境、管理によって薬用成分の含有量が0〜100超えまで
ぜんぜん変わるからな〜
趣味や研究で育てるのはいいけどね〜

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 22:02:29 ID:ejZ0ijki
>>98
それは気にしている。
植物の成長には肥料だけではなく、微量要素としてミネラル成分が必要だがけど、
それぞれの薬草に何が必要か、その土に含まれているかどうかは判らない。
そこでオレは木灰をやっているな。

木は水と一緒に、地中の色々な成分を吸い上げて、木の皮に溜め込んでいる。
木を燃やし、ブロアーで空気を入れて火力を強くし、どんどん燃やし続けて消すと
灰の中にクリンカーと呼ばれる、汚いガラス状の塊ができる。
水と一緒に樹木が土を吸い上げていたのだが、土に多い珪素が熱でガラスになった物である。
色がついているのは、赤は鉄、青は銅など、他の元素が酸化化合物を作って溶け込んでいるからだ。
これが焼き物の灰釉の始まりだがw

そこまで温度を上げないで普通の木灰を撒いているw
皮に多いので、バーク堆肥でもよいのかな?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 23:28:36 ID:R4Ic19ks
ミミズの糞がええよ♪

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 23:53:36 ID:+TY90glD
岩太さあ、アシュワガンダって本来は根を薬用にするのは知ってる?
あんたんとこのは葉だよね?
漢方の杜仲なんかもさ、漢方薬として使われる樹皮は腎陽を温め強精剤だが、
ブームになった杜仲茶に使われる葉はぜんぜん薬効が違うんだよね。
つまり一般的に言われてるアシュワの効能を謳うなら根じゃないとだめじゃね?

102 :梅酒は南高梅、砂糖は粗目、ウィスキーで一ヶ月:2010/07/05(月) 15:35:24 ID:bgPqckUx
注文しといたわ
院の前でプランタに入れて栽培してやろう

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 21:27:35 ID:aBHuVCLO
>>101
残念ながら、インドでも昔から葉も使っているよw
単なる物流技術の歴史的限界から乾燥した根が出回っただけと思われ?
栽培したら判るが、葉はとても痛みやすいし、
原産地は乾燥地帯だから製茶の伝統がなかったからだろう?

成分が根など局所的に偏在すると言われた薬草も
ウコギなど、分析技術の発達で、全草にある事が判った例も多いと思う。

薬効とは直接関係無いが、果実の成分はどこで作られるかと言う研究で
果実で合成されるのではなく、茎葉にあるものが果実に送られるとあったのを読んだことがある。

薬草効果の多くはポリフェノールに由来すると思うが、これは一般的に皮の部分に多く含まれる。
しかし、ポリフェノールにも色々とあって一概には言えないだろう。
お茶の有用ポリフェノールであるカテキンは葉に多くある。

ポリフェノールの多くは苦味やエグさを伴う。
それは植物が動物に食われるのを防ぐための武器だとも言われている。
そこで、アシュワガンダだが、葉も根も同じく強烈に苦いw
そしてヒントは名前にもあるだろう。「馬の匂い」
特有の効能はそれ特有の匂いを発しているわけだが、葉っぱの匂いも同じだぞw

>>102
アンガト
大きいプランタに植えると、9月頃にはワサワサと茂るから、
葉っぱを刈り取り、お客さんにアシュワガンダの生ジュースをサービスすると良いよ。
モーレツに苦いが牛乳で割ると飲める。
いかにも「効くっ!」って感じがするぞw



104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 22:21:38 ID:NAKXcRyn
>>103
>残念ながら、インドでも昔から葉も使っているよw
>単なる物流技術の歴史的限界から乾燥した根が出回っただけと思われ?

それ逆だろw アーユルベーダで生薬として使われてきたのは根であって、葉は食用にも使われたらしいぜ?
下記のように葉には有効成分のWithanoneが含まれるようだけど、Withanolidesじゃないからなあ。
http://www.j-tokkyo.com/2008/A61K/JP2008-195704.shtml
【0015】
元来インドにおいてアーユルベーダ薬として一般的に使用されてきたのは、アシュワガンダの根の部分である。
本発明者らは、アシュワガンダの葉の抽出物に効能があるかについて研究を行った。根の部分に比べて葉は
採取しやすい上、大量に入手可能だからである。本発明者らはすでに、葉の抽出物に抗変異原効果があることを
発表している(非特許文献23及び24)。さらに今回、この葉の抽出物がガン細胞を特異的に死滅させることが
わかった(非特許文献25、及び特許文献1)。逆相クロマトグラフィーにより抽出物を成分ごとに分画し実験を
行ったところ、葉の抽出物及びその構成成分(ピーク21、NMRによりWithanoneと同定されている)は
ヒトの正常細胞に影響を与えないこともわかっている(特許文献1)。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 23:13:57 ID:aBHuVCLO
>>104
>葉は食用にも使われたらしいぜ?
実際のアシュワガンダを知らない者の寝言だなw
生葉は食欲以外の他に目的が無ければ、決して食べる気が起こらない苦さだよw
アシュワガンダの効用が判り、食べる工夫をしたと思われ。

その文章には葉に根の成分が無いとも書いてないのだがw
特許申請文だから、関係の無い既知のことに触れてないだけだろう。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 01:41:00 ID:qAH010Wk
岩太ウザいよ。永遠に消えなさい。

73 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)