5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鳥インフルエンザのパンデミック化をみたい

1 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/16(水) 15:49:21
鳥、ブタ、ヒトに感染する鳥インフルエンザウイルス。
感染したら半分死ぬ。生きて証人になるか病理解剖のサンプルに
なるか。21世紀の最大ニュースはそこまできているらしい。
世の中パニックは間違いない!生き残る方法を生物学的に考えようか・・・
http://www.natureasia.com/japan/digest/0511-1.php
http://www.jpa.or.jp/news/kakin/index.asp



2 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/16(水) 15:51:24
アホは生物板から去れ。 プロバ板で宣伝してろ。w

3 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/16(水) 22:34:40
今日は中国本土で3人とりインフルエンザ(H1N5)で死んだらしい。
人から人の感染ではないが、アジアで126人も感染してるが
皆鳥からの感染らしい。

4 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/16(水) 22:37:47
高病原性の遺伝子変異ってわかっとるんか。

5 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/16(水) 22:45:23
中国政府は16日までに、鳥インフルエンザの感染拡大を防ぐため、
同国全土約140億羽の家禽(かきん)を対象にしたワクチン接種に
乗り出した。(Yahoo11/16)
中国のほうが日本より す す ん で る ー



6 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/17(木) 22:27:14
専門家たち
http://www.healthist.jp/news/167_01/01_01.html

7 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/17(木) 22:32:01
鳥インフルエンザの脅威
岡田 晴恵 (著)を読んでみんなで勉強しよう。

8 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/17(木) 22:33:14
感染症とたたかう ―インフルエンザとSARS―
岡田晴恵・田代眞人著



9 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/17(木) 22:51:42
>>5  こんなのはどうだ。
【大紀元日本11月14日】香港紙「文匯報」は13日、中国農業部及びハルピン獣医研究所の専門家のコメントを引用し、遼寧省黒山県における鳥インフルエンザは、偽ワクチンによって制御不能になっていると報じた。
調査によると、黒山県においては、ワクチン注射を行った家禽の80%に対して偽ワクチンが使用されていたという。

 専門家は、偽のワクチンを注射した家禽は抗体に乏しいため、自ずと鳥インフルエンザの侵入に抵抗することができなくなると述べている。
(略)
専門家が明らかにしたこととして、関係部門の統計調査によると、遼寧省黒山県では、ワクチン注射をした家禽の80%が偽のワクチンを使用しており、これが、大規模な感染をもたらした主な原因であるという。
偽ワクチンによって、養鶏農家、防疫部門は気持ちの準備ができない状態となり、また鳥インフルエンザを制御する上で最高のタイミングを逸することとなった。

10 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/18(金) 12:15:25
民振る常用異常行動医師によって偽ワクチン打たれるのは
     こ    わ    い

11 :タイガー オッス:2005/11/18(金) 17:24:32


   なんで日本でワクチンの臨床試験しないのよ
   なんでタイ人をモルモットにするのよ 

  ttp://www.biken.osaka-u.ac.jp/news32001.html




12 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/18(金) 21:17:31
>>11
日本じゃ流行ってないからだろ。w 違うか?w

13 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/18(金) 23:29:52
>5
>9
ニワトリ用の鳥インフルエンザワクチンって、どんなしろもの?
140億羽っていうのも すげー数だ。
実態がわからん。ホンマなら、中国テクノもタイシタもんだみん。



14 :タイガー オッス:2005/11/18(金) 23:39:29
>>12

    ワクチンだから中和抗体できればいいのでしょ?
    日本でワクチン造って日本でやらなくてタイで
    臨床するのが釈然としない


15 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/19(土) 00:11:10
上の参考図書を読め

16 :タイガー オッス:2005/11/19(土) 01:07:55
>>15

   立派な先生の参考書には1918年のスペイン風邪が、鳥インフル
   エンザ変異株そのものがヒトからヒトへ伝播するウイルスだっ
   たことが書いてありますか?

   この場合、強毒性鳥インフルエンザウイルスをかなり弱毒化
   しないと発生鶏卵でウイルスが増殖しないで、鶏卵を殺して
   しまう、すなわちワクチンができないと書いてありますか?
   
   パンデミックウイルスは、2種のウイルスの混合感染でできる
   なんて書いてないでしょうね

        それなら読んでみますけど

17 :タイガー オッス:2005/11/19(土) 16:21:05
>>15
   近所の図書館で「感染症とたたかう インフルエンザとSARS
   岡田晴恵・田代眞人著(岩波新書)みたけど、内容は
   ネット情報を超えるものは無かった

   すなわち、私が知りたい高病原性(ニワトリが多数死んだり、
   ヒトにも感染する変異原因)とかヒトからヒトへの感染を獲得する
   変化(パンでミック)に関しては可能性はあるとかで おしまい
   高病原性の原因をRNA配列レベルで話せないと、現時点では意味は
   無い話

   もう一つワクチン作りには関係ないようで 特に鶏用の
   インフルエンザワクチンなんて 考えてもいない  中国の
   ニワトリワクチン政策も わからないまま

   本からの知識なんてこんなものよ

>>15 あんたNature読みなさいよ





18 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/19(土) 17:20:48
>>7
鳥インフルエンザの脅威
岡田 晴恵 (著)を読んでみんなで勉強しよう

 まんがデシタネ。ところで関係者はパンでミックを
本当に予防したい気持ちですか? それとも期待している

のですか?


19 :タイガー オッス:2005/11/20(日) 10:24:37
  日本の厚労省を信じなさい。
    
  http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

  完 璧 で す

20 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/20(日) 12:07:57
同じ鳥でも水禽類=カモ・アヒル・カモメetcは感染しても死なずに
運び屋となる。ウイルスは水禽の腸管で増殖し、糞とともに池沼にばら撒かれ
その水を飲んだ他の鳥はあぼ〜ん。弱毒→強毒化してしまう。
でもその強毒株を再び水禽に感染させても、カモ・アヒルもへっちゃら。

全身で増殖し、エボラ並に全身から出血、鶏のトサカも内出血で黒くなる
という激しい毒性。なんで水禽はセーフなの?これぞ人類救命の秘訣。

そのあたりは、大御所ウェブスターらの↓この論文に示唆が。

ttp://www.pnas.org/cgi/content/full/102/30/10682

21 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/20(日) 17:12:30
>>20

PNASはアブストラクトしか読んでないけど、アヒル(カモ)にはウイルスの
弱毒化メカニズムを持っているということ?それとも、弱毒株を強毒株
に変異させる原因動物ということ?




22 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/20(日) 17:24:10
中国はアホだな
鳥にワクチン打ったら、もうそのワクチンはヒトに使えないぞ。

23 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/20(日) 18:25:13
ヒント:バイオテロ

24 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/20(日) 19:19:19
あひるや飼育カモが、病原体のリザーバー=トロイの馬として拡散の手足となり
他の鳥類、ひいては人にうつしまくるってこと。

進化医学でも、耐性のあるベクターがいるとホストを全滅させても
「次行ってみよう!」ができるので、病原性が高くなる傾向ありとされてる。

25 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/20(日) 19:48:28
>>22
そこからワクチン作れないの?
作れたとしたら、また、人に感染してから?

26 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/20(日) 19:52:38
人獣共通感染症には人獣共通ワクチン

27 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/20(日) 20:47:11
目標論文:

アヒルのウイルス耐性はRNAiに依存する
                   (2008)

ウイルスの高病原性獲得には、ポリメラーゼでなくアヒルの腸粘膜
上皮細胞が持つ変異促進因子が必要である       (2008)

インフルエンザウイルスのタミフル耐性変異率と宿主細胞の関係(2007)

「バカは風邪引かない」は本当だった。気道上皮と脳に共通の
ウイルスレセプターの欠損例(2010)




共同研究募集中

28 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/21(月) 00:23:53
>>17
パンデミックって世界的流行の事では?


29 :タイガー オッス:2005/11/21(月) 22:21:29
>>28
    ヒトに感染するウイルスが生まれるだけじゃ
    パンデミックは不適切な用語ですね

30 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/21(月) 22:31:10
パンデモニウムと何か関連あんの?

31 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/21(月) 22:51:19
こんなもんまともな人間は死ぬかよ死ぬのは
老人とか子供とかの中でも特に免疫系が弱い場合や
栄養失調のみ
薬なんか飲む必要なし

32 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/21(月) 23:03:51
>>31
スペイン風邪では、20代から30代の青壮年者に死亡率が高かった。
原因は不明で、謎として残っているとのこと。

33 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/21(月) 23:08:40
戦争に取られて寒くて湿気の多い塹壕でろくに飯も食えずに疲労してんのに
寝させてもらえず重労働だったからだろ>20−30代

34 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/22(火) 13:25:55
 鳥インフルエンザH5N1型の感染者の死亡率が高いのは、
炎症を促す物質が白血球から過剰に分泌されることが関係していると、
香港大学などの研究グループが明らかにした。
3000万人が死亡したとされる1918年のスペインかぜで、
若者の死亡率が高かったのも、同じ理由によると考えられている。
オンライン医学誌「レスピラトリー・リサーチ」で発表した。
11/17ニュース

35 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/22(火) 23:26:32
現代リスクの基礎知識
鳥インフルエンザのパンデミック・リスク(前編)
http://nikkeibp.jp/style/biz/management/risk/051122_influenza1/

36 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/23(水) 06:02:01
茨城県の鳥インフルエンザに関する情報
http://www.agri.pref.ibaraki.jp/news/tori/index.html

37 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/23(水) 13:08:40
タミフルの国家備蓄も米ブッシュの意向!?
●“発症”でなく、“感染”して48時間以内に飲まないと効果がない!?
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2005/11/post_1655.html


38 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/23(水) 16:41:07
>>35
>>36
高病原性(弱毒タイプ)って何でしょうね。怖いんですかね。
茨城県の鳥インフルエンザはまだ続いてるんですね。
総合ニュースじゃ今はやってないし。それにしても
ニワトリは抗体陽性だけで殺処分って可哀そすぎる。
養鶏業者さんも名指しでニュースになっちゃ・・・ね。
浅田農産の例もあったし。

39 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/23(水) 16:50:24
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sci/1004252782/334

40 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/23(水) 21:31:19
>>15
   近所の図書館で「感染症とたたかう インフルエンザとSARS
   岡田晴恵・田代眞人著(岩波新書)みたけど、内容は
   ネット情報を超えるものは無かった

   すなわち、私が知りたい高病原性(ニワトリが多数死んだり、
   ヒトにも感染する変異原因)とかヒトからヒトへの感染を獲得する
   変化(パンでミック)に関しては可能性はあるとかで おしまい
   高病原性の原因をRNA配列レベルで話せないと、現時点では意味は
   無い話

   もう一つワクチン作りには関係ないようで 特に鶏用の
   インフルエンザワクチンなんて 考えてもいない  中国の
   ニワトリワクチン政策も わからないまま

   本からの知識なんてこんなものよ

>>15 あんたNature読みなさいよ

Natureなんかより、この本の方がずっとまともだと思うが。
Nature=すごい
と思うのは、コンプレックスですね。

41 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/23(水) 21:35:56
>>15

   立派な先生の参考書には1918年のスペイン風邪が、鳥インフル
   エンザ変異株そのものがヒトからヒトへ伝播するウイルスだっ
   たことが書いてありますか?

   この場合、強毒性鳥インフルエンザウイルスをかなり弱毒化
   しないと発生鶏卵でウイルスが増殖しないで、鶏卵を殺して
   しまう、すなわちワクチンができないと書いてありますか?
   
   パンデミックウイルスは、2種のウイルスの混合感染でできる
   なんて書いてないでしょうね

        それなら読んでみますけど

その時点で最高のことが執筆してあれば良いではないですか?
あなたの言っていることは、あとだしジャンケンのようなものです。

42 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/23(水) 21:37:36
>>7
鳥インフルエンザの脅威
岡田 晴恵 (著)を読んでみんなで勉強しよう

 まんがデシタネ。ところで関係者はパンでミックを
本当に予防したい気持ちですか? それとも期待している

のですか?

まんがの何がいけないでしょうか????
役に立つかどうかが問題なんでしょ。

43 :タイガー オッス:2005/11/25(金) 07:58:13
>>41-42
     上の2冊もう一度読み直しまた 人の心を傷つけたなら
     お許しください 私の本意ではありません
     その時の自分の興味のあることを調べたかっただけです
     私の興味「高病原性」と「組織特異性」「パンデミック
     に至る変異などのプロセス」「効果的なワクチン」「ワ
     クチン行政」などなどでしたが 著書の中には十分書き
     つくされていると承知いたしました 確かに自分の無知
     による非と認めます   つづく 
        

44 :タイガー オッス:2005/11/25(金) 08:28:00
    つづき1
    アジアではニワトリばかりでなく自然宿主のアヒル
    やカモなどの水禽も 高病原性ウイルスで死んでい
    ると報道されています 著書にはヘモアグルチニン
    (HA)のプロテアーゼ活性化と臓器特異性(気道の
    上皮細胞が持つ或る種のプロテアーゼ)の関連が示
    されており 非常に面白く思いました
    ただ 最近のサイエンス(2005年10月7日?)
    によると スペイン風邪(1918年)復元ウイルス
    ではHAのプロテアーゼ活性化無しでも ウイルスの
    感染があるということですから アヒルやカモが死ぬ
    には それなりの理由があるのかもしれませんが 著
    書は行間を読めば示唆的です そのうちつづく

     

45 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/25(金) 21:34:32
今日の報道ステーションで勉強しろ

46 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/25(金) 22:54:15
hatena

47 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/25(金) 22:55:20
名著2冊について語ろう

48 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/25(金) 23:12:00
【マスコミ】 「寄生虫卵キムチ、タミフル…日本人、怯えすぎ」「だが、なあに、かえって免疫力がつく」 東京新聞★5
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1132910499/l50

49 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/26(土) 11:38:50
中国で高病原性インフルエンザに感染したニワトリに タミフルを投与し、タミフル耐性ウイルスが既に出現しているとの噂。真偽の程は分からぬが。

50 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/26(土) 11:47:52
あんな高い薬、ニワトリに投与するわきゃねえだろ、しかも中国で。

51 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/26(土) 14:14:09
あの国じゃ、ニワトリの方がずっと安いだろうね。

52 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/26(土) 15:19:15
ワクチンもタミフルも効かないらしい。
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/earth/epidemic/05092201.htm

53 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/27(日) 00:17:48
病気に強い鶏開発へ−愛知家畜改良センター 北大の遺伝子判別法応用

 ウイルスに強い鶏を遺伝子で判別する北大発の技術を使い、病気にかかりにくい鶏を開発する試みが、
年明けから愛知県岡崎市の家畜改良センター岡崎牧場で始まる。
貴重な繁殖用の鶏(種鶏(しゅけい))の大量死防止などにつながる実験として、トリ年の期待を集めそうだ。

 遺伝子による判別技術は、北大大学院農学研究科の渡辺智正教授(57)=家畜改良増殖学=が開発した。

 渡辺教授によると、ウイルスに対する強さを左右する塩基配列を持った遺伝子は「MX遺伝子」と呼ばれ、
動物が本来持っている免疫の一つ。渡辺教授は、七年ほど前から鶏のMX遺伝子の研究に着手。二○○一年に、
塩基配列の特定の場所にアスパラギン酸(アミノ酸の一種)があれば病気に強く、
その場所にセリン(同)があれば弱いことを突き止めた。

54 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/27(日) 02:09:21
今日本は鳥インフルエンザでバブル状態、ん十億のお金が各選抜された大学に投下される
現地に行く研究員なんて数人だから彼らが使うことになるな バブリー


55 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/27(日) 11:01:38
病気に強いニワトリの育種っていいっすね。
ただし、日本の種鶏市場は実質上ほぼ100%外国に
握られていることがつらい。

56 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/27(日) 17:41:17
迷書2冊よりこっちの方が現実的 勉強しよう。
http://www.japama.jp/cgi-bin/detail.cgi?data_id=139#2

57 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/27(日) 19:58:55
どっちの著者が素晴らしいか、君たちに分かるかなあ??

58 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/27(日) 20:00:57
鳥インフルエンザの脅威
岡田 晴恵 (著)

59 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/27(日) 20:07:01

こんなレスしてたら岡田氏が失職するぞ伊。
フルのワクチンが有効なんて言ったらバカにされるだけ。
アホカお前は。

60 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/27(日) 20:19:45
>>58
本の宣伝バカか。ワクチンが有効のデータを示せ。
http://homepage2.nifty.com/sisibata/infuruenza.html

61 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/27(日) 20:45:13
>>59 58は岡田晴恵を落としいれるための
レスなんだよ。感染研もキビシーからね。

62 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/27(日) 22:03:20
>>54
そういう育種は意味がない
鶏一羽の単価が安いこと と
鶏が感染してるとトリインフルエンザ蔓延の指標になる ことが理由。
ある意味、そういう指標になってくれたほうが国民の健康に役立つ。
したがって、養鶏業者への補償の方が大事では?
もちろん、外国の種鶏企業の方が国内の育種よりも企業秘密下で
さらに進んだ研究をしていることは否定できないしね。

63 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/28(月) 03:14:07
育種するよりも、鶏卵の生産をその年はあきらめて、
次年度にひよこからやり直した方がいいだろう。
作物と一緒で一年しか使い物にしないんだから

64 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/28(月) 03:15:21
63だが、育種がダメといってるわけでない
他に育種しないといけないことが、たくさんあるってこと

65 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/28(月) 06:30:03
>>59
なんで失職するんだ??????

66 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/28(月) 21:39:33
昨日の情熱大陸で河岡さん出てたね。
ちょっとカッコつけすぎだけど。

67 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/28(月) 22:24:51
河岡先生のパンデミック化を見たい

68 :名無しゲノムのクローンさん:2005/11/29(火) 01:23:39
河岡先生の言葉のなかで最も印象に残ったセリフ
「川本真琴は最近どうなってるんでしょうね?」

69 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/02(金) 03:03:59
>>53
莫迦

70 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/12(月) 17:48:14
ワクチンメーカーとか国立感染症研の先生よー・・・。
毎年打つとんやろな。 おぃ。 効かねーワクチンを
まさか打ってねーとは言わせんぜ。
 

71 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/12(月) 18:02:35
そのときにタミフルは効かないと思います。
耐性株が簡単に分離できてるし、
これはやっぱアメリカの陰謀でしょう。

72 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/12(月) 18:13:32
>>70
インフルエンザワクチンは、日本では効いたという積極的データ
はまったくありません。ワクチンのために助かったとゆー
ことは、でーたの捏造と同じです。過去の感染歴なんか
間ケーないっすからね。インフルエンザワクチンとデータ
捏造を追及するぞw

73 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/13(火) 17:01:22
>>72
ネガコンがとれないからね。
ひそかにプラセボとか仕込んで有意なデータとってたりして。

74 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/15(木) 21:09:34
ワクチンが効かねーから集団接種やめんだっけ。そおいえば、
肝炎ウイルス感染とインフルエンザ集団接種の関係はあまり
おもてになってねーなー とおもわへん?

75 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/15(木) 21:27:56
お前ら遺伝学の基礎からやり直して来い

76 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/15(木) 21:29:49
遺伝学と何の関係があんの?

77 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/15(木) 21:32:39
>>73
ポジこんも何に効いたのか分からない所が
インフルエンザ初留守ワクチンの怪。要するに
当局とメーカーの癒着。WHO推奨株だったからで逃げられる
体制にはある。インフルエンザはてめーらより賢いことは
た し か 
ワクチンで制圧  という発想の   まずしさよ 

78 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/16(金) 11:03:28
鳥インフルエンザ 茨城でまた陽性
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/shakai/20051210/m20051210024.html

79 :名無し募集中。。。:2005/12/21(水) 01:23:52
真央ちゃんって中村さんに似てるよね

80 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/21(水) 03:13:24
リアル復活の日が見れるとは。

81 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/21(水) 05:53:34
>>70 >>72 >>77
日本限定で有効性を示す論文を見つけてきましたよ。
(全部別のラボからの論文ですよ。)

N Engl J Med. 2001 Mar 22;344(12):889-96.
日本で予防接種の義務をやめた次の年から
インフルエンザの致死率が上がっていることを示す論文。

Vaccine. 2003 Nov 7;21(31):4507-13
2001から2002の日本でワクチン接種者と非接種者間に
有意差があることを示す論文。

Vaccine. 2005 Sep 16 (in press)
2002から2003の日本で六歳以下のワクチン接種者と非接種者の
有意差を調べた論文。
二歳から六歳の間ではワクチンは有効であったが
二歳以下には有意差が見られなかった。

ちょこっと調べただけなので、実際はもっとあると思う。
二歳以下の乳幼児に効かないってのは他にも論文があったので多分ガチ。
でも全年齢効果無しって論文は見あたらないんだよね。
陰謀論者がよく言ってる論文ってどれなんだろう?


82 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/21(水) 20:09:09
>>81
ダブルブラインドじゃーねーだろ?
有効性なんかよりもっと真面目に無効を示す論文集めてよ。
ワクチン打っても75%のヒトがインフルエンザに感染するん
だよ。局所粘膜感染症ってそんなもんでしょうが。
ワクチンできない感染症もメッチャあるでしょう?
だいたい免疫持ってても感染するウイルスなんかたくさんあるでしょーが。

集団接種で広がったのはC-B肝炎ウイルスだけ。責任もて!!!

83 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/22(木) 00:56:33
>>ダブルブラインドじゃーねーだろ?
>>有効性なんかよりもっと真面目に無効を示す論文集めてよ。

申し訳ない、私には無効を示す論文が発見できなかったので
>>81さん自身が捜されればいいとおもいます。
発見できたら教えてくださいね。

ただ六歳以下の論文とかはかなりプラセボ効果が軽減できてるかも
と考えるのですがいかが?

>>ワクチン打っても75%のヒトがインフルエンザに感染するん
>>だよ。

これは興味深いですね。是非ソースをいただきたい。
これが本当なら学会でも結構話題になったはずなんですが、聞き逃しましたかね?
あ、当然ダブルブラインドですよね?念のため。

>>ワクチンできない感染症もメッチャあるでしょう?
>>だいたい免疫持ってても感染するウイルスなんかたくさんあるでしょーが。

うーん、これは愚問ですね。
そもそもインフルエンザは免疫に弱いウイルスでして、
一度感染すると同一株には基本的に一生感染しないのです。
インフルエンザそれに対抗するために毎年変異を起こすわけです。
だからインフルエンザの生ワクチンは当然のようによく効くんです。
ただ生ワクチンは安全性の点から日本では認可されていないわけです。
代わりに不活化ワクチンが用いられていますが、それがどれだけ効果をあがられるか
に関して、一部議論があるわけですね。


84 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/22(木) 15:41:40
正義の味方 尊敬する高橋晄正先生が御他界していたとは・・・
残念です。



85 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/22(木) 18:15:04
そういえば、アメリカで偽タミフルがはっけんされたそうで。
中国語のかかれた箱に入った、ただのビタミンCだったそうな。

86 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/22(木) 18:46:47
良心的なメーカーかもしれません。
ビタミンCなら風邪に効くんでしょ?
タフミルC、タルミフC、タミルフCとか登録
しないとね。

87 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/28(水) 17:16:34
>>83
同一株なら一生感染しないなんて、人間で誰が証明したの?
ねずみの数ヶ月の実験ならわかるけど、
一生IgAで感染阻止できるわけじゃない。
同一でもフルの感染は起こっているてのが常識じゃないの?

88 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/31(土) 14:43:11
>>87
なるほど、IgAなんぞが出てくる時点で、
「細胞レベルの感染」と「個体レベルの感染」を区別できていないわけですな。

細胞レベルの感染ってのは粘膜上皮細胞にウイルスが接着してから、
侵入、増殖を経て、子孫ウイルスを出すまでの一サイクルのこと。
個体レベルの感染はインフルエンザなら、ウイルスが粘膜で十分増殖し
咳や熱などの症状を出し、他人に感染できるだけのウイルスを放出している状態。

確かに細胞レベルの感染はワクチンではあまり防げません。当たり前です。
ワクチンの役割は初期の細胞レベルの感染が起こった時点で免疫をすばやく活性化し
ウイルスを全滅させて個体レベルの感染に到達しないようにすることですから。

潜伏期間の間に本来ならウイルスが増殖するはずが、免疫に敗北して
そのまま消えて無くなってしまうと考えるとわかりやすいでしょうかね。
ですから、無自覚、無症状、ウイルス無しな訳で、
一般的な話でこれを感染と呼ぶのはナンセンスです。

そういえば、この細胞レベルの感染を例に出してワクチンは感染を防がないと吠えてた
人がいましたが、言葉遊び程度の話な訳ですね。
でも素直な一般の人は騙されることもあるみたいです。


89 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/31(土) 15:10:28
>>87
続けましょうか。

「一生」の表現ですが、これは「終生免疫」を噛み砕いた表現です。
終生免疫を獲得しても超高齢に達すると免疫自体がおシャカになるので
感染が成立する可能性を捨て切れませんね。
それじゃぁ「数十年」に置き換えましょうか。

もうひとつ、ひょっとすると勘違いされてるかもしれないので確認しておきますが
「株」というのはかなり細かいレベルでの株です。
現在ヒト型のインフルエンザで蔓延しているのはH1N1、H3N2、B型の三種類ですが
これがさらに株に分かれます。
例えば「A/香港/30/2004(H3N2)」みたいに表現されて、
この場合ならA型H3N2で2004年に香港で採取された物の通し番号30と言う意味です。

ですから「A/香港/30/2004(H3N2)」に一度感染したヒトはこの全く同じウイルスに対し
終生免疫を獲得しますが、少し異なった「A/香港/29/2004(H3N2)」とか
「A/香港/30/2005(H3N2)」とかにまで免疫を獲得するとは限りません。
(当然近いウイルスではあるので、獲得するかもしれません。)

で、インフルエンザでは一度感染した株には感染しないってのは我々ウイルス学者には常識ですが
これは一つの我々にとって不名誉な事故と、星の数ほどある状況証拠が根拠となっています。

長文が続きますがごめんね。

90 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/31(土) 15:36:30
>>87
不名誉な事故とは何か?
現在蔓延しているH1N1ですが、実はこのウイルスは1958年に絶滅しています。
しかし1977年になぜか復活を遂げています。
復活の理由はどこかの研究室のストックが漏れた可能性が高いです。
というのもこの復活株の遺伝子配列は1950年に流行した物と全く同じだったのです。

この愚かなミスについては今回関係ないのでとりあえず詳しくは述べませんが、
重要なのはこの27年前に流行したウイルスの挙動です。
この時点で27才以上すなわち1950年にすでに生まれている人たちと
26才以下すなわち1951年以降に生まれた人では明確に感染率が違ったわけです。

26才以下の人たちにはこのウイルスはまんべんなく蔓延していたのですが
27才に達した瞬間から「壁にぶつかったように」感染がほとんど無くなります。
この状態は体力のない老人層に達するまで異様な低感染率として続きます。
したがって27年前に1950年株に感染したヒトは27年後でさえも
感染防御が維持されていることが示されてしまったわけです。

ちなみに同様の現象は1918年のスペイン風邪でも見られます。
こちらは中年層に「壁」が存在し、その人たちが生まれたあたりで
スペイン風邪とよく似た抗原性を持つウイルスが蔓延したと考えられています。

もちろん普段蔓延している流行ウイルスにはこのような現象はありません。

えーと、あと状況証拠群はもういいよね。ウイルス学の教科書でも読んでください。
それではよいお年を。

91 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/05(木) 16:17:46
>>90
あけましておめでとうございます。

今、風邪ひいて寝込んでいます。
1977年の復活ウイルスが27歳以上を境目に低感染であるというのは、
自然獲得免疫の恩恵であって、何もワクチンが有効という
話では無い。話をすり替えているだけ。インフルエンザ
ワクチンは症状が僅かに改善するとか言われているけど、これだって
信じるに足るデータが無いんだよ。1、2回のワクチン接種で
効くとする腐った状況証拠は要らない。効かないとする
状況証拠こそ星の数ほどある。




92 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/05(木) 18:58:19
>>自然獲得免疫

え?

93 :同定不能:2006/01/05(木) 19:31:21
いろいろ図鑑

http://www.h2.dion.ne.jp/~ice/

http://members.at.infoseek.co.jp/big_game/

http://kasugak.sakura.ne.jp/

94 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/05(木) 20:14:42
あけましておめでとうございます。

>>91
私はその事例を生ワクチンの有効性に対しての事例
として示していますから、話のすり替えにはならないですよ。
そのものズバリです。
えっと、まさか生ワクチンに対しての説明は要らないですよね。

>ワクチンは症状が僅かに改善するとか言われているけど、これだって
>信じるに足るデータが無いんだよ。

いえあなたが『信じたくない』データですね。訂正を。

>1、2回のワクチン接種で 効くとする腐った状況証拠は要らない。

微妙に勘違いしてますね。
私が書いたのは『インフルエンザでは同一株への二度目の感染がない』状況証拠ですよ。
必要なら箇条書きにしますよ。長文になっちゃいますけど。

>効かないとする 状況証拠こそ星の数ほどある。

私が学術論文から具体的な事例まで出しているのですから
そちらも学術論文なり具体的な事例なりを示すのが礼儀だと思いますよ。
子供の喧嘩じゃないんですから。

>>92
そこはみんな一斉につっこんだ所でしょうね。

95 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/05(木) 20:21:06
Naturally Acquired Immunity

日本語にはないよね

96 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/06(金) 00:39:51
>>83 >>94
一般的なワクチンの分類は、生ワクチン、不活化ワクチンと
コンポーネント(成分)ワクチンですよね。日本はフルは今でも
コンポーネントですし、アメリカは不活化ワクチン。
インフルエンザの生ワクチンは最近アメリカで経鼻タイプで
認可されたばかり、正に生きてるワクチンですよね。
一応、用語だけは合せておかないと。


97 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/06(金) 00:48:44
それにしても、成分ワクチンや不活化ワクチンごときで同一株に
対して終生免疫が獲得できるなんて信じられない。からだぢゅう
B細胞になってまう。でしょう。

98 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/06(金) 08:10:33
>>96
ご指摘の通りです。
これはひとえに私の「手抜き」でして。
一般の人に説明するときにコンポーネントは広義で不活化ワクチンとして
まとめちゃうことも多いので、
今回は相手が素人さんなので手抜きをしてしまいました。
厳密にはコンポーネントワクチンが正しいです。

>>97
コンポーネントや不活化で終生免疫はまず得られないでしょう。
あくまで生ワクチンでは終生免疫が得られる可能性が高い
ということを書いたつもりだったのですが。
長文で読みにくかったのなら申し訳ない。

要するに一般的な科学者のスタンスとしては
「コンポーネント/不活化ワクチンはそこそこの効果は上げるだろうが
生ワクチンの足元にも及ばないだろう。」
ってな感じですね。

ですので、どうやってコンポーネント/不活化を生ワクに近づけるかが勝負ですね。
そーいや、感染研の新しいアジュバンドのワクチンが結構実用化寸前になってたような記憶があります。

99 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/08(日) 13:54:08
【感染症】茨城の養鶏場関係者約40人が過去にウイルス感染か H5N2型の鳥インフルエンザ[01/08]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1136657850/

【社会】茨城県内の養鶏場関係者、約40人が鳥インフルエンザウイルスに感染か?[01/08]
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1136654833/

【感染】トリインフルエンザ【拡大】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/agri/1078146567/

●鳥インフルエンザで医療関係者壊滅の恐れ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1131716268/

鶏インフルエンザ
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/1074781843/

鳥インフルエンザのパンデミック化をみたい
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1132123761/

【唐土の鳥】鳥インフルエンザ【鳩】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/bird/1073988716/

【ペスト・天然痘】世界疾病史【インフルエンザ】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1053869268/

脅威!!鳥インフルエンザ銘柄をさがせ
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/livemarket1/1131871552/

100 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/08(日) 13:58:04
【感染症】茨城の養鶏場関係者約40人が過去にウイルス感染か H5N2型の鳥インフルエンザ[01/08]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1136657850/

【社会】茨城県内の養鶏場関係者、約40人が鳥インフルエンザウイルスに感染か?[01/08]
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1136654833/

【感染】トリインフルエンザ【拡大】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/agri/1078146567/

●鳥インフルエンザで医療関係者壊滅の恐れ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1131716268/

鶏インフルエンザ
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/1074781843/

鳥インフルエンザのパンデミック化をみたい
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1132123761/

【唐土の鳥】鳥インフルエンザ【鳩】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/bird/1073988716/

【ペスト・天然痘】世界疾病史【インフルエンザ】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1053869268/

脅威!!鳥インフルエンザ銘柄をさがせ
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/livemarket1/1131871552/

101 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/08(日) 20:31:33
イセ養鶏について
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/agri/1058038700/

102 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/14(土) 17:22:08
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

トルコで変異ウイルスが検出される
ttp://www.chunichi.co.jp/influenza/060114T105535.shtml

103 :名無しゲノムのクローンさん:2006/02/04(土) 09:52:34
【香港3日共同】香港政府衛生福利・食物局の周一嶽局長は3日、香港や広東省など中国南部の鳥類の間で高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)は「風土病になった」と述べ、一般家庭での養鶏を禁じる条例制定など人への感染防止策を強める方針を示した。

 今年に入り、広東省との境界近くで鶏や野鳥からH5N1型ウイルスが検出される例が相次いだのを受けた発言。香港の当局者が中国の感染状況について「風土病」と規定したのは初めてで、感染拡大防止に全力で取り組む姿勢を示した。

 香港の当局者が広東省など中国本土でのウイルスの広がりに言及するのも異例。

104 :名無しゲノムのクローンさん:2006/02/26(日) 18:41:45
インフルエンザウイルスワクチンを打つとインフルエンザ菌などの細菌性感染症に
かかりにくくなるという報告があった
H5N1に対する抗体は無いのかな ワクチンがないから抗体で防ぐしかない

105 :名無しゲノムのクローンさん:2006/02/26(日) 19:51:50
インフルエンザ菌と行ってる時点でお前はアウトだな。

106 :名無しゲノムのクローンさん:2006/02/26(日) 23:21:53
発表者がそう言っていたぞ 

107 :名無しゲノムのクローンさん:2006/02/27(月) 00:15:32
インフルエンザ"ウイルス"なのにインフルエンザ"菌"に感染しにくく
なる、としたら、なんか小ネタとして論文かけそうだな。
文才によるけど。

108 :名無しゲノムのクローンさん:2006/03/01(水) 03:15:06
ttp://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2006022801003594
猫からH5N1型検出 独北部、鳥インフル拡大

ドイツのニュース専門テレビN24は28日、同国北部リューゲン島で死んだ猫が
高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染していたことが分かったと伝えた。
連邦動物保健研究所の検査でウイルスが検出された。同国で鳥類以外への感染報告は初めてで、感染拡大が続いていることを示している。

AP通信によると、猫は先週末に死んでいるのが見つかった。同研究所の担当者は
「感染した鳥を食べれば猫にも感染することがアジアの例で分かっている」と述べた。
しかし、感染した猫から人間に感染した例は報告されていないとしている。

ドイツでは2月中旬に同島で初めて鳥インフルエンザ感染が確認され、
同島を中心に白鳥やカモなど100羽以上の感染が報告されている。家禽(かきん)への感染例はない。

109 :名無しゲノムのクローンさん:2006/07/26(水) 22:39:51
親に食糧備蓄のことを教えると冷静にスーパーに買い物に行きましたよ.
冷静に.とりあえず我が家は生き残る確率があがりました.もし,最悪の
事態にならなくても地震や台風などの防災対策として何一つ損はありません.
岡田さんのおかげです.
http://blog.moura.jp/influenza/2006/06/113__664d.html


110 :名無しゲノムのクローンさん:2006/07/26(水) 22:42:05
インフルエンザの専門家はほとんど呼吸器疾患の専門家でしょうが、
このH5N1型の鳥インフルに罹った患者は、呼吸器に留まらない全身疾患
をわずらい、半数以上が死に至っている。つまりこれまでのインフル
エンザの常識が通用しない。岡田さんがインフルエンザの専門家以上
に、このH5N1型のインフルに詳しいとすれば、それはすでに専門家と
呼ぶべきです。少なくとも、WHOの流している情報や、海外のメディア
で取り上げられる新型インフルの危険性、この数年で大きく進歩した
といわれるインフルの科学を積極的に学ぼうとしない似非専門家より
は、はるかに専門家でしょう。
http://blog.moura.jp/influenza/2006/06/113__664d.html



111 :名無しゲノムのクローンさん:2006/07/26(水) 22:50:40
「インフルエンザの専門家」を称する人は他にもいるかもしれないが、
「流行時の外出自粛」の重要性をこれほど強調しているのは、岡田氏と、
同じ感染症研究所の田代氏以外に私は知らない。この一点だけをとっても、
このブログや岡田氏のそのほかの発言は、新型インフルエンザをめぐって
国民が最も知るべきものである、と私は考える。
http://blog.moura.jp/influenza/2006/06/113__664d.html
http://blog.moura.jp/influenza/2006/06/113__664d.html


112 :名無しゲノムのクローンさん:2006/07/28(金) 00:03:20
この行政評価局の勧告、報告書をさっそく読みました。
このブログとあわせて考えると、諸外国に比べて、なぜ厚労省が新型
インフルエンザ対策を積極的に進めないのか、なぜ検疫所や都道府県
における新型インフルエンザ対策の実施がなされていないのか、理由
が分かる気がします。都道府県、市町村の行政担当者も、検疫所の担
当者も、本ブログが初めて一般国民に対して示してくれた、鳥インフ
ルエンザ、新型インフルエンザに関する「本当の」問題点について、
実はほとんど知らされていないのです。もし知っているにもかかわら
ず、適切にやっていないとすれば、国民に対する背信行為です。私の
周りにいる県の担当職員も、このブログを読むまでは全くこのような
説明は受けておらず、県の対応も形式的なものであったと言っていま
す。!
http://blog.moura.jp/influenza/2006/07/28__d0cb.html

113 :名無しゲノムのクローンさん:2006/07/29(土) 22:06:21
ttp://www.nikkei.co.jp/news/main/20060729STXKG021929072006.html
サルで鳥インフル感染実験・ワクチンの効果確認へ

カニクイザルを高病原性鳥インフルエンザH5N1型の強毒性ウイルスに感染させ、
開発したワクチンの効果を実験することを、北海道大と滋賀医大が29日までに決めた。

約半年で結果が分かる見込み。H5N1型は世界で死者が相次いでおり、人から人へ感染するようになると、
新型インフルエンザとして猛威を振るう可能性があるが、詳しい感染メカニズムなど不明な点も依然多い。

霊長類のサルを使った感染実験で解明が期待され、ワクチンの予防効果が確認できれば、ヒトへの応用も近づく。

使うサルは、滋賀医大動物生命科学研究センター(大津市)が飼育している約10匹。
強毒性のH5N1型ウイルスはベトナムで死亡した人から分離した。

ワクチンは北海道大が開発。野生のカモで採取したウイルスから、遺伝子再集合という方法で
弱毒性のH5N1亜型のウイルスをつくり、ニワトリの卵で培養後、感染力をなくした。〔共同〕 (21:56)



114 :名無しゲノムのクローンさん:2006/07/30(日) 00:51:04
>113
楽観的なことを言って国民を欺くあなたは似非インフルエンザ研究者です。

115 :名無しゲノムのクローンさん:2006/08/04(金) 22:26:27
犠牲者の処置という点でも大きな影響が出ます。
火葬や埋葬の施設が間に合わないためです。東京都の行動計画では、
多数の死亡者が出た場合、指定した都立の公園を臨時の埋葬場所にするように
決めています。代々木公園や砧公園といった都内あちこちの都立公園に多くの
死亡者が山のように積まれ、やがて埋葬されていく――。このような惨状が
、日本各地の公園で繰り広げられてしまうかもしれないのです。
http://blog.moura.jp/influenza/2006/08/post_bb9f.html


116 :名無しゲノムのクローンさん:2006/08/04(金) 22:54:22
不安をあおる根拠は?

117 :名無しゲノムのクローンさん:2006/08/04(金) 23:09:45
現在様々なメーカーが努力して開発しているのは、H5N1鳥インフルエンザ
ウイルスに対するワクチンである。鳥インフルのウイルスは遺伝子上すで
に3系統に分類されるとされる。メーカー開発のワクチンは、このどれか
に属するが、新型インフルエンザがどの系統から発生するかはまだ分から
ない。新型のワクチンではなく、鳥ウイルスを用いたワクチンのため、こ
のようなワクチンをプロトワクチンという。新型ともし系統が異なってい
ても効いてくれれば良いが、
http://blog.moura.jp/influenza/2006/07/25__2c8c.html

118 :異常者急増の謎に迫る。:2006/08/05(土) 14:22:21
【前頭前野の異常】インターネットをやり過ぎると以下のことが起こります。
・キレやすい性格になる。
・協調性の低下。
・人をいじめたり、日常会話で暴力的な発言をする。
・羞恥心の欠如
・時間感覚の欠如
(深夜までずっと2ch)
・人の意見にすぐ理屈をこねる
・集中力の低下,ぼーとしてる時が多い。
・常に2chのことを考えたり、ネットがやめられない。
・学校や会社をサボり易くなる。
・世の中に対して悲観的になる。

↑どれに当てはまりますか?ネットはやめましょう。

119 :名無しゲノムのクローンさん:2006/08/06(日) 00:29:43
>116
もっと、お勉強されてはどうですか?

120 :名無しゲノムのクローンさん:2006/08/15(火) 21:45:30
>>115
まさに映画「復活の日」

121 :名無しゲノムのクローンさん:2006/10/17(火) 22:07:24
新型インフルエンザ 世界がふるえる日
山本太郎
「適切な危機感」を共有するために
岩波新書
1990年長崎大学医学部卒業。医師、博士(医学、国際保健学)。
その後、都大学医学研究科助教授、長崎大学熱帯医学研究所助教授を経て、
現在、外務省国際協力局多国間協力課勤務。

岩波もようやく
偽者でない本物の医者に執筆を依頼するようになったか。

122 :名無しゲノムのクローンさん:2006/10/17(火) 22:17:51
進藤奈邦子
WHO(世界保健機関) メディカルオフィサー

進藤の仕事は、いま全世界を不安に陥れている
鳥インフルエンザの感染爆発・パンデミックを食い止めること。

東京慈恵会医科大学卒。
英国セントトーマス病院、
オックスフォード大ラディクリフ病院臨床研修を経て
慈恵医大内科学講座第2に入局。
専門は感染症、臨床細菌学。
2000年より国立感染症研究所感染症情報センターに主任研究官として勤務。
その後2002年からはスイスのWHO(世界保健機関)に派遣。
感染症アウトブレーク情報の収集・諜報と解析、
フィールドレスポンス、WHOガイドラインの作成を担当。
SARS、トリインフルエンザやエボラ出血熱なども担当。

立派な女性もいたものだ。
進藤さん。頑張って下さい!!!!


123 :名無しゲノムのクローンさん:2006/10/17(火) 22:28:26
インフルエンザの専門家はほとんど呼吸器疾患の専門家でしょうが、
このH5N1型の鳥インフルに罹った患者は、呼吸器に留まらない全身疾患
をわずらい、半数以上が死に至っている。つまりこれまでのインフル
エンザの常識が通用しない。岡田さんがインフルエンザの専門家以上
に、このH5N1型のインフルに詳しいとすれば、それはすでに専門家と
呼ぶべきです。少なくとも、WHOの流している情報や、海外のメディア
で取り上げられる新型インフルの危険性、この数年で大きく進歩した
といわれるインフルの科学を積極的に学ぼうとしない似非専門家より
は、はるかに専門家でしょう。
http://blog.moura.jp/influenza/2006/06/113__664d.html

124 :名無しゲノムのクローンさん:2006/10/18(水) 02:09:50
>>123
生物板に書くんだから、「インフル」とかやめような。

なんかこの人、根本的に間違ってるんじゃない(わざと間違えてる?)。

H5N1の鳥→ヒト感染の致死率は確かに高いですが、このウイルスが変異して
ヒトの感染症になった場合も、同じように毒性の強いものになりますかね?
ウイルス学やってる人だったら、むしろ毒性は弱まると考えるでしょう。

そこの検証をすっ飛ばして、ワースト・ケース・シナリオだけ出して来るとか見識を疑いますよ。
またぞろ、よく知らない人が騙されてパニック・・・もうやめてほしいですね。まったく・・・

125 :名無しゲノムのクローンさん:2006/10/18(水) 22:33:50
>>124
あなたのような無知な人がいるからいつまでも真実が隠匿されてしまう。
もっと勉強したら如何ですか?
素人にもわかりやすく「インフル」と書くことのどこがいけないのでしょう。
あなたは、問題をすりかえている。
似非研究者とは、あなたのような人を言うのだ。

126 :名無しゲノムのクローンさん:2006/10/24(火) 07:14:24
>インフルエンザの専門家はほとんど呼吸器疾患の専門家でしょうが、

という前提が間違っているような気がするのだが。

127 :名無しゲノムのクローンさん:2006/10/24(火) 10:04:08
みなさんお待たせしました
ついにインドネシアで遺伝子変化が複数発見されました
ヒトーヒト型に変異は秒読みに行った模様

128 :名無しゲノムのクローンさん:2006/11/23(木) 13:06:28
ttp://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2006112301000137
韓国で鳥インフル発生か 鶏6000羽死ぬ

【ソウル23日共同】韓国の聯合ニュースは23日、韓国西部の全羅北道、益山で
鳥インフルエンザの疑いがある事例が発生、保健当局が詳しい調査に乗り出したと伝えた。
全羅北道庁によると、19日からの4日間で、養鶏場の鶏6000羽が死んだ。

農林省は発生の状況から、疑われるインフルエンザのタイプは
毒性の強いH5N1型の可能性が高いとみて、最終確認を急いでいる。

韓国では、2003年12月から04年3月にかけ、養鶏場などで19件のH5N1型の大量感染が発生。
鶏などの処分に従事した作業員がウイルスに感染した。また04年12月には弱毒性のH5N2型による感染もあった。

(11:50)


129 :名無しゲノムのクローンさん:2006/11/26(日) 01:50:00


H5N1型インフルエンザワクチンを開発しているデンカ生研の株でも買っておくか




130 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/05(火) 23:36:09
ノロウイルス

131 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/21(木) 07:30:54
【ノロウイルス・パラドックス】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1165758704/464-467

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ノロウイルス報道は黒死病(地域集団による大量殺人)を隠すための国家捏造か?
国立感染研は工作機関
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ノロウイルス研究に関する啓蒙には西功氏(大阪大学医学部附属病院 臨床検査部主任)
浅利誠志氏(大阪大学医学部附属病院 感染制御部副部長)
武田直和氏(国立感染症研究所 ウイルスU部 室長) らが加わっているとされているが、
http://www.city.sakai.osaka.jp/city/info/_hoken/eiken/noro_2.html
大阪大学医学部には最近、捏造工作報道が異様に多い。また国立感染研も昨年の
インフルエンザ大量感染死報道等において明らかに国家捏造を行なった容疑を持つ。


132 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/22(金) 16:20:16
ttp://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006122201000160.html
死者6200万人と推計 新型インフルエンザ流行で

【ワシントン21日共同】発生が懸念されている新型インフルエンザが、
1918−19年に世界で猛威をふるったスペイン風邪と同程度に大流行すると、
死者は1年間で約6200万人に上るとの推計を米ハーバード大などの研究チームが
21日、英医学誌ランセット(電子版)に発表した。
死亡率は国民の所得と密接な関係があり、
死者の約96%は発展途上国の住民になるとしている。

研究チームによると、スペイン風邪流行時に、平年と比べた死亡率の
増加分(超過死亡率)のデータを27カ国について取得し解析したところ、
1人当たりの所得が低い国・地域ほど超過死亡率が高くなっていることが分かった。

(2006年12月22日 10時18分)


133 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/22(金) 16:54:39
また一年経ったのか。やれやれ

134 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/29(月) 13:36:44
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄|
| インフルエンザ鶏を入手しました。 |
|____________ ___|
              / /
              /
      _         ビビビ
     /||__|∧    /
  。.|.(O●◎●) /
  |早i ))  ))つ鶏
  `ー| | |
    (__)_)(消毒薬)

∧_∧
( ●◎●) みなさん。よかったら食べてくださいネ
( つ O―{}@{}@{}-
と_)_)
 ―{}□{}□{}-  ―{}□{}□{}-   ―{}□{}□{}-  ―{}□{}□{}-   レバー
 ―@@@@@- ―@@@@@- ―@@@@@- ―@@@@@- つくね
 ―{}@{}@{}-   ―{}@{}@{}-   ―{}@{}@{}-    ―{}@{}@{}-   ねぎま
 ―∬∬∬-   ―∬∬∬-   ―∬∬∬-   ―∬∬∬-   鳥かわ
 ―зεз-   ―зεз-   ―зεз-   ―зεз-   軟骨

135 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/29(月) 16:49:55
ご、ごめん。ウイルスは、もうまん延してました。
感染そのものは、ほぼ終わってます。
たまたま、病気になる人と鶏が発覚してるだけです。
人の死亡例は、ほとんど全部、医療機関の治療ミスです。
解熱剤を投与したり、
激しい免疫反応を抑えるために投与した薬のおかげで悪化させてました。

136 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/14(水) 20:42:46
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070214i401.htm

インフルエンザ院内感染2人死亡…慈恵医大青戸病院
 
東京慈恵会医科大学付属青戸病院(東京都葛飾区)内で1月中旬から、患者と
看護師計21人がインフルエンザに感染し、患者2人が死亡していたことが13日、分かった。
死亡した患者1人については、院内の感染対策指針で推奨されている治療薬の予防投与が
行われていなかった。

同病院によると、院内で感染が広がり始めたのは1月17日。
今月6日までに、3病棟で患者16人、看護師5人が感染した。

同病院の感染対策指針は、感染が確認された場合、「同室患者については
(特にハイリスク患者については)抗インフルエンザ薬投与を考慮する」としている。
しかし、1月31日に発症が確認され、今月2日に死亡した86歳の男性患者については、
同室の患者の感染が確認された後も抗インフルエンザ薬は予防投与されなかった。

男性患者の死因は慢性心不全とされたが、インフルエンザ発症までは会話もでき、
状態は落ち着いていたという。

同病院では、呼吸器・感染症内科の診療部長が委員長を務める感染対策委員会や、
感染管理の専門資格を持つ看護師が二次感染予防を担当しているが、
予防投薬は主治医の判断で行っている。
同病院は、男性患者の主治医からは事情を聞いておらず、予防投薬をしなかった
理由については現在も把握していないという。

(2007年2月14日 読売新聞)

137 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/15(木) 18:20:02
慈恵医大ご出身の有名人といえば・・・

138 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/15(木) 18:32:08
慈恵医大は倒産でしょー

139 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/15(木) 18:33:05
国立感染症研究所感染症情報センター長。
昭和46年、東京慈恵会医科大学卒業。慈恵医大小児科助手などを経て、
米国テネシー州バンダービルト大学小児科感染症研究室研究員(昭和53年~55年)。
帰国後、国立小児病院感染科医員などを勤め、世界保健機関(WHO)西太平洋地
域事務局(フィリピン・マニラ市)伝染性疾患予防対策課課長(平成3年~7年)、
慈恵医大小児科助教授(平成7年)などを歴任。
その後、国立感染症研究所感染症情報センターに勤務(平成9年)。
平成12年より現職に就く
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1171088480/50

140 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/15(木) 18:57:48
■新型インフルエンザ 厚労省がガイドライン案
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kur/20070215/ftu_____kur_____000.shtml
■備蓄は最低2週間分
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kur/20070215/ftu_____kur_____001.shtml
(東京新聞 2007.02.15 暮らし)

141 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/15(木) 20:19:47
「新型インフルエンザ・パンデミー」脳内妄想主観で
いっぱいになってしまってる人たちって、
なんかいまいち一流の人たちじゃないような希ガス。
アマゾンの書籍検索に「インフルエンザ」入れてみ。
一時期の「ノストラダムス」本みたいな様相。

142 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/15(木) 22:38:59
ケイレキサショウ?

143 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/16(金) 10:13:11
弱毒型鳥インフル、ふんから検出 福井・北潟湖に飛来の水鳥
2007年2月15日(木)20:53 共同通信
 「野鳥の楽園」として知られる福井県あわら市の北潟湖に飛来した水鳥のふん
から、弱毒型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと福井県が15日、発表した。
県農畜産課によると、ウイルスは弱毒型のH5N2亜型。国立感染症研究所の調査で
判明し、14日夕方に報告を受けたという。県によると、周辺の鶏舎から異常は報告
されていないという。北潟湖は石川県境に近い福井県最北部にある汽水湖。
ttp://news.goo.ne.jp/article/kyodo/life/CO2007021501000554.html

もう、パンデミック化のあとの祭りみたいね、H5N2は。
これは、変異しないのか?w


144 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/16(金) 14:47:08
H5N1の人インフルエンザワクチンの
備蓄なんて何にも用をなさないのに・・・
もう気づかないうちに感染経験して
抗体もってる人までいるよ。

145 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/16(金) 23:41:10
>岡田晴恵 田代眞人 進藤奈邦子 谷口清州 岡部信彦

>この方々は、「新型インフルエンザ・パンデミー」を
>過剰に煽りすぎてしまったのではないか?
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1171088480/

この法螺にまんまと踊らされて・・・
http://www.amazon.co.jp/dp/4087203131/

146 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/17(土) 13:08:55
「死ぬ死ぬ鷺」が群れで飛んでらあ。w

147 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/17(土) 20:26:32

705 :名無しのひみつ :2007/02/17(土) 14:42:38 ID:ZnjXHVNr
別に、「エセ科学」って言われてもいいよ。
でも、あなたが言っている「エセ科学」で世界の感染症対策が決まっている
ということもお忘れ無く。
医学系の弱点は、他の理系に比べて、ある現象の線引きをするのが非常に難
しいというところがあるんですよ。癌の治療なんかはまさにその例で、一つ
の癌という現象に対して、普通に考えれば、一つの方法で治療できるはずだ
けど、実際には人間の個体差に応じていろんな治療法があり、治療法を一つ
一つ試してみないと分からない。じゃあ、予防しましょうという話になると、
起こりえるかも知れない危険因子を、日々の生活の中で除外していくしかな
い。そうやって、対策を講じるしかないわけです。
感染症だって同じで、鳥インフルエンザを起こすウイルスは一つだけど、鳥
インフルエンザが感染することによる社会的損失は、結局どうなるか、誰に
も分からない。じゃあ、感染しないように予防しましょうとなると、最悪の
ことを考えて対応するしかない。
国立感染研の岡部先生は個人的にもよく知っているし、田代先生も何度か講
演会に聞きに行ったことがあります。やはり、彼らの危機感は、最悪の事態、
特に社会的パニックをどう防ぐかを一番に考えているわけです。そうなると、
多少、オオカミ少年になってしまっても致し方ない部分はあると思います。
ただ、予防医学は、なかなか一般の方に理解していただけないことも事実で、
我々は、現場での研究者、たとえば鳥取大学の伊藤先生や京都産業大学の大
槻先生、北海道大学の喜田先生などの研究を参考に、感染の予測をしていき
ながら、対策を講じていることを理解していただきたいのです。
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1170421649/705


148 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/17(土) 20:27:28
>国立感染研の岡部先生
>田代先生
>鳥取大学の伊藤先生
>京都産業大学の大槻先生
>北海道大学の喜田先生など

そうか、やっぱり「エセ科学」だったのか。

149 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/17(土) 22:08:58
>>147
そんな高尚な話じゃない。
数十年前の大流行とか、高病原性ウイルス
の発生源とか検証不能なものを看板に
金引っ張りすぎ

150 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/17(土) 22:59:50
このスレッドでトリインフルエンザが人に感染することを否定しているのは
医学、生物学の知識のない素人です。
だまされないようにしましょう。
少しでも彼の言うことを信じそうになったら遠慮せずに
専門家に質問するスレッド http://science5.2ch.net/test/read.cgi/life/1167302230/
で質問してみましょう。

151 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/17(土) 23:17:21
生物学専門家かい?www ダミダコリャ

152 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/17(土) 23:22:49
このスレッドでトリインフルエンザが人に感染することを否定しているのは
医学、生物学の知識のない素人です。
だまされないようにしましょう。
少しでも彼の言うことを信じそうになったら遠慮せずに
専門家に質問するスレッド http://science5.2ch.net/test/read.cgi/life/1167302230/
で質問してみましょう。


153 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/17(土) 23:43:00
>150 >152
リンクミスでつ。

【病院・医者@2ch掲示板】
http://society5.2ch.net/hosp/
今年もインフルエンザを語るスレ1
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1159342062/
とか…。

----------------------------------------------------------------
2ちゃんねる専用ブラウザ 「Jane Style」
http://janestyle.s11.xrea.com/
Live2ch
http://www8.plala.or.jp/uro/live2ch/
2ちゃんねるブラウザの比較表(仮仮仮仮)
http://browser2ch.web.fc2.com/
---------------------------------------------------------------------


154 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/18(日) 00:10:07
正直、「鳥インフルエンザ」には、
本職の医師は関わっていないと
見ておいた方がよいでしょう。
マユツバのインチキ理論です。
遠巻きに眺めてる感じね。

155 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/18(日) 01:05:21
『トリインフルエンザが人に感染する』

もう、おかしいじゃん。
あくまでも「トリインフルエンザ」って病名のことなんだろ。
病気や症状はうつらないだろ。
感染するのはウイルスのことだよね。ウイルスノコトシッテルノカ?

しっかし、鳥ウイルスが人間に感染するとな。
ぶったまげるねえ。本気で言ってるのか?
ウイルスって生物体の外部に存在するものじゃないのにね。
細胞生命体である細菌と混同してしまってないか?

156 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/18(日) 01:56:34
「人から人への感染はまったく存在しないか非常に限られている」
http://espio.air-nifty.com/espio/2007/02/post_4df5.html

この認識がすでに真っ赤なウソみたいなもの。
人で分離できるほどの感染事例が起こっているということは、
もうすでに人から人の感染がおこっているからだと
思っておかなくてはならない。
もうごくごく普通にあるのにもかかわらず、
感染がないないと言い張るのはおそらく、
ワクチンや製薬の備蓄を促すことが可能でありつづけるからだろう。
それと潤沢な研究費が注がれつづけることと。
流行がすでに終わりつつあるとなれば、
それらを続けることが即パーになってしまうわけだ。

157 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/18(日) 07:26:10
>>156
>ごくごく普通にある 

なんか自分でいってることが矛盾してない?www
カワオカストーカー的には、どっかの調査で養鶏関係者以外には鳥インフルエンザのウィルスに対する抗体が無かった事はどう説明するのでつか?www
 
 


158 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/18(日) 09:16:51
トリインフルエンザ野郎の主張および態度はすべてこれらにあてはまりますw

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%96%91%E4%BC%BC%E7%A7%91%E5%AD%A6
心理学者テレンス・ハインズは著書『ハインズ博士「超科学」をきる』
(ISBN 4759802754)で疑似科学の傾向を以下のようにまとめた。

1. 反証不可能性
2. 検証への消極的態度
3. 立証責任の転嫁

疑似科学者の傾向
1. 自分を天才だと考えている。
2. 仲間たちを例外なく無知な大馬鹿者と考えている。
3. 自分は不当にも迫害され差別されていると考えている。
4. もっとも偉大な科学者や、もっとも確立されている理論に攻撃の的を絞りたいという強迫観念がある。
5. 複雑な専門用語を使って書く傾向がよく見られ、多くの場合、自分が勝手に創った用語や表現を駆使している。


159 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/18(日) 11:36:52
「鳥フル・ブレーク」カルト信者必死杉。

160 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/18(日) 11:38:31
>抗体が無かった

検査方法がペケ。

161 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/18(日) 12:18:53
【フランス】鳥インフルH5N1関連で世界初の公開データベース[02/17]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1171735134/l50
【ロシア】モスクワで発生した鳥インフル、「人への感染は誤報」[02/17]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1171734622/l50


162 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/18(日) 12:29:37
今回のカワオカストーカーの言動は、

検査方法がペケ
「疑似科学の傾向
3. 立証責任の転嫁」

モスクワで発生したトリインフルエンザの人への感染は誤報
「詭弁の特徴のガイドライン
2:ごくまれな反例をとりあげる」
他が誤報だということにはならない。
そもそも、人への感染がなければ、ないと報じられることの
証拠になってるw


163 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/18(日) 14:00:17
↑もう必死
アンタどのねつ造論文の1stなのさ
やっぱここではじめに槍玉にあがったあの論文?

164 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/18(日) 14:07:50
だあれだ?
http://images.google.co.jp/imgres?imgurl=http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/virology/sepiaweb.jpg&imgrefurl=http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/virology/member3.htm&h=120&w=100&sz=7&hl=ja&start=14&tbnid=DJMX7YlQhMW7M:&tbnh=88&tbnw=73&prev=/images%3Fq%3D%E6%B2%B3


165 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/18(日) 14:18:35
生物板のストーカー得意の画像掘り返しキターーーーーーーーーーーー

166 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/18(日) 14:41:15

書き込まれることがワンパターンなので、
先に作っておいた想定問答の文章を使い回ししています。
もっと建設的な意見・質問はないのですか?
なんら恥じることのない、王道を歩く我々には死角はありません。
”現世の魔・俗物堕落した捏造の捏造者”カワオカストーカーなどまったく相手にしておりません。
彼らは「覇道」の末路、われわれはただ「王道を歩む」のみです。
”魔のカワオカストーカー”に対して、我々は”大勝利・大躍進”は確実、
”捏造の捏造主義者の徹底追及の手”を緩めません。

167 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/18(日) 14:42:19
>>165
ネット初心者?googleの使い方はじめて知ったんだねwwww
これが革Pズのピペット土方のレベルでつ

168 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/18(日) 18:13:22
「鳥インフルエンザ」騒動化って、
どうもカルトの雰囲気が漂っているような気がしてならないのだが・・・。

「公明党 鳥インフルエンザ」でググると、
確かに約 83,300ほどの検索ヒットだが・・・。
いまいち像を結ばん・・・。

とにかく、皮Pズは、この「鳥インフルエンザ」について、
オウムでいえばの「村井チーム」だと思う。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E4%BA%95%E7%A7%80%E5%A4%AB
いまだ教祖と官房チームの姿が見えてこないが・・・。

「上祐広報チーム」は推して知るべし。

169 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/20(火) 12:14:45
誰かが言ってたけど、鳥インフルって鳥についてる羽虫?が
原因だって、本当?
普通の鳥は水浴びをするから別に平気なんだって。
でも養鶏場の鶏は水浴びしないでしょ?そのせいなんだって。
だから広がるんだって。
聞いたことある人、いる?


170 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/20(火) 12:30:22
H5N1オルソミクソウイルス がかい?
宿主を選ばないウイルスって凄いんだね。
そんなのは自然には存在しないと思うけど…。
だれか「H5N1教義」の布教活動やってるのかな。

171 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/20(火) 17:03:41
>ダニだって言ってたよ


172 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/20(火) 18:48:00
コウモリに咬まれた鳥がうつしてあるくらしいな。

173 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/21(水) 12:40:59
■致命的インフルエンザウイルスの新発見=『ネイチャー』【大紀元日本2月20日】
 アジア各国が旧暦新年を迎えると共に、特に中国とベトナムでは、大量の
帰省人口の移動に加え、年越しのための鶏肉の需要も増え、自宅で生きた
鳥類を食肉処理する機会も増加している。これらは伝染病を起こす危険性が
増すことに専門家が警告している。専門家が心配しているのは、2003年発生
し始めた鳥インフルエンザは感染後の致死率はすでに61%に上った。1918年
のスペイン風邪はわずか2%の致死率で5千万から1億人の犠牲者が出たことで、
専門家らは鳥インフルエンザを軽視できないとしている。
http://jp.epochtimes.com/jp/2007/02/html/d47343.html

大紀元らしいプロパガンダ記事。なにやら高名な学者先生が・・・。

【1918 Killer Flu Tested on Monkeys】
Washington Post
By SETH BORENSTEIN
The Associated Press
Wednesday, January 17, 2007; 11:06 PM
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395.html

【医療】「スペイン風邪」を人工合成、鳥インフル解明に道筋
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1169122599/

174 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/28(水) 00:17:57

【"Aruaru experience is the mother of science. " 】
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1166966593/160

【捏造】英科学誌「Nature」が「あるある大感染」の捏造問題を掲載 [科学ニュース+]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1172237332/l50

『このような状況から、このinfiction(偽感染)が世界的な破綻を起こしても、
私たち鳥インフルエンザ傍観者はまったく驚かないというのが現状である。
そのような事態が早く起こることを願うばかりである。 2007年2月 ヲチャ』(p.172)
http://www.amazon.co.jp/dp/4087203131/


175 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/28(水) 00:19:23
909 :名無しゲノムのクローンさん :2007/02/27(火) 12:36:04
つくづく「鳥インフルエンザ」騒動劇場には、見事に役者が揃ってしまったんだね。
重箱隅男くんたちは、未だに、H5N1を狂犬病ウイルスみたいにとらえてるみたいね。

なんたってウイルス感染症を、人獣共通感染症もとい“人獣共通ウイルス・感染症”として
認識し、あろうことか“A/H5N1”をそのものとして捉えてるらしいからね。

それを排除根絶できると思い込むなんて、キチガイじみていると言われても
全くピンとこないみたいだしね。それは現実に対しては人間の驕りでしかない。
全く無力な。太古から未来永劫に渡って変わらず、
われわれはウイルスによる選別淘汰を受容せざるを得ないのにもかかわらず…。

われわれの(生物細胞の)ゲノムのなかには、数限りない「レトロウイルス、レトロトランスポゾン、
tRNAの偽遺伝子、ミクロRNA、二本鎖RNAなど、こうしたRNAワールドの残骸ともいえる、
非翻訳RNAなるものがゲノムの大部分を占めて実存している」(by 畑中正一)。

そこにウイルスの起源を見だすことができるのではないのかね?
変異による宿主レセプターの適合を変化させるのではなくて。

もうぼちぼちマヤカシ・ペテンの「鳥インフルエンザH5N1」恫喝はやめておけばいいのにね。
一番ダメポな理論は、H5N1の「宿主域」と「レセプター」のとこね。
「捏造」そのものじゃん。
何たって「感染」現象すら、きちんと認識できていないみたいだからね。
たぶんウイルス「感染」現象のところの勘違い認識の誤りは、初期の頃からすでに在ったのではないだろうか。
そしてそこから、まさに壮大な「天動説」に基づいた「天体運行理論」のごとくに構築されてしまった、
いわば、砂上の楼閣、大仕掛けの張りぼて映画セットのようになっているのではないか。


176 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/28(水) 12:11:15

科学ってのは

1.仮説が立てられる
2.仮説を裏付ける実験結果が得られる
3.第三者が追試して同じ結果が得られる
4.他の科学者が否定を試みるが未だ明確な否定に至らない

こういう事をもって、「現時点での事実」とする学問。
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1170421649/580


177 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/28(水) 12:12:35
>いくつものグループが報告し追試していて誰も反証をしていない
>「トリインフルエンザウイルスが人に感染する」
>ということがらは科学的事実

まさに「ない」ことを証明しろという【悪魔の証明】。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%AE%E8%A8%BC%E6%98%8E


178 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/28(水) 12:32:22
885 :名無しゲノムのクローンさん :2007/02/26(月) 23:36:45
これを読め!
馬鹿野郎ども!
ttp://blog.moura.jp/influenza/2006/06/17__e645.html

http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1131331837/885

プゲラ


179 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/28(水) 12:35:11
ひょっとして、「鳥インフルエンザ」ネタって、
層化学界院がせっせと仕込んだネタなのか?
そう思うと妙に納得しやすいのだが・・・。

180 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/28(水) 13:11:26
【ネオ極東アパルトハイト:日本における新カースト制度】
ttp://xtreme.seesaa.net/article/2824435.html
ttp://xtreme.seesaa.net/

181 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/28(水) 13:59:58
言葉遊びの知らない硬直したオツムのなせるワザ。
典型的なラボ引きこもりラボット人間の習性。
息を吐くようにつける「学者のウソ」。
http://www.amazon.co.jp/dp/4797337060/

『実は科学における理解の意味をいちばん理解していないのが
 科学に従事する"先生"たちなのだ。』
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0476.html
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1131331837/875

【"Aruaru experience is the mother of science. " 】
ttp://www.growingenius.com/paper5.htm
ttp://www.jst.go.jp/kisoken/crest/report/heisei17/pdf/a17/f01/s001.pdf

【1918 Killer Flu Tested on Monkeys】
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395.html

【捏造】英科学誌「Nature」が「あるある大感染」の捏造問題を掲載 [科学ニュース+]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1172369849/l50


182 :名無しゲノムのクローンさん:2007/02/28(水) 14:01:00

『世の中には研究職と同様、熱中し興奮する職業はたくさんあると思う。だが、
研究職というのが、単純なことをわざわざ捏ネ捏ネやって、他の多くの職業と
異なり、ひたすら孤独にラボに引き篭るすごくツラい職業である ことを分かっ
てもらえば幸いである。』(p.171「@柿」より)
http://www.amazon.co.jp/dp/4087203131/
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1131331837/830

『このような状況から、このinfiction(偽感染)が世界的な破綻を起こしても、
私たち鳥インフルエンザ傍観者はまったく驚かないというのが現状である。
そのような事態が早く起こることを願うばかりである。 2007年2月 ヲチャ』(p.172)
http://www.amazon.co.jp/dp/4087203131/

『基本的には、仏教徒である人の姿勢は、はじめの段階では懐疑的でなければ
なりません。何でもすぐに受け入れて盲信するのではなく、それを分析して
調べてみて、最終的にそれが本当に正しいという、ある種のはっきりした確信を
得られたなら、初めて受け入れるわけです。そしてそれを信じるのです。』(ダライラマ)


183 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/01(木) 00:22:11
同じ「クライシス」でも、
http://www.amazon.co.jp/dp/4000093827/
こっちの方が数段タチが悪い。
http://www.amazon.co.jp/dp/4087203131/
「あるある大感染」と「朴利物応用研究」。
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1172237332/150
挙げ句の果てには、「ウイルス」の宿主特異性の無視と、
ウイルス感染症における免疫システムと病理病態の錯誤に基づいた、
人間の感染症対策と畜産養鶏界の防疫対策の誤誘導。
学者としてこれほどの不始末はないのではないか。
その根っこの錯誤は(それも朴理なのかもしれないが)、
「鳥インフルエンザウイルスが直に人間に感染した」ということだろう。
人間で起こった場合は、まずは「ヒトからヒトへの感染」ということを、
注意深く見るべきであった。
目に見えるところの「発症」は、感染現象全体のごくごく一部であるのだから。

これは、「鳥から人に感染している」のではなく、すでに「人から人への感染」
が起こっている可能性が非常に高い。なぜ、それを認めないのだろうか。
ありうる可能性の高いほうを捨象して、なぜ稀有なものの方を選んでしまったのだろうか。
結果、現在、非常におかしなことになっている。
鳥で起こるH5N1型感染事例はいまや稀有なことではなくなっている。
が、あれほどH5N1は人にも感染すると煽った割にはほとんどおこっていない。
人でH5N1感染が起こったとしても、はたして本当に鳥から感染したのか
どうかということの科学的根拠は何ら見出せてもいない。

最初から、鳥のH5型と人のH5型は、インフルエンザウイルスとして、
まったく別のレセプター適合性の別々のウイルスだったのではないのか?
姿かたちが似ていることで混同してしまったのではないだろうか?
ほかのA型インフルエンザウイルスを見分けるようには見ないで。
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1163630005/59

184 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/01(木) 17:52:14

A型インフルエンザウイルスのうち、

なんでH5N1だけが、宿主非特異的に、

鳥から、牛や豚はおろか、猿まで飛び越えて、

いきなりじかに人間に感染できるようになったのですか?

本当に、鳥から感染っているのですか?

何かヘンですよ、ウェブスター先生。


185 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/01(木) 18:17:22
最初から、人の中にも、H5N1型はあったんだろぬえ。
それまで発見されていなかっただけで。

大きな流行と、多数の重篤患者がでなければ、
人類の「脅威」とは認知されないからぬえ。
いくらそれが存在していようとも。

「病気」がたくさんでなきゃ、存在していてもないのと同じだよ、
ウイルスってやつは。

検査技術や方法がいくらか発達して、
ようやっと、その存在がわかるようになっただけのことさ。
昔々から存在していたのにもかかわらず…。

なんでまた、そんなものを、いきなり勘違いやらかしてしまったのかぬえ?

460 :名無しゲノムのクローンさん :2007/02/28(水) 19:57:33
「勤勉な馬鹿ほどはた迷惑なものはない」
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1167436135/l50


186 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/01(木) 20:27:27
64 :名無しのひみつ :2007/03/01(木) 20:10:11 ID:couIhxy7
中国で、ヒト型のH5N1ウイルスがありふれているということになったら、
いままでの研究は何だったのか、ということになるのでは?

■福建省:H5N1型鳥インフルエンザ、人感染確認【大紀元日本3月1日】
ttp://jp.epochtimes.com/jp/2007/03/html/d78165.html

http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1163630005/l50


187 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/02(金) 14:08:46
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1172756028/22

最初から、「ヒト→ヒト」感染だったのに、

いつのまにか、「トリ→ヒト」感染という

ウソにすり替えられてしまっている。

日本のエロい学者も、まんまとそのウソに便乗させられちゃってるんだよね。
http://www.amazon.co.jp/dp/4087203131/
http://www.asyura2.com/0311/health7/msg/935.html
(99のウソの中に、一つの真実が・・・)

「学者のウソ」
http://www.amazon.co.jp/dp/4797337060/

「悪しき者には抵抗(さから)へ、然らずんば汝はその悪事の共犯者たるべし」(p.56)
http://www.amazon.co.jp/dp/4003420950/

188 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/03(土) 14:16:14
【感染症は世界史を動かす】
http://www.amazon.co.jp/dp/4480062866/

こういうデフォルメされた世界観が一番害毒をまき散らす。
まさに予言者か煽動者のようなものだ。
http://www.amazon.co.jp/dp/4003420950/

ひょっとして「銃・病原菌・鉄 ―1万3000年にわたる人類史の謎」のパクリか?
http://www.amazon.co.jp/dp/4794210051/

レビューアーは共産党員だらけのようにも読めるが…。
通常「疫病は金持ちも貧乏人も選ばない」ってのが常識だ。
それと、「疫病」を根絶する未来を想定するなどということは、
いわば「虚構」を「現実」に思い込むまさに「妄想」でもある。
われわれの体自身の宇宙の営みに思いを馳せたい。
それが医術からもたらされる知恵・叡智でもある。

【医学は科学ではない】
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50769494.html
(ちくまもヘンなことをしやがる。まるでマッチポンプじゃないか。)

「赤ちゃんの生命のきまり―知ってかんがえて育てよう」
http://www.amazon.co.jp/dp/4862090028/
http://www.amazon.co.jp/dp/4086500760/

罹らないことでなく、罹っても死ななくて済むことを考えるしかないのにね。
どうも最近の学者どもは、脳内妄想主観が膨らみすぎるのではあるまいか。
それと、学者のくせに全体主義的な観念が強すぎるのではないか。

189 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/03(土) 21:02:25

『そもそも神から預かったものでない「予言」は、ただの妄想でしょう。』
http://www.gfighter.com/00061/20060809002211.php



190 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/04(日) 16:34:11

103 :名無しのひみつ :2007/03/04(日) 16:30:20 ID:TDZvwP3s
平気で息を吐くようにウソをつく。

>一体この世界の誰が、「H5N1が特別だ」と言ってるんだ?

「インフルエンザ危機(クライシス)」河岡義裕
http://www.amazon.co.jp/dp/4087203131/

>H5N1は強毒性である以外、他のインフルエンザウィルスと少しも変る事はないぞ

か?

「kawaoka H5N1」でググるとザクザク出てくるのは何故だい?

【農林水産省 鳥インフルエンザに関する情報】
http://www.maff.go.jp/tori/index.html
【厚生労働省 新型インフルエンザ対策関連情報】
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

【動物衛生研究所 高病原性鳥インフルエンザ関連情報】
http://niah.naro.affrc.go.jp/disease/poultry/tori_influenza.html
【国立感染症研究所 感染症情報センター 高病原性鳥インフルエンザ】
http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/index.html

★「感染症法」一部改正後の感染性疾病とその類型
■四類感染症 高病原性鳥インフルエンザ(* 2003年の法律の一部改正で新しく追加された感染症。)
http://www.hitotsubashi-shuppan.co.jp/high_t/hokentaiiku/hokentaiiku_newsbk2.html


191 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/04(日) 16:35:00

布教活動の成果だろが。

【「高病原性鳥インフルエンザに関する意見交換会」】
http://www.maff.go.jp/syoku_anzen/161015tori_iken_kokan/bird_flu.htm
【日本における鳥インフルエンザ問題の現状と課題】
http://wwwsoc.nii.ac.jp/osj/japanese/materials/birdflu/birdflu_main.html

【「インフルエンザウイルス感染過程の解明とその応用」】
http://72.14.235.104/search?q=cache:4yasQ3whKRgJ:www.jst.go.jp/kisoken/crest/report/heisei17/pdf/a17/f01/s001.pdf+H274Y&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=3&lr=lang_ja

あんまりだぜ、
曲がりなりにもオルソミクソウイルスの一族に過ぎないものを、
ラブドウイルスやフィロウイルスのような動態を示すかのように、
わざわざすり替えてしまうなんて。
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1169122599/103


192 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/05(月) 00:37:19
ナショナルジオグラフィックが鳥インフルエンザのこと結構書いてた。
冗談なんて言っていられなくなるくらい深刻
http://nationalgeographic.jp/nng/sp/earth/

193 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/05(月) 01:06:25
どうかな?
結局、センセーショナルな話題はつかみは桶だからね。
無責任な垂れ流しっぱなしってことね。
それと「鳥インフルエンザ・パンデミック」って、
末法・終末信仰に都合よいことだらけの希ガス。
キリスト教圏にも有効なのかもね。

つくづく「鳥インフルエンザウイルス」学者衆は稀代のペテン師だと思うよ。

『自分の研究テーマの重要性を訴えるのはいいとしても、この機会にどっさり
研究費を招きよせたいからと言って、いたずらに恫喝していいという道理はない。』
http://www.amazon.co.jp/dp/4047100803/

『世間のウソ』
http://www.amazon.co.jp/dp/4106100991/

194 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/05(月) 16:22:40
ここらへんが、主義者・信者さまたちの巣だろうね。
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/infection/1170799488/l50

勝手に妄想を膨らますのは自由だが、
ウイルスの生態は、そんな人間の思惑には一切お構いなしだ。

ファクトは何ら変わることはない。
さりとて人間が変えられるものでもない。

195 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/06(火) 03:09:55

発禁 ☆★灯台烏賊犬★☆ part2
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1172852717/

いまや人間の病気も獣医が「鳥から人に感染する」のを予防するニダ。

なんたって「人獣共通ウイルス・感染症」を根絶する目標を掲げてるニダ。

われわれは高邁な博愛精神に則って「それぞれのプロが適材適所で働く」
ひたすら烏賊様チームプレイに励むニダ。
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1163630005/90


196 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/14(水) 15:58:14
【感染症Up-to-date ジュネーブの窓から】
■第17回 この冬の世界の鳥インフルエンザは
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2007dir/n2722dir/n2722_05.htm
-----------------------------------------------------------------------
1991年琉球大学卒。在沖縄米国海軍病院インターンを経て,
1993年より大阪大学医学部小児科入局,臨床研修。同大学院にてウイルス学を学ぶ(1998年修了)。
箕面市立病院勤務を経て,1999−2001年,国立感染症研究所実地疫学専門家養成コース(FETP)1期に参加。
横浜検疫所検疫課勤務の後,2002年11月より国立感染症研究所感染症情報センターに主任研究官として採用。
香港におけるSARS,京都府における鳥インフルエンザ等のアウトブレイク,感染症の調査・対応に当たる。
2004年8月より短期契約の医師としてWHO感染症サーベイランス・対応部勤務。
翌2005年6月より 2年間の長期契約となり現在に至る。
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2005dir/n2652dir/n2652_04.htm
----------------------------------------------------------------

【進藤奈邦子 WHO(世界保健機関) メディカルオフィサー】
http://www.ewoman.co.jp/winwin/54sn/
【WHO医師・進藤奈邦子(2006年2月28日放送)|NHKプロフェッショナル 仕事の流儀】
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/060228/index.html


197 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/17(土) 00:00:32
【新型インフルエンザ】公明新聞:2007年3月16日

大流行へ対策万全に 沢、鰐淵、遠山の各氏が質疑
田代公述人 十分な事前準備急げ 参院予算委で公聴会

 参院予算委員会は15日、2007年度政府予算案に関する公聴会を開き、公明党推薦の田代眞人・国立感染症研究所ウイルス第3部長ら6人の公述人の意見陳述と質疑を行った。公明党からは沢雄二、鰐淵洋子、遠山清彦の各氏が質問に立った。

 沢氏は、世界的に高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)がまん延し、発生の危険性が高まっている新型インフルエンザについて、国内で大流行する可能性について聞いた。

 これに対し、田代公述人は、だれも予想できないが、いつ起こっても不思議ではない状況にあると答えた。

 また、沢氏は、国内で大流行した場合に個人や企業、学校が取るべき対応について最も重要な視点は何かを聞いた。

 田代公述人は「リスクを最低限に抑えるためには外に出ないことが大事」と述べ、そのためにも2週間程度以上の日常品や食料品の事前の備蓄が必要と指摘した。


198 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/17(土) 00:01:39
(承前)
 一方、鰐淵さんは、景気回復の恩恵が「国民まで行き届いていない」と指摘し、回復の流れを地方や中小企業、家計へと浸透させていく必要性を強調。

 その上で、厳しい競争によって生産コスト(費用)が引き下げられる中、中小企業を中心に“下請けいじめ”が横行していることについて見解を聞いた。

 公述人の富田俊基・中央大学法学部教授は、成長力のある中小企業も多く存在しているとした上で、企業規模の大きさだけを見て、扱いを差別する考え方とは決別する時期が来ていると答えた。

 また、遠山氏は、拉致問題の早期解決を望む国民の圧力がある中で北朝鮮との交渉に進展がない時、「焦りが政府の中に出てくることも否めない」と指摘。その上で、日朝協議を良い方向に進めるための要点を聞いた。

 公述人の重村智計・早稲田大学教授は「行き詰まっているのは北朝鮮だ」とし、北朝鮮が交渉しないふりをして圧力をかけようとすることはよくあることと指摘。
 その上で、(1)北朝鮮の状況をよく把握する(2)常に交渉を続ける(3)拉致問題について常に声を発する――ことが重要だとし、「(日本は)解決する道があることをしっかり理解することが大事だ」と述べた。
ttp://www.komei.or.jp/news/2007/0316/8343.html

【公明党推薦の田代眞人・国立感染症研究所ウイルス第3部長ら6人の公述人】


199 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/17(土) 14:56:22
★感染症対策で協力を強化 日本とインドネシア
2007年3月16日(金)21:19 共同通信

 国立感染症研究所とインドネシアの国立保健研究開発研究所は16日、
高病原性鳥インフルエンザなど感染症対策の協力と連携強化をうたった
共同宣言に都内で署名した。両国で今後、(1)感染症に関する共同研究
(2)共同学術会議の開催(3)人材開発−などについて相互に支援、
協力する。柳沢厚労相は「両国の協力でアジア全体の鳥インフルエンザの
研究がより強まる」と期待感を示した。
ttp://news.goo.ne.jp/article/kyodo/nation/CO2007031601000754.html

何事も研究研究。

『学者のホンネ』
http://homepage3.nifty.com/kinmirai/essaylist.html
http://homepage3.nifty.com/kinmirai/
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50761422.html
http://www.amazon.co.jp/dp/4797337060/


200 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/17(土) 22:18:17
じわじわ増加しているAIDS対策に比べてお鳥さまのインフルは気が楽だよね
アルアル言ってればいいだけだし
針刺ししても感染する恐れはないし

201 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/19(月) 00:43:43
現代に甦る「ルイセンコ先生」たちがつくった
仮想現実「鳥インフルエンザ感染」禍。
---------------------------------------------------------------

『インフルエンザ危機(クライシス) 』河岡 義裕
http://www.amazon.co.jp/dp/4087203131/

『感染症とたたかう -インフルエンザとSARS- 』岡田 晴恵 田代 眞人
http://www.amazon.co.jp/dp/4004308704/
『鳥インフルエンザの脅威』岡田 晴恵
http://www.amazon.co.jp/dp/4309251803/
『強毒性新型インフルエンザの脅威』岡田 晴恵 速水 融
http://www.amazon.co.jp/dp/4894345277/
『パンデミック・フルー 新型インフルエンザ Xデー ハンドブック』岡田 晴恵
http://www.amazon.co.jp/dp/4062136740/

『新型インフルエンザ―世界がふるえる日』山本 太郎
http://www.amazon.co.jp/dp/4004310350/
『新型インフルエンザ・クライシス』外岡 立人
http://www.amazon.co.jp/dp/4000093827/
『動物ウイルスが人間を襲う!―エイズ、鳥インフルエンザ、サーズ…』中島 捷久 澤井 仁
http://www.amazon.co.jp/dp/4569658105/
『鳥インフルエンザはウイルスの警告だ!―ヒトとウイルスの不思議な関係』吉川 泰弘
http://www.amazon.co.jp/dp/4476032885/
『新型インフルエンザ―アウトブレイク前夜』梅田 悦生
http://www.amazon.co.jp/dp/4788704692/
『新型ウイルスの正体とわが身の守り方―これだけは知っておこうSARSの恐怖からウイルスの基礎知識まで』中原 英臣 佐川 峻
http://www.amazon.co.jp/dp/4806118478/
『インフルエンザ―新型ウイルスの脅威』菅谷 憲夫
http://www.amazon.co.jp/dp/4621053086/

202 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/19(月) 00:52:19
『こわい!ウイルス・感染症〈3〉新型インフルエンザ・西ナイル熱…感染症から身を守る方法』山崎 智嘉 岡部 信彦
http://www.amazon.co.jp/dp/4811379438/
『こわい!ウイルス・感染症〈2〉鳥インフルエンザ・SARS…細菌・ウイルス・カビ・寄生虫 驚異の正体』山崎 智嘉 岡部 信彦
http://www.amazon.co.jp/dp/481137942X/

『インフルエンザの世紀―「スペインかぜ」から「鳥インフルエンザ」まで』加地 正郎
http://www.amazon.co.jp/dp/4582852602/
『インフルエンザとかぜ症候群』加地 正郎
http://www.amazon.co.jp/dp/4525230029/
『新型インフルエンザパンデミック』加地 正郎
http://www.amazon.co.jp/dp/4525230614/

感染症医学の専門家って何人もいないんだね。
しかも加地先生そのものが、
1997年香港事例の見立てを間違ってるようだ。ナルホドネ

それにしても、
【『感染症とたたかう -インフルエンザとSARS- 』岡田 晴恵 田代 眞人】(2003年11月)以降、
「恫喝」が特にヒートアップしてるね。

203 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/19(月) 18:56:42
【インフルエンザワクチンは効くのか】
http://homepage2.nifty.com/sisibata/infuruenza.html

>田代真人・予研ウイルス第一部長も同氏監修の書物
>『新型インフルエンザA「X」』(法研、96年)で、
http://www.amazon.co.jp/dp/487954163X/
>新しいインフルエンザによる危機管理とワクチン増産が
>必要だと宣伝しました。


204 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/21(水) 01:42:22
【週刊現代 3月3日号】
●こんなことで鶏肉と鶏卵を食べて安全なのか
■「鳥インフルエンザの闇ワクチン蔓延を警告する」
http://online.wgen.jp/
-----------------------------------------

【サンデー毎日 4月1日号】
■農水省も困惑! 養鶏農家を激怒させた 鳥インフルエンザ権威の問題発言
http://www.mainichi.co.jp/syuppan/sunday/

■3月22日に全国集会 日本鶏卵生産者協会が東京で(鶏鳴新聞 2007.03.15発行)
 日本鶏卵生産者協会(梅原宏保会長)は3月22日午後1時30分から、
東京都港区虎ノ門の虎ノ門パストラルで全国集会を開く。
 週刊現代の3月3日号に掲載された、大槻公一京都産業大学客員教授名の
「こんなことで鶏肉と鶏卵を食べて安全なのか―鳥インフルエンザの闇ワクチ
ンを警告する」と題する記事が、消費者に多大な誤解を与えるとともに、風評
被害の大きな要因ともなりかねないため、養鶏生産者による全国集会を緊急に
開いて対応を協議することにしたもの。
http://www.keimei.ne.jp/article/20070315n1.html


205 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/21(水) 01:43:10

【平成19年2月26日 京都産業大学】
週刊現代(3月3日号)こんなことで鶏肉と鶏卵を食べて安全なのか
「鳥インフルエンザの闇ワクチン蔓延を警告する」の記事について
http://www3.kyoto-su.ac.jp/more/2007/305/20070223_airc.html
http://www3.kyoto-su.ac.jp/project/airc/index.html
---------------------------------------------------------------------------

何かヘンだ。
学の中の人、官の中の人、産の中の人 がつるんで、
やはり「ウイルスはまん延してない」という「思い込ませ」(観念)を
強化するための情報コントロールの一環なのではなかろうか?
実質、「清浄国論」は破綻しているのにも関わらず。

騒動師衆による「鳥インフルエンザ」中央情報管制本部
のようなものがあるのではないか?
週刊現代にサンデー毎日、何か怪しい。
そして、タイミングを見計らったかのような環境省のクマタカねた。

206 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/23(金) 14:23:17
【新型感染症(仮)@2ch掲示板】
http://etc6.2ch.net/infection/index.html

この板はもうすでにオワタ。

207 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/24(土) 15:56:29
鳥インフル騒動が草加学会員の陰謀だとしたら
その事実を明らかにする必要があるな

国立感染研が草加学会員に乗っ取られているのだとしたら
国民はその事実を理解する必要があるな

知らないということは危険である

マスゴミの情報操作に踊らされてはいけない

208 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/24(土) 16:01:34
だから、「関連スレ」 全部に立て続けに書いたらばれるってw

209 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/24(土) 16:08:49
>>206
そんな板あったんだねw しかしなんつうかなあ。
怪しい話が多いわなあw 昔はこれに本物の病気が流行ったりするからもっとパニックだったんだろうけどね。
今は情報源が多いからっつうか病気自体も減ったんだろうけど。

210 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/24(土) 22:30:32
>>208
>ばれる

おまい、なんかばれたらマズイ後ろめたいことでもやってるのか?
普通そんなことは気にしないで書いてるんだが。

211 :みんな、まずは就職だ:2007/03/25(日) 14:47:05
IPBシゲタ動物薬品工業(インドネシア) 大野市七板の紡績工場跡に鶏
用インフルエンザワクチンの製造工場「日本福井工場」を建設、2006年
夏に稼働。地元から60−80人を雇用
  掲載紙 日刊県民福井  掲載日付 2006年3月11日
http://www.fisc.jp/newspaper/archive/0603/1108.html

シゲタ動物薬品工業(富山県小矢部市) 大野市七坂の旧紡績工場で生ごみ
などの廃棄物を処理する機械の製造組立工場を2007年4月下旬ごろ稼動。
地元優先で約70人を雇用
  掲載紙 日刊県民福井  掲載日付 2007年3月2日
http://www.fisc.jp/newspaper/archive/0703/0215.html

2007年02月21日(北日本新聞(富山県))
http://www.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20070221/3190.html
 シゲタ動物薬品工業(小矢部市小森谷、西尾義行社長)は二十日、双日ジ
ーエムシー(東京・港区)、中部大、金沢大などと、産学共同で新種のバク
テリアを使った廃棄物処理機を開発したと発表した。
 処理機は食品廃棄物、家畜排せつ物、下水汚泥に対応。約五十種類のバク
テリアを付着させた木材チップを母材として機内に投入し、廃棄物を加えて
中高温でかくはんする。
 二十四時間以内に廃棄物を分解し、消滅させることができる。
 シゲタ動物薬品工業のスタッフと中部大の伊藤康彦教授、金沢大の廣瀬幸
雄特任教授らによるプロジェクトチームが、五種類の新種バクテリアと処理
機を開発。悪臭の元となるアンモニアや温室効果を持つメタンの発生を抑制
できるという。
 一日の処理能力が三十リットルから四千リットルまでの全七仕様を用意し、
同社工場で製造する。双日ジーエムシーが総販売元となり、平成十九年度は
約四百台の販売を目標にしている。


212 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/25(日) 18:03:12
ふ〜ん・・・。

293 :みんな、まずは就職だ :2007/03/25(日) 14:43:05
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1174521589/293

やっぱちょんのねっとログ流し工作員が徘徊してるのかぬえ。
そのネタはお仲間の鼻高々宣伝のつもり?

213 :俺を探せ:2007/03/26(月) 14:19:42
dear 高卒準看馬鹿茄子

from 日昇国彩圏西部ライオンズ市 
   「吉川病院」幻帥 鶏 哲夫

いつも俺の心を満たしてくれてありがとう。
いつも俺を癒してくれてありがとう。
いつも俺のカレー臭を嗅いでくれてありがとう。
俺は君が好きなのだ。好きでたまらないのだ。
カレー臭のするこんな俺だけど・・・
小さいことにすぐにカッカッして鶏冠をたててしまうこんな俺だけど・・・
専門資格がないのに専門外来をやってばれそうになったから
あせって本物用意しちゃうかもしれないこんな俺だけど・・・
どんなときも[他力本願]な俺だけど・・・
警察に盗聴、テンペスト、デマ流し頼んじゃうこんな俺だけど・・・
イキガルけどビビリへたれなこんな俺だけど・・・
老いているわりに精神的に幼いお茶目なこんな俺だけど・・・
髪のボリュウムが少し気になるこんな俺だけど・・・
我が子と二十歳の約束果たせるかわからないこんな俺だけど・・・
ハイエナのように患者にこっそり不正請求するこんな俺だけど・・・
トラのサッチーに足元にも及ばないこんな俺だけど・・・

    君が好きなのだ!!!!!
   信じて愛して優しくしてほしい。
     心をこめて君におくる。
   この思いにはやくきずいてほしい・・・・




214 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/26(月) 21:53:40
発熱時の電話相談を新設 厚労省、新型インフル指針

 厚生労働省の専門家会議(議長・岡部信彦国立感染症研究所感染症情報センター長)
は26日、新型インフルエンザの被害を最小限に抑えるために国や自治体、企業、
個人が取るべき対策の指針をまとめた。

 発生初期の感染拡大防止策として、発熱者が病院に行く前に電話で対応を相談できる
センターの設置などを提言。家庭で備蓄すべき食料などのリストも示した。

 国の新型対策の柱の一つであるインフルエンザ治療薬タミフルの備蓄や使用については、
異常行動との関連から厚労省が10代への投与を中止する中、新型は重症化の恐れが強い
ことから従来の方針を変えず、10代にも使用することを確認した。

 指針は(1)早期対応戦略(2)医療(3)ワクチン(4)職場での対策
(5)家庭や地域での対策−など13分野。

 備蓄ワクチンの接種では、医療従事者のほか社会機能維持者を優先するとし、
治安維持、ライフライン関係者以外に議員や知事、市町村長、報道機関などを挙げた。

 家庭には2週間分程度の食料などの備蓄を推奨し、リストに米やレトルト食品、
水、常備薬などを例示している。
(共同)
(2007年03月26日 21時40分)
ttp://www.tokyo-np.co.jp/flash/2007032601000555.html


■新型インフルエンザ 厚労省がガイドライン案
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kur/20070215/ftu_____kur_____000.shtml
■備蓄は最低2週間分
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kur/20070215/ftu_____kur_____001.shtml
(東京新聞 2007.02.15 暮らし)

215 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/26(月) 23:02:20
起こりもしない、あるある「新型インフルエンザ・パンデミック」を
でっち上げることができれば、あとは国費を吸いたい放題だな。
つくづくえらい大掛かりに騙し通せてしまったものだと思うよ。
タカリ香具師の腕前はなかなか大したものだ。
これじゃ、日本国民の民度、いつまでもなめられて当然だ。
いつまでも公金にぶらさがる「産官学」癒着談合複合体の思うままだな。

216 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/27(火) 00:06:54
【生物】絶滅危惧種クマタカから鳥インフル検出 熊本
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1174232929/l50

217 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/27(火) 13:38:38
>>211
鳥インフル騒動は、旧被差別部落民の経済活動だということがはっきりしてきたな
小泉が飯島を使って不当利権を叩きつぶしたはずなのにな
草加と組んで逆襲を狙っているのか

218 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/27(火) 22:45:49
また自作自演か。w

219 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/27(火) 22:48:01
途上国のワクチン確保検討 WHO、新型インフルに備え

. 世界保健機関(WHO)は26日、世界的なインフルエンザ大流行に備え、
発展途上国がワクチンを確保できる仕組みを探る初の国際専門家会合をジャカ
ルタで開催した。ヘイマン事務局長補代行(鳥インフルエンザ問題担当)は、
途上国のためにワクチン備蓄枠の新設や資金支援策の検討を進める考えを示した。

 会合は、インドネシア政府が2月に鳥インフルエンザのウイルス検体提供を
拒否したことをきっかけに開かれた。

 同国政府は、検体を使って開発されたワクチンを途上国が入手できる「公正な
仕組み」の導入を主張。今月初め、検体の商業利用禁止でWHOと合意したと
発表したが、ヘイマン氏は26日、記者団に「(商業利用禁止は)ワクチン開発を
妨げる」と述べ、合意を明確に否定した。

 WHOはこの問題で4月に資金支援策を協議する会合開催を検討中で、5月の
総会でも話し合うという。(共同)
(2007/03/27 00:22)
ttp://www.sankei.co.jp/seikatsu/kenko/070327/knk070327000.htm


220 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/27(火) 22:55:55
新型インフル防げ!日本とASEANが初の合同訓練へ 3月27日21時7分 読売新聞

 【マニラ=遠藤富美子】マニラの世界保健機関(WHO)西太平洋事務局は
27日、鳥インフルエンザのウイルスが変異し、人から人に感染する新型イン
フルエンザが発生した際の早期封じ込めを狙った初の合同訓練を来月2〜3日、
同事務局と東南アジア諸国連合(ASEAN)各国や日本を結んで実施すると
発表した。

 訓練は、カンボジアで新型インフルエンザが発生したとの想定で、各国・機関
による情報の共有、シンガポールからカンボジアへの治療薬「タミフル」の空輸
手続きなどを訓練する。

 日本が昨年、ASEANに供与したタミフル50万人分と防護用品70万人分が
シンガポールに備蓄されており、訓練はこれを踏まえて行われる。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000213-yom-int


221 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/27(火) 23:33:41
【インフルエンザ】 新型インフル防げ!日本とASEANが初の合同訓練へ…ワクチン空輸手続きなど [03/27]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1174996573/l50

222 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/28(水) 19:27:58
【医療】新型インフルエンザのワクチン 来年にも承認申請
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1161182193/l50

223 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/28(水) 23:07:49

いま国内で、

それと気付かれずに

H5N1が流行っていても、

ちっとも不思議じゃない。

だが、心配は無用だ。

なあに、かえって免疫力がつく。
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1132824482/

感染したら、ラッキーかもしれない。
http://www.enpitu.ne.jp/usr4/bin/day?id=45126&pg=20051129


224 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/29(木) 02:04:43
WHOは、これまでに何度か大きな失敗をしてきた
鳥インフル騒ぎもそのひとつだ

失敗の責任者は誰なんだ!

琉球大卒のお医者さま 教えてくださいな
えせ科学に振り回されて全世界を振り回している阿呆なWHO官僚は誰なのか?

225 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/29(木) 02:23:17
口封じで消されました。

■極東ブログ: 李鍾郁WHO事務局長の死を悼む
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2006/05/post_e0a0.html

226 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/29(木) 04:03:17
どんな陰謀なのかね?
血圧上げる薬でも盛られたのか?

日本→韓国→中国と事務総長が交代したのも陰謀なのか?

日本の中嶋さんは今でも語りぐさになるほど劣等だったらしいよね
日本人として恥ずかしいよ

227 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/29(木) 12:23:01
宮崎県知事がインフルエンザでダウンだそうだが、
これがH5N1への感染で、
しかもタミフル飲んで病院の窓からI CAN FLY!したら最強

228 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/29(木) 17:30:23
【中国】安徽省で16歳生徒が死亡…鳥インフルエンザウイルスの感染[03/29]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1175136818/l50
9カ月の女児から鳥インフルエンザウイルスを検出 香港 2007年3月21日(水)19:34
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/business/K2007032101980.html
鳥インフル死者、15人に=中国 3月29日12時0分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000058-jij-int

(新華社〜)露板(〜朝ニチ)〜CNN〜NYT・・・
(本来、大したことない風邪ひいて重症化しただけのつまんない記事。)

「ラムズフェルドのもうけ方〜桜井春彦コラム〜」 テンケイテキナサヨクタソ カクランネタ?
オーマイニュースインターナショナル
http://www.ohmynews.co.jp/OhmyColumn.aspx?news_id=000000006255

【農研機構特別研究員の募集】(農業・生物系特定産業技術研究機構)
http://niah.naro.affrc.go.jp/guide/saiyo/20070329.html
(形式的な募集のふり?)

229 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/30(金) 21:42:45
中国やインドネシアの人の「鳥インフルエンザ」。
まだまだ、「鳥ウイルスが直に人間に感染した」と騙し通せてるみたいだな。
フルH5N1・ルイセンコ先生たちの権威は保ってるようだ。

230 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/31(土) 00:55:14
と言うあなたはんは、どういう考え?

231 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/31(土) 01:16:55
鳥で流行してるウイルスと人間のとは別個のもの。
人間のH5N1も大して珍しいものではなくなってるってこと。
たまたま重篤化してるのだけが把握されてるだけ。
鳥から感染したって見てしまうのがそのそもの間違い。
あくまでも人の中で起こってる人ウイルス感染。
H5N1に関しては、大方の狼少年たちの予想妄想に反して
パンデミーは、カスっておわりということ。
鳥ウイルスH5N1が変異して、人間で感染増殖できるようになる
というストーリー自体が仮想妄想であったということ。
科学者の「仮説」だったら、
適当なところで早めに引っ込めなかったら「捏造」そのもの。

232 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/31(土) 02:32:06
人間のH5N1も大して珍しいものではなくなってるってこと。

これは、初耳。
これが、本当なら革Pや、WHOの主張はまったく根拠のない「大嘘」ということになる。
こりゃてぇへんだ!
こりゃてぇへんだ!
こりゃてぇへんだ!

233 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/31(土) 02:44:26
オオカミ少年が騒いでるが、人間では、ぜんぜん、新型インフル大流行のきざしはないよな
鳥ウイルスH5N1が、鳥の間で流行して、ニワトリや七面鳥の大量死が何件か見られたけど
爆発的流行にはなってないし、人間間の感染も起きてない
それは、WHOや革Pの努力のおかげだと言ってしまうと、否定は困難だがのう

1918のスペイン風邪ウイルスが生まれたのはシカゴ郊外で、悪性化したのは、スペインかどこかだよな
大流行の背景には、第一次大戦による社会の混乱と疲弊、栄養状態の低下、それから、兵士の大量輸送による人間の
移動があった

抗生剤も存在しなかったし
そもそも、インフルがウイルス感染症だという知識すらなかった

でも、いったい、どうして、鳥インフルが変異してスペイン風邪みたいな大流行を起こす〔かもしれない〕なんて騒ぎ始めた
んだ

タミフルで一儲けを企んだラムズフェルトとワクチン屋の陰謀なのか?
SARSの恐怖を利用した新ビジネスなのかなあ!

234 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/31(土) 03:02:03
まず、鳥H5N2の場合、国内の野生マガモの糞から検出できたそうだ。
http://www.sasayama.or.jp/wordpress/?p=710
とういことは、(鳥類界に)かなり“ひろく存在(常在)している”可能性が高い。
畜産養鶏種とて隔離しきれないわけだ。
ところが日本の制度は「存在なし」が前提。
http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070330/jkn070330011.htm
環境・生態系に対する学者先生方のウソがあると思わん?

で、これ。
http://www.sasayama.or.jp/wordpress/?p=708
ヘンなストーリー捏ね捏ねするくらいなら、
いっそ、もうすでにH5N1の感染経験があったと
言ってしまったほうがすっきりわかりやすい。
自然免疫なんてインチキ話じゃなく、
すでに抗体産生能を獲得していた、感染経験があった可能性が高い、
というべきではないのか?

本気で抗体保有調査をやっておくべきじゃないだろうか?
といっても、インフル政策を牛耳ってるのがルイセンコ先生たちだからね。
日本人だってもうすでに抗体持ってる可能性が高いと思うよ。
H5N2はおろかH5N1も。
まあ、それがわかったからって、現実は何も変わらない。
変えなきゃいけないのは新型フル政策の方。
だが、一旦決めた制度を改変したり廃止することぐらい厄介なこともない。
大変な状況になってると思うよ。制度的には。
畜産養鶏業界がそうだもの。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~tamago/ai.htm

235 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/31(土) 03:32:56
抗体がアルのにナイというのは【ナイナイ】詐欺?

ルイセンコ先生の新たな発明 【ナイナイ】詐欺

236 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/31(土) 03:41:37
不安を煽るための「変異・新型ウイルスH5N1大流行」は「あるある」。
実際の大したことない普通の「ヒトウイルスA/H5N1感染」は「ないない」。
でたまたま表沙汰になったやつは「鳥から直に人間に感染した」とレ・トリック。
肺の奥に共通のレセプターがあるといって。稀に感染するんだと。

237 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/31(土) 11:00:39
養鶏場の従業員の血液検査を行うと、H5N1型ヒトインフルの蔓延の実態が分かるわな
農水か厚労省で早く調べた方がいいぜ

不顕性感染がどれだけ多いかはっきりさせた方がいい
ルイセンコ先生よう
そろそろ正直になろうよ

238 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/31(土) 12:54:14
>養鶏場の従業員の血液検査を行うと、
>H5N1型ヒトインフルの蔓延の実態が分かるわな

この認識も“創科学ルイセンコ”学説に毒されてる。
鳥ウイルスのまん延状況は鳥を調べるべき。
人ウイルスのまん延状況は人を調べるべき。

結局、「鳥インフルエンザが人間に“感染”した」というインチキ学説が
烏賊に強い教義であったかということの証左なのかもしれないが。

239 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/31(土) 20:38:02
布教活動でつ。

【「予防・治療、社会で備えを」 岡部信彦氏講演】
http://www.chugoku-np.co.jp/Health/An07032101.html

ワクチン・シンジケートの官側のエージェントでつ。

240 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/31(土) 21:40:57
岡部信彦氏
お顔が草加顔ですが、信者さんですか?

241 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/31(土) 21:45:12
鳥インフル騒動は、草加の政治活動、草加系マスコミが宣伝・報道
京大病院心臓外科教授解任騒ぎは、同和の騒動、同和系マスコミが宣伝・報道

マスコミの中にも、いくつもの謀略があるんですね
ニュース23と電通は在日系マスコミ

242 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/31(土) 22:53:12
>>241
その童話ってえのも、実際はちょんじゃねえのかなぁ?

243 :名無しゲノムのクローンさん:2007/03/31(土) 23:55:56

★新型感染防止 外出自粛が効果

 新型インフルエンザが世界的に大流行した場合、日本では最悪64万人が
死亡すると想定されていますが、早い段階で多くの人が外出を控えれば、
感染者を15分の1に減らせるという研究成果を国立感染症研究所の
グループがまとめました。

 この研究を行ったのは、国立感染症研究所の大日康史主任研究官の
グループです。研究グループは、首都圏88万人の行動を記録したデータを
基に、海外でウイルスに感染した会社員が帰国し、通勤電車や職場で感染を
広げた場合をシミュレーションしました。その結果、対策がとられない場合は、
発症から7日目に首都圏の感染者は1日で13万人近くに達し、ウイルスが
爆発的に広がることがわかりました。一方、会社員が発症して3日目に新型
インフルエンザと確認され、主婦や子どもの80%、電車通勤の人の40%が
外出を自粛できれば、1日で13万人近くに達した感染者は15分の1の
8000人余りに減らせることがわかりました。
研究を行った大日主任研究官は「感染が急速に広がれば、医療機関がパンクし、
社会的にもパニックになりかねない。感染者、死亡者をどれだけ抑えられるかは、
行政や国民ひとりひとりが外出の自粛をどれだけ早く始められるかにかかっている」
と話しています。

NHK 3月31日 20時51分
ttp://www3.nhk.or.jp/news/2007/03/31/k20070331000161.html
ttp://www3.nhk.or.jp/news/2007/03/31/d20070331000161.html
---------------------------------------------

7時のニュースでやってたが、凄いオドロオドロしい、
まるで脅すようなニュースであった。
まじで、感染研の連中は頭がおかしいんじゃないか?


244 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/01(日) 00:13:08
政権交代を控えて、戒厳令のシミュレーションを行っているのか
それとも、薨去を目前になにか陰謀を巡らせているのか
偉大な指導者の年を数え、天が落ちてくるような不安におののいているのか

草加系マスコミのネットワークは恐ろしい
今や、政権与党だからな

245 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/01(日) 00:23:22
>>242
在日は、母国の経済発展とともに自信をつけている
不法行為を続けているのは、北を母国にする人達だけだろう
童話は、保護法の廃止以来、これまでの特権を失って盲動している

小泉改革の影響が大きい
平成14年「地域改善対策特定事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律」失効、特別対策は一般対策へと移行

246 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/01(日) 07:15:35
ここ数日の発症のペースを見るといよいよウィルスが変異してヒトヒト感
染が始まりつつあることを示しているようだ。
インドネシアの医師が患者から感染した可能性があることが報道されているが
、感染したことが実証されたら、いよいよパンデミック前夜となった感がある。

247 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/01(日) 07:38:58
発病予定者を飛行機に載せるな
quarantine規則を決めよ

248 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/01(日) 14:26:00
>>246
>>247
創科学界ヘタレ工作ご苦労さん。

249 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/01(日) 14:40:15
>>245
>在日は、母国の経済発展とともに自信をつけている
>不法行為を続けているのは、北を母国にする人達だけだろう
>童話は、保護法の廃止以来、これまでの特権を失って盲動している

おまい、ただの勘違いなのか? 
それとも、わざと攪乱誘導情報ばら撒いてるのか?

童話(ブラック差別)ってのは、戦後の創作だお。
実質は、在日問題。ちょんが水平社運動に割り込みしただけだ。
怪童も、朝鮮なりすましウヨ(○暴)も、裏では手を握っている仲。
共産党(サヨク)運動も戦後は在日運動。草加も朝鮮宗教。
すべて「在日朝鮮人」がキーワード。半島に北も南もない。
日本人からすれば、目糞鼻糞の違いでしかない。
http://www.amazon.co.jp/dp/4796653295/
http://www.amazon.co.jp/dp/4796649735/
http://www.amazon.co.jp/dp/4775508385/

250 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/01(日) 17:29:35
歴史の勉強知れ
白土三平の「カムイ伝」「忍者武芸帳」「サスケ」を嫁

穢多頭弾左衛門
http://ja.wikipedia.org/wiki/弾左衛門
http://ja.wikipedia.org/wiki/穢多

非人頭車善七
http://ja.wikipedia.org/wiki/車善七
http://ja.wikipedia.org/wiki/非人

251 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/01(日) 21:32:43
>>250
だからそれ、戦後の捏造なんだってばさ。w
エタ・ヒニンなんてのは、“被差別部落民”じゃねえよ。
部落差別なんてのは、そりゃ、半島文化だ。
つまり朝鮮半島併合後に持ち込まれた文化。
列島の漂泊の民と、半島の差別観を混同しちゃいかんよ。

フィクションの世界と、歴史の事実はきちんと見分けてくれたまえ。
これは戦後処理過程における、タカリ補償問題すりかえのための、
「あるある」事実捏造の典型的なパターンだよ。
「南京大虐殺」と同じ類のサヨク(コミンテルン残党)の「歴史」捏造だ。
http://www.melma.com/backnumber_45206_3602099/
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/index.html

いまや、その手口を「科学・学術」界でもやってるじゃないか。w

252 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/01(日) 22:52:51
なんかわけのわからんこと言ってるな

君の考えじゃ、エタ・ヒニンってのは、いったい何なんだい
白丁差別は、半島文化だが、それと、エタ・ヒニンはどう関係するんだい
街道のタカリ補償の問題だって、エタ・ヒニン文化と無関係ではない

253 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/01(日) 23:17:58
>>252
がっこうのおべんきょうばっかまじめにやって
とってもおせいせきよかったんでちゅかあ?
http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/cat_1090852.html
http://blog.livedoor.jp/mumur/

ほぼ全部「在日」問題。
草加もちょんの集金マシーン。
焼肉屋やパチ屋やサラ金と同じく。

254 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/01(日) 23:23:38
奈良市の衛生局職員・解放同盟副委員長の病欠・給与搾取事件も実は在日の仕業であったってか?

255 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/01(日) 23:32:51
せいぜい怪堂案件って、そんなものしかないじゃないか。
http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/cat_50010204.html

圧倒的大多数の「在日」問題を、街道問題にすり替えしちゃいかんよ。
その手でいままで延々カムフラージュしてきたんじゃないか。

256 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/01(日) 23:51:07
ここのスレには、オオニシみたいなヤツがおるな。w
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1172895718/l50

築地ビルディング「朝日・NYT・共同」朝鮮系通信社の、
いつものお見事なマッチポンプ連係プレー。
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1175385422/l50
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1175422211/l50
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175405801/l50

257 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/02(月) 00:23:49
沖縄じゃ、軍隊が住民に自決を強制したことはなかったらしいな

258 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/02(月) 00:25:26
わが日本軍がそんなことするはずはありませんから

259 :ライブドアLD:2007/04/02(月) 00:43:49
>>255
ハンナンの浅田
リクルートの江副
ライブドア

260 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/02(月) 01:28:39
なりすましさん必死だね。

261 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/02(月) 02:27:49
>>239
感染研って、インチキばっかやってるのか?

■感染研・日本油脂が新技術、免疫力高める新型ワクチン、大学と開発着手。(2007/02/09)
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1171088480/125

262 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/02(月) 07:52:02
「ナントカ還元水」の飲みすぎな人がいるようで……
あなたも氏ね。ボクも氏ぬ。

263 :ライブドアLD:2007/04/02(月) 08:11:59
感染研は、草加の巣窟
大●先生の指導の元、妄想科学、創科学の創成に所を挙げて邁進中である

264 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/02(月) 11:48:56
>>196
【感染症Up-to-date ジュネーブの窓から】(2007年4月2日)
■第18回 GOARN  砂川富正(国立感染症研究所感染症情報センター)
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2007dir/n2726dir/n2726_06.htm

>2月末日現在,われわれが追跡しているアウトブレイクのリストには,
>インドネシア,エジプト,ラオス,中国などにおける
>鳥インフルエンザAH5N1のヒト感染事例〜

>髄膜炎菌性髄膜炎など,季節性の疾患が集中するのもこの時期が忙しくなる理由であるが,
>インフルエンザAH5N1のような新興感染症も
>通常のヒトインフルエンザと同様に季節性が認められることは興味深い。

【鳥インフルエンザAH5N1のヒト感染事例】
【インフルエンザAH5N1のような新興感染症】

ふ〜ん、違うウイルスという認識なんだ。
宿主域広げたようなウイルスの研究やったり
論文を発表しまくってた研究チームなかったっけ?
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1172852717/l50
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1172237332/171

265 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/02(月) 12:49:15
この人も草加なのけ?

266 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/02(月) 13:10:16
>>264
>【鳥インフルエンザAH5N1のヒト感染事例】

これ本当に事実なのかねえ? ニヤニヤ

>【インフルエンザAH5N1のような新興感染症】

“新興”ってのもねえ・・・

267 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/02(月) 21:28:53
★感染拡大想定した大規模訓練

 新型インフルエンザの感染拡大を想定した初めての大規模な訓練が、
東南アジア諸国とWHO・世界保健機関などが参加して始まり、被害を
最小限に抑えるためのカギを握る初動の対応について点検が行われています。

 東南アジアでは、ことしも鳥インフルエンザによる死者が相次いでおり、
ウイルスが変異して人への強い感染力を持った新型インフルエンザが出現し、
世界に感染が広がることが懸念されています。このためWHOは、東南アジア
諸国に呼びかけて初めて訓練を企画し、カンボジアの首都プノンペンから
60キロ離れた村で、人から人への感染が始まったという想定で、2日間の
訓練が始まりました。プノンペンには政府の危機管理委員会が設置され、
感染地域からの情報が寄せられる一方で、その情報は、近隣のタイや
ラオスから派遣された職員によって本国に伝えられました。
また、フィリピン・マニラのWHO地域事務局に設けられた対策チームでは、
専門家が現地からの情報とウイルスの解析結果などを分析して、シンガポール
に備蓄している治療薬を感染地域に集中投与することなど、初動の対策を
関係機関に指示しました。被害を最小限に食い止めるには、初めの2〜3週間
の対応がカギだとされ、今回の演習を指揮するWHOの葛西健氏は「計画を
一つ一つ確かめ、落ち度があれば改善していく機会にしたい」と話していました。

NHK 4月2日 17時48分
ttp://www3.nhk.or.jp/news/2007/04/02/k20070402000135.html
ttp://www3.nhk.or.jp/news/2007/04/02/d20070402000135.html

268 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/02(月) 23:21:10
★鳥インフル、人同士感染で大規模演習 マニラで
2007年4月2日(月)21:04 朝日新聞
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/K2007040202440.html

★鳥インフルエンザ変異想定、WHOが新型発生時の訓練
2007年4月2日(月)22:05 読売新聞
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/20070402id24-yol.html

★新型インフル想定し演習 WHOとアジアが合同で
2007年4月2日(月)19:53 共同通信

 【マニラ2日共同】世界保健機関(WHO)と東南アジア諸国連合(ASEAN)、
日本は2日、高病原性鳥インフルエンザウイルスが「人から人」に感染する
新型インフルエンザに変異した場合の「迅速封じ込め」を目指し、初の地域合同
机上演習を実施した。マニラのWHO西太平洋地域事務局とジュネーブの本部、
カンボジア、インドネシア、日本などをパソコンでつなぎ3日まで続けられる。
ttp://news.goo.ne.jp/article/kyodo/business/CO2007040201000552.html

>高病原性鳥インフルエンザウイルスが
>「人から人」に感染する
>新型インフルエンザに変異した場合の
>「迅速封じ込め」を目指し

全部偽装じゃないのかな? 
まるでカルト的だね。何一つ科学的に確からしいことはない。

269 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/05(木) 22:30:36
[解説]新型インフル対策指針(2007年4月5日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070405ik06.htm

『委員の谷口清州(きよす)・国立感染症研究所室長は、
「約90年前に、米国で新型インフルエンザのスペインかぜが流行した時、
積極的な対策をとった市と、そうでない市とで死亡率に大きな差が出た。
日本でも同様な状況になりかねない」と懸念する。』

へえ、新型インフルエンザってすごい病気なんだねえ。ニヤニヤ
集団催眠かなんかにかかってないか。宗教?
いい大人の分別で考えてるとはとっても思えん。
インフルエンザウイルスをコントロールできると
思い込んでしまってるなんて正気の沙汰じゃねえぞ。マジで。

270 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/06(金) 19:22:23

950 :名無しゲノムのクローンさん :2007/04/06(金) 14:17:34
[6018] 異なった視点から 投稿者:ヤマビコ 投稿日:2007/04/06(Fri) 11:20
http://www.sasayama.or.jp/saboard/b_board.cgi

「層化が書い」てるのか? ペテン貫く印象操作のために。
抗体って、かなり緻密にできてるのにね。
(プロなら免疫グロブリン Igとして、きちんと個別認識があるはずだが…)
それに、まだ「血清学」やってるみたいだ。アリャリャ

AI(鳥インフルエンザ)とBSEって、インチキ烏賊様エセ科学だろが。
マッドな獣医微生物香具師学者どもが束になってでっち上げた。

952 :名無しゲノムのクローンさん :2007/04/06(金) 15:08:58
>950
山彦く〜〜〜〜〜ん、

AIもBSEも、
その不確かであやふやな非常に稀薄な科学的根拠にもとづいて
もうすでにがっちり産業経済政策と国家予算とを動かしてしまっているわけだ。

これもすべて、元はといえば、
創科学者学界がもたらした現実ではないのかね?

誤り(嘘とはいわないよ)を素直に認めて
積極的に軌道修正する義務もあるんじゃないのかい?
なあ、朝鮮系AERAの表紙を飾った御仁よ。

あっっほぉぉ〜〜〜〜〜〜〜
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1175676429/37-38

271 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/07(土) 00:19:53

創科学者が論文書いて
 
 信者が広めて

  バカが信じ込む

「インフルエンザ・パンデミック、性狂新聞。」
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1166966593/l50
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1163630005/l50
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1169122599/l50

--------------------------------------------------------------

アカが書いて

 ヤクザが売って

  バカが読む

「捏造ジャーナリスト宣言、朝ニチ新聞。」
http://www.asahicom.com/
http://asapy.asahicom.com/02/asapy_story1532.htm
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=188890
http://ameblo.jp/worldwalker2/entry-10029477574.html

いつのまにか、かつて共惨党員がやってたことを
いまや学界員がすりかわってやるようになってるんだな。
どっちにしろ「科学」的思考の営みが
恣意的に歪められてしまうことに変わりはない。
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1175676429/44

272 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/07(土) 01:58:33
『ただはっきりしているのは、今まで考えられていた以上に、鳥インフル
エンザウイルスは人に感染するという事実だ。そして鳥インフルエンザ
ウイルスが人に伝播する際の鍵、またパンデミックを起こす可能性の高い
新型インフルエンザウイルス誕生の鍵を握っているのも、私たちの
すぐ身近にいるニワトリたちなのである。』(p.31)

『1962年から94年まで、日本中の小学校でインフルエンザワクチン接種が
義務づけられていた。(中略)学童のインフルエンザワクチン集団接種は、
子供たちで増えるインフルエンザウイルスの量を減らすことにより、
社会全体におけるインフルエンザウイルスの量を減らしていたわけだ。
こうしたシステムを採用していたのは日本だけで、国際的にも注目されていた。
(中略)しかし、1994年に予防接種法が改正され、学童への集団接種は
中止されてしまった。(中略)これ以降、インフルエンザワクチンを打つ
子供は極度に減り、年間に製造されるインフルエンザワクチンは極端に
減少した。そしてその結果とはいうと、インフルエンザにかかる人が増加し、
死亡者も増えてしまったのである。一方的な解釈で「ワクチンは効かない」
と主張した人たちの意見を通したために、多くの犠牲者が出てしまった。
ワクチン集団接種中止に関わったすべての関係者の責任は、ひじょうに重い。』
(p.158-159)
http://www.amazon.co.jp/dp/4087203131/

【社会全体のインフルエンザウイルスの量を減らすため】


273 :小作の知恵:2007/04/07(土) 08:26:55
【社会全体のインフルエンザウイルスの量を減らすため】

急激に増加するウイルス量のコントロールするという似非科学を信じる馬鹿と騙される馬鹿
どこから、こんなアヤカシを見つけて来たのか
烏賊様研の教授さま

274 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/07(土) 15:23:43
白金 ☆★東大医科研★☆ part2
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1172852717/l50
から移動保管

「スペイン風邪をサルで再現させて、謎だったウイルスの病原性を解析」
Nature 445:23, 2007
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/research/papers/07011901.php

Aberrant innate immune response in lethal infection of macaques with the 1918 influenza virus
http://www.nature.com/nature/journal/v445/n7125/full/nature05495.html

「1918 Killer Flu Tested on Monkeys」
Washington Post
By SETH BORENSTEIN
The Associated Press
Wednesday, January 17, 2007; 11:06 PM
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395.html
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395_2.html

【"Aruaru experience is the mother of science. " 】
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1172237332/219

275 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/07(土) 15:26:30

994 :名無しゲノムのクローンさん :2007/04/07(土) 14:26:52
>>990
ウイルスとバクテリアをごっちゃまぜまぜ捏ね捏ね。
初期のレプトスピラ論文の真偽はわからん。
だがおそらく、(インフルエンザ)ウイルス関連の論文はすべて、
ストーリーと創作に満ち満ちているのぢゃないのかね。
「仮説」を立てて、実験しただけで終わってることに、積み重ねただけだろ。
それに終始貫かれているようだね。
>>976
結局、旧約聖書よろしく空想の物語を作っただけに過ぎないとしか見えない。
なんら確からしいことは一つも確立されてないじゃないか。
なにが「事実」になったというのかね。
変異して宿主を乗り換えるのも証明されていなければ、
鳥のウイルスが人間に感染したのも証明されていない。
ましてや、この世に起こってきたインフルエンザの流行が、
どのような原因と過程で起こったかも何ら証明されていない。

なぜ証明・解明できないか? それは「仮説」が間違っているからである。
ただそれだけのことだ。
いいかげんにフィクションを作り続けるのはやめたらどうかい。
サイエンスの名のもとに。そりゃインチキでしかないよ。
ウェブスター理論は魅力的かもしれないが、もう少しごくごく常識的なB細胞系の
免疫の知識にもとづいてウイルスを対象にしたほうがいいと思うよ。

君らのやり方ぢゃ、生物の進化については見誤るとしかいいようがない。
生物学の根本の科学的知識知見から外れているんだよ。
だから繰り返しエセ科学だと言っているのだ。
こういう風なね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E9%80%A0%E7%A7%91%E5%AD%A6
http://www.ne.jp/asahi/seven/angels/
これも創科学界関連なのかい?

276 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/07(土) 15:35:31

979 :名無しゲノムのクローンさん :2007/04/07(土) 04:12:21
『それは、絶対にアブナイですヨ。』
http://www.nbi.ne.jp/talk5.html
『インフルエンザウイルスは、馬・アザラシ・鯨を含めた各種動物に感染する。』
http://www.jpa.or.jp/news/item/2001/08/22/010822_cho_ko.html
(宿主域とレセプターの概念が稀薄?)
『ウイルスの脅威から地球を守る』
http://www.jili.or.jp/kuraho/inochi/web04/i_web04.html

恥を知れ。いまや一番アブナイのはだれだ。
脅威になってるのはおまいじゃないか?
ウイルスは細菌でもなければ毒物劇物でもないぞ。
宿主の内側の存在であり、けっして外部に存在しているのではない。
撲滅・根絶なぞ、できるわけがないではないか。
ましてやインフルエンザウイルスをや。

「それを撲滅・根絶できると信じ込ませるのは悪魔の最大の芸術」


277 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/07(土) 16:00:42
お前のレスってウイルスみたいだな。
2chと研究者に寄生して自分のキチガイレスをコピペコピペコピペ
コピペだけで自分で何かを生産する力はない
寄生ストーキングのみが生きがい

278 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/07(土) 16:48:48
放置しとけないアンタは何か後ろめたいことでもおありなのかな?

279 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/07(土) 16:50:07
【都知事選】浅野史郎氏、志同じならと民団に支援を要請
ttp://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/11746%323990/

東京都の人は、ぜひ読んでみてください。
現在、朝鮮総連や民団その他の反日団体が、総がかりで浅野を応援しています。
浅野が知事になれば、たぶん東京は終了します。

280 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/07(土) 17:07:16
そう、うろたえるなって。w

281 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/07(土) 17:26:16
■富山化が続伸、鳥インフル関連で同社に対する関心が再び高まるとの声も(04月05日 17:04 株式新聞社)
 富山化学工業 <4518> が続伸。一時、48円高の799円まで買われている。
出来高も745万株と再び膨らんでいる。株価は、1月末から調整し直近では
年初来安値圏で推移していた。ここにきてリバウンドの流れに入っている。
 また、市場では、「タミフルにいろいろと問題が指摘されていることから、
鳥インフルエンザ関連で同社に対する関心が再び高まっている」(準大手証券)
という声も出始めている。
ttp://www.kabushiki.co.jp/single/kshp041-02.jspx?id=000111C0C685223FE849F30F7B66043F
----------------------------------------------------------------------------------
まあ、いろいろ、あっちをよいしょしたりいためつけたりすると
こっちも相対的に上がったり下がったり、
そのへんのかけ引きもいろいろあるんやろぬえ。
カネは天下の回り者。
現金でもろてなくとも、いろいろ手はあるわな。
借りておいてもええんやし。

「貧乏人は死んだも同然 oni khoshev ke-meys」(ユダヤのことわざ)

ニダヤも右に倣えでっか?(モチ当然。)
それはそれは、「科学」の「事実」だけで、世の中が回るようになると困るわな。
ウソと妄想でハデに回ってくれたほうがよお儲まっせえ、ちゅうことやしね。
この世はとかく騙し騙されあいの世界ちゅうことね。
お金好きの人間にとってはなおさらのこと。
火のないところに煙を立てる、これができればシメシメってことね。

282 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/07(土) 22:19:18
【「タミフルだけに頼らず新たな薬の開発を進める必要がある」 】
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1161182193/397

283 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/08(日) 02:11:31
鳥インフル対策構築を=日中韓保健相会合が開幕−柳沢厚労相
4月7日21時1分配信 時事通信

 【ソウル7日時事】日中韓3カ国の保健担当相会合が7日、ソウル市内の
ホテルで開幕した。柳沢伯夫厚生労働相は同日夜の夕食会で、「鳥インフル
エンザ対策は待ったなしの課題。有効な対策を構築しなければならない」と
述べ、3カ国による鳥インフルエンザ対策での協力の必要性を訴えた。
 これに先立ち、柳沢厚労相は韓国の柳時敏保健福祉相、中国の高強衛生相と
個別に会談し、臨床研究分野に関する協力などについて意見交換した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070407-00000085-jij-int
-----------------------------------------------------------------------

人の「鳥インフルエンザ」対策? バカげてる。
完全にカワオカ理論に洗脳されてしまったんだろうね。
行政・政策担当者も生物学の基礎知識を
もたないものばかりになってしまったのだな。
厚生労働省のお役人も相当ヤキが回ってるんだな。ヤヴァいよこりゃ。

284 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/08(日) 21:17:45
日中韓の保健相、新型インフルエンザ対策の協力で合意
2007年4月8日(日)19:28 朝日新聞

 日中韓3国の保健担当相による、新型インフルエンザに関する初の閣僚級会議が
8日、ソウルで開かれた。鳥インフルエンザが変異し、人から人に感染し始めた
場合に備え、ワクチンの共同開発を含め、広範囲に協力していくことで合意。
具体例を盛り込んだ覚書に署名した。

 日中韓は検疫や監視、情報共有などでの協力をこれまで以上に拡大。インフル
エンザ以外でも新薬開発における臨床試験データを互いに利用できる仕組みづくりが
重要との認識で一致し、次回の閣僚会議を来年秋に北京で開くことを決めた。

 また、人への感染が起きた際、素早く対応できるよう「机上訓練」を行うこと
にした。これらの対策を行いやすくするための基金を設けることも検討する。
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/K2007040801020.html

285 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/08(日) 21:24:59
新型インフルエンザに共同対処 日韓中、閣僚会合で覚書
2007年4月8日 20時56分 東京新聞

 【ソウル8日共同】柳沢伯夫厚生労働相と中国、韓国の保健担当閣僚は
7、8の両日、ソウルで新型インフルエンザ対策に関する会合を開き、
情報共有やワクチン開発を共同で進めることなどを盛り込んだ覚書に調印した。

 覚書によると、ヒトからヒトに感染する新型インフルエンザウイルスに
変異する可能性が懸念されている鳥インフルエンザなどに対し、3カ国が
検疫や治療、予防などで共同対処するための基金を創設。研究プロジェクトや
連絡窓口を設置、整備することでも合意した。閣僚級会合の定例化も決まった。

 日本は、3カ国が医薬品開発のための臨床データ共有や、他の地域も含めた
自然災害やテロなどでの連携に向け協力する必要性を提言、中韓の賛同を得た。

 また日本は韓国と高齢者関連産業の振興で、中国とはがん対策でそれぞれ
協力することを確認。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007040801000376.html
---------------------------------------------------------------------

【研究プロジェクトや連絡窓口を設置、整備する】

どんどん妄想の呪縛の深みにはまっていく。
つまらないことに血税が浪費されていくことになる。
ありもしないでっちあげの「鳥インフルエンザ」の「脅威」によって。

286 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/08(日) 22:28:39

400 :名無しのひみつ :2007/04/08(日) 22:21:31 ID:SPq5BvHz
>397
【「タミフルだけに頼らず新たな薬の開発を進める必要がある」 】
---------------------------------------------------
■日中韓 ワクチン共同開発へ

 新型インフルエンザへの対策について話し合うため、日本、中国、韓国の保健担当の閣僚が、ソウルで会談し、ワクチンの共同開発などで連携することで合意しました。

 新型インフルエンザは、鳥インフルエンザのウイルスが変異して、人から人に爆発的に感染するようになるもので、WHO・世界保健機関も各国に注意を呼びかけています。
 こうした状況を受けて、日中韓3か国の保健担当の閣僚による会談が、ソウルで初めて開かれ、柳沢厚生労働大臣をはじめ、中国の高強衛生相、それに韓国のユ・シミン保健福祉相が出席しました。
 会談で柳沢厚生労働大臣は「新型インフルエンザ対策は、国境を越えた課題で、地域的空白があってはならない」と述べ、3か国が連携して対策をとることの重要性を強調しました。
 そして3か国は、ワクチンの共同開発や検疫での情報の共有、さらに発生を想定した関係機関の訓練といった新型インフルエンザ対策で、連携していくことを決めた覚書に署名しました。
 また3か国は、次の会談を来年、北京で行うなど、今後定期的に保健担当の閣僚会談を行うことでも合意し、新薬の開発に必要な臨床研究などの分野でも連携を図ることにしています。

4月8日 15時8分 NHKニュース 国際
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/04/08/k20070408000092.html
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/04/08/d20070408000092.html
------------------------------------------------------------------------------------------

やっぱりワクチンへ。でっち上げの捏造「鳥インフルエンザ」騒動に便乗して。
って言うか、最初からそちらのタカり銭儲け利権が主目的。
お役人も悪よのお。産官学共同参画事業体というのは、つくづくとんでもない
パラサイトエイリアンだと思うよ。
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1161182193/l50

287 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/08(日) 23:08:35

182 :名無しのひみつ :2007/04/08(日) 16:01:31 ID:Sv8uWgiV

【鳥インフルエンザ騒動は、根拠なしの集団ヒステリーだった!】
http://images.amazon.com/images/G/09/detail/review/4106100991.jpg

「世間のウソ」
http://www.amazon.co.jp/dp/4106100991/
http://www.gfighter.com/
「学者のウソ」
http://www.amazon.co.jp/dp/4797337060/
http://homepage3.nifty.com/kinmirai/

愚民ばかりで、
利権・権益に憑き動かされた
香具師どものやりたい放題になってる。

紅性漏道商のお役人もよっぽどおバカばっかになってるんだろね。
http://www.news24.jp/81237.html
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007040700275

ひょっとして、現世利益追求の煎餅学会信者の巣にでもなってるのか?
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1166966593/182

288 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/09(月) 00:48:33
■新種インフルエンザ清浄地域構築、韓日中が合意
2007/04/08 14:11 聯合ニュース
http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=2007040800110088&FirstCd=03

【日中韓】新種インフルエンザ清浄地域構築、韓日中が合意[4/8]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1176026457/l50

【インフルエンザ清浄地域】
【インフルエンザ清浄地域】
【インフルエンザ清浄地域】

御バカな特亜利用して、日本の公金に手をつっこみタカる段取り。
ニワトリでやってることを、人間にも適用か。
まったく、詐取偽計に際限がないみたいだな。
紅労省の役人もトンデモない連中ばかりになったものだな。
起こるわけのない「インフルエンザ・パンデミック」をわざわざでっち上げて。

それも結局は、インチキ人獣共通ウイルス学者もどきの理論がお墨付きを与えているわけだ。
日本の科学者の水準も堕ちたものだな。

289 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/09(月) 23:48:31
ダイワボウが急騰、鳥インフルエンザ関連銘柄として物色の対象に

【テクノバーン】(4/9 12:29)ダイワボウ (3107) が一時、前日比36円(11.58%)高の347円まで上昇して、東証1部値上り率ランキングでも上位に入る大幅高。

前日8日にソウルで行われた日中韓の3カ国による保険担当相会議で鳥インフルエンザ問題で連結することで合意に達したことが手掛かりとなったものとみられている。

3カ国による合意では情報の共有やワクチンの共同開発などが盛り込まれている。

他に鳥インフルエンザ関連銘柄としては富山化学工業 (4518) が物色の対象となっているようだ。
ttp://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read?f=200704091229

290 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/10(火) 16:56:31

11 :天下り :2007/04/10(火) 07:45:35
独立行政法人というのは、それぞれの法人組織が運営資金を稼ぎ出して仕事をしているわけではなく
国から交付金という名前でお金が自動的に下りてくる仕組みになっている。
だから、それぞれの研究所でも独自で経営を考える必要がない。
研究成果や特許料なんかで運営できるような生産的なとこなんかひとつもないです。
国からお金が下りてくるから、どんなできの悪い人間でも管理職が勤まるしくみなんだよ。
という俺も天下り2回目だが、若干後ろめたい気持ちはある。
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumu/1169712737/l50

291 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/10(火) 17:27:40
富山化に買い先行、今期連結営業損益60億円程度の黒字見通し報道を評価
04月10日 16:50
 富山化学工業 <4518> に買いが先行し、一時32円高の841円まで上昇した。
10日付日本経済新聞で今08年3月期の連結営業損益が60億円程度の黒字
(前期推定は61億円の赤字)になる見通しと報じられ、評価買いの動きとなった。
報道によると、新薬候補の開発・販売権の譲渡が収益に寄与するほか、
欧州向け抗菌薬の原薬出荷が見込めるという。
 なお、同社の株価は、鳥インフルエンザ関連物色から直近動意づいており、
日中韓3カ国の鳥インフルエンザ対策での連携合意が刺激材料となった前日には、
25日移動平均線を回復していた。
[ 株式新聞ダイジェスト ]
http://www.kabushiki.co.jp/single/kshp041-02.jspx?id=000111DA797F643FE5958FC12AD3543F

292 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/13(金) 01:25:57
インドネシア、鳥インフルエンザ対策費を倍増
【ジャカルタ=代慶達也】
インドネシア政府は感染が拡大する鳥インフルエンザ対策を強化する。
対策費を従来の2倍の1兆ルピア(約130億円)に増やし、
鶏の放し飼い規制地域をジャワ島全土に広げる。
感染死者はこの1カ月間で10人増えて世界最多の74人に達しており、
「撲滅には海外からの協力も必要」(カラ副大統領)と国際社会に支援を求める考えだ。

インドネシアの鳥インフルエンザの感染死者はジャカルタ首都圏が中心だったが、
この1カ月間は中部ジャワ州などジャワ島全土やスマトラ島南部にも広がっている。
同国政府は一連の対策に加え、テレビ放送などを通じて
国民に鳥インフルエンザの危険性を周知させていく方針だ。
(04/12 07:01)

★ ソースは、日本経済新聞 [日本] とか。
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070412AT2M1101P11042007.html

【インドネシア】鳥インフルエンザ対策費を従来の倍に増額 国際社会にも支援求める考え[04/12]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1176394650/l50

鳥ウイルスが人間に感染するとでっち上げてしまったばっかりに・・・

293 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/17(火) 00:26:00
プレスリリース

平成19年4月16日
農林水産省

第24回家きん疾病小委員会及び第4回高病原性鳥インフルエンザ感染経路究明チーム検討会の合同開催について

標記の会議を下記のとおり開催いたします。

 記

1. 日時 平成19年 4月18日(水)16:00〜18:00
2. 場所 東京都千代田区霞が関1−2−1
 農林水産省本省4F第2特別会議室
 連絡先 03−3502−8292(事務局)
3. 参集者 別紙[PDF:10KB]のとおり
http://www.maff.go.jp/www/press/2007/20070416press_3.html

「参集者」に注目。
ワクチン屋がいるど。

294 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/17(火) 11:43:12
防諜不可

隠すからおかしくなるんだぜ
信なくば立たず

ポコチン天狗よ現れよ

295 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/17(火) 13:56:56
[6062] OIEとFAOの合同会議の結果 投稿者:ヤマビコ 投稿日:2007/04/17(Tue) 10:19
http://www.sasayama.or.jp/saboard/b_board.cgi

>OIEとしてH5N1の鳥インフルエンザの流行に対して不活化オイルワクチンは有効だとして、その発生地域には使用することを勧めると言うものです。(by Dr. Simon M. Shane) 

ワクワク沸く賃野師の思惑通りにコトが進んでる?
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1161182193/356n-

平成19年3月20日
農林水産省
動物用生物学的製剤基準の一部改正案についての意見・情報の募集結果について
http://www.maff.go.jp/www/public/cont/20070320kekka_2.html
(あれれ、資料へのリンクなくなりましたね。)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=550000572

インチキアジュバンドこねこねまぜまぜできるようにしたってわけね。
http://www.nof.co.jp/business/dds/product03-4.html
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1161182193/l50

296 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/17(火) 15:29:23
【薬学】鳥インフルエンザウイルスに有効な抗ウイルス剤を開発−富山化学工業
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1143192768/l50

富山化学(抗菌剤)だとか、
ダイワボウ(繊維・素材)だとか、
日本油脂(アジュバンド、ペプチド)だとか、
塩野義製薬(抗ウイルス薬)だとか・・・

鳥(新型)インフルエンザ・パンデミックの
妄想渦巻く風評の坩堝になるだけで、
株価は天井知らず。

それぞれに、官と学の太いコネクションありだな。
ひょっとして、層化ニダーギルドなのかい?

297 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/18(水) 17:08:10

ヒト用の鳥インフルエンザワクチン、米で初認可
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1176870945/

1 :CASIOPEA(第拾三期卒業生)φ ★ :2007/04/18(水) 13:35:45 ID:???0
 米食品医薬品局(FDA)は17日、仏製薬大手サノフィ・アベンティスが
開発した強毒性鳥インフルエンザの治療ワクチンをヒト用として初めて
認可した。ウイルスの突然変異で爆発的な感染拡大が起こるのを防ぐ
ため、米政府が備蓄する。商業販売はしない。

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070418AT2M1801818042007.html
-----------------------------------------------------------------------------

「鳥インフルエンザウイルスが、じかに人間に感染した」というストーリーが、
ついにここまでやってしまいました。w スバラシスギル

この記事、ホンモノ? スゴイスゴイ
肉系もプロパガンダ垂れ流しなんだね。
カネの亡者の言うことなら何でも聞くのか?

【あるある鳥→人H5N1感染】 なのに・・・
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1176049368/-100

298 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/19(木) 15:47:34
第一三共、抗インフルエンザ薬の第2臨床試験を今秋開始
4月19日8時31分配信 日刊工業新聞

 第一三共は18日、抗インフルエンザウイルス薬CS―8958(開発コード)の第一相臨床試験の投与が終了し、秋から第二相臨床試験を開始すると発表した。
 CS―8958は長時間作用型のノイラミニダーゼ阻害薬で、インフルエンザウイルスの感染部位である肺、気管に直接作用する吸入剤として開発中。

 A型、B型だけではなく非臨床試験ではH5N1鳥インフルエンザウイルスに対する効果も確認。1回の投与で治療効果、週1回の投与で予防効果を期待する。
 欧米では共同開発会社の豪州バイオタが第一相臨床試験を実施している。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070419-00000022-nkn-ind

インチキの坩堝だな、インフルエンザ関連業界。

299 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/20(金) 02:12:07
>>298
【インフルエンザウイルスの感染部位である肺、気管に直接作用】

Avian flu: Influenza virus receptors in the human airway
Nature 440, 435-436 (23 March 2006) | doi:10.1038/440435a
http://www.nature.com/nature/journal/v440/n7083/abs/440435a.html

【医学】トリインフルエンザ、人は肺の奥で感染=鳥取大・東大グループ
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1143299270/
【社会】鳥インフル、肺の奥に感染しやすい部位見つかる
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1143050829/

捏造じゃなきゃいいけどな。
ウイルスの宿主域も区別できんみたいだし。
鳥インフルエンザウイルスH5N1は、やはり人獣共通ウイルス?w

300 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/20(金) 02:51:10
坂野さんのようなアーチファクトを捏造解釈ってのもあるからな

超大量に接種すれば、おっちょこちょいのウイルスが人の体内で反応を起こすんだろうな
ウイルスは生物じゃなくて物質だからね
当然、異物反応が起きる

物質だから、合成も可能なんで
ウイルス感染症は、感染症のなかでも、実は特殊なんだよな

単純な病原体だから、単純な頭でも理解できるはずと思うのは、獣医・薬剤師の不遜だぞ
人間さまの病気を研究してるんだから、もっと謙虚になって
お医者さまの意見も聞いた方がいいぞ

301 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/20(金) 11:48:25
           ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {


302 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/20(金) 16:14:12
沸く沸く珍珍。w

303 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/22(日) 20:35:34
ほじほじ。

304 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/25(水) 22:00:26
これまでの革Pズの熱心な布教活動のおかげでつ。

■海外旅行では感染症に注意 厚労省、連休前に呼び掛け
2007年4月25日(水)08:47 共同通信

 大型連休で海外に旅行する人たちに対し、厚生労働省は25日までに、渡航先で鳥インフルエンザや狂犬病などの感染症に注意するよう呼び掛けた。
 空港検疫所でのリーフレット配布や、ポスター掲示などを行う。
 高病原性鳥インフルエンザH5N1型は03年以降、世界で291人が感染し172人が死亡。
 このため、渡航先では生きた鳥が売られている市場や養鶏場を避け、病気の鳥に近づかないよう警告。

【生きた鳥が売られている市場や養鶏場を避け、病気の鳥に近づかないよう警告。】

>>276
『それは、絶対にアブナイですヨ。』
http://www.nbi.ne.jp/talk5.html
『インフルエンザウイルスは、馬・アザラシ・鯨を含めた各種動物に感染する。』
http://www.jpa.or.jp/news/item/2001/08/22/010822_cho_ko.html
『ウイルスの脅威から地球を守る』
http://www.jili.or.jp/kuraho/inochi/web04/i_web04.html

305 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/27(金) 14:56:55
数千万人分のワクチン備蓄へ・WHO

 世界保健機関(WHO)は新型インフルエンザの大流行に備え、毒性の強い鳥インフルエンザウイルスH5N1型に対応したワクチンの備蓄に動き出した。
 ヒトへの感染が集中し、新型ウイルスの発生源になりかねないと懸念されているインドネシアなど途上国向けに数千万人分のワクチンを確保する。
 治療薬タミフルの備蓄と二段構えでウイルスまん延を未然に防ぎたい考えだ。

 WHOは25日の専門家会議で、同型ウイルスを抗原とするワクチンを備蓄する方針でおおむね一致した。
 今後事務局で備蓄規模や各国の資金負担など詳細を固め、5月のWHO総会で加盟国の了承を得る方向だ。
(ジュネーブ=市村孝二巳)(07:02) 日経
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070427AT2M2602A26042007.html

306 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/27(金) 17:29:40
>>305
>すごいなあ、この記事。
>鳥ウイルスでつくったワクチンを人のために備蓄する?
>というペテン師たちの「専門家会議」。
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1169122599/279

307 :WHOは国際官僚機関:2007/04/28(土) 02:31:11
官僚はお金使うのが仕事だから
ホントだろうがウソだろうが
もっともらしい作文さえできればいいんだよ
ウソつきでもいいから専門家を動員できればいいんだよ

308 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/28(土) 18:56:02
>>307
たとえばこんなのとか?
>>196

309 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/28(土) 18:57:14
2007/04/27-18:17  時事通信
■H5N1型、指定感染症延長へ=強制入院など継続−厚労省

 新型インフルエンザへの変異が懸念されているH5N1型の鳥インフルエンザについて、厚生労働省の厚生科学審議会の分科会は27日、感染症法に基づく指定感染症とする措置を、政令で定めた期限の6月からさらに1年間延長することを了承した。

 指定感染症になると、患者の強制入院や就業制限などの措置を取ることが可能になる。昨年6月に指定感染症となっていた。同省は分科会の了承を受け、延長手続きを取る。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007042701051

310 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/28(土) 19:02:18
鳥インフルエンザ警戒、「指定感染症」で1年延長…政府
4月27日23時28分配信 読売新聞

 東南アジアなどで170人以上の死者を出している強毒型の鳥インフルエンザH5N1に対し、政府による警戒がもう1年続くことになった。

 感染症法の「指定感染症」として拡大防止を図る政令について、厚生科学審議会感染症分科会が27日、指定期間を6月12日から1年間延長する厚生労働省の方針を了承した。

 鳥インフルエンザは、新型インフルエンザに変異する恐れがあり、世界保健機関(WHO)が患者の入院措置を推奨している。
 政府は昨年5月、知事が患者の入院勧告などの措置を講じられる「指定感染症」とする政令を閣議決定した。

 政令の効力は施行から1年だが、世界で鶏から人への感染が続き、今年1〜2月に宮崎県などで鶏の鳥インフルエンザ感染が多発したことから、厚労省は引き続き対応が必要と判断していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070427-00000216-yom-soci

【世界で鶏から人への感染が続き】
【世界で鶏から人への感染が続き】
【世界で鶏から人への感染が続き】

紅楼商の中にペテン氏がいるのだな。

311 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/28(土) 19:04:53
鳥インフルの「指定感染症」期間1年延長 厚労省
2007年4月28日(土)13:35 朝日新聞

 新型インフルエンザへの変異が懸念される鳥インフルエンザ(H5N1型)について厚生労働省は、感染症法の「指定感染症」に指定する期間を1年延長することを決めた。
 感染者が出れば、強制入院や就業制限などの措置をとれる。27日の専門家による審議会で了承された。

 H5N1型は昨年6月、指定感染症となった。期間は1年間で、1年間だけ延長できる。

 厚労省は、今年に入っても鳥から人への感染による死者がインドネシアなどで計14人出ている現状を踏まえ「引き続き対応が必要」と判断した。
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/life/K2007042801460.html

【27日の専門家による審議会で了承された。】

こっちにもインチキ専門家がおるな。

312 :羹に懲りて鳥インフルエンザ:2007/04/29(日) 13:06:05
感染症対策が重要であることは言うまでもない
しかし、科学的なリスク評価と、科学的な公衆衛生対策に基づかない対策は却って危険である
厚労省の役人は馬鹿になったのか?
あやかし宗教に惑わされたのか?

313 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/29(日) 21:40:34
ワードBOX 西日本新聞
■新型インフルエンザ
 人には感染しなかったインフルエンザウイルスが、人から人に感染するように性質を変えて発生する。
 20世紀は約10−40年間隔で計3回の世界的大流行があり、1918年のスペイン風邪は日本で約39万人、世界で約4千万人が死亡した。
 最も近い香港風邪の発生(68年)から39年になるため「次がいつ起きても不思議ではない」とされる。

■新型インフルエンザどう備える 感染爆発抑制 初動がカギ 国はタミフル柱に指針 異常行動の不安消えず 予防服薬進まぬ可能性
(2007年4月28日掲載)
http://www.nishinippon.co.jp/news/wordbox/display/4850/

完全にデンパ新聞になりさがってるな。
一昔前の「ムー」の世界と同じだ。

314 :羹に懲りて鳥インフルエンザ:2007/04/29(日) 21:57:10
国の方針を決めている責任者は誰なんだ
不法行政行為で裁判起こす必要があるだろ

315 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/29(日) 22:21:31
『日本の「国のかたち」のコアにあるのは、こうした官僚支配であり、その基
盤になっているのが難解で細密な法律と、それに付随する省令・逐条解釈など
によって官僚が運用を独占する実定法主義(legal positivism)である。 (中略)
 本間氏のような財政学者でさえ、官僚の恐ろしさを知らなかったのは象徴的
である。』
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/5ef78aa3198cf7088b5e6a002917480f

『霞が関に各省庁、虎ノ門に別動隊、特務機関がある。この一帯は、ぼんやり
と靄がかかってついに晴れることのない世界なのだ。 特殊法人、認可法人、社
団・財団法人(公益法人)が集中している虎ノ門こそが、末端組織の自己増殖
の現場であり、 市場に規制の網をかけて非効率なシステムをつくり出したその
元凶である。』
http://www.inose.gr.jp/mailmaga/index.html

316 :羹に懲りて鳥インフルエンザ:2007/04/29(日) 22:33:28
官僚が小金をポケットに入れるのは構わんから
大方針だけ誤らないようにしてもらいたい

317 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/29(日) 22:43:15
【官僚と言う生き物】
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0703/070320-5.html

>さて現在はなにゆえ役人、官僚になろうとするのか。 それは殆どの人が金の為、自分の為であろう。 公の為という心がない。 何故なら誰も教えないからである。 
>大事な楽しい青春を勉強に費やし頑張るのは金持ちになりたいと言うことである。

>役人が悠悠自適に暮らしている姿を見て俺もああなりたい、親も 「 官僚はいいよ 」 と後押しするからである。 誰も国の為に自分の青春を潰そうとは思わない。 金の為なら頑張る。

>言うならば 「 特に金に執着心の強い奴 」 のみが厳しい試験に生き残りキャリアー官僚として合格するのである。 それだから官僚に日本のために頑張れ!というのは無理なのである。

【創価学会は脅威である】
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0703/070319-10.html

>これから言えば他の省にも多くのスパイ官僚がいると考えたほうがいい。 それに殆どの官僚は日本のためでなく自分達のために働いている。 
>つまり官僚は全て国民の敵と考えたほうが正解なのだ。

>まあ、マスコミは殆ど在日に支配されていると考えたほうが良い。

318 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/29(日) 22:49:27
何はともあれ、自己自派のカネのためならば、
正義も科学の事実もなんでも曲げて解釈することは、
なんら抵抗もなく、いささかもやぶさかではない。

319 :羹に懲りて鳥インフルエンザ:2007/04/29(日) 23:11:26
良心を売った えせ科学者リストを作る必要があるようだ
科学者はウソをつかないという幻想は崩壊したようだ
なぜ科学者がウソをつくのか 研究した方がいい

320 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/29(日) 23:22:11
【学者のウソ】
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1176049368/5

>科学者はウソをつかないという幻想は崩壊した

それは「人間はウソをつかない」という幻想ほどの、
崩壊する以前の、この世に存在するわけのない幻想。
そういう幻想を抱く方が愚かである。

いまや、真の問題は、そのウソが個人の責任においてなされるのではなく、
より組織的な分業体制のなかで、意識して行われるようになったことである。

321 :名無しゲノムのクローンさん:2007/04/30(月) 02:40:27
『本書は「官僚とメディア」の本でもあるが、それ以上に「仕事」の姿勢の本でもある。
 英語で恐縮であるが、それを一言に凝縮した言葉がある。due diligence だ。』

『Due Diligence: The degree of prudence that might be properly expected from a reasonable person in the circumstances
  [その状況において、正気の個人に対し期待されて然るべき思慮]』

『実は日本語にも適切な訳語がある。「善良な管理者の注意義務」、善管注意義務がそれである。』


『"a" でしかない、due diligenceを満たさないものが、それを満たした "the" にしか許されない力を手にする。闇はそこからはじまるのだ。
 権利を行使するときにはsomebodyで、義務を要求されたらnobody。この非対称性こそが組織人をとらえて離さない魔力なのだ。』
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50811323.html

322 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/02(水) 20:25:40
★はしか 6年ぶり大流行の兆し

 15歳以上のはしかの患者が東京など関東地方を中心に増えており、ことし、これまでに102人と、6年ぶりの大流行の兆しがあるということです。
 国立感染症研究所は、予防接種を受けていない人は早めに受けるよう呼びかけています。

 国立感染症研究所によりますと、全国450の医療機関から報告された15歳以上のはしかの患者は、東京や埼玉、神奈川など関東地方を中心に18の都府県で、ことしこれまでにあわせて102人に上っています。
 さらに感染が広がるおそれがあり、平成13年以来6年ぶりの大流行の兆しがあるということです。はしかは、ウイルスが原因の感染力がきわめて高い病気で、高熱に続いて全身に赤い発しんが出るのが特徴です。大人でも肺炎や脳炎を起こして重症化することがあります。
 ことし、はしかに感染した15歳以上の患者は、新3種混合ワクチンの副作用が問題になった影響で予防接種を受けなかった人や、子どものころ予防接種を受けたものの長い間はしかにかからなかったため免疫が下がってしまった人と考えられるということです。
 国立感染症研究所の安井良則主任研究官は「はしかはワクチンによってほぼ確実に発症が防げる。予防接種を一度も受けたことのない人は早めに受けてほしい」と話しています。

NHKニュース 社会 5月1日 19時2分
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/05/02/k20070501000114.html
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/05/02/d20070501000114.html

ワクチンを受けた事のある人(不顕性感染のままブースター効果が期待される)と
実際に罹って発症したことのある人以外の人、つまりまだ一度も罹ったことがないか、
もしくは、ワクチン接種のない人だけの問題だ。そのほかの人にとって、ワクチンは全く必要のないもの。
この報道と感染研の人間は、ある意味、ウソをふりまいているようなものだ。

323 :羹に懲りて鳥インフルエンザ:2007/05/05(土) 08:07:27
I agree with you.

感染研は、あほなMDが所長やってからおかしくなったな
病気が分からないMDほどたちの悪いものはない
悪倉に、猛田に、ホントに病気の分からない気違いだったな
悪倉も、猛田も弟子が最低だな
インチキ野郎ばっかだよ

324 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/05(土) 21:17:33
インチキ報道を野放しにさせてしまえる、
これまた国民の科学の認知度の民度もかなり危うい?
しかもNHKでやったら、そりゃ、鵜呑みに信じ込む国民も多数だな。
かなりヤヴァイよ。
マスコミ報道の情報の精度正確度に対する相互監視作用が
全く機能不全に陥っているようでもある。

325 :羹に懲りて鳥インフルエンザ:2007/05/06(日) 06:19:00
NHKの報道局は自民党の妾だし
制作局は自称鬼畜ディレクターの巣窟だし
アサピは、部落記者に牛耳られてるし
毎日は、草加だし
読売は、鍋常だし

326 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/06(日) 18:02:35
■鳥インフル ワクチン開発に新手法 北大など 弱毒性ウイルス組み合わせ

 北海道大と滋賀医大の研究グループは、世界中に広がる、強毒性の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に対する新しいワクチンを作り、サルで効果を確認した。

 強毒性のウイルスを用いず、弱毒性のウイルスを組み合わせて作ったもので、この手法を使えば、鳥インフルエンザが変異して出現する新型インフルエンザ予防ワクチンの迅速な開発につながると期待される。

 強毒性ウイルスは、ワクチン開発のため培養に使う受精卵を殺したり、人に感染したりすることがあり、それがワクチン製造のネックとなっている。

 喜田宏・北大教授らは、二つの弱毒性の鳥インフルエンザウイルス(H5N2型、H7N1型)を、鶏の受精卵の中で増やした。
 遺伝子の混ざり合いが起こるが、その中から弱毒性のH5N1型のウイルスを取り出し、感染力を失わせた上で、ワクチンを作った。

 このワクチンをカニクイザル6頭に投与した後で、ベトナムで人に感染したH5N1型のウイルスを感染させたところ、症状は出なかった。
 一方、ワクチンを投与していない6頭のサルでは、発熱や肺炎を起こすことを確認した。

 既に人工的な遺伝子組み換えの手法で作られたH5N1型ワクチンは、国が承認に向け審査中。

 喜田教授は、「この手法でH5N1型を含めて134種類のウイルスを確保しており、新型の発生に迅速に対応できる」と語る。
(2007年5月2日 読売新聞)
ttp://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070502ik01.htm
-----------------------------------------------------------------------------------------------

誰も追試確認できない・しないことをいいことに、ここまであからさまなインチキ実験結果を公表できてしまう厚顔無恥?

327 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/06(日) 18:05:57
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1176049368/6

6 :名無しゲノムのクローンさん :2007/04/09(月) 17:01:29
「スペイン風邪をサルで再現させて、謎だったウイルスの病原性を解析」
Nature 445:23, 2007
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/research/papers/07011901.php

Aberrant innate immune response in lethal infection of macaques with the 1918 influenza virus
http://www.nature.com/nature/journal/v445/n7125/full/nature05495.html

「1918 Killer Flu Tested on Monkeys」
Washington Post
By SETH BORENSTEIN
The Associated Press
Wednesday, January 17, 2007; 11:06 PM
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395.html
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395_2.html

【"Aruaru experience is the mother of science. " 】
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1172237332/219

328 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/09(水) 01:30:47
2007/05/08-19:52 時事通信
★鳥インフル「清浄国」に=沈静化から3カ月−農水省
 農水省は8日、日本が高病原性鳥インフルエンザのまん延がない「清浄国」になったと発表した。
 宮崎、岡山両県で発生した鳥インフルエンザが沈静化してから3カ月が経過し、動植物の検疫ルールを定める国際獣疫事務局(OIE)へ届け出たことに伴う。
 今後は貿易相手国に対し、国産鶏肉などの禁輸の解除を求めることができる。
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2007050800946

平成19年5月8日 農林水産省
■国内における高病原性鳥インフルエンザの清浄化について
http://www.maff.go.jp/www/press/2007/20070508press_2.html

いまやOIE基準ってえのは、
「鳥インフルエンザウイルス清浄国」の「偽装」を促すためにあるようなものだな。

病気の発生がなければ「清浄国」というのならば、
さっさと自然に免疫つけさせることを推奨させてしまえばいいわけだ。
つまり、やんわり罹る時期に感染を経験させてしまえばいいということだ。
で、実際のところ、日本の養鶏業界は、そ知らぬ顔でそれをやってしまっているふしが確実にある。

そういうインチキを農水省も見て見ぬフリをしてるということだ。
「防疫」にかこつけて、「貿易」(銭儲け)条件を有利にするためにすり替えをしてね。

日本の役所が率先して「科学」を捻じ曲げているようになってるんだからな。
どおりで「捏造」研究が野放しになって、それらに公費が垂れ流されるのも常態化するわけだ。

日本の高偏差値レベルの人間はみな香具師詐欺師の類になってしまったようだな。
我利我利亡者の現世利益追求の亡国の民だらけになってしまったようだな。
http://ameblo.jp/worldwalker2/entry-10032946844.html

ほっかむりやウソつくことにかけちゃ中国と大して変わらんぜ。
http://fukushimak.iza.ne.jp/blog/entry/167366

329 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/09(水) 14:17:49
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1169122599/351n-

Aberrant innate immune response in lethal infection of macaques with the 1918 influenza virus
http://www.nature.com/nature/journal/v445/n7125/full/nature05495.html

【CREST】「スペイン風邪をサルで再現させて、謎だったウイルスの病原性を解析」
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20070118/index.html

【CREST】「免疫難病・感染症等の先端医療技術」HP
http://www.imm.crest.jst.go.jp/index.htm
【CREST】平成13年度 研究年報「インフルエンザウイルス感染過程の解明とその応用」
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/report/heisei13/html/mokuhyou/mokuhyou08.html#08-1
【CREST】平成14年度 研究年報「インフルエンザウイルス感染過程の解明とその応用」
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/report/heisei14/html/mokuhyou/mokuhyou08.htm#01
【CREST】平成15年度 研究年報「インフルエンザウイルス感染過程の解明とその応用」
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/report/heisei15/html/mokuhyou/mokuhyou10.htm#01
【CREST】平成16年度 研究年報「インフルエンザウイルス感染過程の解明とその応用」
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/report/heisei16/html/mokuhyou/mokuhyou12.htm#01
【CREST】平成17年度 研究年報「インフルエンザウイルス感染過程の解明とその応用」
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/report/heisei17/html/mokuhyou/mokuhyou17.htm

「課題評価  中間評価 - 平成13年度採択分」
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/eval/ch_2006.html
■研究領域「免疫難病・感染症等の先進医療技術」中間評価(課題評価)結果
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/eval/chukan/20050318/5_meneki/index.html

330 :インフル捏造団のサポーター:2007/05/10(木) 01:14:24
河岡はんのインチキ研究の擁護者は烏賊の人々でっせ

騙された振りして河岡に金つぎ込んではるのか
ホントに騙されてはるのか
騙されてるちゅう自覚さえないんか

税金の無駄使い指摘する声がでてきてもええはずやけど・・・

いっぺん、Fauciはんと直接対決してもろうたほうがええんや
山西はんて聞いたことないけど
後の人は、有名なお人ばっかりやなあ
感染症詐欺団の面々でっせ

ゴリラに
アキラ
TACに
ナルに
データ捏造の先輩に
アル中

アキラも詐欺師の仲間に入る前に科学者としての責任を自覚したほうがええんちゃうんか

331 :インフル捏造団のサポーター:2007/05/10(木) 01:15:26
【中間評価評価者】

山西 弘一 大阪大学大学院 医学研究科 科長・教授

外部評価者(前研究総括)
岸本 忠三 大阪大学大学院 生命機能研究科 客員教授

領域アドバイザー

審良 静男 大阪大学微生物病研究所 教授
内山  卓 京都大学大学院 医学研究科 教授
笹月 健彦 国立国際医療センター 総長
高津 聖志 東京大学医科学研究所 教授
野本 明男 東京大学大学院 医学系研究科 教授

332 :インフル捏造団のサポーター:2007/05/10(木) 09:38:51
■山西 弘一プロフィール

昭和43年〜昭和47年 大阪大学微生物病研究所において大学院生


昭和48年〜平成元年 同研究所の助手、助教授、教授として研究の傍ら医学部の学部教育、大学院教育にも携わり、
さらに協力講座として大学院教育を行った。その間、医学博士終了者10名が学位を受領。

平成3年〜平成17年3月 大阪大学医学部、医学系研究科教授として医学部生の教育につくし、医学系研究科大学院微生物学講座の教授として大学院生の教育と共に研究を行ってきた。その間、外国人留学生8名を含む15名が医学博士の学位を受領した。

平成17年4月〜現在に至る

333 :山西弘一:2007/05/10(木) 09:51:42
独立行政法人医薬基盤研究所理事長

薬害エイズ被害救済を口実に作られたインチキ財団
インチキ研究者に巨額の研究費を投げ与える組織
他人の不幸からすら自分たちの利益を引き出す官僚の走狗

334 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/10(木) 15:55:09
【中国】広東省雲浮市 豚の8割疫病で死亡 [05/06]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1178445308/l50

【国際】中国でブタが謎の病気に…1300匹超感染、300頭死亡
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1178774680/l50

まあなんつうことない豚のウイルス感染症が流行ってるんだな。
キャリア(感染経験耐過個体)が多数派になる間までの辛抱だ。
厄介なのは、「人獣共通感染症」機知害脳を持ったやつらの
キチガイ発狂パニック集団ヒステリーだけだな。
インフルエンザ同様、動物のウイルスが人間に感染するという「捏造」を
やたらに信じ込んで流布する狼少年少女たちだ。

335 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/10(木) 21:08:10
【中国】広東省の豚大量死は、人に感染しない豚繁殖・呼吸器障害症候群(PRRS)と発表[05/10]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1178792167/l50

【独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所】
http://niah.naro.affrc.go.jp/index-j.html

しっかし、下のHPは怪しいことこの上ないねえ。

【動物の病気 Index】
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/05_byouki/byouki-index.html

細菌・寄生虫の病気は、
細胞生命体を地続きで考えても、
まずは、何らやぶさかではないが、
ウイルスは、それらに比してだいぶ特殊だぜえ。

獣医学の人間は、ウイルス学の知識知見を吸収するには、
その科学的な思考・認識の資質に問題ありなのか?
「病」を観察・理解するスキルを養うための素地そのものに問題がありそうだ。

獣医と人医のオツムの質の間には、
何かとてつもなく厚く超えられない壁でも
存在しているようだな。

336 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/10(木) 21:12:49
-------------------------------------------------------------
「ウイルスと人間」
http://www.amazon.co.jp/dp/400007444X/
「動物ウイルスが人間を襲う!―エイズ、鳥インフルエンザ、サーズ…」
http://www.amazon.co.jp/dp/4569658105/
「インフルエンザ危機(クライシス) 」
http://www.amazon.co.jp/dp/4087203131/
「鳥インフルエンザはウイルスの警告だ!―ヒトとウイルスの不思議な関係」
http://www.amazon.co.jp/dp/4476032885/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆科学とオカルトの超克不能な壁◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「ウイルスと人類」
http://www.amazon.co.jp/dp/4585050663/
「ウイルスはどこにでもいる」
http://www.amazon.co.jp/dp/4585050736/
「ウイルスは生物をどう変えたか―進化の演出者・ウイルスの世界を探る」
http://www.amazon.co.jp/dp/4061329499/
「ウイルスは人間の敵か味方か―最小の生物の正体に迫る」
http://www.amazon.co.jp/dp/4309612024/
--------------------------------------------------------------------------------

「科学」教育の絶望的な限界を感じてしまうわけだが・・・

337 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/10(木) 21:32:08
負け犬はほざけ

338 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/10(木) 23:38:56
広東省仏山市の順徳区にある染物工場で9日、作業員約20人に支給された4月分の給料が偽札だったことが判明した。作業員が会社側に抗議したところ、逆に解雇処分となった。
10日付で広州日報が伝えた。
事件が発覚したのは作業員2人が紙幣が偽物ではないかと気づいたため。近くのスーパーマーケットにある検査機でチェックしたところ、偽札と判明した。
2人が仲間に伝えたところ約20人が偽札を支給されていたことが分かった。作業員らの抗議に会社側は「銀行のミスだ。本当の紙幣と交換するかどうかは銀行と交渉して決める」
と回答、作業員に現場に戻るよう命じた。怒った作業員は就業を拒否したが、会社側は「職務放棄」を口実に解雇を言い渡した。

 近所で工場を営む男性が騒ぎの一部始終を目撃し、警察に通報した。この男性によると、同工場で偽札が作業員に支給されたのは今回が初めてではないという。同工場は広州日報の取材に対して「我々も被害者だ」と釈明した。(編集担当・菅原大輔)


339 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/11(金) 01:38:41
>>335
ぽっぽ議員の動物愛護新ビジネス( 平成19年05月04日 )
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0705/070507-12.html

2007年05月10日
ブルセラの件でアークエンジェルズと
またたび獣医師団に利用された鳩山邦夫議員に法則発動
http://antikimchi.seesaa.net/article/41354568.html

340 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/11(金) 01:40:30
【ツボカビ症】w
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/05_byouki/byouki-index.html

341 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/11(金) 18:44:12
インドネシア、鳥インフル対策で米などと協力

 【ジャカルタ=代慶達也】インドネシア政府は今夏からシンガポール、米国両政府と共同で鳥インフルエンザ感染対策を強化する。
 ジャカルタ郊外で鶏など家禽(かきん)類の実態調査やワクチン投与などを試行し、その成果を踏まえて今後の予防対策をまとめる。

 インドネシア保健省はジャカルタ郊外のタンゲランを試行地区に指定。3カ国の保健専門家が450万ドル(約5億4000万円)を投じワクチン投与などを実施する。
 世界保健機関(WHO)や国連食糧農業機関(FAO)も支援する方針で「実施効果を研究後、有効な対策は他のアジア地域にも応用する」(WHO幹部)という。(07:01)
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070511AT2M1001G10052007.html
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

『3カ国の保健専門家が450万ドル(約5億4000万円)を投じワクチン投与などを実施する。』

結局は、烏賊様インチキ鳥フル理論による、
いいカモにされておわりということだろうか。
その烏賊様インチキ理論を暴露することになるんじゃなくて。
「免疫」の知識のない人間を騙し放題やりつづけるわけだ。
とにもかくにもゼニ儲け優先。そのための偽(擬)科学か。

342 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/14(月) 15:23:52
【中国】中国独自のヒト用鳥インフルエンザワクチン第二期臨床試験開始・・・耐性、安全性を確認[05/14]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1179104658/l50

世界でもっともエマージングウイルスの発信源となっている
中国さまのインチキワクチンだ。
これでまた、日本のカネにタカるつもりなのかね。
国際援助支援の名目で。

ウイルスの感染伝播なんて、
はっきりゆって、早く罹ったもの勝ちになってるんだぜ。
そんなとこに、ワクチン使ったって意味ねえんだよ。
病気がおこらないということはつまりすでに抗体をもっているということだ。
病気がおこってないからといって、
ウイルスに感染してないと見るのは大間違いだ。
実際はまったくその逆になっているんだよ。

せっせせっせとウイルスばら撒いて、たまに発症が起こると大騒ぎし、
すわワクチン使えなんていう方向にもっていこうとするぐらいの
ペテンな所業はないぜよ。

それをいまの方針政策の意思決定をする連中が理解できなくなっている。
なんとオツムの働かせ方が貧しくなってしまったものだろうか。
ゼニもうけばかり考えてる香具師勢力の思う壺だ。

343 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/14(月) 17:19:01
「エイズ退治や鳥インフルエンザの予防」
http://www.chosunonline.com/article/20070514000029

ウソつきは泥棒のはじまり。

344 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/16(水) 23:16:25
インドネシアで新たな死者、76人目 H5N1型感染
2007.05.16
Web posted at: 16:55 JST
- CNN/AP

 ジャカルタ――インドネシア保健省は16日までに、同国西部のスマトラ島北部に居住の26歳女性が高病原性鳥インフルエンザの感染で死亡したと発表した。
 同国におけるH5N1型ウイルスの死者はこれで世界最多の計76人に達した。感染者は96人が確認されている。

 犠牲者は妊娠4カ月で、発症後にメダン市の病院に入院していた。同ウイルスに感染した鶏を処理、料理し食べていた事実が判明した。

 研究所の追加検査で、女性のH5N1型ウイルスの感染が判明した。インドネシアでは約2年前から鳥インフルエンザの感染が拡大。
 東南アジアの他国では対策が進み、歯止めが一応かかっているが、インドネシアでは逆に急増し、感染した鳥処理などの対応策で後手を踏んでいる政府への批判も高まっている。
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200705160027.html

345 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/16(水) 23:17:56
鳥インフルの検体提供再開 インドネシア
5月16日8時1分配信 産経新聞

 インドネシアのスパリ保健相は15日、鳥インフルエンザ・ウイルスの検体を約5カ月ぶりに世界保健機関(WHO)に提供したことを明らかにした。
 同国は製薬会社が検体を商業利用しているとして、WHOへの提供を拒否していたが、3月末にWHOと協議し、ワクチンの供給体制の整備を条件に、提供を再開することで合意していた。(シンガポール 藤本欣也)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070516-00000026-san-int

346 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/16(水) 23:22:14
2007年 05月 15日 19:54:12
<鳥インフルエンザ>インドネシアがウイルス検体提供を5か月ぶりに再開 - スイス

【ジュネーブ/スイス 15日 AFP】インドネシアのファディラ・スパリ(Fadilah Supari)保健相は15日、世界保健機構(World Health Organisation、WHO)に対する高病原性鳥インフルエンザウイルスA(H5N1)の検体提供を5か月ぶりに再開したことを明らかにした。

 今回の発表は、ジュネーブ(Geneva)で開催中のWHO年次総会で前週からの提供再開を公表したもの。検体は東京のWHO研究開発センター(WHO Collaborating Centre)にも提出されている。

 インドネシア政府は昨年12月、途上国のウイルス検体を先進国の医薬品会社が高価なワクチン開発目的で使用するのは「不公平」とし、海外の研究所への検体提供を中止していた。

 鳥インフルエンザによる死者数はインドネシアが世界最多。ヒトへの感染例の場合、WHOの8つの協力機関に検体を提供して検査を実施することが、感染拡大を防ぐ上で重要な手段となっている。

 今回の検体提供再開について、スパリ保健相は次のように語った。
 「再開にあたり、WHOおよび協力機関が責任を持って検体を扱い、国内外で検体が悪用されないよう、また、検体が各国間で適切に共有されるようお願いしたい」

 同時にスパリ保健相は、現在の制度を改めて「不公平」と指摘。
 「わが国の検体は、わが国の同意なく、第3者のワクチン開発に利用されてきた。これは検体提供の本来のあり方を侵害している。提供する側は人類の利益を目的としているが、提供される側はその信頼を裏切っている」とし、
「万が一感染が拡大した場合に備え、ワクチンを(途上国にも)平等かつ適切に分配できるような」指針をWHOが作成するべきだと主張した。
http://www.afpbb.com/article/1596507

347 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/16(水) 23:31:01
2007/05/15 - 16:27
新型インフルエンザ予防のモデル国、スイス
http://www.swissinfo.org/jpn/front/detail.html?siteSect=105&sid=7822694&cKey=1179293957000

>鳥インフルエンザウイルスH5N1の遺伝子が変異を起こし、人から人へ感染するようになるのは時間の問題 (Keystone)

>鳥インフルエンザウイルスH5N1の遺伝子が変異を起こし、人から人へ感染するウイルスとなり、世界的に大流行 ( パンデミック ) することを「新型ウイルスによるインフルエンザパンデミック」という。

>このウイルスH5N1の遺伝子が変異し、いつ人から人への感染になってもおかしくない状況の中

>連邦政府は、国の責任で、800万人分のワクチンをすでに注文しており、夏前にはストックが完了するという。

>「世界の中でもスイスとオーストリアは、早い時期から新型ウイルスによるインフルエンザパンデミックの予防対策を行っている代表的な国。予防もやればここまでできるというモデル」と語るのはWHO医務官、進藤奈邦子氏 ( 医学博士 )。

>鳥インフルエンザウイルスH5N1はA型ウイルス。四季のあるところでは冬にはやるが、熱帯では夏でも起こる。それが遺伝子変異を起こすのは時間の問題という。

>この人から人への感染になった場合の新型ウイルスのワクチン確保の問題はまさに、WHOの第60回総会の大きなテーマの1つ。

>「メンバー国が世界の平和と健康を望む強い意志をもっていれば成功する」と進藤氏の声は明るい。
>swissinfo、里信邦子 ( さとのぶ くにこ )

恫喝が好きねえ。
文学と現実の境界が曖昧になっちゃってるんだね、きっと。
ウイルス感染と細菌感染の区別がきちんとできてるのだろうか?

348 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/18(金) 22:38:06
<遺伝子組み換え>ウイルスを無届け使用、3機関に厳重注意
5月18日19時55分配信 毎日新聞

 遺伝子組み換えウイルスを無届けで使っていたとして、文部科学省は18日、千葉県がんセンター、広島大、シゲタ動物薬品工業の3機関に厳重注意し、再発防止を求めた。
 鳥インフルエンザなどの遺伝子組み換えウイルスを03〜04年から実験に使用。法に基づく文科相の確認が必要だが、申請書は未提出だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070518-00000103-mai-soci

349 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/21(月) 02:12:41
2007年 05月 20日 13:07:59
WHO、インドネシア保健相を理事に選出 - インドネシア

 【ジャカルタ/インドネシア 20日 AFP】世界保健機関(WHO)は19日、ジュネーブ(Geneva)で開かれた第60回総会で、インドネシアのファディラ・スパリ(Fadilah Supari)保健相を満場一致で理事の一人に選任した。
 インドネシアのインターネット・ニュースサイトDetikcomが同日伝えた。同国は高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)のウイルス情報開示を昨年来拒み続けていたことで論争を呼んでいた。

 スパリ保健相は、「インドネシアの保健相がWHO理事に任命されたことは、国際社会が世界的な保健・健康問題に対するインドネシアの積極的な取り組みを認識し評価した結果」と述べた。

 インドネシア政府は先週、日本にあるWHOの研究機関へ鳥インフルエンザの標本提出を5か月ぶりに再開している。

 鳥インフルエンザの原因とされるH5N1ウイルスによる死亡者が世界でこれまで最も多いインドネシアは昨年12月以来、大手製薬会社の営利活動に一方的に協力するのが不満だとの姿勢を打ち出し、同国政府は国外の研究機関へのウイルス標本の提出を拒否していた。
ttp://www.afpbb.com/article/1612230

350 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/24(木) 02:35:52
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1179527293/47

47 :名無しさん@七周年:2007/05/20(日) 19:53:39 ID:ZV6Opm2B0
「予防接種」に隠れた問題は、
予防接種やワクチンは、国が指定すると
>>46さんが言うように、備蓄が必要になる。
例えば「(インフルエンザ用)タミフル」の期限は1年。
つまり翌年には買い換える必要があるのだ。
買い換え費用は「血税」である。

こうした費用で救われる者もいるだろう。
「人命は地球より重い」と考えるバカには説得力に欠けるが、
弱者を生き永らえさせるための負担は非常に大きいのだ。

しかし米国などは「福祉」に盲進し、日本もそれに続いている。
なぜか?
タミフルのように「おいしい商売」だからだ。
製薬企業→政界→医療→関係業界
と、弱者が増えるほど、おいしい商売になっている。

世の中に「活かさず殺さず」と言う慣用句がある。
まさにそれである。
「はしかの予防接種」は、その極大点を探った手段であることを覚えておいたほうがいい。

351 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/24(木) 08:11:47
陰謀論が好きな人っているよね。
被害妄想がでてるのかもね。

352 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/24(木) 15:22:28
陰謀論のレッテル貼りたがるやつらって、
自分たちの都合の悪いことを言われて、
正面から適確に反論できないと、
精神病のレッテルを貼りたがるやつらでもあるよね。w

353 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/24(木) 15:35:15
被害妄想が出てるねぇ

354 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/24(木) 17:05:21
感染症利権のお方?w

355 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/24(木) 17:59:30
利権がある人物がわざわざ2chに書き込むかね?
正気ならこんな考えはしないと思うが、反対意見は皆、
怪しい利権団体の書き込みと思ってしまう病気なんだろうね。

356 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/24(木) 18:06:24
>>355
わざわざ書き込まなくても、どうみても病気だ
最初は相手にする奴らもいたけれど、今じゃ完全に放置

357 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/24(木) 20:09:45
まともそうに装って
わざわざ書き込みに来る連中が
一番のいんちきイカサマ野郎どもでつwwwwwwwww

放置プレーに徹してればあ? ハンノウガワカリヤスウw

358 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/24(木) 20:15:05
【高病原性鳥インフルエンザウイルス】
〜鳥類界には昔からありふれてるインフルエンザウイルスを、
養鶏家きんだけは「清浄国」のつもりで「根絶・撲滅」政策。
その、「高病原性ウイルス」の意味をもつ存在そのものが疑わしい。
H5N2型同様、H5N1型も、もはや世界的にまん延してしまって、
常在常態化していても何ら不思議のない状況でもある。

ありもしないもの、大したことでないもの、ありふれたもの、
に対する、過剰なる対策を図るべくつくられた政策を
平気で施行できてしまう、今の日本国のトップの行政機関。
その頭脳はすでに発狂同然なのか?
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumu/1164258390/859n-

紅楼商も農水商も内郭婦も
えらいインチキな政策を
やってしまってるんだな
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/bse.html
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/cjd.html
http://www.maff.go.jp/soshiki/seisan/eisei/bse/bse_j.htm
http://www.fsc.go.jp/sonota/bse1601.html

日本の官僚たちって
相当科学のリテラシーが欠如した
おバカばっかなんだね
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1170603804/204n-

359 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/24(木) 20:51:21
鳥インフルエンザのワクチンめぐり暫定合意 WHO

2007.05.23 Web posted at: 16:44 JST - AP

 ジュネーブ(AP) 鳥インフルエンザのワクチン分配と、その開発に必要な検体の提供をめぐって先進国と途上国が対立していた世界保健機関(WHO)総会で22日、暫定的な合意が成立し、決議案が採択される見通しとなった。
 ただ、決議案の文言には漠然とした表現が目立ち、細部の詰めは今後の作業部会に持ち越された形だ。

 決議案は、鳥インフルエンザが発生した国からウイルスの検体が「適時に」提供され、大流行が起きた場合はワクチンが「公正に、手ごろな価格で」分配されるようなルールを設定するとの内容。
 「適時」「公正」の定義はあいまいなままだ。

 毒性が高く、流行が懸念される鳥インフルエンザH5N1型のワクチンは、試験段階の数種類がすでに開発されている。
 だがウイルスは常に変異を繰り返しているため、新たに発生したケースの検体を採取し、監視を続ける必要がある。
 しかし、感染が続発しているインドネシアは、ワクチンを開発する製薬会社が価格をつり上げるのではないかとの不信感から、昨年末以来検体の提供を拒否。
 中国も約1年前から検体を提供していない。

 WHOのチャン事務局長は先週、検体提供を拒否する国を、「鳥インフルエンザの大流行に備えようとする国際社会の必死の努力を妨げている」として厳しく批判した。
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200705230022.html
-------------------------------------------------------------------------------

外野の人間を騙し続けるための、WHO劇団による「鳥インフルH5N1]狂言茶番劇?

360 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/24(木) 20:59:31
2007/05/24-05:40
鳥インフル警戒強化で感染抑制=OIE

 【パリ23日時事】動物の衛生を扱う国際獣疫事務局(OIE)のバラ事務局長は23日、記者会見し、鳥インフルエンザに対する警戒態勢が世界的に強化された結果、2007年に入って鳥インフルエンザの新規発生件数が減少し、感染拡大が抑制されているとの見方を示した。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007052400075
-------------------------------------------------------------------------------

実際のところ、ウイルスの実態は、
宿主である鳥類界において、ほぼ世界中に蔓延してしまって、
みなそれに対する免疫を獲得しているから、
発症流行が大きくおこらなくなっただけのこと。
(不顕性感染はつねにおこっている。)

『感染拡大が抑制されている』なんて、嘘っぱちなのにね。
「抗体をつくる免疫システム」を知らないふりしたほうが、
ゼニちょろまかすには都合がいいんだろうね。
とんでもない香具師連中の巣になってんだなOIE。

361 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/26(土) 01:50:53
記者の目:ワクチン認めず、鳥インフルエンザ=小島正美(生活報道センター)
毎日新聞 2007年5月25日 東京朝刊
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/kishanome/news/20070525ddm004070110000c.html

>ワクチン問題に詳しい水村芳弘・獣医師は「現実に鶏舎に侵入するウイルスは多く見ても1000個以下だ。ワクチン接種は感染自体を防ぐことができる」と指摘する。
>農林水産省は「発症は防げても、感染は防げない」とワクチン接種を認めていないが、「ワクチンも認めず、補償も不十分では、生産者は生き殺し」と嶋田さんは悲痛に訴える。

【ワクチン接種は感染自体を防ぐことができる】×
【発症は防げても、感染は防げない】○

生産者は、補償をアテにするのではなく、鶏の免疫をアテにすべきだ。
当事者である養鶏業界の中の人間が一番愚かなのである。
というよりも、大手養鶏業者はそれを自分の味方につけて、
ほっかむりしながらやっているというのが実態なのだと思う。

いまの鳥インフルエンザ防疫制度は、
正直者がバカを見る制度そのものになっているのだろう。

「なぜ日本の養鶏家きんではインフルエンザ発症が稀なのか」
それは感染がないからではなくて、思いっきり感染を経験して、
早々に免疫がついてしまっているからである。
まじめに防御すればするほど、成鶏になってから感染を被ったとき、
大規模で重篤な顕性感染となるのである。

362 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/26(土) 08:53:36
「なぜ日本の養鶏家きんではインフルエンザ発症が稀なのか」
それは感染がないからではなくて、思いっきり感染を経験して、
早々に免疫がついてしまっているからである。


これ、ホントなの?

363 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/26(土) 16:44:48
>>362
地方の地鶏生産現場をみると、なおさらそれが実感できる。w

それと、自分自身で鶏や鳩を飼った経験がある人は、経験で知っている。

養鶏業界の中にいる人も、口はつぐんでいるけれど知っている。
ワクチンの要望を口にする人間は、銭儲けしか頭にないから知らないかもしれないが。

いちばんバカな人たちは、現場を知らない学者センセー様と、霞ヶ関の中の人たち。
実験室ひきこもりの人間と、机上の空論・画餅の妄想仮想世界の中だけで生きてる人たち。w

364 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/26(土) 17:06:06
>>362

いくら言ってもまともにソースが出せない事実=嘘だから信じないように、



365 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/26(土) 17:46:57
>>364
ヨッ! 論文しか信用することができない、ラボットくんの登場かね?w

366 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/26(土) 17:48:21
論文読めない素人乙w

367 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/26(土) 18:24:27
ウイルスは生物じゃないからな。
「生物学」おんちでも研究対象にできるわけだ。
だが「感染症」はムリみたいだな。wwwww

368 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/26(土) 21:00:05
>>364
ワシントンポストの批判記事を激賞と勘違いするピペ土さん

369 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/27(日) 15:56:37
あなた、それは、もう言わない約束でしょ

370 :河岡義裕:2007/05/27(日) 17:54:37
6月1日東大烏賊様軒創立40周年記念シンポジウム

パンデミック・インフルエンザ

インフルエンザはヒポクラテスの時代からパンデミアを繰り返して来た
僕の師匠のウェブスターが鳥インフル変異仮説を唱えた
鳥がインフルエンザで死んだ
鳥飼は感染したが元気だ(ここは無視)
鳥インフルウイルスを大量に吸入した人間が鳥インフルに感染して死んだ
僕は1918インフルウイルスを人工合成した(つもり)
マカクに感染させた(つもり)=実は、気管に押し込んだ
マカクが死んだ

鳥インフルが変異したら大変だ!大変だ!大変だ!

僕は、パニック症候群
大変だ!大変だ!大変だ!

371 :吉倉廣:2007/05/27(日) 17:56:36
鳥インフル変異仮説ってホントなの?

372 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/27(日) 18:33:48
どうしても、1997年香港H5N1事例には、
ペテンが紛れ込んでいるように思えてならないのだが・・・。

そして今また、インチキが・・・。
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070526-OHT1T00215.htm
http://www2.explore.ne.jp/news/article.php?id=6303

人のH5N1型ウイルスも、鳥のウイルスとは別に、
すでに当然のごとくにまん延しているのじゃないだろうか。

抗体保有調査をやってみればわかるのだが、
その「抗体」の概念すら、往々にしてすっぽり抜かすような情報が非常に多い。
故意にやってるのかと思うくらいだ。

サーズのコロナウイルスだって、きちんと調査すれば、
相当の抗体保有が確認されるはずなのだが、それは公式にやろうとしない。
ウイルスが蔓延しているということを、なるべく隠蔽しつづけようとしてるのか?

ウイルス学的知識知見の真っ当な姿から見れば、
非常にいかがわし状況の中に、われわれはおかれた状態になっている。

ウイルスを人為に制御できると思わせておこうとする、
何らかの勢力の存在でもあるのか。「勢力」と言えば・・・。
http://www.kantei.go.jp/jp/koizumispeech/2006/08/15interview.html

373 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/27(日) 19:36:40
ラッサ熱だって、最初、猿から感染したときは、致死性ウイルスだと思われてたよね
それが、アフリカの現地人を調べたら、抗体保有率が高いことが分かって
不顕性感染の方がふつうだということになった

鳥インフルも同じ経過をたどるはずだよ
日本の鳥飼で発症した人はいないじゃないか
抗体保有率は相当高いんだが

自分の都合のよいデータだけ発表して
勝手にインフルエンザ・パニックって騒いでる阿呆が
東大教授なんだから嫌になっちゃうな
WHOまで、騙してさ

烏賊様軒とはよく名付けたもんだ

374 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/27(日) 20:52:08
>>373
>日本の鳥飼で発症した人はいないじゃないか
>抗体保有率は相当高いんだが

「鳥H5N1」と「人H5N1」は、
最初から違ったもの、別のものだとは思わないか?

そこの認識を誤ってるから、
「人獣共通感染」に見えてしまうのではないだろうか。

で、そのインチキをみんな信じ込まされてしまったのではないのか?
WHO、OIEはじめとした国際機関も、CDCも、ProMEDとかも。

ウェブスター一派は稀代のペテン師集団だぜ。
聖ユダ大も、ウイスコンシン大も、
マトモな科学者集団を抱えてるのかどうかは、
非常に疑わしいのではないか。

日本の白血病治療やガン治療も移植医療も、
非常に怪しい領域になっているわけだし・・・。

375 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/27(日) 20:58:40
すくなくとも、末端の医療現場では、
広域スペクトルの抗菌剤で十分対処できる病気も、
大病院じゃいきなり重病にされてることも、確実にあるぜ。
診療点数に従ったインチキ医療は、
単なる公金タカリ医療と化している部分がかなりあることも事実だ。
無責任になれるガイドライン診療はね。
医者もまじめにやるとまったく儲からんことになってしまったね。
自由診療でサービスに応じた対価をもらうあたり前の商売に近づけなきゃ
やがて、これは医療崩壊だな。
マトモな人間が医療サービスの現場には立てなくなってしまうだろうね。
会員制にしてお客さんを選んでやれたら
だいぶ精神的にラクにはなるかもね。

日本人は、病気との付き合い方が、
ずいぶんと下手になってしまってるよ。
対症療法ばっかに頼ってたら、
かえってこじらせることになってるんだがね。
カラダの治る力を理解できなくなってる。
「意識」だけがやたら肥大して、
何でも思うようにしなきゃ気がすまないようだ。
生きもの相手したら、
人間の思うとおりになることなんていくらもないのにね。
皆、身の程知らずになっちゃったんだね。卑しいよ。
特亜人の病気が感染してしまったのかもね。

376 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/27(日) 21:35:38
>>374
>>375
一定鋭そうな意見だが、細かなところで付いて行けなくなるよね

ウェブスター一派は稀代のペテン師集団だぜ。→賛成
日本の白血病治療やガン治療→やり過ぎはあっても意味はあるよ
移植医療→とんでも腎臓移植は怪しいね

大病院じゃいきなり重病にされてることも、確実にあるぜ。→あんまり賛成できないな
自由診療でサービスに応じた対価をもらうあたり前の商売に近づけなきゃ→おまえ、阿呆ちゃうか
対症療法ばっかに頼ってたら→治療の大部分は対症療法じゃよ。おまえ、ホントに阿呆ちゃうか


日本人は、病気との付き合い方が、ずいぶんと下手になってしまってるよ。→平均寿命から考えると世界一上手なんだがな

この手の人間が、一番やっかいなんだよな
結果的に批判対象を利することになるんだよ
阿呆な批判するからよう

377 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/27(日) 22:28:34
>>376
日本の医療システムは確かにいい面もたくさんある。
それにしてもだ、いつまでもこのままでいいと
思っているわけではないだろ?

共産主義体制が色濃く残りすぎて、
それにぶら下がるクズどもが増えすぎている。
そいつらとおんなじことやってるのはかなわん。
もう少し、多様性の幅を広げる必要がある。
サービス業なんだからさ。
公費に過剰にぶら下がらないやり方でも
できるようにすればいいじゃないか。
だってさ、金持ちもビンボー人も同じ治療なんて、
そりゃ現実的じゃないんだぜ。
お金かけようと思えばいくらでもかけられることもあるし、
お金かけないでやろうと思えばそれで間に合うこともある。
治療方針の選択も本当はできるんだ。

378 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/27(日) 22:30:05
それとさ、大病院(大学付属病院)のヤヴァサを知らないのか?w
もちろん知ってるわけだよね。
検査数値に依存する人間も多いしな。本来かなり個人差のあるものなのに。

たとえば生体肝移植で失敗もたまにあったりするわけだが、
適当な理由つけて納得してもらってたりとか・・・。

患者家族の側も、どうせほっといても重症化して死ぬんだし
といって、いわば泣き寝入り、とか。

不正請求なんてのは、大なり小なり、
手を染めてない人間はまずいないのだし。

医療保険制度を金額にもよるが、5割負担まで上げたらどうだ。
(まあ、今の国民民度ならムリかも知れないがね。)
医業者が患者から頂く代金の割合をあげないかぎり、
食券扱いの雰囲気はなくなりようがないよね。

379 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/27(日) 22:38:30
チミは、医療にどんな理想像を持ってんのかね
揚げ足とるのは簡単だがね
医療費の個人負担を5割に上げたらどういう効果と影響がでるんかね
高額医療費はどうすんねん
食券扱いの雰囲気ってなにを言いたいんかね
自分のオツムの程度をわきまえて発言する方がいいんじゃねえの
賢い振りすると恥かくよ

380 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/28(月) 01:33:20
現行だと、患者から金とらなくたって、十分成り立つじゃないか。www
そういう体制に依存してしまうわれわれが腐っていくような自覚は間違っているだろうか?

381 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/28(月) 02:22:37
>日本人は、病気との付き合い方が、ずいぶんと下手になってしまってるよ。

医療費をいたずらに浪費するような性格になってしまってるってことさ。

それと、自分の体の健康に関しての知識があまりにも稀薄になってしまった。
衣食住に関して、健康に留意するという感覚が稀薄で、
悪くなったら何かの所為にしがちで、自分の責任ではないような顔をしたがる。
根本の原因は自分にあるのにもかかわらず。何事もひとの所為にしたがるんだよね。
食べ物にしろ着るものにしろ温度管理にしろ、
ハタから見てたら健康を害することになるのは当然の生活をしておきながら、
悔い改めることなんかしないわけね。自分の生活に原因があると思ってないわけね。
だから、生活を変えなきゃちゃんと治らないといっても、理解できないんだな。
せっかく、良かれと思ってアドバイスしても、バカにしたと思うらしい。
バカな患者ほど、きちんとものを言うと、ムッとするし、下手に対応をすると、
愛想が悪いとか威張ってるとか言いふらして歩くんだなこれが。困ったものだ。
自分の健康なんだからさあ、最低限の知識を身につけろよといいたいが、
昔だったら、もう少し、人の話にきちんと耳を傾ける人間が多かった気がする。
いまの大人はダメだ。謙虚さがない。
プロの腕に対する信頼とか敬意を払うとかの人間としての礼儀があまりにも欠落してる。
ちょうど、「動物農場」の動物と化しているみたいね、日本人。哀しいね。
http://www.amazon.co.jp/dp/4042334016/

いまの日本人、マスゴミの煽動に、いとも簡単にイチコロにやられてるね。

382 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/28(月) 17:14:35
>>374
これも、ウェブ先生一派の仕業かね?

【<鳥インフルエンザ>ウェールズで低病原性鳥インフルエンザ、4人感染】
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2230716/1632033



383 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/28(月) 18:36:02
ここは何のスレだ?w
少なくとも一般人は鳥インフルエンザでスペイン風邪みたいなことが起きるとは信じちゃいないよ。

384 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/28(月) 19:46:45
実際に「高病原性鳥インフルエンザ」なんておこらなくたっていいんだよ。
たとえそれが架空の出来事でもでっち上げ捏造であったとしても。

要は、形式的な「防疫対策」政策制度が出来さえすればいいのだから。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1178987909/168

385 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/28(月) 20:39:29
ご主人様の言うことしっかり聴いて、
ご主人様のセオリーにどこまでも忠実に、
ご主人様のセオリーに対して露にも疑いを抱かず、
ご主人様のセオリーは常に絶対的な真実真理で、
ご主人様が望む実験結果が得られるまで、寝食も忘れて、
ご主人様が望む論文を発表し、
ただひたすらそのような研究生活を送ってしまえる、
丈夫な体とおつむを持っているのが、
「水平」くんの習性と特技。

まるで忠犬ポチ公だよな。
ピペ土はそれでもいいのかもしれないが、
はたして研究者はそれでいいのだろうか?
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1170603804/265

386 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/30(水) 21:40:57
鳥インフル マウス利用の抗体実験で効果 
2007年5月29日(火)21:13 朝日新聞

 新型インフルエンザが大流行した場合、感染者の体内にできる免疫物質(抗体)が予防や治療に役立つかもしれない。
 米欧やベトナムなどの国際チームが29日、新型インフルエンザへの変異が懸念される強毒型の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)について、マウスを使った抗体の実験で効果があったとオンライン医学誌「PLoSメディシン」に発表した。

 チームは、ベトナムで04〜05年にH5N1型ウイルスに感染して回復した4人から血液を提供してもらい、含まれている免疫細胞を培養。ウイルスを無毒化する抗体が作られることを確認して、抗体をマウスに注射する実験をした。

 抗体を注射されないマウスは、04年のウイルスに感染させるとすべて死んだ。ところが、ウイルス感染前や感染後に抗体を注射されたマウスの体内ではウイルスが広がらなかった。こうした効果は05年のウイルスでも確認できたという。

 H5N1型が変異して新型インフルエンザウイルスが生まれれば、4000万人が死んだスペイン風邪(1918年)のように世界中で大流行する恐れがある。

 ウイルスを弱毒化したワクチンの開発も進んでいるが、大量生産に向かず、即効性がないのが弱み。抗体を薬にしたものは、これらの欠点を補うと期待される。
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/life/K2007052904390.html

【米欧やベトナムなどの国際チーム】 ウサンクサス・・・

387 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/31(木) 07:41:06
鳥インフルと1918インフルを結びつける必要がホントにあるのけ?

もう一つの解釈(非ウエブスター版)

ヒトインフルの周期的な抗原変異→抗体がないため流行
第一次世界大戦による兵士の大量移動→流行拡大
第一次世界大戦末期で社会が疲弊、栄養失調→多数の犠牲者

いずれにしても、戦争はいかんよ

388 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/31(木) 20:06:11
【新型インフルエンザパンデミックのもう1つの治療法】
http://news.google.co.jp/news?hl=ja&ned=jp&ie=UTF-8&scoring=d&q=%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%80%80%E3%82%82%E3%81%86%EF%BC%91%E3%81%A4%E3%81%AE%E6%B2%BB%E7%99%82%E6%B3%95&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2

こういう眉唾ペテンを
信じこませることが
できるようになっちゃったんだね。

389 :名無しゲノムのクローンさん:2007/05/31(木) 22:06:45
「鳥インフルエンザH5N1」がらみは、
ワクチンも抗ウイルス薬も、インチキさでは、
どこの国のでも、どれもみんな、どんぐりの背比べだろ。

【中国「偽製薬会社」まで登場】2007年 05月 30日
http://kuyou.exblog.jp/5665800/

390 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/03(日) 17:23:56
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1178987909/379n-

380 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/03(日) 16:28:38
>2
『地球を守る』とか、
http://www.jili.or.jp/kuraho/inochi/web04/i_web04.html
>372
『地球を救う』とか、
http://www.ad-c.or.jp/campaign/nhk/01/index.html

って言葉が好きなんだね。

どっかのカルトのお題目になってるのか?

「地球を救う」じゃなくって「地球に巣食う」だろ。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%82%92%E6%95%91%E3%81%86%E3%80%80%E9%80%B2%E8%97%A4%E5%A5%88%E9%82%A6%E5%AD%90&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
「愛以外に地球を救う それはワクチン」
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E6%84%9B%E4%BB%A5%E5%A4%96%E3%81%AB%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%82%92%E6%95%91%E3%81%86+%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%AF%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

「ワクチン」って、「神の水」みたいに思い込んでるぜ、信者ども。

391 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/03(日) 17:51:57
ウイルス、環境中で耐性化も タミフル大量使用に警鐘
2007年6月2日(土)09:42 共同通信

 新型インフルエンザが大流行して抗ウイルス薬タミフルが大量に使用された場合、尿に排出された薬の成分が河川の水を介して野鳥の体内に入り、タミフルが効かない耐性ウイルスが生じる恐れがあるとする研究を、英国の研究チームが2日までにまとめた。
 チームのアンドリュー・シンガー英生態学・水文学センター主席研究員は「し尿処理段階で薬剤成分を不活化するなどの対策を講じるべきだ」と指摘している。
ttp://news.goo.ne.jp/article/kyodo/life/CO2007060201000100.html


392 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/03(日) 17:54:39
タミフル大量使用に警鐘 ヒト→排尿→野鳥でウイルス耐性化も 英研究グループ

 新型インフルエンザが大流行して抗ウイルス薬タミフルが大量に使用されると、尿に排出された薬の成分が河川の水を介して野鳥の体内に入り込み、タミフルが効かない耐性ウイルスが生じる恐れがあるとする研究を、英国の研究チームが2日までにまとめた。

 ひとつの薬ばかりを使うと人の体内で耐性ウイルスができ、それが広がる恐れがあるのは分かっていたが、環境中でもそうしたリスクがあることが示された。

 タミフルの有効成分は人の体内で活性化し、ウイルス増殖を抑える作用を発揮する。ただ大半は尿などに排せつされ、化学変化もしにくい。

 チームのアンドリュー・シンガー英生態学・水文学センター主席研究員は「屎尿(しにょう)処理段階で薬剤成分を不活化するなどの対策を講じるべきだ」と指摘。
 水を飲んだ鳥の体内でウイルスが耐性ウイルスに変異し、最悪の場合、人に感染する可能性もあるとみている。

(2007/06/03 12:43) Sankei Web
ttp://www.sankei.co.jp/seikatsu/kenko/070603/knk070603000.htm

393 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/03(日) 18:06:09
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1175676429/61

【医療】タミフル耐性ウイルス 人から人に感染した可能性[04/04]

61 :名無しのひみつ:2007/06/03(日) 15:58:49 ID:JJgwBEul
【水を飲んだ鳥の体内でウイルスが耐性ウイルスに変異し、
 最悪の場合、人に感染する可能性もある】

仮説立てるのは自由だけどさ、
全部、?の仮説を無理やりつないでるだけなんだけど。

@タミフルが、まず効くかどうかの、
ウイルス増殖仮定における「作用機序」における仮説。

Aその仮説に基づいたタミフルの作用によって、
「耐性ウイルスが発生」する、という仮説。

B鳥の体内で増殖する過程において、
突然変異によって出現したウイルスが、
人間に「感染し増殖する」ことになる、という仮説。

どれ一つをとっても、
いまだ「科学的事実」以前の仮説にすぎないものである。

つまり、全部、ひとつの作り話であって、
いまだフィクション(虚構)のレベルだということ。

394 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/03(日) 18:07:48
■インフルエンザA型H5N1感染治療中のタミフル耐性について
http://www.sasayama.or.jp/wordpress/?p=525
■エジプトで、タミフル耐性のH5N1ウイルス検出との報道だが。
http://www.sasayama.or.jp/wordpress/?p=697

全部、ミスターK「論文」に基づいているようだ。
しかも、ある限られたサークル、あるいは、
コネクションの中から出てきている論文ではないのだろうか。

エジプト、ベトナム、・・・

「高病原性H5N1」ばかりではなく、
「タミフル耐性ウイルス」まで、
「物象化」させようとしているのか?

まるで「あるあるウイルス」のごとくに。
「プリオン病」や「ダイオキシン禍」のように。

395 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/06(水) 03:10:47
【15歳以上のはしか 最多更新】
 国立感染症研究所によりますと、先月21日から27日までの1週間に全国およそ450の医療機関から報告された15歳以上のはしかの患者は、あわせて82人に上りました。
 これは、平成11年の調査開始以来、1週間の報告数として最も多かった前の週よりも、さらに14人多くなっています。
 都道府県別では、東京が23人と引き続き最も多く、宮城で15人、神奈川で10人、北海道で4人、岩手、山形、和歌山で3人などと関東を中心に地方でも広がっています。
 これで、ことしこれまでに報告された15歳以上の患者は387人となり、平成13年以来6年ぶりの大流行は収まる兆しが見えていません。
 国立感染症研究所の安井良則主任研究官は「地方でも感染が広がり始めており、流行がいつ収まるかはまだよくわからない。修学旅行シーズンの今、流行の続く関東地方に地方から来る学生も多いので、注意してほしい」と話しています。
(6月5日 18時12分)
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/06/05/d20070605000168.html


【ことしこれまでに報告された15歳以上の患者は387人となり、
 平成13年以来6年ぶりの大流行は収まる兆しが見えていません。】

【15歳以上の患者は387人となり、
 大流行は収まる兆しが見えていません。】

なんじゃこりゃ、ヴァカか?

396 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/07(木) 19:49:41
【巨大な「錯覚」が独り歩き】
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1169122599/394

397 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/07(木) 21:17:26
2007/06/07-10:30
新型インフル発生時の対応協議=APEC保健相会合が開幕−豪

 【シドニー7日時事】21カ国・地域で構成するアジア太平洋経済協力会議(APEC)の保健相会合が7日、オーストラリアのシドニーで開幕した。
 鳥インフルエンザウイルスが変異して人から人へ感染する新型インフルエンザが発生した場合の対応策などを協議。8日に閣僚声明を発表し、閉幕する。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007060700292

398 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/07(木) 21:43:32
積水化成、危険物輸送用容器を発売−国内初の国連認定取得
6月6日8時33分配信 日刊工業新聞

 積水化成品工業は病毒を移しやすい危険物品の輸送に用いる輸送容器「セキュリティパック」を発売した。
 国内で初めて国連認定を取得したもので、3重包装で常温と冷凍に対応する2種類を用意した。価格は常温用は2セットで1万0500円、冷凍用は1セットで1万5750円。
 初年度3600万円、08年度1億円の販売を見込む。

 鳥インフルエンザやエボラウイルスなど感染の危険がある物品輸送のため、品温管理機能と緩衝機能を高めた。
 1セットで50ミリリットル以下の物質を輸送でき、使い捨て仕様。保健所や病院、検査機関を対象に販売し、8月以降はネット販売も始める。

 同社は06年12月に改正された「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」が今月施行されたのを受けて、国連規格準拠の輸送容器需要増を見込む。
 初年度で国内2割、08年度で同5割のシェア獲得を計画。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070606-00000024-nkn-ind

399 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/10(日) 01:04:16
◇厚労省の「お粗末」対策 5億4千万円は倉庫で眠る?
タミフル以外にも多額の予算が投入される新型インフルエンザ対策。
だが、厚労省オススメの品物に専門家からは次々と疑問の声が上がる。
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumu/1180969284/13

ワクチン国費で買い上げへ 新型インフルエンザ対策
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1161182193/406

「役人はよほど政治家が監視していないと勝手なことを仕出かす」
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/186240/
「本当の伏魔殿は厚生労働省だ」
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/188189

400 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/15(金) 00:16:06
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1178987909/512

<はしか>入学時の予防接種など提言 検討会で小児科学会
6月14日21時50分配信 毎日新聞

 厚生労働省の予防接種に関する検討会が14日開かれ、はしかの流行を受け、日本小児科学会などがワクチン未接種者対策などを提言した。
 「小中高校、大学入学時にワクチン接種を勧めるシステムの構築」などを提言。
 国立感染症研究所感染症情報センターは、09年までに患者数を現在の10分の1以下にする施策を提案した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070614-00000119-mai-soci
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/measles/

「ワクチン接種」を制度に取り込むと、「はしか」だけの制度でなくなるからな。
本当の狙い、目的は、むしろそっちのほう。ワクチン利権屋さんにまんまと利益誘導。
けっして、ウイルス感染症の科学的に事実に基づいた「制度」ではなく、
ウソ偽りによって相手を信じ込ませ、自派の現世利益達成のためにそれを利用してるだけのこと。

401 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/15(金) 00:49:19
英グラクソ、WHOにインフルエンザワクチン寄付

 【ハーグ=市村孝二巳】英大手製薬会社グラクソスミスクライン(GSK)は13日、毒性の強い鳥インフルエンザウイルスH5N1型に抵抗力を持たせるワクチン2500万人分を世界保健機関(WHO)に寄付すると発表した。
 WHOはヒトからヒトへと感染する新型インフルエンザへの備えに役立つと歓迎の声明を発表した。

 GSKは今後3年間にわたって寄付する。WHOは、人間に感染して新型ウイルスに変異するとみられるH5N1型ウイルスを抗原とした「予備ワクチン」をインドネシアなどで備蓄する計画を進めている。

 WHOによると、米バクスター、仏サノフィパスツール、ハンガリーのオムニベストなどの製薬会社もワクチン寄付に前向きな姿勢を示している、という。
 少なくとも数千万人分が必要とされたワクチン備蓄問題は大きく前進する。GSKは自国でワクチンを備蓄したい途上国政府とは価格交渉に応じる方針も表明している。
ttp://health.nikkei.co.jp/news/top/index.cfm?i=2007061402706h1

眉唾なワクチンによる、眉唾な話だな。
行為行動は現実であっても、そのワクチンが、おこると思われているパンデミック株に有効なワクチンなのか?
おこりもしないものに備蓄を促すための、いわゆるフェイクではないのか?

402 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/15(金) 22:47:49
DJ-メディミューン、ワクチン製造施設改造の契約を米厚生省から受注
6月15日10時50分配信 ダウ・ジョーンズ

 ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)米メディミューン(Nasdaq:MEDI)は14日、同社の弱毒生の無針ワクチン技術を使って汎発性インフルエンザワクチンを製造するために、米国の同社製造施設を改造する契約を米厚生省から受注したと発表した。
 契約金額は5510万ドル。

 同契約での費用共同負担の取り決めの下、メディミューンは製造施設の改造に1400万ドルを提供する。同社はまた、ワクチン生産が1年中可能なように最良の状態を保つことにも同意した。

 メディミューンがここ1年余りで厚生省から受注した契約はこれが2つ目。
 鳥インフルエンザが人から人へ感染する流行病となった場合や、通常のインフルエンザの流行などによるワクチンの需要に、米政府が早急に対応できるよう、経鼻投与型インフルエンザワクチン「フルミスト」の生産を拡大する。

 厚生省は、2000万人の接種に十分なインフルエンザワクチンを備蓄し、鳥インフルエンザが人から人へ感染する流行病となった場合に発生から6カ月以内に全人口に十分な用量を生産できる能力を持つことを目指している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070615-00000019-dwj-biz

403 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/18(月) 15:46:41
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1178184060/l50

363 :名無しのひみつ:2007/06/18(月) 03:51:14 ID:+DASN6fm
いい加減あきらめろよキチガイ
タミフルのときからずーーーーーーーーーーーーーーっとやってるな>362


キチガイ キチガイ と鳴くQ間諜かな。

404 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/18(月) 17:04:43
[社会] 鳥インフル患者の治療法 日越専門家が意見交換
2007/06/18 07:18 JST更新

 ハノイ市で13日、中央伝染病衛生研究所、バックマイ病院などベトナムの医療機関と日本の国立国際医療センターの専門家らが、鳥インフルエンザH5N1型ウイルスに感染した患者の治療法について会合を行い、意見を交換した。

 5月初旬からこれまでに、ベトナムではH5N1型ウイルス感染患者が4人確認されているが、治療の結果、すべての患者が生存している。
 このうち、バックマイ病院に入院した30歳の重症患者は、26日間の治療の後無事に退院した。
 会合では、このケースを具体例に意見交換が行われ、保健省の鳥インフル患者に対する初期の治療方針と直接患者に接した医師の治療上の工夫が、患者治療の貴重な経験として評価された。
http://viet-jo.com/news/social/070617012159.html

405 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/24(日) 00:42:52
【デモクラシーは多数の専制や宗教的な狂信に走る危険をはらんでいる】
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/4572fe4312b775b6c862b21ec05f84a4

『昨今のマスメディアのヒステリー的な状況やブログの状況などを見ていて、
これは一種の集団催眠的な現象ではないのか』

『この世界では話が飛躍していくのは珍しいことではありません。
 催眠はその人の中にあるものを引き出す技術です。
 その人の心に沿った催眠だけが成功するのです。』
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2007/06/post_22b3.html

『噂こそが新たな神話を生み、新たな疑似科学を支え、しかも真偽よりも
「恐怖」のほうを撒き散らしかねないという、高度情報化社会の構図』
『たとえ根拠がなくとも何らかの恐怖を広め大衆を操作してしまう構図』
http://d.hatena.ne.jp/schazzie/20051110

406 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/27(水) 02:33:23
【鳥インフルエンザ(新型インフルエンザ)】
農林水産省
http://www.maff.go.jp/tori/index.html
厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou02/index.html
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
環境省
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/index.html
外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kansen/influenza/index.html
内閣府食品安全委員会
http://www.fsc.go.jp/sonota/tori1603.html
http://www.fsc.go.jp/sonota/tori/tori_rink.html
--------------------------------------------------------------------

『巨大な「錯覚」が独り歩き』
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1166966593/196n-

407 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/28(木) 18:24:59
<ワクチン>「将来を考える会」が未承認対策などで要望書
6月27日18時44分配信 毎日新聞

 与党議員や有識者でつくる「ワクチンの将来を考える会」は27日、日本で使用できないワクチンの早期承認に道を開く予防接種法の改正などを盛り込んだ中間報告をまとめ、要望書として柳沢伯夫厚労相らに提出した。
 未承認ワクチンが多いことや、新型インフルエンザ流行の危機管理が不十分な点などを問題点に挙げている。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070627-00000074-mai-pol


【与党議員や有識者でつくる「ワクチンの将来を考える会」】
>>197

「産官学」共同参画事業体。
「現実」を「捏造」して、利益誘導公金タカリ我田引水談合、
「新型インフルエンザ」あるいは「高病原性鳥インフルエンザ」。

408 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/28(木) 22:34:01
期限切れ原料でワクチン製造

 大阪のワクチンメーカーが、はしかと風しんの混合ワクチンを製造する際に、品質保証期限の切れた原材料を使っていたことがわかりました。
 ワクチンの原材料の品質保証期限について法律の規定はありませんが、専門家は「医薬品の信頼性が揺らぎかねず、問題だ」と指摘しています。

 このワクチンは、大阪の財団法人の阪大微研・阪大微生物病研究会が製造したはしかと風しんの混合ワクチンです。
 NHKが情報公開で入手したワクチンの国家検定の資料によりますと、平成16年、このワクチンの製造過程で、2年前に品質保証期限が切れたウシの血清がウイルスを増やすために使われていました。
 このワクチンはことし3月から出荷が始まり、すでに53万人分が出荷されて子どもなどに接種されているということです。
 これについて阪大微研は「凍結保存しておいたものを品質を確認したうえで使用した。設定された期限に明確な科学的根拠があるとは考えていない」と説明していますが、現在はこの血清の使用をやめたとしています。
 また、厚生労働省は「ワクチンに使われる原材料の有効期限には法律の規定がないうえ、この血清はワクチンそのものには入り込まないので問題ない」としています。
 これに対し、医薬品の品質管理に詳しい東京医科歯科大学歯学部附属病院の土屋文人薬剤部長は
「例えワクチンに直接入らなくても、期限が切れているものを使うのは考えられない話で、姿勢が問われると思う。医薬品の信頼性が揺らぎかねず、厚生労働省は、製薬企業に対して、期限切れのものを使わないよう徹底させる必要がある」と話しています。

NHKニュース 社会 6月28日 5時10分
ttp://www3.nhk.or.jp/news/2007/06/28/k20070628000013.html
ttp://www3.nhk.or.jp/news/2007/06/28/d20070628000013.html

409 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/29(金) 16:12:05
【土屋公献氏、持田製薬の監査役をコソーリ退任】
http://antikimchi.seesaa.net/article/46192090.html

410 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/29(金) 20:06:43
沖縄の野鳥49検体すべてで異常みつからず
鳥インフルエンザウイルス保有状況調査・07年5月分(2007.06.26)

 環境省が2007年5月に沖縄県内で実施した、野鳥の鳥インフルエンザウイルス保有状況調査で、採取した全検体にウイルスが確認されなかったことが、07年6月26日付けの環境省の発表で明らかになった。

 今回の調査は東南アジアからの渡り鳥に着目して実施されたもので、07年5月12日から14日にかけ、沖縄市の泡瀬比屋根(あわせひやごん)湿地でシギ・チドリ類など49羽(うち、渡り鳥31羽・留鳥18羽)を捕獲。
 その喉や総排泄腔の粘膜、血液を採取した検体を、鳥取大学農学部付属鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターで分析した。

 49検体いずれも、検査結果は陰性だった。【環境省】
ttp://www.eic.or.jp/news/?act=view&word=&category=&serial=16859
-----------------------------------------------------------------------------------------------
糞拾いか。糞からウイルスが分離されるなんてことは滅多にない。
その調査によって、ウイルスが分離されなかったからといって、「ウイルスは保有されてない」ということにはならないのである。
そんな下らない当たるも八卦方式の調査に時間つぶしの費用をあてがうくらいなら、
抗体保有調査をすべきなのにね。インチキ調査というほかない。
「ある」ものを「ない」とすりかえるためのね。
環境省のなかの人間も、相当の香具師が巣食ってるようだな。

411 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/30(土) 00:37:36
>>408
ワクチン原料の品質保証期限切れ判明 阪大微生物研
2007年06月28日11時38分 朝日新聞

 ワクチンメーカーの財団法人・阪大微生物病研究会(理事長、東雍(ひがし・やすし)・大阪大名誉教授)が製造し、3月から53万人分出荷していた、はしかと風疹の混合ワクチンで、ワクチン製造のために利用したウシの血清の品質保証期限が切れていたことがわかった。
 厚生労働省は、安全上の問題はないとの立場だが、医薬品の信頼を確保するため、製造工程の透明性を高めるべきだと指摘する専門家もいる。

 このワクチンは、04年に観音寺研究所(香川県観音寺市)で製造した。ワクチンのもとになるウイルスを増殖させる細胞を培養するために使うオーストラリア産のウシの血清の品質保証期限が02年に切れていたが、そのまま使い、ワクチンの国家検定にパスしていた。

 阪大微研によると、牛海綿状脳症(BSE)問題でウシの血清が入手しづらくなり、米国の血清メーカーに品質保証期限の根拠などを問い合わせたが、回答はなかったという。
 「凍結保存しておいた血清の品質をそのつど確認した。品質保証期限には科学的な根拠があるとは考えていない」と説明しているが、その後、国民の誤解を招きかねないとして昨年末ごろから使用をやめている。

 医薬品の安全管理に詳しい東京医科歯科大歯学部付属病院の土屋文人薬剤部長は
「ワクチンに残るものではないので、製品の安全性や効果に不安を持つ必要はない。しかし、製造工程の疑問点は国民に明らかにされる必要があり、厚労省は製造者に注意を促すべきだ」と話している。
ttp://www.asahi.com/life/update/0628/OSK200706280020.html
------------------------------------------------------------------------------------------

NHKと朝日が焚き付けるときは組合活動の連携プレーだな。

412 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/30(土) 02:42:42
ドイツ、白鳥の死骸からH5N1型の鳥インフルエンザウイルス
2007年6月25日(月)11:57 ロイター

 [ブリュッセル 24日 ロイター] 欧州委員会は24日、ドイツで2羽の白鳥の死骸から病原性の高いH5N1型鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを明らかにした。

 ドイツ当局から欧州委への報告によると、バイエルン州の研究所が実施した検査で、H5N1型ウイルスであることが確認された。

 欧州委は声明で、現在、感染拡大の予防などの措置がとられていると述べた。
ttp://news.goo.ne.jp/article/reuters/business/JAPAN-265811.html
--------------------------------------------------------------------------------------------------

鳥から分離されたH5N1を入手できましたね。
さてさて、欧州の科学者は、「H5N1」のウソにいつまでお付き合いしますかね。
「人獣共通感染ウイルス」の。

413 :名無しゲノムのクローンさん:2007/06/30(土) 12:19:25
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1183170159/l50

2006年度のインフルエンザワクチン使用量は10年ぶりに減少 過去最多の約640万本余り、廃棄

1 : DJ(東京都):2007/06/30(土) 11:22:39 ID:qk0VN2q10 ?DIA(151113) ポイント特典

インフルエンザワクチン 過去最多640万本余る 廃棄へ

2007年06月30日10時03分
 インフルエンザワクチンの使用量が06年度、10年ぶりに減少に転じ、過去最多の約640万本の
ワクチンが余ったことが、厚生労働省の調べでわかった。暖冬などで例年より流行が遅く、
接種した人が予測より少なかったためとみられる。

 ワクチンは、厚労省が翌シーズンに流行するインフルエンザの型や必要量を予想し、それをもとに
民間メーカーが製造する。厚労省は06年度のワクチン使用量を2200万本前後と予測し、メーカーは
2518万本を製造した。これに対し、実際の使用量は1877万本にとどまった。未使用分はすべて廃棄される。

 06年度のワクチン使用量は05年度より55万本少なく、医療機関への調査から推定した
全国民の接種率は27.9%だった。また、ワクチンの余った量がこれまで最も多かったのは
04年度の431万本だった。

 同省は07年度について、使用量を2000万本前後と予想し、2350万本の製造を見込む。

ソース:
http://www.asahi.com/life/update/0630/TKY200706300045.html
-----------------------------------------------------------------------------

はしか大流行猛威騒動でっちあげて、そっちの売上で穴埋め。

414 :名無しゲノムのクローンさん:2007/07/01(日) 20:19:23
インフルエンザは鼻に「シュー」注射より効くワクチン開発
6月30日18時54分配信 読売新聞

 鼻粘膜に噴霧するだけで、インフルエンザの感染を予防できる経鼻インフルエンザワクチンを国立感染症研究所が開発した。

 動物実験では、皮下に注射する現在のワクチンより効果が高いことが確認され、新型インフルエンザの予防にも威力を発揮することが期待される。

 感染研は、3年以内に、国内初の臨床試験開始を目指している。

 注射型ワクチンは、主に血中の免疫物質を増強するが、気道粘膜では免疫が増強されないため、ウイルス自体の感染は防げない弱点があった。

 その点、経鼻ワクチンは、直接、粘膜に噴霧するため、ウイルスの感染を防ぐ効果がある。
 しかし、ワクチンの原料となるウイルスの成分だけでは、十分な免疫を引き出すことができなかった。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070630-00000004-yom-soci

415 :名無しゲノムのクローンさん:2007/07/01(日) 22:39:03
それを知りながら国家検定の合格印を押したのは?(答え:国立感染症研究所)
問題にしなかったのは何省?(答え:厚生労働省)
それも問題だと思うけどなぁ。

416 :名無しゲノムのクローンさん:2007/07/02(月) 15:24:44
2007/07/02-11:59
■鳥インフルエンザ流行地域の拡大(その23)
外務省広域情報(2007/07/02)
http://www.jiji.com/jc/c?g=saf2_30&k=2007070200372

「鳥インフルエンザウイルス」と「人インフルエンザウイルス」の
混同による、「人畜共通感染症」との錯覚錯誤はいつまで続くのか?

417 :名無しゲノムのクローンさん:2007/07/04(水) 15:59:47
【鳥インフルエンザ】
http://nna.asia.ne.jp/free/tokuhou/040123_tyo/

検査できるようになって、意識化できるようになったら、
なんのことない、ありふれたウイルスだったってことね。
最初、「発見」したつもりになってた研究者が狼少年だったということだ。
まったくおバカだねえ。東京大学医科学研究所のだーれかさんたちとか、
北大と鳥大と京産大のだーれかさんたち。
いんちきペテン学者のウソにまんまと引っかかってしまったわけだ。

■【ドイツ】テューリンゲン州でも鳥流感
7月4日8時50分配信 NNA
 保健省は3日、テューリンゲン州で高病原性の鳥インフルエンザウイルスが見つかったと明らかにした。
 同国ではバイエルン州とザクセン州でもH5N1型ウイルスが発見されている。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070704-00000010-nna-int

418 :名無しゲノムのクローンさん:2007/07/05(木) 19:56:35
ミーとホープの従業員つかって、人にうつらないのを確認実験したようなものだな。

【国内】ミートホープ社食肉偽装:相場暴落した中国産カモ肉も混入 04〜05年の鳥インフルエンザ流行時[06/25]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1182716433/

419 :名無しゲノムのクローンさん:2007/07/06(金) 01:52:56
2007/07/05-22:14
鳥インフル感染の白鳥発見=仏

 【パリ5日時事】仏農業・漁業省は5日、ドイツとの国境に近い北東部モーゼル県の村アスノンクールで高病原性のH5N1型鳥インフルエンザウイルスに感染した野生の白鳥3羽の死体が発見されたと発表した。
 フランスで鳥インフルエンザ感染が確認されたのは今年に入って初めて。

 これを受けて、同省は付近の養鶏場で隔離措置を取るとともに、鳥インフルエンザの警戒レベルを引き上げ、全国で防疫態勢を強化した。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007070501033
------------------------------------------------

1997年香港事例のインチキに気づくのはいつになるのだろう。
欧州のウイルス感染学者さんたち。

420 :名無しゲノムのクローンさん:2007/07/06(金) 15:27:49
感染症対策 地球温暖化の影響は甚大
公明新聞:2007年7月6日

専門医育成と防御網構築図れ

媒介生物が北上へ

 国連の「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)や国連環境計画(UNEP)、先月開かれたG8(主要8カ国会議)などで、地球温暖化対策に論議が集中した。
 IPCCなどによる、気候変動影響予測で重要なのは、降水量の減少、氷山・氷河・凍土の融解、洪水、干ばつ、海面上昇から水不足や食糧不足による飢餓難民の急増といった問題にとどまらない。
 地球の温暖化が進めば、動植物の生態系地図のグローバル(地球的規模の)な変化を促す。亜熱帯や熱帯の動植物から、蚊やハエ、ダニ、ノミのような感染症媒介生物の北上を容易にする。
 人類はいま、地球的規模の感染症対策の再構築を迫られている。

 わが国の感染症対策の脆弱性を露呈したのは、今春の、はしか(麻疹)の流行だ。
 世界保健機関(WHO)は、2012年までに世界中から、はしかの罹患者を出さない「排除」の状態の達成を目指している。
 米国や韓国は、予防接種でその水準に到達したものの、わが国は毎年、10万〜20万人も罹患する状況から脱していない。
 本年の流行はかろうじて6年前の大流行の1割程度にとどまったが、予防医療体制の遅れは否めない。

 世界中で緊急性の高い課題のトップに挙げられる感染症対策は、新型インフルエンザ対策であろう。
 高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスが、人から人へ感染する新型インフルエンザに変異した場合、人類に及ぼす被害の大きさは計り知れない。
 2003年以降、高病原性鳥インフルエンザによって、インドネシアで81人が感染し63人が死亡、ベトナムでも93人が感染し42人死亡した。
 新型インフルエンザへの変異は時間の問題とみられる。国際的医療機関や各国首脳は、共同対応への協議に余念がない。

421 :名無しゲノムのクローンさん:2007/07/06(金) 15:29:25
>>420(つづき)
 わが国が新型インフルエンザの水際防御に失敗した場合、想定される被害とは? 厚労省は国民の25%が感染し、1300万〜2500万人が受診、死者は17万〜64万人と推計する。
 「水際防御」「予防薬の開発」「治療薬の備蓄」「専門医育成」「診療ネットワーク構築」などの課題が山積する。

 WHOによれば、ここ30年の間に30を超える新興感染症が出現した。
 エイズ、SARS(重症急性呼吸器症候群)やニパウイルス、エボラ出血熱、北米に広がる西ナイルウイルスなどへの対応が迫られている。

 マラリアは現在でも毎年、3億〜5億人の感染者と数百万人の死者を出す。
 地球温暖化でこのマラリアが北上し、日本や欧米など温帯の人口密集地域に感染を拡大する恐れが強い。
 気候変動で洪水が頻発すれば、赤痢やコレラの流行が心配される。
 狂犬病、デング熱、黄熱病、ペストなど、世界的流行の兆しを見せるリエマージング(再興)感染症対策も急務である。

海外で臨床経験

 感染症対策で大切なのは、「予防」と「基礎研究」である。しかしこれらは「診療報酬制度」になじまない。
 国際的に最先端レベルの医師といえども、国内では収入面でも社会的評価でも報われない仕組みを早急に改善し、専門医の育成を図ることが肝要となろう。
 また国内に患者が存在しなければ、専門医が臨床経験を積む機会にも乏しい。

 感染症流行地域へ専門医を派遣する国際貢献によって、知識・人材・経験を豊かにすることが結局、わが国の感染症対策の基盤を強固にするのである。

422 :名無しゲノムのクローンさん:2007/07/08(日) 20:20:29
<鳥インフルエンザ>アムステルダムの空港で検疫犬が活躍
2007年07月08日 08:26 発信地:ハーグ/オランダ

 【7月8日 AFP】税関を管轄するオランダの財務省は7日、アムステルダム(Amsterdam)のスキポール(Schiphol)空港に鶏肉や卵などをかぎ分ける検疫犬2匹を配備していることを明らかにした。

 同省の発表によると、配備されているのはジャーマン・シェパードのBoと、ベルジャン・シェパードのJudy。
 5月から、中国、タイ、エジプト、ロシア、トルコなどの、鳥インフルエンザウイルスが検出された国から同空港に到着する便の検査にあたっているという。

 2匹は、家禽(かきん)の生死を問わず、においで探知することが可能。羽毛や卵を嗅ぎ分けることもできる。
 同省の話によれば、欧州で鳥インフルエンザ対策のために専門の犬を配備しているのは、チェコとオランダのみだという。

 オランダ税関の発表によると、2007年に入って現在までに、調理済みの鶏肉1626キロ、生の鶏肉203キロ、卵245個が押収されている。(c)AFP
ttp://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2250443/1760723
------------------------------------------------------

獣医が仕切る、動物利権分野。
一つネタができれば、畳み掛けるように次から次とネタを考案しつづける。
たとえ元がいんちきいかさまであっても。
犬は嘘をつかないが、人間は嘘つきだな。
嘘に加担させられる犬たちがかわいそうだね。
偽善者どものいんちきワールドはどこまでも限りない。

423 :名無しゲノムのクローンさん:2007/07/09(月) 14:41:35
鳥インフルエンザ懸念で「ハクチョウ餌付け自粛を」…山形

 ハクチョウの飛来数日本一で知られる「最上川スワンパーク」(山形県酒田市)で、「餌付けをする観光客に鳥インフルエンザが感染する可能性がある」として、管理者の酒田市が地元ボランティア団体に対し、観光客に餌付けをさせないよう要請していることが8日、わかった。

 団体側は「過剰反応では」と困惑しており、市側と近く、話し合いを行う。

 同パーク周辺には1966年ごろから、10〜12月ごろにかけてシベリア方面からオオハクチョウやコハクチョウが飛来するようになった。
 このため、ボランティア団体「酒田市白鳥を愛する会」=碇谷(いかりや)啓二会長=が67年に発足。寄付をしてくれた観光客に餌のパンを提供するなど、保護活動を行っている。
 今年1月の飛来数は約9500羽、環境省の生息数調査で11年連続の日本一となった。

 こうした中、市は今年2月、不特定多数の観光客による餌付けの自粛を、同会に要請。理由については、
「鳥インフルエンザウイルスが、人から人へ感染するタイプに変異する危険性が指摘されている。鳥類との接触には従来以上に注意する必要がある」(市観光物産課)と説明した。
 ただ、同会が行う餌付けについては、自粛は求めていない。

 この要請に対し、同会の池田昭三副会長は「(人へ感染するという)明確な根拠もないのに納得できない。手洗い場所や消毒設備を充実させるなど、別の方法があるはず」と反論。来シーズン以降も観光客による餌付けを継続したい考えだ。

 大槻公一・京都産業大鳥インフルエンザ研究センター長は「(ハクチョウなどから)人間に感染する確率は極めて低い」とする一方、「ウイルス変異の恐れはあり、鳥がひしめく狭い場所での積極的な餌付けは勧められない」と話している。
(2007年7月8日23時21分 読売新聞)
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070708i413.htm

424 :名無しゲノムのクローンさん:2007/07/09(月) 14:53:40
【インドネシア】鳥流感のヒト感染、今年の致死率85%

 保健省は5日、2005年7月の高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)感染者発生から2年を迎えたとして声明を発表した。
 2年間を半年ずつに分けた致死率では、最新の今年1月〜6月が84.62%と最大となっている。

 今年に入ってからの感染者数は26人で、うち22人が死亡している。2年間の平均致死率は79.21%(101人中80人)。
 傾向は、05年7月〜12月が 70%(20人中14人)、06年1〜6月が79.49%(39人中31人)、同7月〜12月が81.25%(16人中13人)と拡大していることがわかる。

 地域別では5月にリアウ州で初の感染者が出たことから11州にヒト感染が広まっている。
ttp://nna.asia.ne.jp/free/tokuhou/040123_tyo/07/0709a.html
--------------------------------------------------------------------------------------
感染すれば100%発症して顕性化するわけでもなければ、
必ずしも感染者を100%、把握できているわけでもなかろう。
それと、もうそろそろ「鳥→人」感染という錯誤虚妄はやめておけばいいものを。
あくまでも人のウイルスは「人→人」だ。
いまだに前近代的なオカルティズムを「科学」だと思い込んでるのか?

『メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学』
http://www.amazon.co.jp/dp/4334033989/

425 :名無しゲノムのクローンさん:2007/07/13(金) 14:45:39
<鳥インフルエンザ>「死亡した6歳男児、家禽との接触はなかった」と公式発表
2007年07月12日 06:45 発信地:ジャカルタ/インドネシア

【7月12日 AFP】農業省の関係者は11日、前週末に高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)のため死亡した6歳の男児について、家禽(かきん)との明白な接触はなかったことが判明したと発表した。

 農業省関係者は、首都ジャカルタ(Jakarta)の直ぐ西、バンテン州(Banten)チレゴン(Cilegon)にある男児の自宅の半径300メートル以内で、H5N1ウィルスに感染した家禽は発見されなかったと発表した。

 同関係者はAFPに対し「H5N1ウィルスは感染するのに家禽などに『付着』する必要があり、空気中を自由に移動することはできないため、男児が感染した経路について、インドネシアの医療関係者はいまだに困惑している」と語った。

 また、男児がほかの人間から感染した可能性について質問された同関係者は、現段階ではまだ結論は言えないが、国連(UN)の保健および農業機関による調査が進行中だと語った。

 男児が死亡したジャカルタのスリアンティ・サロソ(Sulianti Saroso)病院のSardikin Giriputro副院長は10日、AFPの取材に対し、症状が現れる4日前にこの男児がバンテン州内にある動物園の近くに住む男児の親戚を訪れていたことを明らかにしている。

 H5N1ウィルスについては、人間から人間へ簡単に感染する別の種に突然変異し、数百万人の犠牲者を出す世界規模の流行を引き起こす可能性が懸念されている。(c)AFP
ttp://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2252295/1773493

426 :名無しゲノムのクローンさん:2007/07/20(金) 19:11:33
【中国】病死ニワトリ8割が食卓へ[07/20]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1184890554/
-----------------------------------------------------------------------------------------
【日本】豚の心臓や消費期限切れ寸前の豚肉、ほかに羊や鶏肉などを混ぜていた
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070621AT1G2103921062007.html
【中国】「ダンボール肉まん」、10年前から販売か、肉は病死した豚、製造場所では犬の糞付き器具[07/13]
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=0713&f=national_0713_001.shtml

【社会】「牛の頭部など捨てた肉、社長指示で製品に」 ミートホープ従業員が証言
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1183425141/
【国内】ミートホープ社食肉偽装:相場暴落した中国産カモ肉も混入 04〜05年の鳥インフルエンザ流行時[06/25]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1182716433/l50
取引業者「ミートホープはくず肉(処分品)を全部引き取るので、“最後のごみ箱”と言われていた」
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1182789228/
--------------------------------------------------------------------------------
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumu/1180374913/360

427 :名無しゲノムのクローンさん:2007/07/20(金) 19:16:17
豚も。

【続・問題豚肉:あなたの食べている豚肉、実はみんな薬物まみれ !?】
http://blog.goo.ne.jp/gokenin168/e/2db4c7857f204baee8a018baa838993d
http://blog.goo.ne.jp/gokenin168/c/a0ddd32d6ce9e6a8256a204d3fcafcaa

鳥インフルも、BSEも、口蹄疫や豚コレラも、
日本の防疫制度は、ことごとく形骸化してたってことだな。

【鳥インフルエンザ関係機関】
http://www.fsc.go.jp/sonota/tori/tori_rink.html
【BSE及びvCJD】
http://www.fsc.go.jp/sonota/bse1601.html

そういえば、鳥インフルが「鶏→人」だけ、BSEが「牛→人」だけ
が問題になってるってのも、やたら恣意的な解釈の疾病なんだね。

その病原因子が、人畜共通なのであれば、牛、羊、豚、鶏、人、
みな相互に感染・伝染の危険があるっていうことを言わなければ、
論理的な整合性がとれてないのだがな。
御用学者たちが言ってることは矛盾だらけだ。

なにかあらかじめ想定してあるシナリオに、都合のいいように話をつくって、
それをあてはめているみたいじゃないか。
そういうのを「捏造」というのではなかったかね。
科学者にあるまじき行為だね。

428 :名無しゲノムのクローンさん:2007/07/21(土) 17:44:01
>>423
最上川スワンパーク:給餌方法を意見交換 鳥インフルエンザ対策で /山形
7月21日12時1分配信 毎日新聞

 毎年1万羽を超すハクチョウが飛来する、酒田市の最上川スワンパークの管理と給餌の在り方を考える意見交換会が20日、同市役所で開かれた。
 同スワンパークにはハクチョウのほか数万羽のカモが飛来している。
 国内で鳥インフルエンザ発生が報告されていることから、何らかの対策を立てるべきだとして、環境省猛禽(もうきん)類保護センター、県、市、酒田市白鳥を愛する会の関係者が初めて意見を交わした。

 話し合いで、愛する会側は
「活動を始めて40年、このような問題が起きると考えたこともなかった。餌付けなどの愛護活動は今後も続けたい。観光客が直接餌やりをできない方法を取る」、野鳥に詳しい団体からは
「問題はハクチョウよりカモ。万一、鳥インフルエンザが発生した場合の対処マニュアルを作り、各団体が共通認識を持つべきだ」との意見が出た。

 このほか、愛する会から「足洗い場や手洗い場を設ける」「汚水を流す側溝整備」などの要望が出された。【粕谷昭二】
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070721-00000086-mailo-l06

429 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 15:09:02
1万8000個のニセ「バイアグラ」押収
7月27日 17時26分 ロイター

 【北京 25日 ロイター】中国の警察が、勃起障害、鳥インフルエンザそしてマラリア用と
される薬品のニセモノを1トン以上押収した。中には1万8000個のニセ「バイアグラ」錠も
含まれていたと新華社通信が25日、報じた。

 2005年に偽造商品に対する全国的な摘発運動を開始した中国公安部では、薬品から
歯磨き粉まで、これまで発生した事件のトップ10件を24日、発表。同通信社が自社ウエ
ブサイトで伝えた。

 中国東部の浙江省では、警察がニセ「バイアグラ」を製造し米国やオランダなど12カ国
に販売していた一団を手入れし、計1万8000個の錠剤を押収した。広東省では、警察は
12人を逮捕、1トンの偽造薬品と2つの生産ライン、そして「クエン酸シルディナフィル」
(バイアグラの化学名)の製造を目的とした大量の原料を押収した。

 昨年5月、鳥インフルエンザ用の抗ウィルス剤「タミフル」のニセモノを製造しインター
ネット上で米国へ販売したとして警察は19人の容疑者を拘束し、 3ヵ所の工場を閉鎖した、
と新華社通信は報道。4月には、全国でニセ歯磨き粉を製造販売していた集団を警察が
取り締まった、と伝えた。

 中国のメディアでは標準以下もしくはニセモノの薬品や食品に関するスキャンダルが
毎日のように報道されている。国際的に注目されるようになったのは、中国から輸出され
た汚染物質入り添加物が、北米で販売されたペットフードに入っていたことが発覚して
からだ。

 中国において食品の安全性について一般の関心が高まったのは、2004年に栄養価ゼロ
のニセ粉ミルクを与えられた乳児少なくとも13人が栄養失調で亡くなるという事件が発生
した時だった。
http://news.ameba.jp/2007/07/6066.php

430 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/01(水) 19:38:28
鳥インフルのウイルスにも知財権? インドネシアの主張に困惑
8月1日10時4分配信 産経新聞

 新型インフルエンザのワクチン開発をめぐり、インドネシアなど途上国側が提供した
ウイルスに「知的財産権」を認めてほしいと主張、ワクチンを研究・開発している先進国側に
困惑が広がっている。7月31日からシンガポールで始まった“医薬品の南北問題”を討議
する世界保健機関(WHO)の専門家会議の行方次第では、インドネシアがWHOへの
ウイルスの検体提供を再び拒む事態が懸念されている。

 鳥インフルエンザの人への感染が最多のインドネシアは今年2月、「検体を提供しながら
開発されたワクチンを高く購入させられるのは不公平」と、提供を中止。5月のWHO総会で
ワクチンを公平に供給する体制を構築することを確認したことから、提供を一時再開したが、
その後、ストップしている。

 生物資源の豊富なブラジルなど途上国は、欧米の製薬会社がその資源を利用して開発
した医薬品で得た利益を還元しないことに以前から不満を持っており、インドネシアも
そうした不満を背景に、“資源”の一つとしてウイルスの知的財産権を主張しているようだ。
今回の会議の前に、インドなど他の途上国にも共闘を呼びかけたという。

 ワクチンの製造には元になるウイルスが必要だが、米国など先進国は「ウイルス自体では
なく、加工された情報に価値がある」として知的財産権などは認めない立場だ。仮に認めた
場合、企業はロイヤルティーを支払わねばならなくなる可能性がある。

 WHO関係者は「公平にワクチンが行き渡るようにする重要性は認識しているが、ウイルス
自体に知的財産権を認めるかどうかの対立は深く、会議は紛糾しそうだ」と話している。
(杉浦美香)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070801-00000906-san-int

431 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/08(水) 17:32:18
■鳥インフル対策「検疫と情報共有を」 南丹で大槻教授が講演

 京都府高校農業教育研究会総会と研究大会が6日、京都府南丹市八木町西田の
府口丹波勤労者福祉会館であり、京都産業大鳥インフルエンザ研究センター長の
大槻公一教授が「高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染経路と防疫について」を
テーマに講演、検疫体制の徹底と近隣諸国との情報共有の重要性を訴えた。

 同研究会は農業教育の担当教諭らでつくる組織で、教諭や関係校の校長ら約50人が
出席した。

 大槻教授はまず鳥インフルエンザウイルスについて、「ニワトリへの感染を繰り返す過程
で強毒性に変異し、ニワトリを死に至らせるようになった」と経緯を説明する一方、ブタの
体内で新ウイルスが形成される可能性が高いことも紹介した。

 そのうえで、インフルエンザ患者が年中発生する東南アジアでは、人に身近な場所で
ブタやアヒルが混在して飼育され、それぞれに感染するウイルスが互いに影響し合い、
人に感染する新しい鳥インフルエンザウイルスが形成される恐れも指摘。
「これらの地域で鳥インフルエンザ対策を進めることが、日本での発生を防止する一つの
鍵になる」と述べた。

 さらに、日本への感染ルートとして「渡り鳥が中国や韓国を経由してウイルスを運んで
いるのはほぼ間違いない」とし、「出入国する人や動物の検疫、渡り鳥調査の徹底は
もちろんだが、これらの国々と最新情報を交換し合い、即応体制をとることが未然防止に
欠かせない」と結んだ。
 この日の総会では、昨年度事業報告や本年度の事業計画案などを承認した。
Kyoto Shimbun 2007年8月6日(月)
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007080600109

432 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/08(水) 23:59:44
インタビュー:富山化、鳥インフルエンザ薬はフェーズ1で権利供与の可能性
8月7日16時4分配信 ロイター

 [東京 7日 ロイター] 富山化学工業<4518.T>の菅田益司社長は7日、鳥インフルエン
ザに対する効果が見込まれる抗ウイルス剤「T705」について、開発の初期段階にあたる
フェーズ1臨床試験のうちに開発・販売のライセンスを供与(導出)する可能性があると
述べた。ロイターのインタビューに答えた。 
 富山化学によれば、開発を進めているT705は、マウス試験で鳥インフルエンザ(H5N1)
への効果が認められている。菅田社長は海外を含め複数社にライセンス供与を打診して
いることを明らかにし「(ヒトに対する効果を認めるためにフェーズ2の初期段階で実施する)
POC試験を通ればすぐに話がまとまるのではないか。安全性さえ担保されれば、導出先
の判断次第でPOC前(フェーズ1)の導出もあり得る」と述べた。
 T705は現在、健康な人間で安全性の試験をするフェーズ1の段階にある。薬剤の開発
では通常、適用量を調べる試験(フェーズ2)や、より多くの患者が参加する大規模試験
(フェーズ3)などを経て製品になる。開発の初期段階では商品化にいたるまでのリスクが
高いため、導出にともなうライセンス料収入が低くなる傾向にある。フェーズ1の段階で
導出するのは異例だが、菅田社長は「開発品が増えており、資金が潤沢でない」と理由を
述べた。
 ただ、日米政府機関に対して申請を進めている補助金が受給できれば、自社開発を
継続したいとの考えも述べた。 (以下略)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070807-00000584-reu-bus_all

433 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/09(木) 00:03:14
ウイルス共有、合意できず=新型インフル対策に暗雲−WHO
8月7日22時1分配信 時事通信

 新型インフルエンザ発生に備え、ウイルスの国際共有やワクチン分配の仕組みを協議
する世界保健機関(WHO)の専門家会合が7月31日から今月4日までシンガポールで
開かれた。出席した厚生労働省の担当者は7日、ウイルス所有権などをめぐって意見が
対立し、合意に至らなかったことを明らかにした。
 この問題では、強毒型鳥インフルエンザの人への感染が最も多いインドネシアが、
WHOに無償提供したウイルスをもとに開発されるワクチンを高く買わされるのは不公平
だとして反発。今年1月からウイルスの提供を中止し、ワクチン開発への影響が懸念され
ている。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070807-00000200-jij-int
-----------------------------------------------------

いんちきイカサマがばれないように時間稼ぎ。みんなで、いんちき劇場学芸会。

434 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/09(木) 00:56:06
【社会】ウイルス検体提供また停止 鳥インフルでインドネシア
2007年8月8日 08時22分 東京新聞

 厚生労働省は8日までに、インドネシアが鳥インフルエンザ(H5N1型)の感染者から
分離したウイルスの世界保健機関(WHO)への提供を停止していることを明らかにした。

 同国は今年、数カ月にわたりウイルス提供を拒否した後、5月に再開したばかりだった。
鳥インフルエンザは人に感染を繰り返すうちに変異し、新型インフルエンザとして爆発的に
流行する事態が心配されている。感染発生国のウイルス検体は、変異の監視やワクチン
作りに不可欠で、停止が長期化すると深刻な影響が出かねないため、関係国に困惑が
広がっているという。

 厚労省によると、インドネシア側はウイルスの「所有権」を主張。ワクチン製造など
ウイルスが商業的に利用される場合に、相応の見返りを得ることなどを求めている。
(共同)
ttp://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007080801000067.html

435 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/13(月) 02:18:52
高病原性鳥インフル診断薬、秋に承認申請・栄研化学 (8/11)日経

 試薬メーカーの栄研化学は、H5型の高病原性鳥インフルエンザへの感染を調べる
体外診断薬の製造販売承認を、今秋をメドに厚生労働省に申請する。患者ののどや
鼻から粘液を採って検査すると一時間半程度で結果がわかる。短時間で感染の有無を
判断できるため、まん延防止効果を期待できるという。

 H5型には死亡率の高いものもあり、アジアを中心に感染が増えている。国内では
感染者は確認されていないが、感染が広がる前に備える。(07:00)
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20070811AT1D0700410082007.html

436 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/15(水) 14:29:57
バリ島で初の感染死者 鳥インフルエンザ

 【シンガポール=藤本欣也】インドネシア保健省は13日、バリ島西部に住む女性(29)が
鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染して死亡したと発表した。観光地として知られ
るバリ島で鳥インフルエンザによる死者が出たのは初めてで、感染拡大への懸念が高まっ
ている。

 ジャカルタからの報道によると、居住地の近くで感染した鶏が見つかっており、女性の娘
(5)も同様の症状で死亡しているという。同国の死者は計82人となり、世界最多を続けて
いる。

(2007/08/14 01:39)
http://www.sankei.co.jp/kokusai/world/070814/wld070814000.htm


だんだん、眉唾のオカルトねただな。ヒトのH5N1もありふれてるとしか思えん。
そもそものインフルエンザウイルスの不顕性感染率ってどのくらいだったっけ?w

437 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/16(木) 21:15:27
東西トレセンで馬インフルエンザの疑い、開催に影響も

 JRAは16日、美浦・栗東の両トレーニングセンターで馬インフルエンザに罹患した疑いの
ある馬が確認されたことを発表した。
 開催競馬場に滞在している馬や、JRAの他施設では馬インフルエンザに感染した疑いの
ある馬は確認されていない。
 なお、馬の移動については現在見合わされており、監督官庁との協議が整うまでは再開
されない見通し。18日、19日の競馬開催については16日中にJRAから発表される予定とな
っている。
 馬インフルエンザとは、鳥インフルエンザや人間のインフルエンザとは違うウイルスによる
もので、高熱や鼻水、咳と言った症状を発症する病気。馬から馬へは感染するが、人間や
他の動物には感染しない。現在は、全ての競走馬に対してワクチンが接種されている。
2007年08月16日
ttp://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=22326&category=A

438 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/20(月) 00:09:41
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/1177008383/77

77 名前:農NAME[sage] 投稿日:2007/08/19(日) 21:55:23
生物学に関しての幅広い教養は身につけておけよな。
こんなんじゃ、恥ずかしいからな。

『それは、絶対にアブナイですヨ。』
http://www.nbi.ne.jp/talk5.html
『インフルエンザウイルスは、馬・アザラシ・鯨を含めた各種動物に感染する。』
http://www.jpa.or.jp/news/item/2001/08/22/010822_cho_ko.html
『ウイルスの脅威から地球を守る』
http://www.jili.or.jp/kuraho/inochi/web04/i_web04.html


【トロフィム・ルイセンコ】 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B3

■ルイセンコの時代があった 生物学のイデオロギーの時代に
http://www.brh.co.jp/s_library/j_site/scientistweb/no30/index.html

439 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/20(月) 00:36:22
【社会】 渡り鳥を“水際監視” 鳥インフル 情報システム構築

 世界各地に被害をもたらしている鳥インフルエンザウイルスが、渡り鳥によって媒介される
可能性が高いとして、環境省は来年度、国内の主要鳥獣保護区にガン・カモが飛来する
状況をリアルタイムで伝える情報システムづくりに乗り出す。個体の血液検査なども行い、
湖や湿原での“水際監視”で希少鳥類保護や養鶏業者へ注意を呼び掛けるのが目的だ。

 鳥インフルエンザは、鳥からブタなどの家畜を通じて、ヒトが感染した場合、極めて致死性
が高い新型インフルエンザに変異するとされ、世界保健機関(WHO)が各国に警戒を呼び
掛けている。

 国内では二〇〇四年に京都、山口の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザウイルス
「H5N1型」が見つかり大きな被害が出た。今年は一月に宮崎、岡山県の養鶏場でも同様
にニワトリが大量死。熊本県では死んだクマタカから同様のウイルスが検出された。

 農林水産省が宮崎、岡山県で見つかった鳥インフルエンザウイルスと韓国、中国、モンゴ
ルの養鶏場で死んだニワトリのウイルスを比較したところ、遺伝子レベルでほぼ同じ系統だ
ったことが判明。国をまたがった感染ルートとして野生のカモなどの渡り鳥が媒介した可能
性が高いとみられている。

440 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/20(月) 00:37:08
>>439(つづき)
 環境省は昨年春、埼玉県に飛来したオナガガモ、マガモに小型発信器を付け、人工衛星
で追跡調査。オナガガモは北海道、樺太を経由してカムチャツカ半島、マガモはロシア、
北朝鮮の国境付近に「渡り」を行っていることを解明した。

 国内には国指定鳥獣保護区として北海道・サロベツ、千葉県・谷津、愛知県・藤前干潟、
石川県・片野鴨池など六十六カ所、都道府県指定の保護区も約三千八百カ所ある。

 同省では、冬の渡り鳥のガン、カモに重点を置き、主要飛来地に職員を派遣。非政府組織
(NGO)などの協力も得て飛来数や飛来時期を十日周期に観測する。ウイルスの血液検査
結果と合わせ同省のホームページで見ることができるようにする。システム構築事業費とし
て約一千万円を〇八年度予算の概算要求に盛り込む。

 同省野生生物課は「鳥インフルエンザの感染経路は、飼料の運搬などいくつか想定され
ているが、渡り鳥による外国からの伝染も大きな要因として考えられる。国内に飛来した
時期や数などがいち早く分かることで、希少種鳥類の感染防止や養鶏業者の対応に役立
つのでは」と強調している。

東京新聞 2007年8月17日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007081702041780.html

441 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/20(月) 00:55:33
鳥インフルエンザ感染防止に有効な新型ワクチンを開発
2007年08月17日 12:26 発信地:パリ/フランス

【8月17日 AFP】高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)型の新ワクチンにより、より多くの人へ
の感染防止が可能になるという研究結果が17日、英医薬誌「Lancet」に発表された。

 この研究はアトランタ州(Atlanta)にある米疾病対策センター(Centers for Disease
Control and Prevention)のSuryaprakash Sambhara博士とミネソタ(Minnesota)州ロチェス
ター(Rochester)にあるメイヨークリニック(Mayo Clinic)ワクチン研究グループのGregory
Poland博士が行ったもの。

 この新ワクチンは、医薬品大手グラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline)の研究援助に
より開発された。独自の新しい免疫補助剤が使われているため、同剤なしの同量のワクチ
ンと比較して、6倍の効力を持つ抗原を生み出せるという。また、少ない投与量で高い免疫
応答が得られることも証明されたとしている。

 両博士は、これにより鳥インフルエンザのパンデミックワクチンの投与数を20-25倍に増
やすことが可能だと述べている。

 世界保健機関(World Health Organisation)によると、鳥インフルエンザの感染が確認さ
れた318件のうち60%にあたる192人が死亡している。(c)AFP
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2268554/2027375

442 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/24(金) 18:04:24
鳥インフルの死者、189人に=03年以降で−WHO報告
8月23日8時1分配信 時事通信

 【ジュネーブ23日時事】世界保健機関(WHO)は23日発表した2007年版世界保健報告で、
03年以降に各国から報告を受けた高病原性の鳥インフルエンザ・ウイルス(H5N1)による
死者が今年6月6日時点で累計189人に上ったことを明らかにした。
 死者を含めた全体の感染件数は310件。最も鳥インフルエンザの被害が発生しているの
はインドネシアで、05〜07年に99件の感染が報告され、死者は 79人に上った。また、ベト
ナムでも感染件数が93件(03〜05年)、死者が42人となるなど、東南アジア地域で多くの
被害が出ている。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070823-00000026-jij-int

443 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/24(金) 18:05:55
<WHO>40種類近い新たな感染症確認 脅威警告
8月23日11時10分配信 毎日新聞

 【ジュネーブ澤田克己】世界保健機関(WHO)は23日、エイズや新型肺炎(SARS)、
エボラ出血熱など40種類近い新たな感染症が過去40年弱の間に確認されているとして、
感染症の脅威を警告する07年版世界保健報告を発表した。
 報告書は、国境を越えた人やモノの移動が多い現代社会では「世界の一地域での感染
症流行が数時間後には別の地域における差し迫った脅威になる」と指摘。特に、新型イン
フルエンザが発生した場合には、全世界で15億人が感染する大流行を引き起こすことが
予測されるとして、インフルエンザ対策の重要性を改めて強調した。
 また感染拡大を抑えるためにも、流行発生時には各国がすぐにWHOへ通報して国際的
な協力体制を取るよう訴えた。SARSや鳥インフルエンザの流行時に、中国政府が情報
開示に消極的だと批判されたことなどを念頭に置いたものとみられる。
 新型インフルエンザは、高病原性鳥インフルエンザH5N1型が突然変異でヒトへの強い
感染力を獲得することで発生する可能性が高いと考えられており、WHOは、もっとも軽い
流行で終わった場合にも世界で数百万人が死亡すると予測している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070823-00000040-mai-soci

444 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/24(金) 18:07:28
未知の病気39、毎年1種類67年以降に発生…WHO報告
8月23日11時40分配信 読売新聞

 【ジュネーブ=大内佐紀】世界保健機関(WHO)は23日、2007年の「世界健康報告」を
発表、1967年以降、毎年1種類のペースで未知の病気が発生しており、一世代前には
存在しなかった病気が少なくとも39種類見つかったことを明らかにした。

 同報告によれば、これらの新種の病気は、新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)
や鳥インフルエンザ、エボラ出血熱、エイズウイルス(HIV)など。

 また、同報告はグローバル化に伴い人やモノの移動が激増する中、世界各地で過去
5年間、約1100件の伝染病の流行があったことも指摘した。

 既存の疾患が抗生物質への耐性を強める傾向もある。WHOは特に、既存の薬が効き
にくいタイプの結核の流行を懸念している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070823-00000003-yom-soci

445 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/27(月) 02:27:29
ドイツで鳥インフルエンザ確認、16万羽を処分へ
2007年08月26日 07:44 発信地:エアランゲン/ドイツ

 【8月26日 AFP】独バイエルン州(Bavaria)エアランゲン(Erlangen)近郊の養鶏場で
高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)の感染が確認されたことを受け、政府は24日、
家禽(かきん)16万羽を処分すると発表した。地元政府当局の報道官が伝えた。
感染経路に関する調査は引き続き継続していく予定。

 感染が確認されたのは3羽の雛鳥からで、北部ニーダーザクセン州(Lower Saxony)の
業者が納入したものだという。農業省の報道官は、この業者の施設についても調査対象に
するとしている。

 ドイツ国内では、今年の夏だけでも50羽前後の野鳥が鳥インフルエンザに感染、死亡が
確認されている。(c)AFP
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2272367/2044551

446 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/27(月) 21:27:20
>>428
追跡やまがた:最上川スワンパークの「一般給餌自粛」 鳥インフル感染恐れ /山形
8月26日12時0分配信 毎日新聞

 ◇飛来前、戸惑う「愛する会」
 1万羽を超すハクチョウが飛来し、30万人以上が訪れる観光スポット、酒田市の最上川
スワンパーク。運営に携わる「酒田市白鳥を愛する会」に、市が鳥インフルエンザ感染の
心配から、今シーズンから一般の給餌自粛と施設管理の改善を求めた。会側が「餌付け
中止要請」と受け取る行き違いもあり、関係機関が善後策を協議したが結論は出ていない。
今季の飛来まで1カ月余。妙案はあるのか。【粕谷昭二】
 7月末、市役所で開いた環境省、県、市、愛する会、野鳥の会の関係者の意見交換会。
羽根田篤市観光物産課長は「明確ではないにしろ、鳥インフルエンザウイルスが変異して、
人に感染するとの指摘もある。安全のためハクチョウと人との距離を遠ざけたい」と説明。
国土交通省、県からも「安易な餌付けは生態系に良くない。将来的にやめるのが望ましい」
「川をふんなどで汚すのは河川法上好ましくない」との意見も出て、愛する会は戸惑う。
 要請に対し、愛する会の碇谷啓二会長は「活動は現状通り続けたい。餌付けは岸から
投げ入れる方法を取り、一般の人が直接手から与えないよう改善する」と、40年の活動
実績を持つ会としての固い姿勢を示し、手や足洗い場の整備を市などに求めた。
  ◇   ◇
 愛する会の歩みは愛護・救護・情操活動一筋。市の要請を、活動の一部が否定されたと
の意味合いで受け取った。池田昭三副会長は「遠くから眺めるだけでなく、餌を与える触れ
合いから野鳥愛護精神が育ち、情操教育にもいい」と話す。
 最上川スワンパークが全国一の飛来数になった要因を、餌付けと結び付ける見方もある。
しかし池田副会長は「庄内の環境がいいからやって来る。日中は田んぼに行き、川に戻る
のは夜だけ」と話し、市農政課は「昭和40年代以後の農業機械の普及で、田んぼの落ち
穂が増え、ハクチョウ増加の一因になったのではないか」と説明する。会の活動と
ハクチョウ増加時期とが重なる。 (つづく)

447 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/27(月) 21:28:06
>>446(つづき)
  ◇   ◇
 安全策として県は「直接手から与えなくても、至近距離にいるのだから、手洗いは大事
だろう」と指摘するが、スワンパークの水道1基ではとても足りない。
 問題はハクチョウよりカモと指摘するのは、角田分・日本野鳥の会理事。「陸上部分を
汚し、悪臭の原因になっているのはカモのふん。ハクチョウが岸に上がることはめったに
ない。カモを岸に上げない工夫こそ必要だ」と指摘するが、実際問題として難しい。
 どんな改善策でシーズンを迎えるのか、結論は出ていない。十分な手洗い場設置、
足洗い場を通らなければ出入りできない方法、汚水を流す側溝整備などが考えられている
が、予算や河川敷改善には認可も伴う。
 今季は愛する会の提案に沿うことになりそうだ。当面のことだけでなく、万一発生した
場合の対処マニュアルを作り、各団体が共通認識を持つことが肝要だとも指摘されている。
地域づくりにもつながっている活動継続に、さらなる話し合いが求められている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070826-00000111-mailo-l06

448 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/29(水) 15:17:54
米研究チーム、鳥インフルエンザの人から人への感染を確認
8月29日13時44分配信 ロイター

 [ワシントン 28日 ロイター] 米国の研究者らは28日、4月にインドネシアで報告された
H5N1型鳥インフルエンザウイルスが、人から人へ感染したことを数理解析によって確認し
たと明らかにした。
 シアトルにあるフレッド・ハッチンソンがん研究所のアイラ・ロンギニ氏率いる研究チームが、
医学誌「Emerging Infectious Diseases」で発表した。同チームは、病気の発生に際し、
危険な伝染病や流行病が発生しているかを即座にテストするソフトウエアツールを開発した
という。
 研究チームによると、昨年インドネシアのスマトラ島で家族8人が死亡した事例とトルコで
8人が感染、うち4人が死亡したケースを調べたところ、スマトラの事例のみ人から人に
感染した統計上の証拠が確認できたという。
 トルコの事例については「単に統計上の証拠が見つからなかっただけ」で、それが「人から
人への感染が起こらなかったということにはならない」と指摘している。
 専門家らの間では、スマトラのケースは人から人への感染との見解でほぼ一致している
が、そのことを立証するさらなる材料が待ち望まれていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070829-00000169-reu-int
-------------------------------------------------------

数理解析で、現実現場の現象の科学的因果関係を証明できたわけでもない。
いんちきペテンまやかしの、一つの手法にすぎない。

>「単に統計上の証拠が見つからなかっただけ」で、それが「人から人への感染が起こらなか
ったということにはならない」

そういえば、こういう論法を用いた、プリオンの御用学者先生が日本にもいたな。

449 :名無しゲノムのクローンさん:2007/08/29(水) 15:24:55
>>448
ヒトのウイルスが、ヒトからヒトに感染するのは、至極当然のこと。
問題は、それが、本当に鳥類のウイルスと一致するのかどうかということだ。
そこが、ウイルス学者さんたちの、腕の見せ所・・・(笑)。

450 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/01(土) 02:33:10
【インドネシア】鳥流感の大流行、世界人口25%に影響も 【鳥インフルエンザ(2007/8/24)】

世界保健機関(WHO)は23日、2007年世界保健報告の公表に合わせ、高病原性鳥インフル
エンザ(H5N1)の大流行が発生した場合、世界人口の25%に当たる15億人に影響が出ると
の予想を示した。

また、H5N1が起源とは特定していないものの新型インフルエンザの大流行は「起こるか起
こらないか」ではなく「いつ起こるか」の問題だと指摘している。

報告書は、2003年に流行した新型肺炎SARSがアジアの総生産に2,000億米ドルの損失を
もたらしたと指摘。新型インフルエンザが1年間以上大流行した場合の経済的影響は、経営
破たんや失業など長年にわたって続くと予想した。感染率が全人口の1%だった場合、世界
経済の成長率が5%低下するとの試算をあらためて示した。

また、大流行時にワクチンを十分に保有する国は存在せず、特に発展途上国で不足して
いると指摘。大流行時の身体的、経済的な影響に国境はないとした。

■バリで死者2人に

一方保健省は同日、バリ島で21日に死亡した鳥肉販売業の女性(28)がH5N1に感染してい
たと発表した。同島で2人目の感染死者となる。国内の感染者数は105人、死者数は84人に
なった。

このほかに、デンパサールのサングラ病院に入院している男性(58)の鳥インフルエンザ
感染が疑われており、保健省が検査を行う。同病院のプトゥ鳥インフルエンザ抑制部長は、
男性が死んだ鳥との接触歴を持つと述べている。
http://nna.asia.ne.jp/free/tokuhou/040123_tyo/07/0824a.html

451 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/05(水) 20:14:23
AI防疫指針を改定へ 家きん疾病小委員会で検討 2007.09.05発行

 農林水産省は8月24日、食料・農業・農村政策審議会の第7回家畜衛生部会(座長=
櫻井敬子学習院大学法科大学院教授)を開き、鳥インフルエンザの防疫指針(正式名=
高病原性鳥インフルエンザに関する特定家畜伝染病防疫指針)の変更については9月
初旬に開く家きん疾病小委員会で検討し、同部会に報告するよう求めた。
 今年1月に宮崎県と岡山県で発生した鳥インフルエンザについては、6月に開いた
家きん疾病小委員会で防疫対応を検証し、検討すべき点として、
 (1)発生予防対策として、養鶏場の管理者に効果的な防鳥ネットの張り方や消毒薬の
使用方法などを周知し、ウイルス侵入防止に万全を期す必要がある。
 (2)発生が疑われる事例が報告された段階から、迅速で的確な防疫対応が行なわれ
るよう、国、県、関係機関の十分な連携を図る必要がある。
 (3)今回、補助的診断法として活用された迅速検査法(簡易キット)について、通報直後
の防疫対応への具体的活用方法を明示する必要がある。
 (4)移動制限区域内の農場における清浄性確認検査、発生後の防疫措置に必要な
疫学調査、感染経路の究明に必要な現地調査の開始時期については、迅速な対応を
図る観点から、発生時の対応体制の整備と合わせて検討する必要がある。
 (5)移動制限の適用については、まん延防止に支障のないよう、発生後の移動制限の
区域や範囲などは、現在規定している措置を改めて確認するものの、食鳥処理場、
孵卵場などの扱いについては、当該施設の衛生管理方法など、必要な情報をもとに、
今後の効果的かつ効率的な移動制限の運用について検討する必要がある。
 ――などを指摘した。これらは、鳥インフルエンザ防疫指針の内容変更にかかわるため、
8月21日に農林水産大臣が変更を家畜衛生部会に諮問したもの。

452 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/05(水) 20:15:53
>>451(つづき)
家きん疾病小委員会 委員に9氏

 家畜衛生部会では、牛豚等疾病小委員会、家きん疾病小委員会、プリオン病小委員会
の委員を決めた。このうち家きん疾病小委員会の委員次の各氏。
 臨時委員の藤田陽偉OIEアジア太平洋地域代表と、専門委員の大槻公一京都産業
大学鳥インフルエンザ研究センター長が交代し、新たな専門委員に伊藤壽啓氏(高病原
性鳥インフルエンザ感染経路究明チーム委員)、米田久美子氏が加わった。

 【臨時委員】岡部信彦(国立感染症研究所感染症情報センター長)、喜田宏(国立大学
法人北海道大学大学院獣医学研究科教授)、田原健((社)鹿児島県家畜畜産物衛生
指導協会事務局長)、寺門誠致(共立製薬(株)取締役先端技術開発センター長)
 【専門委員】伊藤壽啓(国立大学法人鳥取大学農学部獣医学科教授)、合田光昭(愛知
県経済連農畜産物衛生研究所技術参与)、戸谷孝治(茨城県県北家畜保健衛生所所長)、
山口成夫((独)農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究所研究管理監)、
米田久美子((財)自然環境研究センター研究主幹)
http://www.keimei.ne.jp/article/20070905t1.html

453 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/07(金) 00:09:15
インドネシアのH5N1感染の死者85人に、世界で2百人
2007.09.06 Web posted at: 21:51 JST - CNN/AP

ジャカルタ――インドネシア保健省は6日、同国西部スマトラ島に居住する33歳男性が
鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染、死亡したと発表した。AP通信が報じた。
これでインドネシアでのH5N1型による犠牲者は、世界最多の85人となった。

今回の犠牲者の感染が、世界保健機関(WHO)指定の研究所で最終確認されたのかは
不明。WHOによると、鳥インフルエンザ感染が一気に拡大した2003年以降の死亡者は
これで200人に達した。感染例は327人となっている。

男性は同島中部の農園で働いていたもので、感染していた鶏を調理するなどしていたと
いう。高熱の症状が出て、病院に約10日間入院していた。同省は一時、男性の症状は
回復していると述べていたが、急激に悪化したという。

同国では今年8月22日、国際的な観光リゾート地のバリ島中部タバナン県に住む女性
(28)がH5N1型に感染、84人目の犠牲者となっていた。同島では観光への悪影響の
懸念が高まっている。
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200709060031.html
----------------------------------------------

2万人とかでなくて、たった200人なのか・・・。あまりにも大げさ過ぎる。
ちょうどBSE患畜みたいだな。0ではないが起こってないとはいえない程度。
特殊な“限られた人間”にしか判定できないんだろね。

454 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/07(金) 00:11:04
養鶏会社元会長ら4人処分=茨城県の鳥インフル隠しで−農水省
9月6日23時0分配信 時事通信

 農水省は6日、茨城県内の自社養鶏場の鶏が鳥インフルエンザに感染したのを知りなが
ら県への届け出を怠ったなどとして、家畜伝染病予防法違反の有罪判決が確定した養鶏
会社「愛鶏園」(本社横浜市)の斎藤太洋元会長ら獣医師4人に対する業務停止処分を
発表した。停止期間は判決内容に基づき、斎藤会長が3 年、これ以外の元役員や元社員
3人は1年〜2年6カ月とした。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070906-00000209-jij-pol

【速報】横浜の養鶏会社獣医師ら4人を業務停止処分/農水省
神奈川新聞 政治・行政 2007/09/06

 農水省は六日、二〇〇五年に茨城県で流行した鳥インフルエンザの感染を届けなかった
として、養鶏会社「愛鶏園」(横浜市)元会長の斎藤太洋獣医師(67)=茨城県石岡市=ら
四人を、獣医師法に基づき一-三年の業務停止処分にしたと発表した。

 農水省によると、四人は〇五年八月ごろ、愛鶏園の鶏が鳥インフルエンザに感染した
疑いがあると診断したが県に届けなかった。また斎藤獣医師ら三人は、検体の鶏をすり
替えて提出し、県の立ち入り検査を妨害した。

 四人は水戸地裁から家畜伝染病予防法違反罪で執行猶予付きの有罪判決を受け、
四月に確定した。
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiijul0707700/


報道発表資料 9月6日
獣医師法第8条第2項の規程に基づく獣医師の処分について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/tikusui/070906_1.html

食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会第26回家きん疾病小委員会の概要について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/070906_1.html

455 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/07(金) 00:14:53
>>453
世界の死者200人に 鳥インフル歯止めかからず
2007年9月6日 22時06分 東京新聞

 【ジャカルタ6日共同】インドネシア保健省は6日、スマトラ島中部リアウ州の男性(33)が
鳥インフルエンザで死亡したと発表した。これにより2003年以降確認された鳥インフル
エンザによる世界の死者は計200人となった。

 インドネシアの死者は世界最多で、85人となった。鶏の処分が政府の予算不足などで
進まず、感染拡大に歯止めがかからない状況だ。

 鳥インフルエンザが人への感染を繰り返すうちに、人から人へ感染しやすい新型インフル
エンザに変異する可能性があるとされ、世界保健機関(WHO)は8月に発表した年次報告
で、新型インフルエンザの世界的流行の脅威に強い懸念を示している。WHOのまとめで
は8月末の時点で世界の死者は199人となっていた。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007090601000858.html

456 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/08(土) 20:05:08
【簡易検査陽性で養鶏場隔離へ】9月8日 11時41分 社会

この数年、国内で相次いで発生している鳥インフルエンザについて、農林水産省は、感染
が確定していなくても、簡易検査で陽性となった段階で養鶏場を隔離して鶏や卵の移動を
禁止できるよう、指針の改正を進めることになりました。
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/09/08/k20070908000054.html

鳥インフルエンザへの対応を定めた国の指針では、感染の拡大を防ぐ措置は確定的な
診断が出てから行うことになっていますが、確定診断は結果がわかるまでには数日の時間
がかかります。このため、農林水産省では、より迅速な対応ができるよう、専門家の会合な
どで指針の内容を検討しました。その結果、ことし1月、宮崎県と岡山県で鳥インフルエンザ
が発生した際に、国や県の判断で確定診断が出る前から養鶏場の隔離を行ったところ、感
染拡大を防ぐ措置がスムーズに行えたことがわかりました。さらに、確定診断より早く結果
がわかる簡易検査の精度が向上していることから、簡易検査で陽性となった段階で発生場
所を公表し、鶏や卵の移動を禁止する措置が取れるよう、指針の改正を進めることになった
ものです。農林水産省は、今後、関係者や一般の意見を聞いたうえで、ことし中には指針を
改正したいとしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/09/08/d20070908000054.html
--------------------------------------------------------

情報隠蔽をこれまで以上にやりやすくする口実だね。ペテン御用学者どもも、
相当小賢しいようだね。病気が出るのは、馴致経験をさせておかない個体群だ。
攻撃試験をして抗体保有検査を厳密にやればわかることだ。
日本の環境中の宿主(野生、養鶏愛玩家きんにかかわらず)には、
鳥インフルエンザウイルスなんてありふれた存在だ。
「清浄国」のウソには騙されるなよ。

結果的には、趣味的な庭先養鶏と、超大規模な企業養鶏しか生き残れないな。
どちらも、「在る」ことを「ない」ように偽装もしくはカバーできる体制だから。
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/1169337119/384

457 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/10(月) 18:33:03
【インドネシア】鳥流感国家委、ヒト同士感染確認を肯定[社会]

鳥インフルエンザ抑制・大流行準備国家委員会のアミン委員長は、米国シアトル州のフレ
ッド・ハチンソン・ガン研究センターとの共同研究の結果、鳥インフルエンザウイルスのヒト
からヒトへの感染が複数のケースで確認されたと明らかにした。メディア・インドネシアが
伝えた。

西ジャワ州ガルットや北スマトラ州カロ県などクラスター(患者の集積)が発生したケース
でヒト同士の感染があったとした上で、国内の鳥インフルエンザ感染には十分な警戒が
必要とした。

ただ、ヒト同士の感染は持続的に発生する性格のものではないと主張。例としてバンテン
州セルポンで発生したヒト同士の感染では、クラスターが発生した家族のうち父親から
娘二人には感染が拡大したものの、息子と妻には感染しなかったとして、すべてのヒトに
感染が広がるわけではないとした。

同委員長は、こうしたヒト同士感染の性質を説明した上で、感染者が発生した家族全員に
対して感染検査を義務づけると述べている。

458 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/10(月) 18:35:32
>457(つづき)
■福祉調整相は否定

一方、コンパスによると、バクリー福祉担当調整相は、昨年7人の鳥インフルエンザ感染者
が発生した北スマトラ州カロ県のクラスターでヒト同士の感染が確認されたとする調査結果
が、3つある基準のうちの1つとなる臨床試験での結果に過ぎないと指摘。疫学とウイルス学
の基準に則した検査を実施していないことからヒト同士感染が発生したと断定することは
できないとの見解を示した。

同相事務所のエミル次官(医療担当)は、ヒト同士感染が発生したとの報告を行った研究者
は、感染が確認された7人のウイルスの型が同じだったためにこのような結論に至ったので
はないかとの見方を示した上で、もしヒト同士感染が発生すればウイルスの遺伝子に変異
が起こっているはずと指摘している。

バクリー調整相は、世界保健機関(WHO)を通じてこの検査結果に対する正式な抗議を
行うとしている。また、デビッド・ナバロ国連鳥インフルエンザ調整官が11日にバリを訪問
する予定で、国内の鳥インフルエンザの状況について視察を行う予定とした上で、政府の
対策が十分に評価されるとの見通しを示している。
http://nna.asia.ne.jp/free/tokuhou/040123_tyo/07/0904a.html
----------------------------------------------------

最初から、人で起こっているのは、人から人の感染。

疑うべきは、鳥(鶏)から人への感染の方。

459 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/10(月) 23:09:29
プレスリリース
平成19年9月10日
農林水産省

「アジア・アフリカ地域における鳥インフルエンザの現状と国際的な取組みについての
シンポジウム」の開催について

近年、鳥インフルエンザは世界的にまん延しつつあり、特に開発途上国においては
家きん生産は重要な産業のひとつであるため、多大な影響を与えております。また、
一部の国では人への感染が確認されており、公衆衛生の観点からも重要な疾として
注目されております。

こうした鳥インフルエンザのまん延を防ぐために、国際連合食糧農業機関(FAO)や
国際獣疫事務局(OIE)等を通じて国際的な取組みが進められており、我が国もその
一環として積極的な貢献を行なってきております。本シンポジウムにおいては、これら
の国際的な取組みについて、一般市民や関係者へ普及・啓発を図ることを目的として、
アジア・アフリカ地域における現状について紹介するとともに、有識者を交えて議論を
行ないます。

 記

1. 日時 平成19年9月26日(水曜日)14時0分〜17時30分(開場13時30分〜)
2. 場所 国際連合大学 ウ・タント国際会議場 東京都渋谷区神宮前5−53−70
3. 主催 社団法人国際農林業協働協会
4. 後援(予定) 農林水産省、国際連合食糧農業機関(FAO)日本事務所、
           国際獣疫事務局(OIE)アジア・太平洋地域事務所、国際連合大学

460 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/10(月) 23:10:16
(>459つづき)
5. プログラム
 ○基調講演「アジア・太平洋地域における鳥インフルエンザ対策」
   FAOアジア・太平洋地域事務所越境性動物疾病管理緊急センター
   地域調整官 ローレンス・グリーソン
 ○講演「アフリカにおける鳥インフルエンザの現状」
   FAO東アフリカ地域越境性動物疾病管理緊急センター
   地域管理官 ウイリアム・アマンフ
 ○パネルディスカッション「鳥インフルエンザのまん延防止に向けた国際的な取組み」
   司会 OIEアジア・太平洋地域代表藤田陽偉
 パネリスト
   ・ローレンス・グリーソン
   ・ウイリアム・アマンフ
   ・北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター長 喜田宏
   ・国立感染症研究所獣医科学部長 山田章雄
6. その他
  ・日英同時通訳を行います。
  ・入場は無料ですが、事前に登録が必要になります。9月19日(水曜日)までに
   こちらからご登録ください。
ttp://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/kokkyo/070910_1.html

461 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/11(火) 14:54:04
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1178984157/384

384 名前:Nanashi_et_al.[] 投稿日:2007/09/11(火) 03:34:28
このあたりが仕掛けた農水の科学詐欺
喜田宏なんか北大でエラソーにしても、しょせん、農水の使い走りなんだろ

BSEの“戦犯”たち優雅な「天下り生活」と農水省の「焼け太り」[週刊エコノミスト9月21日号]
http://www.asyura2.com/0403/gm10/msg/361.html

462 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/14(金) 23:17:13
外務省、インドネシアへの無償資金協力を発表 2007年09月14日 11:59更新

 外務省は13日、日本政府がインドネシア政府に対し、「鳥インフルエンザ等重要家畜疾病
診断施設整備計画」の実施を目的として、17億8100万円を限度額とする無償資金協力を
行うことに関する書簡交換が、同国の首都ジャカルタにて、海老原紳駐インドネシア国大使
とプリモ・アルイ・ジュリアント外務省アジア・太平洋・アフリカ総局長との間で行われたと
発表した。

 インドネシアでは、高病原性鳥インフルエンザによる被害が死者84人(2007年8月23日
現在)と深刻で、今後も被害の拡大が懸念されている。一方、鳥インフルエンザなどの危険
な病原体を取り扱うために必要な安全性を有する検査施設が存在しないため、やむを得ず
安全性が充分ではない施設で検査にあたっており、検査スタッフや検査施設周辺の住民に
とっても危険な状態となっている。診断施設数も充分でなく、鳥インフルエンザ感染の恐れ
がある検体(鳥)の診断に時間を要し、感染拡大防止のための措置が早期に実施すること
ができない状態となっている。

 このような状況の下、同国政府は、鳥インフルエンザ診断能力向上のため、国立家畜疾病
診断センター(DIC)の新設1ヶ所(スバン)及び既設DICの改修2ヶ所(メダン、ランプン)に
加え、検査機材の操作と検査に関する技術指導のために必要な資金について、日本政府
に対し無償資金協力を要請してきた。

 同計画の実施により、鳥インフルエンザなどの病原菌を取り扱うために必要な検査施設が
整備され、検査スタッフ及び近隣住民の安全が確保される。また、インドネシアの人口の
63%(約1.5億人)、家禽飼養羽数の70%(約13億羽)が集中するジャワ島及びスマトラ
島において、DICにおける診断能力を向上させることができる。

 日本政府は、無償資金協力に加え、畜産政策の専門家派遣や鳥インフルエンザ検査能力
向上のための技術協力も合わせて実施する。
ttp://jp.ibtimes.com/article/biznews/070914/12233.html
-------------------------------------------------
最初から、こんなタカリがお目当ての「鳥インフルエンザ」リスクイベント。
事後チェックできないお金。

463 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/16(日) 01:11:44
アヒル1万羽死ぬ 中国広東省で伝染病

 中国広東省広州市で10日から12日にかけて、約9800羽のアヒルが死んでいるのが
見つかった。地元政府は、原因は鳥インフルエンザではなく、家畜などがかかる伝染病と
判断、人への感染の恐れは少ないとしている。

 感染拡大を食い止めるために近くで飼われていた計約3万2630羽を処分した。

 15日付の広州市の地元紙、南方都市報などが報じた。現場一帯では約20カ所の飼育
場があり、計約6万6400羽を飼育。鳥インフルエンザ対策のワクチン接種は終えていたと
いう。(共同)

(2007/09/15 20:25)
ttp://www.sankei.co.jp/kokusai/china/070915/chn070915001.htm

464 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/17(月) 01:03:52
広州でカモ大量死 高病原性鳥インフルエンザの疑い
2007年09月16日 朝日新聞(人民日報)

 農業部は15日、広東省広州市番禺区で高病原性鳥インフルエンザが発生した疑いが
あると公表した。

 同区新造鎮思賢村で9月5日から、家畜のカモが相次いで死亡しており、13日まで
9830羽が死んだ。

 14日、広東省動物疫病予防抑制センターは蛍光色素を使った定量PCR分析により、
H5N1亜型鳥インフルエンザの疑いがあると診断され、国家鳥インフルエンザ参考実験室
にサンプルを送った。現在は同実験室で分析が進められている。

 現地獣医部門は14日までに、「高病原性鳥インフルエンザ疫情処置技術規範」に従って、
カモ3万2630羽を処分している。
ttp://www.asahi.com/international/jinmin/TKY200709160054.html

465 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/17(月) 22:44:08
2007/09/17-18:36
鳥インフルの疑いで10万羽処分=中国広州
 【香港17日時事】中国農業省は17日までに、広東省広州市郊外の飼育場でアヒルが
大量に死んでいるのが見つかり、高病原性の鳥インフルエンザ(H5N1型)の疑いがある
と発表した。香港のメディアによると、現地では住民以外の立ち入りが厳しく制限され、
付近で飼われているアヒル約10万羽の処分が進められている。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007091700313
----------------------------------------------

97年に始まったいんちき感染症の発信地だな。

466 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/20(木) 02:44:06
2007/09/19-21:13
中国での採取ウイルス追加=新型インフルエンザワクチン−厚労省

 厚生労働省は19日、新型インフルエンザの流行初期に投与し、被害拡大を食い止める
「プレパンデミックワクチン」の基となるH5N1型の高病原性鳥インフルエンザウイルスに
ついて、新たに中国で採取されたウイルスを加えると発表した。
 ワクチンの基となるウイルスはこれで3種類となった。同省結核感染症課は「新型が発生
したらどれが効くのか分からない。基となるウイルスの種類は多い方がいい」と話している。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007091901060

467 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/20(木) 02:44:57
>>466
鳥から分離されたもの? それとも人から分離されたもの? どっち。

468 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/21(金) 17:30:47
平成19年9月21日
独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構
動物衛生研究所

動物衛生研究所と大韓民国の国立獣医科学検疫院との間で研究協力を促進する覚書を締結

 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所と大韓民国の国立
獣医科学検疫院は、家畜衛生研究領域、特に鳥インフルエンザ、アルボウイルス病、
口蹄疫などにおける研究協力を促進する覚書を平成19年9月18日に締結しました。

 この覚書により、動物衛生研究所と国立獣医科学検疫院との間での研究協力が活発と
なり、研究者の交流や家畜衛生情報の交換を通じて、特に、極東アジア地域における家畜
伝染病の発生に関する疫学解析研究が進展し、その研究成果が両国の家畜伝染病の
発生予察や予防に活用されることが期待されます。

【研究協力の背景】

 大韓民国の国立獣医科学検疫院と動物衛生研究所は両国における2000年の口蹄疫
及び2003年以降の高病原性鳥インフルエンザ等の重要疾病の発生に関わる研究情報の
交換等を行って来ました。また、2006年度の日韓農林水産技術協力委員会で鳥インフル
エンザおよび蚊媒介性の家畜疾病の疫学に関する共同研究課題が採択されました。
両研究機関は家畜伝染病の診断と防疫に関して国を代表する研究機関であり、家畜伝染
病の国家防疫推進の観点から研究協力に関する覚書きを締結することになりました。
http://niah.naro.affrc.go.jp/research/press/h190921/H190921.html
-----------------------------------------------------

法則発動だな。 

469 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/21(金) 18:01:52
【AERA】 '07.9.3 39
http://opendoors.asahi.com/data/detail/8327.shtml

【利権】 農水省の研究公募「偽装」 バイオマス研究開発費を「身内」で独占
〜植物からエタノールを作り出す技術の開発では、世界がしのぎを削る。
 その「利権」をほしいままにしているのが、あの官庁の役人たちだ。〜

『衰退している省は危険である。省益、つまりそこの利権をなり振りかまわず拡大しようとするからだ。』

『年金を扱う厚生労働省社会保険庁の現実も直視に耐えられないが、農水省の「闇」の深さも深刻である。』


『独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構。本部・茨城県つくば市)とは、
01年から06年にかけていずれも農水省に属していたり、その系統だった計16の試験研究機関
などが統合された巨大組織だ。研究者、圃場作業者、事務職員を合わせて約3千人を抱え、
07年度は500億〜600億の補助金が農水省から出ている。しかし、「官の研究者」である立場に
安住していたためか、例外的な部門を除くとこれといった業績がなく、農水省内外でその存在に
疑問が持たれていた。』(p.33)

470 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/24(月) 21:39:46
シンガポールの研究チーム、鳥インフルの迅速な検査方法を発明
2007年09月24日 13:46 発信地:パリ/フランス

【9月24日 AFP】致死性の高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)型のウイルスを、30分以内
で解析する検査方法が、米科学誌「ネイチャー・メディスン(Nature Medicine)」で発表され
た。

 新たな検査方法は、シンガポールのバイオ工学・ナノテクノロジー研究所(Institute of
Bioengineering and Nanotechnology)のJuergen Pipper氏率いる研究チームが開発した。
「あらゆる種類のインフルエンザの世界的流行の防止に向けた取り組みを後押しする、
飛躍的な発明」だとしている。

 現在の検査は、ウイルスを分離するのに時間がかかり、結果が判明するまでに数時間か
ら数日を要する上、検査費も高額だ。だが、新たな検査方法は「感度は従来の検査法と
同等で、検査速度は440%増、価格は2000−5000%減」だという。

 鳥インフルエンザの流行に対処するうえで重要なのは、発生後すぐに感染個体を識別、
隔離して、感染の拡大を防止することだ。最初の20例以上に感染が拡大しない、または
1例目が発生した後3週間以内に封じ込めに成功することが最善のシナリオとされる。
そのためには、安価かつ正確な簡易検査装置が求められていた。

 研究チームは、従来より小型の検査装置を開発、試作品でH5N1型ウイルスをサンプル
とした実験を行ったところ、28分以内に正確な検査結果が得られた。

 同研究者らは、この技術を利用して、エイズ(AIDS)やB型肝炎、重症急性呼吸器症候群
(SARs)の原因となるウイルスをも検出できる可能性があるとしている。(c)AFP
ttp://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2288039/2175891
------------------------------------

鳥フルウイルスを全部引っ掛けて、淘汰みたいなことになるのか?
ウイルスの生理生態について、トンデモな知識しかないのかもな。
ウイルスに対して、排除根絶思想しか持ち合わせていないとか・・・

471 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/28(金) 16:17:47
鳥インフル防止 国際協力が必要/東京でシンポ
掲載日:07-09-27

 国際農林業協働協会(JAICAF)は26日、東京都内でアジア・アフリカ地域の鳥インフルエンザ対策に関するシンポジウムを開いた。国内外の動物防疫の専門家らが講演や意見交換、近隣の複数の国が協力し、同病の発生を抑え込む取り組みの必要性を確認した。

 講演は、国連食糧農業機関(FAO)の動物疾病管理緊急センターの防疫担当者が、同病発生を抑えるアジア・アフリカ地域での対策を紹介。アジア地域の国々には5000万米ドルを援助し、発生時の拡大予防策や、発生を予防する飼養方法の普及を図った。
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/bulletin2/article.php?storyid=219

472 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/29(土) 23:59:41
食品値上げ 国家戦略の構築が急務に 公明新聞:2007年9月28日

同時多発的なドミノ現象の様相

食欲の秋に“暗雲”

ごはんが、うまい。香り立つみそ汁がおいしい。いまが旬の丸々と太ったサンマ、秋ナス、
キノコ類、クリ、ブドウといった果実から飲料水まで、ひと口いただく度に、自然の恵みへの
感謝の心が沸く。食欲の秋が真っ盛りだ。

こんな食欲の秋の感動に水を差すように、身近な食品値上げの報が相次ぐ。練り物を原料
とするチクワなどの減量による実質的値上げは、昨年(2006年)来、始まっていた。しかし
今年の食品値上げは、スケールが違う。大手メーカーのマヨネーズ、人気チョコなどの
菓子類、即席めん、パスタ、小麦粉、パン、冷凍食品ほか、食用油も1995年比1.5倍
以上になった影響を受けて、10月から一斉に値上がりする。影響は、ファミリーレストラン
やファストフード店などの外食産業を直撃し、今月(9月)も1日から値上げラッシュが続い
ている。

原因としては、主要な穀物の国際価格上昇が大きい。穀物の国際的取引の指標となる
米シカゴ商品取引所の小麦相場は、今月(9月)4日に1ブツシエル=8.07ドルの高値を
記録。昨年(2006年)来のこうした高値推移に合わせて政府は8月24日、輸入小麦売り
渡し価格を4月に1.3%値上げしたのに続き、10月から10%値上げする方針を発表した。

小麦価格上昇の要因は、三つ挙げられる。(1)天候不順(2)需給の逼迫(3)投機資金の
流入、である。

(1)については昨年、米国やオーストラリアの小麦産地で干ばつ被害が相次いだ。今年に
入っても、米国や欧州西部の降雨被害と欧州東部の干ばつ被害が、小麦備蓄の品薄感を
助長した。

473 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/30(日) 00:00:12
(2)では、中国やインドなどの新興国の需要増だけでなく、バイオエタノール絡みの波及
効果が大きい。地球温暖化対策や原油高騰などから、トウモロコシやサトウキビなどの
穀物を発酵させて製造するアルコールを、ガソリンに混ぜて燃やすのである。このため
米国やブラジルなど主要な穀物生産国では、大豆など他の穀物から、トウモロコシや
サトウキビなどへの大規模な転作ブームが起きた。最貧国で餓死者が絶えない一方で、
「食物」が「燃料」に転用されている。緑地を「油田」に開拓する構図は、森林の減少、
水資源の枯渇化の誘因として懸念される。

(3)は、米国の低所得者向け住宅融資(サブプライムローン)焦げ付きを契機とする国際的
な投資リスクの高まりのなか、国際資金が商品市場へなだれ込んできた。ニューヨークで
原油先物価格が1バレル=84ドルの史上最高値を突破しただけではない。非鉄金属から、
ガソリンを代替するバイオエタノールの原料となるトウモロコシ市場に資金が流入し、
値上がりの波浪は、小麦、大豆、パーム油、カカオ豆など、他の国際商品全般に及ぶ。

厳しい現実は不変

穀物市況の高騰は、飼料価格上昇を促す。鶏卵、食肉、乳製品の値上げ圧力も強い。
BSE(牛海綿状脳症)や鳥インフルエンザへの警戒感、和食嗜好で世界の海産物需要が
高まれば、魚介類相場を押し上げる。同時多発的な値上げドミノのなか、わが国がさまざま
な分野で「買い負ける」事態が生じてきた。問題は金融政策の国際協調や、個別的物価
対策といった対症療法の枠内にとどまらない。穀物、食料、エネルギー、水資源などに
対する、地球環境問題と整合的な国家戦略の構築が急務である。「油の一滴は血の一滴」。
第2次大戦の引き金となった、国際社会の厳しい現実は変わらない。
ttp://www.komei.or.jp/news/2007/0928/9724.html

474 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/30(日) 00:03:06
H5N1型の鳥インフルエンザ、母子感染の可能性も
2007年09月28日19時27分

 [ワシントン 27日 ロイター] 米コロンビア大のイアン・リプキン博士が率いる研究チームは27日、強い病毒性を持つ「H5N1型」鳥インフルエンザウイルスが、母親の胎盤を通じて胎児にも感染する可能性があるとの調査結果を発表した。

 また研究チームによると、同ウイルスは肺だけではなく、消化器や脳、肝臓や血液細胞などにも感染するという。

 リプキン博士と北京大の研究チームは、中国で「H5N1型」鳥インフルエンザ感染によって死亡した男女2人から採取した検体を調査。女性は死亡時に24歳で妊娠中だったが、4カ月の胎児も同様にウイルスに感染していたとしている。

 2003年以降、同ウイルスの感染者は328人で、そのうち200人が死亡している。
http://www.asahi.com/international/reuters/RTR200709280160.html


ロイター発、朝日と世界日報か。

475 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/30(日) 00:11:25
【国際リベラル裏表】

『リベラルの潮流というのは、俗耳に良いフレーズと共に
人種、宗教、家族、国といったものに対立構造を醸成するのです。
これに資本家が合流したのが、クリントンやメージャーに見られる
ネオ・リベラルの本性なのです。』

『ネオ・リベラルと組む資本家って怖いです。
「グローバル戦争?コントロールされる戦争などいらない。
混沌と混迷、だからこそ資本が飛びまわるんだよ」
こんな感じですかね。
というわけで
リベラル平和念仏というのは大量の死者を生むわけです。
親玉の国際リベラルの首謀者グループは富み肥えますが。
温暖化に警鐘を鳴らしながら、原発ビジネスで遊ぶゴアみたいなもんです。』
http://ameblo.jp/disclo/entry-10046797732.html

476 :名無しゲノムのクローンさん:2007/09/30(日) 13:46:04
>>470
【シンガポール】研究チーム、鳥インフルエンザの迅速な検査方法を発明[09/24]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1190613373/
【医学】鳥インフルエンザウイルスの迅速な検査方法を発明
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1190642097/

477 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/01(月) 22:27:40
2007/10/01-13:50
鳥インフルの死者86人に=インドネシア
 【ジャカルタ1日時事】インドネシア保健省は1日、西ジャカルタの21歳の
男性が鳥インフルエンザで死亡したことを明らかにした。これにより鳥イン
フルエンザによる同国の死者は86人、感染者総数は107人となった。
保健省は死亡した男性の感染経路について調査している。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007100100427
-----------------------------------------------

鳥ウイルスなのか、人ウイルスなのか、それが問題だ。
人ウイルスの中にもH5N1型は存在するのではないのか?
そして、ウイルス感染にあたって、
免疫抑制的な治療対処方針であたってはいないか?
いわゆる治療ミスがおこっているのではないのか?
あの「サイトカインストーム」という錯誤誤認に端を発する。

478 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/04(木) 01:22:25
【医療】タミフル大量処方が自然界のウイルス耐性強化の原因に…日本は特に危険大
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1191418704/

【医療】タミフル耐性ウイルス 人から人に感染した可能性[04/04]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1175676429/

どういう連携プレーなのかな? 捏造創科学界の。

結局、タミフル備蓄依存から、ワクチン備蓄政策へスライドさせるための
印象誘導に見えてしまうのだが・・・。

<ワクチン>「将来を考える会」が未承認対策などで要望書
6月27日18時44分配信 毎日新聞
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1185615151/17

【感染症対策 地球温暖化の影響は甚大】(公明新聞:2007年7月6日)
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1132123761/420n-
ttp://www.komei.or.jp/news/2007/0706/9262.html

タミフルそのものが、その作用機序をよくみたとき、限りなくプラセボであることに気付いたほうがよい。
アシクロビルのパクリをしたつもりなのかどうかはよくわからんが。

抗生物質・抗菌薬剤と違って、抗ウイルス薬は、本当に増殖を抑制させる効果があるとなれば、
それは宿主細胞側に作用するのであって、副作用効果もはかりしれない。

安全であることを謳えば謳うほど、それは効果のない証でもある。
逆に、何らかの副作用を煽ることで効果があるように思わせることにもなる。

副作用キャンペーンは限りなく胡散臭く感じるのはそれを含めてのことだ。
このいまの鳥(新型)インフルエンザ流行情報そのものが、
限りなく捏造偽装虚飾にまみれている胡散臭いものでもあるのだし。
いわば壮大な科学詐欺に遭っているようなものだ。Y2Kのときのように。

479 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/04(木) 17:36:27
ハクチョウの餌付けを禁止 大館市・長木川、鳥インフル感染防止で

 大館市は3日、長木川でのハクチョウへの餌付けを今季から「禁止」すると決めた。
餌を求めて集まる渡り鳥から比内地鶏に鳥インフルエンザが感染することや、人間の
与える餌に慣れてしまうことによる生態系への悪影響を心配しての措置。禁止としたが
一般への強制力はなく、広報紙や学校教育を通じて協力を求めていく。

 今月中に河川敷にある白鳥広場に「渡り鳥への餌やり禁止」の看板を立てるほか、
今後は餌を販売する業者の広場使用を不許可とする。愛護活動を続けてきた民間の
「大館白鳥の会」は会員による餌付けをやめ、訪れた市民や観光客が餌やりしないよう
現地で呼び掛ける。

 長木川では昭和58年ごろから冬場に飛来するハクチョウの餌付けが行われており、
最近6年間では多い日でオオハクチョウ370羽、カモ類4200羽が確認されている
(県調べ)。市によると、近年は特にカモ類が目立つようになり、人間が与えるパンくずを
求めて広場を埋め尽くすほどになっていた。

 長木川へのハクチョウの第1陣は、例年10月中旬ごろに飛来する。

(2007/10/04 08:45 更新)秋田魁新報
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20071004b
-----------------------------------------------

『それは、絶対にアブナイですヨ。』
http://www.nbi.ne.jp/talk5.html
『インフルエンザウイルスは、馬・アザラシ・鯨を含めた各種動物に感染する。』
http://www.jpa.or.jp/news/item/2001/08/22/010822_cho_ko.html
『ウイルスの脅威から地球を守る』
http://www.jili.or.jp/kuraho/inochi/web04/i_web04.html

ウェブ★ウイルス進化論学派の「人獣共通感染ウイルス」症の
こわいこわい布教キャンペーンのお蔭様。

480 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/05(金) 02:52:05
「家畜伝染病予防法(昭和26年5月31日法律第166号)」

には、「免疫学」的な知識知見は全くと言っていいほど反映されていない。
あるのは、「病」の摘発淘汰とまん延防止封じ込め根絶対策だけ。
しかも、病原体の規定ではなく、あくまでも「病」の規定のみ。
とくにウイルス病の耐過馴致による免疫獲得(抗体産生)については、
一切考慮されることはない法体系である。
これほど科学的知識知見をふまえない時代錯誤の法律もめったにない。
これを杓子定規に現実に適用してしまうと限りなく悲劇のみしか生じない。
現実にそうなっているのが、今のウイルス病防疫政策である。

481 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/05(金) 16:43:58
鳥インフルエンザ、アミノ酸変異で大増殖…東大チーム発見

 新型インフルエンザウイルス大規模流行につながる恐れがある鳥インフルエンザウイルス
中のアミノ酸の変異を、河岡義裕・東大医科学研究所教授の研究チームが突き止めた。

 新型インフルエンザの流行を予測する際の有力な手がかりになるとして注目されそうだ。
5日のオンライン科学誌に掲載される。

 研究チームは、人に感染した2種類のH5N1型の鳥インフルエンザウイルスを構成する
たんぱく質を比較。ウイルスの増殖に関係している「PB2」と呼ばれるたんぱく質を分析した
ところ、627番目のアミノ酸が、人の鼻粘膜での増殖に大きくかかわっていることを見つけた。

 さらに、このアミノ酸を人工的にリジンという別のアミノ酸に変えたウイルスを作り、マウス
に感染させたところ、感染後3日間で、鼻の粘膜でのウイルス数が変異前に比べて1万倍
以上に増えることが判明。一方、627番目がもともとリジンであるもう片方のウイルスを
改造し、ここをグルタミン酸というアミノ酸に変えた場合は、鼻粘膜ではほとんど増殖しなか
ったという。

 河岡教授は「鼻の中でウイルスが増えれば、くしゃみなどによりウイルスが周囲に飛び
散り、人同士で感染する可能性が高まる。新型インフルエンザの流行を最小限に抑えるた
めにも、この部分のアミノ酸の変化に注意を払い、監視する必要がある」と話している。
(2007年10月5日14時38分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20071005i307.htm
-----------------------------------------------

ウイルス「進化論」が、あたかも現実化したように演出されてるね。
詐偽師そのものなのだが、これにみな騙されてしまうのだろうね。

482 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/07(日) 01:29:38
【3107】ダイワボウ【そろそろ鳥インフルの季節?】
http://ex23.2ch.net/test/read.cgi/livemarket1/1191647480/

483 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/07(日) 20:20:11
<鳥インフル>ヒト感染たんぱく質の変異特定 東大教授ら
10月6日20時34分配信 毎日新聞

 鳥インフルエンザウイルスが人間に感染しやすいような性質を獲得する際に不可欠と
みられる変異を、河岡義裕・東京大教授らの国際研究チームが突き止めた。世界中で
爆発的な流行を引き起こしかねない新型インフルエンザの出現予測に役立ちそうだ。
5日付の米専門誌で発表した。
 チームは、ベトナムで04年にH5N1型鳥インフルエンザに感染した患者から、2種類の
ウイルスを採取して比較。気管上部で見付かった毒性の強いウイルスは、たんぱく質を
構成する特定のアミノ酸がリシンだった。もう一方のウイルスで、同じ位置にあるグルタ
ミン酸を人工的にリシンに変え、マウスに感染させた。その結果、毒性が強まり、さまざま
な臓器で増殖しやすくなることがわかった。このウイルスを人間の気管支の上皮細胞に
感染させると、鼻の中の温度に近い低温(33度)でも効率よく増えた。元のウイルスは
低温では増えにくかった。
 河岡教授は「鳥インフルエンザウイルスの特定のアミノ酸が変異すると、人の鼻や
のどで増殖しやすくなることを示す結果だ。気管上部でウイルスが増殖すると、せきなど
により、人同士で感染する恐れが大きくなる」と話している。05年に中国西部の野鳥の
間で大流行したH5N1型鳥インフルエンザウイルスも同様の変異があった。鳥インフル
エンザが流行した場合、この変異が起きているかどうかを調べれば、人同士で感染する
新型インフルエンザにつながるかを予測する一つの指標になるという。【須田桃子】
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071006-00000079-mai-soci

484 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/07(日) 23:34:55
パンデミックきぼん

485 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/08(月) 19:35:16
【中国の5年来の科学技術の発展】 人民網日本語版 - 2007年10月6日

『中国は養殖の大国でもある。鳥インフルエンザによる養殖業への打撃を避けるため、
中国の科学者は2005年にH5N1型とH5N2 型鳥インフルエンザワクチンの開発に成功した。
これについて、中国全国牧畜獣医ステーションの責任者于康震さんは
「世界で、水鳥に対する免疫は鳥インフルエンザの免疫にとって大きな課題だった。
この二つのワクチンの開発、特に、H5N1 型ワクチンは水鳥の免疫効果を大いに高めた」
と述べた。

 現在、この2種類のワクチンの使用はすでに100億羽余りに達し、すでに東南アジアの
一部の国にも輸出している。このほか、農業分野では、ハイブリッド水稲、トウモロコシの
品種改良、病虫害に強い遺伝子組換えの棉などの重要な農業技術に関する成果を収めた。
これは農業の増収と食糧安全の保障に基盤をつくった。中国は世界の7%の耕地で22%を
占める人口の食の問題を解決した。』
http://www.people.ne.jp/2007/10/07/jp20071007_77677.html
---------------------------------------------------

中国で嘘でないのは詐欺師だけ。

486 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/09(火) 14:43:47
■鳥インフル、感染経路を解明・農水省、アジアで情報収集

 農林水産省は2008年度から、アジアでの鳥インフルエンザの感染拡大ルートの解明に
乗り出す。野鳥の移動経路の解明や人の移動などと感染拡大の状況を照らし合わせ、
発生時期の予測や感染予防に役立てる。各国と連携して感染拡大を防ぐための
定期会合も開催。防疫体制についての情報交換や発生時の早期通報体制を整備する。

 鳥インフルエンザの感染は香港をはじめとして欧州やアフリカなどでも相次ぎ発生して
いる。07年1月には宮崎県で鶏が鳥インフルエンザに感染。中国大陸からの渡り鳥が
ウイルスを運んだとみられており、感染の予防にはアジア各国での感染拡大ルートの
解明が不可欠と判断した。(07:02)
ttp://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20071009AT3S1500S08102007.html
----------------------------------------

どんどん、捏造ウイルス感染症のいんちき政策を増殖肥大化させる農水省。
酷い様相だな。省まるごと日本の寄生虫のようなものだ。

487 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/10(水) 20:54:16
>>485
【広州市の鳥インフルエンザ、すでに撲滅される】

広州市番禺区で発生した高病原性鳥インフルエンザ(H5N1亜型)は、感染区の封鎖・
殺処分・消毒、感染危険区の家禽類へのワクチン投与などの緊急措置を講じた結果、
感染区内の最後の1羽の殺処分から21日間、新たな感染例が見られなかった。広東省
農業庁が9日、農業部に報告した。

同日、広州市番禺区人民政府は感染区への封鎖令を解除した。(編集NA)

「人民網日本語版」2007年10月10日
http://www.people.ne.jp/2007/10/10/jp20071010_77814.html
---------------------------------------------------

「撲滅」ねぇ・・・。

488 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/12(金) 15:39:25
>>479
■「エサやり禁止」を掲示 大館市・長木川、カモ飛来で

 長木川に飛来する渡り鳥への餌付けを今季から禁止すると決めた大館市は11日、
市街地の白鳥広場に「エサやり禁止」を知らせる表示板を張り出した。15日に正式の
看板を設置することにしているが、既にカモ類が集まり始めており、職員が看板用の
図案をコピーして急きょ表示板を手作りした。

 表示は「ハクチョウやカモに触れると鳥インフルエンザに感染する恐れがあります」と
の内容。白鳥広場と対岸の河川敷の計5カ所に掲示した。

 白鳥広場前の川面や中州に飛来したカモ類は、同日午前10時現在で200羽以上。
広場を管理する市都市計画課には、餌やりする人がいるとの情報が寄せられていた。
(2007/10/12 10:35 更新) 秋田魁新報
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20071012f

489 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/15(月) 16:55:52
新型インフルエンザ「近い将来、大流行の恐れ」八重山福祉保健所
八重山毎日新聞 (2007-10-14 09:52:15)

小林医師が予防策説明
厚労省試算、国内で64万人死亡も

 東南アジアを中心に鳥インフルエンザの人への感染が報告され、人から人への感染に
よる新型インフルエンザの発生が懸念されるなか、八重山福祉保健所は12日午後、
市健康福祉センターで、石垣市と竹富町の関係職員を対象に新型インフルエンザの勉強
会を開いた。
 勉強会では、福祉保健所の小林孝暢医師がプロジェクターを使い、新型インフルエンザ
の基礎知識やこれまでの発生状況、予防策などについて説明した。

 そのなかで小林医師は、世界的に見て新型インフルエンザが30―40年周期で大流行
していることを示し、「過去、約40年間流行しておらず、(近い将来)、大流行が起こる
可能性がある」との見通しを示した。
 また、ベトナムやタイで発生しているH5N1型の鳥インフルエンザの特徴について、
高熱やせき、呼吸困難に加え、下痢の症状があることを説明。さらに、急速に肺炎が
進行し、高い致死率となっていることを報告した。
 そのうえで、新型インフルエンザが流行した場合、国内で1300万人から2500万人が
罹患(りかん)し、このうち53万―200万人が入院、17万人から64万人が死亡するとの
厚生労働省の試算を提示。「新型インフルエンザの流行に備え、個人・一般家庭、
市町村は国が示すガイドラインに基づき、それぞれでできる対策を取る必要がある」とした。
 具体的には、個人ではうがいや手洗い、マスクの着用や食料、水の備蓄、市町村は
独居老人の把握や情報収集と提供、食料等の配達準備などを挙げた。
http://www.y-mainichi.co.jp/?action_article_show=true&article_id=9610

【こうした科学を推進してやまない科学者を「サビオ・イグノランテ」(無知の賢者)と呼ぶ】
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0199.html

「学問のあるバカは 無知なバカよりバカだ」
http://www.d1.dion.ne.jp/~wangcha/uber001.html

490 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/15(月) 16:56:44
■鳥インフル対策 野鳥の侵入防止を/東京でセミナー【関東】 掲載日:07-10-14

 鳥取大農学部の鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターは12日、東京都港区で
鳥インフルエンザに関連したセミナーを開いた。感染経路について講演した伊藤壽啓
センター長は、鶏舎に野鳥や小動物を入れない対策が今後最も重要と指摘した。

 このセミナーには地方自治体や保健所、食の安全に関心のある企業などから
約80人が参加。伊藤センター長と大槻公一同センター特認教授、伊藤啓史准教授が
講演した。
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/bulletin2/article.php?storyid=239

491 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/16(火) 00:52:49
<トキ>1羽死ぬ 新潟・佐渡の保護センター
10月15日17時30分配信 毎日新聞

 新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターは14日、トキ1羽(メス、5歳)が13日に死んだと
発表した。解剖の結果、十二指腸にかいようがあった。鳥インフルエンザ簡易検査は陰性。
センターは、ストレスかウイルス感染が原因とみて、県中央家畜保健衛生所に鑑定を依頼
した。センターで飼育するトキは、これで106羽となった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071015-00000043-mai-soci

492 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/16(火) 01:22:51
コウノトリ:5歳雌1羽死ぬ−−豊岡・郷公園 /兵庫

 豊岡市祥雲寺の県立コウノトリの郷公園は11日、園内の個体ケージで飼育していた
5歳雌が死んだと発表した。8日ごろから餌を残すようになり11日に栄養剤を投与。観察
していたが、同日夕に死んだことを確認した。外傷はない。同園で解剖して原因を調べる。

 飼育下で死んだのは5月26日以来で、同園の飼育コウノトリは102羽になった。【山口朋辰】

 〔但馬版〕 毎日新聞 2007年10月12日
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20071012ddlk28040305000c.html

493 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/16(火) 16:25:23
中国、9月の伝染病発症例48万超 甘粛省でペスト患者1人
2007年10月15日 15:26更新

 中国衛生部省は10日、9月の中国法定報告伝染病情報を発表した。中国では計27種の
甲類、乙類、丙類の法定報告伝染病が定められている。9月1日零時から9月30日24時ま
での間に中国国内(香港、マカオを含まず)から報告された発症報告数は48万 5859件、
うち死亡者は741人だった。

 それによると、甲・乙類法定伝染病が34万9630件発生し、その内735人が死亡した。
SARS、脊髄灰質炎、鳥インフルエンザ、ジフテリアを除く 23種の甲、乙類伝染病はすべて
発症報告があったという。発症した伝染病の上位5位は、肺結核、B型肝炎、赤痢、梅毒、
淋病で、全体の87.45%を占めている。一方、死亡者数の上位5位は、狂犬病、肺結核、
エイズ、B型肝炎、日本脳炎となっており、甲・乙類法定伝染病死亡者総数の91.56%を
占めている。9月には甘粛省で今年初となる1人のペスト患者が報告された。

 また、丙類伝染病が13万6229件発生し、その内、6人が死亡した。発症の上位3位は、
感染性下痢、急性出血性結膜炎、流行性耳下腺炎で、丙類伝染病の発病総数の97.41%
を占めている。(日中経済通信)
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/071015/12992.html

494 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/16(火) 23:09:38
■社民党の農林水産政策  (社民党2007選挙政策より)

6、BSE(牛海綿状脳症)対策、鳥インフルエンザ対策を強化します

(2)高病原性鳥インフルエンザ対策を進めます。
日本では、04年に西日本で発生以降、いまだ発生原因や伝播経路の解明には至って
いません。世各地でも、鳥インフルエンザ(H5N1型)が流行し、鳥から人への感染に
よる死亡とともに人から人への感染も確認されており、国内対策の強化とともに被害
拡大の防止にむけて感染国との協調・支援などに取り組みます。

@発生原因や伝播経路の調査・早期解明
A監視体制の強化、発生した農家・養鶏場からの迅速な連絡体制の確立
B汚染の除去
C自治体間の連携、自治体と養鶏業者の連携の徹底
D消費者・流通・小売業者、地域住民との連携の徹底、情報公開
E日常の健康調査、養鶏場の事前調査、野鳥の調査など早期発見の努力
F処分した鶏で周辺の土壌や水質が汚染されることのないよう消費者や地域住民が納得する処分方法の確立
G風評被害対策、発生養鶏農家および周辺養鶏農家に対する補償
H養鶏場に働く人々や周辺住民の健康対策等。
http://www5.sdp.or.jp/central/seisaku/071016.html
----------------------------------------------

在日朝鮮人のための政党だということを、ますます全面に。

495 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/17(水) 01:46:39
■八戸で鳥インフルエンザ防疫演習 2007年10月16日(火) 東奥日報ニュース

 県と県畜産協会は十六日、高病原性鳥インフルエンザの広域的な防疫対策を強化する
ため、八戸市のウェルサンピア八戸で、講演会とパネルディスカッション形式の防疫演習
を開催した。

 防疫演習には、北海道・東北地区の家畜保健衛生所や県南地域の市町村、獣医師会、
養鶏業界の関係者ら約三百人が参加した。農林水産省の担当者が講演し、鳥インフル
エンザ発生時の移動制限措置の運用見直しなど防疫指針の変更点や発生防止のポイ
ントを説明した。今年に入り三件連続で同インフルエンザが発生した宮崎県の担当者は、
対策本部の設置から殺処分、消毒、焼却・埋却などの対応状況を報告した。

 パネルディスカッションでは、県畜産課の担当者が、万一の発生時に備え、個々の
農場の立地条件や発生規模などを考慮した上で、鶏の処理方法を焼却・埋却のいずれ
にするか検討していることを説明。県境などに設置する消毒地点を二十四時間対応に
する方針も報告した。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2007/20071016201610.asp

496 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/17(水) 15:07:19
鳥インフルエンザ発生想定し防疫演習 出水で鹿県初実施
衛生管理を再認識 殺処分に農家衝撃
(10/17 07:45) 南日本新聞

 高病原性鳥インフルエンザが鹿児島県内で発生したと想定する防疫演習が16日、
出水市であった。県が初めて開いた。養鶏地帯・出水地区をはじめ県内各地の行政、
養鶏関係者ら約350人が参加。防疫服に身を包んだ県職員らが、鶏舎を消毒する
様子などを見守った。本番さながらのものものしい演習に、生産者は「家族同然の
鶏たちを、こんな目に遭わせるわけにはいかない」と衛生管理の徹底を誓っていた。
 渡り鳥が飛来するシーズンを前に「実際の防疫作業を目の当たりにすることで、
再度衛生意識を高めてもらおう」と、従来の机上演習に替えて実施した。
 冒頭、県畜産課の担当者が鳥インフルエンザについて解説。今年発生した宮崎県の
農場では、防鳥ネットに破損があったことなど説明し「万が一異常鶏を発見したらすぐ
家畜保健衛生所に通報を」と強調した。
 屋外での防疫演習では、採卵鶏5万羽を飼う農場で高病原性鳥インフルエンザが
発生したと想定した。農場の管理者から異常鶏発生の通報を受け、家畜保健衛生所など
を通じて鳥インフルエンザと確定。発生農場の防疫措置や車両消毒ポイントでの作業を、
本番さながらに実施した。
 農場に「立ち入り禁止」と書かれたテープを張り、模擬鶏をプラスチック容器に入れ
炭酸ガスで安楽死させる訓練は、生産者にショックを与えた様子。同市高尾野町下水流の
大久保恒憲さん(60)は「模擬鶏とはいえガスで殺処分する姿を見ると胸が痛む。
衛生管理を再確認したい」と語った。
 県畜産課の西迫誠課長は「訓練も大事だが、まずは病気を出さないこと。家畜保健
衛生所と連携を密にし、日ごろの衛生管理を徹底してほしい」と話していた。
http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=7151

497 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/18(木) 18:34:21
鳥インフルから比内地鶏守れ 渡り鳥餌付け禁止看板設置

 秋田県大館市が、ハクチョウの飛来地として知られる長木川の河川敷に、渡り鳥への
餌付けを禁止する看板を設置した。秋田県内一の生産量を誇る比内地鶏が鳥インフル
エンザに感染するのを防ぐ狙いだ。市に対応を働き掛けた生産農家などが歓迎する一方、
地元の愛鳥家らからは「禁止は残念」との声が上がっている。 

 秋田県の自治体が鳥インフルエンザ感染防止を目的に、渡り鳥の餌付けを禁じるのは
初めてで、東北でも珍しいという。看板は2カ所に立てられ、「渡り鳥に触れたりすると、
鳥インフルエンザに感染する恐れがあります」などと注意文が書かれている。条例などが
あるわけではなく、罰則などの強制力はない。

 餌付け禁止は、鳥インフルエンザ感染に渡り鳥が関与する可能性があることを受け、
あきた北農協(大館市)が9月、市に呼び掛けを要請。市は「感染防止を徹底するためには、
市民が渡り鳥に触れたり、ふんを踏んだりしないようにする必要がある」(農林課)と判断した。

 長木川には20年来、冬場にハクチョウが飛来し、ここ数年は200―300羽が集まる。
1000羽以上のカモ類も群れをなし、親子連れや愛鳥家たちがハクチョウを観察したり、
パンくずなどの餌を与えたりしている。

 あきた北農協比内地鶏生産部会の阿部之義部会長は「万が一感染すれば、風評を
含め大変な被害になる」と市の対応を喜ぶ。

 ハクチョウとの触れ合いを楽しみにしている市民も多いだけに、愛鳥家らには不満もある。
市民団体「大館白鳥の会」の石田雅男会長は「農家の懸念にも配慮する必要があり、
今年は市に協力する。飛来数が減る可能性もあるので、観察していきたい」と話している。

2007年10月18日木曜日 河北新報
http://jyoho.kahoku.co.jp/member/news/2007/10/20071018t43028.htm

498 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/24(水) 00:31:00
鳥インフルとBSEで農水省/検査技術の研究加速
掲載日:07-10-23 日本農業新聞

 農水省は、鳥インフルエンザや牛海綿状脳症(BSE)など、家畜伝染病の感染リスクの
低減につながる技術の開発を加速する。鳥インフルエンザでは遺伝子を分析して感染の
有無を素早く判別する検査技術の確立、BSEでは殺処分しなくても発生を確認するため
の研究を進める。

 鳥インフルエンザ対策では、感染の有無を迅速に確認できる検査法の確立を目指す。
現在の検査方法は判別に3日間かかる。研究レベルで使われる1日で判別できる遺伝子
分析法の精度を高め、鳥インフルエンザによる移動制限を解除する際に必要な、清浄性
確認検査にかかる時間を短縮する。
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/bulletin2/article.php?storyid=249
-------------------------------------------

検査はあくまでも陽性を確認するためのものにすぎない。
なんだこの「清浄性確認検査」ってのは?
農水省は、こんな科学の偽装詐称もやるのか?
検査は、「ない」ことを確認するためのものではないぞ。

499 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/24(水) 17:42:09
新型インフルエンザの被害防げ 綾部で関係機関が初の訓練
10月23日19時54分配信 京都新聞

 鳥インフルエンザが変異して人から人に感染する新型インフルエンザの発生を想定した
合同実地訓練が23日、京都府綾部市青野町の綾部市立病院などで行われた。関係機関
の連携を確認し、万一の事態に備えた。

 訓練は2004年から府内各地で実施。綾部市では初めて。主催の府中丹東保健所や
同病院、市などから約40人が参加した。

 海外から帰国した女性会社員が発熱で同保健所に電話相談した、との想定。保健所側
が症状などを聞き取ったあと、市立病院で、防護服姿の医師らが女性の診察や検査をした。
新型インフルエンザの疑いが極めて濃厚と分かり、女性を箱型の医療器具「アイソレーター」で
感染症指定病院に見立てた市保健福祉センターへ搬送した。

 同保健所の石倉秀紀保健室長は「不安がないよう、もっと丁寧に患者に説明する必要が
あるなど訓練から課題が出てきた。工夫を重ね、実際の発生時に備えたい」と話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071023-00000037-kyt-l26
----------------------------------------------------

「渡り鳥に触れたりすると、鳥インフルエンザに感染する恐れがあります」>>497

と同様の茶番劇だな。

500 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/25(木) 19:17:55
更新2007年10月24日 11:10米国東部時間
■世界人口の7割分確保へ 新型インフルのワクチン

 世界保健機関(WHO)は23日、新型インフルエンザの世界的な流行を抑えるワクチン
の製造能力が、新技術の開発などにより大幅に拡大、2010年には世界人口の約7割に
当たる45億人分を1年以内に供給できるようになるとの予測を発表した。

 グラクソ・スミスクライン、ノバルティスなど世界の製薬大手3社が、ワクチン製造に
必要な抗原の投入量が従来より大幅に少ない新たな製造技術を開発したことや、
業界全体で製造能力の増強が進んだためとしている。ただ、WHOの最終的な目標は
世界人口と同じ 67億人分を半年以内に供給する体制の構築。「技術開発は着実に
進んでいるが、まだまだ十分とはいえない」(ワクチン担当部局)と一段の能力拡大を
促している。

 新型用のワクチン製造は現在、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)の
変異を想定して計画。しかし、新型インフルエンザは別の型のウイルスから発生する
可能性もあり、能力拡大だけでなくワクチン生産の柔軟性を高めることも課題だ。(共同)
http://www.usfl.com/Daily/News/07/10/1024_007.asp?id=55906

501 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/26(金) 15:59:37
首相トップの対策本部設置 新型インフル発生時に政府
2007年10月26日 11時02分 中日新聞(共同通信)

 政府は26日、発生が懸念されている新型インフルエンザ対策として、海外で新型ウイルス
の人から人への感染が確認された段階で、首相を本部長とする対策本部を設置することを
決めた。

 日本への上陸が確認される前に政府一体となった初動態勢を確立し、迅速な対応を取れ
るようにする狙い。政府の新型インフルエンザ対策行動計画を見直し、必要な規定を盛り込む。

 これまでの新型インフルエンザに対する国の態勢は、厚生労働省などが省内に対策
推進本部を置いているほか、関係省庁対策会議で省庁間の連携を図っている。

 政府は、新型が流行すると国内の死者は最大約64万人に及ぶと推定、行政や医療など
社会機能がまひする恐れがあると警戒している。

 アジアなどで鳥インフルエンザ(H5N1型)の人への感染が続いており、世界保健機関
(WHO)の集計では25日までに204人が死亡した。これが新型インフルエンザに変異する
ことが懸念されている。(共同)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2007102601000209.html
http://www.47news.jp/CN/200710/CN2007102601000209.html

502 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/31(水) 10:41:14
鳥インフルエンザは日本人は感染しない
中国系の遺伝子を持つ物だけが感染すると東大の医者から聞いたよ

503 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/31(水) 13:25:22
そりゃまた華麗な珍説だわな。
そういうウソを自分でつくって、自分で信じこめるようじゃないと、
今は科学研究者なんてムリなのかもしれんな。

504 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/31(水) 21:56:48
人と動物の共通感染症を研究 北大に世界初の専門棟が完成
(10/31 09:04) 北海道新聞

 鳥インフルエンザなど野生動物に由来する感染症を研究する北大人獣共通感染症
リサーチセンター(センター長・喜田宏教授)の実験研究棟が、北大北キャンパス
(札幌市北区北二○西一○)に完成し三十日、関係者に公開された。
人獣共通感染症に特化した研究施設は、世界初という。

 施設は鉄筋コンクリート造り地上二階地下一階。総床面積は約三千平方メートルだ。
ウイルスなどが外部に漏れないP3(高度封じ込め)実験室や、バイオクリーンルーム、
事務室などを備えている。

 同センターは、北大大学院医学研究科と獣医学研究科が中心になり二○○五年に発足。
大学内の研究室に間借りして、西ナイル熱や新型肺炎(SARS)などの感染症について、
感染経路の特定や発生予測、予防・制圧方法を総括的に研究開発してきた。

 実験研究棟の完成によって、ウイルス培養や遺伝子レベルでの解析など自前の
研究環境が整った。

 喜田センター長は「グローバル化で人獣共通感染症が日本に侵入する危険度は
高まっている。センターは、感染症に関する世界の中核拠点としたい」と話している。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/environment/57974.html

505 :名無しゲノムのクローンさん:2007/10/31(水) 21:58:03
トキの日中空輸に数千万円 鳥フル懸念でチャーター機

 【北京30日共同】日中両国は30日までに、ことし4月の日中首脳会談合意に
基づき中国から寄贈されるトキ2羽と、日本で繁殖し中国に渡されるトキ13羽を
空輸する際、一部の区間で初のトキ専用のチャーター機を運航することで
基本合意した。チャーター代は往復の合計で少なくとも数千万円に上る。
日中関係筋が同日、明らかにした。

 トキは定期旅客便の客室に乗せる予定だったが、一部の航空会社が
「乗客が鳥インフルエンザ感染への不安を募らす恐れがある」と懸念を伝達。
トキはいずれも検疫を受けており感染の心配はないとされるが、日中友好の
シンボルの“円満な受け渡し”を図りたい両国が航空会社の懸念に配慮し
「特例措置」(関係筋)を決めた。
2007/10/30 18:29 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200710/CN2007103001000366.html
----------------------------------------------------

おてもマトモな人間のやることじゃねえ。

506 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/01(木) 17:19:46
【3107】ダイワボウ【そろそろ鳥インフルの季節?】
http://ex23.2ch.net/test/read.cgi/livemarket1/1191647480/

507 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/04(日) 15:03:19
鳥インフルエンザ、ベトナム北部で発生

 北部Nam Dinh省、Cao Bang省、中部Quang Tri省で鳥インフルエンザが再発した。ブタの
生殖器・呼吸器症候群(PRRS)もハノイ、Hai Duong省、Khanh Hoa省、Ca Mau省で再び
確認されている。

 農業農村開発省獣医局のBui Quang Anh局長は30日、家畜・家禽の病気が極めて複雑
な状況にあると発表した。鳥インフルエンザが再発した省ではいずれもワクチン接種が
行われていたが、発生した家禽農家は接種を行っていなかった。

 また獣医局は、ハノイ市Gia Lam県Van Duc村のブタ70頭でPRRSを確認した。Ca Mau省、
Hai Duong省でも収束しておらず、Khanh Hoa省でも10月25〜28日にCam Lam県、Ninh
Hoa県、Nha Trang市で発生が確認されている。

(Tuoi Tre)

(2007/11/03 12:21更新)
http://www.hotnam.com/news/071103122216.html

508 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/04(日) 15:08:32
米国(バージニア州)からの家きん、家きん肉等の輸入一時停止措置の解除について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/071102.html

【鳥インフルエンザに関する情報】
http://www.maff.go.jp/tori/index.html

正直者がバカをみる検査結果優先体制。

病気が発覚して検査にかかれば「陽性」。
病気をうまく隠してやりすごしてしまえば耐性。

(恒常的にある)「感染」と「検査」(技術・知識の発達)のはざまで、
判断力低下の学者・研究者の、ウイルス感染症に対する知識・知見。

509 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/07(水) 00:21:20
鳥インフルエンザの有名専門科がこんなとこに??オカルト???

http://jp.youtube.com/watch?v=lIsuuUWdn7U

510 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/07(水) 02:04:08
「鳥インフルエンザ」の専門家ってのは、詐欺師かおカルト学者ばっかだぞ。

511 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/07(水) 20:45:02
鳥インフルエンザでまた死者、90人目 インドネシア
2007.11.06 Web posted at: 17:33 JST - CNN/AP

ジャカルタ――インドネシア保健省は5日、30歳女性が鳥インフルエンザに感染、
首都ジャカルタ東部の病院で3日に死亡したと発表した。これでインドネシアでの
鳥インフルエンザ感染の犠牲者は、世界最多の90人となった。先月は4人が
死亡している。

女性は死んだ鶏との接触が判明しており、この鶏が感染していたとみられる。
研究所2カ所で、強毒性のH5N1型ウイルスの感染が確認された。10月28日に
入院していた。

鳥インフルエンザ感染は2003年以降、アジア中心に一気に拡大した。他国では
対応策の徹底で感染に一応歯止めが掛かっている状態だが、インドネシアでは
逆に増加傾向にあり、世界保健機関(WHO)などが迅速な対策の実施を求めている。

政府はジャカルタでの家禽類飼育など一応規制しているが、施策が徹底していない
との批判も出ている。
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200711060019.html

512 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/08(木) 00:01:21
>>497
ハクチョウ続々と飛来 大館市の長木川

 大館市の中心部を流れる長木川でハクチョウの姿が目立つようになった。先月半ばすぎ
に第1陣の数羽が飛来。6日早朝には、国道7号東大橋の下流右岸側で40羽ほどが羽を
休めていた。

 対岸の白鳥広場側は、すぐ下流の頭首工に設けられたラバー(ゴム製)ダムが9月の
豪雨で穴が開いて水をせき止められなくなり、水位が例年より大幅に低下。その影響も
あってか、今季はハクチョウが広場とは反対側に集まっている。

 同市は、渡り鳥と人間が濃密に接触することによって、周辺で飼育されている比内地鶏
に鳥インフルエンザが感染することを懸念。今季からハクチョウやカモに餌やりしないよう
市民に呼び掛けている。
(2007/11/07 10:38 更新) 秋田魁新報
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20071107i

513 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/08(木) 21:45:45
鳥インフルエンザの(自称)有名専門科は、かつて霊能少女だった???


http://jp.youtube.com/watch?v=lIsuuUWdn7U

514 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/08(木) 21:52:59
だれよ、それ?

515 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/08(木) 22:14:16
日経プレスリリース 発表日 2007/11/08
損保ジャパン・リスク、「新型インフルエンザBCMコンサルティング」サービスを開始

「新型インフルエンザBCMコンサルティング」サービスの開始

 株式会社損害保険ジャパンの関連会社で、リスクコンサルティング業務を行う株式会社
損保ジャパン・リスクマネジメント(以下「損保ジャパン・リスク」、社長:瀬尾 隆史)は、
企業における新型インフルエンザ対策の一環として、新型インフルエンザの事業継続
マネジメント(以下「BCM」)のフルコンサルティングサービスを11月8日に開始します。


1.サービス開始の背景

 現在、世界各地で鳥インフルエンザH5N1型ウイルスがトリからトリやヒトに感染したと
いう報告が続いています。このウイルスが変異し、ヒトからヒトへの感染がおこるようになる
と、世界的に大流行(パンデミック)するのではないかと危惧されています。
 「新型インフルエンザ」が発生した場合、企業では、海外駐在員の国外退避・残留の判断、
初動対応および、海外駐在員が罹患した場合における事業継続の判断など、数多くの
課題に対応する必要があります。このことから、2007年10月に厚生労働省をはじめと
する関係省庁によって改定された「新型インフルエンザ対策行動計画」では、「パンデミック
期に備えて、職場における感染対策や事業体制の維持について、各事業者が情報の
収集や計画の策定をする等、関係省庁が事前の準備を要請する」と明記されました。
 このような状況のなか、損保ジャパン・リスクには、従来対応してきた新型インフルエンザ
に関する啓発研修・個別相談に加え、BCM全般のコンサルティングも実施してほしいと
いう要望が多く寄せられたことから、これをメニュー化し提供することとしたものです。

516 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/08(木) 22:15:38
>>515
2.支援サービスの概要

(1)本サービスの特徴
 国内外の事業継続に大きな影響を与える「新型インフルエンザ」という重大リスクに対し、
各社の対策レベルに合わせた、総合的な新型インフルエンザ対策の構築支援を行います。
本サービスは基礎知識導入研修、簡易診断、行動計画・事業継続計画(以下「BCP」)策定
コンサルティング、シミュレーション訓練といったメニューで構成しています。

(2)本プランの構成
 1)新型インフルエンザに関する基礎知識研修・教育《既存サービス》
  鳥インフルエンザの現状や新型インフルエンザのリスクについて、役職員の皆さまが
正しくご認識されるよう講師を派遣し研修を実施します。社内認識の共通化にご活用いた
だけます。
  料金:研修1回当たり 150,000円(消費税・交通費別)

 2)新型インフルエンザ簡易診断コンサルティング《新サービス》
  簡易診断チェックシートへのご回答に基づき、新型インフルエンザリスクに対する取り
組み度合を「基本方針、組織体制」、「感染予防・拡大防止」、「パンデミック対策」、「BCP」、
「教育・訓練」の5段階に分け評価し、診断結果から今後の対策をアドバイスします。
  料金:300,000円(消費税別)〜
  *診断日数は、チェックシート回答後、約1週間となります。

 3)新型インフルエンザ行動計画・BCP策定コンサルティング《新サービス》
  コンサルティングは概ね次のような手順で実施します。
  A.導入研修の実施と現状の事業内容等の把握
  B.会社としての基本的な対応方針の決定に関する支援
  C.リスクシナリオの想定に基づく事業停止期間や欠勤率等の事業に影響を与える要素の分析、整理
  D.必須継続・重要業務の継続のための戦略・対策決定や行動計画・BCP基本計画書作成に関する支援
  料金:AおよびDを実施する場合:2,500,000円〜
  *AからDを実施する場合、企業規模に応じて3〜6か月の期間がかかります。

517 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/08(木) 22:16:27
>>516

 4)シミュレーション訓練《新サービス》
  行動計画・BCPは、従業員に対して周知徹底されることが重要であることから、
行動計画・BCPの周知研修・教育の支援をします。さらに、対策本部メンバーを対象として
実際の状況を想定した対策本部の初動対応訓練を実施したり、状況付与型シミュレーション
訓練を企画・運営したりする場合のサポートを行います。
  料金:1,000,000円〜


3.セミナーの開催

 損保ジャパン・リスクでは、「新型インフルエンザ対策」とBCPをテーマとしたセミナーを、
国内では11月14日に東京で、また海外では2008年2月上旬にマレーシア、インドネシア
で、それぞれ開催する予定です。


4.今後の展開

 損保ジャパン・リスクは、これまでに蓄積してきた危機管理・BCM、災害対策、リスク
マネジメントなどのノウハウをベースとし、社外専門家との連携を進めていくことで、
企業のニーズに即した実践的かつ効果的なコンサルティングを今後も充実させていきます。

以上
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=174703&lindID=3

518 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/09(金) 01:31:12
>>513
やってるやってる。
今度は、リスクマネージメント専門家になるらしい(がははは)

519 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/09(金) 01:59:47
学歴詐称疑惑あり

520 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/09(金) 22:26:10
【栃木】危機意識持ち備えを 新型インフルエンザ 
県内で流行したら 県試算最大被害 死者9400人 受診者38万人
2007年11月9日 東京新聞

 高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)のウイルスが突然変異することで、世界的な大流
行が懸念されている新型インフルエンザ。県の試算では、最大の被害を想定した場合、約
三十八万人の県民が医療機関を受診し、約九千四百人が死亡するという。ひとごとではな
い将来の“有事”への備えはどうなっているのか。現状での課題を探った。 (小倉貞俊)

◇仮想訓練
 二〇〇七年十月。大田原市の畜産試験研究所に勤務する男性(40)が、鳥インフルエン
ザの発生国である東南アジアのX国から、農業技術指導を終えて帰国。間もなく三八度の
熱と咳(せき)、呼吸困難を発症した−。

 以上は先月、県が大田原赤十字病院で行った、新型インフルエンザ対策の実地訓練で
の仮想設定だ。約六十人が参加、救急隊員らが防護服を着用し、感染を防ぐ陰圧室に患
者を搬送するなどした。県による訓練は、四月に続き二度目となる。

 県の担当者は「外国で新型インフルエンザが出現しても、瞬く間に国内はもちろん、県内
に蔓延(まんえん)するのは避けられない」と表情を引き締める。

 現在、世界保健機関(WHO)が六段階に分類する新型インフルエンザの“警戒度”は、
鳥から人へ感染するウイルスによる「フェーズ3」。だが、人から人へ感染するウイルスが
近い将来に発生し、次段階の「フェーズ4」へ移行する危険性が高まっているという。

 県は、国が〇五年に作った行動計画(今年十月に改定)を受け、同年十二月に行動計画
を作成し態勢を整備。国が本県の目標数としている十六万六千人分の抗インフルエンザウ
イルス剤「タミフル」も本年度に備蓄を終え、医療従事者が感染を防ぐための防護服も三千
五百着購入した。

521 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/09(金) 22:27:10
◇医療機関
 一方で、課題も少なくない。まずは、最大で三十八万人とも試算される受診患者への対
応だ。
 フェーズ4になると、住民が医療機関に殺到するのを防止するため、保健所などに「発熱
相談センター」を設置。感染が疑われると、病院や公共施設の「発熱外来」で受診させる仕
組みになっており、入院先には県内五つの医療圏に指定している指定感染症医療機関の
五病院で、計二十六床を確保している。
 だが、感染者が増加すれば通常の病院や公共施設に収容することになり、県の見積もる
最大被害時の入院患者数は約三万人。県の担当者は「現在、診療所や入院先を確保する
ため、医師会や医療機関への依頼を検討している段階」とするにとどまっている。

◇意識啓発
 もちろん、医療だけの問題ではない。
 「同時流行が始まれば、国は頼れない。自治体は自治体で、個人は個人で自衛するしかない」
 こう語気を強めるのは新型インフルエンザの猛威に警鐘を鳴らす小説「H5N1」の著者で、
国立感染症研究所の研究員・岡田晴恵氏だ。
 感染拡大防止のための外出制限の仕組みや、感染者が出る前に学校を休校にすること
の周知、感染したごみの処理、独居老人の餓死などを防ぐ対応−。県内市町との連携も
含め、自治体に必要な事前準備は少なくない。
 また、個人に対しても、食料・医薬品の備蓄や、発生時には外出を避けて会社や学校を
休むことへの心構えを力説する。
 岡田氏は「最悪の状況を想定してシミュレーションを作り、県全体で取り組まなければ手
遅れになる。一人一人が危機意識を持つことが急務だ」と警告している。

<メモ> 新型インフルエンザ 鳥から人へ感染する高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)
ウイルスが突然変異し、人から人へ感染するウイルスになる危険性が指摘されている。
厚生労働省は、世界的に大流行した場合、国内で最大2500万人が医療機関を受診、
64万人が死亡して行政、医療などの社会機能がまひする可能性を指摘している。WHO
によると、H5N1型の感染者334人のうち、61%に当たる205人が死亡している(11月5日現在)。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20071109/CK2007110902063042.html

522 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/09(金) 23:52:29
どうしてインフルエンザウイルスの研究業績のない人が
国立感染症研究所のインフルエンザウイルス研究の代表者なんだ????

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez

俺の検索方法が悪いのか?????


523 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/09(金) 23:55:32
小説の著者だからか???

524 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/10(土) 00:01:21
>>522
田代砲にすっかりおとされちゃってるとか・・・ >>197
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1193310901/3

525 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/10(土) 18:36:35
新刊書 推薦します!!!

H5N1型ウイルス襲来―新型インフルエンザから家族を守れ!
(角川SSC新書) (新書) 岡田晴恵先生

526 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/10(土) 20:31:01
「火星人襲来」 みたいだね

527 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/10(土) 22:33:58
H5N1型ウイルス襲来
新型インフルエンザから家族を守れ!
国立感染症研究所研究員・医学博士 岡田晴恵
恐怖の新型インフルエンザ、H5N1型の発生は今や時間の問題! 命を守る予防と備えを解説。

* わずか数日で全世界に拡大
* ほぼ100%の人が免疫0!
* ワクチンのない新感染症
* 社会、経済、流通・・・の大混乱でパニック

高熱と多臓不全の激烈な症状で死を迎えるか?
対策と備蓄で予防し、飢え死にを避けるか?
・・・この本は、今生き残るための、読むワクチン

528 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/11(日) 22:08:10
国立感染症研究所の職員ってのは
そんなに暇なのか????

本書いて講演して、、、、よい御身分だこと。

529 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/11(日) 22:10:15
国立感染症研究所の職員って厚生労働省の職員って本当???
なら許せん!!!!

530 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/13(火) 11:58:40
鳥インフルエンザの発生国・地域(2007年10月31日現在:OIEレポート)
2003年以降、H5N1型鳥インフルエンザが確認されている国・地域・・・60か国・地域
アジア(15)
インド、インドネシア、カンボジア、タイ、韓国、中国、香港、日本、パキスタン、バング
ラデシュ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モンゴル、ラオス
欧州(26):アゼルバイジャン、アルバニア、イタリア、ウクライナ、英国、オーストリア、
カザフスタン、ギリシャ、グルジア、クロアチア、スイス、スウェーデン、スペイン、スロベ
ニア、スロバキア、セルビア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ハンガリー、フランス、ブルガ
リア、ポーランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ルーマニア、ロシア

ヒトへの感染が確認されている国・地域 12か国2003年以降の感染者数
2007年10月31日現在:出典 WHO
インドネシア     111人(うち、89人死亡)
カンボジア        7人(うち、 7人死亡)
タイ           25人(うち、17人死亡)
中国          25人(うち、16人死亡)
ベトナム       100人(うち、46人死亡)
ラオス          2人(うち、 2人死亡)
アゼルバイジャン   8人(うち、 5人死亡)
イラク          3人(うち、 2人死亡)
トルコ         12人(うち、 4人死亡)
エジプト        38人(うち、15人死亡)
ジブチ          1人(うち、 0人死亡)
ナイジェリア      1人(うち、 1人死亡)
 計          333人(うち、204人死亡)

531 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/13(火) 12:03:46
サイトカイン・ストームについて、ちょっと考えてみたほうがいい。

532 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/13(火) 12:05:34
>>1 >生き残る方法を生物学的に考えようか・・・

であればの話だけど。


533 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/13(火) 13:46:12
>>530
見てわかるとおり、鳥(よりも鶏あるいは家禽)にとってシンドイ病気にすぎない。
しかも、もうかなりまん延拡大して、ほぼ終息ぎみ。たまに発生。
免疫獲得個体群が多数派主流派になったということ。

で、人の場合は、A/H5N1はさほど脅威にならず、ウイルスも鳥のものではなく、
ヒト固有のヒトウイルスと判断せざるを得ない状況。広く抗体保有調査が真に望まれる。
発症(顕性感染)者は、たまたま免疫応答の強い感受性の高い体質ではないかと思われる。
ほとんどの人間は、不顕性感染もしくは軽症(ごく普通の風邪もしくはインフルエンザ)で
おわっているものと思われる。

ヒトのA/H5N1感染発症が原因で死亡している罹患者は、「サイトカインストーム」対処によって、
むしろ悪化させて死に至らしめさせられているのではあるまいか。
もしくは、その対処がない場合では、あまりにも強い反応をおこす個体固有の体質によって。
あくまでも一般例ではなくて、特殊例ではないかと判断する。

ヒトのH5N1もまた、静かにまん延していて、もはや脅威でもなんでもないと見ておいた方が
いいのではないだろうか。

534 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/13(火) 18:48:05
国立感染研職員=国家公務員(医系技官) 選考採用 試験無し

535 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/13(火) 19:21:19
>>534
H5N1型ウイルス襲来―新型インフルエンザから家族を守れ!
http://www.amazon.co.jp/dp/4827550131/

この方は正確には医系技官とはいえないのでは?
異形偽(欺)奸だったり・・・

536 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/13(火) 19:31:48
鳥インフル研究で学術交流協定 京都産業大と鳥取大

 京都産業大(京都市北区)と鳥取大(鳥取市)は12日、鳥インフルエンザ研究に関する
学術交流協定を結んだ。両大学は鳥インフルエンザの研究施設を備えており、今後、
共同研究の推進など連携を深める。

 京都産大は、昨年10月に鳥インフルエンザ研究センターを設置した。現在、鳥取大の
鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターとともに、ベトナムに長崎大が設置した拠点で、
東南アジアにおける鳥インフルエンザの撲滅に向けた共同研究を行っており、さらに人的、
経済的な連携を深めるため、協定を結んだ。

 協定の調印式は、鳥取大で行われ、京都産大からは坂井東洋男学長や大槻公一・
鳥インフルエンザ研究センター長ら、鳥取大からは能勢隆行学長らが出席した。今後は、
ベトナムでの研究の推進に加え、琵琶湖に飛来する渡り鳥の調査なども共同で行うことを
確認した。
 大槻センター長は「鳥インフルエンザに関する研究者は少なく、両大学が連携し、調査
地域を分担したりすることで研究を効率的に行える」と話している。

Kyoto Shimbun 2007年11月12日(月)
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007111200127

537 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/13(火) 21:50:08
>>535
○○○大学医学部大学院中退 だそうだ

そもそも医学部と大学院医学研究院の違いを理解していないようだが、、、、

医者であるかのように素人に誤解を与えそうでよくないと思うのだが。

538 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/14(水) 01:21:33
鳥インフルエンザ:鳥取大と京都産業大、研究で提携 学術交流協定書を締結 /鳥取
11月13日13時3分配信 毎日新聞

 鳥インフルエンザ関係の研究機関を持つ鳥取大(鳥取市)と京都産業大(京都市)は12日、
研究の連携を図るための学術交流協定書を締結した。
 鳥取大は「鳥由来人獣共通感染症疫学研究センター」を05年4月に設置。同センター長
だった大槻公一教授(65)が06年4月に京都産業大に移り、同年10月、同大に「鳥イン
フルエンザ研究センター」が開設された。
 鳥取大で行われた調印式で、坂井東洋男・京都産業大学長は「(浅田農産の事件で)
京都にたくさん大学がありながら研究者がいないことを知った」と研究センター開設の経緯
を述べ、能勢隆之・鳥取大学長は「密に連携を取り、世界的な拠点として認知され、次の
研究者が育つことを期待したい」と話した。
 両研究センターは長崎大の協力を得て、すでにベトナム・ハノイで共同研究をしており、
協定書の締結で、研究施設の利用や人事交流などが効果的に行えるという。
 同席した大槻教授は、今冬にも渡り鳥が国内にウイルスを持ち込む危険性を指摘し
「脅威は減っていない。締結により、良い成果が得られ世界でも例のないデータが採れるか
もしれない」と連携の意義を述べた。【小島健志】

11月13日朝刊
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071113-00000154-mailo-l31

539 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/14(水) 01:23:22
ローカルニュース 2007/11/13 日本海新聞
鳥インフル撲滅へ共同研究 鳥大、京産大と学術協定

 鳥取大学(能勢隆之学長)と京都産業大学(坂井東洋男学長)は十二日、鳥インフルエン
ザの研究に関する学術交流協定を締結した。両大学の研究センターを軸に共同研究を
進め、鳥インフルエンザの撲滅に向けて成果が期待される。鳥大が国内の大学と共同
研究協定を結ぶのは初めて。

 両大学は長崎大学が設置するベトナム・ハノイの研究拠点で鳥インフルエンザの実態
調査や流行予測を進めるとともに、国内での渡り鳥の鳥インフルエンザ保有調査、
抗ウイルス剤開発研究などに連携して取り組む。

 京産大では今年四月に鳥インフルエンザ研究センターが設置され、三月末まで鳥取大学
農学部鳥インフルエンザ研究センター長だった大槻公一教授がセンター長に就任。
実質的な共同研究が行われてきた。

 鳥取市の鳥大で行われた調印式で、能勢学長は「世界的に研究拠点として認知される
ことを期待する」、坂井学長は「両大学が核となって研究を進められることを願っている」と
述べた。
http://www.nnn.co.jp/news/071113/20071113007.html

540 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/14(水) 22:01:54
大韓航空乗客223人、ニュージーランド空港で1時間近く“隔離”

13日(現地時間)、大韓航空乗客223人がニュージーランドのオークランド空港で
1時間ほど足止めされ、集中的に検疫を受けるという事態が発生した。

乗客223人を乗せてソウルを発ち、ニュージーランドに向かった大韓航空旅客機は、
飛行中、ある韓国人女性客が嘔吐するなど、鳥インフルエンザの感染が疑われる
症状を見せたため、オーストラリア保健当局にこれを知らせた。これにオーストラリア
政府は、飛行機が着陸した滑走路を封鎖し、乗客たちを隔離収容した後、1時間近く
検疫を実施した。

保護服を着用した救急隊員たちは感染が疑われた女性を綿密に調査したが、懸念
された感染の兆しは見られず、単純な胃炎だったことがわかった。この女性はオーク
ランド病院で簡単な治療を受けた後、退院した。

韓国では昨年11月から今年3月まで7件の鳥インフルエンザが発生したが、3月17日
の防疫措置を基点を最後に3カ月間再発しなかったため、6月に鳥インフルエンザ
清浄国の地位をまた取り戻している。

世界保健機構は2003年以来、インドネシア、ベトナム、タイ、中国などを中心に
拡散している鳥インフルエンザの犠牲者が約204人にのぼるとしている。オーストラリアと
ニュージーランドではまだ鳥インフルエンザウイルスであるH5N1は発生したことがない。

2007.11.14 10:11:07
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=92833&servcode=400§code=400
---------------------------------

チョンの集団ヒステリー、鳥インフル・パニックだな。
他人事だと笑えるが、日本人もこんなことしそうになるからなんとも情けない。

541 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/16(金) 11:36:30
>>533
フェーズ6、パンデミックという状態は強力な感染力を獲得した新しい亜種
によるものが想定されているわけです。
スペイン風邪が引き合いに出されるのはそのためで、楽観論は禁物です。
パンデミック期には、もはや個人や社会としての防御方法はあり得ません。
サイトカインストームによる劇症化は個体の免疫力に比例しますので、青、
壮年層へのダメージは深刻であると考えられます。

542 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/16(金) 12:37:40
個人に対する好き嫌いは別にして、これらのリンク先は状況をもう一度整理
するには有用かもしれません。

ttp://homepage3.nifty.com/sank/jyouhou/BIRDFLU/manual214.pdf
ttp://www.phcd.jp/shiryo/tashirokouenkai.html

543 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/16(金) 14:12:40
煽動師騒動師香具師乙

544 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/16(金) 15:45:36
大正期のハレー彗星大接近のとき、タイヤチューブ買い集めて空気を確保しようとした、
金持ちの阿呆がおったそうやね。いつの時代も、くだらん余計なこと考えるやつはあとを
たたんね。集団ヒステリーにかかって、見えもしないものが見えるようになっちゃうんやろね。
大山鳴動して・・・とか、幽霊の正体みたり・・・とか、集団的な陶酔的熱病にかかってるときは
そういう冷静さや分別を失ってしまってるんだろうね。トンデモな煽動屋詐欺師も堂々と
オモテを闊歩しているのだろうしな。

545 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/16(金) 15:55:41
新型インフルエンザ 対応訓練

国内で流行した場合、最悪で64万人が死亡すると推定されている新型インフルエンザの
被害を最小限に抑えようと、千葉県成田市などで、16日、感染の拡大を水際で食い止める
ための大がかりな訓練が行われています。
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/11/16/k20071116000112.html

世界じゅうで大流行のおそれのある新型インフルエンザに備えて、政府は、海外で発生した
段階で総理大臣を本部長とする対策本部を設けるなど、感染の拡大を水際で食い止める
対策を強化することにしています。16日の訓練は、成田空港に向かう旅客機の機内で
乗客の男性が新型インフルエンザを発症し、成田市内でも患者が発生したという想定で
行われ、厚生労働省など20の省庁と千葉県などが参加しました。このうち、成田市の成田
赤十字病院には、新型インフルエンザを発症した患者がほかの患者とは別の入り口から
運び込まれ、患者ののどの粘膜から採取したウイルスを密閉した容器に移し、ワクチンを
作るために東京の国立感染症研究所に搬送する訓練が行われました。患者は、このあと、
ウイルスが外に漏れないように気圧が低く保たれた感染症専用の病室に移され、保健所の
職員が、いつ、どこで感染したかについてインターホン越しに患者から聞き取る手順を確認
しました。新型インフルエンザが国内で流行した場合、最悪で64万人が死亡すると推定
され、対応の遅れが被害を大きくすると指摘されていて、厚生労働省は今回の訓練内容を
検証して今後の対策に生かしていくことにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/11/16/d20071116000112.html

NHKニュース 社会 11月16日 13時17分

546 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/16(金) 16:02:15
国費をしこたま投入した、いろいろな備蓄装備品も、訓練によって使用消費できて
なんやかや文句いわれなくてもすむしな、いんちきもここまでやれば完全犯罪だな。
実際に感染流行したって、そんなもん何も役に立たないのはわかるよな。
ウイルスの「感染」自体は人為ではどのようなことをしても制御できないのだから。
いわば、地震や津波や台風と同じ、人為ではいかんともしがたい天災なのだから。
よくぞそんなムダなあがきに、いんちきな対策でカネを投入するもんだと思うよ。
もはや、いんちき宗教そのものだ。

インフルエンザウイルス感染そのもので死ぬのは、よっぽど、個体の異物感受性の強い
体質の人だけなんだがね。発症したときの対処を間違わなければ、死ぬことはほぼない。
免疫抑制をやったり、解熱剤を投与したりして、ウイルスに対する体の適正な防御機構を
人為的に阻害しなければ、ごくごく普通の予後ですむ。しかも感染者の約半数は不顕性
感染である。感染経験のない(抗体保有のない)未経験のウイルス感染の脅威を煽りすぎ
る、感染症の専門家としては、非常に問題のある人間たちがいるということは、銘記して
おいたほうがよかろう。

医学科学の領域に、とんでもない詐欺師ペテン師が紛れこんでしまったようだな。

547 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/16(金) 16:19:43
>>545
バイオテロ対策だとしても、阿呆らしい。
そうなればなるほど、民間公務員じゃ、下手に手出しすると、
かえって二次三次被害が拡大してしまうだろうしね。

548 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/16(金) 17:03:24
>>541
>サイトカインストームによる劇症化は個体の免疫力に比例しますので、青、
>壮年層へのダメージは深刻であると考えられます。

ばかたれ! その誤判断によって、ごくありきたりのウイルス感染に対して
免疫抑制剤を投与してしまうから、大したものでも病気であるのにもかかわらず
悪性化させているんじゃないか。ウェブスター学派いんちきインフル学説によってな。

それが、インドネシアやベトナムの死亡状況につながっている。
現地の高度な医療ができる病院施設ほど治せない病気にされてしまっている。
人間の誤った知識によって、殺されているようなものだ。

【高病原性鳥インフルエンザ】
http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/index.html
■感染確定症例数(07/11/12WHO)
http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/case200700/case071112.html

『ヒトの高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)感染』なんていうマヤカシを、
いいかげんにやめろよな、インフル感染詐欺師どもめ。

549 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/16(金) 17:05:34
>>548 
>大したものでも病気であるのにもかかわらず
→ 大したことでもない通常の病気であるのにもかかわらず

550 :あほか!:2007/11/16(金) 17:31:19
薬屋の恐怖煽りまくり宣伝スレになったなw

551 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/16(金) 23:53:32
>>548

>ウェブスター学派

この言葉でググルと、2ch しかヒットしない。

一方、
>サイトカインストーム

でググルと、医療機関のサイトも引っ掛かるが、信頼性の乏しい記述が多い。

どうも、伏魔殿が構築されつつ有る様だ。

552 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/18(日) 07:21:14
 [モスクワ 15日 ロイター] ロシアで、カルト集団のメンバー
少なくとも30人が、地球滅亡の日を待つためとして人里離れた洞穴に
バリケードを張って身を隠し、警察が介入すれば自殺すると主張している。
当局者やメディアが15日伝えた。

 地元検察当局者は、ロイターの電話取材に対し「(彼らは)入り口を
ふさいで出てくるのを拒み、ガスタンクを爆発させて自爆すると脅している」
と語った。

 現場はロシア中央部ペンザ州にある雪に覆われた丘陵斜面。メンバーには
大人29人と子供4人が含まれ、同州の警察スポークスマンによると、今月
7日から洞穴に入っているという。

553 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/18(日) 07:25:27
 [ジャパン 15日 ロイター] ジャパンで、カルト集団のメンバー
少なくとも30人が、新型インフルエンザ発生の日を待つためとして人里離れた洞穴に
バリケードを張って身を隠し、警察が介入すれば自殺すると主張している。
当局者やメディアが15日伝えた。

 地元検察当局者は、ロイターの電話取材に対し「(彼らは)入り口を
ふさいで出てくるのを拒み、ガスタンクを爆発させて自爆すると脅している」
と語った。

 現場はジャパン中央部トキオにある雪に覆われた丘陵斜面。メンバーには
大人29人と子供4人が含まれ、トキオの警察スポークスマンによると、今月
7日から洞穴に入っているという。

554 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/18(日) 16:16:52
論文捏造の上、学会追放された人がH5N1の専門家を気取っているのが許せない。

555 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/18(日) 23:25:35
何を信じればいいのかを知るためにも
どうか教えてください。

何故、もっともインフルエンザで今活躍の女性研究者のあの方で検索しても
インフルエンザウイルスの研究論文がないのですか?
国立感染症研究所の先生のお仕事ってなんなのですか?
何故、彼女はあんなに活躍しているのに未だ普通の研究員なのですか?
それは女性差別ですか?
彼女はお医者様でしょうか?
医学部に入学して大学院で退学ってどういうことですか?
国立感染症研究所のほかの先生のお話と
彼女のお話とどちらを信じればよいのでしょうか?
彼女を信じて本当に良いのでしょうか?



556 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/19(月) 03:21:59
>>555
内部者だから分かるけど、
ただ部長に好かれているだけでしょ?
実験もぜんぜんしてないよ。
活躍していると思うか?
TVによく出てくるだけでしょ?
部長の代打ヒッターだから
出れるわけですよ。
国立感染症研究所の先生のお仕事は、
デスクに座って、書類を書いているだけ。
実験なんてしてないよ。
かわいそうな学生さんがコキ使われて、
お金ももらわずに実験やらされて、
それをもとに報告書だなんだを書いて、
仕事しているように見せかけているだけ。


557 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/19(月) 08:33:49
偉い研究者は、実験なんてしなくていい。
35才過ぎても、ピペット握ってる奴は、テクで生きていくつもりか?

558 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/19(月) 08:36:28
その点、取材とかが来たときだけ、
白衣着ちゃったりなんかして、ピペット握って、
チューブに水入れて、実験している姿を
撮影したりしているよな。ばかくせー。

559 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/19(月) 12:45:50
>>554
誰のことですか?

560 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/20(火) 04:42:23
>>554
気になって気になって寝れないので、
ヒントだけでも教えてください。

561 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/20(火) 13:33:44
鳥インフルエンザが人間に感染したらもう終わりなんだろ?

562 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/20(火) 16:51:27
終わりではない。死なない人もいる。致死率は60%強(WHO)。
鳥インフルエンザが人に簡単に感染するようになる(変異する)と、
終わり。毎年のインフルエンザの流行を想像してみろ!
今年インフルエンザにかかっちゃったーっていってた奴のうち、
6割が死ぬんだぞ。実際に鳥インフルエンザが流行したら、
毎年のインフルエンザ感染者数よりも、感染者が増すはず。
社会も機能しなくなり、世界中パニック…。

563 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/20(火) 18:49:18
パニックにはならないだろ
あれだけ鳥と濃厚接触している東南アジアでも
被害人数がそれほど多くない
考えすぎだよ
マスメディアを信じすぎ
それに、ウイルス・バクテリアと人間は古くから共存しているじゃないか


564 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/20(火) 21:58:54
H5N1でよく出てくる人のインフルエンザ論文数を試しに検索してみた。

河岡義裕先生 198論文
喜田宏先生 94論文
ウェブスター先生 498論文
田代真人先生 48論文
岡田晴恵先生 なし

うーーーん、参考程度にはなると思うのだが


565 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/20(火) 22:53:16
>>563

強烈な変異ウイルスをの開発に邁進している者達は存在しているだろう。

566 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/21(水) 00:13:39
ここの住人のレベルの高さに期待!
洗脳され搾取される一般人に以下の情報を一人でも多くの人に!

ユダヤに金と命をくれてやるな!!


http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/s/%A5%E6%A5%C0%A5%E4%BB%D9%C7%DB%A4%CE%B0%C7%A4%C8%CC%F4%A1%CA

http://www.asyura2.com/0401/health8/msg/474.html

http://homepage3.nifty.com/himaari/newpage50.htm

http://www.asyura.com/sora/bd15/msg/649.html

http://www.asyura.com/sora/bd16/msg/829.html

http://www.asyura.com/sora/bd16/msg/830.html

http://homepage2.nifty.com/sisibata/infuruenza.html

http://www.ne.jp/asahi/kr/hr/vtalk/infl_appeal0311.htm

http://www.asyura.com/sora/bd15/msg/465.html

http://www.tanuki.gr.jp/news/onegai15.html

567 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/21(水) 00:14:40
http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/iryou/iryou219wakutin.htm

http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/seijinbyou/148infuruenzawakutinn.htm

http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/iryousangyouhanzai/127yobousesshu.htm

http://www.asyura.com/sora/bd15/msg/647.html

http://www.asyura.com/sora/bd16/msg/828.html

http://www.asyura2.com/0401/health8/msg/475.html

http://www.asyura.com/sora/bd15/msg/648.html

http://www.asyura2.com/0401/dispute16/msg/592.html

http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/matthias_rath.html


何故こんな物が今まで蔓延してきたか、それは予防接種が無茶苦茶儲かるから。
もっと言えば、そうして20年、30年先に癌などの病気にして、また大量の薬を投与して
さらに儲ける。
製薬会社も、食品添加物だらけの食料も、全てアメリカを支配している「あのお方」が牛耳っている。
ほら、911を自作自演なすった・・・
最近日本に来てたね。


568 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/21(水) 05:50:43
>>563
現に1918年のスペイン風邪では4000万人の人が亡くなっている。
交通手段が発達した現在、感染爆発が起これば更なる犠牲者が
でるでしょう。あれだけ鳥と濃厚接触している東南アジアでも
被害人数がそれほど多くないのは、まだ鳥インフルエンザウイルス
が完全に人型に変異していないからじゃないの?

569 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/21(水) 12:41:04
>>564
そのひと学会から追放されたの?
そういえば毎年のウイルス学会で見ないような気もするし・・・
いるような気もするし・・・

570 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/21(水) 13:48:02
そのひとが論文捏造したの?
そのひと論文ないよね?

571 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/21(水) 21:32:37
○○○○先生は立派な啓蒙のプロです。私が言うまでもないですが、
プロフィールに書かれている著作は、すべて啓蒙書として十分ハイ
レベルな著作です。最新作の「○○○○○○○○」は学術書
としても十分な内容ですが、啓蒙書であるべく新書という値段の安
い媒体で発表されている。
さらにそれ以外にも
岩波の「○○」に3篇、これは感染症の政策を動かすために書かれた
ものだと思います。「○○」に2年の内に3編も論文を書かれたという
ことは、岩波の中でいかに○○○○先生と○○○○先生(共著者)が評価
されているか、また彼らの書かれる記事が政策に対する啓発になると
考えられているか、ということの証です。
ヤクルトの広報誌であるヘルシストには、「○○○○○○○○」とい
う文化性の高い連載を続けておられる。新聞にも5月14日に毎日新聞の
「○○○○○○」への投稿記事、6月16日に読売新聞の「○○」への投
稿記事。これらを啓蒙と呼ばずして何が啓蒙でしょうか?
この新型インフルエンザの問題は、いわゆる”啓蒙のプロ”、つまり
職責として国民への啓発活動をしなければいけない人が職責をまっと
うしていないことなんです。
○○○○先生の職責は本来、感染症学の研究であろうと思われます。そ
の点でも、岩波の「○○」への連載記事や医学書院など専門性の高い
雑誌への投稿記事など非常に質の高いものです。しかし、新型インフ
ルエンザに関して、十分情報が出回っていない現状を問題視して、最
近は啓発活動を中心にしてくれているのだろうと思います。感染症の
啓蒙のプロとして○○○○先生の右に出る者は、日本に居るのでしょうか?


572 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/21(水) 22:18:59
1918年のスペイン風邪はワクチンを受けた人ばかり感染して死んだ!

http://www.asyura2.com/0510/health11/msg/158.html

573 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/21(水) 23:21:36
>568
だからさぁ、1918年っていったら、
医療のレベルも今よりかなーーーーり劣るでしょう
そこまで死人が出るとは思えない。


574 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/21(水) 23:37:12
>>572
インフルワクチンっていつごろ作られたのかな?

575 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/22(木) 10:12:33
>>573
現在の医療レベルでしても、
致死率60%だよ。
これをどう説明するんだ?

576 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/22(木) 11:11:33
危機感を持つことはいいことだけど
ありえないから。
インフルエンザウイルスごときが60%もいかねーよ
せいぜい鳥インフルの布教活動がんばってください。

577 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/22(木) 12:35:49
おまえちゃんと勉強してんのか?
WHOが60%って言ってんだよ。
http://www.who.int/csr/disease/avian_influenza/country/cases_table_2007_11_12/en/index.html

578 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/22(木) 12:39:08
自分の感覚で適当なこと言うな。
ボケが。

579 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/22(木) 22:11:53
>>578
あなたこそ岡田先生の本を読んでみたら

580 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/22(木) 23:31:16
>>579
あなた誰?
おれはあんな本読まなくても分かってるの。
分かってない576に教えてあげただけだろ。
by 577 and 578

581 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/23(金) 08:34:16
>>576
現在の医療レベルでしても、
致死率60%だよ。
これをどう説明するんだ?
答えられねーのか?

582 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/23(金) 17:46:02
>>571
岩波ねぇ・・・。

>>577
WHOもねぇ・・・。

どこもかしこも詐欺師ばっかなのに・・・。

【岩波書店の犯罪】
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/s/%B4%E4%C7%C8

583 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/24(土) 00:59:07
WHOはまともでしょ。
おまえ誰?何様?

584 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/24(土) 01:43:33
【犠牲者が多いものは注目されない環境破壊】
http://takedanet.com/2007/11/post_147e.html

>「やること」だけが問題で、「その結果はどうなっているか」は問題にならない。

>「国民にギリギリのウソを言っても国民はそのうち忘れる」という話はなかなか無くならない。

>利権と利益、それに誘導された私たちの判断はかなり正常な状態から離れつつあるように感じられる。

585 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/24(土) 19:32:13
 しかし、本当にH5N1型の新型インフルエンザは襲来するのだろうか? 
岡田さんによれば、ほぼ確実に来るそうだ。実際、H5N1型の鳥インフル
エンザは、すでに人間の世界に入る前段階の変異を遂げているのだ。
【竹内薫の科学・時事放談】インフルエンザ

586 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/24(土) 19:38:30
鳥インフルエンザがヒトの病名のように錯覚され、H5N1ウイルスが
次の世界流行を起こすものと想定されているが、他の亜型ウイルス
についても警戒を怠ってはならない。家禽、家畜、野生鳥獣とヒト
のインフルエンザウイルスの遺伝子は、そのすべてがカモの腸内ウ
イルスに由来する。したがって当面、インフルエンザウイルスを根
絶することはできない。
日本学士院賞 喜田宏博士


587 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/24(土) 19:44:39
河岡博士は、「私は、出来ることは多くないので世間を騒がしたくないと
思っていますが、同時に科学者の世界では何が起きているのかを理解する
事が大事だと思います」と述べています。

ttp://ameblo.jp/pb-038434/entry-10050286398.html

588 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/25(日) 19:57:11
>>585
【パンデミック・フルー 新型インフルエンザ Xデー ガイドブック】
http://blog.moura.jp/influenza/2006/06/post_c0b6.html

よくできた物語だこと。こういうドラマの脚本は、科学のリテラシーがない人間にとっては、
虚構と事実の区別がつきにくいだけに、かなり悪質な不安扇動の恫喝のツールになって
しまうんだよな。個人のカネを巻き上げるわけじゃなければ直接の物的な被害損害も生じ
るわけでもなく、詐欺罪や不正にも問われることもないしな。もっともタチの悪い騙しの
手口だ。結果的に騙しとおせれば、誰のものでもない公費を都合よく我田引水、誘導でき
てしまうのだから。

589 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/25(日) 20:08:50
こんな煽りをやるやつらも跳梁跋扈してるようだしな。

-----------------------------------
「タミフル 日本での死亡例明記」
「米FDA注意書きに追加へ」

今日の読売朝刊
 「病原体の警告1」
「新型インフル流行 甘い想定」
「感染症 国境なき拡大」
以下記事抜粋 
  国立感染症研究所の岡田晴恵研究員は「この1,2年で
 発生する可能性が高い。人に感染しやすい遺伝子変異が
 世界各地で報告されている」と、切迫した現状を語る。

 岡田さんんは、政府の死亡推定64万人に対し210万人の
死亡を推定しています。

 * 国内薬品大手は、常に耐性菌や新型ウイルスの出現にさらされ、
   開発負担の割には収益貢献度に疑問ありとして、感染症薬から
   撤退しているのが現実です。
 
 * 富山化学は今や感染症薬開発のトップリーダなのです!
------------------------------------------------------
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&board=1004518&tid=iybb32bd3x9a96h&sid=1004518&mid=46246

590 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/25(日) 20:10:47
シベリアをはじめ世界中の湖水や鳥からインフルエンザを分離して
解析するという地道な努力を行った喜田宏博士

インフルエンザウイルスを人工合成する技術を開発し
スペイン風邪ウイルスを構築、謎を解明しようと努力する河岡博士

その一方で、科学論文など書いたこと無く(?)刺激的な発現だけを繰り返す
○○○○。あなたは、国民のために活動していると主張していますが
あなたが発現すると余計に真実がなんだか分からなくなると思いませんか?
あなたが信用のおける研究者だという根拠をどうか示して下さい。






591 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/25(日) 20:15:02
>>589

>>564
H5N1でよく出てくる人のインフルエンザ論文数を試しに検索してみた。

河岡義裕先生 198論文
喜田宏先生 94論文
ウェブスター先生 498論文
田代真人先生 48論文
岡田晴恵先生 なし

この結果を読売朝刊はどう考えるのか????!!!!!

592 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/25(日) 20:20:16
単なるストーリーテラーにしか見えないし、そういう役回りなんじゃないの?
「新型インフルエンザ大流行」物語の脚本家(シナリオライター)ということでしょ。

593 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/25(日) 20:25:14
騒動師香具師科学詐欺師も組織的分業体制で実行するようになってるわけね。
プリオン病(BSE、ヤコブ病)で、うまくやったじゃないか。
で、今は「地球温暖化」ネタね。どっちもノーベル賞にからんだわけだ。
その次はたぶんウイルス感染症ネタなんだろ。それから「万能細胞」ネタだろな。
科学詐欺ネタは目白押し、名誉な賞の順番が決まってるようなものだな。

594 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/25(日) 20:26:54
>>592
そんな奴がのさばっていていいのか??

595 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/25(日) 20:34:40
「○○○大学医学部大学院」中退
「○○○大学大学院医学研究科」中退の間違いではないだろうか。
これで実は医学部に入学した事実がないのなら詐欺だと思う。



596 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/25(日) 20:35:28
>>594
これ、個人的な思惑でやってる詐欺じゃないよ。

【鳥インフルエンザ(新型インフルエンザ)】
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1193310901/7

597 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/25(日) 20:40:24
>>595
【パンデミック・フルー 新型インフルエンザ Xデー ガイドブック】
プロフィール
岡田晴恵 1963年生まれ
共立薬科大学修士課程卒業、順天堂大学医学部博士課程中退、
ドイツマールブルク大学医学部ウイルス学研究所留学(アレクサンダー・フォン・フンボルト奨学研究員)。
現在、国立感染症研究所 ウイルス第3部研究員。
専門は、感染免疫学、ワクチン学、ウイルス学。
主な著書 「感染症とたたかう」 (共著・岩波新書)、「人類vs感染症」(岩波ジュニア新書)、
「鳥インフルエンザの脅威」(河出書房新社)、「感染症は世界史を動かす」(ちくま新書)など
http://blog.moura.jp/influenza/

598 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/25(日) 20:57:11
>>597

医学部博士課程???????

なんじゃそれ????

599 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/25(日) 21:24:55
せいぜい専門知識は薬剤師レベルってとこじゃないのかな。

600 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/25(日) 23:37:37
医学部を卒業すると医学博士になるんじゃないの?
MDってそういう意味でしょ?

601 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/26(月) 00:20:26
>>597
そもそも
「マールブルク大学」の「ウイルス学研究所」だって
別に「医学部」ってわけじゃねえぞ。



602 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/26(月) 01:50:16
>>600
ちげーよ。医師免許を持っているお医者さんがMD.
理学部からでも薬学部からでも、医学系研究科へ
ロンダしてきたやつは医学博士にはなれるが、
これはただのPh.D.であってMDではない。

603 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/26(月) 06:33:42
>>602
とある大学医学部博士課程中退ならなんなの???

604 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/26(月) 11:07:29
>>603
Ph.DでもMDでもないただのおばさん。
MDとってるなら、ただの医者。

605 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/26(月) 21:29:05
>>604
ただの医者ってすごくね

606 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/27(火) 05:42:55
縦列駐車もできないセンス無しMDがいるが…
そういうひとが研究者やってていいのだろうか?
MDに戻ったとしても、そんな人に自分の身体を
預けたくないが。

607 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/27(火) 21:20:18
>>606
で、あなたはどんな資格や学歴をもってるの?
まさか○○○大学医学部博士課程中退なんて
訳の分からぬ胡散臭い経歴じゃなかろうね。

608 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/27(火) 23:26:56
>>607
もういいじゃん、岡○さんの話は。飽きた。
そんなに恨みがあるなら恨み日記でもつけとけ。
あちこちに書き込むな。さむいよ。

609 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/27(火) 23:32:44
>>607
異常な粘着ぶりに皆引いてるよ。

610 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/27(火) 23:44:49
>異常な粘着ぶりに皆引いてるよ。

と給う同類たち・・・。

611 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/27(火) 23:47:44
給う?

612 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/27(火) 23:53:04
給うってどういう意味?

613 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/27(火) 23:53:09
スマン 宣ふ ダッタ

614 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/28(水) 00:01:04
ダッセw

615 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/28(水) 06:31:30
NCIのB6のマウスの値段書いてあるページしらないですか?

616 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/28(水) 14:13:56
話題そらしがちらちらと・・・。インフル詐欺師の話題が本筋だと思うが。

617 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/28(水) 15:54:06
■H5N1型ウイルス襲来 岡田晴恵(著) (角川SSコミュニケーションズ・756円)
FujiSankei Business i. 2007/11/28

 「鳥インフルエンザなんてニワトリが死ぬだけじゃないか」。そう思っている人はいない
だろうか。ニワトリが問題ではなく、鳥インフルエンザから、人から人に感染する新型イ
ンフルエンザに変異することが問題なのである。

 事実、東南アジアではすでに人から人に感染を始め、新型インフルエンザの襲来は
「いつ起きるか」という段階に来ている。新型インフルエンザは現在、存在するインフル
エンザと違い、ウイルスに曝(さら)された人は免疫がないため、100%感染し、重症化
する。事前準備と行動が生死を分けるという。厚生労働省でも国民の25%が感染し、
最大死者64万人と試算している。想像しただけで、パニックである。

 本書は、「外出したら手洗いをする」「感染の可能性がある物を素手でさわらない」など、
大流行する前の準備、流行時の対策の取り方などをていねいに書き表している。

 現在、新型インフルエンザにワクチンはないが、本書が「知識のワクチン」である。あな
たは家族を守れますか。
http://www.business-i.jp/news/book-page/debut/200711240005o.nwc
---------------------------------------------

狼少女の面目躍如かな・・・

618 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/28(水) 16:13:35
>>615
http://web.ncifcrf.gov/research/animal_production_program/pricelist.asp

619 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/28(水) 17:52:40
あっちこっち下手な自作自演レスばかり・・・

620 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/28(水) 20:34:40
【インドネシア】ウイルス異変?鳥向けワクチンの効果減退 11月27日15時26分配信 NNA

農業省は、昨年以降に国内で発見されている高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)のウイルスが
2004〜05年から変異しているため、西ジャワ州のほぼすべての県で家禽(かきん)へのワクチン
投与が効果を上げなくなっているとした。インベストール・デイリーが伝えた。

畜産局のムスニー家畜衛生課長は、ウイルスの核酸に違いがあるとし、ワクチン投与が効果的
となるようウイルスのタイプに合わせてワクチンの種を変更する必要があるとしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071127-00000016-nna-int
----------------------------------------------------

家禽の育種をミスってるだけだろが。あほあほ。

621 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/28(水) 20:40:05
手から餌やり駄目 酒田・スワンパーク 鳥インフル予防

 白鳥飛来数が日本一の山形県酒田市の最上川スワンパークで、今シーズンから一般の餌やりに
新たな規制が加わった。人間への鳥インフルエンザ感染を防ぐため、餌は手で直接与えず投げ
込むなどの内容で、市は衛生管理の徹底を求める。餌付けを禁じた大館市などの例もあるが、
酒田市は「観光客の安全対策を講じながら、将来的な餌付けの在り方を考える契機にしたい」と言う。

 市が求める餌やりの変更点は(1)鳥に触れないよう手で与えない(2)川に突き出た堤防には行かず、
川べりで投げ入れる(3)手や靴底を消毒して帰る―など。給湯用だった仮設の観察小屋の蛇口を
手洗い用にし、張り紙で周知徹底を呼び掛ける。

 スワンパークでは「酒田市白鳥を愛する会」の会員が常駐し、くず米やパンをバケツに小分けして
一杯100円で提供している。野鳥と触れ合う憩いの場として、30万―40万人が訪れる。

 市は昨シーズン、愛する会に一般の餌付け自粛を求めたが、「全国一斉であれば従うが、酒田だけ
禁止になるのは納得できない」と猛反発された経緯があり、今回の規制は折衷案といえる。
カモが群れてフンがにおうなど、餌付けの弊害が目立つことも背景にはある。

 スワンパークには近年、1万羽前後が飛来する。愛する会の碇谷啓二会長(77)は「白鳥は環境が
いいからやって来る。給餌は田んぼが雪に覆われる厳冬期に多くやるよう配慮している」と説明。
鳥インフル対策については「あまり心配していないが、市と合意した内容で感染防止に努めたい」と言う。

 スワンパーク内の国指定鳥獣保護区を管理する環境省猛禽(もうきん)類保護センター(酒田市)の
田村努自然保護官は「飛来数の増加は生息環境が優れている点に加え、餌付けも一因だろう。
愛護活動を一概に否定することは適切ではないが、野鳥が人間の餌に依存してしまうような安易な
餌付けは良くない。いずれ地域の実情に応じ、適正な給餌方法を探ってほしい」と話している。

2007年11月27日火曜日 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/

622 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/28(水) 23:29:34
>>608
>>609
ぷぷ

623 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/28(水) 23:34:53
>>609
「皆引いてるよ」って?????
すげえな、そんなこと分かるなんて。

624 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/28(水) 23:46:00
>>597>>607
>共立薬科大学修士課程卒業、順天堂大学医学部博士課程中退
http://blog.moura.jp/influenza/

ますます疑惑は深まるばかり・・・

625 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/29(木) 20:33:46
【緊急特集】
新型インフルエンザウイルス 日本上陸 恐怖のシナリオ

■第1回: 感染者は最短4日で死亡。その数日本国内で210万人以上!
http://diamond.jp/series/pandemic/10001/
■第2回: 日本全国民分のワクチン備蓄費用は1700億円!
http://diamond.jp/series/pandemic/10002/
■第3回: 情報対策が遅れれば、社会パニックを引き起こす!
→11/30(金)公開予定

「この現状を1人でも多くの人に知ってもらいたい」という岡田氏の強いメッセージがここにある。
ぜひあなたにも読んでほしい。
http://www.news2u.net/NRR200724659.html

626 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/29(木) 20:37:13
まずは、いかがわしい医学部入学の経歴の真意と
論文がひとつもない専門家たる所以を明らかにすべきだな。

627 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/29(木) 22:45:11
順天大の医学部には博士課程があるのか。そおかそおか・・・。

628 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/29(木) 23:34:12
http://www2.explore.ne.jp/com/newcount/koon/index.html
ここもな

629 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/29(木) 23:51:26
>>627
なんでもありさ /(-_-)/

630 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/29(木) 23:53:48

院長
ショウ ビンビン
鍾   彬彬
江西省出身
順天堂大学医学部博士課程修了
医学博士
専門 呼吸器、循環器などの一般内科 
    アレルギー リウマチ疾患 漢方 鍼灸


631 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/30(金) 00:00:48
「順天堂大学 医学部 博士課程」でググるとココがトップだが・・・

【順天堂大学大学院医学研究科】
http://www.juntendo.ac.jp/graduate/index.html

『順天堂大学大学院医学研究科は、医学を人間に関する総合科学と位置づけ、
不断前進する医学的知識・技術を理解、実践し、更にはこれを自ら更新する能力
を修学する教育・研究の場である。
 ここでは、医師・医学者を科学者のみならず感性豊かな教養人として育成する
ことを目途とする。即ち学是「仁」の心を兼ね備えた医学・医療の指導者・実践者
を国際的レベルで育成する教育研究の拠点である。
 このような本学の基本理念に立脚して、生涯にわたって医学と向き合う姿勢を
持った基礎医学者と臨床医学者を育成し、究極的には心身共に病める人々を
救済することをその存在目標とする。』

632 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/30(金) 00:02:49
医師でもないやつが「順天堂大学医学部博士課程」の経歴で医師を偽装してる?

633 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/30(金) 00:03:34
>>623
少なくともオレは引いてるけどね。これで2人だw

634 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/30(金) 00:11:35
>>633
かっちょええ。

635 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/30(金) 00:14:00
ふつう、引いてるやつは、わざわざ書きこまないと思うが。

636 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/30(金) 13:12:58
2007/11/30-07:47 時事通信
鳥インフルへの対応改善=インドネシアなどでは慢性化も−国連報告

 【ニューヨーク29日時事】国連と世界銀行は29日、世界規模の鳥インフルエンザ
への対応状況をまとめた報告書を発表し、「家禽(かきん)類の間での流行に関して
は多くの国で対応が改善した」との認識を示した。ただ、高病原性ウイルスによる鳥
インフルエンザはインドネシア、エジプト、ナイジェリア、中国およびバングラデシュの
一部地域で慢性化していると警告した。

 報告書によれば、今年8月末までに計60カ国で高病原性のH5N1型鳥インフルエ
ンザの流行が見られたが、多くの場合、早期に拡大阻止策が取られた。報告書はこ
れを踏まえ、鳥インフルエンザに対する意識や監視能力が高まっていると評価した。

 一方、H5N1型による死者は4年間で12カ国計205人に上っており、新型インフル
エンザの大流行の危険性は消えていないと指摘した。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007113000109
----------------------------------------------

最初から、鳥ウイルスと人ウイルスは、全く別物なのに。
ヘンな学説が流行ってしまったものだな。
妄想(パラノイヤ)の連鎖反応だな。これもPCRか。

637 :名無しゲノムのクローンさん:2007/11/30(金) 13:39:37
鳥インフルエンザ騒動ってさ、もともとの目論見は、
検査機材関連の企業と検査機関・研究所の
商売や仕事を維持させるのに都合いいように作られ
誘導された騒動なんだけど。

638 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/01(土) 18:58:20
916 :ななし:2007/11/30(金) 01:02:20
オカダさんは印フルは完全専門外です。
だから論文ゼロなのです。
観戦券での所属を調べればわかります。
ただの小説家です。

論文さえ書けば専門家だと考えている低能がいる。
ばかじゃね。
捏造じゃ意味ないじゃん。

639 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/01(土) 22:23:27
鳥インフル騒動は、

SARSで責められまくった中国がWHOの事務局長の職責を果たすため
欧米の巨大製薬資本の金儲け
薬害肝炎隠しを願う厚労省

3者の共同謀議にWEB★信者が利用されてるだけ

640 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/01(土) 22:46:12
>>630
ビンビン・・・なんて淫靡な響き・・・!

641 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/01(土) 23:32:07
>WEB★信者が利用されてるだけ

ニヤニヤ…

642 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/02(日) 01:14:00
まだオカダさんを語ってんのか君らは…
好きだね〜。

643 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/02(日) 02:28:29
蠢く♀鷺氏の生態観察でつ。

644 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/02(日) 05:37:43
>>642
おまえもな

645 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/02(日) 05:55:21
DQN男の家族死ね DQN男の親死ね DQN男の友達死ね DQN男の親戚死ね
DQN男の家族死ね DQN男の親死ね DQN男の友達死ね DQN男の親戚死ね
DQN男の家族死ね DQN男の親死ね DQN男の友達死ね DQN男の親戚死ね
DQN男の家族死ね DQN男の親死ね DQN男の友達死ね DQN男の親戚死ね
ニヤニヤ(・∀・) ニヤニヤ(・∀・) ニヤニヤ(・∀・) ニヤニヤ(・∀・)
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ぬとき このレスの事思い出してくれよ
ニヤニヤ(・∀・) ニヤニヤ(・∀・) ニヤニヤ(・∀・) ニヤニヤ(・∀・)

646 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/02(日) 20:00:09
殺人予告?

647 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/02(日) 20:43:14
鳥インフルエンザ対策支援:
家畜防疫マップシステムのご案内
http://www.nikken-c.jp/prevention.html
家畜防疫マップとは?
鳥インフルエンザ(異常家畜)発見時に迅速に当該農場の詳細リストを
出力し、高病原性鳥インフルエンザ発生の疑いがある場合には、半径
5〜30km圏の移動制限区域・搬出制限区域を設定すると同時に、区域
内の家畜飼養農場や関連施設、消毒ポイントをリストアップし、制限
発令公文書発行のためのデータを出力する機能を持ったGISシステム
です。

648 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/02(日) 20:50:52
鳥インフルエンザ用防護服
ウイルス関係の作業用つなぎ防護服他多数販売。鴻洋貿易
www.koyotrade.co.jp

備えあれば憂いなしです。

649 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/05(水) 00:45:03
http://news.google.co.jp/news?ned=jp&hl=ja&ned=jp&q=%E9%B3%A5%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6&ie=UTF-8&scoring=d

江蘇省で発生した鳥インフルエンザ死亡例について
エクスプロア中国 - 5時間前
江蘇省衛生廳は12月2日に、江蘇省で鳥インフルエンザ死亡例が発生し、12月2日死亡したことを明らかにした。この患者は、男性で24歳。11月24日に発熱・悪寒を訴え、11 ...

鳥インフルで1人死亡 人からの感染調査 中国
朝日新聞 - 2007年12月3日
新華社通信によると、中国江蘇省の衛生当局は2日、同省の男性(24)が鳥インフルエンザウイルス(h5n1型)に感染して死亡したと発表した。男性はウイルスに感染した ...

鳥インフルで男性死亡、中国・江蘇省
日本経済新聞 - 2007年12月2日
3日の新華社電によると中国東部の江蘇省で男性(24)が鳥インフルエンザ(h5n1型)に感染し、2日病院で死亡した。男性は11月24日に発熱や悪寒などを発症、27日に肺炎と ...

中国、鳥インフルエンザに感染した男性が死亡=新華社
世界日報 (会員登録) - 2007年12月2日
【北京 3日 ロイター】 中国東部の江蘇省に住む男性が高病原性の「h5n1型」鳥インフルエンザにより死亡した。新華社が3日に報じた。同国内でこれまでに人が鳥 ...

中国、鳥インフルエンザに感染した男性が死亡=新華社
朝日新聞 - 2007年12月2日
[北京 3日 ロイター] 中国東部の江蘇省に住む男性が高病原性の「h5n1型」鳥インフルエンザにより死亡した。新華社が3日に報じた。同国内でこれまでに人が鳥 ...

中国、鳥インフルエンザに感染した男性が死亡=新華社
ロイター - 2007年12月2日
[北京 3日 ロイター] 中国東部の江蘇省に住む男性が高病原性の「h5n1型」鳥インフルエンザにより死亡した。新華社が3日に報じた。同国内でこれまでに人が鳥 ...

650 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/05(水) 22:16:20
2007/12/05-17:20
鳥インフル情勢まとめ(07年11月) 
外務省広域情報(2007/12/05)
http://www.jiji.com/jc/c?g=saf2&k=2007120500698

>世界各地でトリへの感染やトリからヒトへの感染が確認されています。

【人獣共通感染】というデマによってつくられてしまった仮想現実世界。

★北大★人獣共通感染症リサーチセンターA
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1196401102/

651 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/06(木) 09:56:39
関連スレ
【人類オワタ\(^o^)/】シベリアの永久凍土層から”遊星からの物体X”が発見される★2
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1192541147/


652 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/07(金) 01:52:44
新型インフルエンザ対策:感染症法改正を提言、項目を新設−−厚労省審議会

 多数の死者を出す恐れがある新型インフルエンザの発生に備え、厚生労働省の厚生科
学審議会感染症分科会は29日、感染症法と検疫法を改正し、新型インフルエンザに関す
る項目を新設することを求める提言をまとめた。具体的には、感染の恐れがある人に外出
自粛を要請することや、検疫で感染の恐れがある人が多数出た場合には医療機関以外の
施設も使って強制的に宿泊させることなどを求めた。未発生の感染症を法に盛り込むのは
初めて。厚労省は来年の通常国会に改正案を提出する。

 現在は、H5N1型の鳥インフルエンザが新型インフルエンザとなった場合について、感染
症法と検疫法の指定感染症とされ、入院措置などができる。これ以外の型については規定
がないため、見直しを進めていた。

 提言では、すべての新型インフルエンザについて、従来の感染症分類とは別項目を新設、
検疫や国内発生時などの対応を定めることを求めた。

 具体的には、国内で出た感染の恐れがある人に対しては、都道府県知事が外出自粛や
健康診断の受診、予防投薬の実施を要請できるようにする。【関東晋慈】

毎日新聞 2007年11月30日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20071130ddm003040110000c.html
--------------------------------

こんな詐欺偽装政策がやり通せてしまうことを許す、今の日本の、
比較的、学力レベルの高い層である政治・行政・学術科学の中の人間の
良識レベルを思うにつけて、とてつもなく慄然とさせられるのである。

653 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/09(日) 03:57:40
同一家庭から2人の鳥インフルエンザ感染者、人から人への感染の疑い強まる―江蘇省
12月8日22時16分配信 Record China
2007年12月7日、衛生部は江蘇省で新たに鳥インフルエンザ患者が発見されたことを発表した。
中国新聞社が伝えた。
今回発見された患者・陸(ルー)氏は12月2日に確認された鳥インフルエンザ患者の父親。息子
はすでに感染症で死亡している。最初に発症した息子は家畜と接触した経歴がなかったため、
鳥からではなく別の人間から感染した疑いがもたれていた。同一家庭から2人の感染者が出たこ
とで、人間から感染した疑いはますます強まったといえる。
WHOによると、これまで鳥インフルエンザが人から人へ伝染したケースはベトナム・カンボジア・
インドネシアで計3件が確認されたのみで非常にまれなケース。インフルエンザが突然変異を起
こし、人間に大流行するようなことがあれば大きな被害につながると見られ、警戒が続いている。
(翻訳・編集/KT)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071208-00000008-rcdc-cn

654 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/09(日) 14:17:13
「鳥→人」の捏造がバレる前に、「人→人」にすり替え。
「人→人」が、従来からの実態本態。

655 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/09(日) 14:22:37
東京大学医科学研究所教授河岡某の「インフルエンザ危機(クライシス)」(集英社新書)
によると、さかんに、『鳥インフルエンザウイルスが人に直接感染し、死亡させることが
明らかになった』と、くり返し述べているわけだが、本当にそうか?

The Road from foolishness to Fraud
「おバカからペテンに至る道」
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2007/12/l_f98d.html

656 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/10(月) 22:58:26
鳥インフルエンザ、中国・南京で人から人へ感染か…厚労省
12月10日19時17分配信 読売新聞

 厚生労働省は10日、中国・南京で、強毒性の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が
人から人へ感染した疑いがあると発表した。

 人から人への感染は昨年、インドネシア・北スマトラ州で発生している。鳥インフルエンザ
は人に感染した後、感染力の強い新型インフルエンザに変異する可能性があり、同省は
南京からの入国者に対する検疫を強化した。

 同省が公表した世界保健機関(WHO)の情報によると、先月24日に南京在住の男性
(24)が発症し、2日に死亡した。その後、男性の父親(52)も3日にH5N1型を発症して
いることが確認され、搬送先の病院で治療中。

 死亡した男性の感染ルートは判明していないものの、父親は男性から感染した可能性が
ある。同省は9日から、インフルエンザの症状を示している入国者のうち、南京に10日間
以上滞在していた者を、感染検査の対象に加えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071210-00000111-yom-soci

657 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/10(月) 23:00:31
<鳥インフル>中国・南京市で「ヒト・ヒト」感染か
12月10日20時39分配信 毎日新聞

 厚生労働省は10日、中国・南京市でヒトからヒトへの感染が疑われる高病原性鳥インフ
ルエンザ(H5N1型)の発症例があったと発表した。「ヒト・ヒト」感染の疑いは、ベトナム
(04年3月)、タイ(同9月)、インドネシア(06年4月)に次いで4例目で、中国では初めて。

 中国政府が世界保健機関(WHO)に報告した。それによると、男性(24)が11月24日に
発症し、12月2日に死亡。さらに同居する父親(52)が3日に発症し、治療を受けている。

 南京市がある江蘇省では今年、鳥インフルエンザの発生報告がなく、死亡した男性が
病気の鳥に接触した形跡がないため、最初の感染源は分かっていない。父親は男性から
感染した可能性がある。

 WHOによると、今月9日までの鳥インフルエンザ感染者数は12カ国で337人
(死亡207人)。中国ではこの親子を含め27人が発症し、17人が死亡している。ヒトから
ヒトへ容易に感染するウイルス変異が起きた場合、世界的な大流行の危険がある。
【清水健二】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071210-00000103-mai-soci

658 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/10(月) 23:13:09
【3107】ダイワボウ【鳥インフル発生】
http://ex23.2ch.net/test/read.cgi/livemarket1/1196668586/

659 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/11(火) 00:24:34
【科学】鳥インフルエンザ、「ヒト→ヒト」感染か 中国・南京で…厚労省
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1197292277/
【日中】鳥インフルエンザ、中国・南京で人から人へ感染か…南京からの入国者に対する検疫を強化−厚労省[12/11]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1197299611/

660 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/11(火) 14:06:38
★北大★人獣共通感染症リサーチセンター
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1178984157/378

378 名前:Nanashi_et_al.[] 投稿日:2007/09/10(月) 01:40:10
獣医は大学時代に獣医公衆衛生学という授業をうけるの。
公衆衛生学に獣医も医師も保健士もないはずだが、そんなことはさておき、学門じゃないの。
公衆衛生法令集、公衆衛生に関する農水の見解、そんなところ。
脳内変換しながら聞かないと、バカになる。

最近増えている疾病→最近統計を取り始めた疾病。
〜が原因である→〜が原因であるということに農水がしている。

661 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/11(火) 23:22:27
や、やばい、、ついに来たか・・・
マスクくらいしかない・・・

みんなマスクくらい買っとけよ・・絶対感染すなよ!

ないなら買っとけ!確定したら売り切れ必至だぞ!!

http://www.japantimes.info/torifurushop


662 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/12(水) 01:21:16
で、>>658 の株価が上がると。

663 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/12(水) 01:23:04
感染の実態に対して、マスクだの手洗いうがいだのというのは、
ほとんど大勢に影響はないわけだが・・・

664 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/12(水) 01:31:47
2007/12/11 19:10 日経
米GE、バイオ企業と鳥インフル用ワクチン開発で提携

 【シカゴ=毛利靖子】米ゼネラル・エレクトリック(GE)が米バイオベンチャーのノババック
スと鳥インフルエンザ用ワクチンの開発で提携する。ワクチンの培養に現在広く使われて
いる鶏の卵に代わって人工の培地などを使い、生産にかかる時間を最短で半分まで短縮。
新型インフルエンザの流行に迅速に対応する。

 GEは7月に買収した米企業の持つ技術を活用し、プラスチック製のワクチン製造機器を
開発、従来の金属製に比べワクチン製造コストを6割低減した。ノババックスはすでに毒性
が強いH5N1型のウイルス開発を進めている。
http://www.nikkei.co.jp/kaigai/us/20071211D2M1100U11.html

665 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/12(水) 09:12:29
【社会】 “滞在した人は注意” 鳥インフルエンザ、「ヒト→ヒト」感染か…中国・南京★2
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1197335488/

666 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/12(水) 14:41:49
なんだ、フツーのインフルエンザじゃん。

だれだ、「鳥→ヒト」感染のウイルスだ、なんていい始めた奴は?

667 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/12(水) 22:09:30
河岡さん、奇堕さん、コメントどうぞ

668 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/13(木) 21:24:11
新型インフルエンザ 未知の脅威、食料備蓄は必須 2007.12.13 08:07
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/071213/sty0712130807001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/071213/sty0712130807001-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/071213/sty0712130807001-n3.htm

669 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/14(金) 01:57:57
【ロシア】鳥流感の感染確認、地域の50万羽処分へ
12月13日20時50分配信 NNA

ロシア南部で鳥インフルエンザの感染が確認された。致死性の強いH5N1型ウイルスか
どうか検査が行われている。

11月末からロストフ州の複数の畜産農家で合わせて3万5,000羽を超える鳥が死亡した。
当局は拡大防止に向け、周辺地域の業者の50万羽を処分する方針。また家庭で飼育する
2万羽以上に対してワクチンを接種する。

同国では今年に入り、鳥インフルエンザの感染が3件確認されていた。ロストフ州に隣接
するクラスノダール(Krasnodar)州では1月にH5N1型ウイルスが検出されている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071213-00000102-nna-int

670 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/14(金) 01:59:44
鳥インフル対策探る 発生監視を重視/東京で国際シンポ【東北】
掲載日:07-12-13 日本農業新聞

 国内の鶏卵生産者でつくる日本鶏卵生産者協会は12日、東京都内で「鳥インフルエンザ
との戦い最前線国際シンポジウム2007」を開いた。生産者や疫学関係者、一般公募の
消費者ら約260人が集まった。欧州連合(EU)やアジアでの発生、対応策の最近の事例
を紹介した。

 元国際獣疫事務局(OIE)名誉顧問の小澤義博氏、イタリア国立ベネチア家畜衛生研究
所ウイルス部のイラリア・カプア部長、国連食糧農業機関(FAO)コンサルタントのレスリー
・デービット・シムズ氏が講演した。
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/bulletin2/article.php?storyid=304

671 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/15(土) 22:09:58
【12月15日 AFP】ミャンマーで高病原性鳥インフルエンザウイルスA(H5N1)
の感染者が初めて見つかった。同国の畜産・漁業省当局者が15日に発表した。

 感染したのは東部シャン(Shan)州の7歳の女児で、同国で初めての人間へ
の感染例だという。女児は入院していたがすでに回復し、数日前に退院したと
いう。

672 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/15(土) 22:12:39
ついに弱毒化してきたのだろうか。

 【ローマ=松浦一樹】世界保健機関(WHO)は14日、ミャンマ
ー北東部シャン州で7歳の少女が強毒性の鳥インフルエンザウイルス
(H5N1型)に感染していたことが確認されたと発表した。
 同国での人への感染例は初めて。
 少女は11月下旬、頭痛や高熱などを訴えて入院したが、回復して
いるという。
(2007年12月15日10時40分 読売新聞)



673 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/15(土) 22:24:44
米国では2003年からホワイトハウス主導で対策がとられており、
国家安全保障会議で核戦争対策と同じレベルでの対応が進んでいる。
日本でも今年3月、新型発生に備えたガイドラインを策定、厚生労
働省のホームページで公開しているが、見たことのある人はどれく
らいいるだろうか。

いま最も心配されているのが、致死率が高く全身感染をもたらす
「高病原性H5N1強毒性鳥インフルエンザ」が、人に感染する
新型インフルエンザとなること。もともと鳥のウイルスのため、
免疫をもつ人はほとんどおらず、このウイルスにさらされるとほ
ぼ100%感染する。しかも免疫がない分、重症化しやすい。最
悪の場合、日本で210万人、全世界で1億4200万人の死亡
者が出るとの推計もある。
 それでも新型をこれまでのインフルエンザの延長線上にあるも
のとして、「自分は若いから大丈夫」と考えている人も多い。し
かし、国立感染症研究所の研究員、岡田晴恵さんは「新型と通常
のインフルエンザはまったく別物と考えてほしい」とくぎをさす。



674 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/16(日) 02:00:44
>岡田さんは新型インフルエンザの脅威を小説風に描いた『H5N1』などを出版し、
>警告を発している。
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/071213/sty0712130807001-n2.htm
>>668

フィクションの延長。妄想の風呂敷を広げすぎ。

675 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/16(日) 12:49:43
>>674
ここを呼んでから言え。
これは弱毒性。こんどのは強毒性。
ttp://homepage3.nifty.com/sank/jyouhou/BIRDFLU/spanishflu.pdf

676 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/16(日) 12:53:17
そろそろフェーズ4になるかもしれん。
--------------------------------------------------------
パキスタンで初の鳥インフル患者発生。人人感染の可能性大
12月14,15日
情報が混乱していて、詳細は不明瞭
ttp://homepage3.nifty.com/sank/jyouhou/BIRDFLU/index2.html

677 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/16(日) 13:45:48
>>675
ウイルスに弱毒だの狂毒だのってあるかよ ボケぃ(笑)
そんなの逝ってるのは インフル鷺死ばっかなんだよな

678 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/16(日) 14:03:00
 
ストーカー(笑)
 
相変わらず勉強嫌いなのかw
自分に都合の良いことしか目に入らないのかww
 
もっとも英語読めなきゃ勉強したくても出来ないわなwww


679 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/16(日) 14:29:13
◆◆◆捏造の世界的中心地・飯台(犯大)の10大ニュース(平成19年)◆◆◆
(1)犯大医学系研究科教授が学生をレイプ!捏造の次はレイプでも犯大が世界制覇か?
(2)捏造集団シモピーズ、Science論文もretract!Cell Metabolismには反証論文掲載!
(3)下Pの恩師M澤、自作のメタボの捏造診断基準発覚に対し肥マソ学会名義で逆切れ記者会見!
(4)犯大教授、府知事選に出馬!兄の元犯大総長はじめ大学ぐるみで利権目指し応援!
(5)ヤッギーズ、捏造批判に失禁したピペドが実名2ちゃんカキコ!「捏ではない」じゃあ何?
(6)犯大唯一のスター、アキーラが鏡台へ脱走を企図!ゴリラ元総長の恫喝で涙の残留!
(7)犯大の良心・しげちーが鏡台へ栄転!犯大は世界一の捏造のメッカの地位を磐石に!
(8)犯大歯学部生、構内で歯学部生を轢く!親が有力者で揉消し?飲酒?故意に轢いた?これが犯大!
(9)犯大、GCOEとワールドプレミア獲得!営々と積み上げた捏造の校風が原動力!
(10)vis論文の1stを生産した他界が神戸大栄転へ着々!犯大で学んだのは「製造物責任無視」!
(番外)シモピーズ、retractで共著者のiPS耶麻中に自爆テロ!「ノーベル賞はゴリラ元総長が先」
(番外2)シモピーズ2nd、「安芸のソナタ」の舞台、呉で凱旋講演!捏造はこの地で始まった!
(番外3)米PズのNCB論文に対し「間違いだろ?」と糾弾文章掲載!米P必死の言い訳!
(番外4)昨年逮捕の元「犯大生ホスト」、活動再開!犯大を辞める事ができた彼を応援しよう!

680 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/16(日) 20:52:17
>>675
ようわからん????

681 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/16(日) 22:38:20
>>674 それを元にして NHKでドラマ化されますが何か?
    1月12日NHK総合確か21時。

682 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/16(日) 22:39:21
>>674 それを元にして NHKでドラマ化されますが何か?
    1月12日NHK総合確か21時。

683 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/16(日) 23:48:51
「ノストラダムスの大予言+火星人の襲来」ドラマを、やっちゃうわけね。
話がでかくなればなるほど、後々困るのは、ペテン師のみなさんね(笑)。

684 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/16(日) 23:54:20
そりゃおめでとう。

685 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/16(日) 23:56:23
ご本人も2ちゃんで宣伝大変だな。

686 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/17(月) 03:35:25
「コーナー 新型インフルエンザH5N1」
http://www.amazon.co.jp/dp/4000074792/
「H5N1型ウイルス襲来―新型インフルエンザから家族を守れ!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4827550131/
「H5N1―強毒性新型インフルエンザウイルス日本上陸のシナリオ」
http://www.amazon.co.jp/dp/4478002401/
「パンデミック・フルー 新型インフルエンザ Xデー ハンドブック」
http://www.amazon.co.jp/dp/4062136740/
「強毒性新型インフルエンザの脅威」
http://www.amazon.co.jp/dp/4894345277/
「感染症は世界史を動かす」
http://www.amazon.co.jp/dp/4480062866/
「人類vs感染症」
http://www.amazon.co.jp/dp/4005004911/
「鳥インフルエンザの脅威」
http://www.amazon.co.jp/dp/4309251803/
「感染症とたたかう -インフルエンザとSARS-」 岡田 晴恵, 田代 眞人
http://www.amazon.co.jp/dp/4004308704/

『新型インフルエンザA「X」』(法研、96年)
http://www.amazon.co.jp/dp/487954163X/
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1132123761/201n-

「鳥インフルエンザはウイルスの警告だ!―ヒトとウイルスの不思議な関係」
http://www.amazon.co.jp/dp/4476032885/
「ウイルスと人間」
http://www.amazon.co.jp/dp/400007444X/
「地球村で共存するウイルスと人類」
http://www.amazon.co.jp/dp/4140842105/

「インフルエンザ危機(クライシス) 」
http://www.amazon.co.jp/dp/4087203131/

687 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/17(月) 22:05:17
結局ただの普通の人じゃん。

688 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/17(月) 22:33:05
>>674 それを元にして NHKでドラマ化されますが何か?
    1月12日NHK総合確か21時。


689 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/17(月) 22:34:57
矢追純一シリーズ懐かしスw

690 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/17(月) 22:38:00
インディペンデンス・デイ とか 復活の日 とか 天地創造ノアの箱舟 とか wktk

691 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/17(月) 22:59:30
【鳥インフルエンザ/中国】スズメからH5N1型を検出 [12/17]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1197853919/
【海外/中国】スズメから鳥インフルエンザウィルス H5N1型を検出
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1197849428/

鳥のH5N1が人間にうつるってのが本当なら、
野鳥から見つかってる国には、いくなってことになるわけ?

692 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/17(月) 23:00:44
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1193310901/8

『それは、絶対にアブナイですヨ。』
http://www.nbi.ne.jp/talk5.html
『インフルエンザウイルスは、馬・アザラシ・鯨を含めた各種動物に感染する。』
http://www.jpa.or.jp/news/item/2001/08/22/010822_cho_ko.html
『ウイルスの脅威から地球を守る』
http://www.jili.or.jp/kuraho/inochi/web04/i_web04.html

【「高病原性鳥インフルエンザに関する意見交換会」】
http://www.maff.go.jp/syoku_anzen/161015tori_iken_kokan/bird_flu.htm
【日本における鳥インフルエンザ問題の現状と課題】
http://wwwsoc.nii.ac.jp/osj/japanese/materials/birdflu/birdflu_main.html

693 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/18(火) 07:19:20
感染すると言うのは、牛痘に人間が感染するのと同じようなものでしょう。
日本人の年輩者なら、天然痘予防に牛痘の生ワクチン接種の経験がある。
野生のカモの病気だから、他の鳥は耐性を持たない為に死んでしまいやすい。
哺乳類に感染しても、牛痘のように軽く済む。しかも、本物の人間の天然痘に対する免疫を獲得できる。
鳥インフルエンザを怖れる前に、カモなどの鳥に触れて免疫を獲得しろ。


694 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/18(火) 09:39:00
だからその鳥ウィルスで人が死んでいるんだが
新型ウィルスの出現を早めるだけだからやめろ。


695 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/18(火) 09:45:59
野鳥から人への感染はないとされているけど最近の事例を見ているとあやしいいよね
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/tyoujuu/influenza.htm#a6

696 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/18(火) 15:24:10
>最近の事例

創作ダンス・・・
脅威カワオカーズ激情
来るぞ来るぞハルエーズ予言
>>686

64 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2007/12/18(火) 12:56:22 ID:i/h7FcSE0
多くの日本の消費者は意図的に流布された情報によって掻き乱されている。
例えば、アメリカ牛肉と聞いて安全ではないとイメージするのは洗脳そのもの。
他にも全頭検査継続と聞いて安全だと感じるのも科学性を欠いた思い込みに過ぎない。
消費者はもっと賢くならなきゃ、お肉の生産や販売に携わる人達にいいように弄られちゃうよ。
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1197611370/64

697 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/18(火) 15:52:41
【H5N1】
http://find.2ch.net/?STR=%A3%C8%A3%B5%A3%CE%A3%B1

家きんで確認されているということは、
その周辺の野鳥では、もう既にまん延常在化している、
ってことを考慮しておかなければならない。

それは日本もまったく同じ。
「清浄」国ってのは、それに関わっている
学者の典型的なウソであり、国の担当行政の「偽装」政策である。

698 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/18(火) 16:44:18
白金 ☆★東大医科研★☆ part2

705 :名無しゲノムのクローンさん :2007/03/26(月) 18:30:15
>>688
【タミフルと、鳥インフルエンザはセットで開発された。】

正確には、
【「鳥インフルエンザ・パンデミック」と「抗インフルエンザウイルス薬」はセットで創造された。】
ってことね。

>藪医者の葛根湯
>インフルエンザ・パンデミックにタミフル
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1166966593/171

必ずや「ワクチン集団接種プログラム」(公的制度)が頭をもたげてくるぞ。
そのように、世論は誘導されつつある。起こりもしない病気のために。
要は、実際に用いられる必要は全くないのだ。(タミフルもそう。)
備蓄プログラム制度に組み込みさえすればいいだけ。
いったんできてしまった制度はよほどのことがないかぎり変更や停止することはない。
あとは使用期限がきて、そのつど廃棄と製造をくりかえすだけ。
それがワクチン利権の目論み。
「国民の健康のため」という目的と手段のすり替えプロコトールの完成。
これを、典型的な「学者のウソ」と言わずして何と言う。
http://www.amazon.co.jp/dp/4797337060/
http://homepage3.nifty.com/kinmirai/essaylist.html
そのためにでっち上げられた「強毒型鳥インフルエンザH5N1」だもの。
なあ、革Pくん、そうだろ?

699 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/18(火) 16:47:52
学者も利権勢力の一つの駒にすぎない、だれかがその役割を担わされるわけだしね。
ご褒美も、けして少なくないわけだし。いやむしろたんまり与れることになるわけだが。

その構図は、例の「万能細胞」でも全く同じ。

700 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/18(火) 16:48:43
マヤカシ移植医療利権勢力・・・。

701 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/22(土) 00:06:00
ttp://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007122101096
2007/12/21-23:48 人同士で感染の疑い=パキスタンの鳥インフル−WHO

【ジュネーブ21日時事】世界保健機関(WHO)当局者は21日の記者会見で、
パキスタンで発生が確認された鳥インフルエンザに関して、
人同士の感染があった疑いがあるとの見解を示した。

ただ、先に感染した人との密接な接触という限定的な環境下で感染したとみており、
鳥インフルエンザのウイルスが突然変異し、大流行につながるような兆候はないとしている。

同当局者によれば、人同士で鳥インフルエンザが感染したと疑われる事例は
これまで、タイやインドネシアでも見られたという。


702 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/22(土) 22:18:39
>>697 衛生的にはきれい好きなんだけど、見た目重視でウィルスに関しては鈍感。
   日本は はしか、風疹、日本脳炎などの輸出国として有名。

703 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/22(土) 22:29:52
印象誘導乙

704 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/23(日) 19:23:20

488 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2007/12/23(日) 19:00:18 ID:Shrw9VLW
1億人以上が死ぬ?新型インフルエンザをNHKがドラマで解説「感染爆発 パンデミック・フルー」
http://blog.television.co.jp/entertainment/news/2007/11/1nhk.html

岩波書店 『科学』 編集部だより
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/science/top.html
科学的に記述された『新型インフルエンザH5N1』の内容を、シミュレーションにしたドラマがNHK総合で
放送されます。原作は、著者の岡田晴恵氏です。
'08年1月12日(土)夜21:00-22:30 
NHKスペシャル シリーズ最強ウイルス第1夜「ドラマ 感染爆発 パンデミック・フルー」

あ〜ぁ、やっちゃたな、NHK・・・

705 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/24(月) 20:26:46
2007/12/22
いつか来る鳥インフルエンザの世界的大流行のため、個人でできること
http://blogs.itmedia.co.jp/mm21/2007/12/post-2a84.html?ref=rssall

シロートの胡乱な妄想が、また新たな拡声器の役割を果たしてしまうネット社会。

706 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/24(月) 20:29:27
WHO 大規模な鳥インフル予防接種は時期尚早 予防接種の危険性にも配慮を
2007年12月22日 23:27 発信地:ジュネーブ/スイス

【12月22日 AFP】世界保健機関(World Health Organization)のデビッド・ヘイマン(David
Heymann)事務局長補(感染症担当)は21日、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)予防の
ための大規模な予防接種は、この型のインフルエンザが世界的に流行すると証明されて
いないため、現時点では必要がないとの見解を発表した。

 ヘイマン事務局長補は記者会見で、「現時点ではH5N1の大規模な予防接種キャンペー
ンを開始すべきだという証拠はない」と述べ、大規模な予防接種は時期尚早との考えを
示した。

 2003年以降、H5N1型ウイルスには340人が感染し、209人が死亡しているが、インフル
エンザの大規模な流行を引き起こす恐れがあるウイルスにはH5N1型のほかにもH5型、
H7型、H9型などがあり、その脅威はH5N1型に匹敵するという。

 事務局長補によると、多くの国が最初の予防措置の一環として大規模な予防接種を
検討しているが、1976年に米国で多くの副作用を引き起こした豚インフルエンザの予防
接種の例もあり、注意が必要だという。

「各国は、(予防接種の)大流行を防ぐ効果と副作用の危険性をよく見極める必要がある」
(事務局長補)

 致死性のH5N1型ウイルスは、ヒトからヒトへはめったに感染しないが、専門家は、ウイ
ルスが変異して感染力を増し、感染範囲を拡大して、世界的流行を引き起こすことを懸念
している。(c)AFP
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2328850/2472834

707 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/25(火) 02:31:18
【鳥インフルエンザ狼少年にご注意】

もっと、マスコミ関係者・医療関係者は、
ほかにやるべきこと、あるんと違うんだろうか?

医療関係者は、情報の真贋を見極める
フィルタリングの働きをしてもらわなければならない。

単なる海外情報の口移しでは困る。

そして、家族クラスターの確認と、
パンデミックのレベルがどの程度なのか、
についての冷静な確認が必要な気がする。

「フル・ネタで、世間・マスコミの受け狙い」なんて、
いけません。
http://www.sasayama.or.jp/wordpress/?p=803

708 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/25(火) 23:54:25
日垣隆/著

すべてのイカサマお見通し!

「鳥インフルエンザで大量の死者が出る」と世間を恫喝しまくる困った専門家。

新潮新書

709 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/26(水) 02:50:06
鳥インフルエンザ新治療薬 「人体への効果確認」 中国紙報道

 【北京25日傍示文昭】25日付の中国紙・北京晨報によると、中国衛生省と科学技術省は
24日、中国疾病予防コントロールセンターと北京科学生物製品有限公司が共同開発した
鳥インフルエンザ(H5N1型)の新型治療薬の2期目の人体実験の結果、安全で効果が
あることが確認されたと発表した。

 この実験結果を受けて国家発展改革委員会は、2000万元(約3億円)を出資して年間
2000万本のワクチンを生産できる工場を建設し、鳥インフルエンザの感染拡大に備えて
ワクチン生産を開始するとしている。

 世界保健機関(WHO)は、鳥インフルエンザに関してインフルエンザ治療薬「タミフル」の
早期服用が最も効果的な治療法と発表。タミフルをH5N1型ウイルスの感染者に早期に
投与すれば、死亡率を抑えられるとしているが、自傷行為や幻覚などの異常行動や突然
死との関連も指摘され、厚生労働省によると日本で今年、タミフル服用後に異常行動を
起こした患者は282人に上っている。

 一方、WHOはベトナムやインドネシアで治療に用いられている副腎皮質ステロイドに
ついては「効果がみられない上、長期の服用は深刻な副作用をもたらす恐れすらある」と
警告している。

 新型治療薬の2期目の実験は9‐11月、北京市内の病院で18‐60歳の男女402人を
対象に実施され、両省は「人体に効き目があり、副作用もなかった」と指摘。2005年12月
‐06年6月の1期目の実験(対象120人)に続いて効果が確認されたことから、ワクチン
生産を開始するとしている。

=2007/12/26付 西日本新聞朝刊=

2007年12月26日00時12分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/20071226/20071226_003.shtml
-----------------------------------------------
タミフル備蓄から、そろっと、ワクチン備蓄へ印象誘導? タミフルの原料で儲けた国はどこ?

710 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 21:57:41
WHO、パキスタンでヒト間の鳥インフルエンザの感染を確認

【12月28日 AFP】世界保健機関(World Health Organisation、WHO)は27日、鳥インフル
エンザのヒトからヒトへの感染をパキスタンで初めて確認した。なお、感染が拡大する
危険性はないという。

 分析の結果、患者の1人が、鳥インフルエンザに感染した家禽(かきん)類への接触が
なかったにもかかわらず、高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)に感染していた。WHOの
John Rainford報道官は、「これは限定的なヒト間の感染を示唆するものだ」と語った。

 WHOは、家族や病院関係者など、感染者と接触のあったすべての人間に症状は出て
おらず、医師による厳重な監視体制も解除されているとして、今回のパキスタンの感染
例に関して、予備検査ではヒト間の感染が拡大している証拠はないとの声明を発表した。

 鳥インフルエンザのヒト間の感染は最近の数か月間で、カンボジア、インドネシア、ベト
ナムで報告されているが、感染者は1人までに限られている。中国でもヒト間の感染が
疑われる事例があったが、同国当局はこれを否定している。(c)AFP
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2330373/2480354
---------------------------------

WHOの担当者さん、そのH5N1型ウイルスって、本当に鳥ウイルスなのかな?
ウイルス感染(増殖)は、バクテリアの感染増殖とは全く様相が異なるのだが・・・。
http://micro.fhw.oka-pu.ac.jp/microbiology/microbiology-index.html

だいぶ以前から、そのほとんどが不顕性感染ですでに起こっているのではないのか、
ヒトA/H5N1型?

711 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 22:37:40
>>709
また支那お得意のインチキ発表か。

712 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/31(月) 02:02:13
エジプトで16人目の死者 鳥インフルエンザ
2007年12月26日 13:04米国東部時間 共同通信
http://www.usfl.com/Daily/News/07/12/1226_010.asp?id=57670

インドネシアで新たな鳥インフルエンザ死者、94人目
2007.12.26 Web posted at: 15:04 JST Updated - AP
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200712260011.html

インドネシアで94人目の鳥インフルエンザ死者
2007年12月27日 03:49 発信地:ジャカルタ/インドネシア AFP
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2329848/2477749

ミャンマーで新たな鳥インフルエンザ発生
2007年12月29日 21:51 発信地:ヤンゴン/ミャンマー AFP
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2330757/2483401

飼育の鶏に鳥インフルエンザ感染拡大と、ミャンマー北東部
2007.12.29 Web posted at: 13:39 JST Updated - CNN/AP
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200712290002.html
---------------------------------------------

ちゃんとしたウイルス検査がなされたのだろうか?
「鳥インフルエンザ」が人でおこっているというのは、
雑駁で未熟な知識知見から発したデマではないのか?
無知蒙昧の思いこみほど妄想を膨らませる活力剤はない。

713 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 20:02:01
アジアでの感染 拡大防止へ NHKニュース 社会 1月3日 12時1分

アジアの各国で鳥インフルエンザが拡大し、人への感染が広がるおそれもあることから
農林水産省は、今年4月から5年計画で国際機関と協力し、アジア地域での感染ルートの
解明やウイルスの早期診断体制の整備に取り組むことになりました。
http://www3.nhk.or.jp/news/2008/01/03/k20080103000043.html

WHO=世界保健機関のまとめによりますと、去年は鳥インフルエンザのウイルスに
感染して55人が亡くなり、インドネシアやベトナムなどアジアを中心に人への感染の
拡大が心配されています。このため、農林水産省は、今年4月から5年計画で
OIE=国際獣疫事務局やアジア各国と協力してアジアでの鳥インフルエンザの拡大
防止に取り組むことになりました。鳥インフルエンザのウイルスは渡り鳥によって
運ばれるとみられており、計画では渡り鳥の移動の時期やルートを詳しく調べるほか、
野鳥がウイルスを持っていないかどうかアジア各地で定期的なモニタリングを行い、
鳥インフルエンザの発生の予測につなげたいとしています。また、アジアでは鳥イン
フルエンザのウイルスを詳しく検査できる専門機関がない国もあることから、横浜市に
ある農林水産省の動物検疫所にアジアの中核となるウイルスの診断施設を整備し、
各国から寄せられたウイルスの分析を行うことにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/2008/01/03/d20080103000043.html
----------------------------------------------------

またしても、いんちきな予算食い事業の膨張肥大だな。

714 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 05:19:54
イスラエルで鳥インフルエンザ発生

 イスラエル農業省は3日、北部ビンヤミナの幼稚園の動物飼育場で最近、18羽の鶏が
死亡し、鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスが検出されたと発表した。イスラエルでの
鳥インフルエンザ発生は2006年春以来。

 政府は幼稚園児の体調の変化に留意を呼び掛けるとともに、幼稚園から半径3キロ
以内の家禽(かきん)類を処分させる措置を取った。

[2008年1月4日9時53分]日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20080104-303054.html

715 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 17:55:33
「インフルエンザワクチンは打たないで」
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3%E3%81%AF%E6%89%93%E3%81%9F%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A7&btnG

716 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/10(木) 04:37:25
■伝染病の侵入防ぐぞ! 肉かぎ分ける検疫探知犬が関空に
2008年01月08日 朝日新聞

 牛海綿状脳症(BSE)や鳥インフルエンザなどの家畜伝染病の侵入を防ぐため、海外の
肉製品の不正持ち込みを調べる「検疫探知犬」のビーグル2頭が8日、オーストラリアから
関西空港に到着した。2月1日から活動を始める予定。

 BSEなどの流行を背景に農林水産省が05年12月に成田空港に初めて導入し、関空が
2カ所目。海外の肉製品は現在、日本向けの検査証明書がある一部のものを除いて持ち
込めないが、旅行客がうっかり手荷物に入れていた場合も、においで的確にかぎ分けると
いう。成田では07年、約2700件を発見した。
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200801080065.html
--------------------------------------------------

意味ねえよ。肉屋利権に犬屋利権に・・・。農水省はどこの利権と癒着してんだ?
http://antikimchi.seesaa.net/category/2407827-1.html
http://antikimchi.seesaa.net/article/77322316.html

717 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/10(木) 16:27:54
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080110ic02.htm
皇居・宮殿で恒例の「講書始の儀」YOMIURI ONLINE
天皇、皇后両陛下が年頭に学界の第一人者から講義を受けられる恒例の「講書始
(こうしょはじめ)の儀」が10日、皇居・宮殿「松の間」で行われた。
今年の進講者とテーマは、久保田淳・東京大学名誉教授(74)の「西行と伊勢」、
吉田民人・同大名誉教授(76)の「社会の秩序を決めるのは法則か規範か」、
喜田宏・北海道大学教授(64)の「インフルエンザウイルスの生態」。講義は約
15分ずつで、両陛下をはじめ、皇太子さまら皇族方も熱心に耳を傾けられた。
(2008年1月10日13時15分 読売新聞)
先ほど、4時のNHKラジオニュースで知りましたが、喜田宏教授の講義は鳥インフル
エンザについての講義だったそうです。
Wikiによれば、喜田宏北海道大学大学院獣医学研究科・獣医学部教授は鳥インフル
エンザの起源と流行予防の国内第一人者だそうです。

718 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/10(木) 17:31:01
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1178984157/105

105 名前:Nanashi_et_al.[sage] 投稿日:2007/08/08(水) 22:05:35

281 :名無しゲノムのクローンさん :2007/03/08(木) 02:45:59
【鳥とヒトのインフルエンザ】
北海道大学大学院獣医学研究科 教授 喜田 宏
http://idsc.nih.go.jp/training/11kanri/99kida.html

【平成11年度危機管理研修会】
http://idsc.nih.go.jp/training/11kanri/11kanri-top.html
『平成11年度 感染症危機管理研修会が
平成11年6月24,25日各都道府県、政令市の
感染症対策に関わる医師を対象に開催されました。』

【感染症危機管理研修会(国立感染症研究所 感染症情報センター)】
http://idsc.nih.go.jp/training/

282 :名無しゲノムのクローンさん :2007/03/08(木) 03:13:39
喜田も狂ってるな
人間様の医者に対するコンプレックスが彼を狂わせたのか?
言ってることがおかしい

小児のワクチン接種でインフルエンザ脳症が予防できるのか?
ワクチンで中途半端な抗体産生させて本当に社会防衛になるのか?
発想法が患者の方じゃなくて銭儲けの方を向いてるよ

294 :名無しゲノムのクローンさん :2007/03/08(木) 11:14:55
こんなやつが創設者じゃ、人獣共通感染症研究センターも、将来真っ暗だ。
はやく、馘首にして、真っ当な人間にすげ替えろよ。
北大の恥さらしはまっぴらご免だ。

719 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/10(木) 22:44:07
鳥インフルエンザ、「ヒト→ヒト」感染を発表…中国
中国衛生省は10日の記者会見で、江蘇省南京市の父子が鳥インフルエンザウイルス
 (H5N1型)に感染した問題について「家庭内での密接な接触によって感染した」と
 発表、先に発症して死亡した息子から父親に感染したことを明らかにした。
 中国で人から人への感染が確認されたのは初めて。

 一方で、人から人に感染しやすい新型インフルエンザへのウイルスの遺伝子の
 変異についてはあらためて否定した。この父子は、病死した家禽類との接触はなく、
 息子の感染ルートについては判明していない。

 衛生省報道官は、父子と接触のあった約80人には異常が見つかっていないこと
 などから「今回の事態は既にコントロールしている」と強調。さらに冬から春にかけて
 鳥インフルエンザが多発するとして、予防対策を徹底する考えを示した。
 http://www.minyu-net.com/newspack/2008011001000487.html


720 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/11(金) 00:04:34
【医療】新型インフルエンザのワクチン 来年にも承認申請
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1161182193/

847 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2008/01/10(木) 20:20:31 ID:bg16OjPe
「鳥→鳥」と「人→人」のウイルスは、そもそも最初からありふれたウイルス。
いまさら「人→人」で騒ぐのもどうかしてるよ。
97年当時からあったということを中国当局が隠蔽していたと思っておいたほうがいい。

問題は、「鳥→人」感染ウイルスの「Webster・喜田・河岡」仮説が、科学的な事実かどうかというのが問題だ。
限りなく捏造臭いといわねばなるまいが・・・。

進化論は実証できないところの間隙をついてくるからな。
あくまでも仮説であって事実ではないということを強く認識しておいたほうがいい。

721 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/11(金) 21:49:42
ビックリするほどパンデミック!
ビックリするほどパンデミック!


722 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/11(金) 22:23:46
「パンデミック・フルー」だとか「サイトカイン・ストーム」だとか、
ありもしないものに名前をつけるとさもさも実在するかのように
思わせることができてしまうんだね。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BC&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2

そういうの神学ではなんと言うんだっけ?w

723 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 03:04:52
英、ハクチョウ3羽から鳥インフル陽性
2008年01月11日 06:28 発信地:ロンドン/英国
 
【1月11日 AFP】英環境・食糧・農村省は、同国南西部ドーセット(Dorset)州の自然保護区で、
死んだコブハクチョウ3羽から高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)の陽性反応が出たと発表した。

 英国では、2か月前に東部の養鶏場で、H5N1ウイルスが確認されており、今回の発見で、
被害を受けている養鶏家らにとって、新たな打撃となった。

 地元メディアの報道によると、ヒトに感染する恐れもある同ウイルスが、同州アボッツベリー
(Abbotsbury)の鳥保護区にいるほかの鳥やアヒルに感染していないか緊急調査が行われて
いるという。(c)AFP
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2334820/2512795

724 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 03:09:29
>高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)



725 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 09:38:44
さて、パンデミク前の最後の買出しに逝って来るか・・・
オセタミビルとザミナビルは売るほど確保したし(売らないけどw)

つ リスト

 使い捨て手袋
 卓上型ガスコンロとボンベ
 玄米
 味噌
 醤油
 ゴミ袋
 ジップロック
 エネループ追加
 のり
 塩
 酢
 お菓子
 みかんの缶

 では、達者でな
 

726 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 10:55:29
>>702
日本脳炎って輸出できるのか

727 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 11:10:08
旧型インフルエンザたちが
俺達だってまだまだ戦える!
と、涙目で訴えています・・・

728 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 16:10:08
【NHKスペシャル|シリーズ 最強ウイルス 第1夜 ドラマ 感染爆発〜パンデミック・フルー】
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080112.html

小さなウソは生きる智恵だろうけれど、大きなウソは犯罪的です。

729 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 16:16:46
ドラクエ祭り開催中!! 
主総勢15名によるテラカオス配信!! 
主増殖中!!
http://live24.2ch.net/test/read.cgi/livevenus/1200117642/l50 

730 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 04:30:43
「はやばやと感染して治ったら、ラッキーかもしれない」
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1133271854/
「新型インフルエンザは最近、パンデミック・フルー騒ぎで
感染爆発するといいふらされているが、なあに、かえって免疫力がつく。」
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1132824482/

731 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 15:18:57

【NHKスペシャル|シリーズ 最強ウイルス 第2夜 調査報告 新型インフルエンザの恐怖】

 肺や気管だけでなく全身の臓器に感染、そして死…。
 世界を震撼させている、あの新型インフルエンザの世界流行が秒読み段階に入った。
「爆弾の導火線に火がついた状態。『もしも』ではなく、時間の問題だ。」
と専門家たちは警告を発している。
 厚生労働省は日本の死者数を64万人と試算しているが、日本だけでも200万人、
世界中で1億人を超えると指摘する専門家もいる。
 番組では、新型インフルエンザ発生の可能性が極めて高いとされるインドネシアでの
取材をもとに、危機はどこまで迫っているのか、その時どんな事が起きるのかを詳細に描き出す。
 また、どこかの国で新型インフルエンザウイルスが出現すれば1週間で全世界に拡大、
未曽有の悲劇が人類を襲うことになる。ひとたび日本国内に入れば、だれも免疫を持たないため、
瞬く間に感染が広がり、医療機関、交通機関、食料供給など社会は大混乱に陥る危険性がある。
私たちはどんな対応を取ればよいのか、医療現場や行政の備えはどこまで進んでいるのか、
国内外の対策を徹底的にチェックし、残された課題や日本のとるべき道を提示する。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080113.html

732 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 14:29:21
日本人よそろそろ目ざめよ!
リチャードコシミズ 動画 で検索せよ
 詳しくわかる。さらに詳しい情報は
ジェラスゲイ 江原元のサイトを見よ!膨大な資料が有る。

733 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 17:17:12
プゲラ

734 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 09:57:34
普及活動はしてるけど、まわりの反応は薄い。
会社で問題にしたらインフルエンザ、ノロウィルス対策が強化されました。

735 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/16(水) 04:28:31
【速報】北京オリンピック中止!(2008.08.10)
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/livenhk/1200411227/

736 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/16(水) 17:20:24
2008年1月16日(水) 深夜 【木曜午前】0時10分〜1時3分 総合
シリーズ 最強ウィルス 第2夜 調査報告  新型インフルエンザの恐怖
初回放送 2008年1月13日(日)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080113.html

737 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/17(木) 23:28:50
インドの鳥インフルエンザ、住民が鳥の処分に抵抗
2008年 01月 17日 17:39 JST

 [コルカタ(インド) 17日 ロイター] 高病原性の「H5N1型」鳥インフルエンザが確認されたインド東部
では、住民たちが飼育しているニワトリやアヒルの処分を拒否し、感染拡大を防ごうとする当局者の試み
の妨げになっている。

 今回の鳥インフルエンザ発生に関しては、世界保健機構(WHO)が同国史上最悪とみており、当局者は
西ベンガル州の3つの地区で、まん延防止に必要とされる衛生状態の監視を試みているが、住民を説得
するのに苦労している。

 発生地となった村の住民は、ロイターのカメラマンに対し、飼っている鳥は感染していないと主張。当局者
が捕獲して処理できないよう、アヒルやニワトリを逃がしたとしている。

 西ベンガル州の保健当局者は、住民の反対により、鳥の処理に遅れが出ていると認めたものの、今後
作業を加速させるとの意向を示した。

 同州の当局者は16日、40万羽を処理するのに最大で1週間かかる見込みと述べたが、1日の作業で
数千羽しか処理できなかったという。
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-29815520080117
-------------------------------------------------------------

ロイター配信で、朝日と世界日報が同時に出るんだね、このニュース。

それにしても、きちがいインフルエンザウイルス学のおかげで、インフルエンザ感染症学の知識知見から、
抗体を作って免疫がついて馴致するってことがすっぽり抜け落ちてしまってるね。

738 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/18(金) 15:34:37
「インフルエンザ 清浄化」でググれ。

これを人間の世界でやると・・・

■中国政府、青海省の疫病感染者留置所を撤去 05/08/05
■青海省玉樹、疫病閉鎖地域で騒乱、軍隊が大量動員 05/07/25
■中国青海省: 鳥インフルエンザで121人死亡 家族集団失踪 05/05/27
http://jp.epochtimes.com/jp/spcl_qlg_5.html

【インドネシア】国軍に出動命令、鳥インフルエンザ対策で非常事態[01/27]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1169875589/

人間も鶏舎の鶏並みの扱い。くわばらくわばら・・・。
------------------------------------------

>鳥インフルエンザで121人死亡

WHOの集計にカウントされてるか?

【WHOに報告されたヒトの高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)感染確定症例数】
http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/case200800/case080103.html

739 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/18(金) 18:32:20
[6949] Re:[6947] この番組を見直してみて 投稿者:笹山登生 投稿日:2008/01/18(Fri) 05:50
http://www.sasayama.or.jp/saboard/b_board.cgi

それにしても、何ですか。
このサイト
http://blog.moura.jp/influenza/
の色使いの毒々しさは----。

740 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/20(日) 00:50:34
鳥インフルで入場者激減 奈良市野鳥の森 閉鎖危機

 ショウジョウトキやシロクジャクなど世界各国の珍しい鳥が見られる奈良市総合福祉センター内の
「野鳥の森」(奈良市左京)が閉鎖の危機を迎えている。鳥インフルエンザで入場者数が落ち込み、
市は廃止の方向で検討を進めており、「今年度末までに鳥の引き取り先に一定の方向性を出したい」
としている。

 野鳥の森は、平城ニュータウンの開発で失われた鳥の住み家を作ろうと、1991年5月に開園。
約2200平方メートルのテント型ネットに、羽を広げると2メートルにもなるシロクジャクや、全身朱色
のショウジョウトキ、姉妹都市のオーストラリア・キャンベラ市から贈られたモモイロインコなど13種
239羽の鳥が飼われている。

 テント内では、人工の小川や池で泳いだり、虫を食べる鳥の姿が間近で見られ、開園の年には
3万人以上が訪れた。しかし、鳥インフルエンザが流行した2004年度には学校遠足のキャンセルが
相次ぐなどし、入園者数が4776人まで激減した。

 昨年4〜12月は8797人が訪れ、少しずつ客足が戻りつつあるが、えさ代や水道光熱費などの
運営費が年間約800万円かかるのに対し、15歳以下や高齢者などは無料のため、1回200円の
入場料を支払う人は入園者の35%程度にとどまっている。

 市の行財政改革を検討していた市都市経営戦略会議(委員長=杉江雅彦・同志社大名誉教授)は
2006年、廃止を提言。市は、同センターの指定管理者である市社会福祉協議会に、鳥の引き取り
先を検討するよう委託している。

 センターでは、神戸市立王子動物園や京都市立動物園など、関西を中心に譲渡先について調査、
研究しており、昨年、中部、近畿、四国、中国地方の動物園など約50施設に、受け入れ可能かを
尋ねるアンケートを実施した。

 上谷勝所長は「北海道の旭山動物園の効果もあり、動物との触れあいが見直される中、県内で
このような施設はここだけになってしまったが、行財政改革の大切さも分かり、複雑な思い」と話している。
(2008年1月19日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nara/news/20080118-OYT8T00637.htm

741 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/21(月) 00:16:09
インドの鳥インフルエンザ、養鶏家ら処分反対で拡大懸念
2008年01月20日 02:51 発信地:マルグラム/インド

【1月20日 AFP】高病原性鳥インフルエンザの拡大が懸念されるインド東部で19日、死んだニワトリの検査が
行われた。同国東部での鳥インフルエンザウイルスの感染は深刻だが、地元の養鶏家らは大量処分に反対
しており、ニワトリの殺処分が難航している。

 世界保健機関(World Health Organisation、WHO)は、人口が過密する同国東部西ベンガル(West Bengal)
州での鳥インフルエンザの影響は、これまでより広範囲に及んでいることもあって、同国史上もっとも深刻な
事態だと指摘する。

 同州当局者は、状況は「非常に深刻」とした上で、村民らがニワトリの死骸(しがい)を川や池に投棄し、
ウイルスの拡大リスクが増加していると強調した。インド政府によると、同州の3地域で鳥インフルエンザが
確認されており、ニワトリ約8万5000羽が死んだという。

 人口11億人のインドでは、鳥インフルエンザが2006年から3度発生しているが、ヒトへの感染は確認されて
いない。

 養鶏家らの補償には、約3000万ルピー(約8200万円)の予算が充てられた。しかし政府のウイルス拡大
阻止への試みは、死んだニワトリへの補償が十分ではないとする地元住民との間で、協力関係が築けず
行き詰まりをみせている。(c)AFP/Sailendra Sil
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2337756/2529950
-----------------------------------------------------------

ウイルス清浄化というキチガイ思想。マスゴミ記者はその意味を知らず。

742 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/21(月) 23:56:37
【社会】国が1000万人分の増産検討 新型インフルのワクチン
2008年1月21日 21時14分 東京新聞

 厚生労働省が、新型インフルエンザの発生に備えて備蓄を進めているワクチンについて、1000万人分の
増産を検討していることが21日分かった。

 実現すれば、備蓄済みの1000万人分、現在製造中の1000万人分と合わせて3000万人分となる。

 ワクチンは、抗ウイルス薬の備蓄と並ぶ新型インフルエンザ対策の柱だが、実際に流行したウイルスを
基に製造しなければ十分な効果が期待できず、製造にも約半年の時間がかかる。

 このため国は、アジアなどで鳥から人に感染し、新型に変異する恐れが高いとされている鳥インフルエン
ザウイルス(H5N1型)を基に、あらかじめ備蓄用の「プレパンデミックワクチン」を製造。新型の流行が
始まったら医療従事者や社会機能の維持に必要な人々に接種し、ワクチン製造が本格化するまでの
「時間稼ぎ」に使う計画だ。
(共同)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008012101000787.html
----------------------------------------------------

起こりもしない、効きもしないしないものを、わざわざ備蓄のために用意して、カネを吸い込む。
税金泥棒の詐欺師だね。厚生労働省。

743 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/22(火) 00:02:44
起こりもしない病気をでっち上げ、それに対して、効きもしない眉唾ワクチンをセットにして、
わざわざ備蓄のために用意して、しこたまカネを吸い込む。
まるで税金泥棒の詐欺師だね、厚生労働省。

744 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/22(火) 00:28:30
日経プレスリリース(1/15)
アプライドバイオシステムズ、鳥インフルエンザ検出キットの最新版を販売開始
【アプライドバイオ、鳥インフル検出キット・H7型などに対応】
>米解析機器メーカーの日本法人、アプライドバイオシステムズジャパン(東京・中央、清田和行社長)は
15日、鳥インフルエンザウイルス検出キットを発売した。従来のA型とH5型に、H7型とN1型を検出する
キットを追加して、計4種類に増やした。
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1196401102/108


■アプライドバイオシステムズ、鳥インフルエンザ検出キットの販売を中止 2008年1月21日

>アプライドバイオシステムズ社(President、Mark P. Stevenson、NYSE: ABI)の日本法人、
アプライドバイオシステムズジャパン株式会社(代表取締役社長・清田和行、東京都中央区)は本日、
TaqMan(R) 鳥インフルエンザ検出キットの販売を中止することを発表しました。

>1月16日(水)に農林水産省消費・安全局畜水産安全管理課薬事監視指導班から、当該製品は、
動物の疾病の診断を目的とするものと判断され、動物用の体外診断用医薬品に該当するため、
その販売等に当っては薬事法に基づく許可・承認等を受ける必要があるとの指摘を受けたためです。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=179635
-------------------------------------------

この検査キット普及したら、鳥フルウイルスが至極ありふれてることが
だれでも確認できることになったのにね。残念ですね。
それに真の実態を把握されると困りますもんね、農水省さん(笑)

745 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 01:54:49
河岡チームの鳥インフルエンザウイルスの研究のおかげで
全世界の家禽養鶏界が、恐怖のどん底に突き落とされてるぜ(笑)
------------------------------------------------------
インド東部で鳥インフル流行=200万羽処分へ 2008/01/22-17:29

 【ニューデリー22日時事】インド東部の西ベンガル州で今月に入り、家禽(かきん)の間で高病原性の
H5N1型鳥インフルエンザが猛威を振るい、22日までに同国では過去最悪の被害となる約16万羽が
殺処分された。
 流行は今月上旬に始まり、PTI通信によれば22日現在、ビルブム、ムルシダバードなど州内7県に
広がった。保健当局は向こう1週間でさらに200万羽を処分する。また、地域住民らにスクリーニング
検査を行い、人への感染に警戒を強めている。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008012200759
---------------------------------------------

「鳥インフルエンザウイルスが人間に感染する」
http://www.amazon.co.jp/dp/4087203131/
というウソ科学を世界中に流布することになった、
東大・河岡義裕教授研究チームの罪の深さは、はかり知れない。

「ウイルスの脅威から地球を守る」パンデミック(世界的大流行)を起こさないための国としての対策を 
ウイルス学者(東京大学感染症国際研究センター長) 河岡義裕さん
http://www.jili.or.jp/kuraho/2006/inochi/web04/i_web04.html

第5回NBI対談 - 日本バイオロジカルズ株式会社
http://www.nbi.ne.jp/talk5.html
鶏インフルエンザに関する東京大学河岡義裕教授の講演を聴講して
http://www.jpa.or.jp/news/item/2001/08/22/010822_cho_ko.html

鳥インフルエンザ問題検討委員会の検討結果報告
http://wwwsoc.nii.ac.jp/osj/japanese/materials/birdflu/birdflu_main.html
「高病原性鳥インフルエンザに関する意見交換会」 議 事 次 第
http://www.maff.go.jp/syoku_anzen/161015tori_iken_kokan/bird_flu.htm

746 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 01:58:24
文部科学省「新興・再興感染症研究拠点形成プログラム」
新興・再興感染症に関するアジアリサーチフォーラム
Asian Research Forumon Emerging and Reemerging Infections − 2008

開催日:2008年 1月28日(月)−29日(火)
場所:関西空港会議場・ホテル日航関西空港(大阪府泉佐野市)
主催:文部科学省、独立行政法人理化学研究所 感染症研究ネットワーク支援センター
共催:国立大学法人大阪大学微生物病研究所
協賛:
 国立大学法人長崎大学熱帯医学研究所、国立大学法人東京大学医科学研究所、
 国立大学法人北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター、
 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究所、国立国際医療センター、
 国立大学法人岡山大学、国立大学法人神戸大学医学部附属医学医療国際交流センター
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/01/08012201.htm
http://www.crnid.riken.jp/jpn/event/index.html
http://www.crnid.riken.jp/jpn/event/pdf/080128_j.pdf
---------------------------------------------

こういう事業で予算を消化するのが中央省庁のお仕事。
捏造の「人獣共通感染H5N1ウイルス」であっても・・・。
偽善・欺瞞の偽装「あるある重大感染症」いんちき政策の一環。

747 :名無しゲノムのクローンさん :2008/01/25(金) 09:28:31
>>1

マジで来たじゃねーかよ!

748 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 09:31:10
鳥インフル国際会議が開幕、ヒト・ヒト感染を警戒

 【バンコク=三河正久】インド東部などで鳥インフルエンザの被害拡大が伝えられる中、タイ政府とバイオ
技術研究機関は23日、70カ国・地域から730 人が参加する「鳥インフルエンザ国際会議」をバンコクで開いた。
出席者の多くはヒトからヒトへの感染発生を警戒。鳥から他の種への感染で高病原性鳥インフルエンザ
(H5N1)ウイルスが変異し、感染経路が拡大した新型インフルエンザの懸念が増していることが明らかに
なった。一定量以上の投与でウイルスの増殖を抑える薬剤の報告もあった。

 会議は世界の学者・研究者や政府関係者を招き25日まで3日間開催する。23日は感染の拡大状況などで
出席者が研究成果を発表した。(07:03)
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080124AT2M2302W23012008.html

749 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 11:50:33
【UMA】日本人生物学者が黒烏龍捕獲に成功 烏インフルエンザワクチン開発に朗報・・・新疆ウイグル
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/stationery/1175430045/



750 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 15:04:58
NHKのインフルエンザの見て色々あちこち見て廻ってるんだが、
情報がめちゃくちゃで良くわからんなぁ
専門板じゃおこりっこねぇみたいな感じだし…

751 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 16:03:33
>>750
まずは、「鳥→ヒト」感染ウイルスの実在を疑ったほうがいいよ。
その仮説理論の大元は、東京大学医科学研究所・河岡義裕教授研究チームから発信されてるから。
悪質な「あるあるウイルス」あるいは「あるある感染爆発」みたいなデマに膨らんでしまってるからね。

752 :750:2008/01/26(土) 01:37:55
色々見て回ってみてまとめてみたけどこんな感じかな?
どういうものかってのは分かったような気がするが、今後どうかってのは分からんなぁ
結局、運悪く発生しても病気にかかって直すしか方法がないみたいだし。

1.鳥インフルで経済的被害は深刻だけど、それがそのまま鳥から人に感染し発病するか?というと疑問
2.鳥→豚→人の順番で、感染、発病できるように変異できるかもと言う説があって、過去の流行も
  それが原因ではないかと考えられるが、追試できている訳じゃない…
  全く同じ遺伝子構造の変異を再現するってのは無理だろうと。
3.1.2から今の家禽での流行をそのまま人の感染拡大に当てはめるのは無理がある。
  だが変異したものが今後現れる可能性は無い訳じゃない。

各国でH5N1感染で死亡と発表されてる人らは、どうなんだろう。

A.H5N1感染してるが発病は別の型インフル?又は別の病気?
B.以前から存在していたヒトで感染発病する型のH5N1?
C.新たに変異して発生したヒト発病のH5N1?
D.検査方法に問題がある?

753 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 01:52:05
じつは、HとかNって、ウイルスの血液型みたいなもので、
そのキャラクターにとっては実は大した意味がないと思っておいたほうが正確かもしんない。
血液型っていうのも随分幅の広い概念だけどね。そんなもんでしょ。
(ABO式って、そのほんの一部の分類でしかないわけだし。)
http://www.shinchosha.co.jp/book/603562/

H5N1だけがやたら怖いみたいに演出されて、
その一人歩きした名前のマヤカシにかかっているようなもんだと思う。

本来、自然界のカモから見つかっていたわけだし。
いきなりたち現れたわけではなくて、たまたま調べたところにあっただけで、
大昔から常在してたというほうにかけるね。

集団ヒステリー的に過剰反応しすぎなだけだろ。たかがインフルエンザに。
過剰な不安を高めることができれば、学者やメーカーや官僚に都合がいいだけだよな。

騒動師香具師ペテン師の手口だろ。一種のイベント商法だよな。

754 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 19:31:01

【WHOに報告されたヒトの高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)感染確定症例数】
http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/case200800/case080123.html

鳥類界のおいては、以前から、H5N1型はそもそもありふれた存在である。

問題は、起こったといわれている患者から、
本当に鳥H5N1ウイルスが分離されているのかどうかという正確な事実だ。
PCRは、設定によっては、何か別のものを増幅している可能性もある。

755 :そんなの関係ねー:2008/01/28(月) 21:06:31
こんばんわ!一個人でただひたすら岡田晴恵サンの声に反応しているものです。
インド・バングラディッシュ事情に詳しい方、多少の煽りはokではないでしょうか?
騒ぎ立てて何もなかったら?というタイミングではありません!緊急で個人レベルでの
最終防衛線を確認しておく時期ではないでしょうか?

WHOの報告が遅れていることが大変気になります。
成田の検疫所のドクターも保菌者が入国してしまうことに否定はしませんでした。
起こりうる事態、皆が注目しなければいけない大変な事態という認識。その上での
準備、予行演習、そして行動だと思います。荒らすつもりも営利目的でもなんでも
ありません!何もしないで死ねるか!って単純な動機からです。

岡田サンの言葉を信じて、1200円基金!みなさん、やりましょう!!



756 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 21:24:35
【パンデミック・フルー】岡田晴恵って【H5N1】
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/infection/1201447061/

インフルエンザをネタにした「死ぬ死ぬ詐欺」団か?

757 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 21:55:38
鳥インフルエンザ懸念で渡り鳥に餌「禁止」広がる (2008年1月29日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20080129-OYT8T00282.htm

>ハクチョウなどでにぎわう渡り鳥の飛来地で、鳥インフルエンザ感染のきっかけになることを恐れ、
餌付けの禁止、自粛を呼びかける動きが広がっている。養鶏業者らは「被害が出てからでは手遅
れ」と、自治体に要望するなど危機感を強めるが、冬の使者とのふれ合いを心待ちにしていた地元
住民からは、戸惑いの声も上がっている。

(略)

>こうした動きに理解を示すのは、京都産業大の大槻公一・鳥インフルエンザ研究センター長。「餌付
けが原因で感染する可能性はありうる。生態系の観点からも、野鳥への餌付けは必ずしも良くはない」
とし、「かわいがる気持ちはわかるが、死活問題に直結する養鶏業者の立場を踏まえ、餌付けの意味を
考え直す必要がある」と指摘する。

>他方、環境省は「餌付けが鳥インフルエンザにつながるという確証はないし、対策の予定もない」との
立場だ。日本野鳥の会自然保護室の金井裕・主任研究員は「感染の危険性があるのは事実で、理屈
や不安は理解はできる。しかし、管理者がふんの掃除を徹底したり、行政が餌付け後の衛生を呼びか
けたりして対処すべき問題。禁止や自粛は筋違いだ」としている。


【社会】 「かわいがる気持ちはわかるが…」 鳥インフル感染懸念、渡り鳥の餌付けに「待った」
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1201499244/

758 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 21:59:04
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1196401102/150-152

「鳥インフルエンザウイルスが人間に感染する」
http://www.amazon.co.jp/dp/4087203131/
というウソ科学を世界中に流布することになった、
東大・河岡義裕教授研究チームの罪の深さは、はかり知れない。

「ウイルスの脅威から地球を守る」パンデミック(世界的大流行)を起こさないための国としての対策を 
ウイルス学者(東京大学感染症国際研究センター長) 河岡義裕さん
http://www.jili.or.jp/kuraho/2006/inochi/web04/i_web04.html

第5回NBI対談 - 日本バイオロジカルズ株式会社
http://www.nbi.ne.jp/talk5.html
鶏インフルエンザに関する東京大学河岡義裕教授の講演を聴講して
http://www.jpa.or.jp/news/item/2001/08/22/010822_cho_ko.html

鳥インフルエンザ問題検討委員会の検討結果報告
http://wwwsoc.nii.ac.jp/osj/japanese/materials/birdflu/birdflu_main.html
「高病原性鳥インフルエンザに関する意見交換会」 議 事 次 第
http://www.maff.go.jp/syoku_anzen/161015tori_iken_kokan/bird_flu.htm

759 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 22:27:23

47 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/28(月) 20:23:08 ID:/pXrSgtuO
だいたいこうゆうのって後からトンデモ科学の間抜けな規制って明らかになる。
ハレー彗星で風船をためこんだ金持ち。
チェルノブイリにイソジンを一気飲みして突っ込んだドカタ。
東海村のメルトダウンでコンサートを中止した外タレ。
おまえらも馬鹿の仲間入りだな。せいぜい浄水器かわされないように注意しろよ。
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1201499244/47

760 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/30(水) 21:54:16
「プレパンデミックワクチン」詐欺師と、

鳥インフルエンザウイルス・エセ科学者の、

連携プレー、

「新型インフルエンザ・パンデミック」
「パンデミック・フルー」
「最強ウイルス・感染爆発」
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080112.html
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080113.html

国際タカリ興行師機関による、金持ち国家群を相手にした壮大な詐欺。
WHOの事務局長は、どこの人間かよくみろよ。

『シナ ・ 朝鮮人は民度の低い民族であるが、ただひとつ進んでいるものがある、
それは嘘、騙しの文化である。これだけは先進国なのである。それゆえ嘘を付く
ことを好まない日本人はすぐ洗脳される。』
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0703/070319-10.html

国の役所主導で、【死ぬ死ぬ詐欺】団でも結成してるのかい?
http://antikimchi.seesaa.net/category/2530636-1.html

【日米民主党は隠れ国際共産主義者の巣】
http://ameblo.jp/disclo/entry-10067926371.html
【日教組が最大支持母体の民主党】
http://antikimchi.seesaa.net/article/80553019.html

761 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/30(水) 22:44:24
感染症は世界史を動かす (ちくま新書) 岡田 晴恵 (筑摩書房 2006/2)
http://www.amazon.co.jp/dp/4480062866/

タイトル通り,感染症と世界史を紹介してくれることに絞ってくれた
方が良かったと思います.最後の章(あとがきによると,ここは別の
原稿を付け足したらしい)で,新型インフルエンザの恐ろしさを警戒
することの必要性を,一所懸命に説いていますが,何かにとりつかれ
たように文体が変わり,ここだけページ数がやたらと多く,同じこと
何度も書いてしまっているくどい文章を読まされる羽目になります.

「何かにとりつかれたように文体が変わり,ここだけ」本人が書いた
ってこと?

762 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/31(木) 01:01:54
河岡本もゴーストライターは、学会の人?

763 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/31(木) 01:32:59
>>762
ライターの浅野恵子

p.171
『次に、本書の制作過程を曝露したいと思う。この本のお話をいただいたとき、まず最初に
思ったのは、自分の母親が読んで90%理解できる本にしたいということだった。ところが、
私はウイルス学の研究をかなり長くやっているため、普通の人がどこまで知っているかと
いうことがわからなくなってしまっている。そのため、自分で書くと専門的なことをごちゃごちゃ
書いて、???になってしまうと思ったわけである。そこで、大浦さんにライターの浅野恵子
さんを紹介していただいた。本著は、浅野さんが私にインタビューするという形で進められ、
私が浅野さんの質問に答えつつそれに関連したことをしゃべる、それを基に浅野さんが
全体の構成を考え文章にするという形で作られた。 (中略) 内容に関しては、もし間違い
等がある場合には、私に全責任があることは言うまでもない。』

764 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/31(木) 22:22:26
鳥インフルエンザ:岡大インド感染症共同研究センターが現状報告 /岡山
1月31日16時0分配信 毎日新聞

 インド東部・西ベンガル州で猛威を振るうH5N1型の高病原性鳥インフルエンザの現状を同州コルカタ市に
ある岡山大インド感染症共同研究センターとインド担当部局がこのほど、岡山大(岡山市)で合同報告した。
 同センターは昨年9月、細菌性下痢症などの研究を目的に、インド国立コレラ・腸管感染症研究所(NICED)
に設置。世界的な感染症対策のため海外に研究拠点を設ける文科省事業の一環で、各国の正確な情報を
日本に伝える役割も担う。
 NICEDなど29研究所を管轄する「インド医学研究評議会」のバタチャリア副長官によると、鳥インフルエンザ
は昨年末から今月初めにかけて発生。同国では農家が通常20〜30羽、多くても150羽程度を飼う場合が
ほとんどで、具体的な発生件数は把握していないが、処分済みと合わせ計250万羽を殺処分する予定という。
 約10チームある州の処分隊が、24時間体制で発生農家を中心に半径3キロの鶏を殺処分し、同10キロ内
で異常がないかを確認。鶏肉は州外へ出ないよう制限されている。NICEDは感染が疑われた患者7人を検査
したが、全員陰性で人への感染は確認されていない。
 バタチャリア副長官らは、25日に同大で開かれた「日印感染症シンポジウム」のため来日、発生を受け急きょ
会見した。「人間の体内で他のインフルエンザと一緒になり、人への感染力が強くなることが一番恐い。通常の
予防が大切」と訴えている。【石川勝義】

1月31日朝刊
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080131-00000211-mailo-l33

765 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/01(金) 23:05:30
http://www.fujimashion.com/2ch/bf/1201130173.html

ニュー速+のログ見てみると子供が鵜呑みにして集団ヒステリー起こしてる感じ。

766 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/02(土) 22:06:25
創価共くたばれw

767 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/02(土) 22:47:15
 
【倖田】 ○高ババァの、腐れ羊水生まれの子は不幸 【來未】
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/baby/1201689483/

 ======================================================
 「30過ぎた○高のババァが発情してんじゃねぇよw」
 「腐れ羊水から生まれた子って、なんなのwwww」
 ------------------------------------------------------

 【倖田來未「腐れ羊水」発言 謝罪後も厳しい世間の声】(読売新聞)
 http://netallica.yahoo.co.jp/news/23782

 先日のニッポン放送「倖田來未のオールナイトニッポン」番組内で、
 私が発言した内容により、皆様に不快な思いをさせてしまったことを
 心より深くお詫び申し上げます。
                                     倖田來未
 http://www.rhythmzone.net/koda/index.html


768 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/04(月) 01:35:21
【高病原性鳥インフルエンザ WHO 感染確定症例数】
http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/toriinf-case.html

769 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/04(月) 04:27:36
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1201905778/303

303 名前:名無しさん@八周年[sage] 投稿日:2008/02/04(月) 00:34:35 ID:rYLRSSe/0
>>301
ヒトで鳥インフルエンザウイルスH5N1感染がおこって死亡したなんていうデータも
よくよく眉に唾つけてみ聞きしておいたほうがいい。

ごく普通のウイルス感染症(風邪症候群)に、ステロイド剤もしくは解熱剤を処方したことによる
医療過誤・過失を認めたくない、あるいは隠蔽したいがために鳥インフルエンザH5N1感染に
すり替えている可能性が大である。

そういう誤魔化しがきかないから、検査体制が完備されている先進国ではおこっていない。
技術的な側面からいって、あやしげな国ばかりでおこっている現象である。

【高病原性鳥インフルエンザ WHO 感染確定症例数】
http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/toriinf-case.html

まずは、鳥から人にウイルスが感染して病気がおこっている、
というところをかなり疑ってかかったほうがいいよ。

鳥の病原体ウイルスが人に感染なんて、まずはホラー映画の世界の話だ。
トンデモ科学そのもの。ウイルス学と免疫学と医学感染症学の常識的な知識があったらね。

770 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/04(月) 17:48:57
【感染症】 「新型インフルエンザが流行したら、感染者数は2500万人、入院患者は200万人、死者は64万人」−厚生労働省試算
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1202094180/

最強強毒劇症型ウイルス感染のわりには、やけに少ない試算だね、厚生労働省さん(笑)

771 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/05(火) 03:39:49
>>770 オレも同感。死亡率を20%くらいで計算してるのが謎。
たしか東南アジアで発生したときは致死率95%くらいだった。
日本でパンデミックが起きても同じくらいの致死率になる悪寒。


772 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/05(火) 03:42:19
もとが荒唐無稽な作り話だけに・・・

773 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/05(火) 20:06:02
【主張】新型インフルエンザ 増える鳥から人への感染
公明新聞:2008年2月5日

■的確な情報提供で混乱を避けよ

◇人から人への感染も

 新型インフルエンザの発生に備えた対応が世界的に急務となっている。近年、東南アジアを中心に鳥インフル
エンザ(H5N1型)が鳥から人に感染する事例が増加。先月29日には、インドネシアで鳥インフルエンザによる
死亡者が新たに1人確認された。これにより同国の鳥インフルエンザによる死者は101人に達した。感染者総数
は124人。ベトナムの死者48人を大きく上回り、世界最悪を更新し続けている。

 新型インフルエンザは、鳥などの動物に流行するインフルエンザウイルスが変異し、人から人への感染力を得
たものだ。ほとんどの人はこのウイルスに対して免疫を持たないため、大きな健康被害を受けることになる。これ
までも10年から40年周期で出現しては、世界的な大流行を繰り返してきた。「スペイン風邪」「アジア風邪」など
が例として挙げられる。

 鳥インフルエンザの人から人への感染も報告されてはいる。だが数例にすぎず、発生場所も東南アジアなどに
限定されてきた。ところが今年に入り、隣国の中国で人から人への感染が初めて確認された。専門家の間で時間
の問題とされてきた「新型」だが、いよいよ現実味を帯びてきたといえよう。

 日本にこの新型が上陸したらどうなるか。都市部を中心に瞬く間に全国に広がると予測されている。厚生労働省
は国内で最大2500万人が感染して病院を受診し、64万人が死亡すると推計している。二次的被害として経済・
社会活動の停滞・低下が大きく懸念されており、経済損失は約20兆円に達するとの試算さえある。しかもその影
響は、数年間にわたって続くという。

 事前の備えが重要であることは言うまでもない。日本では行動計画に沿って、重症化を防ぐためのタミフルなど
の治療薬や、流行初期に接種するワクチンの備蓄などが進められている。昨年は人から人への感染が確認され
た段階で、行政や医療機関、企業、個人が取るべき具体策をまとめたガイドラインがつくられたほか、治療薬やワ
クチンの確保など種々の対策強化が図られることになった。流行に備え、国内への流入を防ぐための法整備の準
備も進んでいる。

774 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/05(火) 20:07:09
>>773(の続き)
 海外の動向も踏まえ、先月29日には、新型インフルエンザ対策を議論する自民、公明両党の与党プロジェクト
チームが発足し、初会合を開いた。今後、ワクチンや治療薬の備蓄計画、医療機関の対応のあり方などについて、
国の行動計画が十分かどうかを点検し、対策強化に取り組んでいく。

 新型がいったん流行したならば、健康被害をゼロにすることは不可能となる。それ故、いかに初期段階で感染
拡大を封じ込め、被害を最小限にとどめるかが基本戦略となることは言うまでもない。国民も感染拡大の阻止へ、
理解と協力が必要になる。だが、現実はどうか。新型インフルエンザをめぐるマスコミ報道が増える昨今、むしろ
不安だけを抱いている国民の方が多いのではないだろうか。

◇危機管理の問題に

 新型インフルエンザ対策は、災害と同様に危機管理の問題といえる。政府や自治体、医療機関だけでなく、企
業、国民が一体となった取り組みが必要となる。情報対策が遅れれば、いたずらに社会の混乱を増すことになる。
ワクチン備蓄のあり方の見直しなどと併せて、「正しい理解」に向けた的確な情報提供が必要だろう。
http://www.komei.or.jp/news/2008/0205/10707.html

775 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/07(木) 19:18:05
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1194752187/60

鳥インフルエンザウイルス進化論と、(新型)インフルエンザ・パンデミックと、1918スペイン風邪H1N1の
エピソードを上手にアレンジして料理すると、こんなエセ科学いかさま研究いんちき論文が出来上がります。
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1201546095/19-22

Aberrant innate immune response in lethal infection of macaques with the 1918 influenza virus
http://www.nature.com/nature/journal/v445/n7125/full/nature05495.html
「スペイン風邪をサルで再現させて、謎だったウイルスの病原性を解析」 Nature 445:23, 2007
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/research/papers/07011901.php

で、この研究結果への批判記事がこれ。

1918 Killer Flu Tested on Monkeys
Washington Post
By SETH BORENSTEIN
The Associated Press
Wednesday, January 17, 2007; 11:06 PM
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395.html
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395_2.html

776 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/07(木) 19:27:30
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395_2.html
-------------------------------------------------------
The new work "gives us another tool," said Anthony Fauci,
director of the National Institute of Allergy and Infectious Disease, who was not part of the research.
Fauci praised the study and said what it found in the effects on the body are stunning:
"There aren't a lot of things that can induce that robust of an inflammatory response that quickly."
-------------------------------------------------
Adolfo Garcia-Sastre, a Mount Sinai microbiology professor who conducted some of the earlier mouse work,
cautioned that it may be a mistake to focus so heavily on immune system response.
The 1918 flu "induces an overwhelming and probably damaging immune response system"
but it is l argely because the virus grows so much, he said.
In mice, when the overactive immune response was eliminated,mice died because of high viral levels.
"It's like a vicious circle, you get more viruses, you get more immune response and this results in damage,"
Garcia-Sastre said.
-------------------------------------------

777 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/08(金) 08:41:51
【感染症】新型インフルエンザ発生時、建物封鎖可能に 法改正へ
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1202426712/

778 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/10(日) 19:04:39
ダイオキシン騒動や、O157騒動や、狂牛病騒動を、彷彿とさせるねぇ・・・

国産牛肉買い取り制度の真相・・・
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/agri/1016024463/
ダイオキシンは危険なのか?(1)〜(10)
http://takedanet.com/cat5621932/index.html
雑感263-2004.6.15「BSE 三ケースのリスク」
http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/zak261_265.html

しかも、鳥インフルエンザウイルス感染学には、
科学的な根拠において致命的な欠陥があるのにもかかわらず、
霞ヶ関の役人達は、いちど敷いたレールの軌道修正ができない。

新型インフルエンザ及び鳥インフルエンザに関する関係省庁対策会議
ttp://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/index.html
【根拠・構成員】新型インフルエンザ及び鳥インフルエンザに関する関係省庁対策会議の設置について
ttp://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/konkyo.html
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/infection/1201447061/68

<日本の官僚は、優秀だが無能だ。いくら勉強ができても、自分のやっている
仕事が無意味だということに気づかないのは、行政能力がないということだ。>
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/0b905f7602c8be88d1ac505bf790e714

779 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/10(日) 19:05:18
ダイオキシン騒動や、O157騒動や、狂牛病騒動を、彷彿とさせるねぇ・・・

国産牛肉買い取り制度の真相・・・
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/agri/1016024463/
ダイオキシンは危険なのか?(1)〜(10)
http://takedanet.com/cat5621932/index.html
雑感263-2004.6.15「BSE 三ケースのリスク」
http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/zak261_265.html

しかも、鳥インフルエンザウイルス感染学には、
科学的な根拠において致命的な欠陥があるのにもかかわらず、
霞ヶ関の役人達は、いちど敷いたレールの軌道修正ができない。

新型インフルエンザ及び鳥インフルエンザに関する関係省庁対策会議
ttp://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/index.html
【根拠・構成員】新型インフルエンザ及び鳥インフルエンザに関する関係省庁対策会議の設置について
ttp://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/konkyo.html
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/infection/1201447061/68

<日本の官僚は、優秀だが無能だ。いくら勉強ができても、自分のやっている
仕事が無意味だということに気づかないのは、行政能力がないということだ。>
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/0b905f7602c8be88d1ac505bf790e714

780 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/10(日) 22:59:24
【追跡 鳥インフルエンザ】新型インフル 2カ月で死者64万人の予測も 2008.2.10 16:53
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080210/asi0802101654004-n1.htm
【追跡 鳥インフルエンザ】感染再拡大、勢い増すアジアの流行 (1/2ページ) 2008.2.10 16:53
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080210/asi0802101653003-n1.htm
【追跡 鳥インフルエンザ】H5N1の感染 変異の過程 (1/2ページ)2008.2.10 16:54
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080210/asi0802101655005-n1.htm
【追跡 鳥インフルエンザ】現在は第3フェーズ WHOによる6段階のパンデミック警告 2008.2.10 17:01
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080210/asi0802101703006-n1.htm
【追跡 鳥インフルエンザ】H5N1とは 2008.2.10 17:05
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080210/asi0802101706007-n1.htm

もっとも、日本人は根が正直だから、
なんにもないところにウソばなしを作ろうとはしない。
かならず何かもっともらしい根拠を探す。
はじめからしまいまでのハッタリ尽くしは国民性にあわない。
マコトのうえに、或いはマコトと思われている何かのうえに、豪華絢爛のウソを積む。
ウソにもおおいなる腕前が要る。才能のある者ほどこの道を行く。力のかぎり飾りたてる。
しかし、架空のハナシをつくる人の宿命は、
どれほど綺麗に塗りあげても、
まだ加工が足りぬのではないかと不安になることで、
これでもかこれでもかと、衣装の重ね着と厚塗りに走るから、
つい、やりすぎ、
そこから自然に綻びが生じる。
(谷沢永一『聖徳太子はいなかった』)

【「H5N1」(人獣共通感染ウイルス)はいなかった。】

781 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/12(火) 19:15:11
NHKではしかクライシス煽り中

782 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/12(火) 20:17:53
テレ東で鳥インフルエンザ研究の第一人者・岡田春恵教授(国立感染研究所)が出演中!

http://www.tv-tokyo.co.jp/jucelino/

783 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/13(水) 21:05:25
【医薬】富士フィルム:富山化学をTOB、大正製薬と共同で・医薬品事業に進出へ…3社で幅広く提携 [08/02/13]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1202853950/

まんまとインフル詐欺にひっかかったのな

784 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/13(水) 23:23:26
【国際】「鳥インフルエンザ拡散犯は渡り鳥ではない。中国などアジアから輸出された家禽だ」…ヘップワースCMS事務局長
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1202696800/
【UNEP】「鳥インフル拡散犯は渡り鳥ではない」−CMS事務局長 [2/11]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1202696148/

785 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/15(金) 04:17:07
Web★鳥インフルエンザウイルス「進化論」と、
(新型)インフルエンザ・パンデミック「予言」と、
1918スペイン風邪「H1N1インフルエンザウイルス大流行」のエピソードを
上手にアレンジして、あちらこちらから眉唾論文をパクってきて、
捏ね捏ね「人工(人造)ウイルス」再現ごっこと、
神様もびっくり「ワイドレンジホスト」ウイルス感染疾患お医者さまごっこで
ウイルス学と医学を偽装粉飾して、空想科学ストーリーを
こってり美味しく料理(あ〜らカルト)すると、
こんな感じのエセ科学いんちき研究いかさま論文が、お見事に出来上がります。
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1201546095/19-22

「研究室員は”ハンター”です。私はただの”料理人”です。
 料理人が狩りの仕方を教えられるわけはありません。
 だから、私はラボで一切superviseをしません」
http://kanuka.exblog.jp/5350369/
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1201546095/127

「対象は何でもいいんです。人生を楽しんでいるかどうかが大切です。」
取り組んでいる研究が楽しくて、朝起きると一刻も早く研究室に行きたい、
という生活が続くうちに、いつの間にか研究者になっていた。
http://opendoors.asahi.com/data/detail/7996.shtml
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1185615151/912

786 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/15(金) 21:16:54
必ず発生する「新型インフルエンザ」 正しく知ることが、最大の防御策
日経トレンディネット 2008年2月15日

 世界中で大流行の恐れのある「新型インフルエンザ」。感染が拡大すれば日本だけで3200万人が感染し、最悪の場合
64万人が死亡するといわれている。感染者の急増によって交通、電力など社会機能すら麻痺するリスクがあるという。
そもそも「新型インフルエンザ」とはどのような病気なのだろう。また、鳥インフルエンザとの関連性はどんなものなのか。
さらには、治療薬やワクチンの効果、身近な予防法としていわれる、うがい、マスク、手洗いの意外な盲点などなど。
「新型インフルエンザ」に関する最新の情報を詳しく検証してみた。(文/礒部道生)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20080212/1006997/

787 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/15(金) 23:37:08
新丸ビルで新型の講座だよ。
http://ecozzeria.jp/news/news20080214_01.html

788 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/16(土) 05:28:48
専門家でない人が、専門家と主張して講演するのは、そろそろ
いいかげんにしてもらいたい。
嘘の経歴も、あくまでこのまま主張し続けるらしい。
他人を騙すことにも麻痺しているらしい。




789 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/16(土) 07:33:42
書けるかな

790 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/16(土) 07:52:27
こんなオバちゃんに振り回される日本のサイエンスってなんなの?
感染研の責任はどうなってるの?

791 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/16(土) 07:56:44
【パンデミック・フルー】岡田晴恵って【H5N1】
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/infection/1201447061/

792 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/16(土) 10:04:33
スペイン風邪級のが来たら90万人位が死ぬ計算。



793 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/16(土) 11:38:18
疑似科学を考える
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1177604847/275

健康に関する疑似科学
 +
ホントっぽいけど疑似科学
 +
論外。というか宗教
 =
<インフルエンザパンデミック>
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/05pandemic.html
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/08.html
<如何様感染症布教洗脳霊感詐欺師>
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/infection/1201447061/
<死ぬ死ぬ「感染爆発」詐欺>
http://antikimchi.seesaa.net/category/2530636-1.html

794 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/16(土) 13:04:27
あん?餡かけチャーハン?

795 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/16(土) 17:41:51
【話題】経営者は新型インフルエンザ流行が企業に与える影響を理解すべき=米危機管理社[08/02/14]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1202977470/

796 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/16(土) 20:34:56
新丸ビルで戦う猛者はいないのか?

797 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/16(土) 20:47:36
わざわざ金払って招く珍しい女狐猿を虐めたらぜったいに駄目だお

798 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/16(土) 23:49:35
研究すらしたこと無いただのおばさんが
自分が専門家だと狂信する土壌は何だったのか???

感染症研究所の不思議

権力や地位が人をおかしくする




799 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/16(土) 23:51:54
感染研の慰安婦情婦だったりqあwせdrftgyふじこ…

800 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/16(土) 23:53:18
国立感染症研究所 下級研究員
インフルエンザの研究論文報告 無

801 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/16(土) 23:55:03
WHO多国籍製薬会社を向こうに、ワクチン問題で大立ち回り。孤軍奮闘、日本人を守った沖縄人ウイルス学の権威・根路銘邦昭
http://www.asyura2.com/0401/dispute16/msg/631.html
投稿者 加算ドラ 日時 2004 年 3 月 12 日 11:58:06:vaxGyR6/jOtSc

根路銘国昭博士「この春先にかけて、鳥インフルエンザはアウトブレークする可能性があり、今、まさに開戦前夜といえます。」
http://www.asyura2.com/0401/dispute16/msg/638.html
投稿者 黒酢 日時 2004 年 3 月 13 日 20:10:10:/T2bLx8VstvPk

■感染しない日本人〜週刊アカシックレコード030612■
http://www.asyura.com/0306/health5/msg/168.html
投稿者 M 日時 2003 年 6 月 13 日 15:36:06:

アジア全体で見れば鶏の大量感染が沈静化した「鳥インフルエンザ騒動」をどう考えるか
http://www.asyura2.com/0401/dispute16/msg/639.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 3 月 13 日 20:33:10:Mo7ApAlflbQ6s


【根路銘国昭】
1939年、沖縄県生まれ。北海道大学獣医学部卒。1966年、国立予防衛生研究所に入所。
以後、1978年、日本を襲ったスペイン風邪ウイルスのルーツを解明したのをはじめ、
人工膜ワクチンの開発、カイコの利用によるワクチンの大量生産法の確立など、数々の業績を上げる。
日本を代表する世界的ウイルス生態学者。国立予防衛生研究所。呼吸器系ウイルス研究室室長、
WHO(世界保健機構)インフルエンザ・呼吸器ウイルス協力センター長などを経て、
現在、生物資源利用研究所所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/product-description/4334974392/
1997年に、毒性の強いH5N1型トリインフルエンザが初めてヒトで見つかった。発生地は香港。
知らせを受けて厚生労働省(当時厚生省)は、直前にまとめていた新型インフルエンザ対策綱領に沿って
現地調査やその後の調査研究を開始。元国立感染症研究所のウイルス研究者である著者は、
その対策メンバーの1 人だった。
http://www.amazon.co.jp/dp/4334974392

802 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/17(日) 00:08:02
【ESPIO】
http://espio.air-nifty.com/espio/

インドネシアの科学者を当惑させる「謎の鳥インフルエンザ」
http://espio.air-nifty.com/espio/2008/02/post_189a.html
インドネシア―鳥インフルエンザ診断の難しさ
http://espio.air-nifty.com/espio/2008/02/post_5895.html
(本当にインフルエンザウイルス感染が原因なのかな?)

2007 年に発生した高病原性鳥インフルエンザの感染経路について
http://espio.air-nifty.com/espio/2008/02/2007_a190.html

一件もヒットせず
http://espio.air-nifty.com/espio/2008/02/post_7333.html
>■東大医科研・河岡センター長 新型インフルは生ワクチン開発が重要 2008.01.23 日刊薬業
タミフル耐性
http://espio.air-nifty.com/espio/2008/02/post_65c4.html

インフルエンザ?麻疹?
http://espio.air-nifty.com/espio/2008/02/post_771b.html

803 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/17(日) 05:11:32
名無しのひみつ:2008/02/09(土) 16:05:08 ID:TBA8MIUt
起こらなかったらそれでいいだけなのになんで準備の邪魔したがるのクズどもから氏ね

804 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/20(水) 21:18:47
野鳥餌やり:鳥インフル絡み、注意喚起 伊豆沼わき池に看板設置 /宮城
2月20日12時2分配信 毎日新聞

 ◇マナー訴えの看板に「野鳥にさわらないで」

 登米市と財団法人・県伊豆沼・内沼環境保全財団は連名で同市迫町新田の伊豆沼わき給餌池入り口に餌やりマナーの
順守を呼びかける立て札を4本立てた。交通事故の危険を伴う道路や駐車場での餌やりをしないようにとの呼びかけが主だ
が、「野鳥にさわらないで」との文言も添えている。同市は高病原性鳥インフルエンザ絡みでの注意喚起と説明する。この種
の言及は県内では初めてという。【小原博人】

 同給餌池は多数のカモ類や白鳥が越冬し、愛鳥家らが道路や駐車場にまで餌をまき、鳥が飛び出して車にひかれる被害
があった。このため、同市環境課は同財団や自然保護団体などと折衝して交通事故を防ぐのを第一義に立て札を設けた。
その一方、世界的な脅威になっている高病原性鳥インフルエンザへの対応の意味合いから、過剰反応にならない範囲で、
「鳥との節度ある距離感」を求める文言を加えた。

 世界では、鳥から人への高病原性インフルエンザの感染事例が相次ぎ、高い致死率を見せているとの報道が続いている。
この状況を背景に、「水鳥の里」が一定の立ち位置を示した。

 県内ではこれまで、野鳥から鶏などへの高病原性鳥インフルエンザ感染事例は発生していない。また、国立感染症研究所
感染症情報センター(東京都)によると、野鳥から人に、鳥インフルエンザが直接感染した事例は世界的に確認されていない。
病気になった家禽(かきん)の排せつ物に密接に触れるなどして感染するとされ、野鳥との一般的な接触で感染する危険性は、
極めて低いとされている。

2月20日朝刊
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080220-00000065-mailo-l04

805 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/20(水) 21:20:07
鳥インフルエンザ問題検討委員会の検討結果報告
http://wwwsoc.nii.ac.jp/osj/japanese/materials/birdflu/birdflu_main.html
「高病原性鳥インフルエンザに関する意見交換会」 議 事 次 第
http://www.maff.go.jp/syoku_anzen/161015tori_iken_kokan/bird_flu.htm

「ウイルスの脅威から地球を守る」パンデミック(世界的大流行)を起こさないための国としての対策を 
ウイルス学者(東京大学感染症国際研究センター長) 河岡義裕さん
http://www.jili.or.jp/kuraho/2006/inochi/web04/i_web04.html
第5回NBI対談 - 日本バイオロジカルズ株式会社
http://www.nbi.ne.jp/talk5.html
鶏インフルエンザに関する東京大学河岡義裕教授の講演を聴講して
http://www.jpa.or.jp/news/item/2001/08/22/010822_cho_ko.html

★北大★人獣共通感染症リサーチセンターA
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1196401102/
【世界の】東京大学医科学研究所【医科研】A
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1201546095/
【獣医ウイルス学】人獣共通感染症って何?
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/1202735821/
H5N1って何さ?
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1200735765/

806 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/21(木) 00:09:29
心理諜報戦
諜報機関に騙されるな!
http://espio.air-nifty.com/espio/

ミイラ取りがミイラになる(笑)

807 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/21(木) 01:14:43
ん? 論文ないの? あのオバさん
こりゃたいへんだ! TVに出て国民の心理を惑わせるんじゃないよ



808 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/21(木) 04:31:52
名無しのひみつ:2008/02/09(土) 16:05:08 ID:TBA8MIUt
起こらなかったらそれでいいだけなのになんで準備の邪魔したがるのクズどもから氏ね


809 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/21(木) 05:10:23
しれーとした顔で濡れ手に粟で税金泥棒したいのね(笑)

810 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/21(木) 22:05:39
流れ切って申し訳ない。
まず、俺は新型感染症板を見て、不安になってしまった。
で、今は本当にパンデミック起きるのか、色々と調べてた。
それで、ここにたどり着いたんだが、正直
この騒動は嘘なのか、本当なのか、それが知りたいです。

嘘なら、ニュースで東南アジアなどの人たちが死亡しているのは、
どうしてなのかなど、パンデミックに関する話の真実を知りたい。

気を悪くしてもらいたくないんだが、2ちゃん(匿名)という板より、
どうしても肩書きがある人の論文を信じてしまうし、神経質な性格だから、
どうしても新型感染板を信用してしまう(こっちも2ちゃんだけど)。
無知なのは、謝る。ただ、本当に起きるのかどうかを教えてください。
気休めかもしれないけど、それが知れたら肩の荷が降りるんだ。。。

811 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/21(木) 22:17:13
東南アジアで発病しているのは、ほとんどが、病気で死んだニワトリを加熱せずに摂取したり、闘鶏のニワトリの軌道分泌物を口で吸引したりして感染している。
日本では、ニワトリの鳥インフルエンザがあれだけ被害を出しても、人間の感染例は1例も見つからない。
その説明が欲しい。

812 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/22(金) 01:07:58
>日本では、ニワトリの鳥インフルエンザがあれだけ被害を出しても、人間の感染例は1例も見つからない。

日本では東南アジアに比べたら全くと言って良いほど被害が起きてないだろ。
日本で東南アジアレベルの流行があれば、感染例もすぐに報告されるさ。


813 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/22(金) 01:10:27
>>810
生物版にはストーカーってキチガイがいるからなw
論文を信じるおまいさんは普通だし正しい。

814 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/22(金) 01:20:30
>>813
レス、ありがとう。
情報が錯綜してて、どれを信じたらいいのかわからない状態なんだ。
もし、本当に起きるとして、怖くないの?備蓄とかは?
ホント、ハリー彗星の時みたいに、後から
「結局何もありませんでしたー」なEDなら良いんだけどな。。。
結局起きると思う?それとも本当にヤラセ?

815 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/22(金) 01:27:16
>>814
起きるかもしれないし、起きないかもしれない、ってとこじゃないか?
でもこれまでの研究からパンデミックの可能性が考えられる以上、
それなりの対策を取った方がいいと思う。
何も起こらなければ拍子抜けかもしれんが、それはそれでオケだし。

816 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/22(金) 01:29:39
>>814
ヤラセはありえないだろ。
(ストーカーの頭の中ではヤラセらしいが。)
WHOもCDCもアメリカも日本も東南アジアもインフル研究者も全部グルのやらせなんて有り得ない。
起きる可能性がある以上、対策は当然だよ。

817 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/22(金) 01:34:54
>>815,816
即レス、ありがとう。
なんだか、泣けてきたなぁ。。。涙
備蓄は明日から、細々とやるよ。
俺まだ20歳なのに。。。
サイトカインストームで終わるのは、嫌だなぁ。。。
弱毒化してくれないかな。
ただ、一番は拍子抜けオチですが。

818 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/22(金) 02:15:38
>>817

素直過ぎだ。

サイトカインストームと呼ばれている物は治療ミス、薬害の疑いが強い。

鳥フルが人型に自然に変異するとすれば、長期継続的な患者発生の後だ。

問題の鳥フルが鳥類間でどの程度感染性があるのかに付いて、実証的データが発表されていないのではないか?
全くないとすれば、各地で発生している鳥フルは、人為的にバラ撒かれている可能性すらある。

実際の感染経路は餌かも知れない。でなければ野鳥の中に大量に発生していてもおかしくない。
鶏舎飼いの鶏の抵抗力の弱さもあるが、一斉処分程度で簡単に収束している点は妖しさ満点だ。

恐いのは、人為的に一感染型が創出されてバラ撒かれる事だ。この意味で用心は必要だ。



819 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/22(金) 03:07:08
2008/02/21-03:40
新興感染症の6割が動物起源=過去約60年の335件調査−英米チーム

 世界の新興感染症の出現件数は過去約60年で約4倍に増え、6割が動物に起源があることが分かった。
英ロンドン動物学会や米コロンビア大などの研究チームが出現状況を地図にまとめ、21日付の英科学誌
ネイチャーに発表した。毒性の強いH5N1型鳥インフルエンザや新型肺炎(SARS)など、開発途上国での
出現が目立っており、早急に監視体制を強化する必要があるという。

 研究チームは、1940年から2004年までに医学文献に掲載された335件の新興感染症の出現報告を
分析した。その結果、病原体別では細菌・リケッチアが54%と、ウイルスやプリオンたんぱくの25%を大きく
上回った。全体の60%の起源が動物で、このうち72%がSARSの感染源となった中国に生息するコウモリ
のように野生動物だった。過去最悪は、アフリカのチンパンジーからうつったとみられるエイズだった。

 野生動物からの新興感染症は開発途上国が多いが、先進国でも病院で抗生物質の多用による耐性菌が
出現したり、生野菜などの食材生産施設で病原性大腸菌の変異株が発生したりしている。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008022100045
--------------------------------------------

細菌と寄生虫とウイルスはまったく別個の存在で、しかも、細菌寄生虫は動物共通かもしれんが、
ウイルスは共通とはいえんからな・・・。

獣医学のオツムは、そこんとこをごっちゃにして、こわいこわいを煽りすぎなんだよな。

820 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/22(金) 10:55:33
>>818
レス、ありがとう。
ごめん、俺こういう生物的な話題には無知なんだ。
頭がこんがらがってきたんだけど、つまり、
今噂の「鳥インフル」が「新型」に変異した場合、
実際は、致死率60%ではないってこと?
その代わり、感染率が上がったら、結局死ぬ人は増えるのかな。

というか、サイン〜が薬害ってのは、つまり、どういうこと?
免疫力を落としすぎたってこと?
質問ばかりでごめん。ただ、教えて欲しいです。

821 :ジュセリーノ予言的中☆新型インフルエンザで死者続出!!:2008/02/22(金) 15:13:32
ジュセリーノの予言から何人も逃れることはできません。
数年で7300万人の死者がでます。
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1201872298/283

822 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/22(金) 22:48:40
富士山大爆発の類いだな

823 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/22(金) 23:17:07
毎日飯食ってたら風邪で死なんよ

824 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/23(土) 00:11:24
机上の空論
大阪府 知事

825 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/23(土) 09:32:22
【書評】家庭に2カ月籠城する準備を―「H5N1型ウイルス襲来」[著]岡田晴恵
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1203653457/

826 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/23(土) 09:54:03
現代版 デカメロン乙

827 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/23(土) 11:36:13
>>826
  ↑
 妄想乙w

828 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/23(土) 12:05:49
地球温暖化と感染爆発というオカルト科学ごっこ情報環境。

829 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/24(日) 21:55:32
パンでミックは必ず起こる!!
と、大騒ぎしている奴は、
もし、鳥員降るが収束に向かうと大変困るだろう。

しかし!!!!!

その張本人が、研究者と称して
鳥院降るを、所有していて、いつでもまき散らすことが
できるとしたら、、、、、
しかも、人工合成できるとしたら、、、、

俺はこの事実がとても怖い。

カルトが、袋小路に迷い込んだら、、、、
歴史が証明する。
集団自決あるいは自作自演テロ。
人類全体を相手にした自作自演バイオテロ。

パンでミックウイルス所有カルトが
必ずパンでミックが起こると言う以上
パンでミックは必ず起こる。俺は怖い。


830 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/24(日) 23:07:57
>>818 ペスト、デング、エボラもサイトカインだよ。

831 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/24(日) 23:49:08
>>830

できるだけ信頼性のありそうな資料を挙げてくれ。

832 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/25(月) 00:27:51
人工ウイルスってさ、論文の中でしか存在できないみたいよ。

【行政】「科研費NEWS」を創刊 文部科学省
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1183031916/
【分子生物】「リバースジェネティクス」が注目されている- 遺伝子からウイルス合成
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1163513417/

833 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/25(月) 00:28:54
実際オウムもものにできたのは、ケミカルのほうだけ。
バイオのほうは、なかなか無理っていうか、そもそもが・・・(笑)

834 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/25(月) 02:33:22
ホントに怖いのは、天然痘ウイルス
種痘未接種の若い世代の被害は甚大

835 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/26(火) 02:46:54
【主張】事前対応ワクチン 早期接種の検討を始めよ
2008.2.25 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/life/body/080225/bdy0802250236000-n1.htm

836 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/26(火) 16:41:27
インフルエンザは寝てれば治る!
http://www.222.co.jp/netnews/article.aspx?asn=11650

837 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/26(火) 20:13:30
エイズウイルスの時は最初は誰も信じなくて後々爆発的に感染。
転ばぬ先の杖ということで、先に手を打つことは理にかなう。

研究者という生き物は、実験で確かめたことを元にしてしか議論できない。
今は、現象(人が勝手に感染死)ばかりが先走っていて、研究が追いついていない。
従って、100%確かな情報など、マスゴミをふくめた一般人に回るわけがない。

生物板には賢い研究者ばかりしかいないはずだから、
>>829のような池沼の書き込みはあり得ないのだが・・・おかしい・・・>>829の頭が・・・

つかー死ね

838 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/27(水) 08:46:06
幻想科学小説オタみたいのが相当増殖しちゃってんだな、研究者みたいなものたちにも。

【幻想に生きる】
http://takedanet.com/2008/02/post_7c2e.html
http://takedanet.com/cat5408025/index.html

839 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/29(金) 22:16:40
【てい談 新型インフルエンザに万全の備えを】 公明新聞:2008年2月29日

 世界中で感染が拡大している鳥インフルエンザのウイルスが人から人へ感染する新型インフルエンザに変化するのは“時間の問題”
とも危惧されています。そこで、世界的大流行(パンデミック)時の対策などについて、国立感染症研究所の田代眞人ウイルス第3部長と、
公明党の渡辺孝男新型インフルエンザ対策本部長(参院議員)、国会でこの問題をいち早く取り上げ、政府の対策を推進してきた沢雄二
農林水産大臣政務官(公明党=参院議員)に語り合ってもらいました。

田代 感染拡大の防止へ国民の理解と協力が不可欠に
沢 医療だけでなく、国家の危機管理にかかわる問題
渡辺 行動計画の再点検など公明党も対策強化に全力

 渡辺孝男党対策本部長 新型インフルエンザは、鳥などの動物に流行する鳥インフルエンザウイルスが突然変異し、人から人への感染
力を得た感染症です。鳥インフルエンザの中でも伝染力が強く、強毒性で致死率の高いものが「高病原性鳥インフルエンザ」(H5N1型)で、
人への感染が広がっています。

 沢雄二政務官 20世紀に人類は「新型インフルエンザ」に3回襲われています。「スペイン風邪」「アジア風邪」「香港風邪」の三つですが、
10年から40年の周期で「新型」が大流行しました。人類は「新型」に対する免疫を持たないので、パンデミックが心配されます。そのため
世界では、鳥インフルエンザの段階での封じ込めに全力を挙げています。

 田代眞人部長 そうです。過去に発生した新型インフルエンザはすべて、弱毒性の鳥ウイルスに由来してきました。しかし現在のH5N1型
は、強毒型です。

 1997年、香港でH5N1型のウイルスの人への感染が初めて確認されましたが、香港はニワトリとアヒルを全部処分して感染源を断ち切り
ました。しかし、2004年に東南アジアを中心にH5N1型のウイルスが広がり、そこでの初期の封じ込めに失敗。強毒型のウイルスは、世界
中に広がり、定着しました。

 現在、世界保健機関(WHO)の報告では、鳥インフルエンザの人への発症者数の累計は、約360人で、致死率は約63%に上っています。
その病態も通常のインフルエンザとまったく異なります。

840 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/29(金) 22:18:51
>>839(続き)
 渡辺 通常のインフルエンザは、上気道(鼻とのど)でウイルスが増え、症状としては熱が出て、節々が痛くなり、倦怠感やせきが出ます。
健康な人なら1週間で回復しますが、抵抗力が極めて弱いお年寄りなどを除けば、命にかかわることはまれです。

 田代 それに対し、H5N1型のウイルスは、感染するとほぼ確実に発症し、半数以上が死亡します。特に、40歳未満の成人、青少年、小児
に非常に感染者が多いのが特徴です。

 渡辺 ウイルス感染が起こるとサイトカインストームと呼ばれる一連の生態防御反応(熱が出る、節々が痛むなど)が起きますが、若く、健康
な人ほど、その反応が過剰なために、かえって臓器を傷つけ、多臓器不全という危険な状況になってしまうからですね。

時期は不明だが発生は不可避
 沢 90年前に「スペイン風邪」が大流行した時、日本は約43%の感染率で、1年間で45万人もの犠牲者を出しました。しかも、当時の輸送
手段は、船か汽車でしたが、現在は航空機で世界中が結ばれています。「スペイン風邪」は、約11カ月で世界中に広がりましたが、空気感染
する新型インフルエンザは、1週間で瞬く間に広まるとされています。通常のインフルエンザとして対応すると、大きな過ちを犯します。

 田代 新型インフルエンザはいつ発生するかは不明ですが、発生することは避けられません。鳥のウイルスは高温で増えやすく低温で増え
にくいのですが、むしろ人の体温で増えやすいように変化したウイルスも多数見つかっています。まさに人類は“時限爆弾”の上に座ったまま、
ずっといなければならない状況にあるのです。

 沢 各国が大流行に備え、健康被害の推定をして、それに基づく対策を準備しています。例えば、米国は30%、カナダは35%が推定感染率
ですが、それらの国より人口密度が高い日本は25%と低い推定です。

 田代 厚生労働省では、その2%に当たる64万人が死亡すると試算しています。しかし、各国の推定は「スペイン風邪」を「最悪の事態」と想定
したものです。「新型」が「最悪」を超える可能性は高く、備えを急がねばなりません。

841 :名無しゲノムのクローンさん:2008/02/29(金) 22:20:23
>>840(続き)
 渡辺 大流行時には、患者に接する医療従事者が感染し、医療サービスが維持できなくなる可能性があるため、欧米では、医学生や看護学生、
薬剤師、獣医師なども緊急事態時に医療サービスを補佐できるような計画を立てています。

米国は大流行時に「ろう城作戦」
 沢 米国など多くの国では自宅での「ろう城作戦」を取ります。感染を防ぐには人と接触しないのが一番いいわけです。米国では10日分程度の
食料、日用品などを各家庭で備蓄するよう強く勧告。学校も閉鎖しますが、自宅で勉強ができるよう学年別のカリキュラムまで作成しています。

 田代 企業にとっても深刻な問題です。欧米の企業では、大流行時の経済活動を保持し、社会的責任を果たすために、どうやって社員を出勤
させずに在宅でビジネスを続けるか、そのためにはインターネットの回線数をどれだけ確保するかなど、詳細なプランを作っています。また、感染
拡大を防ぐには、国民の行動の自由も制限せざるを得ません。ただ、現在の法律では強制はできませんので、国民の理解と協力が不可欠です。
こうした対策を事前にやっておかないと、パニック状態になってしまいます。

 沢 パニックを防ぐには、正確な情報を国民に伝えるため、マスメディアの役割も重要です。二次的被害として経済・社会活動の停滞も懸念され
ます。日本の経済損失は1年間で約20兆円との試算さえあります。新型インフルエンザは医療だけの問題ではなく、国家の安全保障・危機管理
にかかわる問題です。

 渡辺 日本では、行動計画に沿って、予防投与を行うためのタミフル(治療用の抗インフルエンザウイルス薬)を2800万人分、流行初期に接種
するプレパンデミックワクチン1000万人分の備蓄などが進められています。昨年は人から人への感染が確認された段階で、行政や医療機関、
企業、個人が取るべき具体策をまとめたガイドラインがつくられました。

 今年(2008年)1月には、自民、公明両党の与党鳥由来新型インフルエンザ対策に関するプロジェクトチーム(PT)が発足しました。国の行動
計画を再点検し、対策強化に取り組んでいきます。

502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)