5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【世界の】東京大学医科学研究所【医科研】

1 :pontin:2007/12/28(金) 12:09:59
公式サイト
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/

前スレ
東京大学医科学研究所
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1191474002/





2 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 12:11:21
2!!

3 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 12:38:04
15 :スレタイ進化論:2007/04/10(火) 01:51:14
【みんなの】☆★☆東大医科研☆★☆【あこがれ】
2005/11/07(月)11:50:37

白金 ☆★東大医科研★☆ part2
2007/03/03(土)01:25:17

【黒い巨塔】 灯台烏賊様研究所 【創科学界】
2007/04/09(月)01:22:48

【黒燈台】当代烏賊様軒【創科学界】★2

【黒鷺台】当代烏賊様喧々汲々処【創科学界】★3

東京大学医科学研究所

【世界の】東京大学医科学研究所【医科研】



ながらく、【みんなの】【あこがれ】の三ツ星研究所だったのに
転落は早い 白から黒へ 医科研から、烏賊様研へ

医科研再生を願って立てられた正調スレ第2弾



4 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 13:11:33
RNAウイルス学・免疫学・人畜共通感染症・ゲノム科学の分野では、当代烏賊様研究所に俊秀が集い大きく発展した。

フランス医学のロンマンティシズムを湛える後輩の思慕熱い悪倉廣
アメリカ医学の合理性を追求した織田冥土医学巨額投資の立役者・豊揣摩熊男
人工ウイルス捏造の鬼才・長居悪之
コロリ下痢毒素ワクチンを夢見る永遠の文学青年・茸田悪文
人畜共通の鼻祖・呑元飽男
人畜共通の鼻糞・革丘悪裕
棒グラフの魔術師・多寡津濁志
剽窃家にして織田冥途(雲古)便茶の旗手・サンタマリア
日本RNAコピペ学会会長・中村悪一
コロリ毒素米の発明者・粘膜宏
モノクロの魔術師・アスベスト地下男

5 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 16:05:49
「再生」という「偽装」

6 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 19:35:15

14 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2007/10/05(金) 16:35:24
鳥インフルエンザ、アミノ酸変異で大増殖…東大チーム発見
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1191565749/

鳥インフルエンザ、アミノ酸変異で大増殖…東大チーム発見

 新型インフルエンザウイルス大規模流行につながる恐れがある鳥インフルエンザウイルス
中のアミノ酸の変異を、河岡義裕・東大医科学研究所教授の研究チームが突き止めた。

 新型インフルエンザの流行を予測する際の有力な手がかりになるとして注目されそうだ。
5日のオンライン科学誌に掲載される。

 研究チームは、人に感染した2種類のH5N1型の鳥インフルエンザウイルスを構成する
たんぱく質を比較。ウイルスの増殖に関係している「PB2」と呼ばれるたんぱく質を分析した
ところ、627番目のアミノ酸が、人の鼻粘膜での増殖に大きくかかわっていることを見つけた。

 さらに、このアミノ酸を人工的にリジンという別のアミノ酸に変えたウイルスを作り、マウス
に感染させたところ、感染後3日間で、鼻の粘膜でのウイルス数が変異前に比べて1万倍
以上に増えることが判明。一方、627番目がもともとリジンであるもう片方のウイルスを
改造し、ここをグルタミン酸というアミノ酸に変えた場合は、鼻粘膜ではほとんど増殖しなか
ったという。

 河岡教授は「鼻の中でウイルスが増えれば、くしゃみなどによりウイルスが周囲に飛び
散り、人同士で感染する可能性が高まる。新型インフルエンザの流行を最小限に抑えるた
めにも、この部分のアミノ酸の変化に注意を払い、監視する必要がある」と話している。
(2007年10月5日14時38分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20071005i307.htm
------------------------------------------------

鳥(鶏)にも人にもマウスにも感染増殖可能なウイルスなのか。すごいなそれは。

7 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 19:38:14
致命的インフルエンザウイルスの新発見=『ネイチャー』
http://jp.epochtimes.com/jp/2007/02/html/d47343.html
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1169122599/121n-

「スペイン風邪をサルで再現させて、謎だったウイルスの病原性を解析」
Nature 445:23, 2007
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/research/papers/07011901.php

Aberrant innate immune response in lethal infection of macaques with the 1918 influenza virus
http://www.nature.com/nature/journal/v445/n7125/full/nature05495.html

1918 Killer Flu Tested on Monkeys
Washington Post
By SETH BORENSTEIN
The Associated Press
Wednesday, January 17, 2007; 11:06 PM
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395.html
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395_2.html

8 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 19:43:44
――そもそも今日の烏賊様軒がこのような欺瞞捏造を行ない、
世をはばからぬ偽装・偽造が、ついには国の対策・政策の
法制度にまで及んだ根本原因はどこにあるのですか。

「非常に簡単です。現在の地位を失うかもしれないという恐れや不安です。
一人一人が恐れ、一人一人が毎日を最後の一日と考えて過ごす。
そうすると、その人は自分の最低線(正常な人間が持っている道徳、良心など)を打ち破る」
http://blog.goo.ne.jp/gokenin168/e/42a1d2f84f8e55266363c73484214e28

9 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 19:48:16
【医学】鳥インフルエンザ、アミノ酸変異で大増殖…東大チーム発見
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1191584368/

【CREST】「免疫難病・感染症等の先端医療技術」HP
http://www.imm.crest.jst.go.jp/index.htm
【CREST】平成13年度 研究年報「インフルエンザウイルス感染過程の解明とその応用」
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/report/heisei13/html/mokuhyou/mokuhyou08.html#08-1
【CREST】平成14年度 研究年報「インフルエンザウイルス感染過程の解明とその応用」
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/report/heisei14/html/mokuhyou/mokuhyou08.htm#01
【CREST】平成15年度 研究年報「インフルエンザウイルス感染過程の解明とその応用」
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/report/heisei15/html/mokuhyou/mokuhyou10.htm#01
【CREST】平成16年度 研究年報「インフルエンザウイルス感染過程の解明とその応用」
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/report/heisei16/html/mokuhyou/mokuhyou12.htm#01
【CREST】平成17年度 研究年報「インフルエンザウイルス感染過程の解明とその応用」
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/report/heisei17/html/mokuhyou/mokuhyou17.htm

「課題評価  中間評価 - 平成13年度採択分」
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/eval/ch_2006.html
■研究領域「免疫難病・感染症等の先進医療技術」中間評価(課題評価)結果
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/eval/chukan/20050318/5_meneki/index.html

10 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 19:50:19
【あるある鳥→人H5N1感染】
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1161182193/
【あるある強毒ウイルス】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1138278217/
【あるある(強毒化)大変異】
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1163630005/l50
【あるあるflu人工合成ウイルス】
http://news2.2ch.net/newsplus/kako/1043/10437/1043736910.html
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1163513417/
【あるある宿主域拡大】
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1163630005/l50
【あるある受容体(レセプター)】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1143299270/
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1143050829/
ttp://j.peopledaily.com.cn/2006/03/23/jp20060323_58416.html
【あるあるタミフル耐性】
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1135229868/
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1081303810/
【あるある大流行】
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1169122599/l50
【あるあるタミフル耐性ウイルスのヒト→ヒト感染】
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1175676429/l50

【あるあるアミノ酸変異で増殖至適温度変化】
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1191584368/


『インフルエンザ危機(クライシス) 』
http://www.amazon.co.jp/dp/4087203131/

11 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 19:51:55
『それは、絶対にアブナイですヨ。』
http://www.nbi.ne.jp/talk5.html
『インフルエンザウイルスは、馬・アザラシ・鯨を含めた各種動物に感染する。』
http://www.jpa.or.jp/news/item/2001/08/22/010822_cho_ko.html
『ウイルスの脅威から地球を守る』
http://www.jili.or.jp/kuraho/inochi/web04/i_web04.html

【「高病原性鳥インフルエンザに関する意見交換会」】
http://www.maff.go.jp/syoku_anzen/161015tori_iken_kokan/bird_flu.htm
【日本における鳥インフルエンザ問題の現状と課題】
http://wwwsoc.nii.ac.jp/osj/japanese/materials/birdflu/birdflu_main.html

【鳥インフルエンザ(新型インフルエンザ)】
農林水産省
http://www.maff.go.jp/tori/index.html
厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou02/index.html
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
環境省
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/index.html
外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kansen/influenza/index.html
内閣府食品安全委員会
http://www.fsc.go.jp/sonota/tori1603.html
http://www.fsc.go.jp/sonota/tori/tori_rink.html

12 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 19:57:57
★北大★人獣共通感染症リサーチセンターA
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1196401102/
【(独)農研機構】動物衛生研究所【欠陥ヨーネライサ?】
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/1192441888/
【疫病】NIID 国立感染症研究所【伝染病】
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1193310901/

■牛海綿状脳症(BSE):連続講座 人獣共通感染症 Index
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/05_byouki/ProfYamauchi.html

【動物の病気 Index】
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/05_byouki/byouki-index.html
社団法人 日本獣医学会
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/
役 員
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/01_gakkai/Yakuin2002.html

財団法人 日本生物科学研究所
http://nibs.lin.go.jp/index_jp.html

13 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 19:58:44
【Characterization of an avian influenza A (H5N1) virus isolated from a child with a fatal respiratory illness.】
ttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=9430591&dopt=Abstract


564 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2007/11/20(火) 21:58:54
H5N1でよく出てくる人のインフルエンザ論文数を試しに検索してみた。

河岡義裕先生 198論文
喜田宏先生 94論文
ウェブスター先生 498論文
田代真人先生 48論文
岡田晴恵先生 なし

うーーーん、参考程度にはなると思うのだが
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1132123761/564

14 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 20:01:31
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1184647162/
学問・理系 [生物] “『どーすればなくなるか?捏造。』【参十二報目】 ”

613 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2007/08/30(木) 05:48:59
革Pの言い訳が面白いよ
cooking の名人なんだ

インフルエンザウイルスで世界的に有名な東大医科研の河岡義裕先生をお呼びしました。コッホ賞を受賞し、アエ
ラの表紙まで飾った河岡さんは、大変気さくで、(ここでは書けない?)いろんな話をさせて頂きました。「研究室員
は”ハンター”です。私はただの”料理人”です。料理人が狩りの仕方を教えられるわけはありません。だから、私は
ラボで一切superviseをしません」という言葉が印象に残っています。

http://kanuka.exblog.jp/5350369/

15 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 20:02:23

966 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2007/12/26(水) 09:01:30
平成19年度東大医科研10大事件
1) 御子柴、渋谷、竹縄、高津、4教授定年―長年ご苦労様でした
2) 創立40周年記念シンポは、捏造、剽窃、コピペ教授の揃い踏み
3) 河Pの捏造―ワシントンポスト記事の痛烈批判を絶賛と誤読、一転窮地に
4) マリア剽窃の過去暴露―ガンワクチンの成果も疑問視され、進退窮まる
5) ヨシカーズコピペ告白で、コピペ人生を裏書き
6) 医科研再生に向けて6人の若手採用―選考は、捏造教授
7) 旧公衆衛生院の建物塩漬けーTRセンターへの見果てぬ夢
8) 総合研究棟外壁手抜き工事発覚―差額は政治献金か
9) ヒトゲノムセンター空洞化ートップの更迭も視野に
10)新領域創成科2号館に集結―柏の発展を横目に白金台に籠城

番外1)祝!毒素米ワクチンで野口英世賞受賞ー清野宏
番外2)妻異例の出世で20年前の捏造発覚−蟻蛾夫妻
番外3)データ捏造の内部告発にマジ切れ―地下男

16 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 22:12:09
コレラ、粘膜と言えば

竹田美文岡山大大学院特任教授>>笹川千尋東大医科学研究所教授>>清野宏東大医科学研究所教授

994 名前: がー Mail: 投稿日: 2007/12/28(金) 08:09:20
熱源は、犯大微研wwww


17 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 22:15:32
懲戒免職農学部大学院アカハラ教授F(現星薬科大)も捏造の修行は、医科犬
-シグナル伝達屋熱杉

18 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 22:36:29
【東大】アカハラ8年間、元教授を懲戒処分=学生にいじめ、教員二人を殴る暴力−東京大学
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1198663371/

19 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 22:43:34
【狂牛病】 牛肉の安全を再考する 来年、全頭検査が中止にt…山内一也・東京大学名誉教授
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1184369280/

科学と政治の溝を埋めるには説明責任の確保が必要
http://www.yodosha.co.jp/btjournal/keyman/yamanouchi_4897061709.html

「プリオン病―牛海綿状脳症のなぞ」 山内 一也 小野寺 節  近代出版 (1996/11)
「プリオン病―BSE(牛海綿状脳症)のなぞ」 山内 一也 小野寺 節  近代出版; 第2版版 (2002/08)

「エマージングウイルスの世紀―人獣共通感染症の恐怖を越えて」山内 一也 河出書房新社 (1997/12)
「異種移植―21世紀の驚異の医療」山内 一也 河出書房新社 (1999/09)
「カミング・プレイグ―迫りくる病原体の恐怖」ローリー ギャレット、Laurie Garrett、山内 一也、 大西 正夫 (単行本 - 2000/11)
「悪魔の生物学―日米英・秘密生物兵器計画の真実」エド レジス、Ed Regis、柴田 京子、 山内 一也 (単行本 - 2001/7)
「異種移植とはなにか―動物の臓器が人を救う」デイヴィッド・K.C. クーパー、ロバート・P. ランザ、David K.C. Cooper、 Robert P. Lamza (単行本 - 2001/9)

「狂牛病(BSE)・正しい知識」山内 一也 河出書房新社 (2001/12)
「プリオン病の謎に迫る」山内 一也  日本放送出版協会 (2002/04)
「なぜ牛は狂ったのか」マクシム シュワルツ、Maxime Schwartz、南条 郁子、 山田 浩之 紀伊國屋書店 (2002/05)
「忍び寄るバイオテロ」山内 一也 三瀬 勝利 日本放送出版協会 (2003/02)
「人と動物のプリオン病」品川 森一、立石 潤、 山内 一也 近代出版 (2003/05)
「崩壊の予兆―迫りくる大規模感染の恐怖」ローリー・ギャレット、山内 一也、 野中 浩一  河出書房新社 (2003/8/18)
「だから、アメリカの牛肉は危ない!──北米精肉産業、恐怖の実態」ドナルド・スタル、マイケル・ブロードウェイ、中谷 和男、 山内 一也 河出書房新社 (2004/8/5)

「ウイルスと人間」
http://www.amazon.co.jp/dp/400007444X/
「地球村で共存するウイルスと人類」
http://www.amazon.co.jp/dp/4140842105/
「鳥インフルエンザはウイルスの警告だ!―ヒトとウイルスの不思議な関係」
http://www.amazon.co.jp/dp/4476032885/

20 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/28(金) 22:44:15
殴らなければ処分されなかったのにね。

21 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 01:01:41

◆◆◆捏造の世界的中心地・飯台(犯大)の10大ニュース(平成19年)◆◆◆
(1)犯大医学系研究科教授が学生をレイプ!捏造の次はレイプでも犯大が世界制覇か?
(2)捏造集団シモピーズ、Science論文もretract!Cell Metabolismには反証論文掲載!
(3)下Pの恩師M澤、自作のメタボの捏造診断基準発覚に対し肥マソ学会名義で逆切れ記者会見!
(4)犯大教授、府知事選に出馬!兄の元犯大総長はじめ大学ぐるみで利権目指し応援!
(5)ヤッギーズ、捏造批判に失禁したピペドが実名2ちゃんカキコ!「捏ではない」じゃあ何?
(6)犯大唯一のスター、アキーラが鏡台へ脱走を企図!ゴリラ元総長の恫喝で涙の残留!
(7)犯大の良心・しげちーが鏡台へ栄転!犯大は世界一の捏造のメッカの地位を磐石に!
(8)犯大歯学部生、構内で歯学部生を轢く!親が有力者で揉消し?飲酒?故意に轢いた?これが犯大!
(9)犯大、GCOEとワールドプレミア獲得!営々と積み上げた捏造の校風が原動力!
(10)vis論文の1stを生産した他界が神戸大栄転へ着々!犯大で学んだのは「製造物責任無視」!
(番外)シモピーズ、retractで共著者のiPS耶麻中に自爆テロ!「ノーベル賞はゴリラ元総長が先」
(番外2)シモピーズ2nd、「安芸のソナタ」の舞台、呉で凱旋講演!捏造はこの地で始まった!
(番外3)米PズのNCB論文に対し「間違いだろ?」と糾弾文章掲載!米P必死の言い訳!
(番外4)昨年逮捕の元「犯大生ホスト」、活動再開!犯大を辞める事ができた彼を応援しよう!
(番外5)犯大非常勤歯科医が売店から医学書を窃盗!まさに犯罪のデパート犯大!

22 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 03:05:41
研究室ってどこもギスギスしてるんだな

仲良くやってるような所ってあるの?


23 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 05:52:05
河Pとピペ土たち
清Pとピペ土たち

24 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 06:34:26
医科研再生の期待がかかる6研究部!!!でしょ。

25 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 07:58:48
あれれ、独立子牛募集じゃなかったの?

26 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 08:01:27
独立助教授、今いずこ。

27 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 08:25:27
江戸十里四方追放にて、かしわと、なにわに

28 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 09:00:47
ゲノムも、シグナルも、氷雪と熱像にはかなわないってことかwww orz

29 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 09:25:07
とうとう、熱像の疑惑は、二人の副所長にまで及んだか。プギャー


30 :motoharu seiki:2007/12/29(土) 10:08:58
Et tu, Brute?

31 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 11:28:29
ここまではカワオカストーカーの独壇場だなwww

32 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 11:45:09
ここからは、医科研再生の旗頭6人の若手子牛と除狂の紹介だwww

熱いのと冷たいのがいるけど、みんな、よろしくな

33 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 11:55:02
友を選ばば書を読みて、六分の狂気、四分の熱

34 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 14:28:10
捏:ボダ:隅=1:1:1の比率は、守られたの?

35 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 14:30:46
熱:(境+隅)=1:2

36 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 17:47:03
結局N山は来るの?

37 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 17:51:11
Nって学生時代はすごかったんだろうが
ボスとしてはいまいちな気がする
ノックアウトやりまくれば出せる業績だよな
ブレークスルーがないというか

38 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 18:03:37
↑批評家気取りの高齢ピペット土方がいかにもいいそうなセリフですね(笑)

39 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 19:02:00
これまでに、声がかかっても断った人はいるの?

40 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 19:08:09
『ウソにもおおいなる腕前が要る。才能のある者ほどこの道を行く。力のかぎり飾りた
てる。しかし、架空のハナシをつくる人の宿命は、どれほど綺麗に塗りあげても、まだ
加工が足りぬのではないかと不安になることで、これでもかこれでもかと、衣装の重ね
着と厚塗りに走るから、つい、やりすぎ、そこから自然に綻びが生じる。
 完璧な不在証明(アリバイ)を持つ奴が犯人である。なぜそれほどまでに見事なアリバイが
必要なのか。名探偵はそこから推して行く。人間は、どこか欠けているのが常態である。
人の世に、完璧、全智全能、文武両道、私行清純、万人あこがれのマト、欠くるところなく
傷なく歪みなくマイナス面なし、というような人が奇蹟的にあらわれたら、おつきあいを
求めますか。それとも尻に帆かけて逃げだしますかな。富士は遠くから眺めるのがよ
いという。』
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1149333967/174

【富士は遠くから眺めるのがよいという。】w

41 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 19:43:25
実はどれも奥さんの仕事だったという話がある。

42 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 20:17:45
>>31
>独壇場

どくせん‐じょう【独擅場】
その人だけが思うままに振る舞うことができる場所・場面。ひとり舞台。
◆「擅」を「壇」と誤り、「ひとり舞台」の意から「独壇場(どくだんじょう)」というようになった。

アズキ知識なw

43 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 23:09:28
>>41
どっちの奥さん?

44 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 23:31:10
ノックアウト土方の本妻のほうだろ
現地妻は念力免沈が得意なピペット慰安婦

45 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 23:55:43
医科研には、ノックアウト屋が、飽和してんじゃねぇの?

46 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/29(土) 23:58:18
信号屋の念力免沈も。

47 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 01:17:04
念力乱神を語らず

48 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 01:40:32
>>45
ノックアウト奴隷牧場ラボはまだ無い。

49 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 07:05:44
山羊以降、ノックアウトじゃ、シロウトも騙せなくなったんじゃねぇのか?

50 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 07:07:10
玄人もこけちゃったからなあ!

51 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 07:13:45
山羊のせいで、ノックアウトで騙せることが明らかになったてことだわな

52 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 07:32:40
気に食わない奴、潰そうと思ったら、そいつがやってる遺伝子ノックアウトしてフェノタイプ出ませんという論文出せば良かったからな。

53 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 07:38:12
それとは逆に自由自在にフェのタイプ出しちゃう奴もいたりで,、、

54 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 08:04:43
ってわけで、人疾患動物モデルセンターも、要改組だよな

55 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 08:08:29
そもそも、基本戦略がイカサマだったからなあ!

56 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 08:14:44
病院の改組も人事も失敗大杉


57 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 08:19:36
雲古便茶が赤字補填してるんだろ

58 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 08:41:01
>>56
教授人事の失敗が致命的

59 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 09:10:05
そりゃ、臨床も研究もカラッキシできない石を教授にするんだもん
サンタ(元外科医!!)にまで馬鹿にされるはずだわな

60 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 09:24:56
で、金を出すから言うこと聞けってか

61 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 10:00:16
モノローグ乙

62 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 10:42:26
508 名前:ニセ学位を認定の市大 :2007/12/28(金) 21:39:15
採用・昇進にニセ学位、全国で大学教員48人が利用
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071227it14.htm

市大のこの院では、おなじみの「近」助教授は、
Pacific Western Universityでのニセ博士を利用して、採用

その後、市大らしい査定で教授に昇進。
この院が研究組織でない証拠

63 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 11:08:39
捏造業績で、教授昇進の蟻蛾夫妻はどうなの?


64 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 11:42:37
捏造業績で学長昇進の東北大はどうなの?

65 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 12:19:55
    ___
   ,;f     ヽ
  i:         i
  |         |
  |         |
  |         |
  |         |
  |         |
  |         |
  |         |
  |         |
  |         |
  |        |  ///;ト,
  |    ^  ^ ) ////゙l゙l;
  (.  >ノ(、_, )ヽ、} l   .i .! |
  ,,∧ヽ !-=ニ=- | │   | .|
/\..\\`ニニ´ !, {   .ノ.ノ
/  \ \ ̄ ̄ ̄../   / .|

66 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 17:43:23
>17
寄与P関連もよろ。
学科ホムペカらリンク禁
野口英世賞受賞 恩師 でググるニダ 

67 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 20:01:42
文部科学省「新興・再興感染症研究拠点形成プログラム」
新興・再興感染症に関するアジアリサーチフォーラム
Asian Research Forum
on Emerging and Reemerging Infections − 2006

開催日:2006年 2月19(日)−20(月)
場所:時事通信ホール、東京(中央区銀座)
主催:文部科学省、独立行政法人理化学研究所 感染症研究ネットワーク支援センター
共催:国立大学法人大阪大学微生物病研究所、国立大学法人長崎大学熱帯医学研究所、
 国立大学法人東京大学医科学研究所、国立大学法人北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター

Special Session 「アジアにおけるヒトと鳥のインフルエンザ」
座長:田代真人 (国立感染症研究所), 河岡義裕 (東京大学医科学研究所)
10:35〜10:55 概要 押谷仁 (東北大学)
"Overview of avian influenza A (H5N1) in Asia and pandemic threat"
10:55〜11:15 中国 Hualan Chen (Harbin Veterinary Research Institute)
"Vaccines and vaccination for the control of H5 highly pathogenic avian influenza in China"
11:15〜11:35 George Fu Gao (Chinese Academy of Sciences)
"Recent outbreaks of avian influenza in migratory birds and Streptococus suis infection in China"
11:35〜11:45 Wenjun Liu (Chinese Academy of Sciences)
"Characterization of highly pathogenic H5N1 avian influenza viruses isolated from pigs"
13:00〜13:20 日本 伊藤壽啓 (鳥取大学)
"Differing potential of avirulent waterfowl isolates for becoming highly pathogenic avian influenza virus by passaging in chickens"
13:20〜13:40 真瀬昌司 (動物衛生研究所)
"Characterization of highly pathogenic H5N1 avian influenza A viruses isolated in Japan"

68 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 20:02:41
>>67
13:40〜14:00 喜田宏 (北海道大人獣共通感染症リサーチセンター)
"Ecology of influenza virus"
14:00〜14:20 タイ Chantanee Buranathai (International Animal Health Affairs)
"Molecular Characteristic of H5N1 Avian Influenza A virus in Thailand, 2004-2005"
14:20〜14:40 Pranee Thawatsupha (National Institute of Health, Thai)
"Influenza Virus Strains Circulating in Thailand during 2004-2005"
14:50〜15:10 ベトナム Le Quynh Mai (National Institute of Hygiene and Epidemiology)
"Overview of H5N1 identification in NIHE- Vietnam, 2004-2005"
15:10〜15:30 Hien Duc Nguyen (Bach Mai Hospital)
"Experiences on avian influenza management"
15:30〜15:50 日本 小田切孝人 (国立感染症研究所)
"International responses of WHO influenza collaboration center in Tokyo on the outbreaks caused by highly pathogenic H5N1 avian influenza"
15:50〜16:10 川名明彦 (国立国際医療センター)
"Trial of syndromic surveillance for influenza in our hospital"
16:10〜16:30 河岡義裕 (東京大学医科学研究所)
"Enigmas of emerging viral infections"
16:30〜16:40 総括 田代真人 (国立感染症研究所)
16:40〜16:50 閉会の辞 山本雅 (東京大学医科学研究所)

http://www.crnid.riken.jp/jpn/event/program.html

69 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 20:30:04
田代、河岡が入ると、胡散臭くなっちゃうんだよな
日本人は、評判の悪いヤツばっか集めてるぜ
これじゃ、山本雅さんも大変だな

70 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 20:40:59
チーム革Pズのメンバーか?

【医療】新型インフルエンザのワクチン 来年にも承認申請
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1161182193/
>◆4OnnsbuTRA

【医学】鳥インフルがヒトに感染しやすくなる変化を発見・東大など
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1163630005/3

3 : ◆4OnnsbuTRA :2006/11/16(木) 07:47:23 ID:TSB3E4ND
免疫:H5N1インフルエンザウイルスのヒト型受容体への結合を可能にするヘマグルチニンの変異
Haemagglutinin mutations responsible for the binding of H5N1 influenza A viruses to human-type receptors
http://www.nature.com/nature/journal/v444/n7117/index.html
著者インタビューのあるニュースを2つ。
Experts identify key mutations in bird flu virus
http://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/SP220655.htm
Two Bird Flu Gene Mutations Might Lead to Faster Human Spread
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601101&sid=ajBRCtFH1jvQ&refer=japan

71 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 20:44:40
>>69
鳥インフルで、胡散臭くないヤツっているんか?
東南アジアも含めて、全部、中国が牛耳ってるんじゃない?

72 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 20:48:28
SARSのチョンボを挽回しようと・・・
巻き込まれた日本は、薬害肝炎の二の舞を

73 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 20:48:35
以下研で行くとしたらどこがいい?

74 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 20:50:09
日本のRNAウイルス屋は、いかさま師ばかりになっちゃったからなあ

75 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 20:51:42
>>73
そりゃ、河Pか、清Pだろ

76 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/30(日) 21:23:00
烏賊様の王道

77 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/31(月) 00:00:21
 
相変わらずストーカーの独壇場かよwww
 


78 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/31(月) 00:35:37
烏賊様軒の「山中教授」でつからw
http://find.2ch.net/?STR=%BB%B3%C3%E6%B6%B5%BC%F8

79 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/31(月) 05:17:22
新領域修士のメディカルゲノム専攻でここに研究していくことになる者です
ここで研究しているみなさんは新領域の修士生にどんな印象をお持ちですか?

80 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/31(月) 05:21:49
メディカルゲノムって何?

81 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/31(月) 05:31:28
>80
大学院新領域創生科学研究科のなかの修士課程の専攻の一つです

82 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/31(月) 06:52:55
なんで、名前がカタカナなの?

83 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/31(月) 06:59:53
1)一三翁が英語自慢だから

2)漢字が書けない学生が多いから

3)新しい学問領域で日本語がないから

4)何となくカッコいいから

84 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/31(月) 11:31:05
5)ゲノムはカタカナにせざるを得ないからついでに他もと思ったから


ところで13翁は何を教えているんですか?

85 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/31(月) 12:00:27
なんでこんなに就職が悪いんですか?

86 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/31(月) 13:03:40
>創生科学メディカルゲノム

なんと香ばしいお名前でしょうw

87 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/31(月) 13:05:13
メディカルゲノムは柏の方が良くないか?
医科研に来ても良いことないぞ。
メディカルゲノム専攻教授で医科研に残っている人は、菅野さん除いて、仕方なく残っている人たちな。
前のラボのボスが退官した時に教授に上がれずに、助教授のママでもいいですからって置いてもらっている人たちなのよ。
そして、メディカルゲノムで学生連れてくるからってことで教授として医科研に置いてもらっている。
メディカルゲノムの籍で他のラボで働いてる奴多いだろ?そういう使われ方なのよ、結局な。
学生流してもらってるから置いてやってるって感覚。
悪いことはイワナいい。止めとき。

88 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/31(月) 13:10:48
そういえば、若手6人ってどうよ?
公募したわりには、中の人多くね?

89 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/31(月) 16:12:41
出来レースに決まってるだろ
馬鹿じゃん

90 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/31(月) 16:44:36
>>87
ちょっと待て。柏を過大評価しすぎw

91 :名無しゲノムのクローンさん:2007/12/31(月) 23:23:20
>>88
どこのラボの奴隷よ?

92 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/01(火) 01:12:40
88> どこを見ればメンバーがわかる?

93 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/01(火) 13:54:21
>>89
偽装公募 乙

94 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/01(火) 14:01:45
医科研も公募を偽装するようになっちゃあ、お終いだ
選考課程を公開する必要があるな

95 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/01(火) 15:30:15
そんなことしたら、偽装公募がバレバレ。


96 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/01(火) 15:50:17
>>87
捏造・剽窃・コピペ研究室にも入りたくないしね
ボダ研もいやだしな

97 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/01(火) 18:10:01
メディゲの教授は、人気制なんだって
人気がないと、7年でクビ

医科研の教授は人気がなくてもクビにならない

98 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/01(火) 18:14:52
ほじゃ、ゼンゼン、捏造する必要ないじゃん
なんで、ワザワザ、捏って、フルボッコされてんのん?

99 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/01(火) 18:47:19
捏造業績で教授になった人間は、教授になったからと言って、やめられないんだろう

100 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 00:34:10
>>97-99
 
自作自演乙www
 


101 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 00:38:22
確かに一線を越えてる印象はある

102 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 01:17:59
一三翁の「小利口遺伝子」はどうなったの?


103 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 02:54:34
マスコミはなんで「インフル脅威」については無批判に大本営発表の垂れ流ししてるんだ?

104 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 02:57:53
当局の指示による
マスコミに批判力を要求するのか?

105 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 03:00:24
政府と製薬会社へのおべんちゃらでしょ


106 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 03:01:53
薬害肝炎隠し、年金問題隠しに、熱烈協力だろ

107 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 05:32:53
そっちはキッチリやってるのにインフルエンザになると途端に思考停止になるのが不思議

108 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 08:58:01
エイズ対策ちゃんとやらないでええんかい?
風俗での感染チェックしないでええんかい?
性感染対策しないでええんかい?

109 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 08:58:51
それこそ、感染犬、医科犬、微犬の仕事やと思うけどな

110 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 10:19:14
鳥インフルは、捏造体制が整っている

1)WEBSTER仮説
2)人工RNAウイルス技術(但しイカサマ)
3)巨額研究費と支援体制(永井・野本)
4)P4実験設備(在カナダ)
5)捏友
6)マスコミの応援団


111 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 10:41:35
ウチなんか、緻密やさかいに、捏演させられてるだけでおま
もう、どないゆうても、辞めさせてくれまへん
893なとこでんねん

112 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 10:58:38
>>110
お前だけが真実を叫び続けているわけだね。実験したこともないのに凄いね。


113 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 11:01:41
実験はキッチリやってるのにインフルエンザになると途端に思考停止になるのが不思議





114 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 11:04:55
>>16
粘膜ワクチン開発研究の支援体制

竹田美文岡山大大学院特任教授>>笹川千尋東大医科学研究所教授>>清野宏東大医科学研究所教授>>野地智法科学技術振興機構研究員

ルーツは、阪大微研に

115 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 12:53:45
捏造有理=捏造には理由(ルーツ)がある

すべての捏にルーツあり

116 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 18:25:21
>>112
お前だけ=@って、アンタ、勘違いしてるよw 
そういう思いこみが、捏研究や捏作文の錯誤の一歩だと思うよw

117 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 19:18:30
捏研究や捏作文の錯誤の一歩?

118 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 19:22:19
すんまへん、わて、半可通やさかい。ほんまは阿呆ちゃうねんけど、頭悪いさかいに、捏造の手助けしてまいまんねん。
どうも、すんまへん。自分より頭ええ人みたら、何かゆいとうなってしまいますねん。

119 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 19:24:54
すんまへん、わても、半可通wやさかい。むずかしい漢字つこうてしまいますねんw
ほんまは、ようわからへんのにつこうwてるんやから、堪忍してくんなましww

120 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 19:27:47
アンタ、wの使い方錯誤してるよw

121 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 20:14:26
>>110
>>114
捏造の学統がしっかり根付いている一方、人事の運用ルールが未熟
7年前に導入した独立助教授制度は、成果をあげた人間を追い出しただけに終わった
これでは、研究組織の持続的発展は望めない

122 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 23:10:21
年金は「どんな風にデータ入力ミスしたか」「何件のデータが照合不能か」とかニュースで具体的な話するのに
なんで、この話題はどこの番組も何の検証もしないのでしょうか?


123 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 23:22:52
そりゃ、こんなの庶民には興味ない話題だろ
この手の捏造は、生データ公開させるか、公開実験させなきゃ検証できない
スペクター事件や蟻蛾事件で実証済み

124 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 23:30:07
スペクター事件ってこれのことね

http://www014.upp.so-net.ne.jp/tor-ks/book/book01.htm
http://hpcgi2.nifty.com/HAYAKASA/godhand.cgi?df=heya.log&root=1765



125 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 23:35:22
いやいや、防衛費と一緒で国民生活から遠くてチェックが甘いとこから利権化されてんだよ。
それは研究者にとっても不幸なことだし、最初に研究者がチェックすべきことなはずだろ。

126 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 23:35:52
「不正を行う性格をもった人物」

127 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 23:41:43
>>125
防衛利権が、賄賂で買われたのと同様に
科学利権は、捏造業績・剽窃業績で買われたというわけです

捏造者・剽窃者だけが批判されていますが、実は、その利権構造を支えているエラい人たちがいるわけです
その構造を解明しない限り、不幸は続くでしょう

128 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/02(水) 23:50:16
一番厄介なのは学会と利権の中間で「どっちに付こうか?」と両睨みしてるヒト達ですね。
分生で反捏造セミナーとか、よく白々しくできるなぁと。

129 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 00:03:43
科研費の審査権持ってる学会なんて、利権そのものだろ

130 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 00:21:29
小泉政権はなんで公共事業減らして緊縮財政してたのに科研費は増やしたのか?

131 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 01:19:23
官僚機構は、ひたすら予算獲得の仕事を創造しつづけることが、レゾンデートルであり、
組織に属する一員である個人の能力評価は、それによってなされるのである。
組織とは、自己肥大化することが、唯一の目的である。淘汰圧がかかればかかるほど、
頑張ってしまうのが、頭のいい人たちの習性ではありませんか?

132 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 05:06:25
>>130
小泉は公共事業は減らしたけど、国の借金は大幅に増やしたよ
なぜなら、それが、アメリカの指示だったから
国民はパンとサーカスに喜んで・・・

www.yamazaki-online.jp/kinyuron/pdf/050902_koizumi.pdf

133 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 05:24:51
科学技術に投資するリスクとリターンについて見積り出来てないから利権化されちゃうんだろうな。
それで、適当な時期に適当な業績をでっち上げれば、国民もけむにまけると。
いい加減それもバレてるでしょ。

134 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 05:42:47
それもあるけど、騙されやすいエラい人ー捏造家・剽窃家・コピペ家の応援団ーの無責任さが政治家に利用されてるだけじゃないかと・・・

135 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 05:44:51
つまり、リスクとリターンの見極めができないエラい人たち(医科研OB)の責任だと・・・

136 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 05:48:25
>>4
この辺の大御所たち?

137 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 06:42:06
>>116
>お前だけ=@って、アンタ、勘違いしてるよw 
 
喪前さんだけだよwww
 
喪前さんの文章は句読点の使い方が独特で極端に多いか少ないかw
ま、大抵は 極端に多く て文章がコマギレになってるからなwww 


138 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 06:51:58
喪前さんの日本語は、安倍晋三によく似ているよねwww
慚愧に堪えない≠ニか、錯誤≠ニか、小難しい言葉を、間違って使うのが、チョー、お得意なんだよねwww
典型的な半可通だな

医科研によくいる、ロンダ組の、おしゃべり野郎だなwww
でも、反面教師として、大学院生の教育に必要だから、ずっといて頂戴ね

139 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 06:53:06
>>135
そこの見極めをするのが誰の責任なのかはっきりしないんだよ。
国の金なんだから政治家が最終的な責任持つべきだけど、
実際問題起こったら逃げちゃって現場に全部おっかぶせる始末。
大体、予め五年でいくら遣うかって硬直的な予算組むやり方が
公共事業的で先端分野に馴染まない。その点からも
政治家がどれだけ真剣に取り組んでるかがうかがい知れる。

140 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 07:01:00
科学者に政治家を動かす力があるかどうかだろ
政治家の責任にしちゃ気の毒だよ

141 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 07:03:43
科学者が、マスコミを動かして国民に説明し、政治家に決断させる
これが、重要だよー清木くん

142 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 07:08:33
それが、コロリ毒素米ワクチンや、鳥インフル人(捏)造ウイルスや、オーダー冥途メデシンだもんな!

143 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 07:43:15
>>140
科学者任せはモラルハザードに行き詰まるのは実証済みだけどね。
即ち研究者の官僚化。官僚の暴走は政治家でないと止められない。

144 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 09:58:53
科学者、官僚、政治家、マスコミ、国民の共同作業なんだろね

すべてが未熟なところに巨額の資金が流れ込んだからこんな有様に

145 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 10:05:21
これまでの展開は予想通りで、これからどうするかが大事だってか?

146 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 10:36:34
さしずめ、渡海大臣が決済した万能細胞がよい試金石だね
山中さんんp科学者らしからぬ浮かれぶりにいささかの懸念を覚えるのだが、京大のバックアップ体制は万全なんだろうか


147 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 10:50:06
68 名前: 名無しゲノムのクローンさん Mail: 投稿日: 2007/12/27(木) 22:39:05
N研は年間7億もらって何してんの?Nanogのときも先越されて鬱病患者出してるのに。

72 名前: 名無しゲノムのクローンさん Mail: 投稿日: 2007/12/28(金) 00:32:14
nanogやってたのに負けたってことは一番有名な尊師でつ
あそこのピペドは仕事が遅いのか?

73 名前: 名無しゲノムのクローンさん Mail: 投稿日: 2007/12/28(金) 09:47:57
アメリカのスピードが早過ぎるからなかなか勝てないよ
独自性で勝負しないと

で、独自性で勝負できる条件が整ったわけですね。
ガンバレ、山中!

148 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 16:02:00
68 名前: 名無しゲノムのクローンさん Mail: 投稿日: 2007/12/27(木) 22:39:05
N研は年間7億もらって何してんの?Nanogのときも先越されて鬱病患者出してるのに。

↑鬱病になるピペドが悪いだろ。弱すぎる。

149 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 16:07:14
で、そのN辻研の欝ピペット土方は自殺したんですか?
ポストは空いたんですか?

150 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 16:38:18
N研て、どこのこと?


151 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 16:40:31
N内研?まさか

152 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 17:07:45

114 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2008/01/03(木) 07:30:37
>>110
不正を行う性格は、アピール欲と関係あるかもね
褒められたい気持ちが高じて、周りが見えなくなるんだろう

医科研の河Pも、教授に褒められたくってしょうがなかったみたいだYO
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1195136937/114

153 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 17:14:30
>>114
>科学者・・・目の前の研究費にありつけるとなりゃ「事実」はなんとでもなるよ。

>官僚・・・国の最高機関の行政組織であることのプライドと、それに対する帰属意識と、
その組織防衛本能の餓鬼根性によって、まずはじめに予算ありきの発想しかできなくなっている。

>政治家・・・香具師詐欺師の我利我利亡者。

>マスコミ・・・情報流通脊髄反射系拡声器。

>国民・・・おカミなにするものぞ、思考停止のバカ。

>の共同作業なんだろね

154 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 17:33:44
官僚の志が低くなっているのはおそらく事実
政治家の大部分が勉強しない・勉強不足というのも事実
マスコミこそ最低の存在に成り下がっている

問題は、科学者と国民
不正を行う科学者がアピール欲のために世にはばかっている
国民は十分な説明を受けていない、聞くゆとりがない

155 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 17:50:15
>>154
>官僚の志が低くなっているのはおそらく事実

科挙制を採用したら、卑しいものが、どんどん入り込むのは、古代中国で実証済み。
そんな失敗をわざわざ採用した、明治政府のやりかたがまずかっただけ。
明治政府自体が、下級武士の野心だけで成立しちゃった政府だからしょうがない。

官僚制という存在そのものが最初からしょってる宿命みたいなもの。
それを監視し軌道修正かけたりする手綱を握っているのが本当は政治なのだが、
日本の政治主権は実質は官僚機構が握っているようなものだから。
しかも、間接民主主義ってのは、(バカな)国民が選ぶ代議士が担っているのだから、
官僚ちゃんたちにとっては、騙すのは御茶の子さいさい。

『学者のウソ』
http://www.amazon.co.jp/dp/4797337060/
http://homepage3.nifty.com/kinmirai/

【官僚と言う生き物】
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0703/070320-5.html
【創価学会は脅威である】
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0703/070319-10.html

【創価学会と総科学界の違い】
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50724736.html
『その善悪は抜きにして、創科学界は信者コネクションを通して国の諮問委員や有識
者会議委員を多数送り出し、マスコミ・マスメディアや中央官庁も牛耳ってい
ます。彼らは文字通り国を動かす力を持っているわけです。』

156 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 17:59:21
スレッドを自分のブログにするのはいい加減やめたら?

157 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 18:06:39
>>156 そんなにマトモに反応するなよw

158 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 18:19:46
で、君ら、これからそうするのがいいと思うわけ

159 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 18:28:00
すべては民度に依存する。科学でいえば、それに関するリテラシーに。
騙しが思う存分きくことによって、そういうワザと知識をもった詐欺師が跳梁しているのであるから。
それを見抜いていたのがオルテガだったりする。
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0199.html

160 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 18:55:04
で、民度を上げるにはどーすればいい?

161 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 19:10:07
犠牲者が出て、ふとちょっぴりそのときだけ気づくのが、日本人の美徳w
騙されても、また騙されて、何度でも繰り返し騙されるのが日本人の習性。

162 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 20:07:04
ほれ、着々と膨らましてるよ。

>アジアの各国で鳥インフルエンザが拡大し、人への感染が広がるおそれもあることから
農林水産省は、今年4月から5年計画で国際機関と協力し、アジア地域での感染ルートの
解明やウイルスの早期診断体制の整備に取り組むことになりました。
>WHO=世界保健機関のまとめによりますと、去年は鳥インフルエンザのウイルスに
感染して55人が亡くなり、インドネシアやベトナムなどアジアを中心に人への感染の
拡大が心配されています。このため、農林水産省は、今年4月から5年計画で
OIE=国際獣疫事務局やアジア各国と協力してアジアでの鳥インフルエンザの拡大
防止に取り組むことになりました。鳥インフルエンザのウイルスは渡り鳥によって
運ばれるとみられており、計画では渡り鳥の移動の時期やルートを詳しく調べるほか、
野鳥がウイルスを持っていないかどうかアジア各地で定期的なモニタリングを行い、
鳥インフルエンザの発生の予測につなげたいとしています。また、アジアでは鳥イン
フルエンザのウイルスを詳しく検査できる専門機関がない国もあることから、横浜市に
ある農林水産省の動物検疫所にアジアの中核となるウイルスの診断施設を整備し、
各国から寄せられたウイルスの分析を行うことにしています。
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1193310901/307

163 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 20:09:39
鳥フル・ウイルスも、人フル・ウイルスも、味噌も糞もごっちゃまぜ。
こんなんが科学だとはな。チーム革Pズもマトモじゃねえよな。
オカルト・錬金術の時代にすっかり逆戻りしてしまったよな。

164 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 20:31:22
鳥インフルがどういう状況で、人間に感染するのか
人人感染性を獲得する可能性は、どの程度あるのか
客観的に評価できる科学者はいないのか?

165 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/03(木) 21:16:19
【鳥(新型)インフルエンザのウソ】
@鳥インフルエンザウイルスが変異して人間に感染するようになった。
A高病原性£ケインフルエンザウイルスH5N1が人間に直接じかに感染した。
B強毒型鳥H5N1の感染で激症になってほぼ100%死亡する。
Cウイルスの人工合成技術によってスペイン風邪ウイルスを再現した。
D1918年のスペイン風邪のように、今後、新型のパンデミックは必ず起こる。

全部、それぞれのポジションで分担・分業してやってる、
いんちきエセ科学の詐欺・偽装・偽造がもとになってるんだよな。

166 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/04(金) 01:01:04
タミフルが効くかなんて分からないのに、備蓄は公務員に優勢的に遣うとかいう発表がワケわからない。公務員優遇宣言したいだけか?

167 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/04(金) 01:08:47
科学者ってのは誰かにお膳立てしてもらうってのが無理だから、ボンボンには無理。
なのに、押し込むからままごとに遣うキット代を税金で払うことに。

168 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/04(金) 06:04:30
医科研も感染研も、鳥インフルで盛り上がってるけど
目の前のエイズや、肝炎の対策した方がいいんじゃまいか

お医者さん(MD PhD)は、どうしてるの?

169 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/04(金) 07:37:20
ピペドこきつかってるんだろ。

170 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/04(金) 07:53:48
感染症研究の責任果たしてないよ〜
ガセ論文ばっか出してんじゃねえよ〜

171 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/04(金) 10:12:25
お上の受けのよい研究をしなくちゃダメなの
エイズや、肝炎は、蓋したいんだから
寝た子を起こすような研究はしちゃダメ

172 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/04(金) 12:52:03
妄想乙

173 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/04(金) 13:12:19
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1196401102/63-64

【鶏インフルエンザに関する東京大学河岡義裕教授の講演を聴講して】

「インフルエンザ危機(クライシス) 」
http://www.amazon.co.jp/dp/4087203131/
p.121〜
『「ホンコンの生鳥市場を調査したいのだが、誰か一緒に行く研究者はいないだろうか?」
 ホンコン事件が起きたとき、私に電話でこう言ってきたのは、少し前にセント・ジュードか
ら私を送りだしてくれたばかりのドクター・ウェブスターだった。セント・ジュードには彼に
同行するウイルス学者が一人しかいないため、ウィスコンシンの私に合同調査を提案してきた
のである。私はこの申し出を受け、北大時代の恩師・喜田宏先生に話をもちかけた。こうして
喜田先生の研究室の高田礼人助手(現北海道大学教授)や鳥取大学の伊藤寿啓教授も加わり、
97年11月にホンコンへと向かった。このときの調査は大いに成果をあげ、ホンコンで人に
うつった鳥インフルエンザの源は、やはり生鳥市場にあったことが分かったのである。
 97年の12月になると、ホンコンの衛生局はニワトリやカモなど家禽類150万羽の殺処分
を実施した。この時点ですでに18人が感染し、そのうち6人が命を落としていたが、殺処分
を境に感染は終結した。しかし、これが終結ではなく、始まりだったことがのちに分かる。
現在、ニワトリや人間を襲っているのは、97年にホンコンで分離された鳥ウイルスの子孫
なのだ。』

174 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/05(土) 09:31:55
独立助教授制の失敗と、今回の若手6人の採用は、医科研の人事に禍根を残すことになるだろう
本当に必要なのは、捏造・剽窃教授に対する名誉ある退場ルールの制定だ
このままでは、モラルハザードの進行が食い止められない
ー月曜の挨拶で反省と対策についてお話するつもりだ

175 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/05(土) 09:35:23
医科研の再編がもたらした弊害

大部門制:捏造論文乱発と蛸壺化
センター制:組織の空洞化と内容の空疎化
病院:入れ物が立派になった反面、臨床と研究の空洞化が進行

なによりも、生命科学の発展と多様化のなかで、医学研究の方向性を見失ったことが、問題である

176 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/05(土) 19:03:51
私はそういう風には理解していないけど、所長は大変だよ

177 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/05(土) 20:59:10
>>174
独立助教授制度の失敗ってどういうこと?

178 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/05(土) 22:41:37
かつての医科研は助手以上がテニュアトラックで、助教授は現在の准教授以上の独立性と権限を有していた
この時代、研究職は極端に収入が少なく、実家が裕福であるか、裕福な嫁をもらって援助を受けるか、女医と結婚するか、
いずれかでないと大学に残ることはできなかった
従って後継者の育成はきわめて困難で、教授の最重要課題は研究者の持続的確保であった
医学部の新設や、生命科学研究室の創設により医学研究者に多数の職場が供給されるようになり
社会が豊かになった結果、大学院進学者が急増した
第二次大戦後の生命科学の発展に、分子生物学の導入が拍車をかけた
業績至上主義が世の中に行き渡るようになり、教授の仕事は論文作成と研究費の獲得になった

そこで、導入されたのが、独立助教授である

「医科学研究所は、2000年度採用分から、助教授に任期制を導入する。独立した研究者として採用された助教授(独立助教
授)の任期は7年限りで、更新は行わない。任期が終了する時点で研究業績の評価を受け、教授に昇任して医科研で研究を続け
るか、もしくは学内の他部局や他大学・企業などに移るかが決まる。
医科研が任期制を導入する背景には、若手研究者を自立させ、先端医療研究を活性化させる意図がある。今後は、若手や女性・
外国人なども力が発揮できる研究組織を整備し、「日本の、日本人による、日本人のための」従来型研究組織からの脱皮を目指
す。」

過去8年間に渡る独立助教授制の運用の成果について、所長が報告する予定である



179 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 00:12:40
若手研究者を自立させるはずだったのに、増えたのはピペ土
先端医療研究を活性化させるはずだったのに、「先端医療」は、すべて破綻
捏造論文続出で、モラルハザード深刻化

でも、そんなの関係ねえ
でも、そんなの関係ねえ
私は悪くない





180 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 00:38:25
独立助教授制度のどこが失敗なんだ?
S野さんはメディカルゲノムの教授になったし、
M木さんはすいすいと飯台教授だろ。

病院経営はかなりヤバいね。
建物だけ新しくなったけど、ベッドがらがらだし。
地元の人も頼りにするのは北里病院。
この病院を維持するために今後多くの苦労が予想される。
もう基礎研究をできる場でなくなるだろうことは確かだろ。

181 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 00:51:10
二人とも、医科研からたたき出されたと恨んでるよ
捏造・剽窃・コピペの医科研に愛想尽かししたかもね


182 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 01:01:55
伝染病の隔離病棟だった時代はよかったけど、とうとう、日本で唯一の研究所附属病院になってしまったよな
臨床も研究もできない教授を選んでおいて、彼らの責任にするのは酷すぎるよ
本郷だって同じようなもんだろ
本院は、抜本的てこ入れを図るようだが・・・

183 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 01:14:11
>>181
S野さんは実際には烏賊券の中に居る事すら知らないのか?
メディカルゲノムは烏賊券の教員ポジションを削って作った大学院。
M木さんだって、将来不透明な状態で「いらっしゃ〜い」と引きがあれば、
そっちを選ぶのは当たり前。


184 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 08:05:11
>>27

かしわと、なにわに、追放されたでそ?

「任期が終了する時点で研究業績の評価を受け、教授に昇任して医科研で研究を続けるか、もしくは学内の他部局や他大学・企業などに移るかが決まる。」

やぱり評価悪かたから、医科研で教授に昇任できなかたんでそ。ピペ土脅迫して捏造する椰子にはどしてもかなわないのん。悪貨が良貨駆逐する言うけど、この二人には捏造・剽窃・コピペ教授を追い出して代わりに烏賊券残こてほしかた。



185 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 10:09:39
216 名前:名無しゲノムのクローンさん :2008/01/06(日) 09:31:17
もしかして、カワオカストーカーは山羊なの?

217 名前:名無しゲノムのクローンさん :2008/01/06(日) 09:37:10
もしかして、山中ストーカーも山羊なの?

218 名前:名無しゲノムのクローンさん :2008/01/06(日) 09:38:38
もしかして、タンパク3000ストーカーも山羊なの?

219 名前:名無しゲノムのクローンさん :2008/01/06(日) 09:48:20
山羊は自分から注意を他へそらすために、
必死に他の大型予算獲得研究者のストーカーをやっていたものと見られます。

220 名前:名無しゲノムのクローンさん :2008/01/06(日) 09:50:06
82 名前:名無しゲノムのクローンさん :2008/01/06(日) 09:29:05
馬鹿な研究者、タンパク3000プロジェクトで税金無駄使い。

83 名前:名無しゲノムのクローンさん :2008/01/06(日) 09:32:35
馬鹿な研究者、iPSプロジェクトに群がる。

84 名前:名無しゲノムのクローンさん :2008/01/06(日) 09:45:10
山羊のにおいがする
>>82
>>83



221 名前:名無しゲノムのクローンさん :2008/01/06(日) 09:51:42
そう考えるとなぜカワオカストーカーがあんなにキチガイだったかも理解できまする。


186 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 10:59:32
カワオカストーカーって山羊だったのか。


187 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 12:03:41
タカツ先生
そろそろ海外にいるお弟子さんを呼び戻してあげてください
私大の講師か准教授の席あたりを

188 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 15:17:56
昨年の漢字はイツワリと書いて「偽」でありましたが、医科学研究所も偽に明け暮れた一年でありました。まず、一昨年の末、
河岡先生がNatureに発表された論文に対し、データがあまりにも美しいために捏造ではないかとの疑問が寄せられました。ワ
シントンポストのインタビューで、アメリカNIHのファウチ博士が、「このような激烈な反応が起きるとは考えがたい。」と
述べたことで、専門家の中にも疑念があることが明らかになりました。嫉妬にかられた有象無象の口からこのような誹謗中傷
が公然と語られたことに心痛む思いでありました。6月の創立40周年記念シンポジウムでは、所を代表する教授の先生方の
ご講演に対し、捏造・剽窃・コピペといういわれなき中傷が浴びせられました。所の創立記念日の名誉を穢され、腹立たしい
思いをさせられました。秋には、中村先生からガンワクチンの予備的成功という画期的学会報告がありましたが、これに対し
ても信憑性を疑う声が寄せられ、あろうことか、株価上昇を狙った風説との批判まで受けるに至って、怒り心頭に発したので
あります。さらに、その後、清野先生が、やはり、Natureに発表した粘膜特異的コレラ毒素ワクチンについても、同様の批判
がでております。しかしながら、私どもの医科学研究所がこのような根も葉もない誹謗中傷を受け、モラルハザードを指弾さ
れる謂われは寸毫もないはずであります。若手研究者に対してピペット土方という人格を否定するがごとき蔑称を持って呼び
かけるような人たちの批判に耳を傾ける必要などありません。みなさん、医科研は永遠であります。自信を持って研究に邁進
してください。また、人事面では、独立助教授制度の成功を受けて、次世代の医科研を担う若手研究者6名の採用を内定しま
したが、これに関しても、偽装公募であるとの心ない批判を受けております。このように昨年は、まさに、偽の一年でありま
した。しかし、毀誉褒貶は世の習いであります。内外の誹謗中傷に心煩わされることなく、一致団結、日々精進して、IFの高
い論文を乱発し、先端医療研究の大躍進をもたらす黄金の子年となしたいと思います。

189 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 15:31:16
池田犬作先生の年頭所感の改変でつか

190 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 17:35:42
『結局、チーム革Pズは死ぬまで「新型インフルエンザはH5N1による人獣共通感染症である」
との自説を撤回しなかった。キダP革Pズ・ウイルス進化説の国家としての見識が示されたのは
犬作の死の2年後であった。』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E9%B4%8E%E5%A4%96

191 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 18:07:02
【5つ星のうち 1.0 信頼の置ける本ではない, 2007/11/30】

インフルエンザのワクチンに対する批判の大部分には納得できる。しかし、筆者の主張には
少々偏りがあるように感じた。新型インフルエンザの危機が騒がれている中で、「インフルエ
ンザと人間は共生すべき」と本を締めくくるのはいかがなものか。

毎年流行するインフルエンザと強毒性鳥インフルエンザは別の病気と言っておきながら、
「インフルエンザは風邪じゃ!」などと言い切ることにも反感を覚える。(インフルエンザは風邪
じゃない、と言う標語には、ワクチン接種を促す理由もあるのだろうが、風邪だと軽く考えて重
症化させないように、または感染力が風邪より強いので、早く自宅で安静にするように、と
いった意味が含まれているのだと私は思う)

そもそも、毎年流行するインフルエンザも大元は鳥由来である。

また、「インフルエンザウィルスを人工的に作ることはできない」といった、間違った内容が
堂々と書かれているのも問題だ。『インフルエンザ危機 (クライシス)』河岡 義裕著 は2005年
10月に発売された本であるが、著者はインフルエンザウイルスの人工合成に成功していること
をこの時点で書いている。元国立公衆衛生院疫学部感染症室長を名乗るのであれば、近年の
情報に眼を通すくらいのことはして欲しいものだ。

「インフルエンザ・ワクチンは打たないで! 」 母里 啓子 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4575299995
------------------------------------------------

信頼するなみたいなことを言っておいて、河岡学説は鵜呑みしてんだね。
どっちみちワクチン利権屋の皆さんにとってはとてもウザったい本のようです。(笑)

192 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 18:29:40
保守

193 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 18:47:38
・・保

194 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 18:55:01
「インフルエンザウイルスの人工合成に成功」

本当にできてることがだれにでも再現実験できるのなら、ノーベル賞ものだよな。
生命体由来ではない単純な化学物質から合成できるのなら。

195 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 19:34:22
RNAウイルスとDNAウイルスの人工合成はまったく異なる
前者の方がはるかに難しい

196 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 23:17:09
今時ウイルスが合成できないとか言ってる奴は勉強してなさ杉。
化学物質から合成するって発想も脳みそ古杉。

遺伝子を細胞に導入すんの。
そしたら細胞からウイルスができんの。
誰でもできるからノーベル賞なんてもらえるわけないw

197 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 23:33:21
>>196 それ、「ウイルスの人工合成」じゃないじゃん。

198 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 23:37:41
>>196
ほんとにクリソツのウイルス粒子(特にRNAウイルス)になるのか?
細胞膜は、生体のものを利用しているが、それでも人工ウイルスなのか?

トウシロには分かんねえべ

199 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 23:41:50
>>197
いや、人工合成だと思う。
導入する遺伝子に任意の変異を入れて任意の変異を持ったウイルスを作れるから。

川Pの問題は、こんな誰でもできる技術を自慢してることだな。
人工ウイルスなんてできないなんて繰り返して批判してる奴は論外だが。

200 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 23:46:58
>>198
おいおい、普通にウイルスが増える時も生体の細胞膜を使ってるだろw

201 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 23:47:40
オマハンの定義では、ノックアウトマウスは、「人工合成」マウスってことになるな
アンタの論理は歪んでるよ
人間が歪んでるんだろ

202 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 23:51:19
>>201
ある意味、人工合成じゃね?

203 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 23:51:21
>>200
「人工」の定義を手前勝手に解釈する輩だな


204 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 23:52:21
>>203
オマハンの想像力が貧困なだけw

205 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 23:54:03
>>202
どう見ても、人工改変だろ
100歩譲って、部分的人工合成
河Pも、そんなに緩い定義で人工合成って言ってるのか


206 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 23:57:54
どうもインチキ捏造ウイルス感染科学をやってる連中は、
臓器移植のようなパーツ交換の感覚でこさえたウイルスを、
「人工ウイルス」と言いきってしまえるらしい。

まがりなりにも、ウイルスという生命体を、単純化学物質から
本当につくりあげることができたかどうかを問うているのだがね。

207 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/06(日) 23:59:45
>>205
その通り。

でもそんな事実すら知らずにただ批判してた生半可ストーカーって
やっぱり論文すら読んだことなかったんだろうなw

208 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 00:00:20
>>191
>「インフルエンザウィルスを人工的に作ることはできない」といった、
>間違った内容が堂々と書かれているのも問題だ。

さて、どちらが間違っているのだろうか?チーム革Pズさんwww

209 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 00:02:05
>>206
川Pも化学物質から作ったなんて言ってねえぜ。
川Pが言ってるのは「ウイルスを人工合成した」ってことだけだ。
ぼやかす表現がうまいんだよな。

210 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 00:03:48
だって、だって、長居センセがそう言うんだもん

211 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 00:04:09
>>208
広い意味では合成できてるって言えるな。
細胞を使ってはいるが。

てことで、この本の作者はウンコ決定w

212 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 00:08:25
@「インフルエンザウィルスを人工的に作ることはできない」
A「インフルエンザウイルスの人工合成に成功している」
(『インフルエンザ危機 (クライシス)』河岡 義裕著)
>>191

「人工改変」「部分的人工合成」が正確な事実であるのなら、
@とAは異なった次元のお話であって、
Aを根拠にして@を批判することは的外れだということになるな。

213 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 00:08:59
ES細胞を使ってはいるが、広い意味で人類は、うとうと、生命の合成に成功したんだよ!!!

214 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 00:11:29
「iPS細胞は、細胞を生まれた時の状態に戻すタイムマシンの発明のようなものだ」
http://www.47news.jp/CN/200712/CN2007122501000275.html

215 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 00:11:46
>>213
それは違うだろwww

216 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 00:14:19
>>211 
まるで「捏造」臭いのだが・・・。
「細胞をつかってウイルスを人工合成」って、な〜んにも人工合成になってねーだろそりゃ。

217 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 00:17:38
>>216
何でも捏造ってwww
自分の思い通りのウイルスを作るのだから、その点は捏造ではなく事実だろう。
つまり言い方の問題だな。

218 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 00:37:54
遺伝子組み換え作物も人工作物(品種)ってことになるのか・・・

細胞を使ってはいるが、広い意味≠ナ人類は、とうとう生物(生命体)の人工合成に成功したんだよ!!!

って言っているようなものなんだけど、どっかおかしいとおもわんの?

219 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 00:41:20
革さん乙

220 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 00:42:19
細胞をつかったとしても、本当に増殖活性を保有したウイルスであるかどうかは疑わしいな。

【ウイルスの増殖】
http://micro.fhw.oka-pu.ac.jp/microbiology/virus/multi.html
【ウイルスの感染と増殖】
http://micro.fhw.oka-pu.ac.jp/microbiology/virus/virus-infection.html
http://micro.fhw.oka-pu.ac.jp/microbiology/microbiology-index.html

221 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 00:44:07
>自分の思い通りのウイルスを作るのだから、その点は捏造ではなく事実だろう。

なんだか論理的じゃないでつね

222 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 00:56:46
>>220
オマイサン、流れに乗れてないぞw
部分人工合成か改変か知らんが、ウイルスができるのは間違いない。
問題は人工合成っていう言葉の定義だ。
これは誇張なのか?

223 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 01:13:20
227 :東京大学烏賊様研究所:2007/06/01(金) 06:13:41
いよいよ、本日、開演

第34回東京大学烏賊様研究所
創立記念シンポジウム
捏造研究発表会

烏賊様研究所創立40周年記念シンポジウム
「捏造研究最前線」

講堂:6月1日(金)13時〜17時40分
ー入場無料ー

「Figure」を創るDNAーコピペだからウソでない 中村ぎいち
「インフルエンザ・パニックーデータ捏造の手法」 河岡悪裕
ゲノム研究20年ーコンティグタグ盗用から論文捏造・利益相反まで:339億円浪費物語 中村ゆ〜すけ
私学式捏造法ー慶応とハーバードの比較研究 森本近夫
烏賊様軒の思い出ー捏造の20年後 蟻蛾寛芳・早苗

224 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 01:21:13
医科研再生の鍵を握る若手6人を選出したのは昨年のシンポジウムの講演者6人でした
新しい世代へ、心から心へのバトンタッチ
メンバーは、本日発表

G1:コピペだからウソではない
G2:イカサマはいけないシグナル伝達
G3: 捏意ある感染症研究
人疾患センター:時代遅れのノックアウト
ゲノムセンター:剽窃よ永遠なれ
病院:気の毒すぎてコメントできない でもオレは、捏ってるぜ

225 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 01:28:22
G3:コロリ毒素米ワクチンは、野口英世賞受賞だぜ

226 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 01:29:39
>部分人工合成か改変か知らんが、ウイルスができるのは間違いない。

どうしてそのように鵜呑みできるのか不思議だね。
かたちができたとしても増殖活性がなかったら張子の虎だろ。

「ウイルスの増殖過程」
吸着〜侵入〜脱殻〜ウイルス構成成分の合成〜細胞外への放出
http://micro.fhw.oka-pu.ac.jp/microbiology/virus/multi.html

これが一番肝心なことだ。
「ウイルスができるのは間違いない。」
こういう印象誘導しかけるなんてひょっとして・・・

227 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 03:24:09
>そもそも、毎年流行するインフルエンザも大元は鳥由来である。 >>191

これどうよ。「人獣共通感染ウイルス」屋さんの常套句じゃね。
インフルエンザウイルスが、宿主をヤドカリが貝を変えるごとくに、
鳥から人間に変えるのを是非、随意に再現実証してほしいものだね。
ウンコ本は、限りなく『インフルエンザ危機 (クライシス)』のほうだろ。(w

228 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 03:51:01
>「インフルエンザと人間は共生すべき」と本を締めくくるのはいかがなものか。
>>191

ウイルスと人間の関係は「共存(共生)」ってのがキーワードなんだけどね。

キラーウイルスの逆襲―SARSとの闘い、そして共存へ 畑中 正一
ウイルスとどうつきあうか―闘いから共存への戦略 畑中 正一
ウイルスは生物をどう変えたか―進化の演出者・ウイルスの世界を探る 畑中 正一
ウイルスは人間の敵か味方か―最小の生物の正体に迫る 畑中 正一

『ウイルス=敵 という考えもちょいと危険なんですよね。ウイルスも違った角度から
眺めると、人類にとって必要かつ不可欠なものだったりするのだと感じます。』
http://mesydaivan.blog47.fc2.com/blog-entry-35.html

ウイルスはどこにでもいる 日沼 頼夫
ウイルスと人類 日沼 頼夫

いまや、山内一也センセもそのご著書で・・・

地球村で共存するウイルスと人類 (NHKライブラリー) 山内 一也
ウイルスと人間 ([新装版] 岩波科学ライブラリー (104)) 山内 一也
>内容(「BOOK」データベースより)
>人間の生活パターンの変化に伴い、SARS、鳥インフルエンザなど新種のウイルスが
>脅威になってきている。ウイルスとはどのようなものか、進化の過程で、人とウイルスは
>どのように関わり、戦ってきたのか。ニパウイルス、サル痘など今感染のおそれがある
>エマージングウイルスの脅威と、それにいかに対処し共存していくのか、第一人者が語る。

一方、『インフルエンザ危機 (クライシス)』では、「はじめに」の冒頭で、
『私たち人類とインフルエンザウイルスとのつきあいは、有史以前からつづいている。
インフルエンザの流行を最初に記録したのは、医学の父≠ニ呼ばれる古代ギリシャ人
ヒポクラテスだ。以来、多くの研究者がインフルエンザウイルスと闘ってきたが、いまだ
撲滅には至っていない。』だもんな。本当にウイルス学で灯台教授をやってるのか?

229 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 03:55:09
もうトンデモウイルス科学というほかない。

『それは、絶対にアブナイですヨ。』
http://www.nbi.ne.jp/talk5.html
『インフルエンザウイルスは、馬・アザラシ・鯨を含めた各種動物に感染する。』
http://www.jpa.or.jp/news/item/2001/08/22/010822_cho_ko.html
『ウイルスの脅威から地球を守る』
http://www.jili.or.jp/kuraho/inochi/web04/i_web04.html
>>11

どうやって生態系のなかで隔離隔絶して生きていくつもりなのだろう?

230 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 08:39:22
ウイルス生態学の常識不足だな
師匠の喜田さんがダメなんだろ
virologyの素養はどこで身につけたんか?

231 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 08:45:35
学問の常識の習得には、本を読むだけじゃダメなんだよな
通俗書読みあさるのも、専門書読破するのも、同じ
師匠(mentor)の下で、厳しい修行しなくちゃダメなんす



232 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 08:48:04
修行がないと半可通になっちゃうんす
修行しても解脱できないヤツも多いす


233 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 08:50:31
解脱できない輩が出世すると「騙されやすいエロい人」になるんすか?

234 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 08:58:32
先輩、だから、ちゃんとした大学院ーメディカルゲノムーが必要なんすね



235 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 11:49:53
保守

236 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 15:43:39
>>217
つまり舌先三寸の科学だな。(w

237 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 18:06:11
実験プロトコルの断片知識ばかりじゃなしに
半田あたりのゲノムからの情報発現
程度の知識は頭に入れてここ来て欲しい

誰とはいわんが

238 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 18:25:05
>言葉の定義
>言い方の問題
>広い意味では
>ぼやかす表現
>緩い定義
>想像力が貧困
>ある意味
>いや、〜〜〜だと思う。

>今時ウイルスが合成できないとか言ってる奴は勉強してなさ杉。
>化学物質から合成するって発想も脳みそ古杉。

「インフルエンザウイルスの人工合成に成功」>>191

さすが烏賊様科学クオリティだな。
>>10

【医療】インフルエンザウイルスの弱点発見、増殖の仕組み解明
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1043736910/
【分子生物】「リバースジェネティクス」が注目されている- 遺伝子からウイルス合成
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1163513417/

239 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 18:42:28
RNAウイルス学の問題点は、信用できる専門家が見つからないこと
学会ぐるみで捏ってるから

240 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 20:05:49
学会ぐるみと言えば、日本RNA学会とRNA特定研究はどうなったの?


241 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 20:20:58
>>67>>68
Special Session 「アジアにおけるヒトと鳥のインフルエンザ」
座長:太白真人 (「国立感染症」研究所), 皮丘義裕 (頭狂大學「如何様」研究所)

ん〜すぺしゃるせっしょんw

【鳥インフルエンザ感染、昨年末から拡大】
『鳥インフルエンザウイルスの人への感染例が昨年12月から広がっている。』
『国連のナバロ調整官(鳥インフルエンザ担当)は「12月から4月にかけて、鳥イン
フルエンザが家禽(かきん)に広がり、死者が増加する」と警告。
 国立感染症研究所の田代真人・ウイルス第3部長は「熱帯地域では年中、人の
インフルエンザが流行しており、鳥ウイルスとの遺伝子交雑による新型インフルエ
ンザの出現が懸念される。十分な警戒が必要だ」としている。』
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080106/asi0801062010005-n1.htm

妄想でしかない「鳥→人」感染と、同地域で同時に起こってる「鳥→鳥」「人→人」を
混同しちゃってるのね。もちろん1997年香港事例のときもね。>>173

242 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/07(月) 21:47:31
鳥インフルを考える時に重要なのは、SARSの流行だろう
田代さんや、河岡さんを含め日本のウイルス学者は、どのように理解しているのだろうか?

243 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/08(火) 00:36:35
インフルエンザは、加湿を50パーセントにしておけば問題が無いんじゃないか。
中国に加湿器を教えてやれば、鳥インフルやSARS(流行風邪)という風邪は問題ないんじゃないか。
日本のウイルス学者(371部隊・製薬会社)は、寝てれば治ると理解していると思う。
飯が食えなくなるから、玉虫色の説明で誤魔化している。

244 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/08(火) 00:55:28
>>242
そんなの関係ねぇ はいオッパッピー

頭にあるのはただひたすら『新型インフルエンザA「X」』だけ
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1193310901/253

245 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/08(火) 00:58:01
田代さんや、河岡さんを含め日本のウイルス学者は、身内の家族や親戚に、妄想でしかないワクチンを使用させないだろう。
厚生労働省(天下り先)・医学部・医師会・製薬会社の不労所得になるが、国民の利益にはならないかも。


246 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/08(火) 01:03:08
老人の過剰死亡で寿命が少し縮むかもしれないが、それも、許容範囲だろう
中国に必要なのは、加湿器もさることながら、常識的な衛生概念ではないか?
香港のSARS大爆発も下水と空調の管理が悪かったからだろ
SARS防疫の失敗を糊塗するための鳥インフル騒動なんじゃないか?
そもそも、検査しなきゃ、鳥インフルか人インフルか、分からないんだろ
これまでにもその程度の感染死亡はあったと思うよ

ヒポクラテスの時代からインフルエンザは知られていた
養鶏産業の急成長で不健康なブロイラーが増えたんで、被害が拡大してるだけだろ
その対策をきちんとすればいいんだよ

むやみに不安を煽り立てる必要はない




247 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/08(火) 01:05:03
>>245
正:不正所得
誤:不労所得

248 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/08(火) 01:25:39
霞ヶ関湧出埋蔵金山分け詐欺の各種ネタ仕込みの一角なだけ、鳥(新型)インフル政策。

249 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/08(火) 01:28:39
共同井戸に汚水が流れる状態ではない上水道・下水道の整備が必要。
海外は紀元前から整備。
日本は世界大戦中に整備。


250 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/08(火) 03:16:30
テレビでベトナムの枯葉剤の被害の放送をしていた。
医科研が研究開発した戦争兵器を、アメリカが使ったんでしたか。
それで厚生省はベトナムに病院の建設資金や運営資金を投入している。

251 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/08(火) 05:33:13
ナショナルジオ何とかも科学利権集団の手先として洗脳やってるだけなのかなぁ
なんか一気に世界が陳腐に見える

252 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/08(火) 07:52:42
>>249
パリの下水が完備したのはレミゼラブルの時代だろ
日本が世界大戦中に整備なんてのもおかしい

>>250
伝染病研究所が開発していたのは、抗血清と多価ワクチン
731部隊のノウハウは利用したと思うが・・・

>>251
ナショジオにも、当然、CIAの金が入ってるだろ

253 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/08(火) 08:32:56
医科学研究所のウイルス学のセンセイ方よ
鳥インフルで捏造してる暇があったら
肝炎、エイズ対策やりなはれや
日本国民のための医学研究やりなはれ
へっぽこ病院の生き残る道でっせ


254 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/08(火) 10:26:39
>>253
イヤだね

255 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/08(火) 12:03:12
水道のルーツは古代地中海沿岸諸国とされる。当初は、深いところにあ
る井戸の水を遠くに運ぶための水路であったと考えられている。 たぶ
ん 古代ローマ人は後世「ローマ水道」と呼ばれることになる巨大なネ
ットワークを構築したが、中世以後衰微する。



256 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/08(火) 17:27:14
保守

257 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/08(火) 20:12:26
>>228
>多くの研究者がインフルエンザウイルスと闘ってきたが、いまだ撲滅には至っていない。

「インフルエンザウイルスを撲滅する」というのは、科学?それとも信仰?

258 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/08(火) 21:54:00
何のための医学研究か、目的が曖昧になってるね

259 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/08(火) 22:05:37
がん研究もいいかげんだしな。
http://find.2ch.net/?STR=%A5%D4%A5%ED%A5%EA%B6%DD

260 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/08(火) 22:34:29
がんの「予防ワクチン」でつ。

【医療】子宮頸ガンの予防ワクチン、年内にも承認へ
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1199732489/
子宮頸ガンの「予防ワクチン」年内にも承認へ [01/08]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1199721603/

261 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/09(水) 06:26:02
>>258
利権のため

262 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/09(水) 06:46:46
うまいこと言うじゃないか



263 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/09(水) 09:54:11
>>261-262
おまいら朝っぱらから何やってんだ
ちゃんと寝て仕事しろよ

264 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/09(水) 15:29:53
はやく桜が咲かないかなー
花見したい

265 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/09(水) 15:42:01
オマエモナー

>263 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2008/01/09(水) 09:54:11

>朝っぱらから何やってんだ
>ちゃんと仕事しろよ

266 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/09(水) 20:39:34
>>231
禿同
大学院は、修行の時代
よい師匠(mentor)を選ぼうな

捏造修行には熱い師匠
剽窃には冷たい師匠
コピペに師匠はいらへんドス

267 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/10(木) 00:54:09
後藤田先生www

268 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/10(木) 00:54:35
後藤田ww

269 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/10(木) 00:55:00
後藤田ブログwww

270 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/10(木) 12:55:22
age

271 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/10(木) 18:37:07
皇居で「講書始の儀」 西行の和歌など3分野講義

 天皇、皇后両陛下が年頭に当たって学術の第一人者の進講を受けられる「講書始の儀」が
10日午前、皇居・宮殿で行われた。皇太子さまや秋篠宮ご夫妻ら皇族のほか、国会議員や
最高裁長官も傍聴した。

 今年は日本文学の久保田淳・東大名誉教授(74)が「西行と伊勢」、理論社会学の吉田民人・
東大名誉教授(76)が「社会の秩序を決めるのは法則か規範か」、ウイルス学の喜田宏・北海
道大教授(64)が「インフルエンザウイルスの生態」と題して約15分ずつ講義。

 両陛下は源平時代の歌人西行の生涯や、インフルエンザ出現のメカニズムなどの講義に、
熱心に耳を傾けた。

2008/01/10 12:22 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200801/CN2008011001000295.html

272 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/10(木) 18:40:38
ウェブスター・インフルエンザウイルス進化論をマジに陛下の前で講釈したんか?

http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1178984157/105

【鳥とヒトのインフルエンザ】
北海道大学大学院獣医学研究科 教授 喜田 宏
http://idsc.nih.go.jp/training/11kanri/99kida.html

273 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/10(木) 21:03:33
ご進講者の推薦者は誰かな?
決定者は誰かな?
新学術会議会員だから大丈夫と思ったんだろが
「偽」の年にふさわしい人選だったと後で分かるんか?orz

274 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/11(金) 02:08:20
名著 !! 『月の魔力』
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19840087

ぜひ 御購読くださいませ!

275 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/11(金) 03:04:05
小さなウソは生きる智恵だろうけれど、大きなウソは犯罪的です。

276 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/11(金) 17:03:53
ヒトの中からどんどんH5N1型ウイルスが見つかり始めると、
(と同時に抗体保有実態も明らかになると)
人獣共通感染H5N1「根絶・撲滅」計画は頓挫するわけになるのですが・・・。

「H5N1パンデミック」で散々恫喝しまくった方々は、
「プリオン」で恫喝しまくった方々と同様にすっとぼけを決めこむのでしょうね。

277 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/11(金) 22:34:26
喜田さん、河岡さんは、どういう言い訳するんかな

278 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/11(金) 22:37:21
「万能細胞・幹細胞」衆は、>>9よりもハデに花火大会やるんだろうな。

279 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 07:40:41
>>102
遺伝子が利口でなかったので、お人好しでおつむの弱い大学院修士を勧誘することにしました




280 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 08:13:14
来年度の創立記念日シンポジウムは、K1バトル形式を初採用

人造ウイルス対決 インフル皮ピー  vs エボラ貝ピー  カナダ 対 フランス 
捏造ワクチン対決 デンタル寄与野  vs メンタル彫胃  コレラ毒素米 対 マラリアアキレス腱
コピペ対決    コピペヨシカーズ vs メタボ一三翁  オリジナルのコピー 対 コピーのオリジナル
ゲノム対決    剽窃マリア    vs 全長ミニラ   339億円 対 49億円
魔術師の弟子対決 棒グラフ多寡津  vs モノクロ地下男 国外亡命 対 国内逃亡
病院対決     内科エイズ    vs 小外科ペプチド 患者逃亡
  

281 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 08:20:58
独立子牛・助教による余興ー信号伝達ゲームーもあるでよ

282 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 16:43:56
お、今日、NHKで、いよいよ革Pのドラマやるど。

【NHKスペシャル|シリーズ 最強ウイルス 第1夜 ドラマ 感染爆発〜パンデミック・フルー】
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080112.html

http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1193310901/325

283 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 17:20:06
与太村?
えた村?
カワタ村?

284 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 19:45:10
2008年1月。ベーリング海に面する寒村で「スペイン型人工インフルエンザ」の患者が相次いで確認された。東京・港区の
烏賊様病院院長・岩本愛吉は、そのニュースを食い入るように見つめていた。その村はかつて愛吉が捨てた故郷・与太村だ
ったのだ。画面には実験に使った猿が恨めしそうに映っていた。

一方、いち早く与太村にとんだ感染症研究所の吉倉廣は感染源らしきマカクを与太村の海岸で発見する。村を徹底的に封じ
込め、根絶を図る政府。しかし、予想もしない形で包囲網は破られ、東京でついに1例発覚。“最強ウイルス”の名にふさわ
しく、猿インフルエンザは信じられないスピードで東京中に蔓延。モラルの低下、医療現場の崩壊…。ウイルスに侵された
人々が行き場をなくす中、岩本は自分の病院に新型インフルエンザの患者を受け入れることを進言する。

殺到する患者たちを次々と診察する岩本だが、病院はあっという間に患者であふれかえる。そしてベッドも足りなくなって
しまったとき、出産を間近に控えた重症の女性が運び込まれてくる。しかし病院に数台しかない人工呼吸器は全て塞がって
いた。岩本は大きな決断を迫られる――。ピベッドに交替でアンビュバッグを押させよう。

285 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 20:22:58
NHK スペシャル 感染爆発
http://find.2ch.net/?STR=%A3%CE%A3%C8%A3%CB+%A5%B9%A5%DA%A5%B7%A5%E3%A5%EB+%B4%B6%C0%F7%C7%FA%C8%AF

NHKスペシャル ドラマ・感染爆発 (新型インフルエンザ 非常事態に備えよ)
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1200135899/
【百恵の】NHKスペシャル ドラマ感染爆発【旦那】
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/livenhk/1200128951/
NHKスペシャル ドラマ・感染爆発
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/livenhk/1200131642/

さあ、お楽しみあれ。

286 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 21:24:36
中国じゃ、ヒトA/H5N1ウイルスも、もうまん延してるらしいぜ(笑)

村まるごと封じ込めってさ、中国もインドネシアもやったんだよな、軍隊出して。

■中国政府、青海省の疫病感染者留置所を撤去 05/08/05
■青海省玉樹、疫病閉鎖地域で騒乱、軍隊が大量動員 05/07/25
■中国青海省: 鳥インフルエンザで121人死亡 家族集団失踪 05/05/27
http://jp.epochtimes.com/jp/spcl_qlg_5.html

なんという恐ろしいことをやっちゃったんだろうね。
人間を鶏舎の鶏扱いしちゃったんだよな。

287 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 21:45:50
革P大活躍w

速報:北京オリンピック中止 [21:44]
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/livenhk/1200141887/

288 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 21:47:24
『ウイルスの脅威から地球を守る』
http://www.jili.or.jp/kuraho/inochi/web04/i_web04.html
>>11

289 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 22:01:40
いかさま軒を守ってくれ!!(笑)

290 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 22:03:53
アジア某国のバイオテロー最強ウイルス兵器による世界制覇

291 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 22:10:41
日本某大学のいかさまバイオテロー最強へっぽこウイルス兵器による公金制覇

292 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 22:11:28
公金制覇 → 科研費制覇

293 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 22:12:52
人体実験で最強ウイルスを選別→丸太で増殖→丸太を木造船に乗せて日本へ


294 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 22:17:22
椎茸みたいだな

295 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 22:21:44
某国某研究所に保管中の天然痘ウイルスを入手、感染した特殊工作員を木造船で日本へ

296 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 22:32:04
某台某いかさま研究所に保管中の人工ウイルスを入手、
感染したつもりのマカクを安楽死で論文へ

297 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 22:47:01
米国NIHのFauciは、異物反応と認定。感染は否定。

298 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 22:49:12
(Webster仮説+捏造論文)x WHO=パンデミックフル〜

299 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 23:03:23
二次方程式くらいにはなっている希ガス・・・

300 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 23:23:41
WHO=SARS責任者+捏造論文著者

301 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/12(土) 23:25:23
皮Pの二乗になってら!?

302 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 09:07:06
パンデミックフルー支援委員会

委員長:吉倉廣
医系理事:永井美之
薬系理事:野本明男
獣系理事:喜田宏
医系委員:岩本愛吉
獣系委員:河岡義裕
創系委員:田代真人
女系委員:岡田晴恵

303 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 14:40:23
【パンデミックフルー霞ヶ関委員会】

農林水産省
http://www.maff.go.jp/tori/index.html

厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou02/index.html
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

環境省
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/index.html

外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kansen/influenza/index.html

内閣府食品安全委員会
http://www.fsc.go.jp/sonota/tori1603.html
http://www.fsc.go.jp/sonota/tori/tori_rink.html

304 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 15:17:47

【NHKスペシャル|シリーズ 最強ウイルス 第2夜 調査報告 新型インフルエンザの恐怖】

 肺や気管だけでなく全身の臓器に感染、そして死…。
 世界を震撼させている、あの新型インフルエンザの世界流行が秒読み段階に入った。
「爆弾の導火線に火がついた状態。『もしも』ではなく、時間の問題だ。」
と専門家たちは警告を発している。
 厚生労働省は日本の死者数を64万人と試算しているが、日本だけでも200万人、
世界中で1億人を超えると指摘する専門家もいる。
 番組では、新型インフルエンザ発生の可能性が極めて高いとされるインドネシアでの
取材をもとに、危機はどこまで迫っているのか、その時どんな事が起きるのかを詳細に描き出す。
 また、どこかの国で新型インフルエンザウイルスが出現すれば1週間で全世界に拡大、
未曽有の悲劇が人類を襲うことになる。ひとたび日本国内に入れば、だれも免疫を持たないため、
瞬く間に感染が広がり、医療機関、交通機関、食料供給など社会は大混乱に陥る危険性がある。
私たちはどんな対応を取ればよいのか、医療現場や行政の備えはどこまで進んでいるのか、
国内外の対策を徹底的にチェックし、残された課題や日本のとるべき道を提示する。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080113.html

305 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 15:51:01
「ふつう」のインフルエンザも全身に感染しますけど、なにか?



306 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 15:52:05
インフルエンザが流行すると過剰死亡が起きることは昔からよく知られている
スペイン風邪による死者は、戦争の犠牲者

307 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 17:22:29
>>305
「ふつう」のインフルエンザは呼吸器感染ですが?

308 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 17:23:36
viremia 起こし松。

309 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 17:26:48
>>307
ピペド脳全開だなw

310 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 17:47:40
>>308-309
オマエらはBALB/Cか?w

311 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 18:07:09
www君、意味プー

312 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 21:21:38
「感染爆発」というマジックターム。

313 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 21:22:52
お、でたぞ、烏賊様軒w センセーお元気ですか?

314 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 21:25:34
ドラマとごっちゃまぜなんだね。しかも顔の大写しばっかり。
よっぽど説得力をむりやりつけようとしてそう。

315 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 21:37:40
使いもしないワクチンを備蓄させようとしてんのか?NHK

316 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 21:39:35
ねえ、ストーカーさん。NHKはWHOもだまそうとしてるの?w

317 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 21:47:11
なんでみんな、やたらな顔デカで映してんだ?

318 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 22:05:14
ディレクターが自信ないからだろ

319 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 22:11:00
与太村

320 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/13(日) 22:14:23
東大生専用スレです。

http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/feti/1194890754/l50

321 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 01:56:23
【鼻に噴霧し感染自体防ぐ粘膜ワクチン…呼吸器免疫強化 食べるタイプの研究も】

 注射式の従来型ワクチンより使いやすく、はるかに高い効果が期待できる粘膜を刺激するワクチン。
鼻に噴霧したり、食べるタイプの研究が地道に進んでいる。(藤田勝)

◆注射型より効果

 ワクチンは、細菌やウイルスなどの病原体の毒性を弱めたり、一部を取り出したりした製剤。これを
注入すると、発病せずに病原体に対して免疫ができる。

 ただし、最も普及している注射型ワクチンは、感染自体を防いでいるわけではない。多くの病原体は、
まず鼻や口、気道など呼吸器や腸など消化器の粘膜に取り付いて感染が成立、その後に全身の
血中をめぐる。

 注射型ワクチンは血中の免疫は増強するが、粘膜の免疫は強めない。ここで感染を防げないとなる
と、血中免疫に期待できるのは重症化の予防しかない。

 しかもインフルエンザのように様々な流行株がある場合、血中免疫はワクチン株と外れると、効果が
大きく低下する。これは免疫を担う物質(Ig)が血中と粘膜で異なるためだ。

 この弱点を補うのが粘膜ワクチンだ。粘膜の免疫は病原体のタイプをあまり厳密に区別しないのが
特徴で、ワクチンと流行株が違っても効果が期待できる。

 ただし、気道の絨毛(じゅうもう)、腸管の粘液層など粘膜には異物の侵入に対する防御機構が備わ
っており、普通のワクチンと同じ成分では十分な刺激を与えにくい。そこで本来のワクチン成分以外に、
効果を増強する物質を加える研究が、患者も多い呼吸器感染症を中心に、最近活発になってきた。

 スイスの研究チームはインフルエンザの経鼻(鼻腔(びくう)に噴霧)ワクチンとして、コレラや大腸菌
の毒素を免疫増強物質として加えたものを開発したが、研究参加者の一部に顔面まひの症状が出て、
開発は失敗した。

322 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 01:57:32
>>321(続き)
◆先頭集団走る日本

 安全な経鼻ワクチン開発に取り組む国立感染症研究所の長谷川秀樹室長らは、様々な免疫増強
物質を試み、2本の鎖状に人工合成したRNA(リボ核酸)にたどり着いた。RNAはDNA(デオキシリ
ボ核酸)と同様に遺伝情報を担う物質だが、2本鎖のRNAは通常体内にない。RNAを持ったウイルス
が増殖する時にだけ2本鎖RNAを作るため、その存在はウイルスの感染を示す目印になる。

 これをワクチンに付加すると、粘膜にある免疫細胞は、病原体の感染時と同じ反応を、ワクチン単体
よりも確実に起こし、免疫物質を作り出す。

 ネズミの実験では、A香港型インフルエンザの増強経鼻ワクチンを投与。タイプの違うAソ連型ウイ
ルスを致死量感染させても生存率は40%だった。普通のインフルエンザワクチンも、この方法で増強
して経鼻型にすれば、猛威をふるう鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に対する抵抗力も飛躍的に
高め、ネズミの実験では生存率が2倍になった。

 腸管の粘膜免疫を標的にした「食べるワクチン」開発を進めるのは、東大医科学研究所の清野宏教授ら。

 遺伝子組み換え技術を活用して、米にコレラ菌の毒素を作る遺伝子を導入。米のたんぱく質にワク
チン成分が含まれるよう工夫し、粉末化する方法を考えた。

 ワクチン成分が米のたんぱく質に守られて腸で消化されにくくなるうえ、常温で長期保存もでき、ワク
チンの冷蔵設備が整わない途上国でも使いやすい。海外ではバナナやイモをワクチン化した例もある
が、水分が多く保存が難しかった。

 ワクチン粉末をマウスに食べさせたところ、コレラ毒素を与えても下痢症状を起こさず、1年半保存
した後でも効果を確認した。

 清野教授は「世界保健機関も注射器が不要で保存しやすいワクチン開発を大きな課題に挙げている。
日本は粘膜ワクチン研究では世界の先頭集団にいる。成果を発信していきたい」と話している。
(2008年1月13日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080113-OYT8T00192.htm

323 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 02:04:36
特異抗体産生を誘導できるかどうかで免疫は決まるのだが・・・。 
非特異的防御機構を、「免疫」という言葉にすり替えてしまっているところに錯誤のもとがあるのではないか。
特異的免疫応答をもっと厳密に捉えておく必要があるはずだが。

324 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 05:27:04
飯台のフロンティアそうそうたるメンバーですね

どのラボがお勧めですか?
灯台から避難します

325 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 12:10:43
>>321
スイスで開発が失敗したんじゃなくて、一度認可されてから
顔面麻痺が出てきたから取りやめになったんだYO。

326 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 17:25:50

36 名前:名無しさんといっしょ[] 投稿日:2008/01/14(月) 04:07:13 ID:OSrspiMN
>>22

河岡義裕氏は世界で初めてインフルエンザウイルスの人工合成に成功した権威だ。
低脳で怠惰で反権力しか能のない単細胞の否定派はどうせ何いっても重箱の隅をつつくような論法で否定にかかるだろうが、
パンデミックが起こったらどうせ雲隠れして自分はなにも否定してないような素振りを
するんだろうよ!この無責任な国賊め!!何でも反権力に論調をもっていけばいいという低能、単細胞
なサヨク論調いつまでもふかしてんじゃねえこのカスども!!!!!!

NHKスペシャル“シリーズ最強ウイルス”
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1200146646/36

327 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 17:32:36
っていうことは、ソーカってことでつか?

328 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 17:34:13
チョンということ?

329 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 17:36:17
万能細胞に群がってるのもそっち系なのか?

330 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 17:37:05
プリオンやダイオキシンでっちあげたのも・・・

331 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 18:30:13
ヒポクラテスの時代から頻繁に流行してるのに、何億人もの死亡者が出ると考える根拠はなんなの?
航空機の発達とWester仮説なんか?

332 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 18:43:48
WHOに加盟していない某国によるバイオテロ


333 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 18:46:59
ヒポクラテスの時代から頻繁に流行してるのにスペイン風邪で
10億人程度の世界人口のうち5000万人死んだのはどうしてなの?
「薬飲まなきゃインフルエンザで死なない」って馬鹿なこといって
なかったっけ?みんな薬飲んで死んじゃったの?w

334 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 19:50:57
第1次世界大戦による
栄養失調と社会の疲弊
無秩序な兵隊の移動→これが一番大きいかも

抗生物質があったらなあ

335 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 19:52:33
戦時の疾病流行も栄養不良が本当の原因なんよ

336 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 20:05:28
ありえないものをでっち上げたほうが実害が生じなくって公費をがっぽがっぽと誘導しても
あとで咎がない。それだけのこと。それがいつものタカリ利権の手口。
頭のいい人たちはそういうことに頭が良く回るということ。
それがほんまもんの国際リベラル香具師。
http://ameblo.jp/disclo/entry-10046797732.html

337 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 20:21:19
『インフルエンザ危機(クライシス)』
(8ページ) 図版製作/河岡祐子、クリエイティブメッセンジャー

NHKの「最強ウイルス」番組のあのちゃちなウイルスCGと、
この本にある絵が同じだったような・・・
NHKの番組制作予算は潤沢だからな・・・

338 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 20:21:47
WHOがこんなに熱心になる理由は、やっぱ、SARS対策の失敗かな

339 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 20:24:37
各国の新規の新型インフル対策拠出金(の割り当て)を目論んでのこと。

340 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 20:25:32
SARS対策は、大成功だったんだろ

341 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 20:27:10
それが評価されてWHOの事務総長に選ばれたんだろ
尾身さん、負かしてさ

342 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 20:27:57
話を脇道にもっていきたいqあwせdrftgyふじこ

343 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 21:02:49
革P捏造の全容解明には、WHOの役割解明が不可欠
視野狭窄は「錯誤」の原因だYO
半可通の面目躍如たり

344 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 21:06:55
>>343
日本の主権が及ばないところの問題をあーだこーだといっても詮ないこと。

345 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 21:11:52
所詮革Pも傀儡にすぎないってこと。革Pがいなくっても、
だれかが同じポジションについて(つかされて)、同じことをやる(やらされる)だけ。

ウソにもおおいなる腕前が要る。才能のある者ほどこの道を行く。
力のかぎり飾りたてる。しかし、架空のハナシをつくる人の宿命は、
どれほど綺麗に塗りあげても、まだ加工が足りぬのではないかと
不安になることで、これでもかこれでもかと、衣装の重ね着と厚塗
りに走るから、つい、やりすぎ、そこから自然に綻びが生じる。
完璧な不在証明(アリバイ)を持つ奴が犯人である。
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1149333967/174

346 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 21:22:00
「もっとも、日本人は根が正直だから、なんにもないところにウソばなしを
作ろうとはしない。かならず何かもっともらしい根拠を探す。はじめから
しまいまでのハッタリ尽くしは国民性にあわない。マコトのうえに、或いは
マコトと思われている何かのうえに、豪華絢爛のウソを積む。
 ウソにもおおいなる腕前が要る〜〜〜」 >>345

347 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 21:41:16
革Pが頼ったのが、喜田さんとWebster仮説だったということさ

348 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 21:41:53
革Pを利用してるのが、WHOってことさ

349 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 21:42:29
それを利用して与太話作ってるのが、NHKってことさ

350 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 21:43:23
それを利用して、金儲けしてるのがワクチン屋と中外製薬ってことさ

351 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 21:43:44
イカサマ犬もね!

352 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 21:59:22
で、霞ヶ関の役割は無視するわけ?

353 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 21:59:57
完璧な不在証明(アリバイ)を持つ奴が犯人である。

354 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 22:01:22
悪魔のささやき
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50613628.html

>人はなぜ思わぬ悪事に手を染めてしまうのか!?

355 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 22:33:50
必死だなwww
 
何連続カキコしてんだよwww

356 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 22:36:57
馬鹿な工作員、相手が一人にみえる。

357 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 22:37:01
性格最悪のwww君、こんばんは。

358 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 22:40:16
半可通は、革Pの応援団だったのか?

359 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 22:44:54
>>355

>「錯乱」 詩・曲・唄)森谷・マカク・太郎
>どんなに苦しい時も 君は笑って(www)いるから
>挫けそうになりかけても 頑張ってる気がしたよ
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1185615151/9

360 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 23:27:01
幼児期にDVにあうと、捏造・剽窃・コピペ・半可通になるらしいよwww。

361 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/14(月) 23:52:02
>>360 そりゃ、血統だろが。

362 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 00:06:49
幼児期に父親のDVに会うと、マザコンになるらしいよwww。

363 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 00:10:27
>>360
幼児期にDVにあうと、長じてDVするようになるよwww。

364 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 00:13:35
↑ DVは、遺伝するように見えるね

365 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 00:20:54
幼児期にDVにあうと、ばいおれんすなAVに病みつきになったりキチガイなフェチになるらしいよwww。

366 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 00:42:26
www君もそうらしいね。

367 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 00:46:59
相手が一人に見えるようになったら重症w

368 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 02:48:15
今日の株式市場はひと波乱おこりそうだってか(笑)

369 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 05:35:50
また、誰かが、松岡されるのか・・・

370 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 10:45:35
◆先頭集団走る日本

 安全な経鼻ワクチン開発に取り組む国立感染症研究所の長谷川秀樹室長らは、様々な免疫増強
物質を試み、2本の鎖状に人工合成したRNA(リボ核酸)にたどり着いた。RNAはDNA(デオキシリ
ボ核酸)と同様に遺伝情報を担う物質だが、2本鎖のRNAは通常体内にない。RNAを持ったウイルス
が増殖する時にだけ2本鎖RNAを作るため、その存在はウイルスの感染を示す目印になる。

 これをワクチンに付加すると、粘膜にある免疫細胞は、病原体の感染時と同じ反応を、ワクチン単体
よりも確実に起こし、免疫物質を作り出す。

 ネズミの実験では、A香港型インフルエンザの増強経鼻ワクチンを投与。タイプの違うAソ連型ウイ
ルスを致死量感染させても生存率は40%だった。普通のインフルエンザワクチンも、この方法で増強
して経鼻型にすれば、猛威をふるう鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に対する抵抗力も飛躍的に
高め、ネズミの実験では生存率が2倍になった。

 腸管の粘膜免疫を標的にした「食べるワクチン」開発を進めるのは、東大医科学研究所の清野宏教授ら。

 遺伝子組み換え技術を活用して、米にコレラ菌の毒素を作る遺伝子を導入。米のたんぱく質にワク
チン成分が含まれるよう工夫し、粉末化する方法を考えた。

 ワクチン成分が米のたんぱく質に守られて腸で消化されにくくなるうえ、常温で長期保存もでき、ワク
チンの冷蔵設備が整わない途上国でも使いやすい。海外ではバナナやイモをワクチン化した例もある
が、水分が多く保存が難しかった。

 ワクチン粉末をマウスに食べさせたところ、コレラ毒素を与えても下痢症状を起こさず、1年半保存
した後でも効果を確認した。

 清野教授は「世界保健機関も注射器が不要で保存しやすいワクチン開発を大きな課題に挙げている。
日本は粘膜ワクチン研究では世界の先頭集団にいる。成果を発信していきたい」と話している。
(2008年1月13日 読売新聞)


371 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 10:58:52
あちこちに貼ってるけど、ストーカーが宣伝してくれてるんですか?


372 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 11:20:46
清P命

373 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 13:14:17
今年所長変わったんだっけ?
新しい所長はどうなのよ?!

374 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 14:46:34
河岡大先生、
鳥から分離された「鳥H5N1」と人から分離された「鳥H5N1」のシーケンスは、
本当にぴったり一致しているのですか?

375 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 14:51:39
>>374
してるって言ってるだろうが
ヴォケが

376 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 15:07:18
鳥のウイルスのシーケンスは公開されているのですが、人から分離されたものは、
どーたらこーたら屁理屈捏ねて、まったく公開されてないのですがね。

377 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 15:42:45
>>375
アンタ、どちらの方?

378 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 16:30:40
>>376-377
仕事汁

379 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 16:31:15
>>377
烏賊

380 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 20:47:19
鳥ウイルスのH5N1が、人間の細胞に感染して増殖するのはやけにハードルが高いなぁ・・・。

【「人間の上気道が、鳥インフルエンザ感染の場所」という正月以来話題の論文】
http://www.sasayama.or.jp/wordpress/?p=809

381 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/15(火) 23:23:06
結局、テニュトラ6人はだれ?

382 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/16(水) 00:43:47
Nスペ【再】「ドラマ・ パンデミック・フルー」
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/livenhk/1200409314/

383 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/16(水) 01:57:26
ニワトリに、卵を沢山産ませるために、厚生物質を与え過ぎて、免疫力が無くなり感染する。
企業は鶏舎の掃除をしない。日本には日系資本の中国製の卵や鳥製品が多い。大丈夫?
ベトナム戦争の枯葉剤と同じで、鳥インフルも日本の責任?
大学病院の薬漬けによる感染と同じだワン。

384 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/16(水) 02:14:33
日本の商社が扱う中国向けの鳥のえさに問題があるかも。

385 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/16(水) 02:28:34
>抗生物質を与え過ぎて、免疫力が無くなり

>大学病院の薬漬けによる感染

やけにテキトーな科学をやってんだな、おまえのオツムはwww。

386 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/16(水) 08:35:16
>>381
お手盛りで採用しようとしたって、公開セミナーをクリアしなきゃ、ダメなんだろ

orz

387 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/16(水) 09:27:31
>>279
真実を語る奴がいると緊張するよな

388 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/16(水) 09:33:03
>>381
テニュトラなのか?
期限付きじゃネーの、今時。

正式なリリースはないのかね。ボスは知っているはずだから聞いてごらん。
すでに着任日は決まっております。2/1もしくは3/1。
部屋のモデリングについても相談しているはずだよ。この前、菅野圏跡地で相談していたのを目撃。

389 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/16(水) 09:36:42
一応、名前は伏せておかせてくれ。
依然、教授の人事を偶然知ってしまって、俺が漏らしたことでポシャったことがあったので。
学生の身分でエラいことをしてしまったよorz

390 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/16(水) 09:50:58
独立助教授は、テニュトラだったのか? と小一時間www。

391 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/16(水) 09:54:45
>>389
今年度の予算消化が必要だが、セミナーさぼるヤツもいるからな
捏造したもんがち、さぼったもんがち、盗んだもんがち

392 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/16(水) 10:46:33
>>389
死ね

393 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/16(水) 11:04:46
>>392
通報しました

394 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/16(水) 13:24:52
鳥インフルは、石炭や石油ストーブによる鳥の一酸化炭素中毒じゃね?

395 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/16(水) 14:56:44
暗黒が支配してる烏賊様軒?

396 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/16(水) 17:32:00
■2008年1月16日(水) 深夜 【木曜午前】0時10分〜1時3分 総合
シリーズ 最強ウィルス 第2夜 調査報告  新型インフルエンザの恐怖
初回放送 2008年1月13日(日)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080113.html

出てます。よろしく。

397 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/16(水) 18:02:44
新型インフルエンザH5N1 (岩波科学ライブラリー 139)
岡田 晴恵 (著), 田代 眞人 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4000074792/

H5N1が一人歩き・・・

398 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/17(木) 05:28:32
『「ホンコンの生鳥市場を調査したいのだが、誰か一緒に行く研究者はいないだろうか?」
 ホンコン事件が起きたとき、私に電話でこう言ってきたのは、少し前にセント・ジュードか
ら私を送りだしてくれたばかりのドクター・ウェブスターだった。セント・ジュードには彼に
同行するウイルス学者が一人しかいないため、ウィスコンシンの私に合同調査を提案して
きたのである。私はこの申し出を受け、北大時代の恩師・喜田宏先生に話をもちかけた。
こうして喜田先生の研究室の高田礼人助手(現北海道大学教授)や鳥取大学の伊藤寿啓
教授も加わり、97年11月にホンコンへと向かった。このときの調査は大いに成果をあげ、
ホンコンで人にうつった鳥インフルエンザの源は、やはり生鳥市場にあったことが分かった
のである。
 97年の12月になると、ホンコンの衛生局はニワトリやカモなど家禽類150万羽の殺処分
を実施した。この時点ですでに18人が感染し、そのうち6人が命を落としていたが、殺処分
を境に感染は終結した。しかし、これが終結ではなく、始まりだったことがのちに分かる。
現在、ニワトリや人間を襲っているのは、97年にホンコンで分離された鳥ウイルスの子孫
なのだ。』
>>173

399 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/17(木) 10:20:59
>>389
6人のテニュトラ独立子牛の名前まだー?

400 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/17(木) 19:27:02
そういえば、オルソミクソウイルスのとこだけ、リアソータントが言われてるんだよな。

しかも、「1968H3N2ホンコン型」の研究だけで・・・。

これ、だれの研究だっけ?w

401 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/17(木) 19:34:40
インフルエンザ・ウイルス リアソータント・ストーリー 創造科学による価値の創造

402 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/17(木) 22:40:48
熱友みっけw

「インフルエンザ危機(クライシス)」 
p.61
『当時、北大でミンク実験に携わっていたのは、私の同級生で親しい友人でもある松浦善治氏である。
現在大阪大学微生物病研究所教授としてC型肝炎ウイルスの研究に従事している松浦氏は、北大時代
インフルエンザ研究グループの一員として、ミンクにブタや鳥のインフルエンザを感染させる実験に明け
暮れていたのである。
 (中略)
 この実験は成功し、ミンクもインフルエンザにかかることが確かめられた。結果は論文にもなり、学会
でも発表された。ミンクがインフルエンザにかかることが、世界で初めて実証されたのである。』
----------------------------------------------------------------------------------

【ミンクにブタや鳥のインフルエンザを感染させる実験】

おいおい、例の「マカク」感染実験プロコトール(異物反応「感染」すり替え技法)じゃないのかい?
しかも、今話題の「C型肝炎ウイルス感染」『薬害肝炎』問題騒動の科学理論の御用学者じゃないの?
胡散臭いいんちきウイルス感染政策タカリ制度をでっち上げたね。
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1193739245/
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumu/1193393527/

「感染」を治療して消すみたいに思わせてるのを、だれもおかしいと思わないみたいね。
原告団も。(それとも口裏合わせてばっくれてるだけ?)

403 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/17(木) 22:48:34
問題は、信頼できるウイルス学者がいない、発言しないことだwww。

404 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/17(木) 22:59:41
「松浦善治 C型肝炎ウイルス」 でググると・・・

ReaD 研究者(詳細情報)
http://read.jst.go.jp/public/cs_ksh_012EventAction.do?action4=event&lang_act4=J&judge_act4=2&code_act4=1000317784

【医学】C型肝炎ウイルスが増殖する仕組みを解明
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1160140005/
C型肝炎ウィルスに対する中和抗体の開発
medical.radionikkei.jp/igakushoten/final/pdf/050801.pdf
C型肝炎ウイルス、培養細胞で複製成功 都神経科研 ネオファイト
www.asyura2.com/0505/health10/msg/178.html


やっぱりウイルス撲滅思想が基本的なドグマなのだろうか?(本心ではそう思ってなくても。)
やはりなにやらあやしげな臭いが・・・

405 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/17(木) 23:40:25
>>404
人の感染症、相手してもいいのかな? 限りなく「あるある」を演出してるよな・・・ 
高病原性鳥インフルエンザ感染と同じように

406 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/18(金) 01:47:47
各種イカサマ高楼政策・感染症疾病対策制度・フロント御用学者

プリオン・ヨシカワ、H5N1・カワオカ、C型肝炎ウイルス(HCV)・マツウラ

みな獣医微生物学者だったりする
そしてみな限りなく「創科学界」の臭いが
獣医学の世界は何か異質なものが覆っている

407 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/18(金) 01:59:53
まあいいじゃないか。
感染症分野は元来投資が少ないんだし。
いま大騒ぎしてる万能細胞なんかよりは社会的ニーズがあるだろw

408 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/18(金) 02:13:05
>>407
>元来投資が少ない

おまえはウソつきだな。
省庁政策横断で税金泥棒の天国になってんだけどなぁ・・・。

しかも今回のいんちき「薬害肝炎」で、いくらかかると思ってんだ?w
たとえば、いんちき「プリオン」政策で、あの、感染してるかも国産牛肉
買い上げ詐欺制度でいくらかかったんだっけ?
鳥インフル政策で、いくらやっても意味のないH5N2殺滅処分費用とか、
新型インフル対策で各自治体に抱かせた備品とか、備蓄タミフルとか、
インチキ政策のおかげで、どんだけカネかかってるかわかんないから
そんなお気楽なこと言ってられるんだよね。

409 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/18(金) 03:10:07
どちらかといえば頭の悪い獣医学の人間が、必死にがんばって天下をとったみたいなとこあるね。
明治維新みたいな革命をやっちゃったのかもね。下級武士たちが妄想外圧の不安に便乗して政権とったみたいな。
あとは、行き着く先は・・・

410 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/18(金) 04:28:06
いまをときめくC型肝炎ウイルス御用学者が、革Pの北大獣医時代の同級生だったとはな・・・

411 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/18(金) 04:47:39
政策にからんでるウイルス学者は、官僚君たちの脳内妄想につきあってあげて、
しっかり太鼓判やお墨付きをあたえてるわけね、科学理論のサイドから。
いくら研究費誘導のためとはいえ、迎合しすぎだよな。
科学的に正確な事実や現実よりも、それを捻じ曲げて
ご都合な解釈や机上の空理空論の方を優先するらしいね。

412 :イカサマ犬は永遠ですwww。:2008/01/18(金) 08:07:49
医科研と感染研は、伝染病研究所から分かれた兄弟なんでしょ
薬害肝炎やエイズの患者ほっといて恥ずかしくないの??



413 :清木元治:2008/01/18(金) 08:32:37
そんなの関係ねえ あっ そんなの関係ねえ

414 :24時間、自宅で英会話レッスン!:2008/01/18(金) 09:09:20
自分のいたらぬ点を先生から指摘され、気づかせていただきました!
http://englishtown.msn.co.jp/Sp/lp/Home.aspx?bhcp=1

415 :言わもと愛吉:2008/01/18(金) 09:24:20
島田馨さんより、臨床も研究もよっぽど上手にやってるがのう
北京オリンピック向けに支店も作ったしな

みんな、中国語じゃ「愛滋」だぜ
愛吉の愛に自画自賛の滋だ


416 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/18(金) 09:54:23
>>413
所長!!

417 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/18(金) 22:38:26
C型肝炎ウイルス
松浦善治
http://read.jst.go.jp/public/cs_ksh_012EventAction.do?action4=event&lang_act4=J&judge_act4=2&code_act4=1000317784

まさか厚生労働省側の中の人間も文官と獣医師技官ばかりじゃないだろうな?

418 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/19(土) 00:30:53
医者だって、インターンやらないペーパードクターばっかだぜ

419 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/19(土) 01:13:51
ペーパードライバーが、いきなりお客満員の大型観光バス運転してハイウェイぶっとばしてるようなもんだな。

420 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/19(土) 04:55:01
厚労省の中の教育システムが破綻してるんだろね
ミドリ十字の利益を守るために、患者を犠牲にしたんだから
人殺し官僚が出世してるんだろう

421 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/19(土) 05:19:18
>>417
第3回C型肝炎対策等に関する専門家会議議事次第 平成17年4月12日(火)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/04/s0412-8.html

参考人からの意見聴取

厚生労働科学研究「C型肝炎ウイルス等の母子感染防止に関する研究」主任研究者
白木 和夫(聖路加看護大学大学院 教授)

厚生労働科学研究「慢性C型肝炎に対する治療用ヒト型抗体の開発に関する研究」主任研究者
松浦 善治(大阪大学微生物病研究所 教授)

厚生労働科学研究「C型肝炎ウイルスの感染者に対する治療の標準化に関する臨床的研究」主任研究者
熊田 博光(虎の門病院 副院長)

厚生労働科学研究「進行がんに対する集学的治療に関する研究」主任研究者
門田 守人(大阪大学大学院 教授)

422 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/19(土) 05:45:03
薬害肝炎を引き起こした責任はウヤムヤに
治療で金儲けを画策する厚労官僚マンセー!

423 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/19(土) 06:14:48
ミドリ十字と結託して私腹を肥やす霞ヶ関の殺人官僚マンセー

424 :清木元治:2008/01/19(土) 08:46:40
不正をする性格の人間に不正を許す環境を与えたのが医科研だったのです。

425 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/19(土) 09:45:12
で、これからどうするの?

426 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/19(土) 12:46:06
捏造も、剽窃も、コピペも、すべて根拠のない中傷です。
医科研は毅然としてこれまで通り研究を続けます。

427 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/19(土) 22:32:45
コピペ教授にも65歳まで働いてもらいます。

428 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/19(土) 22:48:52
       トリ インフルエンザ       
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1196487963/


309 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2008/01/19(土) 22:44:21 ID:E6xG20d70
>>308
 
だからw 
そのAP通信発のワシントンポストの記事は河岡氏の業績を絶賛する内容だろwww
 
ここの人間は皆英語が読めるんだからw 喪前さんみたいな誤読はしないぞwww
貼るだけ墓穴掘ってるようなもんだなwww

429 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/20(日) 09:59:51
wwwくんは、アメリカの一流紙が提灯記事載せると思ってんのか?

430 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/20(日) 10:52:54
思ってるよwww

431 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/20(日) 14:15:18
医科研は、何故に、捏造・剽窃・コピペに汚染されたのか?

CNS至上主義を掲げ論文を乱発する阪大に煽られて、不正を行う性格の人間を招聘したからではないか?

432 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/20(日) 16:03:13
今日話題になっているのは、招聘当時、すでに評判の人たちだったからね
こうなることは、ガーさんでなくとも十分予想可能だったと思うよ

433 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/20(日) 17:19:13
マリアのScience論文は、剽窃タグ使ってたんだろ
癌研にいた吉田さんだって、当然、知ってたんだよ

434 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/20(日) 20:00:34
それに懲りたアメリカの報復が、理研の産業スパイ事件なんダロ

435 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/20(日) 21:51:17
>>369
あのドラマのウイルス学の権威って、だれをモデルにしてたと思う?

カワオカ? キダ? タシロ? オカベ?

436 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/21(月) 08:02:09
オカベは、細菌学だろ
タシロは、自分のつもりだと思うよ

437 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/21(月) 13:05:14
>>407
インフルエンザ偽装政策に投資が少ないってか?
よっぽどの世間知らずの専門バカか、さもなくば目くらまし印象誘導の欺瞞言辞だな。

新型インフルエンザ及び鳥インフルエンザに関する関係省庁対策会議
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/index.html
【根拠・構成員】
新型インフルエンザ及び鳥インフルエンザに関する関係省庁対策会議の設置について
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/konkyo.html

国立感染症研究所 感染症情報センター
<インフルエンザパンデミック>
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/05pandemic.html

438 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/21(月) 13:47:50
世間の人は、東大医科研の専門家を信じているのかね
新型インフルエンザの大流行で死者が多数出るよ
食べる米ワクチンが開発されるよ

439 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/21(月) 13:49:23
少なくともマスコミのバカどもには篤い信頼があるみたいよ

440 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/21(月) 13:54:04
>>436
二日目のドキュメンタリーっぽいドラマには本人じきじきの顔アップでのお出ましだったしな。>>304

441 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/21(月) 16:39:22
>>438
この記者もプロパガンダ扇動印象誘導エージェントなのかね?

M田一雄さん
http://miyatak.iza.ne.jp/blog/folder/69679/

442 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/21(月) 20:24:43
日経プレスリリース(1/15)
アプライドバイオシステムズ、鳥インフルエンザ検出キットの最新版を販売開始
【アプライドバイオ、鳥インフル検出キット・H7型などに対応】
>米解析機器メーカーの日本法人、アプライドバイオシステムズジャパン(東京・中央、清田和行社長)は
15日、鳥インフルエンザウイルス検出キットを発売した。従来のA型とH5型に、H7型とN1型を検出する
キットを追加して、計4種類に増やした。
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1196401102/108


■アプライドバイオシステムズ、鳥インフルエンザ検出キットの販売を中止 2008年1月21日

>アプライドバイオシステムズ社(President、Mark P. Stevenson、NYSE: ABI)の日本法人、
アプライドバイオシステムズジャパン株式会社(代表取締役社長・清田和行、東京都中央区)は本日、
TaqMan(R) 鳥インフルエンザ検出キットの販売を中止することを発表しました。

>1月16日(水)に農林水産省消費・安全局畜水産安全管理課薬事監視指導班から、当該製品は、
動物の疾病の診断を目的とするものと判断され、動物用の体外診断用医薬品に該当するため、
その販売等に当っては薬事法に基づく許可・承認等を受ける必要があるとの指摘を受けたためです。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=179635
-------------------------------------------

この検査キット普及したら、鳥フルウイルスが至極ありふれてることが
だれでも確認できることになったのにね。残念ですね。

443 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/21(月) 21:04:57
私たち人類とインフルエンザウイルスとのつきあいは、

有史以前からつづいている。

インフルエンザの流行を最初に記録したのは、

医学の父≠ニ呼ばれる古代ギリシャ人ヒポクラテスだ。

以来、多くの研究者がインフルエンザウイルスと闘ってきたが、

いまだ撲滅には至っていない。

(河岡義裕『インフルエンザ危機 (クライシス)』 「はじめに」)
>>228

444 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/21(月) 23:01:48
【医学】自己免疫疾患の発症を抑制する関連遺伝子を発見
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1200918749/

ドカナ?

445 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/21(月) 23:05:17
免疫疾患の原因を遺伝子に求める技法ってだれが一番最初に開発したわけ?

446 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/21(月) 23:58:32
【社会】国が1000万人分の増産検討 新型インフルのワクチン
2008年1月21日 21時14分 東京新聞

 厚生労働省が、新型インフルエンザの発生に備えて備蓄を進めているワクチンについて、1000万人分の
増産を検討していることが21日分かった。

 実現すれば、備蓄済みの1000万人分、現在製造中の1000万人分と合わせて3000万人分となる。

 ワクチンは、抗ウイルス薬の備蓄と並ぶ新型インフルエンザ対策の柱だが、実際に流行したウイルスを
基に製造しなければ十分な効果が期待できず、製造にも約半年の時間がかかる。

 このため国は、アジアなどで鳥から人に感染し、新型に変異する恐れが高いとされている鳥インフルエン
ザウイルス(H5N1型)を基に、あらかじめ備蓄用の「プレパンデミックワクチン」を製造。新型の流行が
始まったら医療従事者や社会機能の維持に必要な人々に接種し、ワクチン製造が本格化するまでの
「時間稼ぎ」に使う計画だ。
(共同)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008012101000787.html
----------------------------------------------------

起こりもしない、効きもしないしないものを、わざわざ備蓄のために用意して、カネを吸い込む。
税金泥棒の詐欺師だね。厚生労働省。

447 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/22(火) 00:03:13
しかも、やってることは格差助長。
実はそれが狙いなんじゃないか?


448 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/22(火) 00:46:00
いったいいくらお金がかかるのか?
どれだけの効果が期待できるのか?
ワクチン屋の失業対策だと思えば了解

449 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/22(火) 00:48:57
オレは医者だが、そんな怪しいワクチン打たれたくない屋根
新型と言っても抗原性が異なるだけだろ
病原性が高くなるわけじゃない


450 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/22(火) 00:56:03
ホントに鳥から分離した鳥H5N1ウイルスをもとにしてつくったワクチンなのかな?
それとも、人分離の人A/H5N1という、もしあるとすれば、ありふれてもはや病気にならなくなってる
とっくに馴化したウイルスをもとにしてるってこともあるが・・・

どっちみち、必要ないんだよな。H5型の抗体保有調査を精密にやってるわけでもなく、ただ単純に、
ろくすっぽ調査もしないであくまでも「まだ経験がない」という思い込みに先導されているってのが実情。

すごいなこの新型(鳥)インフル詐欺偽装政策は限りなく犯罪的だよな。

451 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/22(火) 01:15:47
科学詐欺だが、ワクチン利権を守るためには仕方ない
責任は、東大医科研と感染研が取ることになっている
官僚には責任はない

452 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/22(火) 01:23:14
>>442
鳥インフルエンザ検出キットの販売を中止することを発表しました。

農林水産省消費・安全局畜水産安全管理課薬事監視指導班から、

当該製品は、動物の疾病の診断を目的とするものと判断され、

動物用の体外診断用医薬品に該当するため、

その販売等に当っては薬事法に基づく許可・承認等を受ける必要があるとの

指摘を受けたためです。
------------------------

「動物用の体外診断用医薬品」

ヘンないちゃもんつけじゃないのかな?

453 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/22(火) 02:23:44
鳥インフルエンザウイルス研究における感染「偽装」問題発覚!!

★北大★人獣共通感染症リサーチセンターA
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1196401102/

鳥インフルエンザウイルスが人間に感染した、は100%のいんちき理論だった!!

新型インフルエンザ・パンデミックの根本理論が根底からひっくり返って、
それが大きなウソだったということが曝露されてしまったのである。

454 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/22(火) 18:07:38
【医学】エボラウイルスを無毒化 東大チームが世界初…研究促進へ期待[08/01/22]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1200981182/

ウイルス根絶撲滅思想(笑)

455 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/22(火) 18:23:38
>「インフルエンザウィルスを人工的に作ることはできない」
>といった、間違った内容が堂々と書かれているのも問題だ。
>『インフルエンザ危機 (クライシス)』河岡 義裕著は2005年10月に発売された本であるが、
>著者はインフルエンザウイルスの人工合成に成功していることをこの時点で書いている。
http://www.amazon.co.jp/dp/4575299995
>>191

【行政】「科研費NEWS」を創刊 文部科学省
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1183031916/
>創刊号では、チンパンジーの知性や、宇宙の暗黒物質、ウイルスの人工合成など、人文や
社会科学系も含め最近のユニークな研究9件を具体的に紹介している。

【捏造】英科学誌「Nature」が「あるある大事典」の捏造問題を掲載
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1172237332/

456 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/22(火) 18:32:53
いんちき「共通感染ウイルス」獣医さんがた、
狂犬病ウイルスを撲滅するのを先にやってください。
狂犬病こそを克服できるようにしてください。
まだ発症機序もほとんど解明されておりません。
よろしくお願いします。

でっち上げみたいな「虚構」っぽい(笑)エボラなんかよりも、
狂犬病こそが現実に、今そこにある危機です。

457 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/22(火) 19:03:38
>>454
感染すると致死率が50−90%と高く、ワクチンも治療薬もないエボラ出血熱の原因であるエボラウイルスを
【遺伝子操作で無毒化し実験用の特殊な人工細胞の中でしか増えないようにする】
ことに、東京大医科学研究所の河岡義裕教授、海老原秀喜助教らが世界で初めて成功し、
米科学アカデミー紀要に22日、発表した。ウイルスの危険性が研究のネックだったが、
【この無毒化ウイルスを使えば、治療薬探しなどの研究が進む】
と期待される。
【このウイルスをワクチンとして使う道】
も考えられるという。チームは、
【遺伝子からウイルスを合成する「リバースジェネティクス」という手法】
を使い、エボラウイルスが持つ
【8個の遺伝子のうち、増殖に欠かせない「VP30」という遺伝子だけを取り除いたウイルス】
を作製した。できたウイルスは、
【通常の細胞の中では増えず、毒性を発揮しないが、VP30遺伝子を組み込んだサルの細胞の中でだけ増殖】。
それ以外の見た目や性質は、本物のエボラウイルスと変わらず、
【治療薬探しなどの実験に使えることを確認した。】
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1200981182/
------------------------------------------------------

【遺伝子操作で無毒化し実験用の特殊な人工細胞の中でしか増えないようにする】
【この無毒化ウイルスを使えば、治療薬探しなどの研究が進む】
【このウイルスをワクチンとして使う道】
【遺伝子からウイルスを合成する「リバースジェネティクス」という手法】
【8個の遺伝子のうち、増殖に欠かせない「VP30」という遺伝子だけを取り除いたウイルス】
【通常の細胞の中では増えず、毒性を発揮しないが、VP30遺伝子を組み込んだサルの細胞の中でだけ増殖】
【治療薬探しなどの実験に使えることを確認した。】



フェイク・サイエンス? 追試再現は可能なのかな?

458 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/22(火) 20:09:05
RNAウイルスのリバースジェネティックスって、信用できるの?

459 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/22(火) 20:15:37
信仰の世界。

460 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/22(火) 23:19:55
「飴ニモマケズ鞭(無知)ニモマケズ風説ニモマケズ」
http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/45630_23908.html

東ニ 新型フル感染爆発ノ革Pアレバ 行ッテ妄想ダト指摘シテヤリ
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1169122599/

西ニ 万能細胞ノマヤカ師アレバ 行ッテソノ虚妄虚偽ノ細胞ヲウサンクサク眺メ
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1197500336/

南ニ 試料改竄ノ医師アレバ 行ッテ仲間ハトンペイニモ居ルカラコワガラナクテモイヽトイヒ
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1192244469/
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1195136937/
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1198852816/
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/material/1198997146/

北ニ 人獣共通感染ノ奇堕Pガアレバ ツマラナイ嘘ダカラヤメロトイヒ
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1196401102/

461 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 09:39:32
>>457
DNA→RNA→ウイルス粒子

日本のRNAウイルス学のレベルの高さは医科研が支えてるw




462 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 13:50:11
>>457
治療薬作りたいならVP30遺伝子産物をターゲットにスクリーニングしないか、普通?

463 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 15:47:14
>>454
>できたウイルスは、
>通常の細胞の中では増えず、
>毒性を発揮しないが、
>VP30遺伝子を組み込んだサルの細胞の中でだけ増殖。

できたへっぽこウイルスは、
当然、通常の細胞の中では増えることができず、
最初からウイルスに毒性なんてあるわけもなく
そんなもの発揮もするわけないが、
「VP30遺伝子を組み込んだサルの細胞の中でだけ増殖」
できるとしておけば、どーせ誰も追試できるわけもなく、
捏造もばれるわけがない。

464 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 19:33:35
「ウイルスの脅威から地球を守る」
パンデミック(世界的大流行)を起こさないための国としての対策を 
ウイルス学者(東京大学感染症国際研究センター長) 河岡義裕さん
http://www.jili.or.jp/kuraho/2006/inochi/web04/i_web04.html

モンスター・サイエンティスト…

465 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 20:58:18
>>463
ちょっと聞くけど、レトロウイルスベクター扱ったことある?

466 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 21:06:39
>>463
あちこちでインチキインチキ書いてる人がいるけど、
レトロウイルスベクター使ってて、安全性の原理理解してる人ならば
別に何の疑問も感じないのだがな。

467 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 21:09:05
てか、COS細胞と変異型SV40みたいなもんだろ。

468 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 21:16:05
>>466 ストーリー・サイエンティストの面目躍如

469 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 21:20:46
人のウイルスを組換えしてつくったRNAウイルスを、猿の細胞に感染させる・・・

>できたウイルスは、
>通常の細胞の中では増えず、毒性を発揮しないが、
>VP30遺伝子を組み込んだサルの細胞の中でだけ増殖。

ウイルスがバクテリアのようなふるまいをするんだね。そりゃすげーや

470 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 21:27:56
>>469
君の疑問点が全然わからない。
そんなにこの手法って斬新か?

471 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 21:40:37
そりゃそーさな 鳥ウイルスが いとも簡単に 鼠や猿どころか人までに 
感染させられる マジックハンドだかゴッドハンドだか を持った研究チームだもんな

472 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 21:41:22
馬鹿は放っときなよ。

473 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 21:44:25
原著読んできたけど、単にVP30をneoに置き換えてあるから感染性ウイルスはできるけど、
感染後はVP30がないから増殖しないが、VP30を別個に放り込んだvero細胞では増殖する、というだけの話だった。

こんなのやればできるべ?

474 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 21:46:12
印象誘導乙

475 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 21:47:40
>>473
だからPNASどまり

476 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 21:48:54
なんだ。よくわかってない院生が騒いでるだけか。
わざわざ分野外の原著論文読んで損した。

477 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 22:18:32
>>460

人工RNAウイルスと言ってるものが、イカサマウイルスだと言うこと。
DNAウイルスとは全然違う。

478 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 22:27:05
正真正銘の変異ウイルスだったら面白いんだが、ヌエみたいなウイルスだろ

479 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 22:27:33
文部科学省「新興・再興感染症研究拠点形成プログラム」
新興・再興感染症に関するアジアリサーチフォーラム
Asian Research Forumon Emerging and Reemerging Infections − 2008
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/01/08012201.htm
http://www.crnid.riken.jp/jpn/event/index.html
http://www.crnid.riken.jp/jpn/event/pdf/080128_j.pdf

解析ソフトと製薬製剤の笑うセールスマン?
数理モデル解析でパンデミックから人類を救うのか。
プレパンデミックワクチン備蓄もひとまず目処がついて、
次は、国産抗インフルエンザウイルス薬の備蓄だね。


【政治】 “日本で流行すれば、死者数十万人” 厚労省、新型インフルエンザのワクチン1000万人分の増産検討
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1200937282/
【医薬】富山化学、抗インフルエンザウイルス薬「T-705」の日本国内での臨床第II相試験を開始[08/01/08]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1199779582/

480 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 22:55:28
耐性ウイルスの誘導を考えると、処方には勇気がいるよね

481 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 23:01:07
「耐性ウイルス」という新たなマヤカシ言葉。

人獣共通感染
高病原性鳥ウイルス(人に感染)
H5N1
サイトカイン・ストーム(という単なる異物反応?)
タミフル耐性
耐性ウイルス・・・

捏造創科学に終わりはない

482 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 23:03:15
1918 Killer Flu Tested on Monkeys
Washington Post
By SETH BORENSTEIN
The Associated Press
Wednesday, January 17, 2007; 11:06 PM
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395.html
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395_2.html
>>7

483 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 23:16:32
しばらく来なかったけど生物板って本当にレベル下がったな。
ろくに議論もできないのにイカサマ呼ばわり。
ま、相撲板にでも帰るわw

484 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 23:18:30
>>483 というレベルの低いヤシ プゲラw

485 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 23:30:53
革Pズウイルス学ってのは子供騙しなのだが
みんなで口裏合わせてしらばっくれながらやってるから凄いと思う

486 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/23(水) 23:34:25
どこからどう見たって、ウイルス感染による衰弱へい死よりも、
殺滅淘汰処分による死亡のほうが、格段の被害災害になっているわけだが・・・。
まったくキチガイじみた所業だよな。茨城も宮崎も・・・。

インド東部で鳥インフル流行=200万羽処分へ 2008/01/22-17:29
 【ニューデリー22日時事】インド東部の西ベンガル州で今月に入り、家禽(かきん)の間で高病原性の
H5N1型鳥インフルエンザが猛威を振るい、22日までに同国では過去最悪の被害となる約16万羽が
殺処分された。
 流行は今月上旬に始まり、PTI通信によれば22日現在、ビルブム、ムルシダバードなど州内7県に
広がった。保健当局は向こう1週間でさらに200万羽を処分する。また、地域住民らにスクリーニング
検査を行い、人への感染に警戒を強めている。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008012200759
---------------------------------------------

鳥インフルエンザウイルスが人間に感染するというウソ科学を世界中に流布することになった、
東大・河岡義裕教授研究チームの罪は、はかり知れない。

「ウイルスの脅威から地球を守る」パンデミック(世界的大流行)を起こさないための国としての対策を 
ウイルス学者(東京大学感染症国際研究センター長) 河岡義裕さん
http://www.jili.or.jp/kuraho/2006/inochi/web04/i_web04.html

第5回NBI対談 - 日本バイオロジカルズ株式会社
http://www.nbi.ne.jp/talk5.html
鶏インフルエンザに関する東京大学河岡義裕教授の講演を聴講して
http://www.jpa.or.jp/news/item/2001/08/22/010822_cho_ko.html

鳥インフルエンザ問題検討委員会の検討結果報告
http://wwwsoc.nii.ac.jp/osj/japanese/materials/birdflu/birdflu_main.html
「高病原性鳥インフルエンザに関する意見交換会」 議 事 次 第
http://www.maff.go.jp/syoku_anzen/161015tori_iken_kokan/bird_flu.htm

487 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 00:51:57
>>483
前に来たのはいつだ?w
(1)すべてのウイルスは人畜無害
(2)種特異性があるから複数の種にまたがって感染するウイルスなんていない
(3)ウイルスに変異が入るなんて絶対にあり得ない、過去から未来永劫にわたってウイルスは不変
(4)分子生物学を駆使してウイルスを作れるわけがないからそういう実験はすべて捏造
と、主張するキチガイが住み着いて以来ウイルス関係の話題はもう2年くらいこの状態だよ



488 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 01:10:21
>>487
(1)すべてのウイルスは条件さえ整えば人畜共通伝染する
(2)種特異性を有するウイルスは特殊であって複数の種にまたがって感染増殖活性をもつウイルスは珍しくもなんともない
(3)ウイルスは容易に変異ししかも過去から未来にわたって宿主を変えたり宿主間においてリアソータントで進化する
(4)遺伝情報さえあれば分子生物学を駆使してウイルスは人為につくることが可能で実験室でその感染実験は確認検証済み

489 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 02:01:49
>>488 そのウイルス学理論に則ったおすすめのテキストはありますか?

490 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 08:18:07
皮の論文、俺も読んだよ。
単にVP30を細胞上でcomplementしているだけ。しかもrecombinationで強毒ウイルスにrevertする可能性が否定されておらず一般ラボで使えない。
何でこんな研究が新聞に取り上げられるのか不思議だ。
日本人研究者によるはるかにすばらしい研究は他にいっぱいあるのに。
完全なるマスコミ操作。
また敵をふやしたな。


491 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 10:13:11
>>490
新聞に取り上げられる論文ってのは自分から新聞社に売り込むんだよ。
PNAS以上が出たらやってみな。
自分は変なのにつきまとわれるのは嫌だからやらんけど。

492 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 13:07:08
>>490
まあ、ある頻度で普通に元に戻るだろうな。

でも、学会発表でさえマスコミに取り上げられることはよくあるし
この程度で別に敵は増えないんじゃないの?www


493 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 16:07:21
異の中の革P大界を知らず >>486

494 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 16:16:35
そろそろインフルエンザウイルスねたからはトンズラ離脱しようとしてるのでは・・・

495 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 16:19:07
>>490
■東大医科研は日本のフォート・デトリックだろう:河岡義裕教授は情報のコントローラー
http://www.asyura2.com/0311/health7/msg/935.html
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1193310901/7

496 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 16:42:18
>>488
カワオカストーカー氏によるとそれらはすべて捏造らしいw
しかも世界中の学会ぐるみらしいよ。
カワオカストーカー氏だけが真実を知っているんだって。


497 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 17:23:13
>>496
へぇ・・・ そういうウイルス学>>488をマジでやってる奴等もいるんだ(笑)

498 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 17:24:46
>>496 は、>>488が、トンデモ科学だとは思ってないワケね?

499 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 17:33:45
>>457
>できたウイルスは、
>通常の細胞の中では増えず、毒性を発揮しないが、
>VP30遺伝子を組み込んだサルの細胞の中でだけ増殖。
>それ以外の見た目や性質は、本物のエボラウイルスと変わらず


「VP30遺伝子を組み込んだサルの細胞の中でだけ増殖」

ここにマジックを仕込んで、ウイルスが「できた」ことにしちゃってるんだよね(笑)

通常、RNAウイルスは、細胞核DNAとは関わりなしに増殖するもの。
細胞核DNAに遺伝子組み込んだって意味ねえよ。

500 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 17:35:56
はなから存在してないものを「あるある」やる、いつもの手口じゃないか。

501 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 17:38:44
よくぞこんなウソつき科学を平然とやれてしまうものだ 相当の手練だぞ こいつら

502 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 17:41:19
>>481
「ウイルスの無毒化」という新たなマヤカシ言葉。

人獣共通感染
高病原性鳥ウイルス(人に感染)
H5N1
サイトカイン・ストーム(という単なる異物反応?)
タミフル耐性
耐性ウイルス
エボラウイルスの無毒化・・・

捏造創科学に終わりはない

503 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 20:27:11
>>487
(4)人為ウイルスができそこないなんですけど・・・



504 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 20:29:55
ウイルス学会は、こんなイカサマほっといていいのか?

505 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 20:37:39
CIAが後ろにいるのに嘘だとか捏造だとか言ってもしようがあるまい。
国会で9.11捏造説を解説する民主党みたいなもんで、みんなメーソンで繋がってるようなもんだw

506 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 20:52:03
で、君の考えでは、CIAの狙いはなんなのかね?

507 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 20:55:00
昔天然痘が実験室外に漏れる事件があったわけだから
ジャーナル目的の人間は危ない実験はしないで欲しいなぁ


508 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 20:59:39
心配ない、うちのはイカサマウイルスだから

509 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 21:11:49
ウイルスに関しては完全な門下外なんだが知識のある皆さんに質問

1,ワクチンは効果ないと言うけれど
完全に保存された配列を探索して抗体作ったらいいんじゃないの?
2,強毒性の場合,死に至るわけだが,ワクチンを打って少しでも初期症状を抑えれば致死率はかなり下がりそうだがどうよ?
3,粘膜ワクチンはダメなのは,
完全に感染を防ぐのは不可能だからですか?

510 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 21:19:14
■エボラウイルスを無毒化 薬とワクチン開発へ 2008.1.22 08:37 MSN産経ニュース

 感染すると致死率が50−90%と高く、ワクチンも治療薬もないエボラ出血熱の原因である
エボラウイルスを遺伝子操作で無毒化し、実験用の特殊な人工細胞の中でしか増えないよう
にすることに、東京大医科学研究所の河岡義裕教授、海老原秀喜・助教らが世界で初めて
成功し、米科学アカデミー紀要に22日、発表した。

 ウイルスの危険性が研究のネックだったが、この無毒化ウイルスを使えば、治療薬探しなどの
研究が進むと期待される。このウイルスをワクチンとして使う道も考えられるという。

 チームは、遺伝子からウイルスを合成する「リバースジェネティクス」という手法を使い、エボラ
ウイルスが持つ八個の遺伝子のうち、増殖に欠かせない「VP30」という遺伝子だけを取り除いた
ウイルスを作製した。

 できたウイルスは、通常の細胞の中では増えず、毒性を発揮しないが、VP30遺伝子を組み
込んだサルの細胞の中でだけ増殖。それ以外の見た目や性質は、本物のエボラウイルスと変わ
らず、治療薬探しなどの実験に使えることを確認した。

 エボラウイルスを使った研究は、感染事故などを防止するため、研究者が宇宙服のような防護
服を着用するなど、厳重な封じ込め措置が取られた「P4」と呼ばれる研究施設でしかできない。

 河岡教授は「無毒化ウイルスは、通常の実験室でも扱えるため、エボラウイルスの解明が大きく
進むと期待できる」と話している。
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/080122/acd0801220837006-n1.htm

511 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 21:26:21
河岡さんは、ウイルス学者として信用できるの?
Fauciは、信用できないと言ってるけど・・・

512 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 21:27:31
永井さんのイカサマリバースジェネチックスを使ってるところが信用できないwww。

513 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 21:27:54
>>509 門下外って何さ(笑) 知ってて訊いてんの? 流れをそらしたいとかで・・・

514 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 21:32:23
>>511
みんな信用してんじゃないの(笑)

「ウイルスの脅威から地球を守る」
パンデミック(世界的大流行)を起こさないための国としての対策を 
ウイルス学者(東京大学感染症国際研究センター長) 河岡義裕さん
http://www.jili.or.jp/kuraho/2006/inochi/web04/i_web04.html
第5回NBI対談 - 日本バイオロジカルズ株式会社
http://www.nbi.ne.jp/talk5.html
鶏インフルエンザに関する東京大学河岡義裕教授の講演を聴講して
http://www.jpa.or.jp/news/item/2001/08/22/010822_cho_ko.html
鳥インフルエンザ問題検討委員会の検討結果報告
http://wwwsoc.nii.ac.jp/osj/japanese/materials/birdflu/birdflu_main.html
「高病原性鳥インフルエンザに関する意見交換会」 議 事 次 第
http://www.maff.go.jp/syoku_anzen/161015tori_iken_kokan/bird_flu.htm
>>486

515 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 21:36:38
門外漢なんだが、常識的に考えると
1)抗原性のある部分はアミノ酸配列のごく一部で、ウイルスはその部分を変化させることで免疫を免れようとするはず。
2)鳥インフルエンザウイルスは強毒と言われているが、それは鳥に対しての話。
多様性に富む人間すべてに致死性になるとは考えにくい。オーストラリアのウサギの例を見ても一目瞭然。
3)粘膜ワクチンてなによ。清Pのコレラ毒素米ワクチンのこと?

516 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 21:37:43
>>514
みんなって、金儲けのために信じてる振りしてるだけでしょw。

517 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 21:38:26
>>511
 
勝手に漏れの上司(Fauci)の名を騙るな! ストーカーw
 


518 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 21:39:42
革岡先生
そろそろ>>488のウイルス思想にもとづいたテキストが必要です。
是非とも先生に出していただきたくお願い申し上げます。
いまや執筆スタッフも連携研究機関に数多くおいでになるようですし。

519 :509:2008/01/24(木) 21:45:59
うわー上の方よく見てなかったから書き間違えた

1,コンフォメーションの変化はわかるんだけど,全ての部位を変更できるわけではないじゃん.
HIVだと不可変な部位が近年同定されていてそこをターゲットにアメ公が阻害しようとしてるらしいよ
ならばインフルエンザもと思うんだが

2,実際にスペイン風邪は強毒性だったから大流行したわけだろ??
俺,すでに情報操作されて洗脳済?
3,そう,きよピーの粘膜ワクチンのこと

520 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 21:48:08
Fauci先生もトリインフルエンザ対策が必要だと言ってるけど、
どういうことなの、ストーカーw
Fauci先生によるとアメリカでもH5N1にたいするワクチンを用意してる
みたいだよ、どうしてカワオカストーカーw
http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=4969363

521 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 21:50:55
>>499
>通常、RNAウイルスは、細胞核DNAとは関わりなしに増殖するもの。
>細胞核DNAに遺伝子組み込んだって意味ねえよ。

マジで言ってんのか?
バカじゃねえの?

522 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 21:55:34
>>509 なんかこの程度の知識で、研究に関わってないといいけどな。。。 なんか悪寒がするな。。。

523 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 21:56:28
バカなんです
許してやってください

524 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 21:57:06
だから馬鹿なんだって。二言目にはウイルス学の常識がどうこうとか言い出すから、
もう少しものの分かった奴かと思えば、この程度のことも分からなかったなんてさ。

525 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 21:57:57
カワオカストーカーはウイルス学の教科書を読んだ方がいいよ

526 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 21:58:33
>用意してるみたい

ってなによw してねえじゃんw

527 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 21:59:11
お、スレがアクティブwなんで出遅れたが、
>>524>>521に同意したコメントだ。

カワオカストーカーさん、反論よろしくね♪

528 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:02:11

138 名前:Nanashi_et_al.[] 投稿日:2008/01/24(木) 20:11:44

(1)すべてのウイルスは条件さえ整えば人畜共通伝染する
(2)種特異性を有するウイルスは特殊であって複数の種にまたがって感染増殖活性をもつウイルスは珍しくもなんともない
(3)ウイルスは容易に変異ししかも過去から未来にわたって宿主を変えたり宿主間においてリアソータントで進化する
(4)遺伝情報さえあれば分子生物学を駆使してウイルスは人為につくることが可能で実験室でその感染実験は確認検証済み
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1198811399/488n-

139 名前:Nanashi_et_al.[] 投稿日:2008/01/24(木) 20:19:59
>>138
いまはこういう科学の見方が最先端の知識知見ということにして、
これによってこそ科学研究費予算をふんだんに誘導できるわけね。
とてもついていけない。頭がおかしくなりそうだ。ごめん離脱するわ。

529 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:04:22
で、ウイルスの増殖に必要なタンパク質をトランスで供給するってのに、
細胞核DNAに遺伝子組み込んだって意味ないってのは、
一体全体どうしてなんですかね?ストーカーさん♪?

530 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:14:24
またまたストーリーに都合いいことばっかやってんだね 
ストーリーが間違ってれば何やってもそれは現実のものにならないよねw

531 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:14:56
>>519
1.理論的には可能でしょう。でも、実際的にどれだけ効果があるか。しょせんは、不活化ワクチン。sterile vaccineの実例はあるの?
2.大被害は、第一次戦争のためだよ。平和はいいねえ。
3.清Pのイカサマワクチン信じてるのか?このスレでちょっと捏造呼ばわりされただけで、医科研セミナー中止になったんだぜ。

532 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:15:27
ガシガシ連投してたストーカーが急に静かになったが、
誰かが弱点をヒットしたんだね。怨霊退散のお札か。

533 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:18:32
>>521
しかし、>>499の言う通りならin vitroでもウイルスが増えそうじゃねえかw
えらいこっちゃwww


534 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:20:11
>このスレでちょっと捏造呼ばわりされただけで、医科研セミナー中止になったんだぜ。

それはいくらなんでもウソだろ?w

535 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:21:07
ちょっと待て、ストーカーというのは、河岡さんの批判者(Fauciを含む)のことなのか?
本スレ読むと、ストーカーには、科学的な批判者と、半可通のいちゃもん屋(自称ウイルス学者)が混ざってるように感じるんだが・・・

536 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:22:23
>>534
三宅健ちゃんに聞いてみな。

537 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:22:45
>>533
その「できたウイルス」ってのがqあwせdrftgyふじこ・・・

538 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:24:53
>>535
批判者は一絡げに味噌も糞もカレーもウンコも一緒に見えてしまうらしい

539 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:26:19
↑半可通認定

540 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:26:25
ヤケに流れたなw 何が琴線(チンコ)に触れたんやろか?

541 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:28:19
>>536
三宅健先生、医科研セミナードタキャンって本当ですか?

542 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:28:27
>>535
科学的な批判者ってどのレス?
自分には批判的な奴はメソードすら理解できてないようにしか読めないのだが。
つか、英語も読めないんと違うか?

543 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:28:55
>>535
http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=4969363

Fauciも「アメリカはH5N1対策をしてる。他の国より対策は進んでいる」って
言ってるけどどういうこと?
日本だけのでっちあげじゃなかったの???



544 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:29:10
>>525
カワオカウイルス学テキスト紹介プリッツ

(1)すべてのウイルスは条件さえ整えば人畜共通伝染する
(2)種特異性を有するウイルスは特殊であって複数の種にまたがって感染増殖活性をもつウイルスは珍しくもなんともない
(3)ウイルスは容易に変異ししかも過去から未来にわたって宿主を変えたり宿主間においてリアソータントで進化する
(4)遺伝情報さえあれば分子生物学を駆使してウイルスは人為につくることが可能で実験室でその感染実験は確認検証済み
>>488

545 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:32:38
>>543
当然じゃん。とくにH5N1に限った対策じゃなくて、いろんなBCテロ対策で軍の対策チームをもってるんだから。

546 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:32:55
あれあれ?
H5N1対策が必要だというのは河岡先生のでっちあげで、日本だけで
騒いでるんじゃなかったの???
Fauciはそれに対して批判的なんでしょ?
この記事によるとFauciはH5N1対策を推し進めてるみたいだよ。
カワオカストーカー、どういうこと?

http://www.nih.gov/news/pr/jan2007/niaid-02.htm
"An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D."More broadly, development of this
DNA vaccine technology has the potential to improve our production
capacity for vaccines to prevent seasonal influenza and other diseases."

"This influenza vaccine trial is further evidence of the ability of
the NIAID Vaccine Research Center to rapidly translate basic
research into potential products," he adds."Our accelerated
effort to understand and find new solutions to pandemic
influenza is part of the NIAID commitment to respond to new
emerging infectious disease threats and to improve public
health preparedness."

547 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:33:50
>>545
プゲラ
An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

548 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:35:10
>>546
カワオカストーカーは英語が読めないんだってばw

549 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:36:05
ストーカーは必死で自動翻訳を実施中です。


550 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:37:09
ストーカーのストーリーがものすごい勢いで崩壊中


551 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:37:10
>>542
Fauciー河岡絶賛説でつねwww。

552 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:38:33
アメリカが恐れているのは、北朝鮮のバイオテロ
核兵器取り上げられたら、残るのはこいつしかないからな


553 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:38:59
もうFauciの名前は出さない方がいいなw


554 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:39:17
どこの国でも対策予算獲得のための便乗ネタにされてるってことだな

555 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:40:14
>>552
でもFauciはH5N1インフルエンザって言ってるよ。北朝鮮が
H5N1型を生物兵器としてばらまくの?
カワオカストーカーの説では人間には無害なんでしょ?w


556 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:40:53
ようこそ、半可通くん

Fauciは、革P論文を徹底的に批判してるよ
一方で、NIAIDの所長として、研究費獲得に努力するのも当然だろ

557 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:44:30
単細胞脳では理解不能かも知れないが・・・

テロは、犯人が確定されたら失敗、別人が犯人とされても失敗なんだよ
人々に恐怖を与えるには、「犯人は北朝鮮かも知れないけど、証拠が得られない」という状況を作ることが必要なんだ
分かるかなあ、分かんないだろーなー


558 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:45:40
つまりカワオカストーカーは医科研教授やNIAIDディレクターの嘘を見破り、
真実を叫び続ける孤高の研究者なんだね!


559 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:45:57
悔しいけど、よくわかんねぇ

560 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:46:41
>>557
H5N1は無害なんだろ?
北がばらまいたって怖くないじゃんw

561 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:47:35
>>558
河Pのウソを見破り、NIAIDディレクターの本音を見破るだけでいいんだが

562 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:48:04
カワオカウイルス学のストーリーがものすごい勢いで崩壊中

「ウイルスの無毒化」という新たなマヤカシ言葉。

人獣共通感染
高病原性鳥ウイルス(人に感染)
H5N1
サイトカイン・ストーム(という単なる異物反応?)
タミフル耐性
耐性ウイルス
エボラウイルスの無毒化・・・

捏造創科学に終わりはない
>>502

501 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2008/01/24(木) 17:38:44
よくぞこんなウソつき科学を平然とやれてしまうものだ 相当の手練だぞ こいつら

500 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2008/01/24(木) 17:35:56
はなから存在してないものを「あるある」やる、いつもの手口じゃないか。

494 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2008/01/24(木) 16:16:35
そろそろインフルエンザウイルスねたからはトンズラ離脱しようとしてるのでは・・・

493 名前:名無しゲノムのクローンさん[sage] 投稿日:2008/01/24(木) 16:07:21
異の中の革P大界を知らず >>486

563 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:49:59
>>560
Webster仮説が正しければ、人間を使えば強毒インフルウイルスは比較的簡単に作出可能だよ。

564 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:55:08
アメリカは、生物兵器の開発を行っているから、これが一番怖いだろな
CIAが恐れてるのもこれだろな

565 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:57:15
北にも、731の生き残りがいるはずだからね

566 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:58:45
>>556
で、Fauciは何をどう批判してるの?
カワオカストーカー説なんかもうどうでもいいから。

567 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:59:33
石井四郎の母校、京都帝大は朝鮮人をたくさん受け入れてたからな

568 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:01:11
>>566
人工インフルエンザウイルスをサルに感染させたNature論文は、ウイルスの感染じゃなくて、異物反応見てるだけだって

569 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:01:25
>Webster仮説が正しければ

「インフルエンザ危機(クライシス)」
 
p.61
『当時、北大でミンク実験に携わっていたのは、私の同級生で親しい友人でもある松浦善治氏である。
現在大阪大学微生物病研究所教授としてC型肝炎ウイルスの研究に従事している松浦氏は、北大時代
インフルエンザ研究グループの一員として、ミンクにブタや鳥のインフルエンザを感染させる実験に明け
暮れていたのである。
 (中略)
 この実験は成功し、ミンクもインフルエンザにかかることが確かめられた。結果は論文にもなり、学会
でも発表された。ミンクがインフルエンザにかかることが、世界で初めて実証されたのである。』
>>402

p.33
『ブタの呼吸器上皮細胞には、人と鳥のウイルス両方のレセプターが存在することを伊藤寿啓先生
(現鳥取大学農学部獣医学科獣医公衆衛生学教授)とともに私たちウィスコンシン大学のグループが
見つけた。このため一匹のブタが同じ時期に鳥インフルエンザとヒトインフルエンザに多重感染する
ことがあり、このときブタの体内でハイブリッドウイルスが誕生する。これが従来考えられていた、
新型インフルエンザ誕生のストーリーである。

 ドクター・ショルティセックがブタの関与説を発表した当時、まだこれを明確に検証する手立てはなく、
否定的な見方をする研究者のほうが多かった。この説を裏づける科学的根拠が得られたのは、90年
代に入ってからだ。1979年以降ヨーロッパの家禽類のあいだで流行していた鳥由来のウイルスと、人
のあいだで流行していたヒトインフルエンザウイルスがブタに感染し、1983年から1985年にかけてハイ
ブリッドウイルスが生まれた。このウイルスが、1993年になってオランダの子供に感染したことを、
私たちは明らかにすることができたのだ。』
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1193310901/438
---------------------------------------------------

その仮説を立証したことになってるのも全部キダ&オオツキ門下の人々
全部Fauci指摘の例の胡散臭い「感染」実験

570 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:02:44
で、ストーカー君さ、>>529への反論はどうなったんだい?
で、反論できるんだったら具体的にお願いしたいな。

571 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:03:30
ウイルス学会は、河岡さんの論文をどう評価してるんだい?

572 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:04:38
>Fauci指摘の例の胡散臭い「感染」実験
>>9>>10

573 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:06:20
>>570
半可通を言い負かして、科学的批判者にも勝ったつもりになってるチーム革P

>>535

574 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:06:55
>ウイルス学会

理事役員のメンバーの顔ぶれをgしぐふいおhfっぢお;vghじヴぃyt

575 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:06:56
激しくワロタ
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=Webster%E4%BB%AE%E8%AA%AC&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

576 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:07:38
>>574
理事会は、捏造支援チームだな

577 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:09:10
カワオカストーカーによると北朝鮮がH5N1でテロをしようとしてるからアメリカは
対策に追われているらしい。
でもH5N1型は無害なんだって。
バカだよね。

578 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:09:16
理事長は、再現性のない論文で特別推進を推進したので有名なお方ではありませんか?


579 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:10:36
必死にログ流しをするからコピペしておくか。

547 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:33:50
>>545
プゲラ
An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

580 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:10:48
>>577
自己撞着に気がつかないチーム河P

581 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:12:11
>>575
‘Webster 仮説 インフルエンザ’ のほうが有益だど

582 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:17:03

「インフルエンザ危機(クライシス)」

これ絶対面白いよ
(でもなんでこんなネタばらし本だしちゃったんだろうね?)

583 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:17:25
Webster仮説って、ホントなの???

584 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:18:24
これは、仮説ではなく、定説ですwww。

585 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:19:50
狂犬病って人獣共通ウイルス感染症じゃないの?

586 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:22:06
あれは、コウモリが本来の宿主
イヌにも感染可能
人間にも感染可能

人獣共通というと、人間が本来の宿主であると勘違いする人間がでてくる
動物由来感染症=zoonosisと呼ぶのが正しい

587 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:22:24
>>585 
まだ発症機序が解明されておりませんです。
獣医学界の手抜き? 病気がなくなると仕事なくなって困るのが医者・・・

588 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:23:43
人獣共通って、喜田さんの最大の失敗だよ
英語では、zoonosis research centerと言ってるのにな
日本人を馬鹿にしてるんだろ

589 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:24:02
>>586
「本来の」宿主って・・・w
誰かがデザインしたんですか?w

590 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:24:11
>>569 は大事なとこ だれかさんたちは流し去りたいみたいだけど(笑)

591 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:25:37
コウモリのウィルスがイヌにもヒトにも感染するんだったら、
トリのウィルスがヒトに感染したって何の不思議もなかろう。

592 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:28:10
>>586
「本来の宿主」は、definitive hostのこと。次の宿主に感染可能=伝播する
イヌとヒトは、paratenic host(延長宿主)。次の宿主に感染しない=伝播しない。
チーム河Pは、常識がなさすぎるよ。


593 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:28:48
イヌからヒトには感染するじゃんよ。

594 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:30:17
イヌがヒトを咬むという異常な状況でのみね。
これでは、自然の感染サイクルは回らない。

595 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:30:28
>>591
なに夢想妄想をみてんだか・・・
インフルエンザウイルスを無理やりラブドウイルスに引っ張りこんでどうすんの?w

596 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:31:10
まあまあ、ストーカー氏はK氏憎しで正常な判断が出来なくなってるんですよ。

597 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:32:05
>>595
急に論点をずらし始めたね。宿主域は種の壁を越えないって主張してたのにさ。

598 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:33:10
ウイルスでホストレンジを脳内拡大させて、万能細胞みたいなことを実現したがってるのか?(笑)

599 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:33:17
ウイルス学会の理事長が、捏造の張本人だったんだね
文科省も、東北大総長を処分したら、こっちもよろしくね。
あとで、薬害肝炎みたいになるぜ。

600 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:33:44
>>594
おいおい、勝手に異常な状況とか決めるなよ。
そんな主張が成り立つなら、ヒトがニワトリ飼ってる状況だって十分異常だろーw

601 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:34:23
まあまあ、ストーカー氏はK氏憎しで正常な判断が出来なくなってるんですよ。

602 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:35:26
インフルエンザウイルスで狂犬病みたいな病理病態を発見できれば、
そりゃ獣医学研究者冥利につきるのでしょうね。ちょっと妄想の見すぎ。

603 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:36:05
>>597
自然界におけるウイルスの生存戦略がよく分かってないらしいね
生物学的常識の欠如と言われるわけだ

604 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:36:58
えーと、ウィルスの感染は種の壁を越えることはあるってのは
認めて良いことになったんですね。どこでルールが変わったかは問わないが。

605 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:37:45
Websterウイルス進化論も罪作りだよな 
日本人?の信者さんがたが、おもいっきりストーリーを現実に展開してくれてね

606 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:37:55
病気で死んだアヒルやニワトリ食べるのも、わたしゃ、十分異常だと思う。
それで感染してるのが、ベトナムやインドネシア

607 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:38:30
ところで、PNASのエボラの論文も別に何もおかしいところはないってのも認めるんですね。

608 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:39:07
デンパを紛れ込ますのも情報コントロールの手法・・・

609 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:39:33
>>604
原則的に越えないというのと、例外的(特殊な状況下で)に越えるというのは、両立してると思うけどな

610 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:40:08
>>603
誰もそんな話してませんよ。
トリからヒトに感染するってことがあり得るかどうかって話でしょ。
で、ストーカーさんはあり得ないという。で、その根拠は「脳内常識」。プ。

611 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:40:15
>>607
リバースジェネティックスが、インチキなだけ。

612 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:40:39
【医学】エボラウイルスを無毒化 東大チームが世界初…研究促進へ期待[08/01/22]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1200981182/
【科学】致死率50%以上、エボラウイルスの無毒化に世界で初めて成功 東京大の研究チーム [01/22]
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1200956719/
東大チーム、エボラウイルスの無毒化に成功 ワクチンに使えるかも
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1200954435/
【科学】エボラ出血熱の原因ウイルス、東大チームが無害化に成功[1/22]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1200995488/
【バイオハザード】エボラウイルスの研究が容易に=特殊細胞以外では増殖せず−東大など技術開発
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1200958538/
【医療】エボラ出血熱の原因ウイルス、東大チームが無害化に成功[08/1/22]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1200969132/
エボラ出血熱の原因ウイルス、東大チームが無害化に成功 [01/22]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1200967591/

613 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:41:21
>>610
そう主張してるのは、半可通ストーカーでしゅ。

614 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:41:44
中国やらインドネシアやらってだけで十分「特殊な状況」ってのに相当すると思うけどw

615 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:42:32
>Webster仮説が正しければ

「インフルエンザ危機(クライシス)」
 
p.61
『当時、北大でミンク実験に携わっていたのは、私の同級生で親しい友人でもある松浦善治氏である。
現在大阪大学微生物病研究所教授としてC型肝炎ウイルスの研究に従事している松浦氏は、北大時代
インフルエンザ研究グループの一員として、ミンクにブタや鳥のインフルエンザを感染させる実験に明け
暮れていたのである。
 (中略)
 この実験は成功し、ミンクもインフルエンザにかかることが確かめられた。結果は論文にもなり、学会
でも発表された。ミンクがインフルエンザにかかることが、世界で初めて実証されたのである。』
>>402

p.33
『ブタの呼吸器上皮細胞には、人と鳥のウイルス両方のレセプターが存在することを伊藤寿啓先生
(現鳥取大学農学部獣医学科獣医公衆衛生学教授)とともに私たちウィスコンシン大学のグループが
見つけた。このため一匹のブタが同じ時期に鳥インフルエンザとヒトインフルエンザに多重感染する
ことがあり、このときブタの体内でハイブリッドウイルスが誕生する。これが従来考えられていた、
新型インフルエンザ誕生のストーリーである。

 ドクター・ショルティセックがブタの関与説を発表した当時、まだこれを明確に検証する手立てはなく、
否定的な見方をする研究者のほうが多かった。この説を裏づける科学的根拠が得られたのは、90年
代に入ってからだ。1979年以降ヨーロッパの家禽類のあいだで流行していた鳥由来のウイルスと、人
のあいだで流行していたヒトインフルエンザウイルスがブタに感染し、1983年から1985年にかけてハイ
ブリッドウイルスが生まれた。このウイルスが、1993年になってオランダの子供に感染したことを、
私たちは明らかにすることができたのだ。』
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1193310901/438
---------------------------------------------------

その仮説を立証したことになってるのも全部キダ&オオツキ門下の人々
全部Fauci指摘の例の胡散臭い「感染」実験 >>569

616 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:42:53
↑半可通認定www。

617 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:44:38
揚げ足取られたストーカー氏が、後で主張を引っ込めたい時に半可通ストーカー君ってのを捏ね上げて押し付けてるんですよ、ね。

618 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:46:03
面白い言い訳だ。

619 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:50:33
日本RNA学会の学会ぐるみ捏造
日本ウイルス学会の学会ぐるみの捏造

文科省は、東北大と同様に、放置する気かね。

620 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:51:49
>>617
それこそまさに捏造じゃないですかw

621 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:53:39
>>619
ちなみにタシーロを潰すとfluのワクチン作る奴がいなくなるよ。

622 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:57:14
『もちろん医科研でも、パンデミックウイルスに変異するかもしれないH5N1鳥インフルエンザウイルスの
研究を進めている。2005年6月には、女性研究者を一人ベトナムの研究所に送りこんだ。
「H5N1亜型の鳥インフルエンザウイルスに感染した患者さんが急増している」
 という情報を確かめるためだ。現地の研究所では、PCRという手法を使ってH5N1ウイルスの存在を
確認していた。 (略) ただこの方法では、ウイルスの遺伝子は確認できても、生きたウイルスがいるか
どうかはわからない。そこで急遽、医科研の村本裕紀子さんを現地に派遣したのである。
 さて、村本さんがベトナムで実施したウイルス分離の実験では、鳥インフルエンザにかかった患者さんの
喉から採取した液からは、H5N1鳥ウイルスは分離されなかった。当初二週間の滞在を予定していたが、
それをのばしにのばし、40日以上にわたって連日実験をくり返しても結果は変わらない。こうして現場に
赴き、ウイルスが「採れなかった」と確認することも、私たちの世界ではひじょうに重要なことなのだ。
もうひとつ大きな収穫は、村本さんが、あまり英語の通じない現地の人との手振りでコミュニケートし、
これだけの期間頑張って仕事をこなしたことで、ひじょうに頼もしく感じた。』(p.140‐141)
--------------------------------------------------------------------------

そのPCRは、何をひっかけてるんでしょうかねぇ・・・ 
1997香港のときは現地でじかに分離したのでしょうかねぇ・・・

623 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 00:03:38
>>615
阪大学微生物病研究所 といえばこちらもよろ
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1193310901/509n-

文部科学省「新興・再興感染症研究拠点形成プログラム」
新興・再興感染症に関するアジアリサーチフォーラム
Asian Research Forumon Emerging and Reemerging Infections − 2008

開催日:2008年 1月28日(月)−29日(火)
場所:関西空港会議場・ホテル日航関西空港(大阪府泉佐野市)
主催:文部科学省、独立行政法人理化学研究所 感染症研究ネットワーク支援センター
共催:国立大学法人大阪大学微生物病研究所
協賛:
 国立大学法人長崎大学熱帯医学研究所、国立大学法人東京大学医科学研究所、
 国立大学法人北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター、
 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究所、国立国際医療センター、
 国立大学法人岡山大学、国立大学法人神戸大学医学部附属医学医療国際交流センター
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/01/08012201.htm
http://www.crnid.riken.jp/jpn/event/index.html
http://www.crnid.riken.jp/jpn/event/pdf/080128_j.pdf

624 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 00:14:42
>>591
ねえねえ テキストおしえてくださいな ちゃんとウイルス学勉強したいからさぁ

(1)すべてのウイルスは条件さえ整えば人畜共通伝染する
(2)種特異性を有するウイルスは特殊であって複数の種にまたがって感染増殖活性をもつウイルスは珍しくもなんともない
(3)ウイルスは容易に変異ししかも過去から未来にわたって宿主を変えたり宿主間においてリアソータントで進化する
(4)遺伝情報さえあれば分子生物学を駆使してウイルスは人為につくることが可能で実験室でその感染実験は確認検証済み
>>488

625 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 00:40:29
ストーカーのしつこさは異常。
カワオカが失脚すればポストが回ってくる位置にいるんじゃねえのか?

626 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 00:52:56
>>625 妄想乙

627 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 00:54:45
革Pフルウイルスは社会問題なんだがな >>625 おまんさんには見えてないのかもね 世間知らずの専門バカ君

628 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 00:55:19
「絶対にH5N1はヒトには感染しないんだあ〜」と主張してトリインフルエンザ
ウイルスを飲むくらいのことをして、それでも平然としてたらカワオカストーカーの勝利って
ことで土下座してやろうぜw


629 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 00:55:52
必死にログ流しをするからコピペしておくか。

547 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:33:50
>>545
プゲラ
An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D


630 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 00:57:14
>>624
はい。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E5%AD%A6-%E7%95%91%E4%B8%AD-%E6%AD%A3%E4%B8%80/dp/4254310803

631 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 00:58:57
つっこみが入るたびに次から次へと主張が変わるカワオカストーカー理論の典型例です

592 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:28:10
>>586
「本来の宿主」は、definitive hostのこと。次の宿主に感染可能=伝播する
イヌとヒトは、paratenic host(延長宿主)。次の宿主に感染しない=伝播しない。
チーム河Pは、常識がなさすぎるよ。


593 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:28:48
イヌからヒトには感染するじゃんよ。

594 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 23:30:17
イヌがヒトを咬むという異常な状況でのみね。
これでは、自然の感染サイクルは回らない。

632 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 00:59:34
カワオカストーカーのウイルス学はどの本呼んで勉強したの?w


633 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 01:02:34
カワオカストーカー先生のウイルス理論
(1)宿主特異性があるから1ウイルス1宿主(=人畜共通感染は起こらない)
(2)ウイルスは宿主に害を与えない(=ヒトに感染するウイルスはすべて無害9
(3)ウイルスが変化して宿主を変えることは起こらない
(4)分子生物学を駆使してウイルスを再構成するなんて不可能(=そういう主張はすべて捏造)


634 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 01:05:18
>>631
すげえ詭弁だw
犬が人を咬むのが異常な状況なのかwww

つか、そういう問題じゃないだろうw

635 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 01:05:53
おれ、非増殖型のアデノウイルスやレンチウイルスを作れてる
んだけどこれって捏造なのかな?
レンチのエンベロープをいろいろ入れ替えて感染する細胞を変える
ことや感染した細胞をGFPで光らせたりできるけどこれも捏造かな?
悩んじゃうなあwww


636 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 01:12:29
>>633
(4)分子生物学を駆使してウイルスを再構成するなんて不可能(=そういう主張はすべて捏造)

カワオカストーカーはI.M.Vermaの名前も知らなさそうだな。

637 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 01:16:30
>>635
俺もちょうどimgenex社から RetroMax Retroviral Systemのキット買って、
科学の常識を覆す神業を再現してるところだよw

638 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 01:19:20
狂犬病ウイルスがコウモリに対して無害というのはどこから
でてきた話なの?

639 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 01:20:49
【日本ウイルス学会】
■2006-2007年 役員・委員一覧
http://jsv.umin.jp/yakuin.html

2)常務理事 (2006-2009) 河岡 義裕(東大・医科研)

3)理事(2006-2009)
喜田 宏(北大・院・獣) 松浦 善治(阪大・微研)

5)各種委員会委員
ウイルス編集委員会(2006-2009)
獣医学
五藤 秀男(東大・医科研) 松浦 善治(阪大・微研)

Microbiology and Immunology編集委員会(2006-2009)
高田 礼人(北大・感染症リサーチセンター) 松浦 善治(阪大・微研)

組換えDNA委員会
松浦 善治(阪大微研)

杉浦奨励賞選考委員会(2006-2007)
河岡 義裕(東大・医科研) 喜田 宏(北大・院・獣)

ウイルス学将来構想検討委員会
高田 礼人(北大・感染症リサーチセンター)  谷口 清州(国立感染研)

研究調査委員会
委員長 河岡 義裕(東大・医科研)

(以上、鳥インフル関係者のみ抜粋 ほか漏れあり)

640 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 01:23:35
>>637
いろいろな人が再現できているのに全部捏造なんだって。
科学界全部がグルらしいよ。
おれたちみんな捏造者だw

641 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 01:24:41
必死にログ流しをするからコピペしておくか。

547 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:33:50
>>545
プゲラ
An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

642 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 01:25:14
すっかり詐欺師ペテン師恫喝屋さんの巣窟になっていたとはな・・・

643 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 01:28:23
521 名前:名無しゲノムのクローンさん メェル:sage 投稿日:2008/01/24(木) 21:50:55
>>499
>通常、RNAウイルスは、細胞核DNAとは関わりなしに増殖するもの。
>細胞核DNAに遺伝子組み込んだって意味ねえよ。

マジで言ってんのか?
バカじゃねえの?


644 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 01:28:25
火病か

645 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 01:29:05
どうしたストーカー。いつもの元気がないぞwwwwww

646 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 01:33:54
>>636
おれはVermaのNature protocolsみながらレンチウイルス作った。


647 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 01:44:53
>>568
CRESTの最終論文にケチついちゃったワケで・・・ >>9

648 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 01:48:00
>>647
カワオカストーカーによると、河岡氏はFauciにケチをつけられたんでしょ。
ところでFauciといえば
"An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D


649 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 01:50:24
>>648
ところでFauciといえば

1918 Killer Flu Tested on Monkeys
Washington Post
By SETH BORENSTEIN
The Associated Press
Wednesday, January 17, 2007; 11:06 PM
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395.html
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395_2.html
>>7

650 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 01:55:18
これが批判だってw
The new work "gives us another tool," said Anthony Fauci,
director of the National Institute of Allergy and Infectious
Disease, who was not part of the research.
Fauci praised the study and said what it found in the effects
on the body are stunning: "There aren't a lot of things that
can induce that robust of an inflammatory response that
quickly."


651 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 02:16:24
Adolfo Garcia-Sastre, a Mount Sinai microbiology professor who conducted some of the earlier mouse
work, cautioned that it may be a mistake to focus so heavily on immune system response.
The 1918 flu "induces an overwhelming and probably damaging immune response system"
but it is largely because the virus grows so much, he said.

In mice, when the overactive immune response was eliminated, mice died because of high viral levels.

"It's like a vicious circle, you get more viruses, you get more immune response and this results in damage,"
Garcia-Sastre said.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395_2.html

652 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 02:21:13
詐欺師が往生際の悪いのはいつものことか・・・

653 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 02:24:34
>>651
ねえストーカー。嬉々としていろいろな研究者を貼り付けるのはいいけど
その人こんなことやってるよ。
なんか、皮Pより先に1918株を再構成したみたいなんだけど、これっていいの?www
http://fusion.mssm.edu/media/content.cfm?storynum=263
For the first time, this deadly 1918 Spanish flu virus has been
reconstructed and characterized. This research, reported in this
week’s issue of Science, is part of a larger research
initiative being led by Adolfo Garcia-Sastre, Ph.D., Professor
of Microbiology, and Peter Palese, Ph.D., Professor and Chairman
of Microbiology at Mount Sinai School of Medicine.
Their goal is to gain a greater understanding of this virus in
order to use this knowledge to predict future pandemics and
develop novel vaccines and treatments.

654 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 02:25:40
>>652
ゲラゲラゲラゲラ

For the first time, this deadly 1918 Spanish flu virus has been
reconstructed and characterized. This research, reported in this
week’s issue of Science, is part of a larger research
initiative being led by Adolfo Garcia-Sastre, Ph.D., Professor
of Microbiology

For the first time, this deadly 1918 Spanish flu virus has been
reconstructed and characterized. This research, reported in this
week’s issue of Science, is part of a larger research
initiative being led by Adolfo Garcia-Sastre, Ph.D., Professor
of Microbiology

655 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 02:26:42
毎回同じパターンで墓穴を掘るストーカーwwwwwww

656 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 02:27:46
"An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D



657 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 02:30:30
http://fusion.mssm.edu/media/content.cfm?storynum=263
リバースジェネティクスってインチキなんでしょ?
でもAdolfo Garcia-Sastreのグループは
The virus was reconstructed using reverse genetics


658 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 02:34:02
リバースジェネテクスで1918スペインを再現ってのも・・・
しかも人ウイルスを猿で感染を再現ってのも・・・ >>649
よくこんなのがまかり通るものだな

659 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 02:36:43
人の捏造手法をパクリながら自分らの業績を積み上げてきたということをゲロってどうすんの?

660 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 02:43:34
みんなもっとこっそり上手にやってきたのに、革Pズのはあまりにも大胆不敵だヤバいよバレるよ、
とわざわざ警鐘を鳴らしてくれた有難い記事だと受け取っておいたほうがよかったんじゃないの。

661 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 02:58:31
>>639
広報委員会
[広報ワーキンググループ] 野田 岳志(東大・医科研)
[ホームページワーキンググループ] 田代 真人(国立感染研)

662 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 03:01:16
>>630
そのテキストはウソだお これなんにも書いてないよ

(1)すべてのウイルスは条件さえ整えば人畜共通伝染する
(2)種特異性を有するウイルスは特殊であって複数の種にまたがって感染増殖活性をもつウイルスは珍しくもなんともない
(3)ウイルスは容易に変異ししかも過去から未来にわたって宿主を変えたり宿主間においてリアソータントで進化する
(4)遺伝情報さえあれば分子生物学を駆使してウイルスは人為につくることが可能で実験室でその感染実験は確認検証済み
>>488

663 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 03:03:12
革岡先生
そろそろ>>488のウイルス思想にもとづいたテキストが必要です。
是非とも先生に出していただきたくお願い申し上げます。
いまや執筆スタッフも連携研究機関に数多くおいでになるようですし。

664 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 03:35:45
24日はすんごい勢いがあったね。
>>490 あたりからはじまってる。

665 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 05:16:18
>>646

キットでウイルスもどき(ウイルスの機能の一部を利用)を作ったからといって、正常なウイルスができたと思うピペ土脳
ノックアウトマウスが、人疾患のモデルになる(もちろん一定の限界内ではモデルとして使用可能なんだが)と思うのと同じ
おつむの弱い教授におだてられると半可通がこうなる(本当の自信はないけど、人の尻馬に乗って騒ぐのが得意)という典型だな

Fauciの河P痛烈批判をいまだに絶賛と信じて疑わない「自称英語自慢」(下記の反語表現が理解不能)と共通するものがある
"There aren't a lot of things that can induce that robust of an inflammatory response that quickly."


666 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 05:31:26
>>490
しごくまっとうな批判だと思うよ
ポリオワクチンがrevertantの危険のために、生ワクチンから不活化ワクチンに変更されることは、野本さんはよくご存知のはずなんだが・・・


667 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 06:10:44
>>666
 
その問題と (喪前さんが主張する) 捏造とどういう関係があるんだ?www
 


668 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 06:13:36
それと、その英語を今だに曲解してるのかよwww
それこFauciのコメントの捏造だろうがwww
 
ま、原文を載せてるところがまだ良心的がなw 
喪前さんの言ってることが全くの間違いで喪前さんに英語力が無いw と言うことが一目瞭然だからwww


669 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 06:15:03
>>633
 
(5) オルソミクスウィルスもレトロウィルスのように人のゲノムに入り潜伏する
 
もキボンwww

670 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 06:38:04
>>633
半可通系河岡ストーカー先生と、科学的批判者はしっかり区別してね


671 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 06:41:05
>>667
>>668
www君、もう少し、英語とウイルス学を勉強してから発言した方がいいと思うよ

672 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 06:54:54
無礼者!
チーム河Pきっての秀才のオレ様になんていうことを

673 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 07:04:25
北大獣医の英語力は、しょせん、その程度
www君も、うちのセミナーにおいでよ

by Ichizo翁

674 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 07:44:02
>>669
それ、インフルエンザウイルスも持続感染するかどうか、ってこと?
「持続感染するという疑いはある」って、革P監修「インフルエンザ危機」の第2章に出てるお

675 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 07:51:12
1918 Killer Flu Tested on Monkeys
Washington Post
By SETH BORENSTEIN
The Associated Press
Wednesday, January 17, 2007; 11:06 PM
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395.html
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395_2.html
-------------------------------------------------------
The new work "gives us another tool," said Anthony Fauci,
director of the National Institute of Allergy and Infectious
Disease, who was not part of the research.
Fauci praised the study and said what it found in the effects
on the body are stunning: "There aren't a lot of things that
can induce that robust of an inflammatory response that
quickly."
----------------------------------------------------
Adolfo Garcia-Sastre, a Mount Sinai microbiology professor
who conducted some of the earlier mouse work, cautioned
that it may be a mistake to focus so heavily on immune
system response.The 1918 flu "induces an overwhelming
and probably damaging immune response system"but it is l
argely because the virus grows so much, he said.

In mice, when the overactive immune response was eliminated,
mice died because of high viral levels.

"It's like a vicious circle, you get more viruses, you get more
immune response and this results in damage,"Garcia-Sastre said.

676 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 07:51:52
河Pの獣医脳なら、Herpes simplexや、H. zosterの持続感染を考えてんじゃねえの?
いきなりゲノム挿入を考えるのは、半可通らしくって、えーがのー

677 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 08:13:23
それでもやはり、ウイルスは根絶撲滅すべき対象として想定しているらしい。

678 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 08:16:07

半可通的こだわり発言

679 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 08:16:15
>>622
日本の鳥H5N1研究者で、感染した(と思われる)ヒトから、
実際に鳥H5N1ウイルスを分離できた研究者はいるのだろうか?

680 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 08:24:54
状況証拠(病気で死んだ鳥肉を食べて発症)から、鳥インフルエンザウイルス感染が疑われる患者がいることは事実だが、
河Pみたいな人間はどこにでもいるからな
鳥H5N1の確実なヒト感染例は、見つかっていないのではないか?

681 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 08:34:36
WHOに報告されたヒトの高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)感染確定症例数
http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/case200800/case080123.html

「WHOは検査により確定された確定例だけを報告する。」

どういう検査をやってんだろ? PCRだったら、ヒトのウイルスひっかけてるだけ?

682 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 08:37:41
>>639
>>661
>>681

こんな捏造がまかり通るのは、一重にトップの責任だろ
東北大だって、日本RNA学会だって、トップが捏造してたからこうなったんだろ
防衛省と構造はまったく同じだ

文科省は監督責任を果たせよ

683 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 08:40:54
新型インフルパニック妄想は、厚労省、農水省、文科省、外務省(WHO)の4省庁合同による捏造プロジェクト

684 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 08:48:19
新型インフルエンザ及び鳥インフルエンザに関する関係省庁対策会議
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/index.html
【根拠・構成員】新型インフルエンザ及び鳥インフルエンザに関する関係省庁対策会議の設置について
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/konkyo.html

国立感染症研究所 感染症情報センター
<インフルエンザパンデミック>
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/05pandemic.html

685 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 08:49:51
文部科学省「新興・再興感染症研究拠点形成プログラム」
新興・再興感染症に関するアジアリサーチフォーラム
Asian Research Forumon Emerging and Reemerging Infections − 2008

開催日:2008年 1月28日(月)−29日(火)
場所:関西空港会議場・ホテル日航関西空港(大阪府泉佐野市)
主催:文部科学省、独立行政法人理化学研究所 感染症研究ネットワーク支援センター
共催:国立大学法人大阪大学微生物病研究所
協賛:
 国立大学法人長崎大学熱帯医学研究所、国立大学法人東京大学医科学研究所、
 国立大学法人北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター、
 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究所、国立国際医療センター、
 国立大学法人岡山大学、国立大学法人神戸大学医学部附属医学医療国際交流センター
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/01/08012201.htm
http://www.crnid.riken.jp/jpn/event/index.html
http://www.crnid.riken.jp/jpn/event/pdf/080128_j.pdf

686 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 09:07:46
文科省系捏造者勢揃いだな

687 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 09:23:26
>>685
ひきつって笑うセールスマン こんどの売り物は
数理モデル解析ソフト と 国産眉唾抗ウイルス薬

688 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 09:47:53
>>682
鳥無き里の蝙蝠の村?

689 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 10:23:11
必死にログ流しをするからコピペしておくか。

547 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:33:50
>>545
プゲラ
An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

690 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 10:24:13
654 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 02:25:40
>>652
ゲラゲラゲラゲラ

For the first time, this deadly 1918 Spanish flu virus has been
reconstructed and characterized. This research, reported in this
week’s issue of Science, is part of a larger research
initiative being led by Adolfo Garcia-Sastre, Ph.D., Professor
of Microbiology

For the first time, this deadly 1918 Spanish flu virus has been
reconstructed and characterized. This research, reported in this
week’s issue of Science, is part of a larger research
initiative being led by Adolfo Garcia-Sastre, Ph.D., Professor
of Microbiology

691 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 10:24:53
653 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 02:24:34
>>651
ねえストーカー。嬉々としていろいろな研究者を貼り付けるのはいいけど
その人こんなことやってるよ。
なんか、皮Pより先に1918株を再構成したみたいなんだけど、これっていいの?www
http://fusion.mssm.edu/media/content.cfm?storynum=263
For the first time, this deadly 1918 Spanish flu virus has been
reconstructed and characterized. This research, reported in this
week’s issue of Science, is part of a larger research
initiative being led by Adolfo Garcia-Sastre, Ph.D., Professor
of Microbiology, and Peter Palese, Ph.D., Professor and Chairman
of Microbiology at Mount Sinai School of Medicine.
Their goal is to gain a greater understanding of this virus in
order to use this knowledge to predict future pandemics and
develop novel vaccines and treatments.

692 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 10:26:35
心の支えに次々裏切られるストーカー。
ゲラゲラ

657 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 02:30:30
http://fusion.mssm.edu/media/content.cfm?storynum=263
リバースジェネティクスってインチキなんでしょ?
でもAdolfo Garcia-Sastreのグループは
The virus was reconstructed using reverse genetics


693 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 10:39:09
 
 田舎のアホウは知らぬ事ばかり



グーグル検索→  北朝鮮送金ルート




グーグル検索→  亀田右翼の正体在日




694 :世界平和に’Home:2008/01/25(金) 11:07:12
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=78312205

695 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 11:31:03
狂犬病ウイルスが本来の宿主(笑)のコウモリにたいして無害だって
いう情報のソースはどこにあるの?

696 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 11:48:21
>>666
あまりまっとうじゃないというか。
vero細胞内でゲノムにインテグレートしたDNAから転写されたVP30のmRNAが
どうやったらビリオンRNAのneoを押しのけてインテグレートするのか?

多分地球上で本物のUFOを見る確率の方が高いぞ。


697 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 11:56:17
>>653
ピーター・パレース系とウエブスター系ってあまり仲良くないのかな?
1996年だったかの静岡のウイルスセミナーでウイルス界の大物が一同に会したのを思い出した。
石浜さんが音頭取ってたが、今思えば凄いセミナーだったな。

698 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 15:57:33
>>659 名前:名無しゲノムのクローンさん[sage] 投稿日:2008/01/25(金) 02:36:43
人の捏造手法をパクリながら自分らの業績を積み上げてきたということをゲロってどうすんの?

>>660 名前:名無しゲノムのクローンさん[sage] 投稿日:2008/01/25(金) 02:43:34
みんなもっとこっそり上手にやってきたのに、革Pズのはあまりにも大胆不敵だヤバいよバレるよ、
とわざわざ警鐘を鳴らしてくれた有難い記事だと受け取っておいたほうがよかったんじゃないの。

699 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 15:59:45
>>675

700 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 16:08:12
>>622
日本の鳥H5N1研究者で、感染した(と思われる)ヒトから、
実際に鳥H5N1ウイルスを分離できた研究者はいるのだろうか?

701 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 16:20:22
まずはじめに「新興・再興感染症」というストーリーありき。
>>685>>479

ウイルスとホストのあいだで病気をめぐる、十分条件と必要条件の錯誤混同。
嘘つきは、ストーリーとコトバで、民衆をマヤカシにかけケムに巻く。
民衆の無知につけこんで騙す。
ウイルス学は、いまやそんな嘘つきの巣窟になってたわけだ。

702 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 17:02:55
感染症の主体はあくまでもホストだと思う医系ウイルス学者と
感染症の主役はあくまでもウイルスだと思う獣医系ウイルス学者。

703 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 17:27:11
必死にログ流しをするからコピペしておくか。

547 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:33:50
>>545
プゲラ
An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D


704 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 17:27:56
653 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 02:24:34
>>651
ねえストーカー。嬉々としていろいろな研究者を貼り付けるのはいいけど
その人こんなことやってるよ。
なんか、皮Pより先に1918株を再構成したみたいなんだけど、これっていいの?www
http://fusion.mssm.edu/media/content.cfm?storynum=263
For the first time, this deadly 1918 Spanish flu virus has been
reconstructed and characterized. This research, reported in this
week’s issue of Science, is part of a larger research
initiative being led by Adolfo Garcia-Sastre, Ph.D., Professor
of Microbiology, and Peter Palese, Ph.D., Professor and Chairman
of Microbiology at Mount Sinai School of Medicine.
Their goal is to gain a greater understanding of this virus in
order to use this knowledge to predict future pandemics and
develop novel vaccines and treatments.

705 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 17:33:35
くどいねぇ・・・ 
そうやって糞批判に必死の反撃レスをやるから、火に油を注ぐみたいになってるってことに気づけよな
相当、頭悪いな。馬鹿な研究者そのものだよな。まるごとそういう馬鹿研究者チームなのか?革Pズ

706 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 17:47:30
クスクス……
自分で自分の書き込みを糞批判

707 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 17:48:58
ストーカーがイライラしてるよw

708 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 18:13:43
印象誘導乙

709 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 21:10:19

464 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2008/01/25(金) 18:12:59
馬鹿な研究者、捏造論文を2ちゃんごときでつっこまれ本気で反撃する必死な姿をさらす。

710 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 21:17:06
カワオカ氏なんかどうでもいいんだけど、ストーカーのウイルス学説が面白すぎてw

何年前の教科書読んでんだよ。ウイルス学で教科書読んでも無駄だぜ。
pubmedで健作して総説ダウソして読め。

711 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 21:25:25
河岡ウイルス学 異常杉(笑)

712 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 21:35:53
【チーム革Pズ 総花ウイルス学 基本原則】

(1)すべてのウイルスは条件さえ整えば人畜共通伝染する

(2)種特異性を有するウイルスは特殊であって複数の種にまたがって感染増殖活性をもつウイルスは珍しくもなんともない

(3)ウイルスは容易に変異ししかも過去から未来にわたって宿主を変えたり宿主間においてリアソータントで進化する

(4)遺伝情報さえあれば分子生物学を駆使してウイルスは人為につくることが可能で実験室でその感染実験は確認検証済み

(5)オルソミクソウイルスはHとNの型が一致すれば各種動物において同じ起源をもつ人獣共通感染ウイルスが進化したものである

>>487>>488>>669

713 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 21:55:13
カワオカストーカーキチガイウイルス学
(1)人畜感染は絶対に起こらない
(2)ウイルスが宿主以外に感染することは絶対にない
(3)ウイルスは宿主にたいして無害
(4)ウイルスは絶対に一塩基たりとも変化しない
(5)分子生物学を使ってウイルスを作るのは不可能で全部捏造


714 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 21:56:02
ねえねえ、狂犬病ウイルスが本来の宿主(笑)であるコウモリにたいして
無害って情報のソースはどこにあるの?


715 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 21:56:32
必死にログ流しをするからコピペしておくか。

547 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:33:50
>>545
プゲラ
An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

716 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 22:30:01
>>713
>(1)人畜感染は絶対に起こらない 
    ↓
厳密にいえば、宿主の異なったウイルスが伝播し、
生体の防衛機構が反応することによって疾患がおこることはある。
だがそれは、細胞レベルにおける感染増殖の成立ではない。

>(2)ウイルスが宿主以外に感染することは絶対にない
    ↓
ウイルスには厳然として hostrange が存在する。

>(3)ウイルスは宿主にたいして無害
    ↓
ホストの免疫条件(体質体調、耐性抵抗性、血統系統)によって、ウイルスの感染が成立しても、
疾病が起こる場合もあれば起こらない場合もある。たいてい、初度の感染で免疫(特異抗体産生能)
を獲得し二度罹りなしが成立する。

>(4)ウイルスは絶対に一塩基たりとも変化しない
    ↓
DNAウイルスは比較的安定。RNAウイルスは常に複製ミスが起こる。

>(5)分子生物学を使ってウイルスを作るのは不可能で全部捏造
    ↓
ウイルスを基にした組換え改変は可能であるが、
細胞質によらず、まったく塩基レベルからのウイルス作成は不可能である。

717 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 22:54:28
河Pの人工ウイルスはできそこない
厚労省の64万人死亡説は大ボラ
ウイルス学会は、詐欺師の集合


718 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 23:18:39
>>716
ストーカーw 相変わらず滅茶苦茶なこと言ってるなwww
 
>厳密にいえば、宿主の異なったウイルスが伝播し、 生体の防衛機構が反応することによって疾患がおこることはある。
>だがそれは、細胞レベルにおける感染増殖の成立ではない。  
 
こんな出鱈目言ってたって 幾らでも反例があるから直ぐに嘘とばれるぞwww
喪前さん昨今のノロウィルス騒ぎを知らんのか?www ノロウィルスはカキや貝の体内で増殖するしw それが人間に感染すれば
腸上皮で増殖して急性腸炎を引き起こすそしてその嘔吐物や便から二次感染が起きるだろうがwww 
それに最近は十分に加熱しない豚肉やブタレバーからE型肝炎に感染する例も報告されているしなwww 肝炎はウィルスが肝細胞
で増殖することによるものだがw これも無理矢理否定するつもりか?www
 
>ウイルスには厳然として hostrange が存在する。
 
host rangeてのは漏れが教えてやった言葉だなwww 生憎、host rangeと言うのは一つの種だけに感染するということじゃないwww
"Range" という位だから 「広がり」 を指しているのであり、しかもこれは拡大しうるというのはウィルス学の常識www
 
まだ幾らでも突っ込みどころはあるがw 
今は時間が無いから後にするわwww


719 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 23:40:24
>>718
ありゃりゃ、またまたそんなデタラメな妄想ふりまいてw

>こんな出鱈目言ってたって 幾らでも反例があるから直ぐに嘘とばれるぞwww

「幾らでも反例」って、何にも出てないんですが?w


>喪前さん昨今のノロウィルス騒ぎを知らんのか?www>ノロウィルスはカキや貝の体内で増殖するしw 

ノロウイルスがカキから感染っていうのは、今は科学的な事実ではありませんよ。よく調べてくださいねw


>それが人間に感染すれば腸上皮で増殖して急性腸炎を引き起こすそしてその嘔吐物や便から二次感染が起きるだろうがwww

感染経路まだよくわかってないんですが、おそらく人→人もしくは、触れたモノで伝播し、失活前に感染しているらしいということですね。


>それに最近は十分に加熱しない豚肉やブタレバーからE型肝炎に感染する例も報告されているしなwww

それもデマに近い風説ですなw


>肝炎はウィルスが肝細胞で増殖することによるものだがw これも無理矢理否定するつもりか?www

人の肝炎ウイルスと豚のウイルスをごっちゃにしちゃうのね。妄想ストーリーが先行しすぎですね。
科学者なら一次情報にあたってみたほうがいいですよ。

どちらの方か存じませんが、やけに劣化したデマを飛ばしてますな。
この程度のトンデモな知識で研究やってるから、こんな革Pズみたいなお粗末な事になっているのではないですか?

720 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 23:48:44
半可通wwwは、英語読めない英語自慢ですさかい
ブルーバックスで医学の勉強してますさかい

721 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/25(金) 23:56:34
いくらなんでも、これは「絶賛」なんて読み間違うことはないと思いますが・・・


Adolfo Garcia-Sastre, a Mount Sinai microbiology professor who conducted some of the earlier mouse work,
cautioned that it may be a mistake to focus so heavily on immunesystem response.The 1918 flu "induces
an overwhelming and probably damaging immune response system"but it is l argely because the virus grows
so much, he said.

In mice, when the overactive immune response was eliminated,mice died because of high viral levels.

"It's like a vicious circle, you get more viruses, you get more immune response and this results in damage,"
Garcia-Sastre said.
>>675


[6954] Re:[6952] "in vivo""in vitro"を超えて 投稿者:笹山登生 投稿日:2008/01/19(Sat) 08:37
http://www.sasayama.or.jp/saboard/b_board.cgi
>しかし、この実験に対して、マウント・シナイ微生物学教授のアドルホ・ガルシア・サストレ教授などは、
「研究の対象を免疫応答にのみ絞り込むのは、間違いである
(It may be a mistake to focus so heavily on immune system response. )」としています。
>むしろ、「免疫応答システムにそれだけ大きな損傷( damaging immune response system)が生じているということは、
ウイルスの量が、それだけ増えているからだという点を、もっと、重視しなければならない。
(It is largely because the virus grows so much)」としているようです。
>つまり、「ウイルスがたくさんあればあるほど、免疫応答(immune response)が激しくなるという簡単な事実を忘れてはいけない。
(It's like a vicious circle, you get more viruses, you get more immune response and this results in damage)」、
というようなことをいっていますね。」
------------------------------------------------------

単なる「異物反応(異種タンパク反応)」という『簡単な事実』をね。

722 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 00:04:56
免疫は、ウイルス増殖を抑制するだけでなく、疾病を引き起こすこともあるのですが
サストレ教授は、なんか勘違いしてるみたいだ

723 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 00:05:30
ねえストーカー。嬉々としていろいろな研究者を貼り付けるのはいいけど
その人こんなことやってるよ。
なんか、皮Pより先に1918株を再構成したみたいなんだけど、これっていいの?www
http://fusion.mssm.edu/media/content.cfm?storynum=263
For the first time, this deadly 1918 Spanish flu virus has been
reconstructed and characterized. This research, reported in this
week’s issue of Science, is part of a larger research
initiative being led by Adolfo Garcia-Sastre, Ph.D., Professor
of Microbiology, and Peter Palese, Ph.D., Professor and Chairman
of Microbiology at Mount Sinai School of Medicine.
Their goal is to gain a greater understanding of this virus in
order to use this knowledge to predict future pandemics and
develop novel vaccines and treatments.

724 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 00:09:11
>免疫は、ウイルス増殖を抑制するだけでなく、疾病を引き起こすこともあるのですが >>722

って、なんか勘違いしてるみたいだ
疾患ってのは、大抵、生体側の免疫応答や生体防衛機構によって起こっているものなのですが

725 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 00:09:58
>>(4)ウイルスは絶対に一塩基たりとも変化しない
>    ↓
>DNAウイルスは比較的安定。RNAウイルスは常に複製ミスが起こる。

これでいいなら、トリインフルエンザウイルスがヒトに感染する変異を起こすことは
十分起こりうると思うんだけど、なんでダメなの?


726 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 00:11:15
>>724
怪しいベンチャーに入れ込んでる灯台医学部教授M島がそんなこと
言ってたなあwww


727 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 00:12:07
人の捏あれこれツマミ食いしてパクってたのかな?革Pズw

728 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 00:15:02
>>727
なーんだ。信用できない奴の言葉を貼り付けてただけか。
バカだなあwww


729 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 00:17:47
>これでいいなら、トリインフルエンザウイルスがヒトに感染する変異を起こすことは
>十分起こりうると思うんだけど、なんでダメなの? >>725

仮説を立てるのは勝手だが、科学は実証することが大事。
そして現実の事実となるには、環境に生きるものから分離してはじめて事実となる。
あくまでも理念や観念や妄想ではなくて、リアルとファクトを重んじるのが実直なサイエンティストの姿勢。
愚直なほどに。

730 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 00:26:12
なるほど!
関東に大地震がくるという仮説を立てるのは勝手だけど、対策に
金をかけてはいけないわけね。



731 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 00:33:27
>>730
ウイルス感染症を大地震と同列に考えてしまうわけ?
思考論理がうやけに簡単に飛躍させられるんだね。(味噌も糞も一緒じゃねーの?)
もっといえば、それ終末論的なオカルトの思考だよね。

「病気・感染症」現象におけるウイルスと宿主の関係にあたるのは、「地震」現象の場合、何と何になるわけ?

732 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 00:34:49
「う」ヲポイシテチョーダイ

733 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 00:38:38
>>731
ストーカーの科学にたいする考え方を茶化して、いやいや
わかりやすく例えるために「地震」と言ってみただけなのに
なんでそういう理解になるの?
もしかしてストーカーって論理的な思考ができないバカなの?


734 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 00:39:26
バカだろ。明らかに。

735 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 00:39:46
キチガイって怖いよね。

736 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 00:40:14
必死にログ流しをするからコピペしておくか。

547 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:33:50
>>545
プゲラ
An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D


737 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 00:43:28
ウイルス研究者には、感染症疾患現象における、
「必要条件」と「十分条件」の論理が理解できないみたいね。
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1196401102/143

738 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 00:46:10
捏増チームが人の捏論文コピペしてら ウンコまみれになるだけなのに・・・

739 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 01:13:38
>>725
>トリインフルエンザウイルスがヒトに感染する変異を起こすことは十分起こりうると思う

科学的な根拠を示して頂戴。

740 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 03:08:22
>>721
これまでの人獣共通感染鳥インフルエンザウイルス的「感染」実験とか
革Pズ鳥ウイルス→鼠「感染」実験・再現人工ウイルス猿感染実験とか
かつての松浦実験とか、伊藤実験>>569とか、奇堕P猿感染実験とか
動物衛生研究所の攻撃試験とか・・・

それらが本当に「感染」なのか、今一度疑って見ておかなきゃダメかもしれないね
これまでの壮大なウイルス感染症・ウイルス進化論ストーリーの感染実験データが
すべて嘘偽りである可能性が高いのでは・・・

741 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 05:48:14
>>724
 
だったらAIDS患者は感染症に怯える必要がなくなるな

742 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 09:10:38
>>724
半可通認定
wwwのほかにもいたのか!?

743 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 10:30:04
鷹津センセは富山薬科からのロンダ

744 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 10:42:33
とうとう大御所Websterの登場かい(笑) マヤカシ騙し稼業も必死だねぇ・・・

745 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 10:48:17
流行に備え 国境越えた対策を
NHKニュース 国際 1月26日 5時40分 

鳥インフルエンザに関する国際会議がタイで開かれ、専門家は「毒性の強いH5N1型の鳥インフルエンザの
世界的な大流行が起こる可能性は十分ある」として、薬品やワクチンの準備など国境を越えた対策の必要性
を強調しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/2008/01/26/k20080126000012.html

タイの研究機関が主催して首都バンコクで25日まで3日間にわたって開かれた鳥インフルエンザの国際会議
には、50か国から500人を超える専門家が参加し、研究成果を発表しました。このうち、アメリカの研究者は
「感染症の大流行は過去、定期的に起きており、鳥インフルエンザの大流行が起こる可能性は十分ある」とした
うえで、「仮に人から人への感染が起きれば、数日中に世界じゅうに広がるおそれがある」と警戒を呼びかけま
した。また、別の研究者は「ワクチンの製造は9か国しかできず、途上国に技術などを移転すべきだ」と述べ、
薬品やワクチンの準備など国境を越えた対策の必要性を強調しました。タイでは10か月ぶりに、24日と25日、
国内2か所で相次いでH5N1型の鳥インフルエンザのニワトリへの感染が確認されており、会議では「発生を
完全に抑えることはできない」として、各国に監視の強化を求めました。WHO・世界保健機関で鳥インフルエン
ザ研究の責任者を務めるロバート・ウェブスター博士は、「鳥インフルエンザの感染者の半数が死亡するという
ことを忘れてはならない」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/2008/01/26/d20080126000012.html

746 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 11:01:20
必死にログ流しをするからコピペしておくか。

547 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:33:50
>>545
プゲラ
An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

747 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 11:04:20
バカの一つ覚え(笑) 
せめて日本語で読めるように解説つけておかないと、
ただの胡散臭いアラシでしかないな(笑)

748 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 11:10:23
>>741
HIV感染も、所詮は、HTLV‐1感染のようなもの。騒ぐほどのことじゃない。
肝炎ウイルスもありふれたものであるし。
太古から共生しているもののほうが多い。
存在していても、重大な疾患をおこさずに、
共生してしまっているものの方がほとんどなのだから。

ウイルスがないことを前提にするのは間違いだろ?
それが良識あるウイルス学者としての正確な知識知見じゃないか。

ウイルスは何処にでもいる、ありふれた存在だ。
http://www.bensey.co.jp/book/1347.html

749 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 11:11:27
オマエ以外はこれで十分だと思ってるよw

750 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 11:19:18
>せめて日本語で読めるように解説つけておかないと、
>ただの胡散臭いアラシでしかないな(笑)
読めねえのかよwwwwwwwwww



751 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 11:22:41
>>748
ストーカーはどこにでもいるありふれた存在=無害だ思ってるの?
相変わらず馬鹿だねえ


752 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 12:58:08
>>751
感染を防止とか、ウイルスを根絶とか、いいかげんに脳内対策が有効だと思い込む無知
あるいは香具師な嘘や詭弁は、底が割れてるんだけどな・・・
まだ有効な対策、実現可能な対策があるっていうのだろうか? 感染防止っていうマヤカシ言葉に

本当にウイルスの存在のなんたるかを理解してるのか? 
それとも典型的な「自分の嘘をまず自分が最初に信じてしまう」人種の方?

753 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 13:13:23
>>741
感染即(AIDS)発症じゃないのに・・・

754 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 13:20:19
カワオカストーカーはどうぞHCVやHIVキャリアになってください。
それがウイルス様の繁栄のためでつ。


755 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 13:27:53
>>719
おいおい出鱈目の上塗りするなよwww
一次情報にあたってないのは喪前さんの方だろうがwww
 
>ノロウイルスがカキから感染っていうのは、今は科学的な事実ではありませんよ。よく調べてくださいねw
 
どこの世界の 「科学」 だよwww ソース出してみなwww
カキはノロウィルスに対するレセプターを持っていてウィルスを体内に蓄積することは実験的事実として観察されてるしw
カキが原因となって集団感染も起きているw 特にアメリカでなw
日本ではノロウィルスに対する対策がしっかりしてるから寧ろカキ以外が原因のものも相対的に多くなるだろうが
カキがノロウィルスの感染源であることには間違いないぞwww
 
>>それに最近は十分に加熱しない豚肉やブタレバーからE型肝炎に感染する例も報告されているしなwww
>
>それもデマに近い風説ですなw
 
これもどっから持ってきた情報だよwww デマだというソースは?www
最近、HEVはzoonosisの可能性が最近注目されててWHOのウェブサイトにも取り上げられているのにw
 
ま、前回は時間が無かったから適当に思い浮かんだのを書いたがw 別にこの二つ以外にもzoonosisなら幾らでもあるぞw
Australian bat lyssavirus、Lassa熱、SARS、狂犬病、Rift Valley fever、ウエストナイル熱、 エボラ、 マールブルグ熱、
日本脳炎、Tick-borne encephalitis、サル痘 etc...


 

756 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 13:31:24
狂犬病ウイルスが本来の宿主(笑)であるコウモリにたいしては
無害というソースもまだ出てきてないんだけど。

757 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 13:31:39
>>753
 
「AIDS患者」 と言ったら普通は発症して 「免疫不全状態になってる人間」 のことだろwww

758 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 13:35:41
妄想ウイルス学乙 
そういう劣化情報で攪乱してまで革Pズいかさまインフル感染をごまかしたいのかね?
エボラのいんちきいかさま論文もな
>>510

人のいんちき論文の技法パクリ続けるから墓穴掘ることになるんだよな

759 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 13:37:39
革Pズのだれかさんは典型的なピペド脳なのけ? 
少しはスルーのしかたおぼえとけよなw
これじゃ火に油そそいでるようなもんじゃねーのw

760 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 13:37:44
>>757
>疾患ってのは、大抵、生体側の免疫応答や生体防衛機構によって起こっているものなのですが
このストーカー理論によってうち立てられたストーカー医学によると、
免疫不全状態になってる人間は免疫応答を起こさないので無敵状態でつ!!

761 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 13:38:38
>>759
ぼこぼこにされて涙目でしゅねwwwwwwwww

762 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 13:38:58
まともに反応してわざわざ盛り上げて、自分たちのいんちきを目立つようにしてるだけだぜ(笑)

763 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 13:42:06
【医学】エボラウイルスを無毒化 東大チームが世界初…研究促進へ期待[08/01/22]
http://find.2ch.net/?STR=%C5%EC%C2%E7%A1%A1%A5%A8%A5%DC%A5%E9

このマスコミ工作も門下の役人騙すためにやってるわけ?

764 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 13:44:18
さて、そろそろカワオカストーカーの心の支えであるFauci先生のお言葉をコピペしておくか。

547 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/24(木) 22:33:50
>>545
プゲラ
An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D


765 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 13:46:20
獣医ウイルス学脳の、ウイルス撲滅思想ってのは、
本気で言ってるのか、研究費誘導のための嘘・方便で言ってるのか、よくわかんないな。

どっち?

766 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 13:50:04

いくらなんでも、これは「絶賛」なんて読み間違うことはないと思いますが・・・


Adolfo Garcia-Sastre, a Mount Sinai microbiology professor who conducted some of the earlier mouse work,
cautioned that it may be a mistake to focus so heavily on immunesystem response.The 1918 flu "induces
an overwhelming and probably damaging immune response system"but it is l argely because the virus grows
so much, he said.

In mice, when the overactive immune response was eliminated,mice died because of high viral levels.

"It's like a vicious circle, you get more viruses, you get more immune response and this results in damage,"
Garcia-Sastre said.
>>675

767 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 13:50:42

[6954] Re:[6952] "in vivo""in vitro"を超えて 投稿者:笹山登生 投稿日:2008/01/19(Sat) 08:37
http://www.sasayama.or.jp/saboard/b_board.cgi
>しかし、この実験に対して、マウント・シナイ微生物学教授のアドルホ・ガルシア・サストレ教授などは、
「研究の対象を免疫応答にのみ絞り込むのは、間違いである
(It may be a mistake to focus so heavily on immune system response. )」としています。
>むしろ、「免疫応答システムにそれだけ大きな損傷( damaging immune response system)が生じているということは、
ウイルスの量が、それだけ増えているからだという点を、もっと、重視しなければならない。
(It is largely because the virus grows so much)」としているようです。
>つまり、「ウイルスがたくさんあればあるほど、免疫応答(immune response)が激しくなるという簡単な事実を忘れてはいけない。
(It's like a vicious circle, you get more viruses, you get more immune response and this results in damage)」、
というようなことをいっていますね。」
------------------------------------------------------

単なる「異物反応(異種タンパク反応)」という『簡単な事実』をね。
>>721

768 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 13:52:44
>>765
 
喪前さんの住んでる世界には撲滅されたウィルスはいないのか?

769 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 13:54:13
>>766
ねえストーカー。その人こんなことやってるよ。
なんか、皮Pより先に1918株を再構成したみたいなんだけど、これっていいの?www
リバースジェネティクスってインチキなんでしょ?
信用できないインチキ野郎の言葉をありがたがるのはどうかと思うよwwwwwwww
http://fusion.mssm.edu/media/content.cfm?storynum=263
For the first time, this deadly 1918 Spanish flu virus has been
reconstructed and characterized. This research, reported in this
week’s issue of Science, is part of a larger research
initiative being led by Adolfo Garcia-Sastre, Ph.D., Professor
of Microbiology, and Peter Palese, Ph.D., Professor and Chairman
of Microbiology at Mount Sinai School of Medicine.
Their goal is to gain a greater understanding of this virus in
order to use this knowledge to predict future pandemics and
develop novel vaccines and treatments.

770 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 13:56:50
ちっとも夜目寝(笑)

771 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 13:58:46
>>768
撲滅したつもりになってる「天然痘」ウイルス以外に、撲滅したことになってるウイルスってあったっけ?

772 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 14:02:11
で、チーム革Pズさんよ、これ>>675についての見解はどうなったわけ?
いまさらそれを「絶賛」っていうのはいくらなんでも勘弁だぜ(笑)

773 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 14:08:47
>>772
ストーカー様が信用してないインチキ研究者が絶賛してようが、
こき下ろしてようがどうでもいいよwwwwwwwwwww

774 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 14:15:04
穢法螺(笑)
http://find.2ch.net/?STR=%A5%A8%A5%DC%A5%E9

775 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 14:29:41
>>772
 
相変わらず議論を蒸し返すのが好きだなwww
そんなのは喪前さんが出てきた直後に終わった議論だろwww
 
Garcia-Sastreは河岡氏の前に1918ウィルスをマウスに感染させたら非常に強い病原性が見られたというNatureの論文の共著者w
だから1918ウィルスの病原性について疑問を唱えるわけないだろwww
その記事のコメントは病原性の有無についてではなく、高病原性のメカニズムについてのものwww
 


776 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 14:36:54
【ウイルスの人工合成】(リバースジェネティクス)
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1183031916/
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1163513417/
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1200981182/

【医学】インフルエンザワクチンを短期間で作る手法を開発=東大
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1131027387/
【医療】インフルエンザウイルスの弱点発見、増殖の仕組み解明
http://news2.2ch.net/newsplus/kako/1043/10437/1043736910.html

どうやら実体科学とは違う科学の世界があるやうだ。これが創科学?

777 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 15:17:44
リバースジェネティクスが科学じゃないって言ってるのは世の中で
カワオカストーカーだけだよwwwwwwwwwwwwwwwwww


778 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 15:41:36
リバースジェネティックスが悪いわけじゃないよ
人造RNAウイルスがイカサマなだけ


779 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 15:43:41
そんなこと言ってるのカワオカストーカーだけだよwwwwwwwwwwwwwww

780 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 16:11:51
永井先生の時代から人造RNAウイルスは、イカサマ

781 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 18:45:26
カワオカストーカー涙目で敗走

782 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 19:02:17
>>623
文部科学省「新興・再興感染症研究拠点形成プログラム」
新興・再興感染症に関するアジアリサーチフォーラム
Asian Research Forumon Emerging and Reemerging Infections − 2008

20億円も使って、ぜんぜん、うまく行ってないんだよな
トップが無能だから


783 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 19:06:09
ストーカーウイルス学に沿った結果を出せる研究機関なんて
世界中どこを探してもありません。
ストーカーの理論に沿った結果を出してる研究機関がもしあるなら
どうかご教授ください。


784 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 19:14:50
WHOウイルス学に沿った結果を出せる研究機関は
東大医科研とカナダの共同研究です。
インチキ政策に沿った結果を出している研究機関が一つあって
東大医科研です。
トンでも河岡教授です。

785 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 19:16:41
>>784
WHOウイルス学って何?

786 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 19:22:09
カワオカストーカーの常識は世界の非常識

787 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 19:25:50
>>744
朝っぱらからウイルス詐欺師の親分のお出ましだったとはな(笑)

788 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 19:36:20
>>786
革Pズウイルス学による世界の常識はこれだろ?

【チーム革Pズ 総花ウイルス学 基本原則】
(1)すべてのウイルスは条件さえ整えば人畜共通伝染する
(2)種特異性を有するウイルスは特殊であって複数の種にまたがって感染増殖活性をもつウイルスは珍しくもなんともない
(3)ウイルスは容易に変異ししかも過去から未来にわたって宿主を変えたり宿主間においてリアソータントで進化する
(4)遺伝情報さえあれば分子生物学を駆使してウイルスは人為につくることが可能で実験室でその感染実験は確認検証済み
(5)オルソミクソウイルスはHとNの型が一致すれば各種動物において同じ起源をもつ人獣共通感染ウイルスが進化したものである
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1198811399/712

(6)ウイルスはもともと自己増殖能あるRNAやDNAが自立して生き物みたいになったもの
(7)ミトコンドリアも、もともとはウイルスだった。こわい
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1169122599/480


【医療】「スペイン風邪」を人工合成、鳥インフル解明に道筋
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1169122599/485

789 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 19:38:03
馬鹿な研究者、外出先でも時間さえあればラップトップか携帯情報端末で2ちゃんをチェックする。

馬鹿な研究者、猿山の中で猿真似が得意。ついでに猿の安楽死も得意。

790 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 19:43:01
>>782
きちんとあてがった予算を跡を残さずキレイに霞のように消化することこそが成果であり目的。
お題目はあくまでもお題目の看板。

791 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 19:48:31
霞ヶ関とは、よく言ったもんだな

792 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 19:53:17
ライフサイエンス課は、一生懸命やってると思うよ

笛吹けど踊る役者が捏造屋
永井に竹田に堀井かな
野本に河岡捏造ウイルス
田代の嘘つき
喜田はまだまし

793 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 19:54:58
捏造屋選んだのもライフサイエンス課だろ
責任回避できんダロ

794 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 20:19:17
北の奇堕は、しょぼいセンターあてがってアメをしゃぶらせて口封じ。

795 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 20:21:07
みな、いまのポジション、ポストを失いたくないから、積極的に加担するか口つぐむしかないってことね。

796 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 20:25:29
官僚が立場の弱い老齢捏造屋を使う狙いはそこにあるんよ

797 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 20:26:58
給料だって馬鹿にならんからな
金配るだけで、みんな、先生、先生、言ってくれるしな
20億円も税金なんやけどな

798 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 20:35:03
>>791
こんな、インド洋給油活動の偽善偽装と同じで、
海外でいいことやってるふりの溶かし込み方もあるよ。
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1193310901/519

799 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 20:37:18
「国境を越えて」というのが当世野師気質のキーワード。

800 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 20:53:58
血税を霞のごとく消尽するのが霞ヶ関のお役人のお仕事で、
それに都合のいい科学的な化粧を施すのが御用学者の使命。

801 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:00:09
例のエボラ無毒化論文も、別になんでもいいでしょ、予算出す側にすれば。
最初から出来レース。ご褒美や飴玉や、猿に芸当仕込むための餌みたいなものね。

802 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:01:52
で、カワオカストーカーウイルス学に合うような結果を発表してる研究機関って
どこにあるの?早く教えてよ。

803 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:03:44

783 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 19:06:09
ストーカーウイルス学に沿った結果を出せる研究機関なんて
世界中どこを探してもありません。
ストーカーの理論に沿った結果を出してる研究機関がもしあるなら
どうかご教授ください。


804 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:04:01
猿にゃ作法は_

805 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:07:48
そんな研究機関は僕の脳内にしかありません

byカワオカストーカー

806 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:07:53
散々積み上げたインチキいかさまウイルス論文こそがリアルの世界である住人にとっては、
世間一般の常識は通用しないだろうね。

ルイセンコがやった科学政策も対岸の火事みたいな感覚しかもてないだろうしね。

807 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:09:36
>>806
だから、その世間一般の常識を発表している研究機関を教えてくれよ。
まさか世界中の研究機関や政府が嘘ついてるのか?
おまえ、矢追純一の世紀末特集に出てきたUFO研究者かよwwwwww

808 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:11:53
>>807
おまえさんの知識では、>>788をどう理解するわけ?

809 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:16:49
分子生物学でも、ウィルス学は部外者だが
河岡の論文+関連海外論文を数種類、ペーパークラブで読んだところ
正直誰も再試で確認したとか、その結果に基づいて他のラボ(つまり
共著者に河岡が載っていない)の論文が見つからないんだよ。
ヒトと鳥の気管支上皮のシアリ酸結合形式の論文もそうだし。
peer reviewが成立するための土台がない分野としか思えん。でも、
だからと言って河岡ラボからの論文が捏造とはならんが。

810 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:17:25
>>808
世界の常識だろ。
だっておれ、分子生物学使って組み替えウイルス作れてるし。
おれの作ったウイルスはサルだろうがネズミだろうがヒトだろうが、
感染するしwww(細胞レベルだけど)
で、おまえの理論を支持する研究機関はどこにあるの?
早く教えてね。


811 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:25:11
反ストーカー派の意見だ。
(1)人獣共通で感染するものもいれば感染しないものもいる。すべてが人獣共通ではない。お前の無知な勘違い。
(2)種特異性=感染できる種が1種類という考え方が間違い。お前の無知な勘違い。
感染できる種を複数持つウイルス(しかし種特異性はある)珍しくも何ともない。
(3)種のバリアを超えることは稀だが皆無ではない。
(4)正解。
(5)シークエンスの相同性を調べた結果でHやNの型だけで判断しているのではない。お前の無知な勘違い。

812 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:27:53
>>809
少なくともリバースジェネティクスなんてどこのラボでも追試できてるし、
マウスやサルの感染実験も追試されてるし、

おまえは何を調べて発現してるんだ?w

813 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:31:42
霞ヶ関がやってるウイルス感染症対策は、人のものも、
徐々に確実に「排除・根絶」「清浄化」対策に誘導されていってる。
しかも恣意的な感染症チョイスや、捏造感染症をでっちあげて。

最初から起こりもしないものに感染症対策(装備購入・製剤製薬備蓄)の
詐欺政策までやるようになってる。

ウイルス学会の役員が、ヘンなのばかりになってしまったおかげだ。

だれもセーブできないみたいね。昭和10年代とそっくりになってるようだ。
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/7c52533af12442de015cce4d7bfcb721
http://www.inose.gr.jp/mailmaga/mailshousai/2007/071004.html


【こうした科学を推進してやまない科学者を「サビオ・イグノランテ」(無知の賢者)と呼ぶ】
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0199.html

814 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:36:19
>>813
わかったから、はやくそいつらは間違っていると主張し、お前の説を
支持する結果を発表している研究機関を教えてくれよ。
世界中の研究機関が嘘ついてると思ってるならそういってくれればいいよ。


815 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:39:27
>>811
でさ、人から分離された鳥H5N1ウイルスは、「鳥→人」感染が起こったといわれてるところから、
確実に分離できているのかい? なんかやけに検体提供にもめてたらしいけどな。(ないんじゃないの?)


>さて、村本さんがベトナムで実施したウイルス分離の実験では、鳥インフルエンザにかかった患者さんの
喉から採取した液からは、H5N1鳥ウイルスは分離されなかった。当初二週間の滞在を予定していたが、
それをのばしにのばし、40日以上にわたって連日実験をくり返しても結果は変わらない。こうして現場に
赴き、ウイルスが「採れなかった」と確認することも、私たちの世界ではひじょうに重要なことなのだ。
>>622


(4)遺伝情報さえあれば分子生物学を駆使してウイルスは人為につくることが可能で実験室でその感染実験は確認検証済み
>>788

これが正解というのであれば、さらにお尋ねするが、
細胞由来の組織にたよらずに作るのでなければ「人工ウイルス」といえないと思うのだがいかがか?

816 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:41:56
思うに、英語が読めないから河Pだけを執拗に叩いてるんだよなw
リバースジェネティクスで1918fluを再構成した奴なんて他にもいるし、
どこに変異が入ったらヒトに感染しやすくなるかを調べてるグループも
他にもいるし、H5N1の研究してるグループなんて数え切れないくらいいるしw


817 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:43:59
>>815
飽きるまで質問攻めにして逃げ切るつもりか?
本当に考えることがせこいなあ。
ストーカーウイルス学の総本山を早く教えてくれよw
楽しみに待ってるんだから。


818 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:46:08
世界と戦う孤高の戦士カワオカストーカー

819 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:47:49
そんな非常識なこと言ってる研究機関はストーカーの脳内にしかないんだから仕方ないよ

820 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:52:04
>>809
P4でなければ追試できない実験で捏造するところが河Pの賢い=ずるい点
捏造の先人ウイルス学会長の支援を受ければ天下無敵

821 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:52:13
>>811 dクスw これでどお?

【チーム革Pズ 総花ウイルス学 基本原則】
(1)人獣共通で感染するものもいれば感染しないものもいる。すべてが人獣共通ではない。が、人獣共通感染ウイルスは確実に存在する。
(2)種特異性とは、必ずしも感染できる種が1種類ということではなく、感染できる種を複数持つウイルス(しかし種特異性はある)は珍しくも何ともない。
(3)ウイルスは種のバリアを超えることは稀だが皆無ではない。たまに変異することがあり、宿主を変えたり宿主間においてリアソータントで進化することもある。
(4)遺伝情報さえあれば分子生物学を駆使してウイルスは人為につくることが可能で実験室でその感染実験は確認検証済み。
(5)オルソミクソウイルスは、シークエンスの相同性を調べた結果、HとNの型が一致すれば各種動物において同じ起源をもつ人獣共通感染ウイルスが進化したものである。
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1198811399/712

(6)ウイルスはもともと自己増殖能あるRNAやDNAが自立して生き物みたいになったもの
(7)ミトコンドリアも、もともとはウイルスだった。こわい
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1169122599/480


やっぱり、新しいウイルス学のテキストが必要だね。でも科学的な事実なのかな?(笑)

822 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:59:18
宮崎とか岡山とか京都とか山口で、実際に鳥インフルエンザH5N1感染事例がおこったとき、
鶏から人に感染してくれれば、大いに信じることができたんだけどな、河岡学説。
でもなかなかおこんないんだよな・・・ 何故?

『インフルエンザ危機(クライシス) 』
http://www.amazon.co.jp/dp/4087203131/
>>10

「ウイルスの脅威から地球を守る」パンデミック(世界的大流行)を起こさないための国としての対策を 
ウイルス学者(東京大学感染症国際研究センター長) 河岡義裕さん
http://www.jili.or.jp/kuraho/2006/inochi/web04/i_web04.html

第5回NBI対談 - 日本バイオロジカルズ株式会社
http://www.nbi.ne.jp/talk5.html
鶏インフルエンザに関する東京大学河岡義裕教授の講演を聴講して
http://www.jpa.or.jp/news/item/2001/08/22/010822_cho_ko.html

鳥インフルエンザ問題検討委員会の検討結果報告
http://wwwsoc.nii.ac.jp/osj/japanese/materials/birdflu/birdflu_main.html
「高病原性鳥インフルエンザに関する意見交換会」 議 事 次 第
http://www.maff.go.jp/syoku_anzen/161015tori_iken_kokan/bird_flu.htm

823 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 21:59:28
>>820をみてわかるとおり、ストーカーにはグローバルな視点は皆無だよね。


824 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:00:33
>>822
わかったから早くお前の説を支持する研究機関を教えろ

825 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:01:34
>>821
(4)人工RNAウイルスは、人工DNAウイルスとは違ってイカサマ
(7)ミトコンドリアが元々ウイルスだったなんて、奇天烈!!!

あんたホントに生物学勉強したの?

826 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:03:10
>>824
あいかわらず、他力本意の権威主義だね
自分の知性を信じられないのか?

827 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:04:47
>>826
頭大丈夫?

828 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:06:39
>>826
僕は馬鹿だからいくら調べてもストーカーの理論を支持する研究者を
見つけることができません。どこの馬鹿、いやいや、どこの立派な研究者が
そのようなすばらしい理論をうち立てたのかをどうか教えてください。


829 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:08:22
ミトコンドリアがよく発達している、細胞・組織ってなにがある?

830 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:08:59
P4施設なんて世界中に10箇所以上あるだろw
追試できないなんて言ってる奴はブルーバックスしか読んでないんだろどうせw

831 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:09:01
>>825
>あんたホントに生物学勉強したの?

ちなみに(1)〜(7)、全部おかすぃからね(笑)

832 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:10:07
自作自演で議論を混乱させて話をはぐらかそうと必死だな、ストーカー

833 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:10:30
>>831
あんたのおつむだいじょうぶ?

834 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:11:24
>>830
河岡インフル捏造は、荒唐無稽すぎてわざわざ否定する必要もないからな

835 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:12:39
>>834
カワオカストーカーウイルス学の支持者はどこにいるんだ?
早く教えてくれよ。


836 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:13:48
ストーカーは自分の理論の支持者が誰もいないことを自覚してるんだろうなw


837 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:15:19
>>836
相当、不安に戦いてるね チーム河P

838 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:15:51
英語が読めないせいで日本人の河Pにしかストーキングできないカワオカストーカー

839 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:16:07
ウェブスターの研究室にはじめて入ったとき、ウイルスの基礎知識もほとんどまったくもたずに行ったらしい。
もうそれこそ、乾いたスポンジのように、まるごとかの妄想ウイルス学があたかも事実であるかのように
脳髄深く浸透し、ほかの何ものにも穢れることなく純粋に染まってしまったのだろう。

840 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:16:25
なんだ、チョソだったのか。

相当、不安に戦いてるね チーム河P
相当、不安に戦いてるね チーム河P
相当、不安に戦いてるね チーム河P
相当、不安に戦いてるね チーム河P


841 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:17:40
ここまでやってしまうと、もう、ずっとウソついてました、っていうわけにいかないしね・・・

842 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:18:22
>>839
〜行ったらしい
〜染まってしまったのだろう

全部おまえの妄想?w

843 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:18:47
河Pの退場方法を予想しようじゃないか

844 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:20:20
カワオカストーカーって、たま出版の韮澤さんみたいだな。

845 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:27:48
この間のNHK「最強ウイルス・感染爆発」発狂番組に、タシロ君じきじきに出てきたのは正直びっくらこいたが
今日は、朝のNHKで、例のタイの会議のニュースの中で、生ウェブスターのインタビューがでてたのには
いよいよここまで出して説得力を持たそうという必死さをひしひしと感じてしまったよ(笑)

ひょっとして、コミュニスト(国際リベラル)と日本の与党法華カルトが手を組んで連携してやってるのかな?
http://ameblo.jp/disclo/entry-10067926371.html

もとはといえば、現実は中共圏のついたウソから発しているんだしね 1997年香港からね

846 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:31:42
>>842
『インフルエンザ危機(クライシス) 』
http://www.amazon.co.jp/dp/4087203131/
>>822

p.72〜
「カリスマ研究者の研究室へ赴く」

に出てた。

847 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 22:42:45
タシロくんは、WHOの権威に盲従してるだけだろ
TVのむくんだ顔には、知性が寸毫も感じられなかったね
岡田晴江女史も

848 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 23:02:33
>>799
>「国境を越えて」というのが当世野師気質のキーワード。

「グローバルな視点」>>823

というのも。

849 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 23:07:10
ミトコンドリアがよく発達している細胞・組織を教えて!


850 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 23:09:31
チーム河Pのメンバーは、ワンフレーズばっかりだね
単細胞脳というのはこういうものなのか

851 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 23:13:11
半可通も、おんなじコピペばっかだよ

852 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 23:15:51
異物反応(異種タンパク反応)という『簡単な事実』を忘れてはならない。
>>675>>721

言うまでもなく、それはウイルスの感染が成立したことではない。
>>7>>9>>10

ウイルスばかりに気を囚われて疾患現象を見れないカタワ医者あるいはメクラ科学者、
あるいは狡猾な法螺吹き嘘吐き?

853 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 23:30:16
>>840
>なんだ、チョソだったのか。

ヤボですが、「不安に戦いてる」って・・・  ハズカシスw

854 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 23:38:56
>>852
Fauciの批判も同様で
河PのNatute論文ー人工合成ウイルスをマカカに感染させた(と主張している)実験ーは、
【実は、感染は成立していなくて、異物に対する激烈な反応を見ている】だけだと批判してる

855 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 23:41:11
河Pが、説得力のある反論と説明をしたのを聞いたことがない

856 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 23:49:36
ストーカーが信頼してる研究機関を早く教えてくれよ。
日本にはないのか?
アメリカはどうだ?


857 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/26(土) 23:50:36
>>854
となれば、それ以前の、他の者がやった同系列の「感染」実験にもとづく
論文成果も疑ってかからざるをえないことにもなりそうだ。
>>740>>569

858 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 00:00:56
こんないんちき科学な「あるある感染」をベースにして、脳水症と紅漏商は
やたらヘンな「新型・鳥インフルエンザ・パンデミック」対策を平然と
制度設計してやってきたんだからな
いくらなんでも知らなかったじゃすまないよな
絶対わかっててやってるように思う
食品安全部と消費・安全局 獣医の総本山

859 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 00:14:30
>>845
「庶民の王者」
http://find.2ch.net/?STR=%BD%EE%CC%B1%A4%CE%B2%A6%BC%D4

860 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 00:16:30
薬害エイズ
薬害肝炎

責任回避の厚労省



861 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 00:21:11
【温家宝首相】 創価学会の池田大作氏 「閣下、光栄です。庶民の王者と会ってくださって」…会談で挨拶★6
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1176452523/

>>860
責任回避ってばかりじゃなくて、全部利権と省益につなげられている。
そのためにわざわざ過剰にでっち上げられたようなものにも見える。
もっけのさいわい、漁夫の利的に。

862 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 00:25:48
死者64万人予想の背景は、なんなんだ?

1)薬害肝炎隠し(厚労省)
2)WHO発表の鵜呑み(感染研)
3)最悪事態覚悟
4)備蓄利権狙い(製薬会社)
5)単にリスク管理の失敗(厚労省)
6)金正日バイオテロへの備え(NHK)
7)ネタ探し(マスコミ)


863 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 00:49:26
>>862
数値的な根拠はたぶんこのへん

日本を襲ったスペイン・インフルエンザ―人類とウイルスの第一次世界戦争 速水 融 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4894345021
強毒性新型インフルエンザの脅威 岡田 晴恵 (編集), 速水 融 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4894345277

ウイルスにはウイルスのストーリーがあるのと同様に、パンデミックにはパンデミックのストーリーがある。
おそらく、それにあわせたウイルス学の研究成果や知識知見が求められたのだと思う。
たとえそれがかなりグレーな実験や、それにもとづく論文だとしても。
(グランドデザインを描いた者たちは、やはり霞ヶ関の中にいるのだろうか?)

864 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 01:10:13
>>847
根路銘国昭 (元)世界保健機構(WHO)インフルエンザ・呼吸器ウイルスセンター長
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1193310901/441n-

865 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 01:17:26
>>858
獣医獣医と馬鹿みたいに繰り返すストーカー様が敬愛しているらしい
Fauci(MD)のお言葉でつwwww

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

866 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 01:18:40
>>863
ねえねえ、ストーカー。1人で会話してるのがバレバレだお

867 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 01:43:12
馬鹿な研究者、ネットの批判者は一人に見えてしまう。

868 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 01:48:45
馬鹿なストーカー。自作自演がばれてないと信じてる

869 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 01:54:30
>>864
★北大★人獣共通感染症リサーチセンターA
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1196401102/124

>インフルエンザウイルスの恐怖 根路銘 国昭 氏
www.athome-academy.jp/archive/medicine/0000000214_01.html

>1939年、沖縄県生れ。65年、北海道大学獣医学部卒業、66年、国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)入所。

>根路銘国昭先生は数々の実績を持つウイルス研究の分野での国際的第一人者です。
>先生は退職するまでは国立予防衛生研究所(現国立感染症研究所)、呼吸器系ウイルス研究室長、
>WHO(世界保健機関)、インフルエンザ・呼吸器ウイルス協力センター長を務めました。

870 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 07:48:26
2chでパチンコの大手、株式会社マルハン(代表取締役会長 韓 昌 祐、代表取締役社長 鈴木 嘉和、代表取締役副社長 韓 裕)
のスレで ホルコンや遠隔や桜などについて書き込むと工作員(渋谷マルハン社員、マルハンに依頼されたネット工作会社)(仮)
がやってきてスレを荒らしてスレを機能停止させます。(大量のコピペを連投するのでコピペ馬鹿と呼ばれている)
↓↓工作員の荒らしのやり方↓↓
2007/11/03(土)ID:b+XZQwwt0
マルハン難波店http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1146755003/417
マルハン総合スレッドhttp://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1187021165/413-416
MPT渋谷パート9http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1197771701/9
2007/11/14(水)ID:IQ2W+BsJ0 2007/11/15(木)ID:Fi5mVWm/0
マルハン総合スレッド 9http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1187021165/486-488
マルハン難波店http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1146755003/434-437
ガイア(笑)http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1178977365/490-492
ガイア正社員友の会http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1188211786/134-138

工作員に荒らされ機能停止したスレ
■■■■マルハン総合スレッド 9■■■■http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1187021165/
【山崎】MPT渋谷パート9【シャネル】http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1197771701
【基地外が大暴れ4】エスパス日拓総合スレ【18発目】http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1188885488
MPT渋谷はマルハン・パチンコ・タワー渋谷の略です。

パチンコ産業は荒らすことでレスとレスの間を空けて読む気をなくさせたり
マネーロンダリング、さくら、ホルコン、遠隔、などの風評被害を最小限に抑えようとしてる。

新スレ→○○○マルハンパチンコタワー渋谷パート10○○○
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1201304777/l50



871 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 08:07:17
>>867
チーム河岡工作隊のメンバーは、隊長以下何人なの?

872 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 11:11:05
チームストーカー(1人)の仲間の研究機関はどこにあるの?


873 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 16:44:50
パンデミック・フールなプロパガンダねっつ工作隊の方々、
こっちでもにょもにょやってるみたいよ
岡田狐センセの名前なんか出してさ(笑)

【政治】与党、新型インフルエンザ対策に関するプロジェクトチームを新設
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1201259962/

874 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:03:49

【Websterオルソミクソウイルス学派チーム革Pズ 総花ウイルス学 基本原則】
(1)人獣共通で感染するものもいれば感染しないものもいる。すべてが人獣共通ではない。が、人獣共通感染ウイルスは確実に存在する。
(2)種特異性とは、必ずしも感染できる種が1種類ということではなく、感染できる種を複数持つウイルス(しかし種特異性はある)は珍しくも何ともない。
(3)ウイルスは種のバリアを超えることは稀だが皆無ではない。たまに変異することがあり、宿主を変えたり宿主間においてリアソータントで進化することもある。
(4)遺伝情報さえあれば分子生物学を駆使してウイルスは人為につくることが可能で実験室でその感染実験は確認検証済み。
(5)オルソミクソウイルスは、シークエンスの相同性を調べた結果、HとNの型が一致すれば各種動物において同じ起源をもつ人獣共通感染ウイルスが進化したものである。
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1198811399/712

(6)ウイルスはもともと自己増殖能あるRNAやDNAが自立して生き物みたいになったもの
(7)ミトコンドリアも、もともとはウイルスだった。こわい
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1169122599/480
>>821

補記)
・ウイルスの危険性や人類に対する脅威を鑑みれば、hostrange(宿主域)はでき得る限り広く想定しておく必要がある。
・病気や疾病疾患が見あたらなければ、そのエリア内においては、ウイルスが存在しない「清浄化」地域としておかなくてはならない。

875 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:12:14
創造科学 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E9%80%A0%E7%A7%91%E5%AD%A6

たぶん、くだんの研究チームの方々のウイルス観というのは、その起源の不明なところを、
トンデモな理論で埋めて、その架空仮想妄想に基づいた「ウイルス進化論」がベースに
なっているものと思われる。

あくまでもウイルスという存在は、外部からやってきた人類の「敵」であるとするように。

876 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:20:30
ストーカーに質問。
インフルエンザじゃなくてもいいんだけどさ、ウイルスに感染したら病気になるのはなんで?
ウイルスが原因じゃないの?
単なる異物反応?
じゃあさ、何で感染するウイルスによって症状が違うの?
肺炎になったり下痢になったり。

877 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:33:54
>>876
あくまでも臨床の知・フィールドの知を欠落させてはならないと思う。
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1196401102/143

ラボの知がすべてではないのだから。

878 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:41:34
>>877
答えになってないんだよオマエのは。
1.ウイルスが起こす病気は、完全に単なる異物反応か?
2.感染するウイルスの種類によって症状が違うのはなぜか?単なる異物反応なら同じ症状ではないのか?
に答えてくれ。

879 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:53:34
そのトンデモストーカーウイルス学を支持してる団体なり研究機関を
早く教えてくれよ。
医科研もWHOもお前の敵だというのはわかったから。


880 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:54:58
ストーカー様が敬愛しているらしいFauci(MD)のお言葉でつwwww

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D

881 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 18:00:17
580:名無しさん@八周年 2008/01/23(水) 12:50:56 ID:XhPCtYtU0
速水融のスペイン・インフルエンザについて書いた本を読んだ。

1918インフルエンザでも「たかが風邪だろ」とか「○○の陰謀だ」とかいうデマが広まって
一番大切な初期対応をせずに感染が広まっていったと報告されていた。

笑えるwww
ここで製薬会社の陰謀とか言っている池沼は90年前の被害を広げた戦犯と同じレベルwww

一次大戦の2倍から5倍弱、日本では関東大震災の5倍の死者数を出しているのにな。
しかも流行の前に運良く毒性の弱い状態で小流行したから、免疫者がいて被害の伝染が弱まっていてその有様。

今回のは鳥インフルエンザの時点で死亡率高すぎ。
これが運良く症状の軽い第一波になって免疫ができて、その後の第2代3波を乗り過ごせる何て妄想抱いてんなよ?
1918インフルエンザは数回毒性や感染率を変えて1920年まで続いたんだからな?


1918年当時の知識・教養を考えれば「まあ仕方が無いか」って感じだけど
21世紀にもなって陰謀論展開する奴って人生の落伍者だよな・・・
まともに社会活動を送ってるようには思えない

882 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 18:02:22
>21世紀にもなって陰謀論展開する奴って人生の落伍者だよな・・・
カワオカストーカーのことだなw


883 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 18:06:31
「アポロ計画は陰謀だ」という話をコロッと信じちゃった副島隆彦あたりなら
カワオカストーカーの言うことに耳を傾けてくれるかもよw
一度メール送ってみたら?

884 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 18:11:51
ね、大体の「パンデミック・フル」詐欺構図がみえてくるでしょ?(笑)

日本の共産党員みたいな連中が、しこたま税金掠め取るために、
相当以前から着々と仕込んできたネタなのね。
>>864

国際協力みたいな形にしてるけど、実質は、日本のカネを吸い取るための方便。

ま、インド洋給油活動にしたって、実質は、別の形の税金ドロ。
みんな、あたまのいいエロい人たちは、そんなことばかり考えてるらしいね。
表の大義名分と、本音の欲を、上手に使い分けてね。

そこを見抜かなきゃいけないと思うよ。ウソを暴くときは。ヘンな陰謀論に誤魔化されずにね。
「環境問題(エコ)」が今は一番のタカリねたなのね。
http://antikimchi.seesaa.net/article/80553019.html

885 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 18:19:42
>>884
ぜんぜん見えてこないぞw

でさ、878と879に対する答えマダー?


886 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 18:29:58
【政治】与党、新型インフルエンザ対策に関するプロジェクトチームを新設
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1201259962/

306 名前:名無しさん@八周年[sage] 投稿日:2008/01/27(日) 17:50:05 ID:i9mPkMZR0
ああ、一応みんなに忠告しておくか。
専ブラを使っている(大多数が使ってるよな)人はNGワードに
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1198811399/」を入れておくこと。

887 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 18:35:50
>>884
【日米民主党は隠れ国際共産主義者の巣】
http://ameblo.jp/disclo/entry-10067926371.html

888 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 18:42:10
>21世紀にもなって陰謀論展開する奴って人生の落伍者だよな・・・
カワオカストーカーのことだなw

889 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 18:42:32
そーか、ニュー速板住民は、ここ見ちゃいけないのか。あまりにもここがデンパなんだろうね(笑)

890 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 18:57:17
藤原書店とか岩波書店とかてのは、もろ共産党の御用出版社だよな。
とおもって、「岩波書店 藤原書店 共産党」でググったら、こんなのが引っかかったけど・・・

373 :無名草子さん:2007/11/16(金) 22:30:38
岩波新書様
岩波ジュニア新書様
藤原書店様
ちくま新書様

「×××大学医学部大学院」という著者の経歴の記載は間違いではないでしょうか。
本当は、「×××大学大学院医学研究科」ではないでしょうか?
これは似ているけれども、根本的な違いですよ。ご確認のうえ
もし間違いでしたらご訂正をお願いいたします。

891 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:23:04
ストーカーは話を逸らすのに必死みたいだけど、忘れないうちに早く質問に答えろよ。

>>877
答えになってないんだよオマエのは。
1.ウイルスが起こす病気は、完全に単なる異物反応か?
2.感染するウイルスの種類によって症状が違うのはなぜか?単なる異物反応なら同じ症状ではないのか?
に答えてくれ。

892 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:28:51
答えマダー?

>>877
答えになってないんだよオマエのは。
1.ウイルスが起こす病気は、完全に単なる異物反応か?
2.感染するウイルスの種類によって症状が違うのはなぜか?単なる異物反応なら同じ症状ではないのか?
に答えてくれ。

893 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:29:45
リンク貼り以外の答えマダー?

>>877
答えになってないんだよオマエのは。
1.ウイルスが起こす病気は、完全に単なる異物反応か?
2.感染するウイルスの種類によって症状が違うのはなぜか?単なる異物反応なら同じ症状ではないのか?
に答えてくれ。

894 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:32:28
おれの質問にも答えてね。

879 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:53:34
そのトンデモストーカーウイルス学を支持してる団体なり研究機関を
早く教えてくれよ。
医科研もWHOもお前の敵だというのはわかったから。


895 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:35:22
>1.ウイルスが起こす病気は、完全に単なる異物反応か?
>2.感染するウイルスの種類によって症状が違うのはなぜか?単なる異物反応なら同じ症状ではないのか?
>>878

1.
「完全に単なる異物反応」が何をいわんとしているのか定義が曖昧だが、
ウイルス感染症は、ウイルスが感染可能な細胞において増殖過程が成立し、
細胞を広範囲に障害することでおこる。けっして「単なる異物反応」ではない。
単純な異物反応(異種タンパク反応)の症状は、
たとえば消化管に入れるはずの輸液を静脈に入れたりするような、医療過誤で起こっている。

2.
>感染するウイルスの種類によって症状が違うのはなぜか?
>単なる異物反応なら同じ症状ではないのか?

ウイルスには組織親和性 histotropism があるというテキスト的な初歩の知識。
異物反応のおこる体細胞組織部位が異なれば、症状が異なるのは当然のことである。


いかが?

896 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:38:38
>>879
そんなのはない。
医療現場では、烏賊様軒・紅労商・感染犬の新型フル・鳥フル対策は机上の空理空論。

897 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:40:11
いかさまチームのだれか、>>874につっこんでくださいな(笑)

898 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:42:08
>>895
>ウイルスの存在が病が起こることの主体・主因ではないのだから。
あれ?さっきまでこんなこと言ってなかったっけ?

>異物反応のおこる体細胞組織部位が異なれば、
なんでウイルスによって異物反応が起こる場所が違うのー?


899 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:49:28
>>898
>なんでウイルスによって異物反応が起こる場所が違うのー?

反応の仕方は異物のサイズと量によっても異なる

あなた「免疫システム」に関した知識ある?
あるいは研究チームの中にそういう知識をもった専門家いないの?
それと疾患を研究対象にしているのなら医学の臨床経験のある人もね
研究は組織でやること、の重要性はそこにあるのね

900 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:53:18
>反応の仕方は異物のサイズと量によっても異なる
>反応の仕方は異物のサイズと量によっても異なる
>反応の仕方は異物のサイズと量によっても異なる

ストーカーの新説、キター!!!!!!!!

901 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:55:31
          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\   反応の仕方は 
    /   ⌒(__人__)⌒ \ 異物のサイズと量によっても
    |      |r┬-|    | 異なる
     \     `ー'´   /
    ノ            \

902 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:57:39
反応の仕方は異物のサイズと量によっても異なる  

       ___
          /ノ^,  ^ヽ\
         / (○)  (○) ヽ
        / ⌒(__人__)⌒::: l
   ⊂ ̄ヽ_|   |r┬-|    | 
    <_ノ_ \   `ー'´    /
        ヽ       ⌒,
        /____,、ノ /
        /    (__/
       (  (   (
        ヽ__,\_,ヽ
        (_/(_/



903 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 20:01:27
>>900
斉藤章(1972)
自律神経のレベルからみた免疫とアレルギー
3.自律神経の異常に基づくアレルギー現象の変貌について
(安保徹「絵でわかる免疫」 p.21)

904 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 20:01:53

  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;   反応の仕方は異物のサイズと
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;    量によっても異なる
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙  
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  そんなふうに考えていた時期が
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f     俺にもありました
    ̄''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!


905 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 20:03:44
>>903
30年以上前から時間が止まってる奴キター!
絵でわかる免疫ってwww
子供向けの本でわかった気になってる奴キター!

906 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 20:11:33
カワオカ烏賊様ウイルス学、援護のためかどうかはわかりませんが、必死にレスを流してますな。

これまでで、大事なところはここですよね。

------------------------

>>852
異物反応(異種タンパク反応)という『簡単な事実』を忘れてはならない。
言うまでもなく、それはウイルスの感染が成立したことではない。

>>854
>>852
Fauciの批判も同様で
河PのNatute論文ー人工合成ウイルスをマカカに感染させた(と主張している)実験ーは、
【実は、感染は成立していなくて、異物に対する激烈な反応を見ている】だけだと批判してる

>>855
河Pが、説得力のある反論と説明をしたのを聞いたことがない

>>857
>>854
となれば、それ以前の、他の者がやった同系列の「感染」実験にもとづく
論文成果も疑ってかからざるをえないことにもなりそうだ。

-----------------------------

907 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 20:18:43
>>906
対照実験で1918ウイルスと同量のH1N1ウイルスを猿に感染させてるだろ?
じゃなんで病原性に差が生じるんだ?
1918では死んで、H1N1では死なないって差が。
異物反応でどう説明できるんだ?

908 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 20:23:49
>>905
大人向けってこれのことだよなw

『インフルエンザ危機(クライシス) 』 河岡 義裕 (著)  >>10
http://www.amazon.co.jp/dp/4087203131/

子供向けの本でわかった気になりたい奴はこっちを嫁ってかw

『絵でわかる免疫』 安保 徹 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4061538500

現実に役に立つ知識が書かれてあるのは、やっぱり上の本だそうです。でしょ?

909 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 20:25:42
>>907
そりゃ、エボラ無毒化できるくらいの腕があれば・・・w

910 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 20:28:27
お、テレ朝で、詐欺師が出てるおw

911 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 20:37:39
【日本人の命が危ない…殺人インフルエンザ上陸で600万人死亡…】
http://asahi.co.jp/kinmirai/main.html

912 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 20:55:31
>>907
対照実験データの捏造疑惑が指摘されてるよ
ネガコンデータの捏造は、頭いい罠

913 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 20:55:43
あははははははははははははは

>879 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:53:34
> そのトンデモストーカーウイルス学を支持してる団体なり研究機関を
> 早く教えてくれよ。
>
>896 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:38:38
> >>879
> そんなのはない。


914 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 20:57:12
ストーカーの参考文献は「絵でわかる免疫」だってwwww
腹が痛い

915 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 20:58:12
>>912
ちなみに誰が指摘してるの?
参考論文を教えてくれないかな。


916 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 21:02:53
異物の量や大きさ依存性に違う反応が起こるのか!!!
早く実験してNatureに投稿しなきゃ!
いろんな大きさのビーズにウイルスの表面タンパクまぶして注射してみるお!www

917 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 21:07:06
「プレパンデミックワクチン」
の備蓄を奨励する印象誘導の番組だったのね、タシロ先生ハルエ先生。
詐欺だよなぁ・・・

918 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 21:07:27
「絵でわかる免疫」が悪いんじゃなく、曲解したカワオカストーカーが悪いんだろうw


919 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 21:09:04
>>918
ほらほら、すり替えの印象操作がはじまりましたよ

920 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 21:11:22
>>907
その再現人工ウイルスが烏賊様ならば、
その人ウイルスを猿に感染させるのも、まったくの烏賊様感染実験だよな。

921 :918:2008/01/27(日) 21:11:25
じゃあ、お前の参考文献「絵でわかる免疫」が悪いってことでいいの?w

922 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 21:14:30
>>921 >>905はそういう意味でいったんでしょ

923 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 21:24:24
しかしこの記事を、大紀元は意図的に曲解して記事にしたようだな。
結論が正反対だよな。日本の新聞も大紀元並みの報道記事しかなかったしな。

1918 Killer Flu Tested on Monkeys
Washington Post
By SETH BORENSTEIN
The Associated Press
Wednesday, January 17, 2007; 11:06 PM
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395.html
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/17/AR2007011702395_2.html


◆致命的インフルエンザウイルスの新発見=『ネイチャー』 【大紀元日本2月20日】
>ワシントンポスト紙によると、インフルエンザウイルスに関する新しい研究結果が『ネイチャー』誌に掲載され、
米国の研究者は一昨年、1918年のウイルスDNA構造の複製に成功した。それによって、研究者達は実験室
で1918年から1919年に発生したスペイン風邪ウイルスを培養に成功し、数万人の命を奪った仕組みの解明に
新しい展開を見せた。
(記者・呉紫綺)
http://jp.epochtimes.com/jp/2007/02/html/d47343.html
>>7

さすが大紀元だが、これは誤報なんてものじゃなくて、虚偽報道そのものじゃないのかね。
中国人が平気で嘘をつくのは、東北大総長論文捏造疑惑でも話題になってるしな。
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1198852816/
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/material/1198997146/

924 :ストーカーの本音:2008/01/27(日) 21:27:15

>879 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:53:34
> そのトンデモストーカーウイルス学を支持してる団体なり研究機関を
> 早く教えてくれよ。
>
>896 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:38:38
> >>879
> そんなのはない。


925 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 22:05:45
【みんなの】☆★☆東大医科研☆★☆【あこがれ】

409 :名無しゲノムのクローンさん :2007/02/16(金) 18:17:50
>>407
暴露と感染を混同せんといてや。
感染が成立するちゅうんは、
細胞の中に侵入して、増殖して、細胞外にウイルス粒子が放出できること。
一方、免疫系ではB細胞系の特異的免疫応答が成立し、
抗体(免疫グロブリン)産生能を獲得すること。
よって、体細胞中で増殖したウイルスによっておこる「病」と、
外来抗原に大量暴露したことによって起こる「症状」は、
明らかにちゃうでえ。
免疫系には「非特異的防御機構」と「特異的免疫応答」があり、
暴露は非特異反応、感染は特異的応答ともいえる(大雑把にいえば)。
細胞の中で自己増殖せんもんに対しては、Igのクラススイッチも起こらんでえ。

926 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 22:25:39
>>923
<スペイン風邪>ウイルス再現 免疫異常で増殖、毒性強く (2007年)1月18日3時9分配信 毎日新聞

 1918年に世界的大流行を起こしたインフルエンザ「スペイン風邪」のウイルスが、各種のインフルエンザの
中でも特に毒性が強かった(高病原性)ことを、東大医科学研究所とカナダ・米国の共同研究グループがサル
の実験で示した。感染したサルは免疫反応をうまく起こせず、ウイルスの大量増殖を許して、回復不能な状態
に陥った。18日の英科学誌ネイチャーに論文を発表する。
 同研究所の河岡義裕教授らは、カナダ公衆衛生局のダーウィン・コバサ研究員らと協力し、解明済みの遺伝
子配列からスペイン風邪ウイルスを人工的に再現。サル7匹の鼻や気道に注入した。
 その結果、サルは重い肺炎を起こし、呼吸困難に陥った。回復不能となり、それ以上苦しませないため感染
8日後に安楽死させたサルは、肺の中に水分が大量にたまり、水死に近い状態だった。
 これに対し、普通のインフルエンザウイルスを感染させたサル3匹は、肺炎を起こさず軽い症状だけで回復した。
 免疫の働きを調べると、普通のインフルエンザに感染したサルは、感染直後から体内でウイルス増殖を抑える
「インターフェロン」という物質を多く作っていた。感染8日後には、ウイルスはほとんど検出されなかった。一方、
スペイン風邪ウイルスのサルはインターフェロンをほとんど作らず、感染8日後も大量のウイルスが検出された。
 河岡教授は「サルを殺すほど強いインフルエンザウイルスは他にない。免疫反応の異常は、鳥インフルエンザ
(H5N1型)が人に感染した場合にもみられる。悪性のインフルエンザに共通なのかもしれない」と指摘している。
【高木昭午】

927 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 22:27:47
「スペイン風邪」を人工合成、鳥インフル解明に道筋
2007年1月18日(木)03:01 読売新聞

 1918年に大流行したインフルエンザ「スペイン風邪」のウイルスを人工的に作り出し、サルに感染させると、
異常な免疫反応が起きて致死性の肺炎になることを、河岡義裕・東大医科学研究所教授らが突き止めた。
 高病原性鳥インフルエンザも似た症状を人や動物で起こすことがあるが、このウイルスは実験に使うサルに
感染させても症状が出にくい。スペイン風邪ウイルスがサルに起こす症状を抑える手法が確立できれば、高病
原性鳥インフルエンザの治療や感染予防につながると期待されている。

 18日付の英科学誌ネイチャーに発表する。

 スペイン風邪が流行した当時はウイルス検出技術がなく、発症の仕組みは確かめられなかった。このため、
研究チームはスペイン風邪のウイルスを、最近解明された遺伝子配列をもとに人工合成し、カニクイザルに
感染させた。その結果、1日以内に衰弱して食欲がなくなり、8日目には呼吸器状態が非常に悪化。気道全体
から増殖した高濃度のウイルスが検出された。

928 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 22:29:56
「スペイン風邪」免疫異常で重症化 人工ウイルスで実験
2007年1月18日(木)06:10 朝日新聞

 世界で大流行した「スペイン風邪」と呼ばれるインフルエンザのウイルスが、ウイルスに対抗する免疫機能の
異常を引き起こす強い病原性によってサルを死なせてしまうことを、河岡義裕・東京大医科学研究所教授を
中心とする日米カナダの研究グループが実験で示した。18日付の英科学誌ネイチャーで発表する。

 1918年から数年間猛威をふるったスペイン風邪は、全世界で4000万人の死者を出したとも言われている。
その後、残されていた当時の標本などからウイルスの遺伝子配列がわかり、同じウイルスを人工的に作り出せ
るようになった。グループは、人工ウイルスを生物学的にヒトに近いカニクイザルに感染させ、症状を調べた。

 ヒトやサルはウイルスに感染すると、その活動を阻止しようとする免疫機能が体内で働く。ウイルスの増殖を
阻止するため、インターフェロンというたんぱく質を分泌することなどが知られる。

 ところが、この人工ウイルスに感染させたサルの場合、インターフェロンの分泌が抑えられるなどの異常が
現れた。その結果、体内でウイルスが増え続けて肺炎や肺水腫を起こし、死に至ることがわかった。インフル
エンザウイルスが、マウスなどに重い症状を起こすことは実験で確かめられていたが、サルの仲間で重症化の
仕組みが確認できたのは初めてだ。

 現在、アジアを中心に問題となっている鳥インフルエンザウイルスがヒトに重い症状を起こすのも、同様の
仕組みで説明できる可能性がある。河岡教授は「さらに研究を進めることで、鳥インフルエンザや新型インフル
エンザの治療に役立てたい」と話している。

929 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 22:32:55

>879 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:53:34
> そのトンデモストーカーウイルス学を支持してる団体なり研究機関を
> 早く教えてくれよ。
>
>896 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:38:38
> >>879
> そんなのはない。


930 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 22:34:09
河岡さんの発表が本当なら、感染が成立していることになるが・・・

931 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 22:37:33
日本の官や学のグループが、ジェネーブを動かしてしまったようなとこがあるんよ。金のチカラを背景にしてね。
オワダを筆頭にして、害務商や日本の国際機関関係者は食わせ者ばっかだよな。
偽善を用いて漁夫の利の策謀ばかり頭をめぐらしてる。

932 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 22:47:13
>>926-928
日本の大手マスゴミ紙の記事も、所詮は、大紀元なみのトンデモ嘘吐き提灯記事だったということね。

【異物反応(異種タンパク反応)という『簡単な事実』を忘れてはならない。】>>923>>906
>>675>>721
>>7

933 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 23:47:33
>>623

106 名前:名も無きマテリアルさん[] 投稿日:2008/01/27(日) 07:20:42
捏造歴50年の東大名誉教授が組織したのは、捏造率80%のアジアリサーチフォーラム
20〜30年の捏造歴を誇る研究者の発表を、みんな、聞きに来てね

934 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 23:50:30
>879 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:53:34
> そのトンデモストーカーウイルス学を支持してる団体なり研究機関を
> 早く教えてくれよ。
>
>896 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:38:38
> >>879
> そんなのはない。


935 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 02:14:15
ウイルスは外部(宇宙?)からやってきたと思いこんでる天動説以前の宇宙観
あるいはトンデモウイルス学理論がベースのオカルトウイルス学研究チーム革Pズ

ウイルスはエイリアンだからとにかく排除、根絶、撲滅、制圧、清浄化が
人類がウイルスに対してとるべき基本的な思想と姿勢らしい


【Websterオルソミクソウイルス学派オカルトチーム革Pズ 総花ウイルス学 基本原則】

(1)人獣共通で感染するものもいれば感染しないものもいる。すべてが人獣共通ではない。が、人獣共通感染ウイルスは確実に存在する。
(2)種特異性とは、必ずしも感染できる種が1種類ということではなく、感染できる種を複数持つウイルス(しかし種特異性はある)は珍しくも何ともない。
(3)ウイルスは種のバリアを超えることは稀だが皆無ではない。たまに変異することがあり、宿主を変えたり宿主間においてリアソータントで進化することもある。
(4)遺伝情報さえあれば分子生物学を駆使してウイルスは人為につくることが可能で実験室でその感染実験は確認検証済み。
(5)オルソミクソウイルスは、シークエンスの相同性を調べた結果、HとNの型が一致すれば各種動物において同じ起源をもつ人獣共通感染ウイルスが進化したものである。
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1198811399/712

(6)ウイルスはもともと自己増殖能あるRNAやDNAが自立して生き物みたいになったもの
(7)ミトコンドリアも、もともとはウイルスだった。こわい
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1169122599/480
>>821

補記)
・ウイルスの危険性や人類に対する脅威を鑑みれば、hostrange(宿主域)はでき得る限り広く想定しておく必要がある。
・病気や疾病疾患が見あたらなければ、そのエリア内においては、ウイルスが存在しない「清浄化」地域としておかなくてはならない。
>>874

936 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 02:52:31
>>899 >>912
なんでこう追い詰められると口からデタラメを並べたてちゃうんだろうな
もともとそういうヘキというか精神的な障害を抱えてる人なんだろうか

937 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 02:58:02
>>936
  ↑
なんでこう追い詰められると口からデタラメを並べたてちゃうんだろうな
もともとそういうヘキというか精神的な障害を抱えてる人なんだろうか

938 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 03:59:07
不正を行う性格を持った研究者:捏造屋 >>623
不正を好む性格を持った研究者:捏造系半可通 >>934 >>936
不正を憎む性格を持った研究者:??? >>937

939 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 07:38:35
936が核心をついたから、オウム返しぐらいしかやることがないってわけか
キチガイさんは以前に2chのどこかで
「半可通」という言葉で罵倒された経験があると推測

940 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 07:44:13
>>935
 
(6)と(7)以外は概ね問題ない常識的なことを言ってるように見えるが
それのどこが問題だと言うのだ?w
 

941 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 07:46:48
そうなんでつ。

父親に褒められなかったボスは、褒められたい病で捏造・剽窃・コピペ三昧
自分は、もっと、頭いいはずと信じてるオイラは、捏造ボスの下でピペ土修行

二人とも【半可通】という単語に過剰反応してしまうんでつ

942 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 10:18:32
>>940
しかも、6,7は最初はなかったのに、勝手に付け加えただけだし。
どういう意図があるんだろうな?www


943 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 10:19:16
「絵でわかる免疫」には人獣共通感染は嘘だって書いてあるの?

944 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 11:40:25
盛り上がってるな

945 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 16:34:01
>>940
>(6)と(7)以外は概ね問題ない常識的なことを言ってるように見えるが
>それのどこが問題だと言うのだ?w

ニヤニヤ… 

【概ね問題ない常識的なことを言ってる】>>935
-----------------------------------------
ウイルスは外部(宇宙?)からやってきたと思いこんでる天動説以前の宇宙観
あるいはトンデモウイルス学理論がベースのオカルトウイルス学研究チーム革Pズ

ウイルスはエイリアンだからとにかく排除、根絶、撲滅、制圧、清浄化が
人類がウイルスに対してとるべき基本的な思想と姿勢らしい


【Websterオルソミクソウイルス学派オカルトチーム革Pズ 総花ウイルス学 基本原則】

(1)人獣共通で感染するものもいれば感染しないものもいる。すべてが人獣共通ではない。が、人獣共通感染ウイルスは確実に存在する。
(2)種特異性とは、必ずしも感染できる種が1種類ということではなく、感染できる種を複数持つウイルス(しかし種特異性はある)は珍しくも何ともない。
(3)ウイルスは種のバリアを超えることは稀だが皆無ではない。たまに変異することがあり、宿主を変えたり宿主間においてリアソータントで進化することもある。
(4)遺伝情報さえあれば分子生物学を駆使してウイルスは人為につくることが可能で実験室でその感染実験は確認検証済み。
(5)オルソミクソウイルスは、シークエンスの相同性を調べた結果、HとNの型が一致すれば各種動物において同じ起源をもつ人獣共通感染ウイルスが進化したものである。
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1198811399/712

補記)
・ウイルスの危険性や人類に対する脅威を鑑みれば、hostrange(宿主域)はでき得る限り広く想定しておく必要がある。
・病気や疾病疾患が見あたらなければ、そのエリア内においては、ウイルスが存在しない「清浄化」地域としておかなくてはならない。
>>874
---------------------------------------------------------------

946 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 16:36:25
これが、「医科学研究所」のクオリティなのか? すごいなそりゃ・・・

947 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 16:43:50
ウイルス学会もこれが主流の考え方なのか?

948 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 17:07:13
ストーカーウイルス学理論を支持する機関は存在しないことを
ストーカー自身が認めた瞬間

>879 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:53:34
> そのトンデモストーカーウイルス学を支持してる団体なり研究機関を
> 早く教えてくれよ。
>
>896 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:38:38
> >>879
> そんなのはない。


949 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 18:31:14
現実には非常に狭い限定限局された宿主域を、妄想や不安にかられて(あるいは不安を扇動せんがため?)、
やたら可能性という事実無根の大雑把な擬似科学的な知識知見で、現実の政策を動かしてしまったことは、
ことそれに関わった御用科学者のみの責任を問うことはできないかもしれない。

だが問われるのは、その瑕疵の如何ではなくて、科学者としての「事実ファクト」をふまえる良識良心的姿勢とは
なんぞや、ということなのである。

政策や制度計画に則った科学研究成果を求められたとき、あくまでもその理念を先行優先させるのか、
それとも、人の都合はどうあれ、あくまでも科学的な現実や事実に基づくのかということだ。

「ウイルスの排除・根絶」などという思想は、ウイルス学免疫学感染症学の常識から言えば、
明らかに異端の思想である。

それが主流になっているとでも言うのだろうか? それはばかげた話だ。

ウイルスはウソをつかない。ちゃんと着々と仕事して、人間のウソを暴いてくれるよ。
ほとんどの国内の感染症の有識者が、静かに傍観してるのは、そういう感慨を抱いているからだ。
脳衰症・紅労商とそれにくっついてる人間どものおバカなふるまいをながめながらね。

950 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 18:35:59
>ほとんどの国内の感染症の有識者が、静かに傍観してるのは、そういう感慨を抱いているからだ。
誰のこと?名前を教えてよ。


951 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 18:38:04
>>950 取り巻き以外はみんなそうだとおもっておいたほうがいいよ。

952 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 18:48:10
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1193310901/529n-

【今年、インフルエンザによって日本で600万人が死亡する!】
http://asahi.co.jp/kinmirai/hoso/main.html

953 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 19:23:31
ストーカーウイルス学理論を支持する機関は存在しないことを
ストーカー自身が認めた瞬間

>879 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:53:34
> そのトンデモストーカーウイルス学を支持してる団体なり研究機関を
> 早く教えてくれよ。
>
>896 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:38:38
> >>879
> そんなのはない。

954 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 20:21:49
>>953 
それが何かしたのか? おまえがこのスレのストーカーみたいに見えるんだが? ひょっとして革Pズか?

955 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 20:39:39
ストーカーウイルス学理論を支持する機関は存在しないことを
ストーカー自身が認めた瞬間

>879 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:53:34
> そのトンデモストーカーウイルス学を支持してる団体なり研究機関を
> 早く教えてくれよ。
>
>896 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:38:38
> >>879
> そんなのはない。

956 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 20:48:11
医学論文 急減 処分恐れ医師ら萎縮?

 治療の副作用や合併症に関する医学論文の数が昨年後半から急激に減少したことが、東京大医科学研究所の
上(かみ)昌広客員准教授(医療ガバナンス論)らのグループの調査で分かった。このうち、診療中に起きた個別の
事例を取り上げた「症例報告」はゼロに近づいた。グループは、厚生労働省が検討する医療事故調査委員会の
発足後、行政処分や刑事責任の追及につながることを医師が恐れて萎縮(いしゅく)し、発表を控えたためと推測している。 
 グループは昨年12月中旬、国内の医学論文のデータベースを使って、06年1月〜07年10月に出された
副作用や合併症などに関する論文を探し、総論文数に対する割合を月ごとに調べた。
 その結果、国内では毎月、1万〜4万件前後の医学論文が発表され、一昨年から昨年前半までは
合併症の論文が全体の13〜17%あった。しかし、昨夏ごろから急減し、10月には約2%になった。
作用の論文も以前は4〜6%あったが、昨年10月には約2%に減った。
 特に、副作用の症例報告は、以前は1%前後あったが、昨年10月にはゼロになった。合併症の症例報告も、
以前は5〜9%あったが、昨年10月には0.1%しかなかった。
 厚労省は昨年10月、診療中の予期せぬ死亡事故の原因を究明するために創設する医療事故調査委員会の
第2次試案を公表した。死亡事故の国への届け出を医療機関に義務付け、調査報告書は行政処分や
刑事責任追及にも活用する場合もあることを盛り込んだ。10年度をめどに発足を目指している。
 上客員准教授は「副作用や合併症が報告されない状態が続くと、医学が発展せず、国民の被害は大きい。
リスクの高い診療科からの医師離れも促す。調査報告書は行政処分や刑事責任追及に使われないようにすべきだ」と訴えている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080127-00000010-maip-soci

医学論文 急減 処分恐れ医師ら萎縮?
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1201520485/

957 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 20:50:35
常識のレベルだぞ はずかしいぞお前>>955

958 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 20:52:46
論文の読み込みだけで脳内世界つくっちゃったんだろうね。カワイソス・・・

959 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 20:55:55
ストーカーウイルス学理論を支持する機関は存在しないことを
ストーカー自身が認めた瞬間

>879 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:53:34
> そのトンデモストーカーウイルス学を支持してる団体なり研究機関を
> 早く教えてくれよ。
>
>896 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:38:38
> >>879
> そんなのはない。

960 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 21:06:52

665 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2008/01/25(金) 05:16:18
>>646

キットでウイルスもどき(ウイルスの機能の一部を利用)を作ったからといって、正常なウイルスができたと思うピペ土脳
ノックアウトマウスが、人疾患のモデルになる(もちろん一定の限界内ではモデルとして使用可能なんだが)と思うのと同じ
おつむの弱い教授におだてられると半可通がこうなる(本当の自信はないけど、人の尻馬に乗って騒ぐのが得意)という典型だな

Fauciの河P痛烈批判をいまだに絶賛と信じて疑わない「自称英語自慢」(下記の反語表現が理解不能)と共通するものがある
"There aren't a lot of things that can induce that robust of an inflammatory response that quickly."

961 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 21:53:57
Fauciと言えば・・・

http://www.nih.gov/news/pr/jan2007/niaid-02.htm
"An effective H5N1 influenza vaccine would provide a potentially
life-saving advance against a global health threat," notes NIAID
Director Anthony S. Fauci, M.D."More broadly, development of this
DNA vaccine technology has the potential to improve our production
capacity for vaccines to prevent seasonal influenza and other diseases."

"This influenza vaccine trial is further evidence of the ability of
the NIAID Vaccine Research Center to rapidly translate basic
research into potential products," he adds."Our accelerated
effort to understand and find new solutions to pandemic
influenza is part of the NIAID commitment to respond to new
emerging infectious disease threats and to improve public
health preparedness."

962 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 22:27:22
河P批判者と、チーム河Pで、水掛け論になってらな
チーム河Pは、コピペの繰り返しだ罠

で、Fauciは、河P絶賛なの、痛烈批判なの?

963 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 22:32:26
坦々と事実を述べてるだけで、別にどっちでもないよ。

964 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 22:37:30
水掛け論というか
一方が苦し紛れにデタラメを口走る→突っ込まれる→話を反らしてまたデタラメを口走る→突っ込まれる・・・
以下無限ループ

965 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 22:43:57
>>675>>721
論文捏造疑惑、ひとつその肝心なところを認めてしまうと、ほかにも累が及ぶしな・・・ 悩ましいよな。
それが“感染”ではなく、単純な“異物反応”だとしてしまうとね。仲間の他のフルウイルス研究者の
論文にも傷がつくことになっちゃうしな。>>402>>438

>>906

966 :965:2008/01/28(月) 22:46:47
>>438
アンカー訂正
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1193310901/438

967 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 23:45:35
ストーカーウイルス学理論を支持する機関は存在しないことを
ストーカー自身が認めた瞬間

>879 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:53:34
> そのトンデモストーカーウイルス学を支持してる団体なり研究機関を
> 早く教えてくれよ。
>
>896 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:38:38
> >>879
> そんなのはない。

968 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/28(月) 23:47:58
>>962
河Pストーカーと同じことを言ってる研究機関が一つもないのにいちいち
まじめに突っ込むのは時間の無駄だから、このコピペで十分wwww

>879 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:53:34
> そのトンデモストーカーウイルス学を支持してる団体なり研究機関を
> 早く教えてくれよ。
>
>896 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:38:38
> >>879
> そんなのはない。

969 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 00:50:37
【ウイルスは】H5N1烏賊様研究チーム革Pズ【撲滅】

私たち人類とインフルエンザウイルスとのつきあいは、

有史以前からつづいている。

インフルエンザの流行を最初に記録したのは、

医学の父≠ニ呼ばれる古代ギリシャ人ヒポクラテスだ。

以来、多くの研究者がインフルエンザウイルスと闘ってきたが、

いまだ撲滅には至っていない。

(河岡義裕『インフルエンザ危機 (クライシス)』 「はじめに」)
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1198811399/228

970 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 00:54:02

622 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2008/01/24(木) 23:57:14
『もちろん医科研でも、パンデミックウイルスに変異するかもしれないH5N1鳥インフルエンザウイルスの
研究を進めている。2005年6月には、女性研究者を一人ベトナムの研究所に送りこんだ。
「H5N1亜型の鳥インフルエンザウイルスに感染した患者さんが急増している」
 という情報を確かめるためだ。現地の研究所では、PCRという手法を使ってH5N1ウイルスの存在を
確認していた。 (略) ただこの方法では、ウイルスの遺伝子は確認できても、生きたウイルスがいるか
どうかはわからない。そこで急遽、医科研の村本裕紀子さんを現地に派遣したのである。
 さて、村本さんがベトナムで実施したウイルス分離の実験では、鳥インフルエンザにかかった患者さんの
喉から採取した液からは、H5N1鳥ウイルスは分離されなかった。当初二週間の滞在を予定していたが、
それをのばしにのばし、40日以上にわたって連日実験をくり返しても結果は変わらない。こうして現場に
赴き、ウイルスが「採れなかった」と確認することも、私たちの世界ではひじょうに重要なことなのだ。
もうひとつ大きな収穫は、村本さんが、あまり英語の通じない現地の人との手振りでコミュニケートし、
これだけの期間頑張って仕事をこなしたことで、ひじょうに頼もしく感じた。』(p.140‐141)
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1198811399/622

【鳥インフルエンザにかかった患者さんの喉から採取した液からは、H5N1鳥ウイルスは分離されなかった。
当初二週間の滞在を予定していたが、それをのばしにのばし、40日以上にわたって連日実験をくり返しても
結果は変わらない。】

971 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 00:56:26
>Webster仮説が正しければ

「インフルエンザ危機(クライシス)」
 
p.61
『当時、北大でミンク実験に携わっていたのは、私の同級生で親しい友人でもある松浦善治氏である。
現在大阪大学微生物病研究所教授としてC型肝炎ウイルスの研究に従事している松浦氏は、北大時代
インフルエンザ研究グループの一員として、ミンクにブタや鳥のインフルエンザを感染させる実験に明け
暮れていたのである。
 (中略)
 この実験は成功し、ミンクもインフルエンザにかかることが確かめられた。結果は論文にもなり、学会
でも発表された。ミンクがインフルエンザにかかることが、世界で初めて実証されたのである。』
>>402

p.33
『ブタの呼吸器上皮細胞には、人と鳥のウイルス両方のレセプターが存在することを伊藤寿啓先生
(現鳥取大学農学部獣医学科獣医公衆衛生学教授)とともに私たちウィスコンシン大学のグループが
見つけた。このため一匹のブタが同じ時期に鳥インフルエンザとヒトインフルエンザに多重感染する
ことがあり、このときブタの体内でハイブリッドウイルスが誕生する。これが従来考えられていた、
新型インフルエンザ誕生のストーリーである。

 ドクター・ショルティセックがブタの関与説を発表した当時、まだこれを明確に検証する手立てはなく、
否定的な見方をする研究者のほうが多かった。この説を裏づける科学的根拠が得られたのは、90年
代に入ってからだ。1979年以降ヨーロッパの家禽類のあいだで流行していた鳥由来のウイルスと、人
のあいだで流行していたヒトインフルエンザウイルスがブタに感染し、1983年から1985年にかけてハイ
ブリッドウイルスが生まれた。このウイルスが、1993年になってオランダの子供に感染したことを、
私たちは明らかにすることができたのだ。』
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1193310901/438
---------------------------------------------------

その仮説を立証したことになってるのも全部キダ&オオツキ門下の人々
全部Fauci指摘の例の胡散臭い「感染」実験 >>569

972 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 00:59:24
人に感染できると言われている「鳥インフルエンザウイルスH5N1型」は、
革Pズ系ラボの外側に、本当に実在しているのだろうか?

973 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 01:04:08
>>972
「トリのH5N1型インフルエンザウイルスがヒトに感染したなんて
おかしい!」って言ってる研究者を教えてよ。


974 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 01:09:26

809 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2008/01/26(土) 21:16:49
分子生物学でも、ウィルス学は部外者だが
河岡の論文+関連海外論文を数種類、ペーパークラブで読んだところ
正直誰も再試で確認したとか、その結果に基づいて他のラボ(つまり
共著者に河岡が載っていない)の論文が見つからないんだよ。
ヒトと鳥の気管支上皮のシアリ酸結合形式の論文もそうだし。
peer reviewが成立するための土台がない分野としか思えん。でも、
だからと言って河岡ラボからの論文が捏造とはならんが。
>>809

975 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 01:12:52
>>973
挙証責任は「あるある」言ってその存在を言い出したほうにある。
通常、最初から存在がないものを、ないと証明するのは不可能。
俗に言う「悪魔の証明」を人につきつけるのは科学者にあるまじき作法だね。

976 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 01:33:39
そのウイルスの真偽やあるかないかよりも、もっと重大な疑惑は、例のマカク感染実験において、
気道内における単純な異物反応を、つまりはウイルス感染症ではない症状を、
ウイルス感染だとし、さらには「サイトカインストーム」などという、新たな劇症名まで捏造して、
さらには致死率まで捏造し、さもさも、1918ウイルスの再現に成功したかのようにみせて、
それがこれまでのインフルエンザ感染とは異なる激しい感染症が起こっていたと言わんばかりの
結論を導いていることだ。>>7>>9
なぜにそこまでして、スペイン風邪を、未曾有の特別なものが起こっていたことにしたのかね?
かなり作為的な結論を導くことをしてはいないかね?


日本を襲ったスペイン・インフルエンザ―人類とウイルスの第一次世界戦争 速水 融 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4894345021
強毒性新型インフルエンザの脅威 岡田 晴恵 (編集), 速水 融 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4894345277

977 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 01:55:01

>879 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:53:34
> そのトンデモストーカーウイルス学を支持してる団体なり研究機関を
> 早く教えてくれよ。
>
>896 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:38:38
> >>879
> そんなのはない。

978 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 01:55:39

>879 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:53:34
> そのトンデモストーカーウイルス学を支持してる団体なり研究機関を
> 早く教えてくれよ。
>
>896 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:38:38
> >>879
> そんなのはない。

979 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 02:01:11
ピペド脳乙

980 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 02:03:43
所詮、灯台享受も、カネで飼い馴らされた犬だったということか・・・

981 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 02:09:30
誰も支持者がいない自分の説が正しいと言い張るストーカーwwwwwww

>879 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:53:34
> そのトンデモストーカーウイルス学を支持してる団体なり研究機関を
> 早く教えてくれよ。
>
>896 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:38:38
> >>879
> そんなのはない。


982 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 02:15:49

【Websterオルソミクソウイルス学派オカルトチーム革Pズ 総花ウイルス学の常識的なこと】

(1)人獣共通で感染するものもいれば感染しないものもいる。すべてが人獣共通ではない。が、人獣共通感染ウイルスは確実に存在する。
(2)種特異性とは、必ずしも感染できる種が1種類ということではなく、感染できる種を複数持つウイルス(しかし種特異性はある)は珍しくも何ともない。
(3)ウイルスは種のバリアを超えることは稀だが皆無ではない。たまに変異することがあり、宿主を変えたり宿主間においてリアソータントで進化することもある。
(4)遺伝情報さえあれば分子生物学を駆使してウイルスは人為につくることが可能で実験室でその感染実験は確認検証済み。
(5)オルソミクソウイルスは、シークエンスの相同性を調べた結果、HとNの型が一致すれば各種動物において同じ起源をもつ人獣共通感染ウイルスが進化したものである。
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1198811399/712

補記)
・ウイルスの危険性や人類に対する脅威を鑑みれば、hostrange(宿主域)はでき得る限り広く想定しておく必要がある。
・病気や疾病疾患が見あたらなければ、そのエリア内においては、ウイルスが存在しない「清浄化」地域としておかなくてはならない。
・ウイルスはエイリアンだからとにかく排除、根絶、撲滅、制圧、清浄化が人類がウイルスに対してとるべき基本的な思想と姿勢である。
・ウイルスはあくまでも外部(宇宙?)からやってくる。


【医療】「スペイン風邪」を人工合成、鳥インフル解明に道筋
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1169122599/501

983 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 02:17:37
誰も支持者がいない自分の説が正しいと言い張るストーカーwwwwwww

>879 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:53:34
> そのトンデモストーカーウイルス学を支持してる団体なり研究機関を
> 早く教えてくれよ。
>
>896 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:38:38
> >>879
> そんなのはない。

984 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 02:19:18
年間20億円つぎ込んで、世界の笑い者
人質に身代金をつけて差し出し、検体をいただこうという目論みも、捏造研究者の食い物に
全日本の捏造系感染症研究者、捏造の拠点阪大微研に勢揃い

---------------------------------------------------
文部科学省「新興・再興感染症研究拠点形成プログラム」
新興・再興感染症に関するアジアリサーチフォーラム
Asian Research Forumon Emerging and Reemerging Infections − 2008

開催日:2008年 1月28日(月)−29日(火)
場所:関西空港会議場・ホテル日航関西空港(大阪府泉佐野市)
主催:文部科学省、独立行政法人理化学研究所 感染症研究ネットワーク支援センター
共催:国立大学法人大阪大学微生物病研究所
協賛:
 国立大学法人長崎大学熱帯医学研究所、国立大学法人東京大学医科学研究所、
 国立大学法人北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター、
 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究所、国立国際医療センター、
 国立大学法人岡山大学、国立大学法人神戸大学医学部附属医学医療国際交流センター
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/01/08012201.htm
http://www.crnid.riken.jp/jpn/event/index.html
http://www.crnid.riken.jp/jpn/event/pdf/080128_j.pdf
---------------------------------------------------

捏造歴50年の東大名誉教授が組織したのは、捏造率80%のアジアリサーチフォーラム
20〜30年の捏造歴を誇る研究者の発表を、みんな、聞きに来てね
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/material/1198997146/105-106

985 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 03:50:14
立てますた 次はこちらへどぞ

【世界の】東京大学医科学研究所【医科研】A
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1201546095/

986 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 04:40:39
>>821
(6)ウイルスはもともと自己増殖能あるRNAやDNAが自立して生き物みたいになったもの
(7)ミトコンドリアも、もともとはウイルスだった。こわい
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1169122599/480

チーム革Pズの方々は、これ完全否定はしないような希ガス・・・

「自己増殖能あるRNAやDNA」とか、「ミトコンドリアも、もともとはウイルス」とか、
なんかそんな妄想を事実に思いたがっているんじゃあるまいか?

じゃなきゃ、かようなヘンな「感染」(実際は単純な異物反応)を、
あたかも人工ウイルスがおこしてた「感染」とみなすような過ちをおかさないのではないか?

987 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 08:40:46
河岡さんの人造ウイルス感染実験だが、「実は、異物反応説」が、根強いねえ
トンでもないねえ
ちゃんとウイルス学学んでないからねえ

988 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 13:05:28
>>974
 
おいおいw 
>>809なんてどこの馬の骨かも知らんヤツを引用するなよwww
 
テメーでPubMed調べりゃそいつの言うことが本当かどうかすぐに分かるだろうにwww

989 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 13:45:44
「H5N1は実は人に感染してない」「1918ウイルスは実はマウスや
サルに感染してない」なんて言ってる奴がいたら、論文を教えてください。
いっとくけど、前者は河岡グループとは全く関係ない話で、後者は
ストーカーが嬉々として引用してるGarcia-Sastreがマウスへの感染実験を
した張本人だからwww


990 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 15:59:25
>>989
PCR またの名を サイコチェーンリアクション

あまり下手こいて、ばれることしてくれるなよチーム革Pズ、
っていう警告のようなもんじゃないか、例のWPの記事。

991 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 16:20:52
ただの異物反応だって言ってるはずのGarcia-Satreの名前の入ったグループの論文
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17006449?ordinalpos=35&itool=EntrezSystem2.PEntrez.Pubmed.Pubmed_ResultsPanel.Pubmed_RVDocSum

Garcia-Sastreとその仲間のグループは1918ウイルス株がマウスに感染したって
明記してるよwwww

We found that mice infected with a virus containing all eight genes
from the pandemic virus showed marked activation of pro-inflammatory
and cell-death pathways by 24 h after infection

992 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 16:21:29
誰も支持者がいない自分の説が正しいと言い張るストーカーwwwwwww

>879 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 17:53:34
> そのトンデモストーカーウイルス学を支持してる団体なり研究機関を
> 早く教えてくれよ。
>
>896 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/27(日) 19:38:38
> >>879
> そんなのはない。


993 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 16:39:11
>>989
>「H5N1は実は人に感染してない」「1918ウイルスは実はマウスや
>サルに感染してない」なんて言ってる奴がいたら、論文を教えてください。

それより大事なのは、第三者が再現できるかどうかのほうではあるまいか?
「peer reviewが成立するための土台がない分野」>>809ってのはやっぱまずいよな。

>「H5N1は実は人に感染してない」

それが事実として証明されることになるには、とにもかくにも起こったと言われているヒトからの、
「鳥H5N1」が分離されてこそである。けっしてPCR陽性とかではなくてね。
ところが、どうやらその検体はまだこの世に存在しているという公式の事実はないらしい。
いつもウヤムヤになっている。あるのは野鳥や家きんから分離された鳥由来のH5N1型だけ。
(ひょっとすると、ヒトH5N1型がもうすでに存在しているのではないかと疑っている。
大した病気を起こすことなくね。)

>「1918ウイルスは実はマウスやサルに感染してない」

これで問題なのは、再現したという1918ウイルスが、本当にウイルスとしての増殖活性を有していたのか、
つまりは本当に「ウイルス」なのかということ。

994 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 16:40:23
(次スレ)
【世界の】東京大学医科学研究所【医科研】A
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1201546095/

995 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 16:42:33
チーム革Pズは、オルソミクソウイルス学会の不正を暴く正義の味方だ(笑)

996 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 16:59:48
>ヒトからの、「鳥H5N1」が分離されてこそである。
わざと忘れたふりをしてるのか?
それとも自分の都合の悪いことは目に入らないキチガイなのか?
前に論文挙げてやっただろwwwwwwwwwwwwww
シークエンスだってされてるぞ。


997 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 17:07:33
>>996
これでつか?

Characterization of an avian influenza A (H5N1) virus isolated from a child with a fatal respiratory illness.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=9430591&dopt=Abstract
>>13

鳥から感染した証拠がないのでは?

それと、いまインドネシアでおこっているのなら、ベトナムとかタイとかじゃなくて、
インドネシアの検体が確実にとれていてもおかしくないのだけれど・・・

あんなにおこってるっていうわりには、ヒト分離の「鳥H5N1」ってとれてないみたいよ。

998 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 17:09:46
人のありきたりのインフルエンザの流行と、「鳥インフルエンザ」の情報が
ごっちゃにされてるんじゃないのかな?
伝言ゲームみたいにあやふやな情報に変容して。

999 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 17:19:48
カワオカ先生、もうウソをつきつづけるのはやめなよ。
いくらオルソミクソウイルス委員会の長として組織をかばう立場にあるからといってもね。
あまりにもおかしな独創的すぎるウイルス学世界を構築しちゃってるよ。

1000 :名無しゲノムのクローンさん:2008/01/29(火) 17:21:11
1000だ、満男。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

340 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)