5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆生物学専門家への質問はここに書き込めPart27◆

1 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/14(月) 10:32:25
生物に関するちょっとした疑問はここに書き込んで、数日レスを待ちましょう。

実験の待ち時間でヒマしている研究者の方々、科学・生物ファンのみなさま、
適宜、質問に答えてあげてください。

■生物学の各種質問スレも併用下さい
http://find.2ch.net/?TYPE=TITLE&COUNT=50&STR=%BC%C1%CC%E4+board%3A%C0%B8%CA%AA

■進化に関する質問はこちら
http://find.2ch.net/?STR=%BF%CA%B2%BD+board%3A%C0%B8%CA%AA&COUNT=50&TYPE=TITLE
 ・進化論は本当に正しいの?
 ・素人に進化学を語るスレ
 ・未だに進化を誤解している人が大半の件について ほか

■いきものについてはこちら
 昆虫、野生動物板  http://science4.2ch.net/wild/
 野鳥観察板 http://hobby5.2ch.net/bird/
■医学・医療についてはこちら
 身体・健康板 http://life8.2ch.net/body/
 医歯薬看護板 http://school6.2ch.net/doctor/

前スレ
◆生物学専門家への質問はここに書き込めPart26◆
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1208607739/
◆生物学専門家への質問はここに書き込めPart25◆
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1196814899/
◆生物学専門家への質問はここに書き込めPart24◆
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1173230594/
◆生物学専門家への質問はここに書き込めPart23◆
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1167302230/
◆生物学専門家への質問はここに書き込めPart22◆
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1162375329/

2 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/14(月) 12:15:00
RNAiで機能するargonauteは別名EIFですが、
切断をするのに転写を開始するって矛盾しませんか?
両方の役割を担えるんですか??


3 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/14(月) 17:41:08
酵母に使えるユニバーサルプライマー教えてください

4 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/14(月) 19:10:34
出生後には細胞数が増加しない器官って何ですか?


5 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/15(火) 01:02:00
>4
> 出生後には細胞数が増加しない器官って何ですか?
出生後・・
分かりません。

6 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/15(火) 09:12:06
>>4
脳細胞じゃね?

7 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/15(火) 10:59:12
!!ありがとうございます!!

8 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/15(火) 12:25:08
正常なRasって何してるか教えてください。論文でもいいです。

9 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/15(火) 12:32:37
アデニリルシクレースの活性化

10 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/15(火) 12:39:24
>>9
MAPKとかPI3Kにシグナル伝わってるんでしょうか?

11 :あや:2008/07/16(水) 08:38:21
シダレザクラってどうしてしだれているのでしょうか?

12 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/16(水) 15:48:16
>>11
「ありがとう」でまた同じ質問かよw失礼じゃねーか?おい

突然変異などで、枝の支持力が弱い個体ができて、それを品種としたからだよ

ヤナギだって、シダレヤナギ、その亜種のロッカクヤナギ、ウンリュウヤナギしか枝垂れていない
ヤナギ属は日本に約50種(ヤナギ属は雑種を作りやすいから、それもカウントすると400種とも)、世界で約300種あるが
枝垂れているのは上記の種くらいのもんだ

13 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/16(水) 23:03:51
水分含んじゃった塩化マグネシウムってどうやって計量したらいいの?

14 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/16(水) 23:23:30
>>13
乾かせばいいじゃねーか。
摂氏116度以下で乾燥させれば6水和物だ。
暇ならキレート滴定でもして調べろw

15 :けい:2008/07/17(木) 01:45:21
バイオアイソスター(生物学的等価体)?っていうのをガイダンス授業の課題で出されたのですが、
調べてみても「生物学的等価性を使った・・・」としかなくてよくわかりません。
面白いレポートを書けといわれたのですが…

わからないので教えてください。ヒントだけでも…お願いします

16 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/17(木) 02:19:43
ヒント:教科書や参考書をよく読むこと
    飲用されている文献や論文に目を通してみること

設問の意味すらわからないのに、それを聞いたところで、オリジナリティのある「面白いレポート」は完成しない

17 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/17(木) 02:40:59
>>15
君がなにを聞きたいのかもわからない

18 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/17(木) 03:29:01
>>16
それじゃあヒントになってねーよww調べてみたって言ってるじゃねーかwwまあ、聞いちゃ面白いのはできないのは同感だがww
>>17
理解力なさ過ぎww


バイオアイソスターとは医薬品の分子設計で、活性分子の一部の原始団などを他の原子団と置き換えて効果が強くなるような新しい分子設計を作ること
だったはずですよ

間違えてたらスマン

19 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/17(木) 03:50:52
>>18
おまいさんの3行で説明できる内容なんだから、教科書や文献に載ってないわけがない
それすら見つけられなかったのは「調べた」うちには入らない
それだけのカス脳みそしか持ってないのなら、教科書から入るのが当然の理屈かと

20 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/17(木) 17:22:23
今度の学会で細胞がアノイキスを起こすことを報告するのですが、
「アノイキス」という言葉を使うべきなのか、
「アポトーシス」と言ってしまったほうが無難なのか迷っております。
(アノイキスと日本語検索すると87件しか出ないため)
学会自体は材料系で、その中で生体材料系のセッションなのですが・・。
ご助言をお願いします。

21 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/17(木) 18:34:03
>>20
ヒント:ニュースでの 「北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国では〜」 の読み方

22 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/17(木) 19:54:04
>>21
ありがとうございます。
注釈を加えてしまえばいいのですね。
釈迦に説法になっては困ると思っていました。
この分野で学会に出るのは初めてなので様子が良く分からないのです。

23 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/18(金) 20:53:59
中学校で細菌は植物、アメーバは動物と習った覚えがあります。
でも二界説は百年以上前に否定されましたよね。
なんで嘘を教えるんでしょう。
原子はそれ以上分けられないと教えるのは(イオンや放射能は未習なので)近似的には間違ってないからまだ良いですが
細菌を植物と言うのは、近似的、暫定的なものですらない言葉の定義の誤りだと思います。
なぜ誤りを教えてるのでしょう?今でもそう教えてるのかな。

24 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/18(金) 21:13:37
ヒヨコ−ヒヨコのホモジネイト=?

25 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/18(金) 21:52:35
>>23
その方がわかりやすいから。
今は高校では五界説教えるけど、これもすでに過去の産物。でも、それより新しいのを教えるのはかなり難しいよ。

26 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/18(金) 22:07:49
生物系志望の高3です
学校では物理しかやりませんが大学入ってから苦労しませんか?詳しくお願いします

27 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/18(金) 22:25:12
>26
> 学校では物理しかやりませんが大学入ってから苦労しませんか?

生物Tも、履修してないんですよね?
間違いなく、苦労しますよ。

生物を履修してこなかった学生向けに、高校レベルの生物の講義をする
大学もありますけどね。

28 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/18(金) 22:28:09
MHCは個人間で多型に基づく抗原性をしめすから、タイピング出来るほど
の特異性を持った抗血清が歴史的に得られてきたんですよね?
だから、ネガティブセレクションをまぬかれた特異的ナイーブTにレシピエント
MHCクラスII拘束性に多型部は抗原として提示されますよね?
では、多型どころでない多様性を示しつつTネガティブセレクション時に
抗原として提示される可能性があまり考えられないBCR/抗体の可変部に
対して、CTLはかなりの確立で出現しほとんどのB細胞をぶっ殺すんじゃ
ないでしょうか?

29 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/19(土) 02:51:26
これどーよ?

http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51324312.html

30 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/19(土) 03:21:12
>>27
俺も高校物理だったけど苦労はしなかったな
本人のヤル気と興味しだいだろ
高校生物は高校物理を一からやるよりは簡単だしな

31 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/19(土) 03:55:21
質問させてください

アデノシンシクラーゼについて教えてもらえませんか?

32 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/19(土) 04:10:17
>>26
オラっちも高校で理Iすら生物履修してなかったけど、>>30氏の言うとおり
ヤル気興味好奇心と、それにかけるエネルギーがあればおk

高校では物理化学だけ履修してたのに、センターの点数が生物>化学>物理だった件 orz

>>27
大学で高校レベル講義をするのは、学生から見たら助かるのかもしれんけど、大学の存在意義から見るとマイナスでしかない

33 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/19(土) 04:12:44
>>32
薬学部の人でつか?

34 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/19(土) 05:38:54
>>33
農ですた
大学に入ったときは般教で、1年半後で医学部以外の理系学部ならどれでも選択できる状態(だった時代・・・古いですw)
高校時代はバイテクに憧れて薬か農のどっちか志望だったけど
終着地は全く別の場所へw

生物の基礎がまるでなかったから、大学入ってから独学してなんとか追いつく程度だった
やっぱり好きでないと頭に入らんね

35 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/19(土) 10:40:28
肋間筋でなぜ呼吸が可能なのか説明せよ。
横隔膜を通過するものを答えよ。


36 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/19(土) 10:41:24
高校の生物なんてわからんとこが出てきたら調べる程度で充分だろ。

37 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/19(土) 10:54:50
>>35
質問するのに命令口調が気に入らん

38 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/19(土) 18:04:21
質問したいんですが
薄いNaCl溶液に溶けた20塩基対のDNA分子に凝集したNaイオンの個数の平均値はどうなるのでしょうか?



39 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/19(土) 18:11:28
トリプシンをD体アミノ酸で合成した場合にL体アミノ酸で合成したものと比べて反応速度はどうなるんでしょうか。
あとどんな物質に対して触媒活性を持つのでしょうか(D体の方)。
わかる方がいましたらお願いします。

40 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/19(土) 18:19:11
39ですがこれは生物っていうより化学っぽい質問かもしれません。スレチですいませんでした。

41 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/19(土) 20:48:26
亀だが>>23へ、>>25氏の補足を

二界説が「否定」されたというのは間違いだよ。
5界説のほうが「より実状に即している」だけ。

ニュートン力学は近似的な式に過ぎないんだから中学から相対性理論教えよう!
なんてのは暴論でしょw

42 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/20(日) 00:09:18
質問です。
熱中症の対策で、水分の他に塩分があると良いようですが、
アスコルビン酸ナトリウム(ビタミンC)入りの飲み物で効果はありますか?
塩化物イオンも必要ですか?

43 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/20(日) 03:30:46
>>42
何もなければとりあえず水。熱中症になったらとりあえず水
確かに、汗で水分が奪われていくから、イオンの補給は大事
Naイオンが一番多いから、食塩水でもいいんだが
血液のイオン濃度に近いものが適している。ポカリとかアクエリアスとか

糖分とりたくないならOS-1というのもある。ポカリから糖分抜いたようなもの。1本2,300円するのが玉にキズ

日光にあたるとビタミンCも消費されるから、アスコルビン酸Naでも真水よりかはましだけど
汗で奪われるNaイオン(食塩が多いけど)はもっと多い。アスコルビン酸NaだけでNaイオンとろうとするとビタミンC過剰摂取になっちまう
自作するなら食塩水+「にがり」を少量加えるといいと思う。これだとK、Ca、Mgイオンも補給される

44 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/20(日) 07:18:38
遺伝型と遺伝子型ってそれぞれ意味が違うの?

45 :42:2008/07/20(日) 09:07:16
>>43
ありがとうございました。
普通のと、ビタミン入りのアクエリアスのNaの量が違うので
迷いましたが普通のを飲むことにします。

46 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/20(日) 12:55:55
>>45
商品になってるのなら大差はないと思う
好きな味を飲んでおけ。つか安い方でもいい

炭酸入りのポカリ系飲料が3年前に出てたんだが(NaHCO3って奴)、すごく好きだったんだが単年限定品だった
今でも残してある(期限切れてるけどw)、炭酸抜けてないからまだ時々飲んでるw

47 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/20(日) 21:49:20
すみません、

マウス(wild type/SCID/nude)から
心採血してとった血清を還元剤でジスルフィド結合を切って電気泳動し
western blottingによって発色させて免疫グロブリンの分子量を求める、
という実験をしてレポートを書く事になりました。

実験結果と文献から分かるマウス免疫グロブリンの分子量を比較しようと思うのですが
どのような文献やサイトを探せばマウス免疫グロブリンの分子量が分かるでしょうか。
出来るだけ権威のあるような(論文等で引用しておかしくないような)
文献やサイトを教えていただけると嬉しいです。

48 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/20(日) 22:18:51
◎biosisやmedlineで検索
◯試薬会社のグロブリンの分子量を探す
◯ググる(英語でも)
△Yahoo知恵袋で聞く
×「答えも教えてくれないんですか」とブチ切れる

49 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/21(月) 09:48:38
いやいや、質問スレですから

50 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/21(月) 10:30:19
交換神経幹って何のためにあるのでしょうか。
副交感神経のように、幹をつくらなくても情報伝達はできる上、
幹があるが故にシナプスを多く介さなくてはいけないので時間がかかってしまうと思うのですが。

51 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/21(月) 12:27:58
交感神経系には微妙な調節が必要なのだよ


52 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/21(月) 13:50:41
>>48
ありがとうございます。

53 :50:2008/07/21(月) 17:25:39
お返事ありがとうございます。
微妙な調節は副交感神経も同様に必要なのでは。
具体例はありますか。

54 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/21(月) 18:20:15
交感神経幹で必ずsynapseしているとは限らないし
(素通りして内臓の方に行く神経もある)
交感神経幹内は色んな高さの脊髄神経が上行したり下行したりしてるから
意味がないことはないんじゃないかなあ。synapseの意義はともかく、
少なくとも高速道路のジャンクションとかの立体交差くらいの意義は在ると思うけど。

55 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/21(月) 22:44:00
速度を気にしてるんなら、自律神経はどっちも低速の無随神経だよ
それで機能的に十分なのだろう

56 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/21(月) 23:23:07
というか自律神経って主に内臓を支配してるんだから
はっきりいって数秒ラグあっても全然問題ないと思う。
まあ実際は数秒もないけどね。

57 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/22(火) 16:47:10
エッセンシャル細胞生物学をマインドマップでまとめたプロはいらっしゃいますでしょうか。

58 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/22(火) 19:53:36
レポート提出忘れてました(´・ω・)よかったら教えてください。半分はできたのですが、半分できてません。
真核細胞の分化の全能性についてカルスとES細胞で説明せよ。
動物細胞の単離と培養法。
動物細胞を用いた有用物質の生産例。
グルタミン酸発酵の成立の要因(代謝制御工学の観点から)説明せよ。
この4つがなかなかわからなくて間に合いそうにないです(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
よかったら助けてください(゚ω゚)自分もわかり次第答えを書いていこうと思います。
よろしくお願いします。

59 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/22(火) 22:39:15
>58
良いレポート課題だね。勉強したくなるね。

答えは、まだ?

60 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/23(水) 17:43:20
ヒトの眼の色の遺伝について知りたい
何色の目のヒトと何色が交配したら何色の眼の子が生まれる、とかそういうの

なんかいいサイトない?

61 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/23(水) 17:57:52
まとめるほどの規則性があるかね
大雑把でいいなら基本的に濃いほうの色になる

62 :(*´ω`):2008/07/23(水) 18:33:03
PCRにおいて、試料以外に必要な試薬(緩衝液を除く)を3つ挙げよ! って問題があるんですけど、わからなくて… 誰か教えて下さい。

63 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/23(水) 18:35:53
オリゴDNAプライマー
dATP,dGTP,dCTP,dTTP
Mg++イオン
高温耐性DNAポリメラーゼ

あれ?4つ、、、、、

64 :(*´ω`):2008/07/23(水) 19:05:12
そんなにあるんですか!?

65 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/23(水) 19:38:15
時と場合によっては硫酸イオン(KODは必要)とか
DMSO(高次構造をとる、GCリッチのDNAテンプレート)を入れる

66 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/23(水) 20:05:31
58です。なんとかなりそうでならなかったので、友達のをうつさせて貰いましたw
提出が来週の月曜日なので、じぶんなりに勉強してみます。

67 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/23(水) 21:01:39
ヒトの場合、遺伝子の総数 約3万<<タンパク質の総数 約10万
このようなことがおこる理由はなんなんですか。
選択的スプライシングが原因だということはわかるのですが、
イマイチピンとこないので教えていただけると嬉しいです。

68 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/23(水) 23:41:42
>67
> 選択的スプライシングが原因だということはわかるのですが、
> イマイチピンとこないので教えていただけると嬉しいです。

生物学者の俺も、イマイチピンと来ませんねw。
本当に、不思議です。

69 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/23(水) 23:48:17
その数には翻訳後修飾も含まれるのかな.

70 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/24(木) 00:35:45
>>67
その数の出典はどこから?
抗体のrecombinationを考えたらそんなもんじゃすまない気がする。

理由としてはgene(結果としてゲノム)が長くなれば複製ミスの可能性が大きくなるから、
出来るだけ小さいサイズで済ませようとしている可能性はあるな。
遺伝子レベルによるエラーは致死の可能性があるけれど、
翻訳後のタンパクの不活化なら正常なタンパクも出来ている限り
クリティカルじゃないし冗長性を増すことにもなるからな。

71 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/24(木) 00:56:57
かなりの部分が免疫系の抗体分子とかじゃないの?
これは数に入ってないのk七。良く知らんけど。

72 :67:2008/07/24(木) 00:57:48
>>70
大学の授業でそう習ったんですよ。

答えてくださってありがとうございました。

73 :71:2008/07/24(木) 01:08:33
すごい変換ミスだったので訂正。
>数に入ってないのk七

>数に入ってないのかな

最近は人の遺伝子(DNA配列中のタンパクコード配列)の数は
約22,000程度だと言われてますからそっち覚えた方が良いかも。
人類遺伝学とかそういう専門科目ではそう習う。大した問題じゃないけどね。

>>70
同じような理屈で、一つの遺伝子に複数の機能を持たせると、
一つのミスが致命的になり得るから遺伝子の数は多くして
冗長性を持たせるべきだ、ってことも言えると思うけど。
ものは言いようみたいなもんなんであまりこういう議論に意味は無いと思う。

74 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/24(木) 02:20:10
微生物でできるだけDNA鎖を短くする必要のある生物は、冗長性が少ないけど
その膨大な繁殖力でそれを補っているわけだし
大まかな傾向として、多細胞生物や複雑な器官を持つ生物種は総DNA鎖が長くなる傾向はあるわな
寿命が長いし、冗長性が必要となってくるわけだし

ウイルスとかの遺伝子の配置とか見ると、ものすごくコンパクトで無駄がない。あれは芸術の域に達している罠

75 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/24(木) 19:21:31
正二十面体のウイルスは三角形面からなるから
3種類のたんぱく質で構成されてるという説明を受けたのですが、なぜ三角形面から構成されると
三種類のたんぱく質で事足りるのでしょうか?


76 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/25(金) 09:24:09
NADH酸化酵素の活性測定のできるキットを探しています。
どんなものでもかまわないのでご存知の方は教えてください。

77 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/26(土) 01:15:09
各臓器における、あるタンパク質の機能を個別に調べるために、
特定の臓器だけに、特定のタンパク質の遺伝子をノックアウトさせる方法ってどんなのがありますか?


78 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/26(土) 07:03:10
>>77
宿題は自分でヤレ

原子力で動く潜水艦をミクロサイズまで小さくして、標的細胞付近で焼き切る
酸素が足りなくなったら肺で補給
涙腺から脱出

ってテレビで見た

79 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/26(土) 13:51:29
>>78

宿題ちゃう

答えのない院試の過去問だ


siRNAを特定臓器に注入とかでできんのかな?
考えたけど自信ない・・・。

実際にノックアウトマウスとか作ってる人いたら答えて・・・

80 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/26(土) 15:18:33
コンディショナル・ノックアウトって聞いたことないか?

81 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/26(土) 16:22:14
>>80

その用語初めて聞いた・・。

初めは、発生の時点で遺伝子をノックアウトすればいいかと考えたけど、
それじゃあ全臓器で特定タンパクの発現がなくなるから違うかと思ってた・・。

個体が成熟してから遺伝子操作ってどうすんのだ・・

コンディショナル・ノックアウトの方法を簡潔に書いたサイト見つかんないわ・・・

82 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/26(土) 16:24:30
発生の途中まで普通に発現させといて,ある段階で発現をきちんと止める手法はあるかってことか.
俺も知りたい.

83 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/26(土) 16:30:51
研究室の本で、「Cre-loxP system」までたどりついた。

発生が進んだ後で、組み換えを起こすCre酵素を発現させるって・・・・

これって学部4回生が知ってて当たり前の知識なのか!?


84 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/26(土) 19:31:48
ミクロの決死隊は知らないのか・・・ orz

85 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/26(土) 20:36:42
DNAと遺伝子の違いって何なんですか?
あと遺伝子はどうやって情報を保っているんですか?

86 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/26(土) 22:50:13
DNAは物質の名前で遺伝子は抽象的な遺伝される何か.
遺伝子は情報をDNAの分子の結合した配列として保存している.

87 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/26(土) 23:05:38
原核生物と真核生物では
タンパク質合成をする際にどのような点が
異なるんでしょうか?

88 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/26(土) 23:07:41
>>87
まだ夏休みは長い
ワトソンクリックの論文から読んでみようか

89 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/26(土) 23:29:51
>>88
いや期末の範囲でどう調べればいいのやら困っているんです。
ワトソンの論文検索しても見つからないので分かりませんが
ワトソンは二重螺旋構造についての論文を作ったんですよね。
そこにタンパク質合成の違いが載っているんでしょうか?

90 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/26(土) 23:32:15
>>87
それくらい、どの細胞生物学の本にも載ってるだろ・・・

91 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/26(土) 23:36:08
>87
> タンパク質合成をする際にどのような点が
> 異なるんでしょうか?

少しヒントをあげるね。

ラリアット、
プロレスの技だな。

92 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/26(土) 23:38:36
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&lr=&q=%E5%8E%9F%E6%A0%B8+%E7%9C%9F%E6%A0%B8+%E7%BF%BB%E8%A8%B3+%E9%81%95%E3%81%84&start=20&sa=N

93 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/26(土) 23:44:21
植物はココじゃ駄目?
最近の異常気象で真冬1月ごろにタンポポ咲いてたし、今7月末なのにうちの近所の田んぼにポツポツとタンポポ咲いてる
コレって変じゃね?

94 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/27(日) 00:00:35
>93
> 植物はココじゃ駄目?
OKですよ。

> 最近の異常気象で真冬1月ごろにタンポポ咲いてたし、
>今7月末なのにうちの近所の田んぼにポツポツとタンポポ咲いてる
> コレって変じゃね?

変ですね。温暖化で、植物の開花時期がおかしくなってるのは、事実です。

ただ、7月末に咲いてる花は、コウゾリナじゃないかな?

95 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/27(日) 01:09:39
セイヨウタンポポは結構だらだら咲いてる。

96 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/27(日) 01:25:29
おととしだかに、6月末にツクツク鳴いていたのには吹いたw

97 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/27(日) 01:41:45
ケトン体ってのはケトンを持ってればいいってわけじゃないんですか?
アセトン、アセト酢酸、3ヒドロキシ酪酸しか教科書に載ってないんですが…

98 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/27(日) 02:52:55
ケトンとカルボニル基とカルボキシル基とカルボン酸とエステルあたりを調べておけ
ケトエノールあたりも調べるといいだろう
夏休みは始まったばかりだ

99 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/27(日) 06:54:48
>>94
レスサンクス やっぱ変ですよね
コウゾリナじゃないですやっぱタンポポ 西洋か日本かよく見て確かめるか(・x・;)

100 :名無しゲノムのクローンさん:2008/07/27(日) 12:19:18
飢餓状態では何でアシルCoAの量が増加するのですか?

300 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)