5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

筋肉の収縮について

1 :名無しゲノムのクローンさん:2009/02/14(土) 13:21:06
筋肉の等張性収縮には「伸張性収縮」と「短縮性収縮」がありますが、一つの筋肉が短縮性収縮を起こしているときにはその拮抗筋は必ず伸張性収縮を起こしているのでしょうか。
お詳しい方、よろしくお願いいたします。

2 :名無しゲノムのクローンさん:2009/02/14(土) 17:20:39
>>1
ここはお前の宿題を解くような場所じゃない。
素直に先生に聞いて来い

3 :名無しゲノムのクローンさん:2009/02/14(土) 17:21:47
>>2
先生なんていないぞ。社会人だから。

4 :名無しゲノムのクローンさん:2009/02/14(土) 18:58:14
掛かり付けの外科医に訊いてみたら?

5 :名無しゲノムのクローンさん:2009/02/14(土) 19:55:09
反射弓が正常に働いてたらそうだけど、ヘルニアとか脊椎症で反射弓が正常に働かないときとか、ストリキニーネとかで伸筋屈筋ともに収縮するよ

6 :名無しゲノムのクローンさん:2009/02/15(日) 11:28:51
デファンスが強すぐる・・・

7 :名無しゲノムのクローンさん:2009/02/17(火) 13:12:36
>>5
情報ありがとうございます。感謝いたします。

8 :名無しゲノムのクローンさん:2009/02/17(火) 13:57:16
終わり?

後どーすんだ!責任取れw

9 :名無しゲノムのクローンさん:2009/02/17(火) 16:04:14
では短縮痛というのはどのようなメカニズムで発生するんでしょうか。

10 :名無しゲノムのクローンさん:2009/02/17(火) 16:08:46
損傷部の硬結化による機械的刺激、あるいは持続的な虚血に続発する。

11 :名無しゲノムのクローンさん:2009/02/17(火) 16:36:37
>>10
ありがとうございます。もう少し詳しく教えていただけますか。
発痛物質がでるメカニズム、伸張された痛みの発生との違いなど。

12 :名無しゲノムのクローンさん:2009/02/17(火) 17:08:40
>>11
発痛物質の機序はおそらく同じ。
キニンとかエイコサノイドのことを多少勉強したらわかると思う。

13 :名無しゲノムのクローンさん:2009/02/17(火) 17:43:21
自動的に(自分で)筋肉を短縮性収縮させると痛みが出るのは想像できますが、
他動的に短縮させて痛みが出る、しかもこの痛みがもっとも強いというのは
どうもイメージできません。

14 :名無しゲノムのクローンさん:2009/02/17(火) 17:47:01
理学療法か何かの方?

15 :名無しゲノムのクローンさん:2009/02/17(火) 17:49:21
そうです。

16 :名無しゲノムのクローンさん:2009/02/17(火) 18:16:04
運動神経を介した収縮では、筋紡錘や腱装置からの伝導をうけて、あるいは上位からの疼痛への予防的に運動ニューロンへの抑制がかかり、収縮が加減されるけど、外力による場合それが無いからではないでしょうか。

17 :名無しゲノムのクローンさん:2009/02/17(火) 19:45:06
なるほど。そう言われると他動的に短縮させて出る痛みが強いというイメージがわきますね。ありがとうございます。

18 :名無しゲノムのクローンさん:2009/02/20(金) 09:14:01
短縮痛って何?

19 :名無しゲノムのクローンさん:2009/08/02(日) 21:57:13
短縮痛w

20 :名無しゲノムのクローンさん:2009/09/26(土) 09:32:07
http://www.mediafire.com/?hjifniyammj

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)