5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【キリンの】 中間種は何故見つからない 【 首 】

1 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/13(月) 05:14:33
キリンだけじゃなく、何故だ??


2 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/13(月) 10:59:38
もとからいない

3 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/13(月) 11:00:04
もとから中間種はいない

4 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/14(火) 00:52:03
進化論が間違ってるから

5 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/14(火) 02:52:39
まず進化はしない

6 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/14(火) 08:12:10
断続平衡説

7 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/19(日) 20:01:43
ウィルスの遺伝子書き換えって説があった希ガス。
海外のウィルス情報だけれども。

8 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/19(日) 22:20:21
ま、確かに遺伝子の水平伝播つーのはあるけど、
ウイルス進化論はトンデモだよ。

9 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/20(月) 00:32:20
進化は局所的、短期間に起きるので、見つかりにくいだけでしょ。

10 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/20(月) 11:13:23
化石になる方が珍しいし。

けど、Sivatherium - Honanotherium - Giraffa と
列べると伸びてる感がでる気がする。


11 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/21(火) 00:12:40
いっそ伸びなかったってのはどうだろう。キリンとオカピの
共通先祖は 3m級の巨大オカピだったわけだから、首と脚が
伸びたのではなく胴が縮んだと考えられないだろうか。

巨大オカピと森林に適応した小型オカピが交雑した結果、い
ろんなパーツの大小が不揃いなのが産まれる。その中のキリ
ン型のやつが巨大オカピ集団の中の競争に勝って広まるとか。



12 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/23(木) 20:30:21
また中間種みつかったって。クマからアシカへ。
ttp://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1240433791/

13 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/24(金) 01:59:58
1世代でかなり変質し次世代への引継ぎが意外に強力なのではないかのう?

キリン(短)の群れがあり、必要に迫られて頑張ったらなんかのびちゃいました(笑)
んで、のびちゃった両親の子は親に似て首が長かったと→別種のキリン(長)確立

わしの知り合いは親が事故で指をなくしたらしいのだが、そいつの同じ指は異常に短い。
つまり人間でも身体的特徴が1代で引継ぎされるケースもある

14 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/24(金) 06:20:05
ラマルクさん、いらっしゃいませ。

指が短いのは偶然か栄養のせい。日本には後天的に小指がない親が
たくさんいるけど、産まれる子どもは奇形でなければ小指がある。


15 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/26(日) 04:03:09
>>13
昔それを証明しようとして
生まれて来るマウスの尻尾を来る日も来る日も切り続けた科学者がいたとか

16 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/26(日) 04:09:09
>>9
>進化は局所的、短期間に起きるので、見つかりにくいだけでしょ。

ではどの様な状況でどれくらいの期間で進化が起こったと想像します?

17 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/26(日) 08:46:22
短期間で有名なのがダーウィンの箱庭ことヴィクトリア湖
ttp://www.titech.ac.jp/tokyo-tech-in-the-news/j/archives/2008/12/1229558400.html

18 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/27(月) 06:39:11
>>17
どうも、その研究はとても興味深い

19 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/27(月) 18:03:14
うまがいるじゃないか!
オカピとか

20 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/27(月) 20:40:24
中間種いないとかいう人たちは、ウマで指の数がちがう
化石が残っているとか知ってるはずないし、反芻亜目の
先祖に似たマメジカと大きく変わったキリンの中間に位
置するのがオカピだとか理解してくれるはずないじゃな
いか。

まあ、AとBの中間種Cがいても、AとC、CとBの中間種が
ないとか言い出すから気にするな。


21 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/28(火) 10:08:37
急速に進化が起こったように見えるケースを考えてみる

偶然同種から隔離された環境に交配済みのメスが迷い込み産卵、出産する
その場所で適当な淘汰圧の許その子供達が近親交配を繰り返して行く
そうすると意外に簡単に亜種レベルのグループは出来ちゃうんじゃないだろうか

この新種は母群と同じニッチに生息すると仮定して
ある時隔離がなくなり、新種は母群と出会う

この時両グループで交雑可能なら新種は母群に吸収されてしまう
交雑不能でかつ母群より弱ければこのグループは滅びる
交雑不能でかつ母群より強ければ急速に種の入れ替えが起こる
母群は絶滅し、新種がそのニッチを占める

これなら早ければ100年位で種の入れ替えが起こるかも

22 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/29(水) 07:33:30
>>20
じゃあ、その「C」は見つかってるのかよ?

妙な予防線張る前に教えてくれ。
例えば、「ヒト=A」「ヒトとチンプの共通祖=B」とした場合、「C」は?


23 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/29(水) 08:35:57
>20じゃないけど答えよう、Cは山程見つかってる
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%88%E7%A7%91
人亜科ってのが全部チンパンと分かれた後に存在した種だ

24 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/29(水) 15:51:38
遺伝子がDNAのデジタル暗号であることが判明しているのに、
なぜ進化は無段階にアナログと思うのか、理由が不明。
進化も小幅なデジタル以外あり得んじゃないか。
問題はその小幅をどうとらえるか、だけで、
1塩基変異の前と後の間に、中間種なんかあるわけないのだ。

25 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/29(水) 21:02:55
>>24
遺伝子の変化が小幅だからって
外形的な変化も小幅とは限らんしな

古生物学って生物の範疇なのかな
うちの大学だと地質学科の連中がやってる内容だが。

26 :名無しゲノムのクローンさん:2009/04/29(水) 21:36:32
俺は連続的継続的な変化はあると思ってるけどね、発現調整で
そんなにしょっちゅう同じ方向に都合よく突然変異は起こるまい

でもワンステップごとにある程度有意義な差がないと淘汰で選別されないから
その方向への進化が進まない事になる罠

27 :名無しゲノムのクローンさん:2009/05/05(火) 06:34:28
動物は高度に統合された全体であって分解できないのだから、
変化するとしたら全体で一緒に少しずつ変わるしかない
突然新しい器官ができてもただの奇形だ
進化の要因が突然変異だとしても、
形質にはある程度漸進性があると考えるべきだろう

28 :名無しゲノムのクローンさん:2009/05/05(火) 13:07:17
環境や、捕食者や、ライバル、文化(首が長いほうが好まれるとか)、
そういう自然選択、淘汰圧が、一定の方向を持っているだけで、
形質の進化とやらは方向性はなくランダムでしょう。

29 :名無しゲノムのクローンさん:2009/05/05(火) 13:11:31
ワンダーネット持ってたから、首が伸びても困らないとか、
変化が変化を方向づけることはあるにせよ、発現自体はランダムで説明つく。

30 :名無しゲノムのクローンさん:2009/05/05(火) 20:14:05
ワンダーネットはもともとネッキング対策だったのかなぁ

31 :名無しゲノムのクローンさん:2009/05/06(水) 09:17:22
小顔でスラッとした最近の若い者を見た後で
鏡を見ると
遺伝って何なんだろうと思う

32 :名無しゲノムのクローンさん:2009/05/06(水) 12:01:23
>>31
大顔の親から小顔の子供が生まれたら中間種が見つからないじゃないか

33 :名無しゲノムのクローンさん:2009/05/07(木) 00:54:52
それは遺伝じゃなくて環境じゃないの。
昔より高カロリーの食事->背が伸びる。畳みからイスへ->足が伸びる。
硬いものを食べない>あごがすっきり。あと、スタイルを気にして、ダイエットに励む。
ファッションセンスがよくなる、化粧がうまくなる・・・みたいな。

34 :名無しゲノムのクローンさん:2009/05/07(木) 21:12:53
昔からトンビが鷹を生むらしいから、
それくらいの変化は1世代だな。

35 :名無しゲノムのクローンさん:2009/05/14(木) 12:45:52
22は「見つかった中間種は話題にならない」の一例だな。
中間種が見つからないのではなく、
見つかっていないものを中間種と呼ぶわけだ


36 :名無しゲノムのクローンさん:2009/05/19(火) 10:25:47
ガラパゴスに順序良く化石が残っていれば
イグアナから海イグアナが進化してくる様子や
フィンチのくちばしの形が分化して行く様子が残されていただろうに

37 :名無しゲノムのクローンさん:2009/05/29(金) 06:50:32
進化自体は短期間で起こっているとすると
そのち進化が観測出来る日も来るかもしれないね

意外とかに星雲の超新星爆発みたいに
過去の記録や伝承をあたると何が見つかったりして

38 :名無しゲノムのクローンさん:2009/05/29(金) 11:32:34
哺乳類四千数百種の中でキリンだけに限定しているのがミスリードだよね。

クジラで中ぐらいに水中適応した種や、カワウソ状の原種
ゾウで下唇が伸びる適応をした種や、ちょっとだけ鼻が伸びた中間種
最近見つかった、マダガスカルのキツネザルに似た、霊長類と食虫目のミッシングリンク

いくらでも中間種が見つかっている。
都合の悪いデータはあーあーきこえなーいしてるだけだよね。

39 :名無しゲノムのクローンさん:2009/07/05(日) 23:02:36
例えば千年くらい前のキリンの首の長さは今のキリンと比べてどんなものなの?
やっぱり今のキリンのが長いのかね?

40 :名無しゲノムのクローンさん:2010/04/14(水) 02:22:10
キリンってあんなに首長いのによく呼吸できるな
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1271167434/l50


41 :名無しゲノムのクローンさん:2010/04/14(水) 19:19:09
ただたんに、見つけてるけど、気づいてないてのはあるよな。


10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)