5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

血液型の変化あるいは継承について

1 :名無しゲノムのクローンさん:2009/09/12(土) 01:48:45
すでによく知られていることだが、

・生物進化から帰納すれば、人間の最古の血液型はA型で、人類居住の古い地域、他人種と隔離された地区ほどA型が「多かった」。
それがO型への変異につながったということになる。

・これはB型との混血が実現する前の時代だったため、結果的にはO型が一番増えることとなった。

・なお、着目すべきは黒人奴隷貿易で、アフリカ黒人奴隷の結果として、アメリカ黒人は80%以上がA型であり、B型はほとんど皆無に近い。
(オバマ大統領がAB型であるのは、彼自身が黒人以外との混血であるため。)
これは、17世紀から18世紀くらいまではアフリカ奴隷海岸の黒人に比較的A型が多かったこと(B型が居なかったこと)を示唆する。

・ここで、A型もB型も居た白人との混血結果とする仮説は、Bが発現していないという点が矛盾する。
よって、やはりもともとA型が多かったという結論しかありえないし、アフリカも隔離世界だったのだからA型が多かったとしてもおかしくはない。

wikipedia 【アフリカ系アメリカ人】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E7%B3%BB%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E4%BA%BA

で、問題です。
血液型がA→Oへと「変わった」ことは(あるいはB→Oも)、
あるいは、変わっていないということは、
生物学的にどういう意味をもっているのでしょう?


2 :名無しゲノムのクローンさん:2009/09/12(土) 07:25:44
意味はない

3 :名無しゲノムのクローンさん:2009/09/12(土) 16:22:24
古代以前の人はA型から始まり、
A型が世界中に広まったが、
それぞれは異人種と混交せずに長い長い年月が過ぎ、
さらにO型化が進んだ。

この個々のミクロコズムをぶち抜いて、4種類の血液型の混血種が文明圏に現れた。
それが我々の直系の祖先。


4 :名無しゲノムのクローンさん:2009/09/12(土) 23:21:48
じゃなくて、もっと真面目に検証してみよう。

@人類の最古の血液型はA型:
全人類レベルでみれば、A型は亜種が最も多く(日本人でも何種類ものA型がいる)、ついでB型が多く、逆にO型には亜種がない(全人類共通で一種類しかいない)。
しかしA型同士からでもO型は発現しうる。
このことから、A型がO型よりも先行して発現した血液型であり、そのO型はB型よりも先行発現であることがわかる。

AA型が一番混血が進んでいる:
時間軸で考えて、A型は相対的にみて最も混淆が進み、よって亜種が増えた血液型ともいえる。
実際に、世界の全人種、種族にあらゆる亜種のA型が存在する。

BA型が多いか少ないかが問題:
O型やB型がある人間集団に多いという事実は、「現在の相対的な比較記録」に過ぎず、
生物学上の実質的な意味としては、A型(いずれかの亜種)が相対的に多く残っているか、あるいは激減したかのどちらかでしかない。

そしてなにより、「A型」と一括りにすることにはまったく意味がない。


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)