5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

口蹄疫などのウイルス病は寝れば治る byカワオカストーカー

48 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/04(金) 23:59:17
清浄化の何が悪いんでしょうね
口蹄疫がOIE基準で常在してると認定されたら、輸出出来ない上に口蹄疫常在国からの牛肉輸入を止める非関税障壁が立てられないわけだが

49 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 01:06:04

口蹄疫 ウイルス 清浄化

でぐぐれかす


●口蹄疫殺処分は、食肉輸入の非関税障壁を維持することが目的である
http://agora-web.jp/archives/1023695.html

「清浄化」という言葉もある。これも、素人にはよくわからない言葉である。単に口蹄疫
が発生していないという意味ではない。「新たな発生がない上、ワクチン接種すらして
いない」という意味を含むのである。
 
なぜ、ワクチン接種の有無が問題になるのか。「清浄国」なら、「清浄国」に対して食肉
を輸出できるばかりか、「汚染国」からの食肉輸入を禁止できるからである。

輸出入の差額から考えれば、明らかに、後者の目的が主である。ところが、報道では
「和牛の輸出ができなくなる」という話ばかりだ。
 
結局、一連の口蹄疫騒動は、非関税障壁を維持するために、ワクチンをあえて使わな
かった畜産業者と農林水産行政当局とが、自分で招き寄せた災害なのだ。



50 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 01:08:01
>>48
問題は、本当にウイルスの「清浄化」政策で「清浄国」になれるか、という
科学的事実があるかどうかなのだが。

51 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 01:09:22
>>48
あくまでも、手続き上の便宜的な口実にすぎない「想定」ではないかと。


52 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 01:13:05
その認識を誤ると、こういうトンデモにのめりこんでしまうのだ。

第 5回NBI対談 - 日本バイオロジカルズ株式会社
http://www.nbi.ne.jp/talk5.html
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%89%CD%89%AA%8B%60%97T+%82m%82a%82h


53 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 01:18:13
>>50
法的あるいは外交的に清浄であるかも問題なわけだが
今回の口蹄疫もどうやら海外由来なわけで
というか、国内にウイルスが「全くない」かどうかなんかそもそも問題でない

54 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 02:56:20
>>53
???

55 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 03:04:17
>>53
>法的あるいは外交的に清浄であるかも問題なわけだが

まずは考える順番として、自然科学的事実として「清浄」(ウイルスフリー)がありえることなのかどうか

>今回の口蹄疫もどうやら海外由来なわけで

ソースきぼんぬ

>というか、国内にウイルスが「全くない」かどうかなんかそもそも問題でない

「清浄国」って、国内のウイルスのあるなしは関係ない、と言ってるわけ?

これもそういうことなの?


家畜防疫関係者の皆さまへー再び口蹄疫清浄国に復帰してー(12.9.27)家畜衛生試験場:場長 寺門誠致
http://ss.niah.affrc.go.jp/disease/FMD/fmd.html
http://ss.niah.affrc.go.jp/disease/FMD/top.html



56 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 03:07:41
>>48
肉の輸出入をコントロールするための非関税障壁設定のために偽装「清浄国」制度をやってます

っていう理解でいいのか?

57 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 11:27:15
偽装?
OIEやFAO基準で清浄かどうかが問題なんだが…
ウイルスフリーをどういう意味で使ってるかわからないが、大方ウイルス粒子が一つもない状況だと思ってるのかな
今回のように、口蹄疫は初動に失敗したら爆発的に感染拡大するのに、その辺で常に散発してるかのように印象操作するのは何が目的なのかな?

58 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 12:38:58
>>57
日本の環境の実態がどうであれ、そんなことは、OIE/FAO基準とはいささかもかかわりがない、
と理解すればいいのかな?



59 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 12:44:06
>>57
非関税障壁設定のためには、あくまでもOIE衛生規則を優先して、
国内のウイルス感染現象の疫学的自然科学的実態のことは考慮不要
だと理解すればいいのか?

でそれは、鳥インフルエンザも同様だと解釈していいのか?



60 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 12:45:02
日本の事情に合わせて規準が変わったら、それ規準じゃないじゃん

61 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 12:49:13
疫学的自然科学的実態とやらを簡潔に説明して下さるかしら?

62 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 12:57:30
[脳衰] 獣医公衆衛生学・人獣感染学 [動衛研]
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/1250775755/

獣医は大学時代に獣医公衆衛生学という授業をうけるの。
公衆衛生学に獣医も医師も保健士もないはずだが、そんなことはさておき、学問じゃないの。
公衆衛生法令集、公衆衛生に関する農水の見解、そんなところ。
脳内変換しながら聞かないと、バカになる。

最近増えている疾病→最近統計を取り始めた疾病。
〜が原因である→〜が原因であるということに農水がしている。
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1178984157/378


最近撲滅清浄化を達成したウイルス病→最近新たな発生報告がなく一定期間すぎたウイルス病。
〜の清浄国である→〜の清浄国であるということに農水がしている。

63 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 13:02:38
>>61
今回の宮崎口蹄疫事例の場合、当該まん延地域の初発と、発覚以前の流通実態を考えたとき、
ウイルス保持可能性生体、いわゆるキャリアの流通実態が皆無だとはとうてい言えないわけで、
なおかつ治るとわかってるウイルス性疾患においては、報告されていない例もありえる。

この状況において、ウイルスの清浄化施策においてなされた規則手続き上の「清浄国」とは、
あくまでも手続きにおいてのみで言えることであって、それは国内実態を反映したものではない
ということ。


64 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 13:04:26
>>60
OIE規則教条主義に陥ってはいまいかね? 
それと同じ過ちは、OIE「地球温暖化」、WHO「パンデミック」でも犯しているではないか。

65 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 15:46:22
>>53
>というか、国内にウイルスが「全くない」かどうかなんかそもそも問題でない

なら、まじきちになって、殺滅淘汰根絶やしジェノサイドをやる必要もないと思われ

治って病気が見当たらなくなったら、「ありません」、「新たな発症がみあたりません」でいいのでは
で、最初から、「病気に罹ってないものは移動しても大丈夫です」だったり



66 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 15:51:25
★北大★人獣共通感染症リサーチセンターC
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1244795912/9-10

ワクチンを使えば日本は、ウイルスが常に存在する「非清浄国」とみなされる。
ウイルスがいない「清浄国」へ鶏肉などを輸出できなくなるし、非清浄国からの輸入も拒めない。
輸入した鶏肉にウイルスがついてくる危険が増して、なかなか清浄国に戻れないし、経済的損害も大きい。

ワクチンを使ったメキシコやベトナムは、結局、国内にウイルスが常在することになった。
日本の感染は茨城県などに限られ、殺処分で清浄化ができる。
昨年、京都などで発生した高病原性鳥インフルエンザもワクチンなしで封じ込めができた。



67 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 16:01:09
>>64
OIE「地球温暖化」 → IPCC「地球温暖化」

68 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 16:26:49
>>65
輸出入と国内での発症の問題だから

69 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 16:32:49
>>68
発症がなくなればいいんでしょ

70 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 16:42:37
いや、キャリアもいなくならないと
封じ込めにかかった後は症状云々よりこっちが重要だな

71 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 17:21:35

【はぁ?】『国内にウイルスが「全くない」かどうかなんかそもそも問題でない』
http://koibito.iza.ne.jp/blog/entry/1639202/
http://koibito.iza.ne.jp/blog/tag/3892194/



72 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 17:28:59
>>70
FMDVフリーは100%確実に見分けがつくの?
FMDVキャリアは100%確実に区別できる検査方法があるの?

たとえば豚とイノシシ、日本国内の畜産界、野生界ともに、豚猪FMDVフリーは現実的?

病気に罹らないということは、もうとっくに罹った経験があるという、
免疫獲得の現実現場の対処法は「ない」ことを前提にするのか?

73 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 17:40:48
どんなことがあっても、ウイルスはふつうにありふれてます、
って認めるわけにはいかないということですね。わかります。

74 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 17:40:54
100%と言われると難しいが、郡から抗体陽性がほとんどでなければフリーと言っていいだろうね
このあたりは統計的にラインを決めるわけだ
生物学の検査ってバラ付き大きいからね
つまり個体ごとに100%見分けるのはムリだが郡にキャリアがいるかはほぼ確実にわかる
ただ感染初期で抗体価が上がらない場合はわからない

75 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 17:55:48
>>74
基本的に、発生報告がなされなければ、検査は行われない
その検査は、都道府県単位ではなされてなくて、
もっぱら動衛研が一元的に管理している
という理解で間違いはないか?

76 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 17:59:14
>>53
>今回の口蹄疫もどうやら海外由来

ソースをご提示くださいませ


77 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 18:02:37
>>57
>口蹄疫は初動に失敗したら爆発的に感染拡大する

これも一般的なウイルス感染症疫学センスからみて疑問がある
そもそもウイルス感染症において「封じ込め」という概念は適切なのか?

それができるのであれば、人のインフルエンザの流行も
人為的に制御できるということもいえるのだが

78 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 18:07:18
台湾や韓国で今年出た口蹄疫とのアライメントで98〜99%程度一致したっていうの知らない?

人権を侵害しても隔離や移動制限したら人でも封じ込められるかもね
封じ込め=発生を限局させるってことだが…
ある種の伝染病の患者を隔離するのは何故だと思ってるのかな

79 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 20:02:49
>>78
>台湾や韓国で今年出た口蹄疫とのアライメントで98〜99%程度一致したっていうの知らない?

元ソースの提示よろしくお願いいたします。

>人権を侵害しても隔離や移動制限したら人でも封じ込められるかもね

>封じ込め=発生を限局させるってことだが…

>ある種の伝染病の患者を隔離するのは何故だと思ってるのかな


ん〜・・・

「詭弁のガイドライン」
http://www.hi-ho.ne.jp/inverse/kibennogaidorain.htm
http://ton.2ch.net/gline/kako/1028/10288/1028811653.html



80 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 20:08:37
>台湾や韓国で今年出た口蹄疫とのアライメントで98〜99%程度一致したっていうの知らない?
>>78

国内は「清浄国」でウイルスが存在してませんでした、ということが科学的に疑いようのない事実であるならば、
海外から「侵入」したということの可能性も高いと考えて差し支えはないと思うが、国内に存在していなかった、
ということはどうやって証明することができるのか?

たとえば、国内にあったものとたまたま類似していたという可能性を完全に排除できるだけの科学的な根拠は
あるのか?



81 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 20:12:17
ここ注目されてるようです(笑)。
http://www.iza.ne.jp/voice/it/blogranking/blogentry/all/24h/

みなさま大いに議論を盛り上げましょう。

82 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 20:40:08
http://www.maff.go.jp/j/press/index.html

平成22年6月5日
農林水産省/宮崎県における口蹄疫の疑い事例の272例目〜274例目について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/100605_1.html


平成22年6月5日
農林水産省/口蹄疫疫学調査チームによる現地調査及び第2回検討会の開催について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/100605.html

6月7日(月曜日)に、宮崎県において、口蹄疫疫学調査チームの現地調査を行います。
また、調査後、第2回検討会を開催します。

現地調査の同行取材については、円滑な調査を行う観点からご遠慮ください。
また、検討会は個人情報保護の観点から非公開としますが、
冒頭のカメラ撮影のみ可能です。


農林水産省/口蹄疫に関する情報
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/index.html

宮崎県:口蹄疫に関する情報提供について
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/nosei/chikusan/miyazakicow/h22kouteindex.html
これまでのプレスリリース
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/nosei/chikusan/miyazakicow/h22koutei_press.html

83 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 21:00:49
まん延常在在来型宮崎ウイルス乙w もう全国に広がっちゃってるよ。

84 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 21:02:54
松浦善治 とカキコするテストw

85 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 21:06:21
>宮崎大学農学部獣医学科卒、北海道大学獣医学部大学院修士課程修了
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%8F%BC%89Y%91P%8E%A1


86 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 21:13:36
>当時、北大でミンク実験に携わっていたのは、私の同級生で親しい友人でもある松浦善治氏である。 現在大阪
>大学微生物病研究所教授としてC型肝炎ウイルスの研究に従事している松浦氏は、北大時代インフルエンザ
>研究グループの一員として、ミンクにブタや鳥のインフルエンザを感染させる実験に明け暮れていたのである。
ttp://www.google.co.jp/search?hl=ja&lr=&q=site%3A2ch.net+松浦善治+ミンク実験+C型肝炎+鳥のインフルエンザ

87 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 21:22:57
ttp://www.google.co.jp/search?hl=ja&lr=&q=site%3Akaken.nii.ac.jp+研究者リゾルバーID+松浦善治+喜田宏

KAKEN - 松浦 善治(50157252)
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/50157252

KAKEN - 喜田 宏(10109506)
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/10109506/1


KAKEN - 永井 美之(20022874)
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/20022874/1
KAKEN - 見上 彪(20091506)
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/20091506/1


88 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 22:00:10
台湾じゃなくて香港だったね
とりあえず、近縁であるとのソース
ttp://www.wrlfmd.org/fmd_genotyping/2010/WRLFMD-2010-0000J%20O%20Japan%202010%20v2.pdf
先行して韓国と香港でO型が発生してて、変異が比較的頻繁に起こる部分で相同性が高いなら、
国内に常在していた可能性と海外由来とどちらが可能性が高いかと言われたら、後者と考えるのが自然じゃないかな
で、ttp://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/h12_idensi_keitou.pdf
と、ttp://www.wrlfmd.org/fmd_genotyping/prototypes.htm
をさらに見ると、2000年に宮崎で出たのはtopotypeがME-SA PanAsiaで今回のはO/MAY/98に近縁でtopotypeはSEA
だから、宮崎に常在していたと考えるより香港や韓国からの輸入と考える方が自然ではないかと…

89 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 22:10:35
>>79
それが詭弁というならそもそものレス

>77 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 18:02:37
>>57
>>口蹄疫は初動に失敗したら爆発的に感染拡大する

これも一般的なウイルス感染症疫学センスからみて疑問がある
そもそもウイルス感染症において「封じ込め」という概念は適切なのか?

それができるのであれば、人のインフルエンザの流行も
人為的に制御できるということもいえるのだが

これこそ詭弁では?w

「詭弁のガイドライン」
http://www.hi-ho.ne.jp/inverse/kibennogaidorain.htm
http://ton.2ch.net/gline/kako/1028/10288/1028811653.html



90 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 22:21:58
>>88
相同性という相関関係は、因果関係とは別でしょ。それは因果関係を証明したことにはならない。

91 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 22:27:17
それとウイルスの亜型分類は、科学的客観的なものというよりは、かなり恣意的、ご都合解釈的なものも多い。
例のA型インフルエンザのHA/NAライブラリーのように。

型や遺伝子配列では空間的な感染元感染経路の因果関係の証明は基本的に無理。

92 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 22:32:27
ソースを要求する前に言えよ、とw
カッコ悪w

93 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 22:34:01
O/JPN/2000はPanAsia系統でO/JPN/2010はMya-98系統ってことね
PanAsia系統のO/JPN/2000の変異型がMya-98系統のO/JPN/2010であるって言うのは
ちょっと考えにくいんじゃないでしょうか(笑)

94 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 22:35:34
>>90
とりあえず相関がないO/JPN/2000との因果関係は否定できたのではないでしょうか(笑)

95 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 22:37:39
>>94
全くその通りだなw

96 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 22:43:19
FMDV(口蹄疫ウイルス)について、牛も豚も羊も山羊も鹿も、全部共通のものと考えてしまっていいのか?

97 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 22:45:55
常在か輸入かの話は終わったんですか?(笑)

98 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 22:56:09
常在化在来型宮崎ウイルスで、何か論理的な不都合はあるか?

99 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 23:00:16
都合?科学はどうしたんでしょうか(笑)
そりゃ常在してたら不都合ですよ(笑)
あなたは宮崎に常在してないと何か不都合なんですか?

100 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 23:07:07
このあたりのやりとりは絶対blogに書かないだろうなw
朝日新聞批判とか印象操作だのマスコミ批判はするけど、その実都合の悪いことを隠すのがクーロン君だからなw

101 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 23:25:02
今日で、4月20日発表以来、すでに274箇所の疑いようのない確認事例の事実をどう受け止めるかだな。
>>82

全部が全部病気に罹っているわけでもない事実。
単なる個体別のウイルス増殖活性の違いだけでは説明できない疾患現象の起こり方。
FMDウイルスフリー個体がどんどん誕生してしまうからこその環境事情。
今起こって確認されているところでも、自然治癒快復がかくにんされている事実。
一回罹って治ってしまえば、免疫がついて大丈夫になる事実。
それを見てしまえば、この病気の現実がわかろうともいうもの。

治ることがわかる病気を、普通はわざわざ殺さない。それがこれまでの現場の対処法。

今回たまたま宮崎は、移動制限がかかり、頻繁に立ち入り調査がはいり、
自然に快復させる病気にできなくなってしまっただけの話。


102 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 23:31:46
とりあえず、少なくともここの話では常在はしてないってことでいいみたいですね(笑)

103 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 23:38:18
>>101
口蹄疫が成牛で命に関わる病気でないってのは常識レベルだよ
今さらわざわざ中身のないレスしなくても

104 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 23:48:24
>>53の「ウイルスが全くないかどうかは問題でない」というのは、科学がわかっていれば当然納得できる
何故なら、全くいないなんてことは証明しようがないから

105 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 23:58:28
>>102
ほかは知らんが、宮崎のは、完全に常在レベルだな。

106 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/05(土) 23:59:20
うわぁ・・・

107 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 00:00:20
「清浄国」って、現実実態とは関係なく、貿易設定のための取り決めにすぎない、と解釈すればいいわけね。

108 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 00:44:27
>>105
>>93

109 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 00:47:27
>>107
関係あるよ
常在して頻発してたら清浄国じゃないし
現実を反映した政策上の取り決めな
レスを読むことを勧めます(笑)

110 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 00:56:01
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1273331184/48n-

48 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2010/06/04(金) 23:59:17
清浄化の何が悪いんでしょうね
口蹄疫がOIE基準で常在してると認定されたら、輸出出来ない上に口蹄疫常在国からの牛肉輸入を止める非関税障壁が立てられないわけだが

53 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2010/06/05(土) 01:18:13
>>50
法的あるいは外交的に清浄であるかも問題なわけだが
今回の口蹄疫もどうやら海外由来なわけで
というか、国内にウイルスが「全くない」かどうかなんかそもそも問題でない

57 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2010/06/05(土) 11:27:15
偽装?
OIEやFAO基準で清浄かどうかが問題なんだが…
ウイルスフリーをどういう意味で使ってるかわからないが、大方ウイルス粒子が一つもない状況だと思ってるのかな
今回のように、口蹄疫は初動に失敗したら爆発的に感染拡大するのに、その辺で常に散発してるかのように印象操作するのは何が目的なのかな?


61 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2010/06/05(土) 12:49:13
疫学的自然科学的実態とやらを簡潔に説明して下さるかしら?

63 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2010/06/05(土) 13:02:38
>>61
今回の宮崎口蹄疫事例の場合、当該まん延地域の初発と、発覚以前の流通実態を考えたとき、
ウイルス保持可能性生体、いわゆるキャリアの流通実態が皆無だとはとうてい言えないわけで、
なおかつ治るとわかってるウイルス性疾患においては、報告されていない例もありえる。

この状況において、ウイルスの清浄化施策においてなされた規則手続き上の「清浄国」とは、
あくまでも手続きにおいてのみで言えることであって、それは国内実態を反映したものではない
ということ。

111 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 00:57:13

96 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2010/06/05(土) 22:43:19
FMDV(口蹄疫ウイルス)について、牛も豚も羊も山羊も鹿も、全部共通のものと考えてしまっていいのか?



112 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:00:57
http://www.2nn.jp/search/?q=FAO&e=

【口蹄疫】「ワクチン接種後の家畜、食肉として利用を」日本政府に勧告…国連食糧農業機関(FAO)
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1275734572/



113 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:01:52
だから、しばらく時間を置いて再度清浄国に指定されるんじゃないの
因みに今は日本は口蹄疫の清浄国じゃないからね
因みに発症、蔓延したらほぼ確実に把握されるからね
畜産農家は下痢が続く程度のちょっとした体調不良でも獣医師にみせるから

114 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:04:26
>>112
そんなの日本の非関税障壁を下ろさせるためじゃないですか(笑)

115 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:17:41
そりゃ、「清浄国」論陣をはるためには、口蹄疫ウイルスが常在してるなんて
認めることは一切できるわけがないじゃないか。

いかに、「国内にウイルスが「全くない」かどうかなんかそもそも問題でない」>>53
といっても。


116 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:19:56
>>113
うそほざいてんじゃねーよ どあほ

>因みに発症、蔓延したらほぼ確実に把握されるからね

>畜産農家は下痢が続く程度のちょっとした体調不良でも獣医師にみせるから

そりゃほぼありえんわな

117 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:20:00
>>115
>>104

118 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:21:04
>>116
現場を知らないんですねぇ(笑)

119 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:27:23
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1273331184/48n-

60 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2010/06/05(土) 12:45:02
日本の事情に合わせて規準が変わったら、それ規準じゃないじゃん



























問うに落ちず語るに落ちる・・・

120 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:29:55
>>116
3月に獣医に見せても、獣医が見分けつかなかったらしいぞ。

121 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:31:49
蔓延したらって書いてあるのが読めませんかね(笑)

122 :120:2010/06/06(日) 01:32:23
>>113
3月に獣医に見せても、獣医が見分けつかなかったらしいぞ。

123 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:33:59
>>119
OIEとFAOが日本の意向でコントロール出来るわけないだろw
何が「語るに落ちる」だよwバカなのかw

124 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:34:05
どこにでもありふれてる見慣れた病気の症状だしな。昔からある。

125 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:34:53
>>123
「日本の事情」w

126 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:35:42
いいえ、口蹄疫の初感染は非特異症状だったからです

127 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:35:56
その手の病気は昔々から見てきたけどなw

128 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:36:39
口蹄疫は90年代から存在していた?
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/1182939097/

129 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:37:23
>>125
事情でもいいけど、国際機関が定めた規準を日本の事情に応じて変えさせろってこと?

130 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:38:44
クーロンさんは「現場」って言葉に過剰反応ですか?

131 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:40:54
「口蹄疫は政治的な病気だから情報統制が必要なんです。」
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/1169337119/342

132 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:43:23
いいですか?
口蹄疫は大人の家畜の個体の命に関わる病気ではありません
ここは、畜産関係者は農水省も獣医師も、もちろんOIEやFAOもわかってます
クーロンさんはここまでいいですか?

133 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:48:08

家保で一次検査、動衛研で確認というのはたしかに筋です。しかし、口蹄疫は政治的な病気だから情報統制が必要なんです。
動衛研だけがサンプルと検査システムを持っていればどのような結果でも出せますから。ヨーネ病は年間1000頭以上も摘発されていますが、今のところ政治的な病気ではないから、検査は家保任せになっています。そうでないと困るのです。
農水省、動衛研にも色々な事情があることをわかってください。国家国民のために日本の畜産を守ることは農水省の大切な仕事です。
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/1169337119/342



134 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 01:53:23
スルーしたら子牛の大量斃死が出るので隠しようがないです

>>132はいいですか?理解したくないんですか?
それともただのアジテイターですか?

135 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 02:03:30
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1273331184/48n-

>国内にウイルスが「全くない」かどうかなんかそもそも問題でない
>>53

口蹄疫ウイルス清浄化政策上の「清浄国」って、そういうことだったっけ?

てっきり「全くない」ことを目指して宮崎の清浄化措置をやってるものだと思っていたんですが?


136 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 02:12:08
>>135
国内の土壌から大気から全部さらって検査するんですか?(笑)

137 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 03:05:25
>>135
的外れ

138 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 13:19:39
>>136
おまえ、ウイルスの居場所もわからんの? クスクス

139 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 13:50:16
高島屋東京店、「宮崎フェア」のステーキ弁当で食中毒11人確認 4日から10日まで営業停止処分
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100604/biz1006041906026-n1.htm
>「ホテル浜荘」で31日に販売した「ステーキ弁当」(1995円)を食べた11人が食中毒を発症した 

    ↓

食中毒を出した浜荘の経営者(若旦那)は元TBS社員で労組委員長経験あり。
若女将は女優サエコ(日ハムのダルビッシュ投手の妻)の叔母。

サエコの叔父は民主党の道休議員。

http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/14982/14982.html
>因みに代表取締役若旦那は元TBS社員(足掛け14年勤務。
>民放最大の労働組合である東京放送労働組合中央執行委員長兼務2期2年。
>若女将の姪っ子は昨年ちょっと話題になったある“女優”です。


140 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/06(日) 21:23:25
ダルビッシュは日本ハム 日本ハムといえば大社 大社といえば香川 香川といえば真鍋武紀

真鍋武紀といえば農水省
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=真鍋武紀+農林水産省
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=国産牛肉買い上げ事業+真鍋+大社+鈴木


141 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/07(月) 01:45:47
【口蹄疫】宮崎のエース級種牛5頭、抗体検査でも異常なし
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1275824820/

142 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/07(月) 18:14:05

口蹄疫などのウイルス病は捏ねれば儲かる byクーロンストーカー
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1273331184/48n-



143 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/07(月) 19:58:03
クローズアップ現代「検証・口てい疫」 ★1
http://live28.2ch.net/test/read.cgi/livenhk/1275905234/
クローズアップ現代「検証・口てい疫」 ★2
http://live28.2ch.net/test/read.cgi/livenhk/1275907929/


144 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/07(月) 20:45:21
ttp://www.google.co.jp/search?hl=ja&lr=&q=口蹄疫+ウイルス+封じ込め+根絶+清浄化+清浄国

総説
口蹄疫ウイルスと口蹄疫の病性について
村 上 洋 介
農林水産省家畜衛生試験場ウイルス病研究部病原ウイルス研究室長

FOOT-AND-MOUTH DISEASE VIRUS AND THE DISEASE NATURE BY THE VIRUS
Yosuke MURAKAMI
National Institute of Animal Health, Tsukuba, Ibaraki 305-0856, Japan
http://ss.niah.affrc.go.jp/disease/FMD/japan/murakami.html



145 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/08(火) 00:59:33
ニッポニアニッポンとは何か
2010/05/01 00:19

みんなで考えよう

コピペ廃人について

http://k0ibit0.iza.ne.jp/blog/entry/1576262/

146 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/09(水) 01:10:24
>>145
「該当するブログエントリはございません。」
http://k0ibit0.iza.ne.jp/blog/entry/1576262/

147 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/10(木) 17:22:08
つれずれすくらっぷ.
ニッポニアニッポンマニア
http://k0ibit0.iza.ne.jp/blog/
ニッポンさんのページ
http://k0ibit0.iza.ne.jp/

ブログランキング
【全体】
5,116位/19,512人中
【その他】
1,597位/6,428人中

148 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/11(金) 22:15:57
■移転 2010/06/10 20:26

移転するわ
http://k0ibit0.blog133.fc2.com/

-------------------------------
http://k0ibit0.iza.ne.jp/blog/entry/1647084/

あらまあ、せっかくお近づきになれるかと思ったのに・・・。とても残念です(笑)。
http://www.iza.ne.jp/bookmark/allcmt/1043061/#C21339


149 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/13(日) 20:19:54
■口蹄疫は民主党の国家的テロ?■
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1340794683

150 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/13(日) 23:56:18
■口蹄疫は農田林衰惨省の組織的テロ犯罪?■
http://koibito.iza.ne.jp/blog/tag/3892194/

151 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/16(水) 13:29:08
【口蹄疫(FMD)ハイプ(狂騒)】「上に政策あれば、下に対策あり」の虚構と現実
http://koibito.iza.ne.jp/blog/entry/1654245/
http://koibito.iza.ne.jp/blog/tag/3892194/

152 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/18(金) 02:35:54
>>53
我が国では、
更なる感染拡大を防ぎ、
早期に口蹄疫のウイルスを
駆逐する(清浄化する)べく
努力をしており、
宮崎県と連携し、 ...

農林水産省/口蹄疫について知りたい方へ
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/syh_siritai.html

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%94_%97%D1%90%85%8EY%8F%C8+%8C%FB%92%FB%89u+%82n%82h%82d+%90%B4%8F%F2%89%BB



ウイルス清浄化という「狂気」の沙汰・・・




153 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/18(金) 02:38:50

「ウイルスの脅威から地球を守る」という大義を背負った研究者...
http://www.jili.or.jp/kuraho/2006/inochi/web04/i_web04.html

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%83E%83C%83%8B%83X%82%CC%8B%BA%88%D0%82%A9%82%E7%92n%8B%85%82%F0%8E%E7%82%E9+%91%E5%8B%60


154 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/20(日) 11:13:39

【はぁ?】『国内にウイルスが「全くない」かどうかなんかそもそも問題でない』
http://koibito.iza.ne.jp/blog/entry/1639202/
http://koibito.iza.ne.jp/blog/list/tag/3892194/



155 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/21(月) 01:22:15


53 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2010/06/05(土) 01:18:13
>>50
法的あるいは外交的に清浄であるかも問題なわけだが
今回の口蹄疫もどうやら海外由来なわけで
というか、国内にウイルスが「全くない」かどうかなんかそもそも問題でない


>>53




156 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/28(月) 02:23:12
もしかしたら、清浄国の獣医師たちはみな、底なしの間抜けなのかもしれない。

口蹄疫は日常的に発生しているが(なにしろ、牛の15〜50%がキャリアであり、
隔離も移動制限もしていないのだ)、獣医師たちは間抜けなので発生を見逃し
ている。

たまに、たまたま鋭い獣医師が発生を見つけ、大騒ぎして殺処分やらの対策を
行っているというわけだ。

間抜け説の有力な傍証は、OIE(国際獣疫事務局)の文書にもある。

なにしろ、清浄国を公式に認定する組織が、同時に、「牛の集団でも 15〜50%
のcarrierが存在する」という「清浄国という概念自体がおかしい」という主張の
根拠を提示しているからだ。

(口蹄疫ウイルスが清浄国にも遍在しているとしたら NATROMの日記)
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20100617

157 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/28(月) 13:24:33
ウイルスは感染するパターンが単純すぎて抗ウイルス剤が作りにくい。
完全にウイルスを駆逐できたら人類の歴史が変わる。

158 :名無しゲノムのクローンさん:2010/06/30(水) 13:13:48
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/agri/1276976887/885
885 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/06/30(水) 11:12:15
>>682

> 「清浄国」詐欺はおんなじことしか言わないだな。
> ツイッターの奴のほうが自問自答するが
> まだ知性があるぞ。

> >>682
> それどこ?
ここ
時埜端片 (tokino_kakera) on Twitter
http://twitter.com/tokino_kakera

159 :名無しゲノムのクローンさん:2010/07/05(月) 20:01:38
【(独)農研機構】動物衛生研究所ってどうよ?B
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/1229355866/554n-

160 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:05:27
ttp://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=口蹄疫+ウイルス+清浄国+OIE

161 :名無しゲノムのクローンさん:2010/07/19(月) 14:11:29
>国内にウイルスが「全くない」かどうかなんかそもそも問題でない
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1273331184/48n-

162 :ウイルスが「全くない」かどうかなんかそもそも問題でない:2010/07/27(火) 01:50:19
>>53
日本では2004年1月に山口県で79年ぶりに高病原性鳥インフルエンザの発生があり、それまでは
清浄性を保ってきた。この発生はアジア諸国での大発生の余波を受けたものである。アジア諸国
での不明疾病が高病原性鳥インフルエンザによるものと判明してからは、各国の努力により発生は
激減した。しかし、清浄化を達成できたのは家畜衛生技術、衛生管理技術のレベルが充分高い
数カ国だけである。残念ながら日本では新たな弱毒型のH5N2型鳥インフルエンザウイルスの侵入
を許したが、関係諸機関や被害にあわれた農家を含めた養鶏業界との密接な協力のもと、早い
段階での清浄化達成は十分可能な状況にある。

国際的にも高病原鳥インフルエンザの防疫対策としてのワクチンの使用は、あくまでも清浄化達成
の一手段であるととらえられている。つまりワクチンの使用は、鳥インフルエンザが地域に蔓延した
場合に地域や期間を限定してワクチンを使用することによって環境中のウイルス量を減らし、感染
の拡大や、人への感染のリスクを低下させる手段と考えられている。このため、ワクチンの使用に
際しては、適切なサーベイランスと感染鶏群の摘発淘汰を併用することになっている。適切なサー
ベイランスと摘発淘汰を伴わないワクチンの継続的な使用は、ウイルスの常在化を引き起こし、
清浄化が困難になることは諸外国の例からも明らかである。また、不活化ワクチンが感染防御を
保証しない性質のワクチンであるため、その継続的使用下では清浄状態の証明には多くの困難が
予想され、市場での競争力の低下を招くことも懸念される。

消費者は、清浄であることが保証された環境で飼育されたクリーンで安全な食肉食卵を望んでいる。
鶏肉鶏卵の安定した生産と消費を維持するために、産業、行政、研究機関が一体となって清浄化を
達成・維持することが目指すべき方向と思う。

感染病研究部長 山口成夫
http://niah.naro.affrc.go.jp/disease/poultry/infl_vaccine.html

163 :名無しゲノムのクローンさん:2010/07/27(火) 18:46:10
[空論] 農業コピペ学 [ニッポニア・ニッポン]
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/1246507001/866n-

農水省を脳衰症というやつは許さん!!
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/1206549366/637n-

641 名前:農NAME[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 17:47:08
>>640
インポ脳患者はコピペ文章をageで書くと相手を論破したことに
なるらしいので、論理性や字の解釈を求めてはいけない

164 :名無しゲノムのクローンさん:2010/07/28(水) 22:42:07

第2の官制パニック、口蹄疫−(1)
http://www.kimuramoriyo.com/41/20100715.html
第2の官制パニック、口蹄疫−(2)
−清浄国(FMD free)のお墨付きは意味があるのか−
http://www.kimuramoriyo.com/41/20100716.html
第2の官制パニック、口蹄疫−(3)
−殺処分が有効だという科学的根拠は存在しない−
http://www.kimuramoriyo.com/41/20100726.html
第2の官制パニック、口蹄疫−(4)
−公衆衛生の概念無きFMD対策−
http://www.kimuramoriyo.com/41/20100728.html




63 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)