5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アクリル板を溶かすと柔らかスポンジになる

1 :名も無きマテリアルさん:2007/07/09(月) 17:42:54
1 養豚業(神奈川県) 2007/07/09(月) 17:24:07 ID:3XjP4dNv0 BE:?-BRZ(10000) ポイント特典
アクリル板を溶かすと柔らかスポンジに 阪大教授が発見 


 透明なアクリル板を、アルコールと水の混合液に漬けて温めると、柔らかなスポンジに
――大阪大の宇山浩教授(応用化学)が、こんな発見をした。このスポンジには微小な
穴があり、ナノテクノロジー(超微細技術)の材料になるという。医療や化粧品などへの
応用が期待される。

 宇山さんらは他のナノ材料の研究をするうち、アクリル樹脂2〜4グラムを、水20ミリリットル、
アルコール(エタノール)80ミリリットルの混合液に漬けて60度に加熱すると溶けることを
発見。そのまま冷ますと、液を含んだスポンジができた。溶かす型によって自由に形を
変えられる。

 スポンジを調べると、約300ナノメートル(ナノは10億分の1)の粒子が連なったナノ多孔体
といわれる状態になっており、弾力が生じていた。こうなる理由はよくわかっていない。
ナノ多孔体は細かいものを分離・吸着する目的に使われ、DNA分析などのバイオや医療、
化粧品などに使われるという。

 現在、アクリル樹脂の一部は400度の熱で溶かされ、リサイクルされている。新しい手法に
ついて宇山さんは「ゼリーをつくるイメージ。従来に比べ、簡単で安価なリサイクルが可能だ。
メーカー工場の廃熱なども利用できる」と話している。

http://www.asahi.com/science/update/0709/TKY200707090249.html

http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1183969447/

2 :名も無きマテリアルさん:2007/07/09(月) 17:54:48
材質物性で余裕の2
今17時54分ぐらい

3 :名も無きマテリアルさん:2007/07/09(月) 18:48:48
ほほーぅ。。。

4 :名も無きマテリアルさん:2007/07/10(火) 08:31:15
えっ
こんなのアクリル合成屋の俺からすれば常識だったんだが…

5 :名も無きマテリアルさん:2007/07/10(火) 08:51:37
>>4
ちょっと聞きたいんだが、このスポンジの触感ってどんな感じ?
場合によっては自作オナホスレの住人に光明が・・

6 :名も無きマテリアルさん:2007/07/25(水) 05:03:00
>>5
【材料】アクリル板を溶かすと柔らかスポンジに 阪大教授が発見
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1183984169/

7 :名も無きマテリアルさん:2007/08/19(日) 14:37:28
Bush hid the fact.

8 :名も無きマテリアルさん:2007/08/19(日) 14:38:11
Bush hid the facts

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)