5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大学への数学【大数】

1 :あんでぃ:2010/06/10(木) 23:25:47
主に月刊
誌を語りますが1対1や深
遠集といった年鑑誌や
中学への数学や高校への数学も語りましょう

2 :132人目の素数さん:2010/06/10(木) 23:54:21
月刊誌で大学院への数学とかもあれば良いのにな。
問題を解くのって結構面白いし。

3 :132人目の素数さん:2010/06/11(金) 00:00:25
創刊号は350円で350円で世界の数学難問題解説号とか、付録は穴埋め回答用紙とか。

4 :132人目の素数さん:2010/06/11(金) 00:07:30
受験板でやれ

5 :132人目の素数さん:2010/06/11(金) 00:41:13
誠に勝手ながら 創刊号をもって完結いたします。長らくのご愛顧ありがとうございました。

6 :132人目の素数さん:2010/06/11(金) 00:43:41
デアゴスティーニ 〜♪

7 :132人目の素数さん:2010/06/11(金) 19:08:25
受験の雑誌など汚らわしい
美しい數學の世界には ほど遠い

アホは去れ!


8 :132人目の素数さん:2010/06/11(金) 19:19:18
受験問題が解けない奴に限って、受験数学を馬鹿にするよね。

9 :132人目の素数さん:2010/06/11(金) 19:27:11
受験数学は大切だから、ぜひ受験板で続けてください

10 :132人目の素数さん:2010/06/11(金) 21:31:32
7 名前:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 20:59:27
992 名前:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 20:20:42
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1272366574/
のバカどもの論争に誰か終止符を打ってください。
ちなみに問題の問題は

実数p,q(q > 0)に対して,下の2条件(1),(2)を満たす三角形ABCが存在するための必要十分条件を求めよ.

(1) |BC↑| = q
(2) AB↑・AC↑= p

ただし、AB↑・AC↑はAB↑とAC↑の内積を表す. (60 京大)

問題の解答は
---Aは(2)だけにからんでいます.そこでB,Cを固定したときにAが存在する条件は?と考えると…
(解) OA↑=a↑ などとおくと

(2) ⇔ (b↑ - a↑)(c↑ - a↑) = p
⇔ |a↑|^2 - (b↑ + c↑)・a↑ + b↑・c↑ = p

[Aが存在するかどうかを考えるために、これをa↑についての方程式とみると]

⇔ |a↑ - (b↑+c↑)/2|^2 = |(b+c)/2|^2 - b↑・c↑ + p
⇔ |a - (b↑+c↑)/2|^2 = |(b↑-c↑)/2|^2 +p

よって, BCの中点をMとおくと,(1)とから

(2) ⇔ |AM|^2 = q^2/4 + p

すると,△ABCが存在するなら, q^2/4 + p > 0で,逆にこのとき,BC上にない点Aが取れるから,求める条件は

q^2/4 + p >0

11 :root▲▲ @株主 ☆:2010/06/12(土) 00:19:23
てす

12 :132人目の素数さん:2010/06/12(土) 19:42:02
受験数学と数学の違いって何よ?
制限時間がある所?

13 :132人目の素数さん:2010/06/12(土) 19:47:29
良問だとあまり違わないよね。
悪問だと解ける様に作ってるのが丸分かり。

14 :132人目の素数さん:2010/06/12(土) 20:47:34
>>12
新スタ演3Cのスタ演の問題と、佐武一郎の『線型代数学』を比べればいやでもわかるだろ

15 :132人目の素数さん:2010/06/12(土) 20:51:31
>>12
普通の数学だって制限時間あるだろ、「死」という

16 :132人目の素数さん:2010/06/12(土) 21:19:50
(キリッ

17 : ◆27Tn7FHaVY :2010/06/13(日) 02:08:59
>>1
お受験板でやれ

18 :132人目の素数さん:2010/06/13(日) 18:31:29
大人になっても
受験の数学なんかを話題にする奴は
大学での落ちこぼれ

まともな奴はこんなことは話さない

例 予備校の講師



19 :132人目の素数さん:2010/06/14(月) 04:36:54
受験だろうがなんだろうが数学は数学。
予備校の講師だからと言って、職業の卑賎はないぞ。

20 :132人目の素数さん:2010/06/14(月) 06:59:44
今朝の読売新聞に森重文が出ていて大学への数学の思い出を語っていた。
講演で印象的だった学コンのことを話したら、聴衆の中に元学コンマンがいて、その問題の森重文の答案を添削したと名乗り出たそうだ。

21 :132人目の素数さん:2010/06/14(月) 18:50:39
受験数学で飯をくってる奴は毒キノコだ
日陰から出てくるな


22 :132人目の素数さん:2010/07/02(金) 05:52:59
今高2で、学校でも塾でもまだ微積をちゃんとやってないんだけど
大学への数学は数IAの範囲だけでも買う価値はありますかね?

23 :132人目の素数さん:2010/07/02(金) 07:37:34
旧課程のが手元にあったんでちょっと見てみたけど、
必要十分云々とか因数分解とかだからいらんと思う。
整数問題?は1Aの範囲だけど何か専用の本あったじゃん。
むしろベクトルとか微積とか入試で頻出分野をさっさとやった方がいいよ。

24 :22:2010/07/02(金) 08:51:56
>>23
レスありがとう
わかりました微積がわかってきてから買いはじめることにします

25 :132人目の素数さん:2010/07/02(金) 14:21:53
月刊誌と黒表紙で食い違ってるぞ

26 :132人目の素数さん:2010/07/02(金) 22:08:57
ていうか、東大京大以外はスタ演だけで十分だけどね。
大数なんて毎月買う必要ない。
学コンや宿題に挑戦したいとかそんなんじゃなければね。

27 :132人目の素数さん:2010/07/03(土) 00:31:24
そりゃあ、数学が得意な奴ってのは、問題の難易度が客観的に判断できるから、
東大・京大以外の入試問題は難しくない、っていうけど、実際、高校の教科書は、
入試問題レベルの発想に至るまでの体系をごまかして書いてるし、試験場の緊張も
考慮しなければいけない。

28 :132人目の素数さん:2010/07/03(土) 08:00:34
受験数学は有害

29 :132人目の素数さん:2010/07/03(土) 10:12:38
>>28
答案の書き方を修行するいい機会だとおもうよ

30 :132人目の素数さん:2010/07/03(土) 12:15:30
受験数学は数学的感覚を鈍らせる

31 :132人目の素数さん:2010/07/03(土) 12:16:29
でも大学への数学がなかったら
多分今の森重文はなかったよね

32 :132人目の素数さん:2010/07/03(土) 13:39:51
関係ないんじゃないかな。


33 :132人目の素数さん:2010/07/03(土) 13:56:25
数学の楽しさに目覚めたのは
大学への数学の学力コンテストだったらしいぞ

34 :132人目の素数さん:2010/07/03(土) 14:00:13
目覚めたのは小学生のときみたいだだけど
学コンで腕磨いた経験はその後生きたんじゃね?

http://osaka.yomiuri.co.jp/science/weekly/20100614-OYO8T00297.htm

35 :132人目の素数さん:2010/07/03(土) 18:02:07
まあ受験数学のできない大数学者はいないからな。
難しいところだな。
国策で数オリに力いれても、優れた数学者が輩出されないのと同じで。

36 :132人目の素数さん:2010/07/03(土) 18:06:42
ガロアも受験数学はだめだったらしいね レベルが高すぎて
あほねこが高木、岡なんかを入試テストして落第!」なんてやるのかねええ

37 :132人目の素数さん:2010/07/03(土) 18:13:48
大学への数学が良いきっかけになった数学者は多いが
良い数学者は大学への数学も
大学の数学も
数学それ自体も
結局はちっぽけな世界に過ぎないことを知っている

38 :132人目の素数さん:2010/07/03(土) 18:27:25
中国の数学ってどうなの?
数オリではいつもトップだけど。

39 :132人目の素数さん:2010/07/03(土) 19:14:05
>>38
プラトンやアリストテレスに比べて孔子はどうなの?
と聞かれたときは、
「モンテーニュは取るにたらないと思いますか?」
と聞き返せばよいそうだ。
それ式に答えるなら
「溝畑は取るにたらないと思いますか」
とでも聞こうか。

40 :132人目の素数さん:2010/07/03(土) 19:43:00
ガロアは頭良かったけど、入試の為の勉強は一切してなかったからな。

41 :132人目の素数さん:2010/07/03(土) 19:51:42
ガロアは、命題を見ると証明が自然に頭に浮かんでくるっていうレベルの天才だからな。
ちょっと勉強すれば受験数学くらいできるだろ。

42 :132人目の素数さん:2010/07/03(土) 20:05:39
偉人のエピソードなんて、たいてい誇張されて伝えられるものさ

ラマヌジャンあたりは本当だと思うけど

43 :132人目の素数さん:2010/07/03(土) 20:14:22
ノイマンのスカートめくりは日本では語られていない。


44 :132人目の素数さん:2010/07/03(土) 20:29:18
ノイマンはセクハラが趣味だったらしいけど。

45 :132人目の素数さん:2010/07/03(土) 20:41:46
ノイマンならしかたがない

46 :猫に犬のクソ ◆ghclfYsc82 :2010/07/03(土) 20:42:53
彼はソレどころか「最初の原爆をサッサと京都に投下してしまえ!」
という主張を強行しようとした所を周囲に抑えられているそうですね。
まあ爆縮レンズの設計とか、原爆の基本原理にもかなりの貢献が
あった大数学者だそうですからね。




47 :132人目の素数さん:2010/07/04(日) 00:17:24
しかし受験数学を貶める時、
いつもガロアの話が出てくるな。
それ以外にないのかと。

大学入試に落ちたってだけじゃ、
数学は満点だったけどその他の科目が0点だったのかもしれんから、
受験数学が価値のないものだという論拠としては説得力に欠ける。

48 :132人目の素数さん:2010/07/04(日) 00:59:21
グランゼコールの点数が低かったことがわかってる有名数学者は
他にもいるのにな・・・ まあ無知は放っておけ

49 :132人目の素数さん:2010/07/04(日) 01:34:34
フォンブラウンがナチのSS将校だったこともnhkは語らなかった。

50 :132人目の素数さん:2010/07/04(日) 01:38:51
大数学者の例なんかだしてないで足元見ろよ

51 :132人目の素数さん:2010/07/04(日) 04:26:09
うるせえ黙ってろ

52 :132人目の素数さん:2010/07/04(日) 15:19:30
わかった黙ってる

53 :132人目の素数さん:2010/07/05(月) 06:47:22
>>47
他にも例いっぱいあるぞ。日本の例だしてみると。
代数幾何で最も若く、かつ世界的に有名な方は理科大卒。
(若いといっても40過ぎなんだがそれは後進が雑魚ばかりということ)
開成卒の数オリ金で有名な長尾君も代数幾何周辺を専攻してるけど
今の彼の年齢の時にその人はもう世界的に認められてた。

他にも関数解析なら北大で学位とった方が飛びぬけて優秀だし。
数値解析なら今東大で準教授されてる方が第一人者だけど、学部は明治。

日本は東大京大以外で研究者というと微妙な空気があって最初から目指す人が少ないけど
偏見が無くなればもっと優秀な人材が出てきてもおかしくないと思う。
上記したような例はたくさんあるし、そういうのを見てたら
受験勉強と実際の研究はまあ関係ないと思うわ。

54 :132人目の素数さん:2010/07/05(月) 07:03:46
どの時期に学問に本格的に興味を持ったかの違いだと思う。

高校の理科と古典が面白ければ俺だって東大行ってた。

55 :132人目の素数さん:2010/07/05(月) 07:45:44
こと数学に関しては、高校数学に興味持っちゃうと、その後は思いやられる気がするけどな

56 :132人目の素数さん:2010/07/05(月) 07:51:09
禿同

57 :132人目の素数さん:2010/07/05(月) 11:19:09
>>53
長尾君は世界的に認められていないわけ?

58 :132人目の素数さん:2010/07/05(月) 13:34:49
日本人はだいたい遅咲きだからな
早い人は海外へ行く

59 :132人目の素数さん:2010/07/05(月) 14:07:18
>>53
全部実名出して。
別にあなたの言いたいことを否定する気はないんだけど、
全部でっち上げかも分からん。

60 :132人目の素数さん:2010/07/05(月) 14:23:40
>>53
俺は受験数学に価値があると言いたいわけではないことは初めに言っておく。
ただ、論理的な問題として、学部で東大京大に行かなかったということが、
なぜ受験数学が数学研究に関係ないということの根拠になるのかがいまいち分からんのだけど。
せめて「高校時代は数学が苦手だった」というデータがないと。

私立中学など行かず、田舎の公立(進学校ではない)でのんびり子供時代を過ごして、
大学は明治・北大・理科大に順当に(数学以外ができなくて東大に落ちたとかじゃなく)進学し、
大学入学後に学問に目覚めて才能を開花させた、ってタイプなの?
(まあ北大はめちゃくちゃ優秀な北海道民が進学するだろうから、その人が東京にいたら東大に行くのだろうけど。)

なんか俺の印象では、一流の研究者の人って、何だかんだで有名高校出身で、
高校時代から数学めちゃくちゃ得意でした、って人ばかりだという感じなんだけど。

61 :132人目の素数さん:2010/07/05(月) 15:06:10
まああ 相関はつよいよね
とくに数学は

62 :132人目の素数さん:2010/07/05(月) 17:59:30
ここは高校数学も理解できない数学者気取りのスレですか?
高校数学を蔑んでる俺かっこいいとでも思ってるの?

63 :132人目の素数さん:2010/07/05(月) 18:32:12
↑ What are you talking about?

64 :132人目の素数さん:2010/07/05(月) 20:05:07
>>60
若々しいレスで好感が持てるんだが
残念なことに日本に一流の数学者はかなり少ないから前提が破綻してる。
目くそ鼻くそレベルだから正直本当にどうでもいい。

と言うと>>59みたくでっち上げと言われそうだから自分で試して欲しいんだけど
ttp://www.austms.org.au/Rankings/AustMS_final_ranked.html
これは他スレから拾ってきた数学の雑誌のランキング
URL見たらわかるけど、オーストラリアの数学界が出してる正式なものね。
あとは作業で、東大や京大の教員の業績を君自身が評価してみたらいい。
海外の一流大の教員との比較もオススメ。
ただAmerican Journal of MathematicsならAmer.J.Mathと略されるから
そのへんは適当に補完してくれ。各単語の頭から3文字ぐらいで検索したらOK。
無論、これだけで100%実情が見えるわけじゃないけど7,8割は当たってる。

出た結果の解釈は任せるけど、まあネガティブな結論に達すると思う。
君が高校生か大学生かは知らんが、
前者でも研究者のだいたいの業績は評価できるんだと知っておいた方がいい。
そうすれば東大教授=凄い!みたいな権威主義に迎合することもなくなるし
結果的にゴミ雑誌で業績を水増しするような穀潰しは減るしで良いことだらけ。

65 :132人目の素数さん:2010/07/06(火) 00:25:36
>>64
ちょっと何が言いたいのか分からないし、そのサイトの見方も分からない。
あなたのレスを一読すると、
「東大京大出身の研究者でも、世界レベルで見ればゴミ同然」ということ?
あるいは、「東大京大以外の大学で世界レベルの研究者は大勢いるから、東大京大は何の基準にもならない」ってこと?

俺が知りたいのは、
「大学受験の数学はできなかったが、研究者として大成した数学者がどのくらいの割合でいるのか」
その帰結として、
「『受験の数学の出来不出来など、研究の素質とは何の関係もない』とする言説の信憑性がどのくらいあるのか」
ということなんだけど。

そもそも日本に一流の数学者などいない、と言われれば、話は変わってくる。
>>53に挙げられてる人たちはガロアに比べればゴミクズレベルだろうから、
「ガロアの他に誰がいるのか」という問いへの答えとしては弱すぎる気もする。

66 :132人目の素数さん:2010/07/06(火) 05:33:53
客観的な主張を自分の都合の良いように解釈して反論するのはやめていただけませんか

67 :132人目の素数さん:2010/07/06(火) 14:38:40
>>66は何も具体的な事は言ってない
誤爆かもしれない

68 :132人目の素数さん:2010/07/06(火) 19:28:24
ガロアが受験に失敗したのは、ほかの事に熱中してたからじゃない?
どう考えてもガロアが受験数学できないとは思えないんだが。

69 :132人目の素数さん:2010/07/06(火) 19:38:30
ガロアの時代の入試方式がわからんから何とも言えん
ガロアはイギリスのトライポスみたいな問題は苦手だったかも知れない

70 :132人目の素数さん:2010/07/06(火) 21:19:34
というか、受験数学ができるレベルの基準がわからん。
東大理系前期、後期程度の問題をスラスラ解けるようなレベルか?
それとも、そこそこの進学校で割とできる方くらいのレベルか?


まさか、受験数学できないレベルが、一般の国公立の入試問題もちんぷんかんぷんな奴ではあるまい。

71 :132人目の素数さん:2010/07/06(火) 21:22:21
東大理系前期の入試で全部解いた時点で1時間以上余ったから、余白に複数の別解を書き連ね、教授もびっくりな鋭いセンスで問題の批評さえ付け足すレベルです。

72 :132人目の素数さん:2010/07/06(火) 21:49:10
忙しい先生もうんざりしたんだろうね

73 :132人目の素数さん:2010/07/06(火) 21:58:06
大数買うよりマクグロウの赤とかやったほうがいいよ。定番テキストで偶数番目だけ
問題とくのがおきまりの授業です。

74 :132人目の素数さん:2010/07/06(火) 22:17:11
俺は工房時に大数にハマって数学科行ったんだが、大失敗。
大数を恨んだぜよ。

75 :132人目の素数さん:2010/07/06(火) 22:23:18
なんで失敗だったの?

76 :132人目の素数さん:2010/07/06(火) 22:30:09
小賢しいテクニックしか身につかなかったからだよ

77 :132人目の素数さん:2010/07/06(火) 23:57:16
はみだしけずり論法とは何だったのか

78 : ◆27Tn7FHaVY :2010/07/07(水) 00:16:01
なぜお受験板でやれんのか!

79 :◆ghclfYsc82 :2010/07/07(水) 01:12:07
いや、とても有意義なので非常にエエと思いますね。
そやし「こういう議論」に対して水を差したらアカンと思いますね。




80 :132人目の素数さん:2010/07/07(水) 04:09:19
大数
数学ができると思ってる勘違いの集まり

数学科に行って落ちこぼれ
執筆者になり、ミイラを増やすのに貢献


81 :132人目の素数さん:2010/07/07(水) 06:05:06
灯台の問題って図かけば分かるけど、そのあとの計算がすごくまんどくさい
spi2みたいなもの。まんどくさい課題を与えて、発狂しないで最後までいけるか
をみている。官僚の性格適正テストみたいね。

82 :132人目の素数さん:2010/07/07(水) 06:22:40
京大はわかればシンプル

83 :132人目の素数さん:2010/07/07(水) 06:33:12
NASAも50問選択でタイムプレッシャーをかけて、間違えば減点でクイックシンキングの
性格適正テストだよ。数秒で爆発する世界だから、命がかかっている。ギリの世界。

84 :132人目の素数さん:2010/07/07(水) 07:32:55
数学の歴史は長いからな。
だからまずは受験勉強みたいに、形から入って、自ら本質を見出していくんだよ。

85 :132人目の素数さん:2010/07/07(水) 10:45:46
>>65
「東大京大出身の研究者でも、世界レベルで見ればゴミ同然」
「そもそも日本に一流の数学者などいない」かどうかを自分で判断しろってことだろ。
その為にわざわざ論文誌のランキングを出してくれてるんでしょ。見方がわからないとか意味がわからん。

まあ仮に「そもそも日本に一流の数学者などいない」とすれば
例えばアメリカの教育を考えれば『受験の数学の出来不出来など、研究の素質とは何の関係もない』は自明だろ?
だって博士課程になってはじめて微分積分を真面目にやるわけだからね。
日本のような熾烈な受験勉強が存在するのは韓国や中国をはじめとしてアジアだけ。

お前は色んなことが無知すぎるから議論の土俵にさえ上がれてない。
だからガロアとか何世紀も前の学者を出したりするんじゃないか。

86 :132人目の素数さん:2010/07/07(水) 13:15:31
早熟は人間性の劣化だと岡潔も仰ってた

だから俺はまだ自立しなくて良い

87 :132人目の素数さん:2010/07/07(水) 13:34:01
アメリカにはたいした受験勉強はないのかもしれんけど、大学へ入ってから
猛烈に勉強しないといけないのでは?
いつ勉強するかの違いだけなんじゃね?

88 :132人目の素数さん:2010/07/07(水) 14:18:51
>>85
言ってることが全然分からない。
馬鹿でも分かるように、書いてくれんか。
おっしゃる通り、こっちには議論するだけの知識も経験もありません。
だから意見を聞きたいんだけど。

『受験の数学の出来不出来など、研究の素質とは何の関係もない』
の妥当性はどうか。そしてその根拠は?

今のところ、>>53
「理科大や明治大出身者でも世界レベルの研究者はいるから、受験時の学力と研究の能力は無関係である」
という見解を出したわけだけども、
疑問点として
「理科大や明治大に行ったのは他科目が悪かったせいで、数学だけはとびきりできたのではないか?」
「世界レベルとは言っても、数学の歴史的には大したタマではないので、この程度なら大した能力がなくてもなれるのでは?」
という2点を挙げた。

そこで今の流れは、後者の疑問について、
「そんなこと言い出したら、そもそも日本に一流の数学者などいないと仮定することもできる。
だとすれば、受験の学力が研究の素質に無関係であるかどうかは、判断のしようがない」
ということになっているのかな。
「むしろ、日本には受験数学というものがあるせいで、その弊害でゴミレベルの研究者しか出てこないのだ」
という結論になるのだろうか。

89 :猫は人工無能 ◆ghclfYsc82 :2010/07/07(水) 17:28:28
>>88
本来は>>85さんのお返事をお待ちスルのが筋でしょうけれど、瑣末な私見を
ちょっとだけ述べます。私は「研究の素質」というモノが一体何であるのか
が全く判りませんが、私の経験から来る印象では:
★★★「大学入試というモノは単なる通過儀礼であり、従って合格さえして
      しまえば、何点で合格したかはその後には全く無関係」★★★
だと思いますね。つまり大学入試で要求されているモノと研究をスル場合に
要求されているモノとは「かなりすれ違っている」という印象です。ですが、
「この主張」を貴方が納得出来そうな形で説明を提示スル事は今の私には残
念ながら不可能ですから>>85さんの返事をお待ちするのが得策だと思います。
まあ確かに受験の学力みたいなシロモノであっても「無いよりはあった方が
宜しい」とは言えるでしょうが、受験勉強が然程好きではない人が無理をし
て受験の学力を身に付けようとして「何か別の要素」を失ってしまえば、そ
の結果として「研究の素質」とやらが失われがちであるという議論はしばし
ば耳にします。

まあコレと非常に似た事情としては、例えば「道具としての英語の習得」が
よく引き合いに出されます。受験の英語を幾ら勉強して点数が取れる様にな
っても実際に外国人と英語で話せない場合が殆どであるという認識が外国人
側にかなり根強くあり:
★★★「日本人は基礎教育で英語を6年間も勉強しながら何故喋れないのか?」★★★
という話題は何時も話のネタになります。

なお本来のお答えは>>85さんにして戴かなければなりません。お邪魔しました。




90 :132人目の素数さん:2010/07/07(水) 19:49:44
俺の指導教官は、最近の学生は演習問題が解けなさ過ぎると言ってた。
演習問題が解けたって何か面白いことが発見できるわけではないが、解けなさ過ぎる
と研究なんてできないんだよね。

91 :132人目の素数さん:2010/07/07(水) 20:11:14
合格報告とか三ヶ月優秀者の志望校見ると、
理三や医学部少ないよね。
いい傾向だと思う。

92 :132人目の素数さん:2010/07/07(水) 23:38:50
天才はセンター試験じゃすくえない

93 :132人目の素数さん:2010/07/08(木) 00:01:18
>>90
要はバランスの問題ですな

94 :132人目の素数さん:2010/07/08(木) 01:50:17
>『受験の数学の出来不出来など、研究の素質とは何の関係もない』
>の妥当性はどうか。そしてその根拠は?

時間制限があるかどうか。
時間制限があったら答案作りに数学的美しさもへったくれもない。
導くべき結論に方針が定められているか。
採点者が気に入るような答案かどうか。
絶対的で公平な採点基準は存在するのか。
そのような基準が存在しなかったら採点に有利不利が生じてくる。
形式はゼミや独学など普段やっている数学と同じものかどうか。
論理的にみると普段より飛躍が増えざるを得ない。
それ位すぐに思い付くだろ。

95 :132人目の素数さん:2010/07/08(木) 14:43:07
>>88
そもそも受験数学なんてもんがあるのは日本ぐらいなのに
それを物差しにして何かを判断するのはナンセンスだろ。

日本の数学のレベルはアメリカ、フランスの二大巨頭
次にロシア、イギリス、ドイツ、中国。
次にイギリス、カナダ、日本で第3グループだよ。

『受験の数学の出来不出来など、研究の素質とは何の関係もない』はどうでもいいというか
二流国家の判断基準なんて何の意味も持たないでしょ。
高卒フリーターが『東大生は頭でっかちで使えない』と言ってるようなもの。

96 :132人目の素数さん:2010/07/08(木) 16:33:13
アメリカとフランスが双璧ねえ・・・

第二次世界大戦がなけりゃ、今もドイツがNo1だったんだろうね

97 :132人目の素数さん:2010/07/08(木) 20:39:43
335 大学への名無しさん sage 2010/07/08(木) 07:39:30 ID:y0NqxdOc0
だからスペインだっつったろwww

98 :132人目の素数さん:2010/07/08(木) 23:09:04
>>96
ドイツの教育・教員システムを見てれば、現代は通用しないだろ

99 :132人目の素数さん:2010/07/08(木) 23:45:30
>>95
日本が世界トップクラスに入れないのはなぜなんでしょうか?
教育システム、受験システムに原因があるのでしょうか?

100 :132人目の素数さん:2010/07/08(木) 23:56:29
>>95
フランスとイギリスを入れ替えれば、軍事力レベルとほぼ重なるな

一位はガミラス帝国だけど。

101 :132人目の素数さん:2010/07/09(金) 00:06:53
教育システムもあるが、

アメリカ(人口3億、国民総生産14兆ドル)
研究予算年400億円、数学者の数1万人〜数万人?(民間にも多い)、博士年1000人

フランス(人口6000万国民総生産2.6兆ドル)
研究予算年200億円、数学者の数4000人〜6000人、博士年350人

日本(人口1億2千万、国民総生産5兆ドル)
研究予算年数十億円、数学者の数3000人〜4000人、博士年200人

ドイツ(人口8千万、国民総生産3.4兆ドル)
研究予算年数十億円、数学者の数4000人、博士年500人

という差はいかんともしがたいだろ。米仏は、国の中でも相対的に数学が
優遇されているので、人材が集まりやすい(アメリカの場合は世界中から
集まる)。

102 :132人目の素数さん:2010/07/09(金) 01:13:46
つーか、なんでアメリカなんつーここ数百年前にぽっと出たような国が世界のトップなんだよ。

103 :132人目の素数さん:2010/07/09(金) 05:02:36
>>101
なるほど、分かりやすいデータですね。
基礎研究にどれだけお金をかけ、どれだけ人材を優遇して集めるかで差が生まれるんですね。

じゃあたとえば、日本では博士課程を出てもフリーターとか無職とか自殺とかの結末が待っていると言われる、
そういうシステムに問題があると言っていいということですか。
そういうところで人材を大切にする社会的土壌なり、制度なり、そういうものが必要ということでしょうか。
だとすれば、それが米仏独にできて日本にできないのはなぜなんでしょう。
歴史とか伝統とか国民性とか?

それこそ、大学受験のせいで、「数学はつまらない、面白くない、何の役にも立たない、ただのパズルである」という先入観が
多くの国民や文系の政治家・官僚に植え付けられていて、予算を回してもらえないのではないかと思ってしまうのですが。

104 :132人目の素数さん:2010/07/09(金) 13:42:19
日本に数学者三千人もいるか?

105 :132人目の素数さん:2010/07/09(金) 15:22:41
学会には1000人ほど来るだろ

106 :132人目の素数さん:2010/07/09(金) 19:04:28
>>103
自分でも言ってる通り「一番は大事なのは金」であって
才能は育てるもので最初から絶対に無いと駄目という類のものではない
例えばアメリカなら週に50分の授業を3回して毎回大量の宿題を出す
そんで朝から晩までTAが常駐して質問を受けたり詳細な回答を配ったりしてくれる
だから上で言ってるように博士課程で微分積分を始めても追いつくわけ

じゃあ日本はと言うと杉浦解析入門を読めない奴はセンスがないとか
自分の頭で死ぬほど考えろとか根性論ばっかりだから人材を育てる気がない
また近代学問は全て輸入だから当時の理念までも持ってきてしまってて
それが消えずにガラパゴス島のようになってしまってる
例えば20世紀初頭は「役に立たないものほど美しい」という教養主義が欧米で流行って
MITは迫害されたんだけど、今はそんなこと言ったら鼻で笑われる
でも日本は今もそのノリで純粋数学偏重だから社会から見捨てられて予算が下りない
じゃあ純粋数学が凄いかといえば偏重してる割には全く大したことはない

博士についても海外だと珍重されて初年度の年俸が10万ドルを超えるのが普通
当然数学もこうで、というか数学はむしろ歓迎されてもっと厚遇な場合もある
日本のように無職やフリーターなんてことはありえない
ここまで読んだら日本ってゴミじゃね?と思うだろうけどその通り
しかもフランスやドイツなら授業料はタダ アメリカならタダ+生活費も出る優遇っぷり
だから君が高度な技術や知識で飯を食いたいならさっさと日本を捨てて海外に出るべき

107 :猫は人工無能 ◆ghclfYsc82 :2010/07/09(金) 20:03:46
neko


108 :132人目の素数さん:2010/07/10(土) 00:25:19
>>106
うーむ。多少大袈裟な感じはするけど、
問題点が分かった気がする。

日本は中学受験や大学受験はかなり"熱い"ものがあるけど、
その熱心さが大学以降で現れてくるのがアメリカなどの国なんですね。

日本の大学は欧米の大学とは根本の部分で在り方が違うんでしょうね。

109 :132人目の素数さん:2010/07/10(土) 00:27:42
仕事に対する責任感が違う。
日本はアメリカみたいに一度失敗したらやり直しは効かない。
学問の道に進むなら、当然計り知れない覚悟と自信が要る。

110 :132人目の素数さん:2010/07/10(土) 00:29:22
>>108
日本で大学に入ってからの競争を要求しても動かないでしょ。
企業が大学名でしか取らないから。

大卒要件や修士博士を厳しくして、出るのを難しくするなら、
社会が、大卒をもっと好条件で迎え入れないと。で、そんな
ことは起こらないから、日本の大学はまったりのまま。

111 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 06:17:24
>>106
> 週に50分の授業を3回して毎回大量の宿題を出す
> そんで朝から晩までTAが常駐して質問を受けたり詳細な回答を配ったりしてくれる
> だから上で言ってるように博士課程で微分積分を始めても追いつくわけ



> 杉浦解析入門を読めない奴はセンスがないとか
> 自分の頭で死ぬほど考えろとか

とは別に両立しないものではないとおもうんだが。


ところでここって書籍のスレだろ?

112 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 09:24:52
「大学への数学」をとっかかりとして数学にまつわるあれこれを話すスレだよ。


113 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 11:19:59
>>104
理学部数学教室(およびその類似)、工学部・理系単科大などの低学年
教育用教員、高専などを合わせて2000人くらいと聞いたことがある。

加えて、工学部の応用数学や統計関係も数が多いので、「数学者」の
数を世界で比べるなら3000人〜4000人が妥当なところ。
民間にはゼロではないが無視できる数(100人いないだろ)。

なお、日本数学会会員(学生、退職者含む)は、5000人程度で横ばい。

114 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:24:45
韓国語では数学の専門書は出せない

115 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:37:39
>>111
ここがわかりません⇒1:質問しに行け 2:わかるまで考えろ 両立してないじゃん。
確かに後者の方が「それっぽい」感じはするが実績には結びついてないんでしょ。
日本の教員の怠慢を正当化する為の詭弁にしか見えなくて、俺は印象がかなり悪くなったな。

116 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 17:19:20
日本のTA適当すぎ

117 :猫も惨敗 ◆ghclfYsc82 :2010/07/12(月) 15:34:30
neko


118 :132人目の素数さん:2010/07/13(火) 04:22:11
日本のTAは世界でも類をみない質だと思うが。
いつだったか、宿題のレポートで解析入門の証明を丸写しにしたらバツにされたから、
少なくとも、杉浦先生よりは頭が良いのは確定的に明らか。

119 :132人目の素数さん:2010/07/13(火) 07:47:28
>>118
これで皮肉のつもりなんだから、2chねらって頭の悪さが露呈してるよね

120 :132人目の素数さん:2010/07/13(火) 18:29:10
解析入門にも間違いがあるって話では?

121 :ワシは棒猫 ◆ghclfYsc82 :2010/07/13(火) 21:17:45
neko


122 :132人目の素数さん:2010/07/13(火) 23:10:40
まあ、大量に採点するから、授業で扱った証明以外だと理解できなくなるんだろうな。
あるいは教育的配慮といふやつか。

123 :ワシは棒猫 ◆ghclfYsc82 :2010/07/14(水) 00:24:56
neko


124 :◆ghclfYsc82 :2010/07/14(水) 17:10:18
neko


125 :132人目の素数さん:2010/07/14(水) 22:00:37
>>120
有名な教科書を丸写しして間違いと言われるのは

・本では細かい証明をはしょっていた。あるいは巻末の略解を写した。
・本では、別の定理の結果を使ってあり、講義ではその定理は扱ってない場合。
 先生は(TAは)、その別の定理の証明なり、全く別の証明を求めていた。
・(実数論など)教科書と講義でスタートになる公理系が違い、教科書の書き方
 だと、講義で扱った公理系ではナンセンスになる場合。
・教科書に誤植があった
・学生が写し間違えたw

いろいろ考えられるな。TAの勘違いの可能性もあるが、学生がアホだった
という可能性が高いだろうw

126 :132人目の素数さん:2010/07/14(水) 23:45:00
冗談やめてよねw
僕が日本の大学院生ごときよりも頭悪いわけないじゃんw

127 :132人目の素数さん:2010/07/15(木) 03:09:47
126が頭悪いかどうか知らんが、「宿題のレポートで解析入門の証明を丸写し」
するような奴は頭悪いわなw

128 :132人目の素数さん:2010/07/15(木) 16:33:19
文章を見れば頭が良いか悪いかなんてわかる。
どの本もやりこなせば、試験に際しての得点力は付くだろう。
けど、伊藤先生の参考書からはそれは感じられなかったから、俺はよまなかった。

129 :132人目の素数さん:2010/07/25(日) 12:46:42
平均的に言うと、大学で日本はアメリカに追い抜かれる・・・。

130 : ◆27Tn7FHaVY :2010/07/25(日) 13:23:53
日本の大学って大半 community college 未満じゃねーの

131 :132人目の素数さん:2010/07/25(日) 16:36:48
-----------------------------------------------------------
ここからは
「理系への数学」スレになります。

132 :猫は悪魔クン ◆ghclfYsc82 :2010/07/26(月) 13:38:08
まあそんな事を言わんでも「数学科大学院への数学」にでもしときや




133 : ◆27Tn7FHaVY :2010/07/26(月) 13:49:59
大学院予備校にでもいっとけ
オワットル

134 :猫は悪魔クン ◆ghclfYsc82 :2010/07/27(火) 21:14:42
ほんなら「学位取得の為の数学」にでもスルかァー
崩れっちゅう人かて沢山居てるらしいからナ。




135 :132人目の素数さん:2010/07/27(火) 21:16:45
【在特会】行動する保守のオフ22【主権回復】
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1279840269/
【在特会】行動する保守のオフ22【主権回復】
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1279840269/
【在特会】行動する保守のオフ22【主権回復】
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1279840269/


136 :猫は悪魔クン ◆ghclfYsc82 :2010/07/27(火) 21:35:40
「その話」は数学には無関係やないけェー




137 : ◆27Tn7FHaVY :2010/07/27(火) 23:38:08
D論代行とかあった気がするがなあ
スデニオワリ

138 :猫は悪魔クン ◆ghclfYsc82 :2010/07/28(水) 11:25:29
>>137
ああ、そうですか。まあ「日本版のディプロマ・ミル」みたいな話なんで
しょうかね。私も実は某氏から「自分の学位は金で買った」みたいな話を
聞きましたね、数学ではアリマセンけど。

まあ世間という無責任集団では「所謂専門家」という概念に対する根拠の
ない信仰心みたいなのが蔓延しているという現実がアルので、だから学位
とかを持ってると、まあ「箔が付く」という意味というか価値がアルと見
做されるんでしょうナ。そやけどこの「箔」という概念はどう理解したら
エエんでしょうかね、ワシには理解不能やがな。




139 :132人目の素数さん:2010/07/28(水) 19:51:11
<イギリスは反日国>
1998年5月23日に訪英した天皇・皇后両陛下に対して、英国のマスコミは超一流誌から
タブロイド誌に至るまで、実に胸のすくようなすばらしいキャンペーンを繰り広げた。
 まず、超高級誌の「インディペンデント」は、"Can you forgive them?"と、紙面最上段に
大きなゴチック書体を並べて、その見出しの下に天皇と他に3人の顔写真が計4枚、上下に
2枚ずつ同じ大きさで大きく扱っていた。左上が天皇で、他の三人のうち天皇の右隣りの写真
は、1988年に14歳少年に性的暴行を加えて殺し、さらに20人の少年たちの誘拐、
強制猥褻、殺人に関わった疑いのあるイギリスの凶悪犯人シドニー・クックであり、下欄の
2人は、1993年のリバプールで起きた幼児殺害事件で逮捕された当時10歳の少年殺人犯、
ロバート・トンプソンとジョン・ベナブルズだった。犯罪史上でも稀な凶悪殺人犯3人と天皇を
わざわざ同じ扱いで並べて、なおかつ写真のキャプションいわく−我々が悪魔祓いしようと
しているもの−とあった。
 さらには、英国王室が最高勲章のガーター勲章を天皇に授与すると4月に発表以降の
イギリスのマスコミは私が見ていてもうれしくてわくわくするようなすばらしい記事を続々と
載せてくる。
「アキヒトは疑いなき戦争犯罪者であったヒロヒトの息子である。その彼に英国の騎士道に
おける最高の勲章が贈られるとはお笑いだ。」(デイリー・テレグラフ4月9日号)
「アキヒトがガータ勲章を贈られると聞いて私は丸1日不機嫌になった。彼の父ヒロヒトにも
贈られたものだ。明らかに政治的利益のための交換メダルに堕落したそれをここに
バーター勲章と命名しよう。」(ウエスタン・モーニングニュース4月17日)
「間近に迫ったアキヒトの訪問が、世紀のサディストは誰か、という議論を引き起こしている。
日本人かナチスか、セルビア人か、あるいはポル・ポトか。彼らの統治の邪悪さや被害者の
苦しみに匹敵するものはない。」(ミラー4月24日)
 そして、とどめの一撃として、5月26日にロンドンで馬車パレードに望んだ天皇に対して、
一斉に尻を向けてブーイングを鳴らし日章旗を焼くという、実にスカッとするすばらしい行為を
行ってくれたのだ。
http://members.at.infoseek.co.jp/ukyup/o30-2.html

140 :猫は悪魔 ◆ghclfYsc82 :2010/07/29(木) 01:14:55
「外交の基本」は相手を分析して、然る後に「相手を騙す」事。(ワシの教訓ヨリ。)




141 :132人目の素数さん:2010/07/29(木) 02:39:31
>そやけどこの「箔」という概念はどう理解したら
>エエんでしょうかね、ワシには理解不能やがな。

猫が有名数学者としゃべったとか吹聴するのが「箔」づけや
おまえが一番つことるやろが

142 : ◆27Tn7FHaVY :2010/07/29(木) 02:47:01
犯罪歴も、まあ箔だわさ。
うまく使って生き抜いてくれ。

143 :猫は悪魔 ◆ghclfYsc82 :2010/07/29(木) 11:50:08
まあひとつには「敗戦国という事実」が超重たいんじゃないでしょうかね。
加えて有色人種に対する従来からの考え方が然程変わったとも言い切れま
せんからね。まあ「他所の国をけなす」のもひとつの外交手段という考え
方もアルでしょうしね。




144 :猫は悪魔 ◆ghclfYsc82 :2010/07/30(金) 01:35:19



145 :猫は悪魔 ◆ghclfYsc82 :2010/07/30(金) 16:44:54
猫 猫 猫
 猫 猫
猫 猫 猫


146 :猫は悪魔 ◆ghclfYsc82 :2010/07/31(土) 19:20:29



39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)