5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宇宙は”無”からうまれた?

1 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/12(金) 20:36:44 ID:???
???

2 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/12(金) 20:44:11 ID:???
  / ̄ ̄ ̄ ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (  人____)<
   |./  ー◎-◎-)  \______________
   (6     (_ _) )    カタカタカタ
   | .∴ ノ  3 ノ  ______
    ゝ       ノ  .|  | ̄ ̄\ \
   /       \__|  |    | ̄ ̄|
  /  \___      |  |    |__|
  | \      |つ    |__|__/ /
  /     ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕
 |       | ̄

3 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/12(金) 22:24:42 ID:RqiTLIpk
光って、時間てなんだ。わかり難いぜ!と思ってアニメや漫画、どこかで見た知識で
妄想してたら思い浮かんだので適当に書いていこうと思う。
意見を聞かせてくれ


4 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/12(金) 22:25:37 ID:???
プリキュアのビッグバンについて

5 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/12(金) 22:26:34 ID:RqiTLIpk
光中心の宇宙 (時間軸の獲得)

ふと思ったんだ。
時間ってなんだろうって考えて、それは光だろうと。

6 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/12(金) 22:28:30 ID:RqiTLIpk
光中心の宇宙(時間軸の獲得)の見方

ふと思ったんだ。
時間ってなんだろうって考えて、それは光だろうと。

7 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/12(金) 22:30:50 ID:RqiTLIpk
ここで宇宙誕生からの歴史を妄想する
 宇宙誕生→光(質量無限大、光時間が基準の世界)に浸った世界
 →その中から徐々に減速し、質量(人に計測可能な物)を獲得していく物質
(時間軸上の移動速度が遅くなり、光に置いていかれる)


8 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/12(金) 22:34:03 ID:???
???

9 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/12(金) 22:36:02 ID:RqiTLIpk
つまり最初は光の時間が基準だったが、その中の物質の反応の過程で減速した。
今も光と同じ時間軸方向に移動しているのは、この宇宙が光で満ちていた世界の延長線上にある証

すまん、妄想としてもう少しつきあってくれ

10 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/12(金) 22:37:21 ID:???
アニメの三杉

11 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/12(金) 22:39:05 ID:???
恥丘は”メコスジ”からうまれた?

12 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/12(金) 22:42:33 ID:RqiTLIpk
そこで疑問に思う。この宇宙で時間軸方向に(私達の未来へ)最速で移動する光は減速できるのか?
たしかブラックホールは光さえ捕らえる。それなら
 光を捕らえている部分の時間軸での移動速度=マイナス無限大
なのか?。もしそうならここでは時間は過去へと向かうことになってしまう。これは否定したい。



13 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/12(金) 22:46:38 ID:RqiTLIpk
理由としてブラックホールができる過程を妄想した。
超新星爆発により物質が光速(それ以上?)まで加速されるとその無限大に近い質量の影響を受けて空間に
時間軸上正反対のマイナス無限大のエネルギーが発生する(作用、反作用)。
結果その中心に時間軸上の移動速度がゼロの特異点が生まれ、ブラックホールが発生する。
特異点での時間の流れは存在しない。

14 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/12(金) 22:48:44 ID:???
・・・・・

15 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/12(金) 22:53:34 ID:RqiTLIpk
光に基づいたこの宇宙という空間において、そのルールを越えるものは存在できないのではないだろうか。
生まれたマイナス無限大のエネルギーは空間を突き破ってその向こう側の宇宙に伸びたか、
発生した分のマイナスエネルギーは片っ端からプラスエネルギーと対消滅していくのかも。
いずれにしてもこの宇宙で存在できる時間軸の速さは、ゼロから始まり光の速度である無限大までである。
と思うんだ(´・ω・`)


16 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/12(金) 23:03:18 ID:RqiTLIpk
つまりブラックホールが光を捕らえるのはマイナスではなくゼロの時間速度の為である。
そしてこれは時間速度無限大の光にとっては減速ではなく‥
なんだろね(´・ω・`)


17 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/12(金) 23:04:47 ID:???
光を基準にして時間を定めたのは、
この60〜70年でしょ?

18 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/12(金) 23:14:55 ID:RqiTLIpk
時間の流れは光が最も速く、特異点がゼロ。
特異点に近付く程時間の流れが遅くなるからブラックホールは維持され続ける(←いつか無くなるのか?

17>>人のルールは考えず、自然現象を妄想したんだ。

19 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/12(金) 23:34:02 ID:RqiTLIpk
また地球の時間速度が基準なら加速しようが、減速しようが(戻ってこられるなら)結果は同じだと思います。
トップなんか凄いし‥あれはものすごく時間の流れが遅い場所だったんですね。
様は自分が動くか、周りが動くかです          、多分。


20 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/13(土) 04:33:30 ID:bUNV6USx
時間軸を中心に妄想してたらなんとなく解釈できたんだが、物理現象として
何が起こるかはさっぱり分かりません。

見てくれた人には無駄な時間を使わせてしまってすまないと思ってる





21 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/13(土) 11:41:01 ID:???
ポエムの時間は終わったかい?

>>19
>トップなんか凄いし‥あれはものすごく時間の流れが遅い場所だったんですね。
トップをねらえ!のことか?あの世界はエーテル物理学の世界だから、我々の世界とは違う。
実際、劇中の時間の流れの描写は、現実の相対性理論のそれとは違っているし。

22 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/13(土) 13:32:47 ID:e1bavFc2
?????????????????

23 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/13(土) 16:31:20 ID:RlwLIUy1
一度生まれた特異点は維持されるとしたら
自然消滅してしまうマイクロブラックホールは時間の流れが遅いだけで
ゼロである特異点は存在しないってことにならないか?

消えるのは地球の時間速度がその時間速度を振り切ってしまうため



24 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/13(土) 16:44:53 ID:???
宇宙に限らず、全てのものは、「無」から生まれます。

25 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/13(土) 17:50:35 ID:???
そして無とは何だ?無の仕組みは?
という愚かな繰り返しができ、

無も明確に分類され無が無ではなくなる日がやってきます

26 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/13(土) 18:20:46 ID:???
ビックバン以前の世界はどうなっているんだ?
ビックバンが起こる前、つまり一つの星が大爆発を起こす前は、どういう世界になっているのだろうか。
それは人間が認識できる世界なのだろうか。よく「時間」も無く「空間」も無い世界なので我々人間には認識できないらしいと聞くが・・・。
また、タイムマシンが開発できたとして、今現在も宇宙は膨張し続けているが、やがて何億光年後に収縮し始めるので、その時点までタイムワープできないだろうか・・・。
またはタイムマシンとは全く別のものを開発できたとして、宇宙の外側に行けるくらいの物体が光速で移動する「超光速新幹線」なるもので、宇宙の端(事象の地平線)まで行くことは可能なのだろうか・・・。
もし仮にそこまで行けたとして、その先は光さえも届かない「無」の世界なので、やはり行くことはできないのだろうか・・・。
ならば宇宙の外側は、人間が認識できないくらいの高次元の世界、または時間も空間も無い完全なる「無」の世界なのだろうか・・・。
「無」の世界ということは、何もない(色がない世界)ということだよね?「時間」も「空間」も「色」がない世界・・・ブラックホールのように完全な黒ということでもない世界・・・まさに不思議な世界だ。。

27 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/14(日) 05:22:41 ID:???
>>21
ポエムって他のスレでも言ってる人がいるけど
物理学的な表現では無いだけで
非論理的とかそういうのとは違う一つの主張や考えではあるよ

28 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/14(日) 15:20:11 ID:???
>>27
実証可能性もなく理論的根拠もない、単なる妄想ではないか。
それがポエムでなくて何だと言うんだ?

「俺のポエムを聞け!」という主張や「こんなことを妄想してみました」
という考えだと言えなくもないが、いずれにしろ物理学ではない。
非科学的な主張や考えなら、やはりよそでやるべきだ。

29 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/14(日) 17:24:03 ID:???
>>26
>ビックバンが起こる前、つまり一つの星が大爆発を起こす前は、どういう世界になっているのだろうか。
ビッグバンは宇宙の始まりでもないし、大爆発で宇宙が広がったのでもない。
宇宙が生まれ、インフレーションが起こり、
そしてインフレーションが終わったところで宇宙のあらゆる空間で加速膨張が始まった。
そのが最初がビッグバンだ。

30 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/15(月) 20:40:17 ID:46FKtiO9
何故に無から地球の様なぶっちつが生まれるんだろ?

31 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/15(月) 22:56:37 ID:lpLng3pC
そもそも無の定義は?

 物体がないとか?

そこらへん解説しようか

32 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/16(火) 09:52:06 ID:???
「無」って物質も空間も何もない状態でしょ
しかも分母まで「0」だから計算のしようがない?

33 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/16(火) 15:15:11 ID:???
>>32

ふと思ったのだが、無というのは、少なくとも空間上では、
物質として存在の認められないもの、ということになる。

なら、空間上外ではどうなんだろう。

34 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/16(火) 16:14:14 ID:???
>>32
それはない。

そしたらなぜ宇宙が出来たのかという話になる       神が作ったというのはなしだからなw

35 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/16(火) 16:14:33 ID:???
 

36 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/16(火) 16:14:49 ID:NTjXCkmV
物質〜粒子?

37 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/16(火) 20:13:44 ID:NTjXCkmV
おい

38 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/16(火) 23:08:38 ID:???
中学生なんですけど、宇宙はビックバンで無から生まれたと聞いたのですが。
無から生まれた場合は、この世界と真逆の世界、つまりマイナスの世界があるのではないかと思っていますw
そんなことはありえないのでしょうか?

39 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/16(火) 23:18:21 ID:???
マイナスの世界って、具体的にどういう世界?

40 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/16(火) 23:26:20 ID:???
一言でわかりやすく言えば「パラレルワールド」と勝手に解釈しています。
無から有が生まれれば逆もありえるのでは?ということです。
中学生ですから難しい理論とかわからないので意味不明かもしれませんが、、、

41 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/16(火) 23:28:00 ID:???
とりあえず、無から宇宙、そして粒子が生まれ・・・とあるが、  あり得るのかね。
  エネルギーはどうなるのか?

42 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/16(火) 23:29:56 ID:???
無に対して強力なエネルギーを当て続けると物質が生まれるという仮説が自分の中で強くあるのですが。。。
物質が生まれれば反物質のようなものができる可能性があるように思います。

エネルギーは逆になるのでは?

43 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/16(火) 23:33:13 ID:???
真空のエネルギーとはなにか?

それは、通常の我々の概念を覆している。

何もないところから生まれるのである。

そしてエントロピーの法則にも逆らう。

普通の物質は宇宙の膨張とともに薄まるが、真空エネルギーは薄まらないというのだ。

44 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/16(火) 23:34:58 ID:???
なにもない状態からなぜ物質が出来るのか。
 エネルギーもないってことやろ?  これをすぐ神が作ったとかいいだす専門家がウザイ

45 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/16(火) 23:39:24 ID:???
無はそれ自体では変化もしないのではないのですか?
慣性の法則ではなんらかの力が作用しない限りはその状態を保持するといわれています。
ですから無から有に変わる際になんらかの力が作用したとしか思えないので(汗。。

46 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/16(火) 23:43:08 ID:???
無から有にかわる仕組みがわからんな。 エネルギーも何もなしにできるわけないだろ。 そこらへんな神の領域かも知れんが

 

47 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/16(火) 23:44:30 ID:???
それを考えるのが物理学だと思うんですが。。認識がちがうでしょうか?

48 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/16(火) 23:46:33 ID:???
哲学要素も含む専門家もいるよ。  
-------------------------------------------
宇宙はどのようにして誕生したのか?キリスト教世界の答えは単純明快である。
旧約聖書 創世記 第1章…神は初めに天と地を創造された…それから神は言われた、光あれ…つまり、
宇宙誕生は神の手による。それなら、天地を創造する前、神は何をしていたのか?この質問の答えも、キリスト教世界ではちゃんと用意されている。聖アウグスティヌス曰く、
「神は天地を創造する前には何もしなかった」
それでは答えになっていない!とわめくバチ当たりには、さらに別の答えも用意されている。
「神はそのような質問をする人を落とすために地獄を造ったのだ」
やはり、こういう問題は、科学に頼るしかなさそうだ。だが、その科学までが、このような人を食った答えを用意しているとしたら…
 

49 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 16:51:44 ID:???
そもそも無って??

50 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 18:57:51 ID:swo7OIsp
”無”とは、まったく何もない空間や場。
しかし残念、そもそも”無”は存在しない。
どんな空間も確率的揺らぎがある。
よって、”無”から宇宙が生まれたわけではない。


51 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 18:59:43 ID:iArIgOIw
つまり真空エネルギー課

52 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 19:03:05 ID:swo7OIsp
素粒子の世界では常に粒子やエネルギーがそこいら中から湧き出し、
対消滅している。たまに、空振りして消滅しそこなうこともある。
宇宙も同じような原理で、たまたま消滅しそこなっている最中と考
えられる。



53 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 19:05:41 ID:iArIgOIw
そもそも真空エネルギーとはどういうもの?

54 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 19:18:58 ID:swo7OIsp
全ての物質を吐き出して”真空”の小部屋を作っても、
素粒子は確率的に突然現れ、勝手に消えるので、
”真空”の小部屋の中は、真の空にはできず、
常にちょっとの素粒子とそれらが消滅する際の
ちょっとのエネルギーで満たされている。
これが真空エネルギーかなぁーって考えられている。

55 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 19:24:23 ID:???
そもそも真空エネルギーの概念とは?
  どういうエネルギーなのかな

56 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 19:24:24 ID:swo7OIsp
ちなみに、短絡的に真空エネルギー=宇宙創生の素と考えてはいけない。
宇宙空間創生のきっかけは、これと同じような、なんらかの確率的揺らぎがきっかけではと考えられている。
この「なんらか」をみんな必死に考えている最中ってところかな。

57 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 19:28:10 ID:???
真空エネルギーってどういうエネルギーなのさ?
 質量保存に反するよな?
 今までとは違うのか

58 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 19:32:08 ID:swo7OIsp
>>57
素粒子の世界では、力学は通用しません。
「どういうエネルギー」と言われれば、観測的には、素粒子が対消滅するさいの、ほんのちょっとの熱や光。

59 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 19:33:23 ID:???
素粒子がなくなるってことありえるの?

  突然物質が消えるってことやろ?

60 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 19:34:15 ID:???
>>59
死ね。

61 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 19:35:20 ID:???
>>60
お前が死ね カス

62 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 19:38:34 ID:???


素粒子は消えてなくなります  いわゆる神みたいなことです

63 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 19:40:20 ID:???
>>61
お前が死ね。カス。

64 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 19:41:09 ID:???
>>61
死ねよ関西人。

65 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 19:42:03 ID:???
キモイな

66 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 19:43:08 ID:???
>>60
だったら質問答えろ

67 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 19:44:15 ID:swo7OIsp
>>59
>素粒子がなくなるってことありえるの?
はい。実験で観測済み。

> 突然物質が消えるってことやろ?
不確定性原理的には「物質が消える」こともありかな。

68 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 19:45:02 ID:???























                                          落 ち  着 け

69 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 19:45:17 ID:???
>>59
死ねよ関西人。

70 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 20:26:17 ID:iArIgOIw
>>67
消えるときになにも放出されないの?

71 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 20:27:50 ID:???
>>67
単に正確に観測できないということを言っているのではなく、量子力学的な粒子は、本質的に、そういう不確かさを持っているという意味ですよね。
不確定原理とは。

72 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 20:36:05 ID:???
ブラックホールが消えてしまうとしたら、そこ落ちてしまった物質はどこへ行くんでしょうか。たとえば、太陽に何かを放り込んだとすれば、
それは熱や光、あるいは何らかの粒子に変化して放出されるでしょう。物質とエネルギーの間に変換が起きれば、普通はその間には相関関係があります。
理論的にはその放出されたものを観察することで元の物体がどんな性質を持っていたかという情報を再構成できるはずなんです。しかし、ブラックホールの場合、
ホーキング放射は量子力学的な現象でブラックホールに落ちた物質とは何の関係もありません。何を飲み込もうと、純粋に量子力学的な効果に従ってエネルギーを放出します。
もちろん、エネルギー的な収支は合っていますから熱力学のエネルギー保存即には矛盾しません。でも、そのエネルギー放射はブラックホールに落ちた物質とは関係ないのです。
だとすれば、ブラックホールを構成している物質やブラックホールに飲み込まれた物質の情報は完全に失われてしまうんでしょうか?

73 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/17(水) 21:16:24 ID:???

> はい。実験で観測済み。
  論文プリーズ

74 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/18(木) 05:22:25 ID:wDEFFecu
簡単に言えば素粒子にしてもなんにしても消える事を通過するという認識の方が正しいでしょう。
すべて流動している訳ですから生滅を繰り返している訳です。



75 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/18(木) 11:27:35 ID:???
>>71
量子サイズの世界だけの問題で、マクロサイズの物が
不確定的に存在しているわけではない。

そもそも量子サイズの領域で、サイズを意味自体に互換性がないだけ。


76 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/18(木) 13:01:34 ID:???
>>74
物質がエネルギーや他の粒子に
何も変わらずにただ消えるってことはありえるのか?

77 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/18(木) 13:06:11 ID:???
そもそも、宇宙の前の前はなんだったんだよ?

78 ::2010/02/18(木) 14:01:36 ID:a8d6Sf4o
超新星爆発でブラックホールができるんだけど、それを肉眼で確認すること
はできない。光され抜け出すことができない。何故質量のない
光が重力にとらわれるのかと言うと、重力とは空間の歪みだからだよ。
つまり、空間ごと全ての物質が圧縮されるんだなこれが。一次元になっちゃう
わけだよ。君達人間は宇宙が膨張してると思ってるみたいだけど、空間が物質
ごと膨張してるとしたら君達の目にはどう見えるかな?
おそらく自分の姿を見ても膨張していることに気がつかないでしょ?
宇宙を見渡してみて初めて膨張しているように見えるだけなんだよ。
逆に宇宙空間が物質ごと圧縮されればどうなるか?見た目には膨張している
のと同じように見えるんだなこれが。
驚くかもしれないけど宇宙は実は一次元なんだよ。
その中に二次元や三次元があるわけ(・-・*)
驚いた?

何でも聞いてね (*゚ー゚*)ポッ

79 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/18(木) 18:08:41 ID:ls8UGXAO
ワロタ

80 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/18(木) 19:34:50 ID:hHotiMOj
無から生まれるってそもそも真空エネルギーのことだろ?

81 ::2010/02/18(木) 20:26:29 ID:a8d6Sf4o
誰も何も聞いてくれないので勝手に喋るよ。
宇宙は巨大なブラックホールなのね。んで・・・
宇宙の始まりにビッグバンがあったっていうのは間違いなのね。
実はビッグバンとビッグクランチは同時に起こるのね。
後で説明するけど。この宇宙で発生する
ブラックホールは宇宙の中にある小さな宇宙なわけ。この構造が
無限に続いてるの。宇宙が一次元って言ったのはそのためね。
ブラックホールの内と外では次元の捉え方が変わってしまうのさ。
収縮してる宇宙の内側からは宇宙が立体的で球体のように感じられる
んだけど、外から見たら立体的どころか存在すら見えないのね。
そして無限収縮してるが故に一次元なんだよ(・-・*)
多重宇宙ってやつなんだよね。
ついでに言うと宇宙の年齢が数百億年というのも間違いね。
もっと途方も無く長いんだよ。君達のいるブラックホール(宇宙)
の年齢はそのくらいかも知れないけどね。

さて、ビッッグバンとビッグクランチが同時に起こると言ったけど、
これもブラックホールの内と外では見え方が違うのと同じことなんだよ。
外から見ると収縮してるように感じられるけど、中からだと収縮してるん
だけど物質ごと収縮するから、見え方としては膨張してるように
感じられるわけ(・-・*)

ビッグバンとビッグクランチが同時に起こるっていうのはそういう
事なの。
驚いた?

82 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/18(木) 20:42:31 ID:???
(・-・*www

83 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/19(金) 00:34:31 ID:???
>>無に対して強力なエネルギーを当て続けると物質が生まれるという仮説が自分の中で強くある

なんだそれ?中学生で何を言ってるんだね

84 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/19(金) 00:36:05 ID:???
いや、

85 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/19(金) 01:17:47 ID:???
スレちかもしれんが…

完全なる「無」(質量、粒子、エネルギー等)があると仮定すると、時間と空間の存在の意味がない…っと思うのだが?
つまり時間も空間も「無い」ってことかな?
しかし宇宙は存在している。
それは突然、ビッグバンによって物質と時間と空間が出現したってこと?
やはり仮定が間違っているってことか?


86 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/19(金) 01:22:51 ID:???
それはない?

そもそも時間という概念は?


87 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/19(金) 01:53:14 ID:???
なぜ時が流れていると判るのか?
それは「物」が変化しているからではないだろうか?
では変化する「物」がなければ、どうなるか?
時が流れていようが、時が止まっていようが、それでは「時間」に意味があるとは思えない。
それゆえ「時間」が「無い」と表現した。


88 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/19(金) 02:50:04 ID:fDwOfvaL
そりゃ専門的に勉強して後で質問せよ。
どうやってこの現代物理学が成立され、なぜその提案が出たのかも
分からないくせに、小説なんか書いてるのか。
上の質問を答えるために正常状態宇宙論とかもいるだよ。
BIGBANG理論が正解もないただの理論として、今までも一般的に
正常状態宇宙論より優位を占めているが、
近来この理論を融合しようことも進んでいるんだぜ。

89 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/19(金) 07:17:50 ID:QbaDxCmX
超ひも理論ってなんなの

90 ::2010/02/19(金) 07:57:49 ID:Z/hUyMnj
おはよう〜みんな(・-・*)

>>85
あんまり難しく考えちゃだめなの。時間と空間というのは観測する者がいて
はじめて成立する概念でしかないのね。
観測する者がいなくても空間や時間はどこにでも存在するの。
難しく考える人は宇宙空間そのものが存在する有と考えるようだけど、
宇宙そのものは実は無なのね。だって一次元なんだもん。
その無の中に有が漂ってるの。

二次元や三次元が一次元の中にあると言ったけど、三次元が何かは皆は
知ってると思うの。では二次元は何かと言うと、実は時間と空間が
二次元なのね。一次元の中にある平面世界なんだよ。
この世界が多重宇宙っていうのは説明したよね?つまり、宇宙から抜け出せた
としても、新しい宇宙に飲み込まれても、どこまで行っても時間と空間も
存在しちゃうの。

一次元の中に二次元・三次元があるけど、多重宇宙の中にあるということは、
三次元の中に二次元・一次元が存在してることにもなるってわけ。
この世界そのものが矛盾によって成り立ってるのね。だからこの世界には
時間と空間のように必ず対になるものが存在してるんだよ。
ちょっと哲学的だけど、完全な無は完全な有に等しいのね。
解りやすく無と有を闇と光に置き換えるの。闇の中に観測者がいたと仮定
すると、観測者には闇だけが広がってるように見えるだけなのね。
光の中だと光だけ。つまりは何も見えてないことと同じなの。
世界が矛盾で成り立っていると言ったのはこのためね。

驚いた?

91 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/19(金) 11:47:01 ID:???
>>85
光速不変の原則を信仰してから始まった矛盾の流れだよ。

観測できない何かは想像するしかない。この時に原理が不変という
信仰から始まればいいんだが、観測した関係で成り立つちおう
因果関係をもとに存在を理解する思考が信仰されている故に、
すべては観測したらという立場で考えるってことになる。
観測できなくても、存在の性質原理を信仰していたら
そういう観測など無視できる状況の仮説も建てられる。

まあ実証も反証も常に観測だから、観測が正しいって基盤を
捨てることは無理ってこと。

素粒子もすべて判明したら、その上に数が増やされ、真空も無では
困るってことになれば、真空も何かの素粒子が存在するって話になる。
仮説の仮説の領域でも論理として説明が成り立つという信仰があるからだ。
反証不可能ではなければ反証可能性があると思い、誇張され
反証可能であると言い訳をする。希望的妄想に等しい。

92 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/20(土) 00:44:18 ID:???
>>91
そういうことは、光速不変を使わずに物理現象を説明して見せてから、言え。

93 ::2010/02/20(土) 20:04:07 ID:BuUV20Cx
やあ(・-・*)

今回は宇宙の創り方を説明するの。
前にも言ったように宇宙っていうのはブラックホールなのね。
ブラックホールってどうやって出来るかは知っている人もいると思うの。
あとはどんな条件が揃えば出来るかなんだけど、それを話す前に重力について
話すね。重力が空間の歪みという話は前にしたね?
ではその逆の反重力は何かと言うと「歪まない空間」ということになるの。
歪まないものね。それは何かと言うと実はエネルギーがそれなの(・-・*)
だから光は空間の歪みによって曲がることはあっても止まることは無いのね。
唯一止まるとすれば重力と反重力が均衡する所なのね。その場合光は止まって
るから消滅したも同然なんだけどね。これは重力の影響が弱い宇宙の
外縁部で起こるの。君達人間の言うフォトンベルトなんかじゃないよ。

この均衡が恒星周辺で起き、なおかつ反重力と重力が均衡したらどうなるか?
通常は重力の方がが強いから反重力であるエネルギーを外に吹飛ばして・・・
厳密にはお互い反発する・・・さらに厳密には重力は空間を収縮させ、エネルギーは
重力を無視して拡散するのね。この力関係が恒星の周辺で均衡した時爆縮が起こるの。
ブラックホールの誕生だよ(・-・*)

重力という言葉で説明したけど、引力に置き換えてもいいよ。
これは小さな物質にもあるよね。小さな物質で力の均衡を実現したら・・・
それでもブラックホールは出来ちゃうの。
最近4兆度がどうとかっていうニュースがあったと思うの。
あれって凄く危険な実験なのね。死なないように頑張ってね(・-・*)

94 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/20(土) 23:19:20 ID:???
ダークエネルギー=???

95 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/20(土) 23:19:54 ID:???
エネルギーとは一体どういう概念?  何らかの物質化。

96 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/20(土) 23:25:52 ID:???
(・-・*)チュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ

97 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/21(日) 00:13:00 ID:???
>>93

門外漢なのでよく分からないのだが・・・・
君の主張は、多重宇宙創成論の様だけれども、それは理論物理学では一般的な見方なのですか?
それとも仮説の域を超えない一部の学説なのですか?
時間も空間も物質もない「無」の状態から突然エネルギーの揺らぎによって物質と反物質が生まれ
たり消滅したりするのを知覚できず再現も出来ないなら、その理論的正しさの証明は何によって得ら
れるのです?

98 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/21(日) 01:37:26 ID:???
そりゃ哲学

99 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/21(日) 08:51:14 ID:???
なるほど。無は存在しないと..
そー考えればイロイロ説明がつくか。。


100 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/21(日) 10:29:35 ID:???
宇宙創成から話が脱線する様だが、事の起こりについて私的戯言を・・・・
学問未分化であった古代、真理の追究という点に於いては科学も哲学も神学も同じ
領域だったのであろうと思う。
細分化が進む現代でも物事を突き詰めれば古代と同じ様な疑問に辿りつく。
因果・・・・原因と結果を表す字句として因果応報などとも使われ、事の起こり、
つまり原因として或る「有」の状態を想定するけれども、一方「因果は廻る」とも
輪廻ともいう様にどの時点も原因と成り得ることが出来る。そう考えれば、原因は
止め処がなく、事の起こりが無いに等しい。
科学の視点から無から有を生むとは考え難いが、もし有が有を生む起源に際限が
ないのだとすれば理解は早そうな気がする。

101 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/21(日) 12:39:33 ID:???
物理と哲学が一緒になってるらしい

102 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/22(月) 18:21:14 ID:???
哲学物理学者うざい

103 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/22(月) 19:59:33 ID:???
>>102
物理板なんだからまともな反論しなさいね。

104 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/23(火) 03:50:59 ID:???
「無」なんて言わずに、単にスケールパラメーター 0 で真空の状態って言ってたら、
こんなに想像かきたてられる人も出なかったんだろうな

105 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/23(火) 14:53:21 ID:???
まぁ、それだけ多様な想像が許されるほど、
得体が知れず、かつ、面白いんでしょうね。

106 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/23(火) 14:57:45 ID:SRelN8+y
>>104
なんだそれ?  そんな理論初めて聞いた

107 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/23(火) 14:57:59 ID:???
スケールパラメータ -scale parameter-
 宇宙原理によれば、ある時刻における銀河間距離の、現在のそれとの比はどの銀河間でも同じである。この比はスケールパラメータと呼ばれる。
宇宙の真の大きさはわからないが、スケールパラメータが大きくなれば宇宙も大きく、小さくなれば宇宙も小さくなることがわかる。

108 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/23(火) 15:11:31 ID:???
恥丘は”メコスジ”からうまれた?

109 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/23(火) 15:28:10 ID:SRelN8+y


110 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/23(火) 23:06:37 ID:???
お前らにこのサイトに関して意見を述べてくれ
http://www.benedict.co.jp/Smalltalk/talk-29.htm


----------------------------------------

■時間はどのようにして始まったか■
 『時間はどのようにして始まったか』という論文(※1)が、それを暗示している。著者は、日本を代表する大学の教授であり、宇宙論研究の世界的な指導者だという。その論理は明快で、結論も鮮烈だ。結論をそのまま引用すると…
「特異点から宇宙が始まるということは、まさに神の一撃から世界が始まったという神による世界創造を科学的に示したとも解釈できるのである(※1)」
つまり、宇宙誕生は神の手による。

111 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/23(火) 23:09:50 ID:???
高校の物理で習うニュートンの方程式は、ある意味、本物の予言者である。たとえば、野球のボールを投げたとして、
その未来の道筋を完全に予測できるからだ。予言に必要なデータは、ボールを投げた瞬間の角度と速度で、使用する式もたったの2つ。
宇宙の摂理の美しさと、それを発見したニュートンの知力には驚嘆させられる。
 であるなら、もっと完全な方程式があれば、宇宙の過去も未来も予測できるのではないか。そんな都合の良い方程式があるものかと思いきや、実在する。
アインシュタインの一般相対性理論だ。この理論では、まず、宇宙は3次元の空間と、その中にある物質と、時間とで構成されると仮定する。そして、
ある瞬間の宇宙の状態が分かれば、宇宙誕生までさかのぼることも、その後に続く宇宙もすべて求めることができるという。実際、この方程式を解くことにより、
この宇宙が130億年前に『無』から誕生したことが分かっている。
 ところが、完全無欠に見えるこの理論にも弱点がある。それは、予言の的中率が100%ではないということだ。確率的な要素、つまり『偶然』からは逃れられない。
つまり、どうがんばっても、一定の精度でしか観測(予言)できないということだ。たいていの理工系の学生が打ちのめされる量子力学が、これを数学的に証明している。
「当たるも八卦(はっけ)、当たらぬも八卦」は、科学の世界でも生きている。
 一方、一般相対性理論の創設者アインシュタインは、この量子力学に敵意をいだいていた。その理由は「神はサイコロはふらない」。

112 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/23(火) 23:21:57 ID:???
 

113 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/23(火) 23:57:24 ID:???
無なんてどこに有るんだ。

114 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/24(水) 00:11:41 ID:???
なんだこの哲学は?
   このサイト、天才の定義とか意味わかんねーナ

115 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/24(水) 00:12:21 ID:???
なんだこの哲学は?
   このサイト、天才の定義とか意味わかんねーナ

116 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/25(木) 13:52:54 ID:???
宇宙って真っ白でもよくね?

117 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/25(木) 16:44:01 ID:???
物理学は「宇宙」の誕生を探求する学問
「世界」の誕生を探求する学問ではない
哲学板池

118 :            :2010/02/25(木) 18:13:11 ID:???
哲学板もお断りです!(キツパリ)

119 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/26(金) 20:03:07 ID:ZEuKr8CU
今では並行宇宙だっけか?
その信憑性も高まってきてるらしいから
それがあの世ってやつなのけね?もし本当にあるなら輪廻ってのにも
納得できるわけだが。科学は否定しないけど学者って数字しか信用しないからなぁ。
数字しか信用しない学者と否定することばかりの学者は信用してはいけないと
思うんだ。
どんなにバカな人の集団でも集団になりゃ無いものをあるとは言わんでしょ。
俺は神話の世界も本当にあったんじゃないかと疑いはじめているんだ。
ファティマの奇跡を科学でどうやって否定すんのかその根拠を学者に聞いてみたいもんだ。
話がそれてゴメン。

120 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/26(金) 21:31:44 ID:???
とにかく証拠出せよ、というだけじゃないの?
平行宇宙も面白いけどね。

121 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/26(金) 22:05:06 ID:???
>>117

宇宙の誕生・・・ねえ・・・。

とりあえず身の周りというか、自身も含めて運動変化しているだけだよね?

122 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/26(金) 22:10:37 ID:???
お友達に半身浴を薦められ、やってみましたがうまく行きません。
鼻や耳にお湯が入ってしまいます。

右半身ですか?左半身ですか?

困っています。

123 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/26(金) 22:14:17 ID:ZEuKr8CU
>>117
数学で円周率の計算といてから言うべきことだなそれは。
解けないなら探求もクソもない。
可能性は0か∞かしかない。宇宙の謎を探求するってのはそういうことだ。

124 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/26(金) 22:15:30 ID:ZEuKr8CU
>>122
上半身だよ

125 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/26(金) 22:45:08 ID:08uLasjn
犬神家ですな

126 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/26(金) 22:49:07 ID:???
>>122 の内容が、面白いなぁ。

発想の転換の大切さを思い知らされる。

127 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/28(日) 13:31:56 ID:???
ごく単純かつ具体的にいうと「無」なんてものは存在せず、
エネルギーだけが有り、その濃淡の違いが存在するだけなんだ。
いわゆる「真空」とか「無」とかいう状態というのも、エネルギーが極小な状態のことなんだ。

128 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/28(日) 14:03:16 ID:???
まあ、あくまで仮説だけども。

129 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/02/28(日) 17:41:17 ID:???
無が有ったら面白い。

130 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/01(月) 00:33:01 ID:H264g4/n
>>127
エネルギーの定義は?

無は有るよ、エーテル物質で満たされているのが真空空間。
エーテル物質が無い空間が無空間。⇒光(エネルギー)伝播しない。


131 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/01(月) 01:26:36 ID:???
宇宙の生まれなんか科学の範疇に無いから止めとけ
数理的なお遊びだ

132 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/03(水) 01:33:41 ID:UTYXlZ8c
あああああああああああああああ?


















チョン

133 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/03(水) 02:24:21 ID:FY10fiCX
無 この奇妙な、無からプラスのアンパンが生まれ、マイナスのアンパンが
生まれ、全体は無だが、プラスのアンパンはプラスの人が食べて、マイナスの
アンパンはマイナスの人が食べれば、両方とも満足するとすれば、無から満足が
生まれる。これは何だ。何かおかしい。と思った。しかし。そこで私は人類史上
最大の発見をしたのだ。

134 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/03(水) 22:53:13 ID:???
ようわからん

135 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/04(木) 00:42:51 ID:???
てーか、無らしい無がないから、無から宇宙ができてしまったのではと。

136 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/04(木) 02:00:31 ID:BDEEI1PP
はじめからあった

137 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/04(木) 13:37:18 ID:???
いくら膨張しても圧力低下しない真空エネルギー圧により
我々の宇宙は今も膨張を続けている・・と。
どうもげせんな。。

138 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/04(木) 17:54:47 ID:???
なあ、宇宙って本当に膨張しているのかどうかは、端っこ確認しなきゃわからないだろう?
観測できないのに確定しているがごとき発言はなんだかなあ。

139 :お父さんに噛まれた肉:2010/03/05(金) 00:40:17 ID:9evNEBbq
物理宇宙が無になったら、情報宇宙も無になる数学的な証明って存在する?
誰か教えてください。

140 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/08(月) 13:10:41 ID:36jcAlR9
時間の流れの中に宇宙が生まれたと考えるからおかしくなるんじゃないの?
時間は宇宙の中で流れるもんでそ?

141 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/08(月) 16:00:28 ID:???
物理学はブラックホールを予言し、実際に観測された(実在した)。
これは物理学的論理=この世を支配する普遍の法則といっていい。
そして物理学は数学的論理によって成り立っている。
数学的論理はもっと単純な算数的論理によって構成されている。
さらに算数は数字によって成り立っている。
数字の中でもっとも根源的なものはなにか?
それは「0」だ。

よってこの世の始まりは「0のような世界」、「無」といえる。



142 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/08(月) 16:06:51 ID:???
宇宙背景放射の発見というのはけっこう昔から疑義があった。
数年前にも天文学者から疑わしいという論文が出ている。
ブラックホールもけっこうホンマかいなという科学者は何人かいる。

ある現象を科学者たちは理解に失敗していることはけっこうある。
宇宙背景放射が間違っていたとしたら四十年の誤解の歴史ということになる。

143 :存在 ◆EbFMJl5VPE :2010/03/16(火) 16:53:02 ID:???
そもそも無なんて無い。これを照明する。
宇宙は何も無いところから生まれた。しかし、ところといってる時点で
存在する事になる。つまり、矛盾している。
なので、無など無い。

144 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/16(火) 17:16:13 ID:???
無は0、有は1とすると。
無が無い、0×0=0
無が有る、0×1=0

どちらも同じことである。

145 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/17(水) 08:06:03 ID:9/Mbg2wW
無からではないかと。
原初にあっのは・・・混沌?

146 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/17(水) 11:53:20 ID:???
無=存在の否定

「存在の否定」の存在?w

147 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/17(水) 15:55:23 ID:S1CO8cOh
無。
無の空間があるから有が存在できるけど、有がなければ無は出来ないし、無や元からある一つの有に時間を捉えても仕方無い。

だから常に反応が起きて流体を形成した結果、その中の有同士による干渉を起こす。

無同士が干渉する事はなく
有が無に干渉することはない
同じ有同士が同じ位置に存在することはできない
しかし有は無の上に存在できる


無も有も今があるために必要だし、無がなければ物質は移動することはできないだろう。

148 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/17(水) 18:44:48 ID:???
うーむ。
この世界は全て、有で出来ていると思うんだが・・

入れ替わるわけではなくて、押し出してるわけで・・

大気中なら移動ができるけど、コンクリートの中は移動できない。
ワレワレは結びつきの弱い物質の中を、かき分けて移動しているわけだ。

149 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/17(水) 19:02:49 ID:???


150 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/18(木) 08:05:45 ID:GrK7o2xc
無の空間って時点で無じゃないよね、
無ってのは空間すら無いって事でしょ。

151 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/18(木) 17:29:54 ID:???
>>150
数学とは違って0というのも力の一種になっている。
0の空間≠有の空間



152 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/18(木) 21:59:42 ID:???
「存在」とは、「何か(具体物でも全宇宙でもいい)がある、という“こと”、“事態”」なのであって、「存在という“もの”」なのではない。

同様に「無」とは「何かが存在しない、という“こと”、“事態”」であり、「無という“もの”」を実体として論じたり扱ったりすることはできない。

153 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/19(金) 21:23:15 ID:???
11次元のバルクの上に浮いてる無限にあるメンブレンの接触

154 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/21(日) 20:17:37 ID:1C5IvJ94
アインシュタインは認めたの?”無”と

155 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/22(月) 01:00:20 ID:GOwcXaDt
う〜無?

156 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/22(月) 01:48:36 ID:tP1Ia25p
物理学で言ういわゆる無とは、真空エネルギーのことで、
真空エネルギー内で起こるなんらかの行過ぎ作用によって、
その行過ぎ作用の起こった部分が真空エネルギーでいられなくなり、
物質の最小単位に変化する。
大抵、その生まれたものはすぐに真空エネルギーに戻ってしまうが、
まれにこの宇宙のように生まれて長続きする場合もある。


157 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/22(月) 02:11:30 ID:???
この世の全て=エネルギーである。完全な無など其の名のとおり存在しない。
ただ、エネルギーは全体に渡って一様におなじ濃さではない。
真空も物質も、その他のこの世のあらゆるものの間にある差異は、
エネルギーの濃淡の違いによって作られるのである。
そしてエネルギーが最も薄い場所、エネルギーの最低状態が真空なのである。

158 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/22(月) 04:49:36 ID:???
最近は真空って無じゃないんだろ?
常時粒子が対生成してぶつかって対消滅してるって聞いたが

159 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/22(月) 06:56:10 ID:LwbJaZRb

無から有が生じることはない。
万事流転する。
無から有が生じたように見えるのは、変換される元を人が知らないだけである。

160 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/23(火) 21:20:59 ID:B7kHSgB8
エネルギーとは何か?
真空が無だと証明されてはいない。
重力が何かもわかっていない。

真空は電子と陽電子の対で作られた真空物質(エーテル)で
満たされていると考えると色々想像出来て面白い。

161 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/24(水) 10:34:19 ID:???
真空が何かの物質で構成される、とかって物質依存で考えるべきじゃないと思うが
そんなんじゃなくて、宇宙とは何かの塊であり、その何かが、物質とか真空とかに姿を変えてるんだよ
その何かは力学的作用なんかにも姿を変えるし、もうなんでもありなんだよ

162 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/24(水) 10:53:02 ID:???
>>161
世の物理学者はその「何か」を「場」と呼んでいるな。
で、何か新しい主張でもあるの?

163 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/25(木) 03:50:25 ID:???
>>162
じゃあ、適当に

真空は無どころか、有の中の有、有の中でも完全体でしょ
真空はちょっと低く見られすぎ、むしろ物質の方が無に近いね
宇宙が無から出来た、とするなら当然逆もあるよね
つまりその「何か」が集まると無になるね
ブラックホールの中心もなんかそれっぽいしね、もう間違いないかもしれない

164 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/25(木) 12:18:51 ID:???
エネルギーは高いところから低いところへ自然に移動するだろ。
そのエネルギーが極端に低くなったのが真空だ。
その逆に、物質はエネルギーの塊。
原子はおそらく渦巻くエネルギーだと思うんだ。

165 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/26(金) 00:56:05 ID:???
>>164
その説は古くないか?真空から反物質とりだしたとか、新しい理論で
真空では、常時対消滅と対生成が起きてるとか
実は何も無い「から」じゃないんじゃないかって

166 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/26(金) 11:01:06 ID:???
>>164

某さんがかなり前から主張していた説だね。
俺もなんだかwそれが一番理解しやすい考え方だとひそかに支持している。

167 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/26(金) 13:19:17 ID:Mm2L810N
この宇宙は1つのエネルギーの塊
真空のエネルギーというやつも真空の中にエネルギーがあるんじゃなくて
時空そのものがエネルギー
なんちゃって

168 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/26(金) 20:41:46 ID:???
万人が認める「無」の定義を教えて下さい

169 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/26(金) 20:48:54 ID:???
>>168
あなたが死んだ後にあなたが見る世界のことだよ。

170 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/26(金) 22:03:42 ID:???
>>168
学者肌と哲学肌でも違いそうだが、
最近の無は、何も無い「空っぽの無」
とは変わってきてるようだ、
あくまでまだ理論だが

171 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/26(金) 23:02:03 ID:???
>>169 ……
>>170
ここまで読んで、人によって「無」の定義・解釈が違うから
すり合わせをした方がいいと思ったんですけど…

自分には、難しくてわからんです。

172 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/26(金) 23:25:18 ID:8/7lFpBZ
この宇宙とは巨大(物質的な意味では無い)な意識体が意識の中に
創造したもので我々を含め物質も全ては実体ではなく仮の姿である。

173 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/26(金) 23:31:38 ID:Mm2L810N
定義も何も真空を無とするなら、わざわざ無などと言い換えずに
真空と言えばいいだけ。
無というのは一切何も無い事、絶対的に何も無い、言わば絶対無。
つまり無とは絶対の世界。
それに対して空間というのは時空という言葉からも分かるように
相対的なもの。
相対的である空間が物質0の状態だからといって、それを絶対無という事は出来ないはず。


174 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/26(金) 23:36:23 ID:Mm2L810N
>>173追加
ちなみに自分は無などというもの(状態?)は無いと思ってる。

175 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/03/26(金) 23:51:11 ID:???
>>172
ちがう、それは俺の見ている白昼夢だ

176 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/04/18(日) 21:24:37 ID:wpfp9n/y
あげ

177 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/04/22(木) 12:40:36 ID:???
よくわからんけど、揺らぐと言うからには時間と空間は最初からあったんだろう

178 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/04/22(木) 13:07:37 ID:???
チミ、それは禁句

179 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/04/22(木) 23:23:12 ID:???
>>173-174は時空の起源に迫る事を放棄してる?

180 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/04/23(金) 00:32:12 ID:FL84D8Nj
無=神でしょうか?誰か『無』を定義して下さい。

181 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/04/23(金) 02:28:43 ID:???
そもそも空間がなければ真空なんて現象はおきないんじゃ・・・

182 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/04/23(金) 03:01:36 ID:???
恥丘は”メコスジ”からうまれた?

183 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/04/23(金) 03:05:36 ID:???
ピストンで体積0から引っ張り上げれば空間も真空もできるじゃん
だから無とは体積でも真空でもない、エネルギーも無い
宇宙というシステムはシステム自体が有ということである。


184 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/04/23(金) 03:31:03 ID:???
宇宙ありきで無を唱えても説得力はない
この宇宙が無に帰ることがあったとしても、そこからまた宇宙が出来た
なんて子供にも絶対言えない。

185 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/04/23(金) 06:12:11 ID:???
まあ、現実的には真の真空でなくとも真空とか呼ぶわけだし
真の無でなくとも無から出来たとかいっていいだろ、別に

186 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/04/23(金) 14:02:32 ID:???
無という意味では
宇宙は無かったのです
それから宇宙が出来たので有となったのであります

真空とか空間は無とかには関係ないということである。
ここまで妥協すれば無は存在していることになる

有るべき物が現状に無い状態を無と定義します
だから、有るべきものは必ず出現するのですから有になるのです。

無と有は裏表の関係でありシステムとして有であることになる。
宇宙は無のときでも存在している。

真の無はシステム的に 無であることが真の無である。



187 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/04/23(金) 15:38:40 ID:???
だからそのシステムを構築するにも動かすにも時間が必要なわけで
時間があるって事は同時に空間も在るでそっていうお話。

つまり時間と空間に起源をつける事は出来ない。

188 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/04/23(金) 16:33:14 ID:???
真空は空間があるから無じゃないだろ

189 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/04/23(金) 16:51:36 ID:???
対称性の破れから宇宙(時間と空間)の起源は説明できる
が、素粒子の起源は説明できない
宇宙ではなく、素粒子(世界)の誕生を説明する事は不可能
あくまでこれは物理学的な問題じゃなく哲学だが

190 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/04/23(金) 17:25:49 ID:???
宇宙論ならインフレ理論、ビッグバン、プランク時代あたりだな
ただ、残念ながら物理学は宇宙の誕生を説明するものであって、世界の誕生を説明するものではない

191 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/04/23(金) 17:27:00 ID:uRhCzF8c
間接的にすら、観測できないと定義されたものは。

無と定義するしかない。無と定義しても論理的に矛盾はでない。

なので科学の限界、物理の限界ってこと。
存在はするが、観測する術が完全にない対象には物理は仮説すら
立てられず非力な学問ってことさ。

192 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/04/25(日) 19:55:01 ID:???
幽霊は物理的に観測できないから

幽霊は無 じゃーなくて 幽霊は物理的に観測されないので存在しないが
    人間の複雑な感覚とか感情によって幽霊を錯覚視してしまう恐ろしい
    現象である

193 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/04/25(日) 20:20:52 ID:???
「真空」「空間」「無」全部、「真空」といわれるものが今よりも解っていないときに
その本質とは関係なく、見た目とかイメージで付けられた名前だよね。
だからその言葉の持つ意味を「真空と呼ばれているもの」の本質だと考えて議論することは馬鹿げてると思うね。

194 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/05/11(火) 21:24:44 ID:wdmdRUDV
霊はいる。以下は俺の経験談↓

仕事帰りに交通事故死してしまった祖父。家の駐車スペースに入ってくる聞きなれた軽トラのエンジン音。玄関の戸が開く音。誰も居なかった玄関。「◯◯さんのお宅ですか?」と警察からの電話。家族全員の時間が止まった何とも言えない感覚。
しかも、ほぼ同時刻に親戚の家でも同じ事があったと言う事実。二十数年前のことだけど鮮明に記憶してる。

人間は悪い癖で自分らが確認出来ていないものを否定しがちだけど、霊は100%存在すると断言します。

195 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/05/12(水) 10:35:42 ID:???
霊分身の術。w

196 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/05/12(水) 10:45:35 ID:???
>人間は悪い癖で自分らが確認出来ていないものを否定しがちだけど、霊は100%存在すると断言します。

それが霊だとは誰にもわからないけです。
あなたはそのわからないものを霊だとわかるわけですか?

わからないことはたくさんあります。
しかしそれはわからないからこそ、わからないこととされます。
霊だとわかったらわかったことになります。

人間は何でもわかりたがるようです。
だからわからいなことでもわかろうとする。

今となっては、あなたがたが体験したことは本当にあったと立証することは困難ですし
また否定することも困難です。

つまりわからないとしか言い様が無いことで、霊が存在すると断言されても、他人であるわたしは、わからないとしかいえないわけです。

あなたは客観的には何も証明していないわけです。

197 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/05/12(水) 10:51:17 ID:???
黒後家蜘蛛の会、だったりして。w

198 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/05/12(水) 16:31:26 ID:???
俺が無を作った

199 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/05/12(水) 17:19:26 ID:9iLqbzUZ
現在の科学で空間のガスや素粒子などから星のような物を作れますか?

200 :愛のある人間:2010/05/13(木) 17:19:59 ID:???
作れない。作れるのは 人ではなく ナノテクノロジー及びサイトが作れる人間がいるはず

201 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/05/30(日) 23:23:33 ID:4fqt2atS
振動宇宙論って、浪漫だよね。

202 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/05(土) 23:56:00 ID:xPXxSyMy
無から有が生まれる事などあるはずが無い。
無という状態は時間も空間も無いという事。
時間が無いのにどうやって「無から有」といったような変化を起こす事が出来ようか?
時間が無ければ変化のしようがないはず。

つまりこの宇宙は無から生まれたのではなく、
宇宙の種とも言えるものが元々あり(種といっても宇宙より小さいとは限らない)
その種の変化した状態が現在の宇宙だと言えると思う。

この世界に生きていると、まず「時間ありき」と考えがちだけど
時間の中に存在があるのでは無く、存在の中に時間が流れているのだと思う。

無など無い。

203 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/06(日) 03:46:35 ID:i08yXn0b
無から生まれたって、感覚的に子供が生まれたみたいな感じじゃない?親宇宙が先にあって、みたいな

204 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/06(日) 17:53:29 ID:???
>>202
>無から有が生まれる事などあるはずが無い。
>無という状態は時間も空間も無いという事。
>時間が無いのにどうやって「無から有」といったような変化を起こす事が出来ようか?
>時間が無ければ変化のしようがないはず。

@時間・空間の始まりはどうであったか、という問題には日常的な人間の直観から当否を論じることはできない。
A宇宙が量子論的ゆらぎから始まったことを論じるのなら、宇宙の始まりには原理的にも実際的にも観測者などあり得ないのだから、観測レベルでなく波動レベルでしか論じることはできない。

205 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/07(月) 02:46:48 ID:???
無なのに無を説明して無の仕組みなど表現した時点で詭弁なことに気がつけ。
言葉の意味を愚弄している。

206 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/08(火) 17:41:36 ID:61CNf/gx
宇宙は前の空間を切り裂いてるの?

207 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/08(火) 18:43:00 ID:9GZcoR8F
もしある空間が「無」だったら、あるきっかけが起こったとしても、そのまま通り過ぎてしまう。
だから、宇宙は「無」から生まれたって言うのは間違っている。

実は、宇宙は「0」から生まれたっていうのが正しい。
0だったらあるきっかけがおこったら、例えば「+1」と「−1」とに分かれる。

スマン。はっきりいってうまく表現できない。これ以上はだれか代わってくれ。

208 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/10(木) 02:10:45 ID:???
それって数学というシステムじゃん
宇宙は数学で発生はしていないと思います
宇宙は無だったからこそ生まれたのです
最初からなにがしの有だったら生まれたとは言わん

というわけで僕が生んだのです おわり

209 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/10(木) 02:18:30 ID:???
無から物理の法則 物理現象 その他科学の法則 等
全部ぶちこめば宇宙はきっと出来ると思いますが?
それでも不足分があれば、それが答えかもしれない

210 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/10(木) 03:43:53 ID:???
宇宙は運動変化して、ただただ存在しているだけ。
物理法則はその在り方の抽象。

無、在らぬものは在らぬ。
それだけ。

211 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/10(木) 03:46:16 ID:???
>物理法則はその在り方の抽象。

訂正
次元はその抽象であり理解の媒介。


212 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/11(金) 01:35:37 ID:???
無から最初に起きたことは真空のエネルギーということになる
宇宙になるには、根源で且つ全部にわたるエネルギーの真空が必要だった
これで局所的な宇宙は解凍でき真空の開いた世界になった。
たぶんそれまでは真空も無かったのです
真空が出来たことで非局所的外部からの波動が集中出来る環境になった。
言ってみれば卵が出来たという事だと思います

213 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/11(金) 01:59:41 ID:???
卵の大きさは極めて小さいものだったらしいが
自発的に動けると言う意味では画期的なシステムであったと言える。



214 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/11(金) 06:22:34 ID:X2x//UNI
まず結論ありきじゃただの妄想だね

215 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/11(金) 16:14:23 ID:???
真空のエネルギーって 真空そのものじゃん

216 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/11(金) 16:35:34 ID:???
>>207
実は数字を内側から見るとこういう世界なんじゃないかって気はしてる。
ただの妄想だけど。

217 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/11(金) 19:30:17 ID:???
無は有ることにすら気づかないから無であって、それについて語れると思うこと自体が間違ってる。

218 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/11(金) 22:55:43 ID:???
物理法則以外の何かみたいな感じの新しい理屈が浮き彫りにされれば
とりあえず良いんじゃないかい?

219 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/12(土) 03:00:08 ID:???
>>217
無の仕組みを解明して、無なのに無ではない何かがあると考える。
ではその元はどうなっているか?

それは円周率を無限に計算するのと同じでその無駄な作業に気がついていない
物理とは自然の摂理ではなく、人が作る理(人の自然界の解釈)ってこと。
解釈であるがゆえに近似であって真理を扱えない。割り切ろうと
すればいくらでも端数ができて無を割ってもまた無の無の無といくらでも
小数点以下が作られる仕組みってこと。

220 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/12(土) 14:56:06 ID:???
無なんかなーいのっ!宇宙は無から生まれたんじゃなくて
初めっから存在なのっ!
時の流れの中に宇宙があるんじゃなくて、宇宙の中で時が流れるのっ!

221 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/12(土) 15:20:32 ID:???
宇宙は自分で大きくなったよ
生命が生まれなくてどうして動けるの?
宇宙は生命以上のシステムでもあるんだよ

222 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/12(土) 18:07:04 ID:???
>>220
じゃあ時が流れる前の宇宙はどこから来たの?

223 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/12(土) 18:34:49 ID:???
>>222
元々宇宙は絶対不変の存在だったのっ!全てであるがそれしかない絶対的な
存在だったのっ!ある時宇宙は思ったのっ!「多様性の中で経験したい」とっ!

その瞬間、時と空間が生まれ、プラスとマイナスが生まれ、表と裏が生まれたのっ!
絶対世界が相対世界に変わったのっ!それがビッグバンよっ!

224 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/12(土) 22:10:06 ID:???
>>223
>存在だったのっ!ある 『 時 』 宇宙は思ったのっ!「多様性の中で経験したい」とっ!
>
>その瞬間、 『 時 』 と空間が生まれ、プラスとマイナスが生まれ、表と裏が生まれたのっ!

「時」がある前に「時」があっちゃまずいっしょ。


225 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/14(月) 03:34:52 ID:???
科学の最悪な点は、科学が何かという定義ができないからだ。
故に非科学を定義してやると科学信仰の科学万能主義者は感情を
表にだすんだwwww

226 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/15(火) 16:18:28 ID:???
宇宙は進化している
はじめは種  次 苗  果実もあるかもしれない
次  卵
次  胎生

227 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/17(木) 23:23:43 ID:???
真空空間が生まれれば量子であろうが波動であろうがやりたい放題
宇宙が知らない処からでも物質をたたき出すことは可能なはず
卵をばかにすると大恐竜が大暴れということもおこりうる。

228 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/19(土) 00:23:36 ID:???
思ひぞ出づる壇ノ浦の 海に兵船平家の赤旗
陸に白旗源氏の強者 あら物々しや

229 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/21(月) 02:18:28 ID:???
だから無と言うものは真空さえ無かった状態で良いんじゃない?
真空なんてピストン動かせば無からいくらでも出来るわ
  これじゃだめなの?

問題は超微細な、たった一つのピストンがなんであるかであるが宇宙自身も知らない秘密なんだろう?

230 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/21(月) 17:20:42 ID:???
おれさまは、無から真空を作ることができるので神だと思うぞよ

231 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/06/21(月) 22:30:41 ID:???
ちみたちはサルである
このことを知らないからです
 結論
無とは、無以前に既に真空は存在してるんだけど空間が折りたたまれていただけ。
宇宙なんて屏風が開くだけだ

232 :阿呆の学者の妄説信者へ:2010/07/04(日) 13:48:12 ID:zeoGUXnc
 無(0)は存在しない。真空はエーテルが充満しており、エーテルが物質化す
るのである。人間の目には何も見えなくても潜在的には物質は存在しているの
である。仮に無の存在を認めるとしよう。その世界は何もない無の空間が無限に
広がってしまう。無から有は生まれない。だから、無は存在しない。車のガス欠
はガソリンが無くなったのではなく、エネルギーとして拡散したのである。それ
を集めて貯めれば蓄電池の様にまた使えるのである。
 だから、目に見えるものを色と言い、目に見えないものを空と言う。

 減算は加算の逆の演算でこれが減算の定義である。
 1個の林檎に1個の林檎を合わせると2個の林檎となる。1+1=2
 2個の林檎から1個の林檎を減らすと1個の林檎となる。2−1=1
 つまり、2個を分解すると1個の相方は何個になるかを求めているのである。
 −の記号は減らして消して残りを求めるものではない。
 1−1は1個を分解すると1個の相方は何個ですかであり、相方は存在しない。
 0+1=1の逆算の答は0個と言うのは、1=1と同じ事で、あえて0の存在
をわざわざ作り出して相方は0個と言うのは間違いである。
 それなら、0+0+1=1の逆算の答は2つの0個と言う事になりおかしくなる。
 1−1=不定、不存在で0(無)ではない。
 1/0=不定、不存在であるのと同様である。

 物が消滅して0(無)にならないのなら、数学は0(無)の存在を許してはなら
ない。数学とは物理的事象を記号にして表したものだからである。
 負の数を扱ったり、1−1=0としてあたかも1個のりんごが消滅して0(無)
になると表現している数学は物理現象と食い違っているから、金銭取引に使え
ても物理学等実学には使えない。使うと間違った結論を導き出して、真実とは
かけ離れた虚構となる。

233 :阿呆の学者の妄説信者へ:2010/07/04(日) 13:53:10 ID:zeoGUXnc
 世の中がすべて浮浪者ばかりになったら、世の中のほとんど全ての物が不用
となり、無駄となる。しかし、お百姓さんの作る米は生きる命の糧である。だ
から、農業は神聖な生業である。その最も尊い職業をさげすみ他の者が食い物
にしている世の中は間違っているのである。ここでへそ曲がりがパンのみにて
生きるにあらずと反論するが、何の為に生きるのか。正しい生き方が分からな
いから、反論にならない。つまり、我々人間は神の理想郷づくりに働くことが
人としての務めであり、その恩寵として神から食料等を与えられるのである。
今の人間は神を無き者にして逆らっているから、滅びる外に道はない。みんな
悪魔に魂を売って人間に宿っている神の聖霊を穢してしている。豚や牛の悲鳴
を聞いても何の憐れみを感じない人間は畜生以下に堕落した悪魂になり下がっ
ている。地震等の天変地異、疫病等の発生は神の怒りというか、怨霊が怨みを
晴らす為の霊波動である。弱肉強食のけもの世の掟を認めるなら、今度は自分
が弱者にされる番がめぐってきたのである。いくら、暴力反対、戦争反対と唱
えても、生き物に対して自分の行いを省みない者が口に出来る言葉ではないの
である。世の中の現象は科学では説明出来ない。つまり、科学が間違っていて、
自然は神の意思どおりに顕現してくるものである。
この様な考え方をするものをカルトと呼び、本当の愛国者を右翼と呼ぶ事がい
かに誤っているかお分かり出来たと思う。



234 ::2010/07/04(日) 13:54:58 ID:QtYp/5iz
今ある、こちらの物質から膨張が始まると、
こちらの宇宙が押しつぶされるんでないの
その無は、どの次元に属するのかな〜〜。
あちらの次元でナイト大変なことになる

235 :阿呆の学者の妄説信者へ:2010/07/04(日) 13:55:35 ID:zeoGUXnc
 坂本龍馬の立像写真は不審点が多い。龍馬は幕府のお尋ね者で、家紋入りの
服を着る筈がない。坐像の着物の襟合わせが左右ともにだぶついているのは、
両手を袖口から抜いたからである。これは立像写真の後に撮った物である。袖
に手が入っている様に偽装している。これは右手の袖が不自然にしわが多い事
からでも分かる。懐に手を入れているのは左手で、右の袖口をつかんで袖口が
だらけるのを防いでいる。右手なら手首の入っている部分が尖って膨らむ筈で
ある,
謎の腰刀を差している。その刀の柄の長さが手の握りよりも短い。この事を
隠す為に懐手にしている。右の腰に笛をぶら下げている。
 フルベッキの幕末英雄写真の龍馬とされている人物の肖像と違う。この立像
写真の人物をフルベッキの写真で捜すと、勝海舟である。謎の腰刀は、忍者が
使った秘密兵器で刀に見せた鉄砲に非常に似ている。親指で撃針を押すと点火
されて弾が発射される。龍馬の影武者となっていた勝海舟が龍馬を鉄砲で撃ち、
その後土佐藩士が切り込みをかけて斬殺したのである。腰の笛は襲撃失敗時の
応援要請の為の物である。襲撃現場に掛けてあった掛け軸の血痕に流動性がな
いのは斬殺を偽装する為に工作した為である。掛け軸や屏風に付着した血液は
重力によって必ず垂れる筈である。
福井で見つかった坐像写真の龍馬の太刀は柄が白く写っている。龍馬愛用の
吉行の柄は黒であり、矛盾している。
 後藤象二郎が龍馬と同じ演台に肘を掛けている。この時代、写真を撮る事は非
常な贅沢であり、庶民には手が届かない。VIPしかいない。しかも何か大切
な記念としてしか写真はとらない。同じ演台が使われた事は両者が一緒に撮っ
た可能性が高い。しかし、象二郎は龍馬の親友武市半兵太を処刑した仇である。
龍馬は大政奉還の為に仕方が無く土佐藩と手を結んだのである。その時期は慶
応3年10月頃であり、その一月後に暗殺されている。
立像の龍馬の髪の毛のはげ具合と福井の坐像のそれとでは福井の座像の方がは
げが進んでいる。わずかの間にはげが進む事は有り得ない。福井の写真は暗殺
後に撮られたものである。龍馬とされている者は本物ではない。



236 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/07/05(月) 06:26:07 ID:pfn76hwn
宇宙が無から生まれたのではなく、宇宙とは無でしかない
何かが在るようにみえるのは正対の存在のうちの片方が観測されているにすぎない
見えないもう一方とはもう合わさらないかもしれないが、片方だけになる事はない
両方が存在することによって、全体としては無と同じでしかない
では相反する両方に分かれる前はと言うと、これは全体として無であり続けてきてこれからもあり続けるとしか言えない

宇宙が「+」であらわされる向き・長さに拡大しているならば、宇宙は「−」であらわされる長さ向きにも拡大している(同一領域とは限らない)
つまり時間が一方向にしか進行していないように感じられるのは、同一でない領域で相反する方向にも進行しているからだ
重力が一方向にしか働かないのは、同一ではない領域において反対方向にも働いているからだ

「無が存在しない」という表現は正しくない
あくまでも「無は観測できない」だけだ
無に相対する概念は存在しない

237 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/07/12(月) 00:38:47 ID:ixp4hq5X
宇宙は自分で自分自身を生んだ。
電球が発明される以前の過去にまで時をさかのぼった時間旅行者が
過去に置き残してきた電球のように、唐突に無から有が生まれたのだ。
宇宙が時間旅行者なのであり、過去に置き残した品も、また宇宙なのだ。

238 :阿呆の学者の妄説信者へ:2010/07/12(月) 04:36:05 ID:wB5rA1Zg
 ロシアが択捉島で7月3日から行った軍事演習と対日戦勝記念日の制定は日本
侵略の前触れである。
 今年、イランで戦争が起こり、在韓米軍等が派遣される。隙を突いて北朝鮮
が韓国を侵略する。日本は日韓同盟の為に自衛隊を派遣する。戦争が拡大して
中国が参戦する。ロシアが北海道を侵略し、中国が沖縄を侵略する。米国は日
米同盟を破り裏切って、世界中の軍隊を引き連れて東京を占領する。
 戦争の前には白気(金神気)が立つ。八甲田山遭難は日露戦争の前兆。226事
件前日の雪は事件と支那事変の前兆。去年の年末からの大雪は戦争の前兆で、
夏に雪が降ってハルマゲドンの前兆となる。地球温暖化は嘘で、氷河期へと移
行する。
 人は神が現世を天国に築く為に、品位に応じた使命を与えられて生まれ出た。
使命を忘れて弱肉強食の地獄に落し入れる張本人となって、畜生以下では生存
価値はない。日月神示は改心出来て神の審判によって弥勒の住人となれる御霊
は日本人の1厘即ち14万人だと言っている。私が神の言葉を取り次いで改心出来
た者は3人程度であり、さすが、神の見込みに狂いはない。残りの御霊は草木等
に替えられる。この御霊らは丁度溝川にいる鯉と同じで、汚れた悪の世が快適
なのである。もうすぐ悪の世が滅ぶ様に溝川が酸欠するまで気づかない。悪魔
に洗脳されて、嘘の科学、宗教、政治に騙されて神の存在に気づかず、悪魔に
魂を売っているのである。動物等を殺し、人の生血を吸って我よしの贅沢生活
を享受している。他人を犠牲にしても慈悲心を持たない鬼に痛みは分からない。
有害な鬼を退治する舞台がハルマゲドンである。
 科学が発達すればそれに倍して弊害が生じる。原子力利用は放射線廃棄物を
作り、医学進歩は悪人を生き残らせ、新病を生む。
 物理現象は目に見えない神の働きによって起きるから、神を認知出来ない科
学で解明出来る訳がない。科学技術は悪神と従順な神の働きを人間が都合のよ
い様に利用しているのであり、神への冒涜である。見も心も穢れた御霊には神
の言葉が感知出来ないから、私が神書の知識を基礎として、霊感で悟り得た真
理を道理を踏まえてお伝えしているのです。


239 :阿呆の学者の妄説信者へ:2010/07/12(月) 04:42:40 ID:wB5rA1Zg
 無は存在しない。神が存在するだけである。神が神の中に宇宙を創り賜い、
それが絶対空間として存在している。その中で時間が神の言霊で動いているの
である。だから、アインシュタインの相対性理論は真っ赤な嘘であり、すべて
人間が作り上げた科学理論は虚構でしかない。

240 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/07/13(火) 02:41:43 ID:???
こんなだから宗教が偏見持たれる。
宗教と科学の段取りは違う。

241 :間抜けの学者の妄説信者へ:2010/07/15(木) 02:25:25 ID:DWfvZsJB
 ヨハネの黙示録に言う悪魔の刻印を押された者とは、肉食を行なう事によっ
て内なる神の分け御霊を穢して、まるで、太陽が黒雲で覆い隠された様なもの
である。この悪魔に取り憑かれた者は、慈悲の心と羞恥心が欠如し、自己の欲
望を満たす為に正義から外れた行動をとる。五戒(殺生、偸盗、邪淫、妄語、
贅沢)の罪を犯す。この者は神を信じないか、悪魔の宗教に魂を売っている。
神を否定した科学を妄信して、科学によって生ずる害毒が自然を破壊する事に
手を貸している。この者達は神の最後の審判によって草木等に替えられる。内
なる神の御霊が発揮出来る様に直ちに菜食に移行しなければならない。
 メーソンは神の刻印を押された者を必死になって探して殺そうとしている。
携帯電話、インターネット、テレビ(デジタル放送受信用には監視カメラが内
蔵)等によって、メーソンは無線を傍受して国民を監視している。これからは
悪魔の刻印を受けた者以外は物を買う事が出来なくなる。そうすれば餓死して
しまう。その前に自給自足の生活に移行しなければならない。
 2010年から少なくとも3年間は平成の大飢饉となって食糧危機が訪れる。第3
次世界大戦が勃発して核戦争が行なわれる。想像を絶する天変地異が起こり、

悪の御霊は退治される。
 その後に神が改心出来た神の御霊だけを甦らせて、弥勒の世の住人とする。
その天国では喧嘩も殺し合いも無い、正義に基づいた神政が行なわれる。正に
極楽浄土である。


242 :間抜けの学者の妄説信者へ:2010/07/16(金) 09:20:28 ID:o0BWuqGA
 君達はいつまで騙されているのか。
 自民党も民主党もメーソンである。これはメーソンの双頭作戦である。どち
らが勝ってもあまり変わりがない。片方に偏らない様に絶えず均衡を保ってお
く。つまり、八百長の喧嘩をしているのである。小沢一郎の裏献金疑惑も小沢
と検察庁の八百長の猿芝居である。国家機関はすべてメーソンであり、田中角
栄のロッキード疑惑はコーチャンらの偽証によって仕組まれたものであって事
実無根である。田中はメーソンの了解なしに日中友好を進めたから政治生命を
絶たれた。つまり、まともな政治家は暗殺(自殺に見せかけた)等で消される
のである。
 日本の国債残高は1千兆円に近づいている。実は隠されているものを含むとそ
の3倍になる。国民一人当たり3千万円の借金である。国民の預金と土地を当て
にしているが、預金の内容は米国債等でアメリカはいざとなったら国債を紙く
ずにする。郵政民営化ですでに外資の手に渡っている。土地も大恐慌になれば
誰も買い手がいない。すでに日本は国家破産していて死んでいるのである。税
金も社会保険料も払っても何にもならない。破産すれば石油も食糧も手に入ら
なくなる。即ち、日本を破産させてから侵略するのがメーソンの計画なのであ
る。日本を悪者に仕立てて葬ると言う日本包囲網は完成している。従軍慰安婦
の議会議決、南京大虐殺(ねつ造)、靖国神社、コーヴの映画化、児童ポルノ
規正法(日本人の児童買春)、グリーンピースの調査捕鯨の妨害、日本製品を
不良品(ねつ造)にしてボイコット、特許侵害等。
 後は朝鮮戦争のドサクサに乗じて日本を侵略すればよい。その為には日本と
韓国の駐留米軍を移転させて隙を作り北朝鮮が暴発するのを助けなくてはなら
ない。北朝鮮もメーソンの指令で動くのである。


243 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/07/17(土) 00:51:19 ID:351ccR2E
小沢一郎こそユダヤに対抗する意思と能力を持った唯一の人物なんだが、
ユダヤはネガティブキャンペーンに骨惜しみしない。

民主党の悪口を言いたい、まともな神経の持ち主なら菅政権閣僚がいかに
危険かを宣伝するべきだが、彼らこそネオリベの売国奴だ。
だが、菅如きが優位を取れる程、小沢一郎は甘くはない。

244 :間抜けの学者の妄説信者へ:2010/07/17(土) 10:38:01 ID:+X9e8aTo
 神の存在証明
 我々の身体の精巧な仕組みは偶然に出来上がる訳がない。自然治癒力一つを
とってもそれがどこから働くのか分からない。西洋医学は自然治癒力の土台が
なくては効力がない。高次元の神が創造したとしか考えられない。
 撫子が可憐な5弁の白い花を咲かせているのを見ていると、神の心が分かり
ます。神が地上を花の楽園にしようとしているのです。偶然に出来るのなら、
もっと醜いものが出来てもよい筈です。
 狂牛病の原因はプリオンだと言うが、最初に発病した牛はプリオンとは関係
がない。牛の肉骨粉を与えて共食いさせた為である。人食い人種も同じ病気に
罹る。なぜ、共食いすると狂牛病になるのか科学では分からない。胃袋では遺
伝子は破壊される。神が共食いの罪を顕現させているのです。肉食も間接的な
共食い(殺生)である。
 心は目に見る事が出来ない。科学では脳の働きだと言うが、人によって性格
が違う。なぜ、生まれつき感情や本能が備わっているのか分からない。2重人格
の人間がいる。これを魂の宿った人間にもう一つの魂が憑依したと考えるのが
自然である。魂が存在するのならその大元の神も存在する筈である。幽霊は身
から離れた魂が浮遊している現象である。心臓を臓器移植した人の性格が変っ
たり、亡くなった人の記憶が現れるのは魂の働きである。夢を見るのも魂の働
きで、魂が霊界とつながって映像化されるのである。急に胸騒ぎが起きるのは
神からの警報である。天眼通(透視、予知等)、天耳通(テレパシー)、天言
通(言霊)等は神通力である。この現象が本当なら神は存在する。


245 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/07/17(土) 19:14:11 ID:???
これを宗教による洗脳というw

246 :間抜けの学者の妄説信者へ:2010/07/19(月) 12:35:54 ID:WKNgm80v
587年、物部、蘇我氏との間で神仏戦争が起き、聖徳太子の家来である迹見赤
檮が物部守屋を弓矢で射殺した。彼は押坂彦人大兄皇子の家来でもあった。日
本書紀は彦人皇子が死んだとも記述しないで、突然、その子・舒明天皇が即位
したと述べている。その皇后・皇極天皇治世時に大化の改新が起こり、中大兄
皇子らが蘇我入鹿を暗殺した。罪名は国政を専横したと言う。しかし、皇極天
皇は彦人皇子の孫で蘇我氏の血を受けていない。なぜ、蘇我氏が専横している
のに、皇位が蘇我氏の血を受けていない本流に戻ったのか。どうしてそれが専
横となるのか、矛盾している。彦人皇子は皇太子であるのに天皇になれなかっ
た。まるで聖徳太子とそっくりである。両者の家来が迹見赤檮である事から聖
徳太子の正体は押坂彦人大兄皇子であり、天皇に成れない訳がない。聖徳太子
は蘇我入鹿として斬殺された。三韓の朝貢時に事件は起きた。つまり、犯人は
中大兄皇子(百済王豊璋)である。だから、彼は滅んだ祖国・百済を再興する
為に、日本軍を白村江の戦いに注ぎ込んだのである。中大兄皇子はイスラエル
12支族のユダ族である。天皇家の紋章がイスラエルのシンボルの麒麟(一角獣
)である事からも分かる。
この偽の天皇の為に、楠正成、2.26事件の将校、神風特攻隊員等が犠牲となっ
た。未だに日本は朝鮮人に支配されている。真理を悟る事が出来るのは聖者だ
けである。本来世界は天皇が治めるべきものであり、その国の王が委託を受け
ていた。メーソンが世界制覇の為に各国の王政を破り、天皇に成り替わらんと
している。悪魔が統治しても悪の世は潰れる。神の信任を受けた聖者が統治し
なければならない。民主主義などと言う衆愚の多数決ではものごとは解決しな
い。悪魔は世を潰し、神の裁きを受けて退治される。


247 :間抜けの学者の妄説信者へ:2010/07/20(火) 10:08:36 ID:7x8FsoV5
 ただ程恐いものはない
 携帯電話の本体価格はただであった。だから、これ程までに普及したのであ
る。携帯から発する電磁波によって脳が障害を受ける。神の御霊が幽閉されて、
悪霊の入れものとなる。携帯は盗聴されていてメーソンの監視下に置かれてい
る。
 グーグルの検索はただである。しかし、行動や思想が監視されて、監視カメ
ラと連動している。
 Backtrack4のソフトがただで手に入る。これによって、無線Lanのセキュリ
ティキーWEP、WPAが解読できる。他人の無線Lanを使用している時に自己のパソ
コンの情報が抜かれる。盗まれている側のパソコンの情報も抜かれる。
 インターネットでただで手に入るソフトにはウイルスが入っている。それを
使うと悪作用を及ぼす。ただで出来るゲームがある。それに依存して他の事が
出来なくなる。即ちネトゲ廃人である。
 テレビの視聴もただである。嘘の情報で洗脳し、映画、スポーツ、セックス
に依存させておく。低俗な番組を流して国民総白痴化を行なう。女、子供は恋
愛ドラマ、マンガに依存させて悪徳を励行させる。


248 :間抜けの学者の妄説信者へ:2010/07/26(月) 05:47:18 ID:RydoeS1R
 数学は有りもしない0、負の数、∞を定義しているから誤りである。
数学で2=1を証明しましょう。
a=bの時に
a^2−b^2=ab−b^2  ^2は2乗を表わす。
が成り立つ。両辺を因数分解すると
(a−b)(a+b)=(a−b)b
両辺を(a−b)で割ると
a+b=b
a=bだから
2b=b
∴2=1
2=1が証明できてしまう。これは数学がa−a=0と定義している為の矛盾
である。
1−1=0ではないのである。
1個のりんご+1個のりんご=2個のりんごとなる。これは加算で、減算はその逆
算と定義されるから
2個のりんご−1個のりんご=1個のりんごとなる。
減算は引いて残りを求めるものではなく、分解して相方は何個になるかを求め
る算術である。
1個りんご−1個のりんご=不定(1個のりんごはそれ以上分解できないから)
これを無理やり0が存在すると仮定して
1個のりんご−0個のりんご=1個のりんごとすれば
1個のりんご−0個のりんご×∞=1個のりんごと波及して0個のりんごが無
限に存在する事になる。0個のりんごの加減乗除は結局何もしない事で無意味
である。だから、0は存在しないのである。コンピュターのデジタル信号の0
はエーテルの調和であり、1は不調和から来るエーテル波である。
 日本人はこの事を理解していたから、赤ん坊が生まれた時はすでに1歳なの
である。阿呆のインド人が0を発見したと言って路頭に迷わせ、馬鹿の数学者
が出鱈目な定義を作って数学を魔界へ落としているのである。


249 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/07/26(月) 12:40:04 ID:???
>両辺を(a-b)で割ると
ここが間違い

0で割ったらいけないのは数学もコンピュータも同じ
引き算ではなく割り算に問題がありますね

250 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/07/26(月) 12:45:32 ID:???
0は10とか100を表すときに必要だね

251 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/07/26(月) 21:06:16 ID:DDG2XZgT
ソロバンに0は在るのか?無いのか?とふと思った。

252 :間抜けの学者の妄説信者へ:2010/07/26(月) 23:53:58 ID:qEhuRxH9
>>249
 反論に対する回答

a^2−b^2=ab−b^2  ^2は2乗を表わす。
の左辺のaの代わりに、右辺にbを入れ替えただけである。a=bだから両辺
の値は何も変わらず一致する筈である。たとえa−bが0であろうとも、両辺
を割った残りも一致するのが数学の概念である。それなのに、2=1となるの
は矛盾している。両辺を0で割ってはいけないと逃げているようでは、とても
私と太刀打ちは出来ない。


253 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/07/27(火) 07:50:31 ID:???
>a+b=b
このときaとbは0か∞になっているので問題ない
0で割ったあとの結果が1であるわけがない

なので結果は一致している

254 :戯けの学者の妄説信者へ:2010/07/27(火) 10:11:54 ID:A6Y5T+5H
映画「ザ・コーヴ」が上映された。ドキュメンタリー部門でアカデミー賞を
とったこの作品のテーマは、日本人の残虐性であり、世界に広める為である。
だから、太地町の漁民の目を恐れて隠し撮りしたのである。漁民がイルカをも
りで突き殺すシーン。その圧巻は湾内の海が血の色で真っ赤に染まった。
この映画が反日的であるのは日本の漁法を目の敵にしているからである。監督
のオリバーはいかにもヒューマニストのように振る舞っているが、人間が牛や
豚を屠殺して肉を食っている残虐性には目をつぶっている。自己の悪業を棚に
上げて他人の悪業を非難するのは卑怯である。
「南京大虐殺」(虚構)、「靖国」、「ザ・コーヴ」と日本人を悪者に仕立て
るプロパガンダが目白押しである。メーソンは日本人の絶滅を狙っている。悪
魔は讒言と言う卑怯な手を使って日本人を目の敵にさせる洗脳を行なっている
のだ。牛や豚の屠殺の映画を作って両方を見せなければ公平ではない。
表現の自由を楯にとって、日本人を貶めている売国奴の日本人が余りに多いの
は驚きである。日本は内外の敵によって滅ぼされる。


255 :戯けの学者の妄説信者へ:2010/07/27(火) 10:26:37 ID:A6Y5T+5H
>>253
>a+b=b
このときaとbは0か∞になっているので問題ない

 a=b=2を代入すると
 0×4=0×2となり、両辺を0で割ると
 4=2となる。
 aとbは0か∞になっているので問題ないと言うのは嘘。
 
 0で割ったあとの結果が1であるわけがないなので結果は一致している
 
 0で割ったあとの結果が4と2になる。結果は一致しない。
 


256 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/07/27(火) 12:24:30 ID:???
> 0×4=0×2となり、両辺を0で割ると
> 4=2となる

なりません
0×4=0×2 は 0=0
それを0で割っても1で割っても結果は同じ

0÷0=1になりませんよ

257 :戯けの学者の妄説信者へ:2010/07/28(水) 11:03:57 ID:ar1kkvpK
 なぜ、a^2−b^2=ab−b^2の値が2=1となったのか。
a=b=2の値で検証しよう
a^2−b^2=ab−b^2  ^2は2乗を表わす。
4−4=4−4となる。
(a+b)(a−b)=b(a−b) 展開するとa^2+ab−ab−b^2=b(a−b)
4(2−2)=2(2―2)となる。
8−8=4−4
つまり、ab−abが4−4として0の代わりに入り込んだ事が原因である。
ab−ab=0と定義している為に幽霊のように出現したのである。
だから、0の存在を認めてはならない。両辺を0で割る事を禁じているのはこの
為である。



258 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/07/28(水) 16:53:51 ID:???
0の混ざった掛け算の結果は0だろ

(a+b)(c+d)(e+f)×0 = (g+h)(i+j)(k+l)×0

これは変数にどんな値を入れても成り立つw
↑のは0の代わりに(a-b)を入れてごまかしてるだけ。

259 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/07/29(木) 02:13:58 ID:8cgheJIv
そもそも宇宙は生まれたわけじゃないんじゃね?

260 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/07/30(金) 02:05:34 ID:???
だから、そもそも宇宙は何故生まれたのか?
この世界に極小の空間という無の入れ物がうまれてだな
入れ物だから、いぱーいエネルギーを貯め込んだのだよ
そうしたら爆発してだな今の宇宙ができてしまったのだよ。
この世界は原始物質で構成されている原始世界だったのだが
空間が出来てしまってからは空間と物質と光の宇宙になったのである。
だから宇宙とは無(空間)と物質と光の世界である。

261 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/08/01(日) 18:05:48 ID:DzUwJAxZ
宇宙なんて、単なる気まぐれで生まれたんだよ。
俺たちと同じ
ゼロが負のエネルギー持ったんだろ。

262 :ご冗談でしょう?名無しさん:2010/08/01(日) 18:31:30 ID:???
原始物質という負のエネルギーが有ってだな
それが空間内でエネルギーに変換できたのである
空間は何時もゼロだからそれから見れば負でもエネルギーになれるんだと思う。

だからどうしても無(空間)が必要だったのである

84 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)