5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もしも明治幕府があったら

1 :名無しさん@5周年:2007/09/15(土) 11:05:38
語ろう。

2 :名無しさん@5周年:2007/09/16(日) 08:39:20
age

3 :名無しさん@5周年:2007/09/19(水) 17:40:52
age!!!!!!!!!!!!!

4 :名無しさん@5周年:2007/09/19(水) 19:44:06
>>1
未だに鎖国。
日本は今だ鎖国しちょるがこれでええがか?!
めりけん国の軍勢がいらくに攻め込んじょるらしい。
日本もはやぐ近代化するばい。

5 :名無しさん@5周年:2007/09/21(金) 20:42:27
明治幕府ができるまで

1839年7月24日、江戸城に向けて高野長英・渡辺華山・林子平・高山彦九郎、
外様大名の軍が大阪の秘密基地から出発した。
武術を全く知らない将軍徳川家斉、老中水野忠邦、大老井伊直弼ら幕府の役人は
全員打ち取られた。
次いで8月3日、高野長英と天皇は合弁して御所で会見し、新しい日本国の建国を宣言した。
天皇の下、高野長英が征夷大将軍と太政大臣の職につき、渡辺華山が老中。
これに渡辺華山は「俺こそ討幕の中心人物だ!」と激怒し皇族の一人を京都で暗殺。
8月31日、堺に高野は政治を行う中枢となる堺城を建立。
対して渡辺は堺に入らず大阪城に住み、翌日の9月1日に大阪城の本丸から市内に、
大阪市内を領土とする「新日本王国」を建国することを号令。
大阪の渡辺華山、京都に御所、堺に政治の中心を置く高野長英。この対立は1年ほど続いた・・・・。
(続く)


6 :名無しさん@5周年:2007/09/21(金) 20:54:08
明治幕府ができるまで  戦国編

1840年10月2日、高野長英と天皇は江戸に遷都した。元の江戸城はすでに荒れ放題だった。
あれから尊王派の危険な武士達が江戸でテロを数度起こしていたのである。
江戸城に政治の中心を置き、高野の私邸は江戸市の郊外の閑静な内藤新宿に
新宿城を建立し江戸を再興しようとした。
一方の渡辺は高野が近畿から去った当日に京都御所、堺城趾にそれぞれ平安城、堺城を
建立。西日本全体を領土と宣言。
それをしり目に外様の軍として参加した伊達織政が「東北帝国」を建国して自ら国王を名乗った。
世は、「江戸戦国」の世に入ったのだ!

7 :名無しさん@5周年:2007/09/21(金) 21:05:15
明治幕府ができるまで  開国・戦国編

1840年12月2日、渡辺華山は新日本王国を開国する事を宣言。
しかし、12月17日黒田長政が細川親範を福岡で自害に追い込み、福岡を首都で「九州帝国を建国、
絶対帝王となり鎖国した。
年明けの1841ねん1月11日に農民、助平が「長宗我部助平」を名乗り阿波に首都を置く
「四国王国」建国、自ら大帝に。
1841年5月30日ついに日本国も開国。しかし高野に仕えていた平田篤鼎は
「規約違反だ」と激怒し伊達織政率いる東北帝国に亡命。


8 :名無しさん@5周年:2007/09/21(金) 21:30:06
明治幕府ができるまで 戦国の世は続く

1843年6月21日に四国王国分裂、阿波を本拠にする王国は崩れ長宗我部助平は自害。
讃岐の讃岐王国(国王大沢陰彦)、阿波・土佐の中岡帝国(国王山田一男、将軍中岡釜且)
、伊予の伊予大帝国(国王川口仁・船橋康夫親王)に別れた。
1849年2月23日高野長英は匿うと言った筈の親譜大名を殺す。
翌日高野は江戸城で用を足してる間に倒れ、即死。享年46。
遺言は「武郷(蒲生武郷)、嗣雄(高野長英長男)を頼む。」
しかし蒲生は高野の開国政策に不満を持っており、1849年6月伊予の川口仁に亡命。
特赦で入れてもらった。高野嗣雄はまだ14才で政治を何も知らなかった。
7月20日伊達織政に襲われ、降伏。江戸の討幕に重大な役割を果たした高野嗣雄率いる
日本国はあっさり消えた。
しかし黒田がいた。黒田は1850年3月に四国の三帝国を滅ぼした。
これもこの先重要な一族になってくるだろう。

9 :名無しさん@5周年:2007/09/21(金) 21:44:34
明治幕府ができるまで 再び封建時代へ

黒田長政は西洋訓練を受けた渡辺華山に対抗する事は現在無理と考え、
伊達織政を攻めようと考え、出陣を号令した。しかし1850年11月8日七隈城で
出陣の容易をしている時に側室が黒田が天守から飛び下り自殺し、さらに切腹しているのを
見つけた。享年44。この自害は陰謀説もある。息子の黒田柘植ノ輔が出陣した。
柘植ノ助の家臣森満が伊達織政の軍を引っ張りまわした。
ついに1851年4月20日遠州灘の戦いで伊達一族は身を投げ、大将である保田信介が降伏を告げた。
柘植の助は1851年9月24日森元幸に首を上げられた。森満を自害に追い込んだ報復だが、
これで黒田氏は滅亡した。九州帝国にかわり森元幸は日本帝国と国名を改め
さらに森は1852年2月7日もともとの伊達で一応属国となっていた「東北帝国」を、
日本に併合し日本国に再び名を帰る。

10 :名無しさん@5周年:2007/09/21(金) 22:07:22
明治幕府ができるまで 再び封建時代へ

1853年12月13日渡辺華山は国歌・国旗制定、三民平等を導入したが、
武士は相変わらず高い地位だった。
1854年6月29日渡辺華山は一時的に美濃に遷都した天皇を見計らい侵攻、
天皇を確保、新日本王国の豪族の一人とした。

一方、森元幸は1855年に分国宝を設定、封建制度をより厳しいものにした。
1856年天皇が美濃から京都へ移った。

森では1858年4月12日内乱が起き、太田保通らが独立し出羽に「日本帝国」
を建国、自ら大帝王となった。
太田保通はすぐに病死し、太田通秀が大王に。
1860年2月3日、渡辺華山は琉球帝国を水軍で攻め込み獲得、清との貿易を左官にした。

森の勢力はしだいに弱まり、渡辺が明るみになってきた。

11 :名無しさん@5周年:2007/09/21(金) 22:32:48
明治幕府ができるまで 再び封建時代へ

1861年8月8日森元幸は太田通秀率いる日本帝国に戦いを挑み出兵。
特に米沢の戦いが激戦の合戦となり、元幸の弟元靖が戦死、家臣猿渡奈留彦が
敵の捕虜となり自害に追い込ま査れた。
そして1863年10月30日ニ度目の戦いの本荘の戦いで元幸の父元忠が引責自殺、兵は引き上げた。
家臣を3人失った森は厳しくなり元幸は気晴らしの為松浦寿夫家臣に国を作らせそれを攻撃する
という遊びを開始、何の罪のない松浦は1864年5月27日戦死。
このことが保田信介(もとは伊達の重臣)や蒲生公郷(川口仁に亡命し黒田→森の家臣となった蒲生武郷
の長男。武郷は1862年戦死)などの外様大名に反感を買う。

遂に1865年9月3日森元幸は保田信介、蒲生に責められ自殺。享年36。
日本帝国と日本国を併合し、保田信介率いる日本国となる。

1867年1月3日、大阪に激震が走った。渡辺華山が大阪土佐堀の物見やぐらで
忍者に突き落とされ死亡したのだ。享年71。
これをチャンスと考え蒲生は大阪に侵入、幕府を形成した。
1867年8月14日再び鎖国。


12 :名無しさん@5周年:2007/09/21(金) 22:43:24
明治幕府ができるまで 幕府の成立

1868年4月7日、蒲生公郷は征夷大将軍になり、幕府を大阪に開く。
同時に年号も明治に改めた。人はこれを「明治幕府」と呼んだ。
天皇京都、幕府大阪の新体制が始まった。
以下、成立までの人物のその後を記述する。
保田信介・・・1868年幕府成立時老中となる。1891年老衰で死去。享年89。
太田通秀・・・1868年どの職にも入らなかったことから反乱を起こすが自殺。享年29。
渡辺氏・・・華山の死後養子の利次が後を継ぎ、播磨の大名となる。その後現在も
播磨の大名。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)