5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●梅雨明け時期の遅延化●

1 :名無しSUN:2010/06/14(月) 10:43:09 ID:FpXbSyQL
10年ごとの梅雨明け平年値を見ると、東京の場合は
現在7月20日ですが、60〜80年代にかけ徐々に
遅くなっています。
30年間平均で16日⇒18日⇒20日⇒?

温暖化の影響でしょうか?

2 :名無しSUN:2010/06/14(月) 11:25:11 ID:AJhPemjo
82年に東京で8月にズレ込んだのが最初で、それ以後は
かなり頻発しているよな?

3 :名無しSUN:2010/06/15(火) 08:35:51 ID:6RSCAne2
1951年〜1980年の平年値は7月16日あたりだったと思う。
このままいくと、あと20〜30年後には7月25日過ぎとかの可能性は高いな。

4 :名無しSUN:2010/06/15(火) 20:50:21 ID:VEoqwC3D
早く明けないかなぁ〜

5 :名無しSUN:2010/06/15(火) 21:43:21 ID:+TWfXQeZ
シベリアの温暖化で梅雨明けが遅くなってしまう。逆に9月に全く秋が来ない傾向となっている。

6 :関東限定異常低温の定義:2010/06/16(水) 10:25:01 ID:tnTkpbp8
オホーツク海Hの発達

7 :名無しSUN:2010/06/16(水) 11:02:52 ID:+JPFDPOA
梅雨明けを発表して、戻り梅雨になった苦い経験(65年、71年、77年、84年
87年)があったから慎重になり過ぎているのかも知れないが、それにしても
8月まで東京でズレ込むとか、梅雨明けが特定できないとか、異常すぎる。


8 :名無しSUN:2010/06/16(水) 14:17:29 ID:h1msY5O7
今年は1年くらい遅れるらしい。

9 :名無しSUN:2010/06/16(水) 20:34:34 ID:7qn9vcEj
>>7
気象庁って、ホント慎重になりすぎだね。
逆に遡りの梅雨明けを宣言した年もあったけど(73年とか)

10 :名無しSUN:2010/06/16(水) 20:36:01 ID:3VSfp94U
逆に梅雨入りはどうなってるんだろう。
最近は入りも明けもはっきりしないような気がする。

11 :名無しSUN:2010/06/17(木) 07:36:09 ID:d7tbJrEq
梅雨入りは、平均すると梅雨明けほど遅くはなっていないみたいだね。


12 :名無しSUN:2010/06/17(木) 20:49:40 ID:O6OFRXGR
>>1
多分、次回の平年値更新時には22日とかに後方ずれしているんだろうな。

13 :名無しSUN:2010/06/17(木) 23:01:19 ID:Yvvs44Bn
昔(85年以前)の梅雨明けの時期についても再検討しないと今との比較はできない。
1980年の関東、北陸、東北の梅雨明けは今の基準では「特定しない」になるはず。


14 :名無しSUN:2010/06/18(金) 07:47:59 ID:LQMGx871
確か1980年の冷夏の時は、関東・甲信は21日頃にいったん梅雨明けを発表したはず。
ところが、その後は晴天が続かず気温も低い状態だったな。

1977年なんかも8月はやたら雨が多く、異例の夏だったかも…


15 :名無しSUN:2010/06/18(金) 10:20:12 ID:1wtj/9W9
1977年は梅雨明け撤回して確か20日過ぎて再度、発表しなかった?
でもって夏の炎天もつかの間、8月は殆ど毎日、降水量を観測して安定
しない変な夏だった。
実質、梅雨明けがいつだったのか分からないね。

16 :名無しSUN:2010/06/18(金) 18:32:26 ID:LT/PgudC
江戸時代には、江戸近辺でも「今の暦での」7月上旬には梅雨明けだったと聞いたことがある。
雑節でいうと半夏生とか小暑とかのあたり。
さらに昔には梅雨がなかったとか、2000年以上前らしいですが。

17 :名無しSUN:2010/06/18(金) 22:12:59 ID:CPmEf/uC
>>15
それ1977年でなく1976年。
8月は晴れた日はほとんどなく、曇雨天と低温で悲惨だった。
7月も月末まで天気安定せず、東北で梅雨明けが遅れた。


18 :名無しSUN:2010/06/19(土) 08:13:09 ID:5n4E0/HW
7月上旬の梅雨明けって、最近は少なくなったね。
01年はさておいて、過去には94年、81年、78年、73年とコンスタントにあったのに…

19 :名無しSUN:2010/06/19(土) 09:44:49 ID:W/8Ytorm
>>16
江戸時代の天気を記した史料を見たら、
確かに7月上旬辺りに明けて、晴れが
続くパターンが多いね。

20 :名無しSUN:2010/06/19(土) 16:42:39 ID:00LgJ/YF
今年の梅雨明けはいつになるのかマジで気になるな。

21 :名無しSUN:2010/06/19(土) 17:42:20 ID:qZuJmwym
今年の梅雨はいきなりフルパワーだなw
13〜19日で全く降らなかったのは1日だけ…

22 :名無しSUN:2010/06/19(土) 20:07:30 ID:XUIRky4B
子供の頃の記憶。
夏休み開始も、梅雨明けも7/20前後。

23 :名無しSUN:2010/06/20(日) 13:36:30 ID:I7S24DQA
>>22
俺も終業式の辺りでは大概、晴れていて夏休みに入ると
いつも晴れた中をラジオ体操に通っていた。
ちなみに62年生まれ。

24 :名無しSUN:2010/06/20(日) 14:31:55 ID:7RApFGJJ
>>23
62年って1962年ですよね?
昭和62年じゃないですよね?

25 :名無しSUN:2010/06/20(日) 17:57:02 ID:0gTLOAx0
1962年とすれば、合うんじゃない?
69年(小1)〜80年(高3)

昭和62年とすれば、
94年(小1)〜05年(高3)

後者の場合、98年、03年と言う8月にズレ込んだ年まで入ってしまう。

26 :名無しSUN:2010/06/20(日) 18:08:46 ID:NrCwvi1e
俺も梅雨明け=夏休み開始のイメージだ。今は明けるのが遅れ勝ちだけど気温だけは高いからダメだな。
昔は梅雨明けして夏本番でも、熱帯夜はほとんど無くてエアコンも無かったのに。

27 :名無しSUN:2010/06/20(日) 18:54:09 ID:tgv8FKZa
そのうち梅雨と秋雨がくっついて、雨季と乾季になるんだろうな。
そっちの方が恐ろしい。

28 :名無しSUN:2010/06/20(日) 19:24:15 ID:2lU0zCHH
>>16
さすがに、梅雨が2000年程度遡るだけで、なくなることはないよ。
梅雨は、ヒマラヤ山脈の存在に依るかなり大規模な気象現象なので、
ヒマラヤが本格的に隆起し始めた、数百万年より前から存在したことは確実。

>>27
「日本の麗しい伝統」として、全国民になぜかすりこまれている、
「京都式(関西標準)の歳時記」を離れてみれば、
実は、すでに東北などでは、昔からそんな感じになっている。
仙台の雨温図などでは、降水量が
5月<6月<7月<8月<9月
であって、関西のような「8月の凹み」がない。
東京など南関東でも、東海以西のような明瞭な「8月の窪み」はない。
関東・東北など東日本では、梅雨明けは昔からはっきりせず、
むしろ秋雨明け(旧体育の日前後)のほうが、よほどはっきりしている。
これらの地方では、
本来梅雨のことを「入梅」と呼ぶが、出梅という単語は一般的でないことでもわかる。
入るときは「ニューバイ」といって、出るときは「ツユあけ」という。「ツユ」は、本来は関西の方言だ。

箱根より東では、梅雨なんて概念そのものを、破棄してしまったほうがいいのかもしれない。
気象庁が梅雨の宣言をするのは、大雨災害対策だが、関東以北では
6月や7月初旬に大雨災害が来ることは皆無で、梅雨明けしてから大変なことが良く起きる。


29 :名無しSUN:2010/06/21(月) 06:13:40 ID:lpa2XreL
>>28
2000年さかのぼると、サハラは今よりも遥に湿潤だった。つまり、地形が変らないから気候が変らないのは確実というのは、間違いだと思う。

30 :名無しSUN:2010/06/21(月) 07:22:29 ID:G2AeY/l8
>>27
そうなるかもな。

12月〜 3月  さざんか梅雨〜菜種梅雨(まさに今年・・・)
4月〜 5月  春
6月〜 9月  梅雨〜秋雨
10月〜11月  秋

今年に関しては、7月には梅雨明けして真夏が来そうだが。

31 :名無しSUN:2010/06/21(月) 13:11:01 ID:/3MWLQeR
季節風や海流も数千年単位で見れば変わるわけで。
地球温暖化はこの百年ほどの現象ですが。

32 :名無しSUN:2010/06/21(月) 17:49:26 ID:8TAso2Kd
東京の統計は確か1956年からだったと思うけど、
戦前とか大正、明治時代がどうだったのか興味がある。

昔の梅雨明けを調べることって出来ないのかね?

33 :名無しSUN:2010/06/22(火) 00:20:39 ID:6w7nz4xS
1971年当時近畿の梅雨明けの平均値は、7月16日だったのはハッキリおぼえてる(入りは6月9日)
今は7月19日ぐらいか?

とにかくバ管区気象台は梅雨入りの発表は躊躇なくするくせに
梅雨明けは非常に臆病
現在は梅雨入りの平年値は6月6日で隣の東海より2日早いが
梅雨明けは同じか一日遅いんじゃないかな?

だから入り明け発表なんて不要だと思う、各々個人で判断しろ

34 :名無しSUN:2010/06/22(火) 00:32:13 ID:wfAFD81w
>>33
気象庁が臆病になったせいで、東京でも実際は明けているのに
遅く発表することもあるよ。
73年、81年、94年等がそう。
発表時より記録に残る方は早い日付となっている。

35 :名無しSUN:2010/06/22(火) 13:00:28 ID:Y91kCLdc
1978年は、ドンピシャリだったんだな!
7月4日に梅雨明けって、あの年は8月いっぱい
太平洋高気圧が粘ったからな〜

36 :名無しSUN:2010/06/22(火) 23:26:22 ID:Qwxd/5Js
>>29>>31

理系の専門板で、こんな評論家の歴史ロマンのようなレスがされることに驚いたわけだが。
梅雨のメカニズムについて、特殊な新説でも出たのかね?

梅雨は、亜熱帯ジェット(高層)と赤道西風(インドモンスーンの正体=地上)が
ヒマラヤ山脈にぶつかってしばし北上を妨げられることによって起きる。
オホ高と偏西風に関する近年の複雑な理論を知らなくても、
この半世紀来の古典学説だけで、
「ヒマラヤ山脈がある限り、東アジアには梅雨がある」という結論が導かれる。


37 :名無しSUN:2010/06/23(水) 06:26:06 ID:JRJYjhST
>>35
あの年は、9月になると一気に秋めいていったのが印象的だった。
メリハリのある季節変化だったな。

38 :名無しSUN:2010/06/23(水) 09:57:03 ID:s6UxcMpk
>>34
もっと古いデータでは、1965年がある。
あの年は中旬に真夏の陽気になり、東京でも15日辺りにいったんは梅雨明けを
発表したはず。
ところが、その後、前線が南下してぐずつき結局、7月の終わりにやっと明けた
からな。

39 :名無しSUN:2010/06/24(木) 10:17:04 ID:TDJAm2QC
それにしても気象庁って、なんて頑固なんだろう。
去年の関東・甲信の梅雨明け、14日に発表されたけど、見直されずにそのまま記録されている。
個人的には「特定出来ず」でもいいくらいだと思うんだが。

40 :名無しSUN:2010/06/24(木) 11:53:33 ID:hFQwuyM9
確かにね〜去年は14日の発表から2〜3日しか真夏の天気が続かず
海の日の頃とか22日の日食の頃なんてずっと曇っていた覚えがある。


41 :名無しSUN:2010/06/24(木) 21:43:02 ID:3p0ZxJjg
>>39
というより、そもそも東日本では、梅雨明けは西日本のように明確ではないんだよ。
8月のほうが雨量が多い地域さえもざらにある。
東日本の「雨期明け」は、10月初旬の「秋雨明け」であって、
これは、東京五輪の開催日決定の決め手になったほど、明確なもの。

もっと言えば、関東と東北では、梅雨に関する公式発表をする意味があるんだろうかと思う。
関東と東北の梅雨に関する発表は廃止して、
中部地方(地理の教科書通り。新潟・長野・静岡から)およびそれより西だけにすればいいんじゃないか?
(梅雨末期の南西風の豪雨の問題があるので、新潟県までは防災上必要だと思う)

「東京で梅雨が無くなる?」とマスコミがネタとして大騒ぎしそうだが、
冥王星騒動みたいなもので、2〜3年もすれば、みんな忘れてしまうだろう。
いつのまにか、西日本限定の風物詩になるよ>気象台の発表する「梅雨」

ただし、東北では従来の梅雨=低温警戒という別の意味があるので、
低温に関する情報の重要性が増すことになるが。

42 :名無しSUN:2010/06/25(金) 05:55:03 ID:8maDpGLR
>>29>>31じゃないが…
それは、「東アジアには梅雨がある」というだけで、「梅雨前線が
必ず日本に引っかかる」という事にはならない。

43 :名無しSUN:2010/06/25(金) 08:02:41 ID:+LsGIAN1
>>13 1980年の梅雨明けは、現在の基準だと1993年と同じく、沖縄・奄美以外は「特定できず」となるだろう。

44 :名無しSUN:2010/06/25(金) 19:31:41 ID:EeQn3tzl
今の時期の太平洋高気圧の強まり方、東日本寄りになってるね。
仮にこのままいったら7月は関東・甲信が先に梅雨明けするパターンかな?
69年や81年みたいに…

45 :名無しSUN:2010/06/26(土) 09:34:20 ID:VwPavVmE
7月上旬に梅雨明けして、中旬以降に「戻り梅雨」だったら
意味無いけどね。

46 :名無しSUN:2010/06/26(土) 12:06:20 ID:6C2AcK0l
>>44
高気圧が西に張り出す形ではないからなぁ。
これがそれこそ「鯨の尾型」みたいになると、違うんだが…
様子見かな。

47 :名無しSUN:2010/06/27(日) 13:02:47 ID:WpiZhQxM
>>41
それもそうだし、特に東北以北では夏も明確にあるとはいいがたい。
実際7月に風薫る春の陽気だったり、8月に秋めく涼しさだったりすることが
しばしばあったりする。

この際だから北日本は夏を廃止して、
11〜3月…冬
4〜7月…春
8〜11月…秋
の3季に移行してしまった方がいいとさえ…

そうなれば夏はないんだから梅雨がいくら長引こうが一喜一憂する必要も
ないわけだしさ、

48 :2010年と2011年の夏:2010/06/27(日) 16:05:42 ID:NKX6HX9C
 アイスランドのエイヤフィヤトラヨークトルとエクアドルのトゥングラワの2つの火山噴火で全世界に日傘効果をもたらし、
2010年の北半球の夏の気温は平年比-0.1℃、2010年から2011年にかけての南半球の夏の気温は平年比−0.3℃、2011年の北半球の夏の気温は平年比-0.2℃となる。
 ここからは、日本の夏について書くこととする。
2010年は8月6日に九州南部から東北北部にかけて一斉に梅雨明け宣言されるが、1日もしないうちに再び前線が発生して日本列島に停滞し、
結局九州南部・九州北部・四国・中国は8月10日、近畿・東海・関東甲信は8月12日、北陸・東北南部・東北北部は8月14日に梅雨明け日が修正され、梅雨明け日が特定された中では最も遅い梅雨明け(北陸と東北北部は1991年と同日)となる。
2011年は8月2日に九州南部から東北北部まで一斉に梅雨明け宣言されるが、1日もしないうちに再び前線が発生して日本列島に停滞し、
結局この年の梅雨明け日が特定されるのは、沖縄・奄美・九州南部(8月2日)・四国(8月2日)のみとなる。


49 :名無しSUN:2010/06/27(日) 17:27:21 ID:yylrV4bU
梅雨も2度目なら〜♪ 少しは上手に〜♪ 梅雨のメッセージ〜♪ 伝えたい〜♪

50 :名無しSUN:2010/06/27(日) 18:55:15 ID:0BATeF/P
これからは梅雨は二度三度やってくるのが当たり前になりそう。
どうせなら秋雨の観測もして欲しいところだ。
もしやるとすれば北海道からどのあたりまで観測すればいいのかな。

51 :名無しSUN:2010/06/27(日) 19:29:51 ID:C9s8mg2D
梅雨明けはスローモーション〜軽いめまい、誘うほどに〜♪

52 :名無しSUN:2010/06/27(日) 20:14:36 ID:PSFPrsXz
>>50
秋雨については、
降水量、日照時間ともに顕著に見られるのは関東と東北の太平洋側だろう。
北海道でもいけそうだが、始期が難しいな。
雨温図を見る限り、「完全な梅雨1山型」の九州以西以外は、かなり西まで出来そうだが、
東海より西では、始期・終期は明確ではないだろうね。

東日本では特に終期は明確で、東京で平均10月9日前後となる。
始期も、統計をみると、9月8日前後に天気傾向の変化ポイントが見られる。
関東平野の洪水災害は9月に集中しているし、
気象庁は、関東地方の場合、梅雨の宣言をやめてこっちの宣言を出したほうがいいんじゃないか?

53 :名無しSUN:2010/06/27(日) 21:00:32 ID:jb+Ow0ag
とにかく7月25日までに梅雨明けしてくれればいいです。

54 :名無しSUN:2010/06/28(月) 04:02:02 ID:fyCwm52b
>>53
俺の誕生日だ。
別の意味で7/25までに梅雨明けして欲しいな。
誕生日が梅雨の最中だなんて嫌だもん。
ちなみに俺の生まれた日はすでに梅雨明けしていたらしい。

55 :名無しSUN:2010/06/28(月) 05:41:42 ID:fyCwm52b
>>54
> 俺の生まれた日
念のために書くが「俺の生まれた年の」ね。

56 :名無しSUN:2010/06/28(月) 09:45:01 ID:A9pWu0v7
俺は1983年7月生まれ
誕生日=関東・甲信の梅雨明け日

57 :名無しSUN:2010/06/28(月) 19:09:05 ID:9m2MBnQt
梅雨明けが遅くなってるのは、気象庁が慎重になり過ぎただけなんじゃ
ないかなぁ。

58 :名無しSUN:2010/06/28(月) 19:58:49 ID:hqMKaSGW
何か一人へんなのがいるんだね。

59 :名無しSUN:2010/06/29(火) 09:57:07 ID:Uqv5LtcH
梅雨明けの発表に慎重なあまり、とっくに明けていた年もあるしね。
73年とか81年は典型例。

60 :名無しSUN:2010/06/30(水) 08:24:15 ID:9KarXkie
梅雨明けしたと発表した日と、9月に見直しした時の日が大きく乖離しているのは
71年かな?
初旬に発表されて記録では29日になってるからね。

61 :〜((((((((((((((´;゜;ё;゜;) ◆895VVoilOU :2010/06/30(水) 08:42:14 ID:XUozgVx0
》58
まさか??なんかケド?

62 :名無しSUN:2010/06/30(水) 09:34:50 ID:+XvJiIw6
>>60
当時は安易に、発表していたんじゃない?
でも、戻り梅雨を幾度となく経験して気象庁も
慎重になり過ぎたとかw

63 :名無しSUN:2010/07/01(木) 06:49:53 ID:P+zXnQE1
ただ、気象庁の統計を見る限り、関東甲信越の梅雨明けが8月にズレたり、
特定できないなんて言うのは、1951年の観測から眺めてみると80年代に入ってから。
しかも90年代以降は頻度が高いから、温暖化と何か関連性があるのかもと
思った。

64 :名無しSUN:2010/07/01(木) 14:29:20 ID:7QUz8OmH
確かに梅雨明けが遅れる原因は温暖化が影響してるって報道ステーションでやってたな。

65 :名無しSUN:2010/07/02(金) 22:53:29 ID:LAcBd9hP
そのうち、梅雨と秋雨の境目が無くなってしまうんではないだろうか?


66 :名無しSUN:2010/07/02(金) 22:58:32 ID:bnZBRiis
>>65
そうなると本当の意味で夏が定義できなくなる可能性もでてくる。
梅雨は春と夏のせめぎあいのはずだから、むしろ夏を廃した3季法を使用した方がいいような
気さえ…。

つまり
12〜3月…冬
4〜7月…春
8〜11月…秋
という感じで…。まあ7月の春はかなり強引だけど。

67 :名無しSUN:2010/07/02(金) 23:18:03 ID:HxKGQq3t
梅雨明け発表の慎重さに駄目を押したのが93年ということでおk?
確かあの年は当初発表した日の前後3日くらいは夏空が広がっていた(関東南部)
けどそれ以後は・・(ry
という感じだったような記憶。
発表があった時点ではああ確かに明けたな、と思ったものだけど。
梅雨明けしたものとみられる、という現在の表現になったのも94年からだよね。

68 :名無しSUN:2010/07/02(金) 23:30:51 ID:wt6EKzk1
もう雨季と乾季でいいんじゃないかなぁ〜(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

69 :名無しSUN:2010/07/03(土) 04:37:38 ID:smiRWHOU
>>67
そうそう、93年があまりにも今までにない変則的な梅雨だっただけに、
当時はかなり戸惑ったよね。
で、94年は逆に7月上旬の真夏の天気が続いた際に発表を控えていて、
本当に発表したのは12日だったと思う。


70 :名無しSUN:2010/07/03(土) 09:54:40 ID:WjuktrOX
>>66
いや、そうはならんよ。
夏だけでなく、本当の冬が無くなるのも心配。
12〜3月…山茶花梅雨〜菜種梅雨
4〜5月…春
6〜9月…梅雨〜秋雨
10〜11月…秋

こうなると、河川の橋梁工事等が安全にできるのが春・秋の限られた期間になりそう。
近年は、冬季の豪雨も油断ならんし。

71 :名無しSUN:2010/07/03(土) 09:57:04 ID:WjuktrOX
それよりも、最近は気象予報士の説明もおかしい。
昨年なんか、祇園祭も過ぎてるのに、「梅雨らしい天気がつづくでしょう」ってオイッ!?
最近まで、祇園祭=関西の本格的な真夏の到来 と違ったの?

72 :名無しSUN:2010/07/03(土) 11:54:02 ID:FARlNmpG
つまり、終業式=夏のはじまり

みたいなイメージだと思うんだが、そういう結びつき自体が
まかり通らぬ時代になってしまったんだよ。

73 :名無しSUN:2010/07/03(土) 12:05:30 ID:/yxczgDT
http://www.chibanippo.co.jp/news/world/society_kiji.php?i=nesp1242350984

ウェザーニュースは5月にこのように発表しているけど、皆の衆は今日現在で梅雨明けはいつくらいになると予測してる?

九州南部は来週からまた梅雨前線の南下で梅雨明けなんけ皆無だと思うのだが

74 :66:2010/07/03(土) 21:55:04 ID:ncO2ZYvS
>>70
つまりこういうことか
春…1〜7月
秋…8〜12月

よく考えるとありそうで怖い。特に関東。

75 :名無しSUN:2010/07/04(日) 10:46:14 ID:vUB+8L+H
>>73
南下した前線が弱まって、自然消滅型に期待か?

76 :名無しSUN:2010/07/04(日) 11:23:38 ID:b2433p45
つーか今年遅れるだろ。

77 :名無しSUN:2010/07/04(日) 19:14:49 ID:HOGayecT
去年は14日で記録されてるが、実質的には嘘だな。
普通に中旬に明けるのなんて、昭和まで遡らないと記憶に少ない。

78 :名無しSUN:2010/07/04(日) 19:42:39 ID:A61I/3Ab
今までは
梅雨明け=夏の到来
だが
太平洋高気圧が寒気に押されて
梅雨明けしてしまうという
おかしなパターンが定着してしまった



79 :名無しSUN:2010/07/04(日) 23:22:08 ID:DSXsbI4i
去年とはエルニーニョが終了しているという点が大きく違う。

80 :名無しSUN:2010/07/05(月) 00:57:26 ID:6UrGTvMD
>>71
八坂神社の祇園祭の神事全部が終了するとき(7月31日)には、
普通なら、「関西の本格的な真夏の到来」だろうけどな。

もし、山鉾巡行の7月17日が、「関西の本格的な真夏の到来」などというのなら、
おまえさんの感覚のほうが、「1994年の催眠術から解けていない」んだよ。
そもそも京都の7月17日は、昔から天気の悪い日のほうがよほど多い。
統計上、半分近くは雨だったはずだ。

旧暦の時代(旧6月7日が最初の巡行)から考えても、
室町時代以来、今のグレゴリオ暦7月17日前後を中心とする時期に
(旧暦だと1カ月前後ずれるが)山鉾巡行が行われ続けてきた。
そもそも、梅雨の長雨で蔓延する伝染病を払う儀式が祇園祭なのであって、
「太陽の照りつける真夏の到来を告げる」祭りなんかじゃないんだよ。
気象予報士の説明がおかしいのではない。
おまえさんの「1994年標準の脳内神話」がおかしい。

81 :名無しSUN:2010/07/05(月) 02:09:16 ID:/um6Rw/T
俺も>>71の感覚
グレゴリオ暦になって何年経ってるよw

82 :名無しSUN:2010/07/05(月) 05:13:09 ID:XUaPv5jh
次に採用される梅雨明けの平年日、関東は20日より遅くなるのは
確実だろうな。
8月にズレ込んだ年が過去30年に82年、98年、03年、09年、特定出来ない年が93年と…やけに目立つ。
7月下旬にかなりズレた年も83年、86年、88年その他かなり目立つ。

83 :名無しSUN:2010/07/05(月) 15:52:21 ID:Mk+vh87R
7月22日辺りにズレ込みそうか?

84 :名無しSUN:2010/07/05(月) 15:56:09 ID:xOB0cIDD
8月にずれたのは09年ではなくて07年。
逆にしたくなるけどw

85 :名無しSUN:2010/07/05(月) 21:08:53 ID:GozETKy+
今週は、梅雨前線が南下して、梅雨の中休みとなる所が多くなりそう。
ただ、上空の寒気の影響で、大気の状態が不安定。にわか雨や雷雨には注意が必要です。
週末以降は、西から梅雨前線が北上し、再び梅雨空が復活です。
奄美の梅雨明けはまだ先で、記録的な遅さになるかもしれません。

86 :名無しSUN:2010/07/06(火) 10:23:55 ID:vauOPHXv
その他、本州の梅雨明けも遅れるのかな?

87 :名無しSUN:2010/07/06(火) 17:14:46 ID:VWbscO6l
週間天気みても最近曇りや雨の日が多すぎる。 いつになったら梅雨明けするんだ?

88 :名無しSUN:2010/07/06(火) 21:20:08 ID:ZdAT1HZq
>>84
昨年も8月にずれたよ。
ただ、2007年は昨年と違って台風がスイッチを猛暑モードに切り替えた点が違う。

>>87
今日になって、GFSxも悲観モードになってきたな。
単にムシムシするだけで気温も中途半端に暑く、太陽マークが予報に1〜2個あるいは
0の状態がひと夏ないし10月まで続いたりしたら、それこそ世も末だが。
(夏がそんな年は、冬も週間予報から太陽マークと疎遠になる傾向やし)

89 :名無しSUN:2010/07/06(火) 21:25:56 ID:3iq7aZvT
地軸が微妙に傾きつづけてるのも忘れるべからず。

90 :名無しSUN:2010/07/06(火) 21:39:27 ID:knET5NHv
>>88
去年の関東は7月14日じゃないの?他地域の話はしていないと思うんだが。

91 :名無しSUN:2010/07/07(水) 02:04:27 ID:rOa/5Er3
>>88
最近資料見てると、サブハイの勢力は弱いまま。今年の梅雨明けは遅いor確定せずの地域が続出しそうな感じ
そして今夏は昨夏同様、サブハイの勢力は弱く、暖湿流&寒気の影響で「ゲリラ雷雨」が起こりやすいと考えている
まともに晴れる日は少ないから、農作物への影響が懸念される(気温・湿度は高めだから冷夏にはならないだろう)
マスコミの「ゲリラ雷雨」の大合唱の夏となりそう

92 :名無しSUN:2010/07/07(水) 05:01:03 ID:mGf/Fnhj
>>90
実質的には、7月14日ではなかったと言いたいだけ。
頑固な気象庁は、9月に入ってからそれを修正しなかったから、予報士の森田さんが
激怒したblogを書いていたくらい。

93 :名無しSUN:2010/07/07(水) 10:50:52 ID:q8ZLomfX
結局さ。
夏なんてもうこねーよってこと?
入道雲がもっくんもっくんするような夏は。

94 :名無しSUN:2010/07/07(水) 11:13:29 ID:Hq2zT8SI
>>1
遅延が極まって梅雨明けしなかった93年や03年はむしろ冷夏でしたぞ?
脅威派が散々喧伝してる「夏が暑くなって…」はうそになるってことですか
どうもヒートアイランド現象と混同してるらしいが

95 :名無しSUN:2010/07/07(水) 11:19:16 ID:Hq2zT8SI
>>91
いつからゲリラ「雷雨」にクラスチェンジしたんだ?
豪雨じゃなかったのか?

雷は落ちた場所で植物がよく育つ伝承がある
悪いイメージを刷り込むには都合が悪くないかwww

96 :名無しSUN:2010/07/08(木) 08:40:27 ID:8wePdOsw
>>93
それはまさに「昭和の夏」って感じがするね!

97 :名無しSUN:2010/07/08(木) 09:13:23 ID:bgTetbWu
最近は悪天続きでも気温だけはそこそこ高くなって不快ってのがトレンドだからな
今年も不快指数全開の蒸し暑い夏になりそうですな

98 :名無しSUN:2010/07/08(木) 14:56:10 ID:7qkEiu8l
光合成には温度も重要なので
コレで寒いと本当に凶作になっちまうぞ

99 :名無しSUN:2010/07/09(金) 09:17:26 ID:Y407QpbU
今後は、遅延と言うよりも季節の境目が不明瞭になり、「特定できず」の年が
増えていきそう。

100 :名無しSUN:2010/07/09(金) 10:52:40 ID:H3EWSbLk
日本海側は北海道同様に梅雨入り梅雨明けの区分は必要ない。
暑いし降らないし意味ない。
毎日雨降ってんの内陸か太平洋側だけじゃん。

101 :名無しSUN:2010/07/09(金) 23:27:52 ID:4t+lt0+A
梅雨入り梅雨明けの区分が必要ないのは、日本海側じゃなく関東だろ。
梅雨前線による雨は、西側の山地にブロックされほとんど降らない。
本州全般に大雨の中、関東だけ平穏というのは例年の7月に見られる現象。

一方の日本海側は、6月は大した雨ではないが、
7月は一転湿った空気の影響をまともに受け、大雨が降りやすい。

102 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 18:18:41 ID:vy1+cXJp
>>101に同意
関東から東北太平洋側は、北東から吹きこむ風が無い場合はまともな雨が降らない、
降っても今年のような寒気による局地的な雨だけ、西から湿った空気が来る梅雨時は不得意
一方日本海側は、日本海を大回りした下層暖湿流が海から直撃してくる

関東は日本の真南が熱帯低気圧などで低圧部になって、南東から湿った風が吹いてくる夏後半から秋こそが多雨の季節だ

103 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:32:28 ID:am2iMVF/
>>93
確かにここ数年は入道雲をあまり見ていない気がする。
あったとしてもどうも小さかったりあなたのいうようにもくもく度が足らなかったりする気がするなあ。
2000年代前半ごろまでは特に違和感はなかったけど5年前ぐらいから一気に減ったような。
東北の梅雨明けが8月にズレ込むのも2005年から続いているが何らかの関係があるのだろうか…?(たぶんないだろうけど)

104 :ああああああ(;◎;Д;◎;) ◆895VVoilOU :2010/07/10(土) 19:35:58 ID:/okDtc6o
05頃からKAITENも減った!!!
もうあきまへんな?なんか知らんけど?

105 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 09:40:18 ID:1PP3GVEm
気象庁が梅雨入り・梅雨明けの公式記録を残しているのは確か1951年から。
仮に明治時代までの記録があるなら、今とどの位の開きがあるのか見てみたい。
7月10日頃には明けていたんだろうか…

106 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 10:26:36 ID:mKjpSpFR
東京の7月の月間降水量が少なかった年ベスト10
単位は(mm)
(1942/ 7) 8.6
(1924/ 7) 12.9
(1917/ 7) 17.0
(1915/ 7) 19.5
(1947/ 7) 19.9
(2004/ 7) 23.5
(1914/ 7) 26.0
(1940/ 7) 28.4
(1961/ 7) 29.5
(1960/ 7) 31.6

これを見ると戦前の記録がかなり多いことがわかる
しかしこのデータだけだと「梅雨明けは早かったが夕立があった」年が入らないので
月日照時間の多さのほうも調べてみた(貼るのめんどくさいから貼らないけどw)
するとこちらでも戦前が多い、という同じ傾向があった
以上の結果から>>105のいうように戦前は7月10日ごろが平年だった可能性は大いにある。

107 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 10:51:02 ID:11o+gkAp
>>36
少雨期(梅雨)の在り様は、他地域がそうであるように過去と現在とで
かなり違っていて不思議じゃないよ。
おなじく大規模な地形の制約をずっとまえから受けているはずの諸地域で気候変化の証拠はたくさんあるんだから。

たとえば黄河流域からは象や四不象の骨がよく出る。それも歴史時代に入ってからの。
また花粉などの植物遺物から、湿潤な森林が華北全土にわたって広がっていたことが実証されている。
タクラマカン砂漠の楼蘭の西で出土したいわゆる「楼蘭の美女」はじめ当地の遺跡・遺物は、
彼らが生きていた当時の同地域が小麦のよく実る肥沃な土地であったことを示している。
同様に植物・動物遺物などから、サハラと呼ばれる地域の多くがいまより多雨であった時代が推定できる。
アフリカの他地域でも、遺物・化石はもとより壁画などから同様の推定ができる地域が多数ある。

サウジやサハラ地域の一部で、今世紀に入って記録にないほど異常な降雨による大規模な洪水被害が生じている。
悪い形ではあるけど丸剤と過去の降雨状況の変化について考えさせる実例となっている。

108 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 10:55:44 ID:11o+gkAp
>>107
×少雨期 →小さい雨季
×丸剤 →現在

109 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 12:58:58 ID:EOMpUj0s
丸剤だけ読んだ

110 :名無しSUN:2010/07/12(月) 01:37:50 ID:nXmF0g4X
丸薬だけ飲んだ

111 :名無しSUN:2010/07/12(月) 16:57:42 ID:jaTlJhsd
最近はほんと梅雨明けが遅いし梅雨が明けても晴れがずっと続くってのがあまりないから
「真夏」を感じる期間が短い。これは本当に寂しい。
昔は終業式(=7月20日)ごろにはもう快晴の空+入道雲だったから
1ヶ月ちょいぐらい「真夏」の気分を味わえたが
最近のように7月終わりまでグダグダだとその時点でもう夏は残りあと1ヶ月。
しかも8月の下旬なんかはたとえ晴れて気温が上がっても「真夏」と呼ぶには違和感がある(日の入りがかなり早くなるし)
となると結局真夏は2〜3週間程度しかないことになってしまう。
最近はやっとこ梅雨が明けたと思ったらすぐに「な〜つの終〜わ〜り〜(森山直太朗)」だからな。

112 :名無しSUN:2010/07/12(月) 17:58:42 ID:jRl/L8vp
こう梅雨明けが遅れると、夏休みの開放感ってイマイチなんだろうな。


113 :名無しSUN:2010/07/12(月) 18:25:29 ID:NKQ2PtB6
今年は20には明ける

114 :名無しSUN:2010/07/12(月) 19:06:08 ID:WgZlIY6W
週間予報
鹿児島→18日19日晴れ
広島→19日晴れ
東京→19日晴れ

今年の関東甲信越の梅雨明けは19日でFA?

115 :名無しSUN:2010/07/12(月) 22:48:12 ID:feibsL1n
17日から旅行の俺は >>114 だと涙目なんだが

116 :名無しSUN:2010/07/13(火) 09:50:32 ID:wgC76Bzc
>>114
関東甲信は、もしかすると17日か18日に発表されるかもね。
サブハイの強まり方次第だけど…

117 :名無しSUN:2010/07/13(火) 17:48:54 ID:NmwdRj+H
>>111
そうだな。
8月下旬になると
日の入りが早くなるから、晴れて暑くても夏の終わりを感じるよね。
8月後半に聴く曲は、井上陽水の「少年時代」だろう♪

118 :名無しSUN:2010/07/13(火) 17:51:01 ID:NmwdRj+H
7月後半〜8月中旬に聴く曲は
ホワイトベリーの「夏祭り」だろう♪
MINMIの「シャナナ」もいいね♪

119 :名無しSUN:2010/07/13(火) 18:56:35 ID:g54YmhLA
夏の終わりに(連投に便乗するのは癪だが)といえば、secret baseかなあ。
天候不順の話題からいうと、なんとなく現代社会の黄昏っぽい感じもするが。

120 :名無しSUN:2010/07/13(火) 19:57:18 ID:Bqa6rmys
平年値の改定に合わせて,1980年の梅雨明けは1993年同様,沖縄・奄美以外特定しないに変えよう。

121 :名無しSUN:2010/07/13(火) 20:39:41 ID:5fCBtDSO
>>111
だから春と秋で説明すればいいの。夏なんて一からないと思えば悔しくも
なんともない。

122 :名無しSUN:2010/07/15(木) 01:36:49 ID:dRbLbRF/
季節感がハッキリしなくなってきたのは事実なんだろうね。
過去に遡ると8月にズレたり特定出来ないなんて無いんだし…
関東に関してのスレだけど、今後は梅雨明け日なんて不毛になるような気がする。

123 :名無しSUN:2010/07/15(木) 07:50:33 ID:BGj2Zp7z
気象予報士さんがTVでおっしゃっていたところによると、
「今年は空梅雨の条件が整っていたのになぜかそうならなかった」そうで。

とはいえ、年間総雨量は全国的に横ばいかやや減少傾向にあるらしい。
でも集中豪雨の頻度は増している。
また「降りすぎ」か「降らなすぎ」の年が多くなっていて、「普通」が減っている。
http://www.data.kishou.go.jp/climate/riskmap/heavyrain.html
http://www.data.kishou.go.jp/climate/riskmap/sfc_wetdry.html

124 :名無しSUN:2010/07/15(木) 22:41:34 ID:GZPkc0Tm
年間降水量の減少は、冬の日本海側の降雪量の減少が寄与している。
梅雨の降水量はむしろ増加傾向にある。北日本で特に著しい。

125 :名無しSUN:2010/07/16(金) 13:23:09 ID:BfhnaPqG
慎重age

126 :名無しSUN:2010/07/16(金) 14:14:04 ID:Frby8uhS
遅延化していると言うのもあるだろうけど、気象庁が慎重になり過ぎて
なかなか発表を決断しないのも一因じゃね?
今日の関東なんて、もしこれが8月上旬でこれしかチャンスが無いという時期なら即刻、梅雨明けの発表をしているはず。

127 :名無しSUN:2010/07/16(金) 15:08:37 ID:vZhsqbu5
入梅梅雨明けなんてのは
気象庁が気圧配置みて独断できめてるだけなんだよね
そんなのに一喜一憂してもしゃあねえ

128 :名無しSUN:2010/07/16(金) 19:29:45 ID:FvuulFn4
関東のものだが今日は実質梅雨明けみたいなもんだろ。
こういうときにリスクを恐れ梅雨明け発表をしないというのも遅延化の一つの原因だと思う。

129 :名無しSUN:2010/07/16(金) 19:38:02 ID:L+nanF8j
南関東は実質一昨日

130 :名無しSUN:2010/07/16(金) 20:04:58 ID:q13Yz6l3
明けたよね。これ。明けたよね。
やったよー。梅雨明けで良いよね♪

131 :名無しSUN:2010/07/16(金) 20:44:22 ID:vxoiLpO0
>>130
熱帯夜連続が好きな人ですか?
変わってますね

132 :名無しSUN:2010/07/16(金) 21:05:19 ID:2srtx6qZ
梅雨のが好きな人ですか?
変わってますね。

133 :名無しSUN:2010/07/16(金) 22:02:16 ID:vxoiLpO0
>>132
熱帯夜連発になるぐらいなら
梅雨の方がマシ

134 :名無しSUN:2010/07/17(土) 00:31:09 ID:XlU47n/W
>>129
俺もそう思う、金曜には梅雨明け宣言するものだと思ってた。

135 :名無しSUN:2010/07/17(土) 00:49:57 ID:KYP3oD4m
一昨日からこんなに天気いいのに 梅雨明けも発表できない気象庁の臆病さ
週間天気予報もはずれまくり なんだんだこれ

136 :名無しSUN:2010/07/17(土) 00:59:58 ID:j93CePkH
一斉梅雨明けに踏み切って失敗したおととしの例がある。
だから慎重にならざるを得ない。

137 :名無しSUN:2010/07/17(土) 01:47:54 ID:QHYGnZ5Y
まさに梅雨の中休みかもしれない

わしは逃げる場所もなくギンギラ照らされるのはいやだが

138 :名無しSUN:2010/07/17(土) 01:49:49 ID:XlU47n/W
梅雨明けが遅れてるんじゃなくて、宣言が遅れてるだけ?

139 :名無しSUN:2010/07/17(土) 02:10:32 ID:itwr3jWQ
>>134 奇遇ですな私もそう思ってました

140 :名無しSUN:2010/07/17(土) 06:33:32 ID:WUkXLu+V
今起きたら、真っ青な空に入道雲。
今日、梅雨明け宣言しそう@四国

141 :名無しSUN:2010/07/17(土) 06:55:38 ID:i43SZxAF
以前は晴れたから即、梅雨明けを発表し、痛い目に遭っているからな。
1965年の7月15日
1971年の7月5日

これらは最たるもの。

そのため、遡りでの発表の年もあった。
1973年とか1981年など… 実は、明けていましたみたいなw

142 :名無しSUN:2010/07/17(土) 07:32:00 ID:j93CePkH
遡りでの明けは、例年明けるのが遅い東北、北陸でよくある。
明け前はどうしても辛口の予報にならざるを得ないからね。
また、2001年の梅雨明けも東日本ではこのパターン。
近畿から西で依然梅雨空が続いたために明けに踏み切れなかった。

143 :名無しSUN:2010/07/17(土) 08:16:56 ID:ma7600de
猛暑で有名な1994年も遡りでの明け。
当時のことを覚えてる。

144 :名無しSUN:2010/07/17(土) 14:47:56 ID:QHYGnZ5Y
前年梅雨明け特定されんかったから
それを踏まえて(踏まえなくていいのに)梅雨明けを出すのを渋った
6月までは冷夏予想まであったよ

145 :名無しSUN:2010/07/17(土) 16:07:24 ID:f0mIz5GN
次期平年値における梅雨の入り明け時期が楽しみだ。

146 :名無しSUN:2010/07/17(土) 18:16:54 ID:D/LVWRwX
'94は7月上旬から太平洋高気圧が張り出してたら
こんなもんじゃない

147 :名無しSUN:2010/07/19(月) 18:50:39 ID:u2/3Qf3E
しかも94年はチベット高気圧との重ね着状態だったな〜

38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)