5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Encyclopedia of Life 無料ネット生物図鑑180万種

1 :名無虫さん:2007/05/10(木) 22:40:39 ID:???
Encyclopedia of Life
http://www.eol.org/

(ソース)
http://www.newscientist.com/channel/life/dn11808-life-on-earth-the-ultimate-catalogue.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0705/09/news054.html

180万種掲載のオンライン生物図鑑プロジェクトが始動

米英の博物館や植物園が中心となり、動植物から菌類にいたるまでを
写真やビデオで紹介する生物図鑑が計画されている。(ロイター)2007年05月09日 14時22分 更新

 リンゴ(Apple)からシマウマ(Zebra)まで、既知の動植物全180万種を掲載する
インターネットベースの生物図鑑『Encyclopedia of Life』が、
総予算1億ドルのプロジェクトで作成される。科学者らが5月8日に発表した。

2 :名無虫さん:2007/05/10(木) 22:41:43 ID:???
 米国の2つの財団からの援助金1250万ドルを当初予算として、
10年計画で作成が開始されたEncyclopedia of Lifeは、生物学の宿題をする子供から、
絶滅危惧(きぐ)種の保護を計画する政府機関まで、広く役立つことが期待される。

 「Encyclopedia of Lifeでは、名前があるすべての種について項目を設ける計画だ」と、
多くの主要研究機関が参加するこのプロジェクトのエグゼクティブディレクター、
ジェームズ・エドワーズ氏はReutersに語った。「現時点の項目数は180万だ」

3 :名無虫さん:2007/05/10(木) 22:42:40 ID:???
 Encyclopedia of Lifeは無料で公開され、主に動物、植物、菌類が取り上げられるほか、
追って微生物もカバーされる。各項目のページはそれぞれテキスト、写真、地図、ビデオが
共通のフォーマットでレイアウトされる。近年のインターネットの発展がこのマルチメディアプロジェクトを可能にした。

 デモページには、ホッキョクグマ、イネ、タマゴテングタケや、最近南太平洋で見つかった、
毛で覆われたはさみ脚を持つ「yeti crab(雪男ガニ)」のページが掲載されている。
yeti crab

 「このプロジェクトの趣旨は、すべての人がこうした情報にアクセスできるようにすることにある」と、
プロジェクトの代表でロックフェラー大学所属のジェシー・オースベル氏はReutersに語った。

4 :名無虫さん:2007/05/10(木) 22:43:14 ID:???
 Encyclopedia of Lifeでは、哺乳類や魚、鳥、両生類、植物に関する既存のデータベースの内容が利用される。
当初は英語が使われるが、ほかの言語にも翻訳される予定だ。

 エドワーズ氏はこのプロジェクトについて、地球上の生物を、
科学者が一般に使う顕微鏡とは逆の「巨視鏡」(同氏)からとらえた姿の概要を紹介するものだと説明した

 新しい種が発見された場合は、Encyclopedia of Lifeに順次追加される。
エドワーズ氏は、地球上の種の数は800万〜1000万と考えられそうだが、さまざまな推計がなされており、
その数字は500 万〜1億と非常に幅があると語った。また、Encyclopedia of Lifeには化石も取り上げられる可能性がある。

 Encyclopedia of Lifeは、25〜35人程度で運営される予定だが、環境汚染、生息地破壊、
地球温暖化といった生物に対する脅威を図示した地図を作るのに役立つかもしれない。

5 :名無虫さん:2007/05/10(木) 22:43:47 ID:???
 このプロジェクトでは、ハーバード大学米国フィールド博物館、海洋生物学研究所、
ミズーリ植物園、スミソニアン研究所、生物多様性遺産ライブラリー(英国自然史博物館などを含む団体)、
ニューヨーク植物園、英国王立植物園が主導的役割を果たすことになっている。

 当初の活動資金1250万ドルの内訳は、ジョン・D・キャサリン・T・マッカーサー財団からの援助金1000万ドルと、
アルフレッド・P・スローン財団からの同250万ドル。

 今後数年の間に追加資金調達が行われる予定だ。

 オースベル氏は、2007年が、生物分類体系を考案して大きな影響を残したスウェーデンの博物学者カール・リンネの
生誕300年であることに言及した。「もし彼が今日生きていたら、小躍りして喜んでくれると思う」

6 :名無虫さん:2007/05/10(木) 22:53:26 ID:???
Life on Earth: The ultimate catalogue
http://www.newscientist.com/channel/life/dn11808-life-on-earth-the-ultimate-catalogue.html
Renowned biologist E.O. Wilson has a new project: it's called the Encyclopedia of Life (EOL),
and it aims to make all knowledge of the world's 1.8 million known species freely available online within just 10 years.

Watch a video of E.O. Wilson making a plea for the creation of the Encyclopedia of Life.

Talking in the Ant Collection Room at Harvard University in Massachusetts, US, Wilson says the project,
launched on 9 May, will "transform the very nature of biology". Scientific organisations have already pledged $50 million,
including EOL's host, the Smithsonian Institution in Washington DC, US.

7 :名無虫さん:2007/05/10(木) 22:54:00 ID:???
The top of each encyclopedia entry will be ideal for gardeners, schoolchildren and amateur birdwatchers,
for example, providing overviews of species' appearance and habitats.
Further links will feature in-depth genetic information and access virtually
all of the scientific literature ever published on the creature.

See demonstration pages for polar bears, rice, death cap mushrooms, and the yeti crab.
Species milestone

"This is the biggest thing since Linnaeus," says Graham Higley of the Natural History Museum in London,
referring to Swedish botanist Carolus Linnaeus's development of species taxonomy, nearly 250 years ago.

8 :名無虫さん:2007/05/10(木) 22:54:31 ID:???
Higley, who chairs the Biodiversity Heritage Library, a consortium of natural history libraries and research institutions,
aims to provide EOL with 25 million pages of scanned literature by the end of 2008.
The BHL is currently acquiring documents published prior to 1923
?and therefore not subject to copyright restrictions
?and is pursuing more recent publications from scientific bodies and university presses.

It has also contacted larger, for-profit media groups, some of which publish thousands of journals.

"Ideally we'd like to have all of the articles and provide them all for free, but we realise that may not be possible,"
says Higley, acknowledging the possibility of links to external websites that charge a premium for access.

9 :名無虫さん:2007/05/10(木) 22:55:39 ID:???
A number of online databases already provide detailed information about specific groups of plants and animals,
such as ants or horticultural plants. EOL intends to incorporate the information into one easy-to-use website.

"We see it as a community enterprise that will make all of these specialised databases much more powerful,
valuable and interoperable," says EOL chairman Jesse Ausubel.
"Say you want to study all species that are the colour blue, or all species that live in the state of Massachusetts.
It's very hard at the present time to mine data about such large numbers of organisms."

10 :名無虫さん:2007/05/10(木) 22:56:42 ID:???
Information mashup

Unlike other online databases, EOL will rely on recent advances in aggregation or "mashup" software
to quickly combine information from different sources.
One group that stands to benefit is the National Center for Ecological Analysis
and Synthesis at the University of California, Santa Barbara.

Last year the centre conducted a huge survey to determine how overfishing affects ocean ecosystems
(see Glimmer of hope for 'doomed' fish). However, the work was very lengthy and laborious to examine.
"With the Encyclopedia of Life, you'll be able to zip through and cut across the information any way you want," says Jim Reichman,
director of the centre. "This wouldn't be possible in an analogue, paper world."

11 :名無虫さん:2007/05/10(木) 22:57:16 ID:???
Wilson takes me to his office and pulls out one of his ant tomes, Pheidole in the New World. The book,
describing several hundred ant species, took him 25 years of part-time work to complete.
A lot of time was spent waiting for museums around the world to ship him "type specimens"
? individual ants whose specific features define the species. He also spent hour upon hour producing detailed sketches.

Both time-consuming stages will disappear, thanks to EOL. Down the hall from Wilson's office,
researchers are using high-resolution cameras to capture detailed images showing every defining ridge, groove
and hair on the ants' bodies. These images will soon be available on the encyclopedia.
With images like these at his disposal, Wilson reckons he could complete a work like Pheidole in just six months.

Closing the book and beaming from ear to ear he says, "I'll never do anything like this again."

12 :名無虫さん:2007/05/16(水) 03:07:41 ID:???
アメリカで始まったこの生命百科辞典のプロジェクトは、
総期間10年、最初の二年だけでも14億円もの予算を組んだ大型プロジェクトらしい。
地球上に生息する180万種の生物について、解説、写真、地図、動画、音声、目撃情報、科学論文など
ありとあらゆる情報をまとめようという恐ろしく野心的なプロジェクトでもある。

コンセプトは小学生から専門家まで利用できる百科辞典ということで、
利用目的に応じて情報量や記述レベルを選択できるというのが売りの一つ。
サンプルはこんな感じ>Encyclopedia of Life Demonstration Pages

13 :名無虫さん:2007/05/16(水) 03:08:53 ID:???
そう言えば、Arizona Republicが2007年4月9日に、
スミソニアン自然史博物館(the Smithsonian's National Museum of Natural History)が実施している
あらゆる生物をカタログに載せるための世界的な科学調査作業
「Catalog of living species surpasses」が6年間で合計100万9000件に達したと報告していた。

14 :名無虫さん:2007/05/16(水) 03:10:16 ID:???
結果として、「Catalog of living species surpasses」はカタログを作ることで、
「The Encyclopedia of Life project」はWebで公開することであり、
実際に行っている内容はほぼ同じといえる。

15 :名無虫さん:2007/05/25(金) 00:54:28 ID:???
これとおんなじような企画があったよね?

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)