5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

コメツキ虫の新種?

1 :名無虫さん:2007/10/07(日) 02:31:06 ID:UMCHEJ5m
コメツキ虫の新種?
http://zaraba.qp.land.to/up/src/1191691302495.jpg

体長3.5cm


2 :名無虫さん:2007/10/07(日) 02:37:35 ID:UMCHEJ5m

通常 
http://www.saturn.dti.ne.jp/~dinsects/Semi-kometuki.htm←体長5〜33mm


昨日発見
http://zaraba.qp.land.to/up/src/1191691302495.jpg←体長35mm

3 :名無虫さん:2007/10/07(日) 02:58:42 ID:UMCHEJ5m
http://zaraba.qp.land.to/up/src/1191693100400.jpg
http://zaraba.qp.land.to/up/src/1191693281829.jpg
http://zaraba.qp.land.to/up/src/1191693440033.jpg

4 :名無虫さん:2007/10/07(日) 19:57:05 ID:OEk0aM4w
ウバタマコメツキの色違いか?

http://up.2chan.net/w/futaba.htm
ここに貼って聞いた方が良いか?

5 :名無虫さん:2007/10/07(日) 20:48:40 ID:???
ひでぇ写真だな
ピントぐらい合わせろよ・・

6 :名無虫さん:2007/10/07(日) 21:04:07 ID:???
ttp://www.insects.jp/kon-komefutamonuba.htm
はいスレ終了。

7 :名無虫さん:2007/10/07(日) 21:04:11 ID:iRoPyqZW
解決した

>>フタモンウバタマコメツキではないかと。
>>http://www.mushiken.com/mk_kochu/futamonubatamakometsuki/futamonubatamakometsuki.html

>>次のサイトでは、21-36mmとなってるね。
>>http://www9.pref.kyoto.lg.jp/kankyo/rdb/bio/db/ins0332.html


>お前すげー神だな
>ピッたし

>体長35〜36mmぽい



>>5
ヒント:素人

8 :名無虫さん:2007/10/07(日) 21:05:38 ID:iRoPyqZW
>>6
残念
ぜんぜん違う

9 :名無虫さん:2007/10/07(日) 21:07:29 ID:iRoPyqZW
>>6
少しは似てるか

10 :名無虫さん:2007/10/07(日) 23:17:41 ID:???
コメツキムシの分類は、かつては全甲虫でも最も遅れていたなんて話を
聞いた事がある
もっとも19世紀後半の話だが

11 :名無虫さん:2007/10/07(日) 23:23:02 ID:iRoPyqZW
要注目種 京都府内の生息・生育状況について、 
今後の動向を注目すべき種および情報が不足している種

京都府カテゴリー 要注目種 
環境省カテゴリー なし 


+ 詳細 + 

項目の解説.....

選定理由 舞鶴市の本土側でも希に得られるが、冠島には比較的多い。
主として温暖地の照葉樹林帯に生息し、分布も局所的である。 

形態 体長21〜36mm。大型で肥厚し特に前胸背板は中央が縦に、上翅基部から後方に隆起が著しい。
全身に密布する小型の灰黄色鱗片で薄い灰褐色に見え、黒色鱗片の集合で前胸背板中央前方に横位の1対の小黒紋を、
上翅には黒色及び褐色の鱗片による大型半月型の斑紋を外側縁中央にもつ。南西諸島南部から東南アジアに分布する
原名亜種オオフタモンウバタマコメツキ( C. larvatus(Candeze))では上翅末端が横位で三角形状にはならない。 


 



12 :名無虫さん:2007/10/07(日) 23:25:10 ID:iRoPyqZW
分布 当初、九州、本州の資料で独立種として記載され、後に東南アジアに広く分布する種類の日本固有亜種と見なされた。
現在の分布域は新潟・千葉の両県を東北限として以西の本州各地、四国、九州、付属諸島及び久米島までの南西諸島。
 
◎府内の分布区域 
舞鶴市西舞鶴地区及び冠島から記録。ウバタマコメツキ( C. berus(Candeze)) は府内全域のアカマツ・クロマツの多い
林地で普通であるが本種の棲息域は限られ、温暖地の照葉樹林帯で見られる。 

生態的特性 夏期の遅い時期7〜8月に得られることが多く、寺社林などの原始林的遺存林近辺での燈火集来性が強い。
幼虫は照葉樹など闊葉樹の樹皮下で生活し補食性である。 

生息地の現状 寺社林や冠島のような、温暖な地域の樹林をもつ環境が保全されている地域にのみ限定的に発見されている。
 
その他 日本固有亜種 

13 :名無虫さん:2007/10/07(日) 23:25:59 ID:iRoPyqZW
>>10
詳しいな

14 :名無虫さん:2007/10/07(日) 23:33:41 ID:gLojWcnU
ところでどのくらいの寿命?
どう見てもカブトムシより飼い易いし
ひっくり帰るので価値高いと思うけどね

15 :名無虫さん:2007/10/08(月) 02:08:00 ID:???
>>5>>7
これはひどいww
素人とかいう以前のレベルじゃん
LUMIXが泣いてるwww

16 :名無虫さん:2007/10/08(月) 02:10:27 ID:???
>>14
朽木にもぐったりして、成虫で越冬する種も色々ある。

17 :名無虫さん:2007/10/08(月) 15:12:31 ID:geGhGhQ3
>>15
おまえうざいな
無茶苦茶ズレ合ってなく
何かわからないならまだしも
ある程度、わかる画像になにけち付けてるんだ?

室内のアップで簡単に取ってそれにクレームかよ


てかおまえの顔が見てみたいなどんだけオタクなのかはっきりするだろ
UPよろ

18 :名無虫さん:2007/10/08(月) 15:13:38 ID:geGhGhQ3
>>16
どもども


19 :名無虫さん:2007/10/08(月) 19:07:10 ID:???
フタモンウバタマコメツキの幼虫はクヌギなどの朽木に棲んでクワガタムシやカミキリムシの幼虫を捕食する。
クワガタムシ幼虫にとってはオオモンツチバチと並び、最も恐ろしい天敵である。

20 :名無虫さん:2007/10/08(月) 19:42:02 ID:???
昆虫同士の捕食・被捕食や寄生関係って複雑すぎる。

21 :名無虫さん:2007/10/09(火) 00:26:54 ID:???
成虫になったら樹液の餌場でフタモンウバタマコメツキとクワガタが出会うことがよくある。
そこでクワガタが人間のような頭脳を持っていればコメツキをボコるんだろうが、
実際には平和に過ごしている。コメツキは戦意ゼロなので、クワガタは追い払うことさえしない。

22 :名無虫さん:2008/02/21(木) 20:08:50 ID:SWfu6Dsi
【生物】 南極の海底で複数の未知の動植物を発見 巨大なウミグモや環形動物など新種か?…オーストラリア政府機関
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1203562989/

23 :名無虫さん:2009/07/16(木) 00:30:23 ID:0gPX0Z6y
【科学】「サムライ甲虫」がアブラムシ被害に悩む米国を救う 大阪で発見された新種の甲虫、「オオサカエンシス」と命名へ
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1247658647/

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)